私は「顔フェチ」?

2019年の一月も半分が過ぎた。年頭の決意というと大げさだが今年にかける私自身の思いを記録に残しておきたい。先日友人とFaceTimeしているときに「君は3Dプリンターでは人面造型、三年越しのマネキン造型計画、それにツィッター投稿はそうしたモデルの顔のバリエーションが多いけど…何故っ?」と聞かれた。問いはこの通りではないがまあ内容はこんな感じだった。


さてさて…人にはそれぞれ突きつめてみると固有の "拘り" というものがある。それが高じるとフェチなどと言われるが、あらためて自分のことを振り返って見ると敢えていうなら私には「顔フェチ」という気質があるのかも知れない(笑)。

Fetish_01.jpg

世の中には興味のない者にとっては奇妙なフェチが存在するらしい。「おっぱいフェチ」とか「お尻フェチ」はまだしも「ブーツフェチ」や「パンストフェチ」といったものもあるという…。
一応ジイサンになっても男の端くれとして私も女性は好きだしおっぱいにもお尻にも興味がないとはいわない(笑)。しかし真面目に考えれば子供の頃から私の興味は「人の顔」にかなり集中していたと思う。無論それは異性の顔だ。

小学生、中学生そして高校時代もよく絵を描いたし区の展覧会で特選をいただいたことも二三度あった。そしてその多くはいわゆる肖像画であったし、世界の名画といわれるモナリザをはじめクレーのヒナギクといった作品の模写を飽きずに何度も描いていた。
長じてカメラを持つようになった際にはスナップ写真を別にすればポートレイト撮影が一番好きだったし、その後パソコンによる3Dに夢中になった時代も目標は美しい女性の顔をモデリングすることだった。
この歳になって今更ではあるが、どうやら私は女性を前にするとその顔に興味を持つ性向があるようだ…。

Fetish_02.jpg


こうしてあらためて振り返って見ると人間っていくつになっても生まれ備わった性向は変わらないように思う。
お気に入りのヘッドマネキンを手にした切っ掛けからオリジナルな実寸女性モデルを造型しようと悪戦苦闘してきたのも同じ脈絡の趣味趣向から来ているに違いない。
別にピグマリオンを気取っているわけではないが、このオリジナルモデル嬢造型はこれまでとは些か違い実益というと語弊があるが現実的なメリットを多々生んでいる。

当初は仕事絡みでもあったが、それらを別にしてもそこにお気に入りのモデルさんが常駐しているのは実にありがたい。
何らかの目的の為、女性のポートレイトというか顔写真あるいは姿が欲しい場合が多々あるが、まさかその度にプロフェッショナルのモデルさんにお願いするわけにはいかない。また現実にはフリーの写真も存在するがそれらのほとんどは気に入らないだけでなく仕草や表情、撮影アングルなど思い通りになるはずもなく使い物になることは少ない。

その点、手前味噌ながら我が専属モデルは24時間いつでも撮影可能だし、衣裳やWigを別にすれば費用はかからない。そして必要なら撮影後にデジタル・コスメチックアプリで化粧を施すなど自由にできるし無論著作権や肖像権にも抵触しない。
思えば私にとってこのモデル嬢は昔昔、美術室にあったデッサン用の石膏モデルや多くの美術館で鑑賞したギリシャ彫刻と同様日々大きな刺激と閃きを与えてくれる。

Fetish_03.jpg


人の顔を…それが作り物だとしても…あれこれと日々撮影の対象にしてると実に魅力的で面白い素材だと感じる。そして事実、人の顔ほど写真に撮るのが難しい対象も少ないのではないか。
ほんの少しアングルを変えただけで、ライティング、化粧の仕方で、髪型で別人のようになるし、そもそもカメラのレンズを通して "見たままに" 撮ることがいかに難しいかを日々実感している。

そういえば、写真家の篠山紀信氏がラブドールを撮影した写真集を出したことが話題になったが、ラブドールをひとつのアートとして捉えている点には賛同できる。ただし、言い訳めくが私の造型してきたモデルはラブドールではないしラブドールを愛する性癖は持っていない(笑)。
とはいえ友人たちに主張し続けてきたが、そこに "美" が常駐していることは精神衛生上何らか良い方向に私の意識を向けているような気がする。
それは例えばピカソの絵画であったり繰り返すがギリシャ彫刻であってもよいわけだが、自分にとって日常的に触れることができる美がそこに存在することは素敵なことだと明言できる。

したがって当該モデルの存在は、写真撮影の機会を容易にしてくれることは勿論、ポートレイト撮影の教材というか練習台にも最適ではないかと考えている。
そしていまそれに留まらず3Dプリンターで女性の顔を作ることに挑戦している。

