800万画素になった IPEVOのUSB書画カメラ「Ziggi HD Plus」を手にして

高性能なイメージスキャナScanSnap SV600と共にIPEVOのUSB書画カメラ「Ziggi HD」を愛用してきた。その書画カメラが800万画素にアップデートし新機種「Ziggi HD Plus」になっているというので早速手に入れてみた。SV600がある環境では書画カメラは不要ではないかと思われる人もいるかも知れないが、用途が違うのだ…。


私が IPEVOのUSB書画カメラを使い始めたのは2013年の3月からだからすでに丸3年が過ぎたことになる。その間、すぐに画質が向上したHDバージョンそして2014年暮れにはワイヤレスで使える「iZiggi HD ワイヤレス書画カメラ」を手にして現在に至っていた。それらのレポートに関しては以下に列記しておくので興味のある方は是非ご一読いただければと思う。

2013年2月 IPEVO Ziggi USB書画カメラ~ハード篇
2013年3月 IPEVO Ziggi USB書画カメラ~ソフト篇
2013年3月 IPEVO Ziggi USB書画カメラ~実用篇
2013年5月 IPEVO Ziggi USB書画カメラ HDバージョン使用記
2014年12月 iZiggi HD ワイヤレス書画カメラを iPadで使う~ファーストインプレッション

ZiggiHDPlus_01.jpg

※ IPEVOのUSB書画カメラ「Ziggi HD Plus」

 
さて今般の新製品はワイヤレスではないもののカメラの性能が800 万画素カメラ:最高解像度 3264 x 2448ピクセルとなって登場した。いやはやこの種の製品に関しては画素数だけという意味ではないもののその画質の向上は “正義” である。
どのような使い方にせよ画像の質がよいことはそれだけ広い用途に目を向けることができる。

ZiggiHDPlus_03.jpg

※解像度は800万画素、最大3264 x 2448ピクセルの写真が撮れ


これまでの「Ziggi HD書画カメラ」が500万画素:最大2592x1944ピクセルだったものが「Ziggi HD Plus」では800 万画素カメラ:最高解像度 3264 x 2448ピクセルになったのだから大幅な画質向上だといえる。

ZiggiHDPlus_02.jpg

※「Ziggi HD Plus」本体のカラーはこれまでのブラックから上品なグレーとなった


それでは書画カメラ「Ziggi HD Plus」とはどのような製品なのか…。簡単に申し上げればいわゆる一般的なイメージスキャナ、すなわちドキュメントスキャナやフラットベッドスキャナは印刷物や写真といった平面の素材をスキャニングするためのものだが、「Ziggi HD Plus」は印刷物は勿論だがデジタルカメラのように周りの風景は勿論、立体的なものも静止画や動画撮影できる製品だ。勿論、例えば非接触タイプのScanSnap SV600では立体のアイテムも撮れるものの、ピントが合う範囲は3センチとなっている。

ということで誤解を承知で少々乱暴なことを申し上げるなら書画カメラは机上などに常設した多機能なデジタルカメラだとも考えられる。ただしその取扱はパソコンとUSB接続されていることから格段に使い勝手が良いしその自在なアームによりフレーミングが容易でフレキシブルだ。そして専用アプリケーション “Presenter” を使えば、解像度や構図あるいはピント合わせ、色味などを確認セットした上で静止画や動画データが撮れ、ファイル化が簡単にできる。

ZiggiHDPlus_04.jpg

※最大解像度で撮影したものを1280×960 (72 dpi)ピクセルに縮小した撮影例【クリックで拡大】


無論それだけではない。例えばMacBookに「Ziggi HD Plus」がUSBで接続されているとしよう…。MacBook側にプロジェクターを接続すれば「Ziggi HD Plus」がとらえている映像はリアルタイムにプロジェクターで放映される。iPhoneやAppleWatchの操作画面を追いながらの動的プレゼンテーションや学会での発表、教育現場での活用には強い味方となってくれる。それに「Ziggi HD Plus」はMacのUSBポートに接続するだけで別途電源が不要なのも簡便だ。

