非常用ポータブル電源 suaiki S270 40540mAh/150Whファーストインプレッション

これまでいわゆるモバイルバッテリー類は数個手元に置いてあるが、iPhoneなどの充電には役立つものの非常時となれば些か心許ない。ということでAC出力も可能な小型ポータブル電源を手に入れた。先日、近隣の事故で夜間に数時間停電を経験したことも購入のきっかけとなった。


誰もが程度問題を別にして災害に危機感を持っている時代。そしてスマホやノートパソコンがライフラインそのものになっているからこそバッテリーの問題を抜きにして日々は送れない。
ざっと調べて見るとそんな時代だからだろうか、非常用電源の類はとても多い。そして当然のことながら高価で大きな製品ほどいわゆる電池容量が大きく出力もACコンセントが付き一部の家電も長時間使えるのが相場だ。

suaoki_01.jpg

※ポータブル電源 suaiki S270 40540mAh/150Wh


大は小を兼ねるではないが、大きめなものを求める自分がいる反面、置き場所や価格そして未経験の製品への不安といったあれこれがブレーキとなり結局ポータブルな小型でそこそこの製品を買うことにした。
大容量の製品をひとつ買うのもよいが、可搬性や扱いやすさを考えるとそこそこの製品を2つ手元に置いた方が良いとも感じたからだ。

さて購入した「suaiki S270 Portable Solar Generator」のスペックを簡単に記述すると、電池容量は150Wh(3.7V 40500mAh/11.1V 13500mAh)で家庭コンセント充電/ソーラー充電/シガーソケット充電の3Wayの充電式だ。

suaoki_04.jpg

※AC出力側


suaoki_03.jpg

※DC出力側


出力はACコンセント(2口):110V/60Hz 100W(瞬間最大150W)/DCポート(4口):12V/120W(瞬間最大15A/180W)そしてUSB出力ポート4個のうちひとつは急速充電規格Quick Charge3.0(最大18W(5V/2A、9V/1.5A、12V/1A)に対応している。

suaoki_02.jpg

※USB出力は4ポートのうちひとつはQuick Charge3.0対応だ


ちなみに製品サイズは184.5×109.5×118.5 mmで重量が1.3 kg。ハンドルがあるので扱い易い。なおLED照明も付いていてボタンで常時点灯とストロボを切り替えることができる。

suaoki_05.jpg

※非常灯側


非常時の場合、これで一般家電をがんがん使うだけのパワーはないしそもそもそんなことは考えていない。
勿論使い道の第一はスマホの充電用だ。そして夜間の場合にはLED照明の電力供給源としたいし、夏ならUSB扇風機や冷風扇程度は十分動作させることができる。またACコンセント利用と言えばデジカメのバッテリー充電、そしてできれば充電式単3電池の充電あたりもできればと考えた。

suaoki_07.jpg

※本体底面にスペックが記されている【クリックで拡大】


数日あれこれと試しているとこれをフル充電して非常用バッグに押し込むのは勿体ないと気づいた。
スマホはもとよりだが近年USB仕様のガジェットが多く、何らかの充電器を使う場合に当然コンセントを直接使うか、あるいはタップなどで都合の良い場所に引いて使うわけだが、「suaiki S270 Portable Solar Generator」ならバッテリーがあるうちは我が家のUSB充電ステーションになってくれる。それも都合の良い場所に…。

suaoki_06.jpg

※各USBポートの電圧/電流などをチェッカーで検証中


またバッテリーを長持ちさせるには途中でこまめに充電するよりある程度使い切ってからの方がよいという。であれば本製品をもうひとつ購入し、ひとつを使い切ったらフル充電すると共に、一方を充電ステーションとして使う事を繰り返せば都合が良い。
本音はこの種の製品にお世話にならずに済ませたいものだが、こればかりは分からない。やはり「備えあれば憂い無し」という格言は生きている…。



ラテ飼育格闘日記(607)

先日、ラテを3ヶ月ぶりに美容室へ連れて行った。全身シャンプーは勿論、カット、肛門腺絞り、爪切り、耳掃除、歯磨きにいたるまでのフルコースが待っている。しかし問題はラテ自身このペット美容室に行くのが動物病院より嫌で抵抗することだ。したがってオトーサンも一工夫せざるを得ない。


