ラテ飼育格闘日記(499)

オトーサンもそろそろ散歩中に汗をかく時期になった。したがって暑いのが苦手なラテの気持ちも少しはわかるが、まあ…歩かないことには散歩にならないのでとにかくこれからは歩かせるのに苦労する。酷い時には近隣にある自動販売機のところまでいき、そこで水を飲むだけでUターンし戻ってしまうこともあるのだから…。


ともかく30分でも1時間でも、時間の長い短いではなくラテにとって少しでも充実した、楽しい散歩でありたいとオトーサンは常々考えているが、ファッションセンター「しまむら」の自動販売機で水を飲んでUターンでは出会いも何もあったものではない(笑)。
それでもオトーサンは騙しだまし子供たちの声のする公園に足を向けたりするものの、こどもたち皆がワンコ好きであるはずもないし逆に明らかに怖い素振りで遠目で見て逃げてしまう子供もいる。

Latte499_01.jpg

※この輝いた表情を見たいが為にオトーサンも努力しているのだ


しかし手前味噌だがワンコと子供たちといったシーンは実に絵になるしラテならずともオトーサン自身も刺激があって面白い。その子供たちといってもほとんどは女の子たちだ。やはり母性の関係からなのか男の子たちとはワンコに対する振る舞いも違うし総じて近づいて来るのは女の子たちである。

この10年間、観察したところによれば初対面でも子供たちにはフレンドリーなラテだが、それでも好みもあることが分かっている。一番好きというかラテが好んで近づくのが小学生だ。中学生や高校生に対しても愛想はいいが幼犬時代に小学4年生前後の女子たちに可愛がってもらったその体験と記憶がそうさせているのか、あるいはそうした年代の子供たちを同類と見るからなのか、とにかくラテは自分から近づいていく。

ときに社会人の女性たちに声をかけられることもあるが、20歳を越えたであろうオネーサンたちになるとラテは警戒する場合がある。オトーサンの好みは小学生より綺麗なオネーサンの方が良いのだが、この点は残念ながらラテと好みは合わない(笑)。
逆に未就学児童や幼児だとラテは扱いに困っている感じでフレンドリーではあるものの気を遣っている感じもして興味深い。

先日のある日、幼稚園の脇をラテと歩いていると「あっ、ワンちゃん!可愛い…」という女の子の声がした。ラテは「可愛い」という言葉に見事に反応して歩みを止めて振り返った。どうやら母親と一緒に自転車で帰ろうと幼稚園から出てきた所のようだった…。女の子は「さわりた〜い」とゆっくりこちらに歩いてくるが母親はワンコ嫌いなのか、あるいは子供の好きなようにさせようとしているのかは分からないが向こうで動かず待っている。

Latte499_02.jpg

※未就学児童の可愛い女の子がラテに近づいて来た。オカーサンは自転車のある所で待っている(笑)


実はこうしたとき母親が「こら、ワンちゃんの散歩の邪魔してはダメデショ」とかなんとか言いながら近づいて来られるとラテは見知らぬ大人に対して100%吠えるので子供との触れ合いもご破算になってしまうのだが、このときは幸い?子供だけがニコニコしながら近づいて来る。ラテは早くも向きを変え尻尾を軽く振りながら歓迎の意志を示している。女の子は感心に「触ってもいい?」と聞く。オトーサンは「大丈夫だよ、優しくね」と答えたが、自転車のところで待っている母親は心配らしく遠くから「尻尾はワンちゃんが怖がるからダメよ」と声をかけてきた。

女の子はラテの頭を撫で、嬉しそうに母親のところに戻って行き、母親は「ありがとうございました」と声をかけてくれた。オトーサンも「こちらこそ!」と会釈をしてその場を離れる。
どうということのないシーンだが、せっかく見知らぬワンコに近づきたいというときにラテが吠えたりして「ワンコは怖いものだ」等とトラウマになられては気の毒なのでオトーサンも気を遣うが、ラテもこうした幼児には積極的に近づいたり顔を舐めたりしないのは面白い。

Latte499_05.jpg

※刺激がない散歩はご休憩モードが多発する


これが小学生ともなり、それも1,2度出会ったことがある子供だとラテも喜びを正直に表す。前記したように少しでも遊ぶきっかけを作りたいと自分から進んで近づこうとするのだ。
数日後、近所の砂場の公園橫を通ったら「あっ、可愛い!」と一輪車の稽古をしていた女子2人に声をかけられた。オトーサンはチャンスとばかりラテと一緒に公園に入ったが、数度会ったことのある女の子たちで早速ラテは揉みくちゃに(笑)。

