コスパ最高、MUSONアクションカメラ 4K動画対応 MC2〜ハウジングとレンズ保護

MUSON MC2を使い始めたと知った友人たちが「GoProとどう違うのか」と問う。愚問である(笑)。GoProの画質はYouTubeなどで多々確認出来るものの自身で使った事がないからだ。ここで私がMUSON MC2の4K画質最高…と記すとしても、それは世の中にあるすべての同種製品を比較した結果ではないのは当然だ…。


はっきりいえば文字通りの高画質でそれも手ブレ補正なども含めた高品位の動画コンテンツを作りたいと考える方は無理をしてもGoProの最新製品を買うとよい。いくら多様な世界だといっても5万円の製品と1万円以下の製品がまったく同じであると考えるのは甘すぎる。
そんな上手い話しがあったらまずは眉唾であろう。

くどいようだが私のアクションカメラ利用目的はくどいようだがドライブレコーダーならぬ散歩レコーダーとしてである。愛犬との散歩の過程で四季折々の景色や出会う人々あるいは犬たちの姿を記録に残しておきたいというものだ。
そのほとんどは動画からピントの合ったベストショットを静止画としてキャプチャし保存することに尽きる。したがって画質は良ければ良いほど理想ではあるが、散歩カメラとしては4K動画はそもそもオーバースペックなのだ。
しかし比較はともあれMUSON MC2の画質は必要十分で美しいといえよう。

MUSON_B_01.jpg

※MUSON MC2の筐体保護と出っ張っているレンズ保護に役立つ情報を探した


さて今回のお話しはハウジング、すなわち本体を様々な形で身につける際、雨風はもとより埃や急な衝撃などで本体を傷つけ壊すことのないようにとケース類に収納したいと考えるのは当然だ。事実MUSON MC2にも完全防水・防塵のためのケースが付属しているから通常はそれを使うことになる。
また本体保護と同時に、いやそれ以上に気になるのがMUSON MC2のレンズがかなり出っ張っていることだ。このままでは何らかの対策をしない限り、何かにぶつけて傷を付けてしまいそうだ。無論先の防水ケースに入れればことは納まる…。

しかし問題は簡単ではなかった。その防水ケースだが、私は水の中の撮影をするつもりはなくせいぜい雨の日に使おうと思っている程度だ。そうした場合、このケースのデメリットはそのままでは完全密閉となるので音声も遮断されること、そしてレンズカバー部の材質はそれなりに綺麗だが光学フィルター類には及ばないので場合によっては画質が落ちたりフレアーが生じる。

音声の件は別途一部に切り込みがある背面カバーも同梱されているのでこれに変えれば問題は解決される。無論水中や激しい雨といった場合には水が入ってしまう可能性もあるが…。

MUSON_B_02.jpg

※スリットがある防水ケース背面蓋と取り替えれば音声はきちんと入る


ということでウェブサイトやAmazonなどで検索し調べて見るとGoPro互換製品も含めてハウジングケース類やレンズ保護を謳うフィルター類が多々販売されていることを知った。
ただし残念なことにMUSON MC2専用品はいまのところ存在しないので互換品を探すことになるが結論を言えば情報が少ないばかりか誤報もあり、いくつかのケースとフィルター類を片っ端から買ってみたもののまともに使える物はほとんどなかった。結果本体をもう一つ二つ買えるほど不要な物を手にしてしまった次第(笑)。

MUSON_B_03.jpg

※ハウジングケースも色々と試してみたが…


まずレンズフィルターだがとあるYouTube動画でケラレもなく使えるとあったので喜んでUVとNDフィルターを買ってみたがサイズはともかく左上下にケラレが出て使い物にならなかった。そして今のところフィルター単体で使える製品には出会っていない。

MUSON_B_07.jpg

※互換品と思われるレンズフィルターをいくつか手に入れたが使い物にならなかった


一方ケースだが、これまたいくつかを実際に手に入れてみたものの個人的に実用と思えるものはひとつだけだった。
それは「SJCAM SJ4000シリーズ アルミ合金製 ハウジング メタル 全面保護ケース フレーム + UVフィルター レンズ保護キャップ セット 」としてAmazonで販売している製品だ。