とにかく店舗内に入るとき、強く抵抗するだけでなく受付カウンターでの手続き中に緊張の余りかオシッコをしてしまうこともあり、かつ抱っこを要求しオトーサンの腕の中で震えるという有様。なんともだらしないが、全身をいじられて大嫌いな水浸しになるのが嫌なだけでなく、2,3時間にしてもオトーサンたちと離れるのが不安のようだ。

Latte607_01.jpg

※いまね、水を飲んでんだよ


ラテは長毛だが見た目と違い抜け毛は少ない方だと思う。しかし伸びるのは早くすぐに四つ脚のつま先はボウボウとなり使い古した箒みたいになってしまう。
これは汚れるだけでなく散歩から帰った後の掃除も大変になってくる。無論見た目もよくない。
ということでの美容室なのだが、連れて行くオトーサンもなかなかに辛いのだ。

今回の予約は午後1時だったが15分程前に支度をして家を出た。美容室はすぐ近くなので5分もかからないが、途中で排泄させるためだ。
それはせめて店内で緊張とはいえ粗相を…というのをさせないようにとの配慮だが、それはともかく方角が美容室と違う方向へ行くにもかかわらず、ラテはすでにどこに連れて行かれるのを承知している。

Latte607_02.jpg

※店に近づくのを嫌がっていたラテだが、近くなると早く通り過ぎようと歩くスピードを増す。しかし尻尾は下がっている(笑)


可笑しいと言ってはラテに叱られようが、排泄を済ませて美容室に近づくほどUターンして戻ろうとする回数が増える。その都度オトーサンの強烈なリード引きで元に戻されながら進む。
それはストレートな感情表現だと思うので分かりやすいが、美容室が十数メートル先に目前となるとラテの態度が変わるのが何とも面白い。

どうしても美容室方面に向かうなら、店内に入らずさっさと通り過ぎてしまおうと思うのか、あれほどリードを引いて進むのを嫌がっていたラテが笑ってしまうほど歩きが軽快となりオトーサンの前に出てスタスタとスピードを増す。ただし尻尾は完全に下がっている(笑)。
なにか見ていると可笑しいと同時に痛々しくも感じる。こんなに嫌がっているのに無理強いしているようにも思えてオトーサンも罪の意識を感じざるを得ない。

Latte607_03.jpg

※店内で震えながら抱っこを要求


そんなラテをオトーサンは美容室の店内に引っぱり込むが、後ろのガラス戸を閉めるとすでにラテは震えている。「お前の健康のためなんだから」と心を鬼にし、担当の女性にリードを渡して振り向かずに店内から出るオトーサンであった。

その日は混んでいたのか「仕上がりました」という電話が来るまでに3時間かかった。ラテの居ない空白の3時間が何とも寂しい…。そして美容室で大立ち回りでもしていないかといらぬ心配もしてしまう。
せっかく?ラテがいない時間帯なのだから伸び伸びと好きなことをやれば良いと自分でも思うが、正直美容室から電話があるまでは落ち着かない。

Latte607_04.jpg

※引取に行くといつもは見せない笑顔で出て来た。さあ、散歩しようか!


電話を貰ってオトーサンはすぐに支度をして美容室に向かった。料金を支払うと奥の檻からラテが出てくるのが分かったが、オトーサンを確認したラテの表情は普段は見せない独特な喜びの顔だ。

Latte607_05.jpg

※美容室から直接公園へ。ラテを可愛がってくださるオカーサンとチュー!


その大げさな喜びようにリードを引いてきてくれたお店の女性が笑っているほどである。その首にはオマケに着けてもらったバンダナがあったが、時間的に一端自宅に戻るとすぐにまた散歩の時間になるからとそのまま公園に向かった。
美容室帰りのラテはとても愛想がよかった(笑)。







Apple、さらに高速な処理能力とプロ向けの新機能を装備してMacBook Proをアップデート

Appleは本日、さらに高速な処理能力とプロ向けの新機能を装備し、これまでで最も先進的なMacノートブックとして、MacBook Proをアップデートしたと発表。


MacBookPro20180712.jpg

Touch Barを搭載した新しいMacBook Proは、第8世代のIntel Coreプロセッサの搭載により、15インチモデルは6コアで従来よりも最大70パーセント高速で、クアッドコア(4コア)を搭載した13インチモデルは最大2倍も高速な処理能力を発揮して、大規模データセットの操作、複雑なシミュレーションの実行、マルチトラックのオーディオプロジェクトの制作、先進的な画像処理、映像の編集といった作業に理想的な環境を提供。