Fetish_04.jpg


そういえば3Dプリンターを手にした直接の理由は実寸大の女性モデルに動かせる両腕と首関節を作ろうと考えたからに他ならないのだ。
ただし3Dモデリングはともかくスライサーというソフトウェアの設定でまだまだ分からないこともあるし、3Dプリンター側の制約もあってまだまだ完成形には至っていないし苦悩している部分もあるが、それがまた意欲向上に繋がっている…。

Fetish_05.jpg


2019年中に可能であれば形だけにしても3Dプリンターを駆使してアンドロイドを造型したいと考えている。無論無謀な挑戦であり思い通りには行かない可能性の方が高いと思っているが目標はないよりあった方が素敵だ。
さて、貴方は「なにフェチですか?」(笑)





ラテ飼育格闘日記(634)

寒いけど朝夕の散歩は欠かせない。すれ違うワンコの中には服を着せられているにもかかわらず震えているワンコもいるが、ラテは寒さには強いようで霜の降りた路面にも平気で腹ばいになって「帰りたくない」と我が儘を言うくらいだ。しかし歩いているならまだしも劇寒の中立ちすくんでいるのは辛い…。


冬休みが終わったと思ったら世間様は三連休。オトーサンたちはそうしたことには関係ない毎日を過ごしているし問題は散歩に公園へ出ても子供たちの姿がないことだ。
お休みともなれば家族全体でどこかへ出かけることもあるだろうし、出かけなくても家族と過ごすことが多くなり必然的に外で遊ぶ時間が無くなるからだろうが、ラテは砂場に座り込んで待ちのポーズ。ラテは良いがオトーサンが凍えてしまう。

Latte634_01.jpg

※なにを注視しているのか、表情がキラキラしている


そういえば公園に子供の姿が少ないのは連休だけが原因ではないようで聞けば小学校でもインフルエンザが流行っているという。したがってこうした時期、学校はともかく人手の多い場所には好んで近づかない方が賢明だからかも知れない。
ともかくラテの思いも尊重し、5分とか10分はその場で自由にさせた後でオトーサンは強制的にリードを引いて歩き始める。

近隣は草木が多く、春には桜、秋には紅葉が楽しめる環境ではあるがこの時期は針葉樹などを覗けば木々はすっかり葉が落ち見るからに寒々しいだけでなく風景が地味だ(笑)。それでもふと振り返れば遠目だが富士山が美しく映える日もあれば枯れ木の間から朝日が昇る幻想的なシーンに出くわすこともあってオトーサンは小型のデジカメを手放せないほど楽しみだ。

Latte634_02.jpg

※天気が良ければ富士山もよく見える


しかし連れの我が娘はクンクンと地べたばかりに視線を向けて実に面白くないが、冷静に考えればラテはラテなりに嗅覚でその瞬間の世界を感じているに違いない。
だから闇雲に植え込みなどにマズルを近づけクンクンしているときにリードを引きたくはないが、植え込みの小さな葉ひとつひとつの臭いを丁寧に嗅がれてはいつ終わるか知れず気の短いオトーサンはついリードを引いてしまうのだ。

Latte634_04.jpg

※反抗的な表情(笑)


また本来、行き交う散歩中のワンコや飼い主さんたちと出会うのも楽しみのひとつであり、初対面の方たちでも連れのワンコをダシにして会話が進むこともある。特に最近この付近ではワンコを飼う方が多くなった。
ワンコ好きの一人としては嬉しい限りだが、ワンコ以前にリードを引く飼い主さんがフレンドリーで無く挨拶しても無視されたりすることもある。

Latte634_03.jpg

※大好きなオカーサンに出会うと声を上げながら顔を舐めに行く


それはともかく一番困るのがマナーを守らない飼い主が残念ながら結構いることだ。目立つのは糞の置き去りが多くなった…。
経験上大型犬の落とし物なのか小型犬なのかはほぼ分かるが、どう考えても糞をした際に飼い主が気がつかないシチュエーションではない場所に堂々とそのままにして立ち去る無神経さ、不道徳さだ。無論路面には時にコンビニの袋や弁当の食べ残しがそのまま捨てていく馬鹿者がいるが、ワンコの糞の置き去りはそれと同等…それ以上に迷惑な行為でありそんな人たちにワンコを飼う資格は無い。

Latte634_05.jpg

※一時、ラテと駆けずり回った…


ただし昨今はワンコのリードを引きながらスマホに夢中な人も見かける。これは危険なだけでなくそれこそ連れているワンコが後ろで糞をしても気がつかないかも知れない。いや、そもそもそんな散歩をする人は飼い犬のことも人への迷惑など顧みない人なのだろう。ワンコが気の毒だ。

それでなくともワンコを飼うと言うことは色々な面で周りに迷惑をかける可能性もあるわけで、糞の置き去りを堂々としたまま済ませてしまうような飼い主がワンコを幸せにすることなど出来るのだろうかとも心配してしまう。
一番の心配は「だから犬を飼うことは迷惑なんだ」という論議に発展することを危惧しているオトーサンなのだ。


フィラメント切れ検出ユニットはフィラメントの精度が求められる?

