ラテ飼育格闘日記(643)

春めいてきた。一部の桜が咲き始め、こぶしの花も開いてきた。ただし花粉も多いようで花粉症の方はまだまだ苦労が続くと思われる。オトーサンはこれまで花粉症の症状が出たことはないし自分はアレルギーはないと思っているが、先般ちょっと心配になる出来事があった。


前回の日記で記したように珍しく風邪を引いた。咳も出るしクシャミも頻繁で鼻水も大変…。顔が火照り熱が出ている感じだ。
それでもマスクしてラテとの散歩は済ませたが一番困ったのは鼻水。汚い話しで恐縮だがマスクしているとすぐに内側がばっちくなってしまう。
あまりに鼻水が凄くティッシュでも鼻が痛くなってきたので背に腹は代えられず、肌触りが柔らかいというnepia「鼻セレブ」を買ってきたほどだ。

Latte643_01.jpg

※ラテは花粉症大丈夫なのか?


普段オトーサンはクリニックなどに行ったときはともかく、よほどのことがないと体温計で熱を計ることはない。無論健康なときには必要ないし微熱を感じるときがあっても体温計を持ち出すことはほとんどないが、今回女房が熱があるならこの時期インフルエンザかも知れないからきちんと計って熱があれば医者に行けと五月蠅いので計ってみた。ちなみにオトーサンはインフルエンザのワクチンは済ませている。

Latte643_04.jpg

Latte643_05.jpg

※桜も咲き始め、こぶしの花も満開だ


さて、体温計を見てみると35.9度しかない。身体のだるさと比べてこの体温は低すぎるともう一度計ってみたが今度も36度だった。
ここでオトーサンは「これってもしかしたら花粉症なのか?」という疑問が頭をよぎった。
聞けば花粉症はいつ発症してもおかしくはないという。そもそもなったことがないオトーサンにはクシャミと咳、そして鼻水が辛いことが花粉症に結び付かなかったし自分は大丈夫だという根拠のない自信があったのだが…。

しかし、なるほど調べて見ると花粉症の症状だとしてもおかしくない。なにしろ熱もないし…。
「嗚呼、齢70にして花粉症かよ」とも思ったが、どういうわけか目は両眼共に痒いとか涙が出るということはないのだ。
確かに右目の白内障手術後だから保護めがねをつけてはいたが、多少は軽減できても完璧ではないだろう。眼はなんともなく鼻だけにくる花粉症ってあるのか…。
そんなことを考えながら過ごした翌々日の朝になったら、洟垂れも止まっているし頭の火照りもなく正常のコンデションに思えた。

Latte643_03.jpg

※大好きなAちゃんとポッキー(チョコがかかってないところ)を両端から食べ合う


よい機会だから、身体を張って実験してみようとオトーサンは決心した。
それは自分の症状が風邪からくるものなのか、あるいは本当に花粉症なのかを確認してみようということだ。花粉症ならこの朝だって鼻ズルズルになるに違いない。
早速支度してラテと一緒に明るい日射しの中へと飛び出した。ただし白内障術後なので保護めがねは着けているがマスクはしていない。天気予報によれば今日も一日花粉の飛散は多いとのこと。実験にはうってつけの日ではないか(笑)。

結局その日は45分ほどの散歩となったが、鼻水も出なければクシャミも出ず、それは帰宅してからも同じだった。
ということは単純な話し、オトーサンは花粉症では無かったという理屈になる。
どうやらあれは、熱が出なかったもののやはり風邪だったのだと自分を納得させ安堵した。風邪なら数日で納まるだろうが花粉症では長い間悩まされることになるからだ。

Latte643_02.jpg

※まだまだ好奇心旺盛です


そういえば、ラテは花粉症ではないと思うが結構敏感で、散歩中に車の排気ガスが目立ったり、歩きタバコで通り過ぎる不心得者がいるとクシャミをし始める。
オトーサンは人間様だからいろいろと試したり確認したりができるが、ワンコの花粉症ともなれば大変だ。
そもそもラテはアトピーなので現在も薬を飲ませている。ただしワンコの花粉症は人間とは違い、クシャミや鼻水、涙目のような症状ではなく、皮膚にカユミや乾燥などが現れるようだ。
だとすればラテが肉球を舐めたり,耳を掻くのもそうした症状の可能性もある。

ともかく散歩から戻ったら家に入る前に衣類に付いた花粉をなるべく落とし、室内に持ち込まないようにする一方でラテに対しては身体全体のケアとブラッシングを丁寧にすることにしている。
とにかく一連の数日を過ごした結果ではオトーサンの症状は花粉症ではなかったということで納得しているのだが…。


ラテ飼育格闘日記(642)