MacBook Proは、すでに世界中のデベロッパの間で最も人気のあるノートブックとなっており、新しいモデルはコードのコンパイルをより迅速にこなす一方で、複数の仮想マシンやテスト環境もこれまで以上に簡単に実行できる。その他のアップデートとしては、最大32GBメモリのサポート、True Toneディスプレイ、より静粛にタイピングできるように改良された第3世代のキーボードがある。また、パワフルなRadeon Proグラフィックス、大型の感圧タッチトラックパッド、革新的なTouch BarとTouch ID、ダイナミックレンジの広いステレオスピーカー、Appleの独自設計による静粛な冷却システムに加え、データ転送、充電、2台までの5Kディスプレイへのビデオ出力、あるいは最大4基の外部GPUを接続できるThunderbolt 3ポートも完備し、新しいMacBook Proはプロ向けの究極のノートブック。

Newsroom




「FileMaker カンファレンス 2018」オンライン事前登録を開始

ファイルメーカー株式会社(東京都港区六本木)は本日、「FileMaker カンファレンス 2018」の詳細プログラムを公開し、オンライン事前登録を開始したと発表。本カンファレンスは、ファイルメーカー社が主催する日本最大のFileMaker総合イベント。


FMC18.jpg

【開催概要】
会期: 2018 年 11 月 7 日(水)〜2018 年 11 月 9 日(金)
主催: ファイルメーカー株式会社
会場: 虎ノ門ヒルズフォーラム(東京都港区)
詳細: www.filemaker.com/jp/conference
入場料: 無料(事前登録制)

今年で10年目を迎える「FileMaker カンファレンス 2018」は、『学ぶことは、創造のはじまり - イノベーションは、あなたから』をメインテーマに、ビジネスニーズに合わせてカスタマイズされた業務アプリケーション(カスタム App)をFileMakerプラットフォームで作成・運用する際に役立つ基礎知識や技術情報を提供。

FileMakerプラットフォームを使うと、ビジネス課題を解決するためのカスタム Appをすばやく作成できるので、今すぐ業務効率化を推進して生産性を向上させ、働き方改革に取り組むことができる。本カンファレンスでは、導入をご検討中のお客様がカスタム App作成を始めるときに役立つ情報を得られるだけでなく、他のアプリケーションや基幹システムとの連携、モバイルへの展開など、既存ユーザーのお客様が現行システムの機能拡張や強化を行う際に役立つ内容も充実している。

カスタム Appをクラウドに展開したいお客様に最適なソリューションである FileMaker Cloud が昨年より日本でも利用可能になった。FileMaker Cloudは、AWS Marketplaceを通じて提供され、Amazon Web Services (AWS) クラウド上で稼働。本カンファレンスでは、カスタム Appをクラウドに展開することを検討されているお客様向けのセッションも用意している。

セッション
50を超える多彩なテーマのセッションから、ご自身のビジネスにおける働き方改革を進めるヒントが見つかります:ファイルメーカー社による基調講演、エンドユーザー企業が導入成果を紹介する事例トラック、RPAやREST API、クラウド、モビリティなど最新技術の活用方法や開発手法を学べるジェネラルトラック、医療分野に特化したメディカルトラック、協賛企業によるランチョンセミナー/スイーツセミナーなど。
セッション一覧はこちら:www.filemaker.com/jp/conference/2018/session

ショウケー
展示会場「ショウケース」では、FileMaker開発パートナーや協賛企業がブース出展を行います。FileMakerプラットフォームと組み合わせて活用できるサービスや周辺機器、実績あるカスタム Appの受託開発事例、FileMaker関連パッケージ、などをデモを交えてご紹介。開発経験が豊富なコンサルタントや開発パートナーを探す場としても最適。
ショウケース出展企業一覧はこちら:www.filemaker.com/jp/conference/2018/showcase

ワークショップ / ミーティング
定員25名までの先着順少人数制セッション。FileMakerエキスパートや協賛企業がファシリテーターを務める。特定のテーマについて深く掘り下げたり、参加者同士で質疑応答や意見交換したりすることで、次のレベルを目指せます。事前登録は不要。直接会場までどうぞ。





3Dプリンター「FLASHFORGE Inventor」と「FLASHFORGE Dreamer」の違いを再度考察

3Dプリンター選択でなぜ「FLASHFORGE Inventor」を選んだのかについては「3Dプリンター『FLASHFORGE Inventor』ファーストインプレッション」に書いたが、その時期は購入したてでもありいま読むと大切な点が抜けている。為に魅力的な新製品「Adventure3」がリリースされたこの時期ではあるがあえてInventorとDreamerの差を明確にさせておきたい。