MUSON_B_04.jpg

※「SJCAM SJ4000シリーズ アルミ合金製 ハウジング メタル 全面保護ケース フレーム + UVフィルター レンズ保護キャップ セット 」


その名の通りMUSON MC2専用品ではないが、ピッタリと納まること、操作系すべてが露出しているので問題なく使えること、そしてアルミ製なので丈夫なことが利点だ。なによりも気に入ったのはレンズ周りのデザインだ。
広いカバーデザインになっているがレンズの出っ張りとフレームが同じ高さになるので多少のプロテクトになるのではと期待している。そして付属のレンズ保護キャップは使わないとき被せておけば完全なレンズ保護となる。

MUSON_B_05.jpg

※前記メタルケースにMUSON MC2をセットした例


またアルミ製のため、冬期はともかく真夏の炎天下では多少なりともボディの温度上昇を和らげることができるかも知れない。さらに私は使わないがホットシューもつけられるので必要な方には嬉しいデザインだろう。
ただし残念な点はこのレンズ部は40.5mmの各種フィルターがつけられるし製品にはケンコーのUVフィルターも付属しているが、装着するとやはりケラレが見られることだ。試しに薄型のフイルターもつけてみたが同じだった。後はアルミ製で丈夫であるもののプラスチック類のものと比べると若干重量が重いことか。

MUSON_B_06.jpg

※40.5mmの各種フィルターがつけられるので期待したがケラレが見られる


ということで現在、このメタル製ハウジング保護ケースとMUSON MC2に同梱の防水ケースを適宜使い分けている毎日である。


ラテ飼育格闘日記(576)

朝晩は本当に寒くなってきた。まあすでに12月…師走なのだから当然だろうが、オトーサンも真夏の暑さに比べれば寒い方が良いと思うひとりなものの、体調が悪いとその寒さがいろいろと身にしみて辛い。


まずは風邪がなかなか抜けきらない。微熱があるという自覚はあっても体温を計ると平熱だったする。しかし喉は痛むし鼻水は出るという有様。
まったくもって歳は取りたくないものだが、風邪が抜けない、膝は痛い、目は悪い、手指は硬直、血圧は高いというのだからどうしようもない。まあ一番心配な血圧に関しては降下剤を処方してもらったので数値的には落ち着いているが…。

Latte576_01.jpg

※ラテは寒さもなんのその。絶好調だったのだが…


それでもお約束のラテとの散歩は欠かさない、欠かせない。そして辛いが楽しみでもある。
幸いというべきか、一ヶ月ほど苦しんだ右膝の痛みも激痛ではなく普通の痛みになってきた。このまま強い衝撃などでぶり返さない限り治りはしないものの取りあえずは終息していくように思える。
やれやれと思っていたら、あれっ、ラテの歩き方がおかしい事に気がついた。

Latte576_02.jpg

※左前足を少し引きずるようになった


歩くと体が揺れるのだ。よくよく見るとどうやら左前足の具合が悪いようで、踏みしめ方にバラツキがある感じ…。
まあまあ飼い主がやっと痛みのピークをこえたと思ったら今度はラテかと心配。人間のようにどこがどのように痛いのかを教えてくれないのも気がかりとなる。
もしかしたらオトーサンの監視の目を盗んで肉球を噛み、傷でも作ったのかも知れないと散歩から戻った際にぬるま湯で四つ脚を洗ったが、肉球は滲みたり痛がったりしなかった。ということは関節とか筋肉とかどこか寝違えたといったことがあるのかも知れない。

Latte576_00.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンには長い舌でペロリ(笑)


そもそもラテも来年の6月で満12歳となる。寿命から考えればすでにお婆ちゃんの年齢に入っているのも確かで、あちらこちらに支障が出てきても不思議ではない。
しかし振り返ればこれまでにもこうしたことがなかったわけではないことも事実。
例えば若い時の方がラテは足がよく痙った…。特に後ろ足が多かったが、これはそれほどよく走ったということなのだろうか。事実走っている途中で「キャ〜ン」と立ち止まり、痙った足をしばらく上げたままにしていることがあった。

Latte576_05.jpg

※これまた大好きな小学三年女子に雄叫びを上げて近づく


また今回のように原因は不明だが、前足を引きずっていたときもあるから一概に歳による衰えが出たと決めつけてはいけないだろう。ともあれ注視していなければならない。
また夕方の散歩も馴染みの公園に向かうにしろ、これからしばらくの間は日の入りが早いこと、そして寒いことから外に出て遊ぶ子供たちの姿が少ないのだ。例え遊んでいる子供たちがいたとしてもすぐに暗くなるから一緒にいられる時間は短い。