しかしラテも大したもので「尻尾を三つ編みにしちゃおうか」とか「あっ、いい感じだぁ」と尻尾や耳の内側まで指を突っ込んでくるが、文字通り嫌な顔も見せずに大人しくしている。そして座り込んだ女子の1人にはチューまでしている。その子供は家で小型犬を飼っているとのことでワンコには慣れているようだが些か扱いが乱暴だ(笑)。

Latte499_03.jpg

※子供たちに耳や尻尾を触られてもラテはフレンドリーだ


2人の女子と駆けっこをしたりとラテにとって楽しいひとときだったに違いないがさすがに飽きてきたように思えたので引き上げようとすると、そこに柴犬のアンリちゃんが登場!
ワンコにはとかく愛想が悪いラテだが、このアンリちゃんには最初からフレンドリーでその日も2匹でお互い遊びのポーズをし合っている。双方共にリードをつけているので駆け回ることはできないがラテにとってはこれまた嬉しいひとときだったに違いない。

Latte499_04.jpg

※柴犬のアンリちゃんと遊びのポーズ合戦


朝夕どちらかの散歩だけでもいいが、こうした出会いが1度でもあるとラテの表情とその後の足取りが違ってくる。とはいえ当然のことながらこうした出会いはあくまで偶然なので出会えないときには1週間出会うことができないときもあるわけで、出会いの確率を増やすため散歩のルートや時間帯をどう選ぶか、オトーサンの腕の見せ所でもあるのだ。



ヴィヴィアン・マイヤーに見るローライフレックス 2眼レフカメラ考

ヴィヴィアン・マイヤー(Vivian Maier 1926-2009)が撮った15万枚ともいう膨大な写真のうち、我々が見ることができるのはまだまだ僅かだ。しかしそれらのうち特に印象深いのはローライフレックスで撮った正方形の写真たちだ。後にはバルナックライカも使っているが、現在発売されている写真集のほとんどはローライフレックスによるものだ。


最初にヴィヴィアン・マイヤーの写真を見た強い印象がいまだに後を引いている。それら6×6のスクエアフォーマットによる写真は普段横長の写真になれている眼には新鮮だった。また中判カメラならではのクリアな映像にも惹きつけられる。その写真の魅力は彼女の感性による観察眼と構図、そしてシャッターチャンスによるものだがやはりローライフレックスならではの特性も見て取れる。

RolleifleMX_00.jpg

※ヴィヴィアン・マイヤーが使っていた同型のローライフレックス Automat MXの正面


特に彼女の自撮り写真を見ると僅かではあるもののローライフレックスの扱い方が見て取れるように思うのでここではローライフレックスというカメラとヴィヴィアン・マイヤーの関係性について夢想してみた…。
まずマイヤーが使っていたローライフレックスは数台あったようだが、写真集のほとんどは1951年発売の Rolleiflex Automat MX という機種だったように見える。

この二眼レフカメラは現在のカメラのようにオート撮影ができるわけではないから絞りとシャッタースピードを適宜合わす必要があったし無論ピントもオートフォーカスではないから手動で合わさなければならない。さらにフィルムは1本で12枚しか撮れないから1回シャッターを押すにもコスト面も含めそれなりの覚悟というか明確な意志が必要だったし、数時間街を歩けばフィルムの入れ替えを何度も行わなければならなかっただろう。そしてそれも現在の感覚ではかなり面倒な作業となる。

RolleifleMX_06.jpg

※フィルム装填は底にあるロックを外し裏蓋を開ける


まあデジタルカメラと比較すればとても手のかかるカメラなわけだ。そしてヴィヴィアン・マイヤーはローライフレックス MXを革ケースに収め、首から下げていたはずだが大柄だったというヴィヴィアン・マイヤーにしても時に肩が凝ったのではなかったか…。なにしろサイズは突起物を除き本体は約幅 76 × 高さ140 × 奥行 95mmほどだしフォーカシングフードを開ければ高さは約200mmほどになるものの手に余ることはない。ただし重さは本体のみで970gほどでありこれに本革のケースが付けば確実に1kgは越えるからだ。

RolleifleMX_01.jpg

※フォーカシングフードを開けたローライフレックス


そもそも当時女性が街中をカメラを提げて撮り歩くということ自体珍しいことだったし大柄な彼女の歩き方自体大股で軍人のような歩き方だったというから目立った存在だったに違いない。それも普通に考えればスラムのような裏町を高価なカメラを提げて歩き回ることは危険だったように思うが、彼女はかなりの変わり者だったというしそのエキセントリックな振る舞いが人を寄せ付けなかったのかも知れない。

さて、ではローライフレックス MXとはどんなカメラだったのか…。この超有名な二眼レフカメラは現在でも多くの方々に愛用されている。したがってにわか仕立ての知識を振りかざしてもすぐにメッキが剥がれるから知ったかぶりは避けたいが、実は私の手元にもヴィヴィアン・マイヤーが愛用したであろう同型のローライフレックス Automat MXがあるので実機を見ながら分かる範囲で話しを進めてみたい。