FLASHFORGEのウェブサイトはほぼ同じデザインといってよいこの両製品をきちんと比較した紹介になっていないのが大いに悩ましいところである。その要因はサイトをアップした時期がかなり違うからのようだ。
とはいっても私はInventorのユーザーだからしてDreamerの実機は使った事はないが、販売会社のウェブサイトの製品紹介および私自身がFLASHFORGE Japanに問い合わせた内容を加味して両者の違いをあらためて考察してみよう。
まずこの両者は税込み価格で28,080円の価格差がある。

3DPComparison_01.jpg

※「FLASHFORGE Inventor」


「FLASHFORGE Inventor」購入にあたり私は電話でその違いを簡単にお聞きしたわけだが、精度など基本的なスペックは同じだという説明だった。
実はInventorでひとつ気にくわない点があった。それは本体の色使いだ。そのブルーのデザインはInventorという製品の良さを覆い隠してしまっているような安っぽさがあるし一般家庭に置くに似合うカラーではないように思える。
その点Dreamerのグレーとホワイトの組合せはシンプルで好感がもてる。ということで最初は自宅に常設することを考えるならDreamerの方が良いと考えた。
くどいようだが3万円近く安い訳だし…。

3DPComparison_03.jpg

※「FLASHFORGE Inventor」はデュアルヘッドなので二色プリントも可能


正直、全てを理解した上でInventorを選んだとは言えないが、少し高くてもInventorをと無理した一番の要因はプリントサイズがわずかながらInventorの方が大きかったこと、そして調べた範囲ではDreamerが2014年3月にリリースされた製品であるのに対してInventorは2017年発売らしい。
だとすれば部品などは共通だとしても3年の開きはハウジングはもとよりアーキテクチャーというかコンストラクション、ストラクチャーといった細かな点において差がでているのではないかと考えた。
事実ウェブページの記述をそのまま信じればInventorは本体の仕組みの強度が上がっているようだし目に見える点ではエクストルーダー左右にある2つの冷却ファンのフロント側にInventorはファンガードが付いているもののDreamerにはない。

3DPComparison_06.jpg

※デュアルヘッドの利点は二色プリントというより片方に溶解性フイラメントを使い、サポート材とすることで複雑なオブジェのプリントも綺麗な仕上げが期待できる


そうした些細な差が28,080円の価格差を生んでいるのかといえばそれより明確な機能がInventorにはあった。
まずは本体内部にモニターカメラがあり、スマートフォンからプリントの様子を確認することが出来る。またプリント中に何らかの操作ミスや停電などで電源が切れた場合でも再起動することによって引き続きプリントを実行できる停電回復機能を持っている点だが当初これらの機能、特に停電回復機能の重要性には気づかなかった。

いつも身近な場所に設置している関係上Wi-Fiによるリモートカメラ機能などは不要だと思ったし事実確認の段階でカメラユニットが故障してして使えなかった(後日新しい基板ユニットを送っていただき自分で取り替えた)。
ともあれ手元に鎮座したInventorをあれこれと吟味テストしているうち、InventorとDreamerの決定的な違いが分かってきた。それは前記した停電回復機能である。
メーカーの意図は不明だが、この機能は停電時のものだけでなく騒音や利用者の都合で意図的にプリント途中で電源を切っても後にその途中からプリントを再開できることを意味する。

3DPComparison_05.jpg

※プリント再開時に表示するメッセージ


例えば大きな造形をと考えると当然そのプリント時間は十数時間、いや数十時間かかることもあり得る。その間、深夜でもプリントし続けることが可能な環境ならよいが、時に68dBほどの動作音は昼は良いものの夜間一般の集合住宅では回りに迷惑をかけるのは必須のように思える。
そうした場合に一端電源を切って翌朝プリントを再開できるのはある意味、3Dプリンターを本格利用するユーザーにとって不可欠の機能であり、それと比較すればカメラモニター機能など無くても別に困らない。
停電回復機能の詳細については「3Dプリンター『FLASHFORGE Inventor』プリント中断と再開プリントについての覚書」に詳しいので参考にしていただきたい。

というわけで個人的な見解としては停電回復機能(命名が悪い:プリント中断機能とでもするとよいと思う)があるだけで28,080円の価格差は十分意味があると感じているし「FLASHFORGE Inventor」にして良かったと考えている。







広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から九巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員