Latte576_06.jpg

※遠方からも「ラテちゃ〜ん」と声をかけてくれる女子が…


このことはラテにとって大事のようだが、それでも歩けばワンコにも人にも会えるチャンスは増える。
またピーカンの青空の下の散歩は無論気持ちが良いが、薄暗くなり街灯の灯りが点き、車がヘッドライトを点けて走る時間帯を歩くのもなかなかに素敵だ。
多少の寒さなど気にもならないが、それでもオトーサンはもとよりラテの足の引き釣りが一時的なものですぐに回復することを祈るばかりだ。そうでなければ快適な散歩などあり得ないからね…。

Latte576_03.jpg

※笑顔でアイコンタクトするラテ


そんな感じで今回の日記を閉めようと思っていた。しかし昨日夕飯の後で何ということかラテがボール遊びを要求したのだ。オトーサンがゴムボールを室内で投げたり、壁にぶっつけたりするのを追いかけ、あるいはダイレクトキャッチするのがラテの遊びだが無論スピードを要求されるし四つ脚を使わなければならない。
引きずっている脚ではかえって痛めたり、そもそもが思うように遊べないのではないかとオトーサンは思ったが、キラキラした顔で要求されれば応じるしかない…。
結果、この娘はいつものように暴れ回ったのだ(笑)。何なのだあの脚の引き釣りは…?



スマホアプリと連携、記録分析ができる「Zepp テニス 2 スイングセンサー」発売

フォーカルポイント株式会社は、 スマホアプリと連携してテニススイングの記録・分析ができる「Zepp テニス 2 スイングセンサー」を全国の家電量販店および雑貨店舗、同社の運営するオンラインストアにおいて販売すると発表。また、世界200箇所以上のApple Store、Apple公式サイトでも購入可能。


20171208zepp-1.jpg

Zepp テニス 2 スイングセンサーについて
Zepp テニス 2 スイングセンサーは、Bluetooth LEでiPhoneやスマートフォンと連携し、テニススイングの解析がリアルタイムで可能になる3Dモーションセンサー。ラケットに装着してスイングのデータを計測し、専用アプリケーションにワイヤレスでデータ送信する。専用アプリケーション上において、ストロークの種類、ボールの速度、スピン、スイートスポットなど、さまざまなパフォーマンス指標を分析することができる。

[製品の主な特徴]
・iPhoneやスマートフォンと連携し、テニススイングの記録・分析が可能な3Dモーションセンサー
・ストロークの種類、ボールの速度、スピンなどのパフォーマンス指標を計測可能
・Smart Rally Captureテクノロジーでプロ顔負けのハイライトムービーを作成
・あらゆるラケットに対応する3種のラケットマウントが同梱
・最大8時間の連続使用が可能、Bluetooth LEでアプリと連携

[同梱品]
・Zepp テニス 2 スイングセンサー 本体
・プロマウント
・フレックスマウント
・インサートマウント
・マグネット式専用USB充電器

[製品仕様]
Bluetooth: Bluetooth ver 4.0
バッテリー駆動時間: 約8時間
充電時間: 約2時間
スタンバイ時間: 約40日
本体サイズ: 約 14(H)×26(W)×26(D) mm
本体重量: 約 6.3 g (センサーのみ)
パッケージサイズ: 約 111(W)×177(H)×44(D) mm (フック部含む)
パッケージ重量: 約 162 g

[対応機種]
・iPhone
・iPad
・iPod touch
※iOS 9以上

・Androidスマートフォン
・Androidタブレット
※Android 5.0以降でBluetooth LEに対応する機器

[販売情報]
定価: オープンプライス
オンライン直販価格: 各12,800円(税抜)
発売時期: 2017年12月上旬

製品ページ:




インスタグラム ストーリーズにハイライトとアーカイブを導入

Instagramは2017年12月5日、「インスタグラム ストーリーズ(Instagram Stories)」にシェアした過去の投稿をプロフィールに追加できる「ストーリーズ ハイライト」と、アーカイブにストーリーズ投稿が保存される機能を追加したと発表。これらのアップデートにより、利用者はお気に入りのストーリーズ投稿を24時間以上プロフィールに表示させたり、自分だけが見られるアーカイブに保存して、いつでも再生できるようになる。