ZiggiHDPlus_05.jpg

※動画撮影も "Presenter" の画面をモニターしながら可能。またプロジェクターへのリアルタイム出力もできる


さらにリアルタイムにプロジェクターへ…というだけでなく、映像をモニターしながらYouTubeにアップロードするための動画撮影も可能だし、面白い機能としてモニター画面でリアルタイムに確認するだけでなく「フリーズ」ボタンをクリックするとその瞬間の画像が文字通り 固定されるので詳細に全体を確認し、もしフレーミングや画像の配置などなどに不備がなければそのままカメラアイコンをクリックでそのフリーズされているフレームがデジタル化される。
この機能を有効に活用すればスキャニングする際に陰や腕が映り込んでしまったというミスも防げるに違いない。

そうした特長を生かし、私が「Ziggi HD Plus」を頼りにしていることが現在ふたつある。ひとつは細かな印刷物、資料を「Ziggi HD Plus」で拡大して見ることだ。もともと視力が弱い上に白内障や緑内障を患っているから細かな文字を判読するのは実に辛いものだが、この「Ziggi HD Plus」がいわゆる電子ルーペの役割を果たしてくれる。したがって画質の向上はとてもありがたいのだ…。

ZiggiHDPlus_15.jpg

※細かな書類などは「Ziggi HD Plus」を電子ルーペとして使うと便利


もうひとつはFaceTime、それもプライベートというより仕事相手との打ち合わせに活用している。一般的にFaceTimeは私の場合、机上のiMacを使う。このメインマシンの中にほとんどの資料が含まれているからだが、カメラは当然 iMac内蔵のカメラを使うことになる。しかし相手の顔を見ながらの情報交換の際に手元の資料やガジェット、アイテムといった実物を相手に見せたい場合が多々ある…。とはいえiMacの頭上にあるカメラではそれこそそのアイテムをその前に掲げなければならないし、照明の問題も含めてスマートでないだけでなく非常にやりにくい。

ZiggiHDPlus_07.jpg

ZiggiHDPlus_08.jpg

※FaceTime利用中の2カメとして「Ziggi HD Plus」を利用すると便利。写真下はFaceTimeのカメラ入力を「Ziggi HD Plus」に切り換えた例


その点「Ziggi HD Plus」がUSB接続されていればFaceTiem側でカメラ入力を適宜「Ziggi HD Plus」に切り換えることができるため高画質な映像を相手に提示することができ実用的である。

ZiggiHDPlus_06.jpg

※静止画、動画共にレビューモードからファイル出力が可能


さらに「Ziggi HD Plus」にはマイクロフォンも内蔵されているので状況に合わせ活用すれば正しくデスクトップを、あるいは一緒に持ち出したMacBook環境を簡易スタジオにする映像デバイスとなるに違いない。








今更のドゥブルトゥールApple Watch Hermès考察

Apple Watch Hermèsが届いた…。Apple Watchがリリースされたとき、その事実より驚いたのがApple Watch Hermèsバージョンの発表だった。Apple Watchの販売からすでに一年が過ぎたものの遅ればせながらApple Watch Hermèsの意義を考えてみたい。


まずなぜ今頃のHermèsバージョンなのか...。単にこれまで予算がなかったというのも本音だが(笑)、来月のWWDCではデザインはともかく新機能が搭載されたApple Watchがリリースされるのではないか…という期待もあるし噂もある。そんな時期になんでまた...とお考えの方もいるかも知れない。

AWatchHermes_01.jpg

※Apple Watch Hermèsはドゥブルトゥール38mmステンレススチールケースとヴォー・バレニア(フォーヴ)レザーストラップ(L)だ


その答えだが、Apple Watch Hermèsは是非にもこの “最初の製品” を手に入れておきたかったということに尽きる。というよりこれまで私はApple Watchをガジェットとしては高く評価するものの、ファッションへの扉を開く腕時計としてはまだまだという気がして辛口の評価をしてきた。

現行の文字盤を含むデザインでファッションの世界に流し目を使う…などとは烏滸がましいと思っているからだ。そして腕時計好きのひとりとしてApple Watchを真に楽しむのなら現状ではその文字場に故にApple Watch Hermèsしかない…という気持ちでいた。
それにAppleにとっていわゆるOEMというかダブルブランドの製品はこれまでほとんど例がなかった大変珍しい事例だという点にも興味を引かれるし相手がエルメスということも…。まあ、そうした説明が本編の目的である。