冬が終わり春がやってきたという実感に満ち満ちた日々が続いている。日中は汗をかくほど温かかったり、すでに春一番ではないが風が強かったり、そして一時は雨も続いた。そんな中、オトーサンは白内障の術後のケアを一生懸命続けているが、風邪を引いてしまった…。


年に一度や二度、風邪を引くのもやむを得ないがやはり辛いものは辛い。それに保護めがねをつけたまま寝なくてはならない一週間が過ぎてもあと一週間、起きているときには保護めがねを着けなければならない。
やはり保護めがねのまま寝るのでは熟睡は無理でどうにも体調に悪影響を及ぼす。

Latte642_01.jpg

※ラテとの散歩はやはり天気の日が嬉しい


だからだろうか、珍しく風邪を引いたようで熱っぽいがラテは忖度してくれず散歩に出ても我が道を行く。
天気の良い日はどうしても散歩の時間が長くなり、それだけオトーサンの体力を消耗するものの知り合いのワンコやその飼い主さんたちに出会えるとか、これまた知り合いの子供たちに出会えればラテならずとも嬉しいから元気がでる。
しかしなんの刺激も無く戻る日はラテもオトーサンも機嫌が悪い(笑)。

Latte642_04.jpg

※ラテ、もう一踏ん張り歩こうぜ!


それでは雨の日は散歩の時間が短いから楽だろうと思われるかも知れないが、雨脚が強ければ散歩そのものが大変だし、帰ってからのケアも実に大変。
一応レインコートは着せる物の、頭と尻尾とお尻、そして四つ脚はカバーしていないから時にはびしょ濡れとなる。そうなれば帰宅してから四つ脚をぬるま湯で洗ってから身体全体を乾拭きし、専用のウォッシュペーパーで拭き直してさらにタオルで湿気を拭き取る。

Latte642_03.jpg

※疲れたのか、面白くないのか、ベンチで固まってしまった


しかしラテは長毛の方なので乾かすのは中々に大変で、どうしても最後はドライヤーを使うことになる。これで頭から四つ脚や肉球はもとより尻尾とお尻を丁寧に乾かしていく。
ワンコの多くはこのドライヤーの音とか掃除機の音、また雷の音が嫌いでパニックとなる事があるそうだが、幸いラテは幼犬時代からこうした音を怖がらないので楽だ。しかし熱い思いでもさせては二度とドライヤーを使わせてくれないだろうからとオトーサンは気を使うことになる。

Latte642_05.jpg

※やはりドライヤーは気持ちが良いのだろう


完全に乾かしてから毛並みを整えるスプレーをして丁寧にブラッシングだ。
この間、濡れ具合にもよるものの時間にして30分近くかかる。そしてラテを外に連れ出すのは朝の散歩、夕方の散歩、そして寝る前と一日三回だから文字通り一日中雨の日は程度問題はともかくこうしたケアをその都度行うことになるわけでさすがに面倒だ。

特にこちらの体調が悪かったり、目の術後といった場合はいつものようにはいかずに余計に苦労することになるがラテはそんなことはお構いなく我が儘だ。

Latte642_02.jpg

※公園で一歳になるという赤ちゃんとハイタッチ


それでも先日、夕方の散歩を終え体調が悪いので横になっていたらそろそろお腹が空いたのだろう。女房がいた部屋で吠え始めた。オトーサンも「こんな時間か。ラテの食事を作らないといけないな…」と思っていたらラテがスタスタと寝床に来てペロリとオトーサンの口元を舐めた。
無論滅多にこんなことはしないラテだが、食事はオトーサンが用意することを承知しているので催促して来たというわけ。
無論オトーサンは喜び勇んで飛び起きたことは言うまでもない(笑)。



ラテ飼育格闘日記(641)

2月27日、オトーサンは念願の?右目白内障手術を行った。2017年11月の左目に続いての手術でこれで両眼がこと白内障に関しては対処できたことになる。白内障は視力うんぬん以前に視界が曇ってちょうど曇りガラスのようになってしまうため日中明るいときの散歩でも支障が出ていた…。


ラテも幼犬時代のように闇雲な拾い食いはしなくなったが、それでもオトーサンとしてはラテの鼻面直前の物体が小枝なのか糞なのかは素早く見分けなければならないし、他にもガラスを始めとして危ない物やコンビニ弁当の食べ残しなどまでが時に放置されているから危険なのだ。

Latte641_01.jpg

※両耳を立て、周囲に注意を払っている顔


まあ、ワンコの散歩のために手術したわけではないが日常生活に大きく支障が出てきたので決断せざるを得なかった。
しかし現実の問題としてラテの存在はスケジュール的にも多々影響する。
まず手術の当日は8時30分までに受付を済ませる必要があったから当然それ以前に朝の散歩を終えなければならない。無論持参するものの確認やらもあるからできるだけ余裕をと当日はかなり早起きをし、食事を済ませてから早々にラテの散歩に出た。