   Instagram20171206.jpg

新たに追加された2つの機能は以下の通り。

プロフィールにハイライトを追加する
ストーリーズ ハイライトは、これまでにシェアしたストーリーズ投稿をプロフィールに追加することができる新しい機能。旅先のお気に入りの風景から家族や友達との思い出まで、あなたにとって大切な関心事や残しておきたいお気に入りの投稿をハイライトとして追加することで、プロフィールを通してより自由に自分の個性を表現できるようになる。

本機能の利用方法は以下の通り。
 ・プロフィール画面内、自己紹介文の下に表示される[+]をタップする。
 ・ アーカイブに保存されたストーリーズ投稿が表示される。好きな投稿を1点あるいは複数選択した後、カバー写真やタイトルを設定。
 ・ハイライトが作成されると、プロフィール画面にハイライトのカバー写真が丸いアイコンで表示される。アイコンをタップすると通常のストーリーズと同様に再生できる。
 ・ハイライトはプロフィールにいくつでも作成できる他、ハイライトのアイコンを長押しすると、いつでも編集・削除できる。

アーカイブにストーリーズ投稿を保存する
アーカイブは自分だけが閲覧できる非公開のスペースです。フィード投稿をアーカイブできる機能に加えて、シェアしたストーリーズ投稿は、24 時間を過ぎると自動的にアーカイブに保存されるようになった。お気に入りの瞬間を好きなときに再生したり、ハイライトとしてプロフィールに追加することもできる。

本機能の利用方法は以下の通り。
 ・プロフィール上部にある時計マークのアイコン(アーカイブ機能のアイコン)をタップする。
 ・新たに追加されたストーリーズ用のページに切り替えると、過去にシェアしたストーリーズ投稿が日付順に表示される。
 ・アーカイブ内でストーリーズを選んでタップすると、投稿を見ることができる他、再生中に[シェアする]をタップすることで、再度ストーリーズ投稿としてシェアしたり、ハイライトに追加することができる。
 ・ストーリーズ アーカイブ機能は自動的にONに設定されているため、本日以降、シェアしたストーリーズ投稿はすべて自動的にアーカイブに保存される。プロフィール画面の歯車アイコンをタップすると、自動アーカイブをいつでもOFFに設定できる。

今回のアップデートに関する詳細については、Instagramの日本語公式アカウント@instagramjapanより確認できる。また本機能のチュートリアル動画についてはこちらからご覧いただける。




コスパ最高、MUSONアクションカメラ 4K動画対応 MC2 Pro2〜画質編

「MUSONアクションカメラ 4K動画対応MC2 Pro2」レポートの第2弾。今回は画質に関して考察してみたい。本製品の動画解像度は4K=3840 × 2160(24fps)/ 2K=2560 × 1440(30fps)/ 1920 × 1080=(60fps)/ 1920 × 1080=(30fps)/ 1280 × 720=(120fps)/ 1280 × 720=(60fps)/ 1280 × 720=(30fps)が選択できる。また静止画撮影も可能だ。


撮影時の各種オプションは背面にある2インチ影響ディスプレイを確認しながらできるので分かりやすい。
動画の解像度は前記したとおりだが、この他にスローモーション撮影が可能。またタイムラプス録画も1秒/2秒/5秒/10秒/30秒/1分を選択して撮影でき、ループ撮影にすればメモリカードが一杯になると最初のファイルから上書きして録画ができるのてドライブレコーダーとしても最適。

MUSONMC_2_01.jpg

※MUSON MC2 Pro2を付属の防水ケースに収納した例


なおドライブレコーダーモードにするとカメラがUSBケーブルで車の電源と接続されていれば、本体電源OFFの状態でも車両のエンジンが始動すると本機は自動で電源が入り録画を始めるという。

ちなみに本機では16GBから32GBまでのmicro SDカードを使うが、Class10またはそれ以上を推奨している。
そしてmicro SDカードに記録されるファイルは10分毎に区切って記録されるとマニュアルに記載されているが、実際にテストした範囲では15分毎に区切られていた。また途中で静止画を撮影すると一つの動画ファイル記録時間はそのタイミングにもよるものの極端に短くなるようだ。また撮影時に本体サイドにある上下ボタンを長押しするとデジタルズームの拡大と縮小が使える。

さて4Kの動画はMPEF-4で記録されコーデックはH.264、オーディオはAACモノラルだが、そのサイズは3840 × 2160ピクセルとなる。そしてQuickTime PlayerのムービーインスペクタによればそのFPSは前記の通り24だった。ともあれ今更ではあるが、4K動画の編集を考えると5K 27インチRetina ディスプレイを持つ iMacの有難味が俄然光ってくる。