ところでAppleのダブルブランドといえばただひとつApple II 時代にApple II をBell & Howell という映像関連企業にライセンスした事実がある。筐体デザインもサイズも同一だが、ケースやキーボードもブラック仕様でプレートは Bell & Howell とApple Computerとのダブルネームになっていた。

そうした歴史をApple Watch Hermèsは思い起こさせるが、Apple Watch HermèsにおけるAppleの目論見はApple II 時代とは当然のことまったく違うことは明白だ。ただなぜAppleはエルメスを選んだのかという点に興味があるし、反対にエルメス側がこれまたなぜ応じたのかという点にも強い興味を持たざるを得ない。このAppleとエルメスの提携がどれほど続くかはまったく分からないものの、この最初のプロダクトはそれこそ歴史に残ることだと確信しているので提携が消滅しないうちに手に入れておきたかった…。

いや、すべてを理論然と情報を精査した上での話しではないので想像を交えるしかないが、Apple Watch Hermèsの実現はAppleがまずは望んでエルメスにアプローチしたに違いない。エルメス以外のビッグブランドにも声をかけたかどうかについては不明だが、Appleとして第1候補がエルメスだったように思う。

なぜエルメスだったのか、エルメスでなければならなかなったのかは明らかだ。AppleとしてApple Watchを単なる電子デバイス、ガジェットの類で終わらせるのではなくファッションアイテムとして世界中に認知させたいと考えたものの、さすがに単体では難しいとエルメスに声をかけたと考えるのが自然だ。それにAppleはエルメスを自分たちと同様妥協を許さず究極のもの作りを求める企業と評価したのだろう…。

AWatchHermes_06.jpg

※ドゥブルトゥールのストラップは腕に2重に巻くため長い...


申し上げるまでもなくエルメスはフランスというより世界最大のファッションブランドのひとつである。もともと馬具の製造で創業したがその技術を元に鞄や財布といった革製品で成功を収め、現在では腕時計をはじめ、装身具や服飾品、香水などのデザイン/製造を手がけている。
無論それらはすべて最高級のブランドイメージで販売されそれなりに高価なものばかりだ。

Appleとしてはこの世界有数のブランドの冠を持ったApple Watchをしてラグジュアリーなファッションアイテムを生み出したかったに違いない。やはりいかにApple Watch本体をピンクゴールドといった価格の高い素材で作ろうとそれは下手をすれば悪趣味で終わってしまうからだ。

したがってAppleの意図は比較的分かりやすいが、個人的に興味ある点はエルメスがこうしたAppleからのアプローチに共鳴したのは何故なのか...ということだ。
Apple Watch Hermèsを詳細に検証するまでもなく、肝心の本体は市販のApple Watchと素材も機能も変わりはない。ただしご承知のように文字盤デザインにエルメス独特なデザインが含まれていること、そして背面にはHermèsの刻印がある。

AWatchHermes_07.jpg

※Apple Watch Hermès本体背面には "HERMÉS" の刻印がある


そもそもがスクエア形であればこの種の文字盤デザインを標準で多々用意すべきところだと思うが、Appleはエルメスに配慮して一般販売のApple Watchには入れなかったのではないか...。
さらにエルメスの文字盤に当然のことながらエルメスのロゴが輝いているがAppleのロゴはないのも面白い。この辺はAppleのというよりエルメスの強い拘りがあったと想像している。

AWatchHermes_09.jpg

※この文字盤がApple Watchの価値をより高めている


ともかく本体機能というか見栄えは文字盤とケース裏にHermèsの刻印があることだけの違いだ。後はストラップだが、これはエルメスお家芸の純正品を用意しているしパッケージもまさしくエルメスのものである。
こうして見るとハードというか "物" としてエルメスが主張できるのはバンドとパッケージだけであり文字盤がユニークだとしてもエルメスがApple Watchに "Hermès" の冠を付け、自分の店舗での販売まで手がけるメリットや意図がどの辺にあるのかについては興味深い。