J&T 3Dプリンター JT-28-004-Ⅱ 刷新高機能版を使い始めているが思っていた以上に前機種JT-28-004と違いがあって通常作業が出来るまでに時間を要した。組立や各種調整に関しては手慣れたつもりだったが、一番困ったことはプリントしたオブジェの出来が良くなかったのである。JT-28-004では大変綺麗な積層だったのだが…。


テストプリントに使ったフィラメントは本体購入時にオマケとしていただいたオレンジ色だった。しかし普段使いはしないであろうカラーであることや記事にする写真を撮る際にも目立って良いと考えてセットした。
とはいえ旧機種とは違いこのJT-28-004-Ⅱはフィラメントをまずフィラメント検出ユニットに通してからエクストルーダーの押出ユニットに挿入することになる。無論フィラメント検出ユニットはプリント途中でフィラメントがなくなった際にプリントを自動的に中止し、フィラメントをセットし直すことでプリントを引き続き再開するための装置である。このJT-28-004-Ⅱ にとって目玉機能のひとつでもある。

JTT28004II_B_01.jpg

※J&T 3Dプリンター JT-28-004-Ⅱの目玉機能ひとつ「フィラメント切れ検出機能」のためのユニット。フィラメントが通っている小さな機器がそれだ


テストプリントの開始はホットベッドへの定着も良く問題ないように思えたが、プリントを終えてオブジェを確認したときその積層の粗さに驚いた。こうした経験はこれまでなく前機種のJT-28-004は積層も大変綺麗だったのだ。
3Dプリンターを手にしたばかりの時期の私だったらどうしてよいかが分からず途方に暮れたかも知れない。よかれと買ったプリンターが故障なのかと思ったに違いない。

JTT28004II_B_02.jpg

※新製品 JT-28-004-Ⅱでオレンジ色のフィラメントをプリントした結果(右)。積層が非常に汚い。左は従来機のT-28-004でプリントした例で綺麗だ


しかし自分で言うのもおこがましいが、この10ヶ月実によく勉強した(笑)。だからという訳でもないがその積層の粗さはフィラメントが十分に供給されていない結果であると仮定できたのだった。
ともあれ温度設定を変えてもう一度同じプリントをしてみたが結果は変わらなかった。再現性がある問題であると認識せざるを得ない。

無論フィラメントをホットブロックに導くのは押出ユニットだ。その押出ユニットがしっかりフィラメントを送っていないのかと確認したが問題はなさそうに思えた。とはいえノズルの詰まりはないはずだ。
しばし考えていたところ思い当たったのがフィラメント検出ユニットの存在だった。
試しにフィラメント検出ユニットを通したフィラメントを手で下に引いてみると思ったより抵抗感があった…。
なるほど、押出ユニットが一生懸命引き込もうとしてフィラメントを引っ張っているにも関わらずフィラメント検出ユニットの通りが悪いのでスムーズに引くことができないのであろうと考えた。

それであればフィラメント検出ユニットを通さずプリントしてみたらどうなのか。早速フィラメントスプールから直接押出ユニットへフィラメントを通してプリントしてみると、あらら…普通に綺麗にプリントできているではないか。

JTT28004II_B_05.jpg

※フィラメント切れ検出ユニットを通さずプリントした例(右)


ただし念のためだがフィラメント検出ユニットを通さない場合でもダミーでユニットへフィラメントを通しておかないとプリントはできない。
ともかく、やはり考えたとおりフィラメント検出ユニットの通りが悪いのが原因だとすればある種の故障なのか?