こうした事を知った上でMUSON MC2を動画モードして4Kの撮影をしてみた。ちなみに画質はファイン、シャープネスはノーマル、ホワイトバランスはオート、ISO感度はオートに設定してある。
そう、あらかじめお断りしておくが、今回のテストは愛犬との散歩カメラという趣旨から実際に歩きながら撮影したこと、また私事ながら現在膝の治療中ということもあり、画面が揺れることをご容赦いただきたい。
本来ならスタビライザーが欲しいところだが、散歩レコーダーとしては贅沢だ(笑)。さらに今回の撮影はパッケージに付属している防水・防塵ケースに収納して使ってみた結果である。
無論雨はともかく、本体やレンズ保護を考えてのことだが、デメリットは内蔵マイクも覆ってしまうため音声が入りずらくなることだ。

もうひとつアクションカメラを扱う上で重要なのがどのようなマウント方法で身につけるかということも考える必要がある。自撮り棒のような先に取り付けて使う、あるいはキャップやヘルメットに装着するヘッドストラップ、胸位置にカメラを固定するチェストストラップなどだが、散歩する場合に両手を解放しなければならないことでもあり、今回はヘッドストラップと別途購入した360°回転可能なクリップマウントを使った。
様々な装着方法についてはそのうち別項でご紹介したい。

MUSONMC2_2_03.jpg

※ヘッドストラップで使うとなればこんな感じ


その画質の結果だが、このクラス最良のものであると言える。まずはかなりクリアーな絵が期待できるしその画像は裸眼による色味に近くて好感が持てる。
ビデオからキャプチャした数枚を例に説明を続けるが、橋のフェンスの細かなメッシュも実にクリアなのがお分かりだと思う。ただし4K撮影時のFPSは24でもあり、カメラが大きく動いたり被写体が動いているような場合には動画はともかく、そこからすべてにピントが合った1フレームを取り出すのは難しい場合がある。また4K動画で15分ほどのファイル容量は約2.8GBになっていた。



※4K動画の撮影例。とてもクリアな絵が撮れるし色味も自然だ


またF値が1.8とかなり明るいこともあり、カメラとして優秀には違いない。しかし反面日射しが降り注ぐ中を歩くとフォーカスが木々や建物に合っている場合に空などはかなり白とびになることがあるのでNDフィルターが欲しいところだ。とはいえフレーミングが適切であるなら近景から遠景まで実によい絵が撮れる。

MUSONMC2_2_06.jpg

MUSONMC2_2_05.jpg

MUSONMC2_2_07.jpg

※4K動画をキャプチャーした例(縮小してある)【クリックで拡大】


気になる連続動画記録時間だが、マニュアルによればカード容量が32GBの場合、4K/2Kで1時間、1920 × 1080=(60fps)では2時間、1920 × 1080=(30fps)なら4時間とあるが、バッテリーが持たない。バッテリーは使用環境や使い方で大きく異なるが、1時間から1時間半と見るべき。したがって入れ替える面倒はあるものの予備バッテリーの携帯は必要となるだろう。

なお、防水・防塵ケースにセットした場合のズレか、僅かに左の上下にケラレが見られるときがあった。後に入れ直すと直った。
さらにこのMUSON MC2は動画とは別に静止画を撮る機能も持っている。基本は本体のモードを切り換えてシャッターボタンを押すことになるが、同梱のリモコンを使えば本体に触れずに動画撮影中に写真を撮り、また動画撮影に戻すということができるので便利だ。

MUSONMC2_2_02.jpg

※付属のリモコン


これを使って数枚写真も撮ってみた。
写真の解像度はあらかじめ最高の5120 × 3840 (72ppi)に設定した。露出やシャッタースピードはオートである。
これまた手ブレがなく取れた写真はなかなか綺麗に撮れている。

MUSONMC2_2_08.jpg

MUSONMC2_2_09.jpg

※こちらは写真撮影例。5120 × 3840 (72ppi)を1280×960に縮小【クリックで拡大】


なお本機はPCカメラとしても優秀だ。例えばFaceTimeで活用しても高解像度の映像コンテンツが活用できる。
一万円以下でこれだけの機能・性能を持つアクションカメラが入手できるとは確認するまで知らなかったが、後は故障なく使えれば言うことはない。
お勧めである。

コスパ最高、MUSONアクションカメラ 4K動画対応 MC2〜準備編


広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員