さて、その理由のひとつとしてエルメスという超高級ブランドも時代の流れに遅れることなく常に新しいイメージを持ってビジネスを展開することは易しいことではないに違いない。というかこれまでも時代を先読みできるからこそブランドイメージを崩さず生き残ってきたのだろうし、例えば韓国の自動車メーカーとタイアップした企画を発表したりとエルメスも決してお堅いイメージばかりではないのだ。

したがって普通に考えれば腕時計も扱っているエルメスとしていわゆるスマートウォッチの市場調査を兼ねた試みと考えても悪くはないだろう。大きな話題性を持っていることでもあるし…。
それにApple Watch Hermèsの価格はエルメスブランドの腕時計のラインナップから見てエントリーレベルであり、その存在がこれまでの "エルメスの腕時計" の先行きを明るくすることはあっても大きく邪魔することはないと判断したに違いない。さらにApple Watch Hermèsの文字盤はディスプレイ表示ではあるものの、エルメスの各店舗にしても腕時計の販売実績とノウハウも持っており、現場での混乱もほとんどないと考えたと思う。

Apple Watchに依存する機能の問題は「アップルに問い合わせてね」で基本済むに違いないから…。それに想像するにエルメスのオフィシャルな店舗数は限られているから当初はAppleが他に例もあるようにスペシャリストを派遣して対応するという手もあったろう。

ともあれこのAppleとHermès最初のコラボ "Apple Watch Hermès" はApple Watchが成功を収めるにしろ消滅するにしろ記念すべき代物でありその存在自体に大きな価値を持っている製品だと考える。したがってバージョン2.0が登場するにしても、さらに来年辺りにデザインにも変更を施した新製品が登場してもこの最初のApple Watch Hermèsの存在意義は大げさに言うなら歴史的価値があって揺るがないに違いない。
そもそもApple Watch HermèsはiOSのバージョンがどうのこうのといった問題とは基本的に無縁であり、あくまで腕時計としてのビジュアルであり完成度が売りなのだから…。

現実には近々Appleとエルメスの提携が終了するとは思えないが、ビジネスの世界は明日のことは分からない。手に入るうちに無理をしてでも買っておこうと考えたわけだが、実は遅れた理由のひとつにApple オンラインStoreでドゥブルトゥールのヴォー・バレニア(フォーヴ)レザーストラップ(L)がずっと品切れだったからでもあった...。

まず発売開始された数ヶ月間はドゥブルトゥールのヴォー・バレニア(フォーヴ)レザーストラップの長さが短い製品しか販売されておらず、一般的な男性の手首には装着できなかったから手に入れようもなかった。やっとここ数ヶ月前にLが登場したが、直後にヴォー・バレニア(フォーヴ)は売り切れたのかオンラインストアでは購入できなかった…。
ということで些か新鮮味は薄れたかも知れないが、Apple Watch Hermèsの具体的な感触・感想は順次ご報告していきたいと考えている。無論これはコレクターズアイテムではなく私自身が身につける実用品である。



講演:Apple創業40周年/Appleを理解し未来を紐解く~Appleはどのような企業なのか?

当ブログ主宰の松田が5月28日(土曜日)、ゆうMUG定例会にて「Apple創業40周年/Appleを理解し未来を紐解く~Appleはどのような企業なのか?」をテーマに講演します。


YUMUGTOP.jpg

ゆうMUG (PLUS YU Macユーザーズグルーブ)は5月28日(土曜日)の定例会において「Apple創業40周年/Appleを理解し未来を紐解く~Appleはどのような企業なのか?」をテーマに講演会を開催すると発表。講師は当ブログ主宰、松田純一。
会場は多摩市永山公民館 視聴覚室 (京王・小田急永山駅前)。お問い合わせは ゆうMUGまで。

・日時    5月28日(土曜日)15:00 PM〜17:00
・会場    永山公民館 視聴覚室
       〒206-0025 東京都多摩市永山1丁目5番地
・プログラム 1.ショートプレゼン タイセイテック 川村様
       2.講演:Macテクノロジー研究所 松田純一
       3.その他、連絡事項など

ゆうMUG
 お問い合わせ



ラテ飼育格闘日記(494)

天気の良い日の夕方はこれまでとは違い小一時間散歩に出るのを遅くするようにした。日射しが強くなってきたしラテが日向を歩くのを躊躇するような季節になったからだ。とはいっても相変わらず片道40分程もかかる昔なじみの公園に行きたいようでそちらにリードを引く…。


ワンコとの散歩は本来、飼い主とワンコとの協調作業というか共同行動であり、それだけで完結するはずだと思うが、ラテはオトーサンと歩くだけでは満足しないようだ(笑)。ラテは子供たちや馴染みのワンコの飼い主さんに出会い、一瞬でも至福の時を体験するのを楽しみにしているのが見え見えだ。

Latte494_01.jpg

※ご機嫌です!