ヴィヴィアン・マイヤーのセルフポートレート写真を見ると、彼女は首から下げたカメラを胸の所まで持ち上げつつ両掌および中指/薬指などで支え、さら右手人指し指は当然ながらシャッター位置に置いている。また左掌あたりは常にフォーカシングルノブを回転できるようにスタンバイしている感じか…。

写真集「Vivian Maier: Self-Portraits 」の例えば最初に載っている1954年7月24日の日付があるセルフポートレートの1枚は彼女がどのようにローライフレックスを保持していたかが明瞭にわかる。とはいってもこの二眼レフカメラはそうそう変わった持ち方ができるものではないが、試しに両手ともこの写真に模した位置に私の指を置いてみるとヴィヴィアン・マイヤーの手のサイズは私とほとんど同じであるように思える。

VivianMaierPhotoBook_03_201606162023374dc.jpg

※ヴィヴィアン・マイヤーの写真集「Vivian Maier: Self-Portraits 」


彼女は女性としては大柄だったといわれているからローライフレックスの扱いも容易だったに違いないが、写真を見る限り、両手は十分にカメラを支えているもののカメラを胸の高さまで引き上げたからか各指に少々緊張感がみられる。またこの写真を見る限り首から下げているストラップにフィルターケースのようなものが2つ付いていることもわかった。接写レンズ用のローライナーや文字通りのフィルターを携帯していたのだろうか…。

そのヴィヴィアン・マイヤーが風景や静物はともかく、街中や雑踏を歩いている人たちを撮る場合には被写体を認識してからピントを合わせるのでは相手を警戒させてしまうしシャッターチャンスを逃しやすい。あらかじめ一定の距離にピントを合わせておき、その距離に近づいたら歩みを止めてシャッターを切る...といった撮影だったのではないかと想像してみた…。無論ピントの微調整はあり得るが露出とシャッタースピードにしても環境が大きく変わらない限りはほとんど動かさなかったようにも思える。そして私にはヴィヴィアン・マイヤーのローライフレックスというカメラを知り尽くした距離感覚にこそ優れた感性を感じざるのだが…。

ただしローライフレックスをかまえてみるとわかるが、2眼レフのファインダーは上下は正像でも左右は逆像となる。だから風景やらポートレートを撮る場合には問題ないが、左右に大きく動く被写体は追うのが厄介なため苦手な被写体となる。これはカメラの後ろから覗くことが出来るスポーツファインダーに変えても同じだ(こちらは上下も逆さまになる)。したがって写真集には奥行きのある写真は多いが、激しい左右の動きを追うような写真は見当たらない。

RolleifleMX_09.jpg

※ファインダーには左右逆の象が写る


またローライフレックス MXのシャッター音は小さく、雑踏の中では目立たなかったことも都合が良かったに違いない。

とはいえ一回シャッターを切る度にフィルム巻き上げクランクを回してフィルムを送り、今度はクランクを逆に半回しして次のシャッターをチャージするといった手順は手慣れた者にとってはリズムを生み大変心地よいものだったかも知れないがやはり歩きながらファインダーを覗きつつクランクを回し、当然周囲を注視しながら大股で歩き回るヴィヴィアン・マイヤーの姿を想像すると目立つだけでなく確かに異様だったに違いない。

そのヴィヴィアン・マイヤーに刺激され、長い間放置していたローライフレックス MXを使ってみようという気になった。上手に言葉で説明ができないものの、それだけ私にとってヴィヴィアン・マイヤーの写真との出会いは強烈な体験だったのである。



技術少年出版、8bitマイクロコンピュータ Legacy8080エントリーモデルの組立て方公開

伝説のマイコン「Altair8800」の互換機として注目されている8bitマイクロコンピュータ Legacy8080のキットや完成品を販売している株式会社技術少年出版は Legacy8080エントリーモデル セミキットの組立て方をウェブで詳しく公開した。


   Legacy8080_0622.jpg

Legacy8080セミキットの組立てはとても簡単だという。プラスドライバーとナットドライバーの2本が在れば組立てができる。基本的な組立て内容はネジを締めてケースを組立てて基板や部品を固定する作業。一般的なDOS/Vパソコンの組立てよりも部品点数が少なく難易度は低いという。

Legacy8080 エントリーモデルの組立て方


洋泉社刊MOOK「スティーブ・ジョブズ」の執筆に参加して

この6月20日、洋泉社からムック本の「スティーブ・ジョブズ〜逆行を乗り越え、世界を変えた男の成功哲学」が出版された。一時期ジョブズの冠が付いた書籍が多く出、食傷気味だからと原稿依頼の一部をお断りしたこともあったがあれから5年が経とうとしている。そして今般編集部の熱心なお勧めもあり執筆陣の末席に加えさせていただいた...。