JTT28004II_B_03.jpg

※フィラメント検出ユニットを通さない場合でもダミーでユニットへフィラメントを通しておかないとプリントはできない


ここでも手前味噌ながら頭に詰め込んできた幾多の情報が役に立った。
もしかしたらフィラメントに問題があるのではないかと思い、オレンジを外して以前使った事があるピンク色のフィラメントをセットして同じ条件でテストプリントをやってみた。勿論フィラメント検出ユニットを通してである。
結果は何の問題もない綺麗なプリント結果であった。

JTT28004II_B_06.jpg

※別途手持ちのピンク色のフィラメントを検出ユニットにセットして同じ条件でテストプリントをやってみると綺麗にプリントできた


ということはやはりオレンジ色のフィラメントが問題の原因だと考えざるを得ない。
確かにあらためてスプールを見ると巻きが雑然としている感じもする。しかし手元にある計測器はデジタルノギス程度しかないので精密なことは分からないが、確かに1.75mmの太さであるはずがバラツキが目立つようだ。また肉眼では分からないが指の間に挟んで数メートル送ってみると波というか捩れといったものも感じる。

要はフィラメント検出ユニットのキャパを越えた不均等なフィラメントだったためにスムーズに通らなかったようだ。
フィラメントの良し悪しでプリント結果が変わることは知識として知ってはいたが、これまで経験したことはなかった。またこればかりは手にして見ないことには、プリントしてみないことにはわからないから厄介だ。

そういえばJ&Tブランドのフィラメントも含めこれまで十数本を使ってきたが皆問題はなかった。無論これまではフィラメント検出ユニットは無かったからだが、それらの数本をフィラメント検出ユニットに通してテストしてみるとその後2つのフィラメントに問題が生じた。
フィラメント検出ユニットの存在はフィラメントの精度検査機になるのかも知れないが、そもそもはフィラメントが無くなった際の検知ユニットだから当該ユニットは少々シビア過ぎるのかも知れない ^^;
検証は続く…。



ラテ飼育格闘日記(633)

寒い…。特に朝の散歩は寒い。ネックウォーマーにイヤーマフ、勿論手袋をしてという完全装備でオトーサンは出かけるがラテは素のままだ(笑)。本当にこれで寒くないのかと思うが、激寒の路面に腹ばいになったりするわけでやはり寒さには強いというか平気なようである。


オトーサンは厚手のダウンジャケットのポケットに充電式のポータブルあんかまで忍ばせて散歩に出かける。それでも自然に首が縮まるし肩が凝る。
特に朝の一歩は足が重いし膝や腰にも負担が強くかかっているように思え、これで小一時間も歩けるのかと自分でも思いながらスタートするが、可笑しなものでしばらく歩いていると寒さは変わらないが体が温まってくるのか膝や腰が楽になってくる。

Latte633_01.jpg

※ラテは寒さにメチャ強い


北国の方には笑われようが、それでもマイナス1℃前後の中を小一時間歩くのは実にしんどい…。第一こんな寒さの中を歩いて血圧にも悪影響がないのか…と思うしいつも言うけどワンコと一緒だからして何とか歩くものの、いくら健康に良いからと言われても一人では絶対に外に出ないに違いない。

Latte633_04.jpg

※マイナス1℃の朝にエンストのラテ(笑)


とはいえ、散歩のコースはいくつかの内からラテの好みも加味して選ぶが、ラテの表情や態度を眺めつつ歩くのはなかなかに楽しいのだ。
オトーサンの右に付いて歩くのが基本だが、オトーサンの右足の脹ら脛とか膝関節裏あたりをツンツンとマズルで突きながらの意思表示もラテとの会話だと思って楽しんでいる。

同じツンツンでも「なんだ、ラテ」とその顔を見るとなかなかに表情は変化に富む。
オヤツを欲しい、水を飲みたいなどがツンツンのやり方とその表情で分かるし、機嫌の良し悪しも知ることが出来る。
いつもはブスッとしていても振り返ると満面の笑顔でアイコンタントされるとセーブしようと思っているオヤツも差しだしてしまう。

Latte633_02.jpg

※満面の笑顔でアイコンタクト


また水を飲みたいということでもラテはその意思表示にいくつかのバリエーションがある。
ひとつは前記したようにオトーサンの足を突いて要求することだが、その他水が飲める場所や施設にリードを引き立ち止まることで「水が飲みたい」意志を伝える。
それは公園などに併設されている公共の水飲み場であり、もうひとつは自動販売機だ。親馬鹿だが凄いと思うのは何度かそこで水を飲んだことがあって学習したため、またその場所を通ったときに意思表示するというだけでなく初めての水飲み場、初めての自動販売機の前にオトーサンを引っ張っていくこともあることだ。

Latte633_03.jpg

※ラテ、焼き芋を貰う


水飲み場は想像するに水の臭いがするのかも知れないと思うが、自動販売機はどうなのだろうか…。やはり我々人間には分からないもののある種独特の臭気を持っているからかも知れないが、その行動を眺めているとビジュアルで「あれは水が飲める場所だ」と判断しているようにも思える。
例えば道路の左側を歩いているとき、百メートル近く先の右側に自動販売機があったとすると早々と右に寄って行くのだ…。