小学生たちが数人集まっていれば好んで近づきたいようだし、後ろを振り向き、時に座り込んで「誰か来ないかなあ」といった姿勢を見せる。とはいってもそうそうラテの思うように…都合の良い出会いがあるはずもないから大方はブスッとした顔で帰宅と相成るが、時には大好きな飼い主さんと出会えたり、初対面であっても子供たちに声をかけられたりすれば帰りの足取りが軽くなる(笑)。

Latte494_07.jpg

※帰り道、柴犬アンリちゃんの飼い主さんと出会いメロメロのラテ :-)


ラテがご機嫌で散歩を終えるかどうかは文字通り運否天賦だが、出会いの確率を高めようとオトーサンも些か努力をしている。それは近隣で子供たちが集まる、遊んでいる場所はいくつか限定されるが、それも曜日によってかなり違う。
あの公園はウィークディでも夕方5時までは子供たちが遊んでいるとか、あの広場は学校が休みの日でなければ人がいない…といったこれまでの経験をもとにそうした場所を散歩のコースに組み入れるようにしている。

しかしそうしたオトーサンの配慮も知らずラテはまあまあ好き勝手な方向へリードを引くから困る。ともあれオトーサンとしては天気予報を横目で確認しながら、自宅を中心に大別6種類ほどの散歩メニューを用意しているつもりだが、そのうち一番距離が長いのが冒頭に記した昔なじみの広い公園なのだ。

Latte494_02.jpg

※散歩途中でも休憩が多くなる。オトーサンも便乗だ(笑)


ラテとしては多分に幼犬時代から楽しい思い出が詰まったその公園に毎日にでも行きたいのではないかと思うが、天気は勿論オトーサンの体調や都合などもありそうそうラテの思い通りにはできない。それでも何とか1週間に1度程度はラテの気の向くままにその公園を目指すことになる…。

5月のある日、天気もまずまずだしオトーサンの足腰も数日前と比べればこれまたまずまずだったのでその公園に向かうことにした。ラテは至極当然のように歩くもののスピードは遅めなのが短気なオトーサンにとってはシンドイ…。さっさと行き、何もなければまたさっさと戻ってくる…としたいところだが、そこはワンコの性で大きな木や電柱毎に臭いを嗅ぐために立ち止まる。オトーサンとしてもそれがワンコなのだからと理解をしているつもりだが、度々では時間もかかるしイライラしてくる。

それでも何とか公園の入り口にたどり着くが、見渡す限りはワンコなど一匹もいない…。
ああ、今日もスカだったか…とオトーサンは些かがっかりするが、ラテは気持ちよさそうに草むらに腹ばいになっている。すぐには立ち上がりそうもないのでオトーサンも仕方なくしばらくこのまま待ってから帰ろうと考えていたが、ひとりの女の子が「かわいい…触ってもいいですか?」と近寄ってきた。

Latte494_03.jpg

※小学四年生だという女子が近寄ってくれた


ラテは「待ってました」とばかり立ち上がり、早くも両手を差し出してくれた女子に尻尾を振っている。どうやらワンコを扱い慣れているようなので「ワンコ、飼ってるの?」と聞くとまあまあ話し好きな子のようで、ワンコの犬種から名前などなど楽しそうに喋り出して話しがとまらない。しかし雌ワンコの名が「アネゴ(姉御)」だというのには笑ってしまった(笑)。

しばらくすると馴染みのご主人(昨年ワンコを亡くされた)が「ラテ!」と近づいてくると、機嫌が良いラテは珍しく顔を横にして地面へ伏せ甘えのポーズをする。

Latte494_04.jpg

※馴染みの飼い主さんから声をかけられると甘えてゴロンと横になる


そんなとき女の子が「あっ、パパだ!」と声を上げるとお若いオトーサンが登場し近づいてこられた。その瞬間伏せていたラテは立ち上がり「ウォーン、ワンワンワン」と吠え出す。