スティーブ・ジョブズが亡くなってから早くも5年が経とうとするいま、スティーブ・ジョブズに関する1冊の本をまとめる意義がどこにあるのかと問われる人もいるかも知れない。私もある意味そうした考えを持ち続けてきた1人だが、5年も経とうとしているのにスティーブ・ジョブズという男の存在は薄れるどころかある意味、亡くなった時より明瞭にその存在を意識するようになっていることに我ながら驚きを持っている。

ひとつにはAppleという企業の動向に関して事あるごとに「スティーブ・ジョブズならどうしたか」「スティーブ・ジョブズが生きていたらどうなったのだろうか」という無いものねだりの声が日増しに強くなっているように思える。また5年という歳月はスティーブ・ジョブズという希有な人物を俯瞰して眺めるに必要な時間だったのかも知れない。そして私自身もスティーブ・ジョブズに対するあれこれの感情が良い意味でフィルターで漉され、余計なものが取り去られた...それこそピュアな情報だけ取り出すことが出来てきたようにも思うのだ。

SteveJobsBook0621.jpg

※洋泉社 MOOK「スティーブ・ジョブズ〜逆行を乗り越え、世界を変えた男の成功哲学」表紙


そんな心境の変化もあってこの時期にもう1度スティーブ・ジョブズに思いを馳せるのも楽しいかな...と感じ本書の執筆をお受けしたわけだが、限られた内容ではあったものの自分の思いを整理するよいきっかけともなったことは意外な収穫であった。

私が担当させていただいたのはPart5「伝説のアップル製品クロニクル」の中の「名機から失敗作まで,歴代アップ製品に見るジョブズの美学」という項であり、80ページから89ページまでだ。
あらためて目次を見れば執筆陣には大谷和利さんや高木利弘さんなど旧知の方々もいらっしゃるからと見本誌が届いた日にムック全体に目を通してみた。

内容について関係者の端くれが良いの悪いのと申し上げるのも出過ぎたことだと思うので遠慮するが、最初に気づいたことは5年も経ったにもかかわらず我々のスティーブ・ジョブズに対する思い入れや期待してきた姿勢がまったくぶれていないことがわかる。
人の評価は生前はもとより死後大きくかわることが多いものだが、現実的には無理なことは承知の上でスティーブ・ジョブズ待望論といったものがいまだに我々の根深いところに鎮座して動いていないことに気づかされた。

そうした意味でも本書の執筆にかかわった約2週間ほどの間、私にとってアップルやスティーブ・ジョブズに思いを馳せる楽しいきっかけとなったことは間違いないし、これからのアップルをどのように舵取りすべきかについても示唆する内容になっている1冊ではないだろうか。
是非書店で見つけたらお手にとっていただきたい。






ゴルフスイングを解析するアプリケーション「Zepp Golf」がApple Watchに対応

フォーカルポイント株式会社は6月21日、ゴルフスイングを解析するアプリケーション連動型3Dモーションセンサー「Zepp Golf」のiPhone向けアプリケーションが、Apple Watchに対応したと発表。


   ZeppGolf0621

◯Zepp Golf for Apple Watch について
 Zepp Golf for Apple Watchでは、プレー中にiPhoneを取り出すことなく、装着しているApple Watchからクラブの切り替えを行える。また、スイング解析結果や履歴をApple Watchから参照することもできる。iPhoneに「Zepp Golf」の最新バージョン3.1.0をインストールしている状態で、ペアリングされているApple Watchに自動または手動でインストールすることが可能。

Zepp Golf アプリケーション(iTunes Store)

◯Zepp ゴルフ 2 スイングセンサー について
 Zepp ゴルフ 2 スイングセンサー (ゼップ ゴルフ2 スイングセンサー)は、Bluetooth LEでiPhoneやスマートフォンと連携して、ゴルフスイングの解析がリアルタイムで可能となる3Dモーションセンサー。専用アプリにスイングのデータを詳細に記録して、スイングの改善に活用できる。

[製品の主な特徴]
・3Dモーションキャプチャーでスイングを解析
・Bluetooth LEでアプリケーションと連携
・付属グローブマウントで簡単装着
・スイング軌道やクラブヘッドスピードを解析
・3Dアニメーションによるスイングガイダンス機能
・ミシェル・ウィーなどプロ選手のスマートコーチ機能
・HDビデオでスイングを録画してプロ選手と比較
・専用アカウントを使ったクラウド同期
・専用マグネット式USB充電器で充電

製品ページ



メイン広告
Moneytree
ブログ内検索
New web site
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
広告1
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員