Latte633_05.jpg

※先日久しぶりにとある公園にある水飲み場へオトーサンを引いていった


ともあれ寒いにしろ熱いにしろ散歩そのものは義務になりやすいし正直そうそう面白いというか楽しい出会いや出来事などはある訳がなく普段は単調にこなさなくてはならない。しかし一緒に歩くラテと色々な意味でコミュニケーションを取りながら、気持ちを推し量りながら歩くのもなかなかに楽しいものだ。
まあ、ラテももう少し飼い主の言うことを聞き、オトーサンの気持ちを忖度してくれるとなお嬉しいのだが…。






カシオ ラベルライター ネームランド KL-FR3 ハイスペックモデルを入手

カシオのラベルライター「ネームランド KL-FR3 ハイスペックモデル」を買った。3Dプリンターの組立配線確認は勿論、各種の部品や部材などのスペック等をラベルにして貼りきちんと整理しようというわけだが、大昔に一度使った記憶があるもののすっかり使い方は忘れた(笑)。無論機能や使い勝手は格段に向上しているはずだがラインナップのうちハイスペックモデルを選んだにはわけがある。


同じネームランドには KL-YK50 というスタンダードモデルがあり、スペックのほとんどはこれで十分な気がする。しかし当然とは言えハイスペックモデルと比較するといくつか特徴的な違いがあるが、個人的に「バックライト付き液晶搭載」が欲しかったためにハイスペックモデルになった次第。
理由は私自身の眼が悪く、この製品に限らないが小さな液晶がついているデバイスは多々あるもののバックライトが無いと実に見づらくなってしまったからだ。有効利用するのであれば是非にもバックライトが欲しいとKL-FR3 を選んだ次第。

LABELWRITER_01.jpg

※専用ケースに納まったカシオ ラベルライター ネームランド KL-FR3と付属品一式


もうひとつの違いは漢字入力、文字入力にATOKが搭載されていることだ。まさかネームランドで長い文章を入力するはずもないが、日常パソコンでもATOKの愛用者なので効率の良い入力を期待してのことだ。
後、搭載フォントがスタンダードモデルより英数書体が二書体多いなど個人的には些末な違いだがハイスペックモデルは専用収納ケースが付属しているといったメリットもある。

さてスペック的なことはともかく「ネームランド KL-FR3」の実機を手にした第一印象は多機能になったことは分かるが、旧製品と比べて使い勝手が格段に向上したとは思えない(笑)。
文字入力をスムーズにさせるためにフルキーが装備されているのは当然としてもボタン類も多く思い通りのラベルを作るには付属のマニュアルは手放せない。
何だか黎明期のワープロ専用機を彷彿とさせるではないか…。

LABELWRITER_02.jpg

※プリントも早く綺麗。そしてバックライト付液晶も認識性抜群


また事前に情報は得ていたしパソコンと接続して使うつもりはないもののサポートしているのがWindowsだけでmacOSとは接続使用できないのは一昔前ならともかく今どきのメーカーとしてはだらしがないのではないか…。無論Boot Campなど使えばMacでも使用可能ではあるものの、開発費いただければMac専用のアプリケーション、作りますけど(笑)。

ともあれ早速電池を入れ(ACアダプターは付属しているが)同梱されている18mmのリボンをセットしてテストプリントを試みた。
プリントのスピードも迅速だしそのプリントもとても綺麗でハーフカット機能付きオートカッターも含め文字通りのラベル印刷として重宝しそうだ。
そして縦横同時印刷機能やラベル作成日時を自動入力するタイムスタンプ機能も実用的だ。

なお利用できるテープ幅だが、3.5 / 6 / 9 / 12 / 18 / 24mm が使えるとのことだが一番多く使うのは12mm幅あたりなので複数カートリッジを買っておくつもりである。
そういえばこの ハイスペックモデルには前記したように本来別売の専用収納ケースが付属するのもありがたい。いつもいつも机上に出しておくわけではないので使わない時の収納というか置き場所にとかく困るが、一体成型の簡素なケースではあるものの片付けがつけやすい。

LABELWRITER_03.jpg

※専用ケースがあるとACアダプターや予備のテープなどを一括して収納できるので便利


これまでこの種のラベルは付箋にメモしたもので代用していたが耐久性というと大げさだが、剥がれたり文字面が汚れるあるいは消えたり滲むといったことがあったがこのネームランドのおかげで整理および整頓が確実にできると喜んでいる。
そしてこれから活用するに従って利用の幅が拡がっていく予感がする。





広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十二巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員