Latte494_05.jpg

※女子のパパが手を差し伸べてくれるがラテは乾いた吠え声を上げ続ける


「大人は警戒するものですから…すみません」とオトーサンがいうと苦笑いしながら離れて子供とラテのやりとりを眺めはじめた。
女の子はオトーサンが「大人はダメ」という言ったことばに反応し「なぜオジサンは大丈夫なの?」と聞く。オジサンとはラテの足元に立っている馴染みのご主人のことなのだろう…自分のパパに吠えるのにこのオジサンには何故吠えないのかが理解できないようなのだ。

ともあれオトーサンはお喋りの女の子は好きだ。なぜなら適当に相づちを打っていれば会話が成り立つからで、本当ならオトーサンも「何年生なの?」とか会話を進めるために聞きたいことが多々あるわけだが、最近はプライベートな話しを突っ込むとそれこそ怪しいオジサンとなってしまうので遠慮せざるを得ない。しかしまさかラテと遊んでくれているのに無言で10数分過ごすのも変だ…。

というわけでその子は聞きもしないのに色々と話しを続けながらラテを体をなで続けている。さすがにラテも飽きてきたのか視線をオトーサンに向けるが、これは「そろそろ離れたい」というサインだと理解しているし事実尻尾も下がり始めている。ラテも気を遣っているのだ(笑)。

Latte494_06.jpg

※こうした時にオトーサンにアイコンタクトするのは「疲れたよ」のサイン(笑)


女の子に「オジサンたちは帰るのに時間がかかるからそろそろ引き上げるね。今日はありがとう、また遊んでね」といいながらラテのリードを引くが、ラテはまだまだ楽しい思いに浸りたいのか抵抗する。その抵抗する体を公園脇の歩道まで抱き上げてから歩き始めた。しかしラテもさすがに満足したのか、ゆっくりとではあったが帰路もしっかりした足取りで歩いてくれた。
随分と日が長くなったものだが、夕日がオトーサンとラテの陰を長く映し出していた…。



動画の動きに合わせオブジェクトを貼り付けるプラグイン 〜 fayIN for After Effect発売

(株)フラッシュバックジャパンは5月20日(金)、動画へのオブジェクトのインサート、マッチムーブを簡単に実現する After Effects プラグイン「fayIN (フェイイン)」の販売を開始したと発表。


   fayIN.jpg

fayIN (フェイイン) は、動画のエリアをぐるっと指定するだけで、動画へのオブジェクトのインサート、マッチムーブを簡単に実現するAfter Effects プラグイン。
fayIN には高度なプラナートラッキング、2D/3Dトラッキング技術が搭載されている。
まずは、動画のトラッキングしたい範囲を選択して実行すると、カメラデータやプロファイルを自動検出、トラッキングデータを生成。後はそのトラッキングデータにインサートするオブジェクトを設定するだけ。面倒なキーフレームは一切必要ない。

撮影済みの動画の動きに合わせ、オブジェクトやテキストなどを違和感なく貼り付けるインサート、マッチムーブを手軽に行うことができる。

………………………………………………………………………………………
 ■ fayIN 製品仕様
─────────────────────────────────

 ・製品名  :fayIN
 ・製品ヨミ :フェイイン
 ・効果   :カメラトラッキング、マッチムーブ
 ・種類   :After Effects プラグイン
 ・製品紹介 :http://www.flashbackj.com/fayteq/fayin/
 ・販売価格 :46,220円(税込)
 ・動作環境 :【対応アプリケーション】
        - Adobe After Effects CC2014 / CC2015

   【対応OS/ハードウェア】
        - Mac OS 10.11、10.10
        - Windows 10/ 8 / 7 (64-bit のみ)
        ※対応OS/ハードウェアは、対応ホストアプリケーションの
         各バージョンの仕様に準じます。
 ・インターフェイス:英語版
 ・販売形態 :ダウンロード
 ・開発元  :fayteq
 ・販売元  :(株)フラッシュバックジャパン



メイン広告
Moneytree
ブログ内検索
New web site
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
広告1
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員