Latte641_04.jpg

※子供たちに囲まれご満悦


ただし普段のように一時間もの余裕は無いから目標は30分程度である。朝の早い時間帯だったし生憎天気もよくなかったために出会うワンコもなく無事早めに帰路についた。
その日は帰りのことや手続きなどのことを考えて女房が仕事を休んでくれたからラテを置いて二人で出かけることになる。問題は日帰り手術ということになっているが何かのアクシデントがあれば最悪泊まり込みになる可能性もあると聞かされていたので心配だ。

Latte641_05.jpg

※棒状のガムを両前足で器用に立てて食べる


勿論心配とはオトーサンの手術ではなくラテの散歩をどうするかということ…。
万一オトーサンが帰れなくなったり遅くなったときには女房が先に戻ってもらいラテの散歩をするしか選択肢はないのだが、ラテの天真爛漫ぶり?とそのパワーを知っているオトーサンとしては些か心配なのだ(笑)。

幸い私の手術の順番は6番目だったそうだが無事に終わり、3時過ぎには病院を出ることができた。しかし右目には分厚いガーゼの束が顔にテープで貼られているから眼鏡をかけることもできずド近眼で片目のオトーサンは女房にサポートしてもらいやっと帰宅した次第。
ただし一休みしたらいつもの散歩の時間だ…。

Latte641_02.jpg

※大盛りのガーゼ(笑)


前回の左目手術のときもそうだったが本来なら大事を取って散歩どころではないはずだ、しかしまあゴーグルのような大型保護めがねもしているし、極端に埃が舞っているような場所でなければ大丈夫だろうと思っている。医者も手術当日ワンコの散歩をしなければならないからと言うと笑っていた。

Latte641_03.jpg

※当日の散歩は雨模様だった


それほどオトーサンたちはラテのことを心配しつつ帰宅したというのに家のドアを開けても飛んでくる気配もない(笑)。
分離不安といったワンコでないのは歓迎すべきことなのだが、どこかオトーサンの片思いが目立つ1日だった…。


ラテ飼育格闘日記(640)

先週の木曜日、朝の散歩だけで8,500歩以上も歩くという最近では珍しい長距離・長時間の散歩をするはめとなった。天気もまずまず、オトーサンの体調もまずまずだったからラテがリードを引くのに任せてしばらく歩いていると久しぶりの方向に向かっていた…。


それは2006年12月からラテを飼い始めて毎日といってよいほど向かう貝取北公園という広い公園だった。当時の自宅から近かったからそこに向かうのが日課だったし、その公園で出会う多くの飼い主さんやそのワンコたちと知り合った。

Latte640_01.jpg

※ラテも歳にしてはよく歩く


日曜ともなれば今では考えられないほど多くの飼い主と愛犬たちが集まり賑やかな一時を過ごしたし、ラテにとっても広い公園を伸びるリードで縦横無尽に走り回っていた。

Latte640_03.jpg

※2007年7月の貝取北公園


結局2013年秋に現在の住居に引っ越したこともあり、たまに足を向けたことがあっても滅多に行かなくなった。それは片道30分近くもかかること、そして例え公園に行ったとしても一頃みたいに知り合いのワンコたちと会える確率が残念ながらほとんど無くなってしまったからだ。
さらにオトーサンの足腰もこの5年ほどでかなり問題が出て来たこともあっておいそれとは足を向ける気にならなくなっていた。

しかしラテにとっては故郷みたいな場所なのかも知れず、時にその道に向かう交差点当たりに行くとリードを引くことがあったがオトーサンは「ダメだよ」と踵を返していた。
それがその日、まあ…たまにはラテの望みを叶えてあげようかと歩き始めたのだった。

「ラテ、行くのはいいけど帰りもちゃあんと歩くんだぞ」とオトーサンは声に出しながら少し早足で歩きに歩いた。結局行きは25分程度で貝取北公園に着いたが、人っ子一人、ワンコ一匹もいない(笑)。
まあ、ウィークデーの午前8時といった時間だから散歩に出る人も少ないのは当然としても猫一匹いない…。
このままではラテも気の毒だと、さらに先にある「とちのき公園」に行ってみようと思った。その小さな公園でもマキちゃんやハリーちゃん、ボーちゃんといったワンコたちと組んずほぐれつの大立ち回りをして遊んでいたラテだ。きっと喜ぶかも知れないと思った。

Latte640_04.jpg

※砂場でラテと遊ぶ


その「とちのき公園」に入ってはみたが、いたのは鳩数羽だけ…。このまま戻るのも可哀想だと小さな砂場でラテと駆けっこをして遊ぶ。ここでは今は亡きボーちゃんと嬉々として追いかけごっこをしていた場所なのだ。
その後踵を返して再び貝取北公園へ戻った。後で確認してみるとここに来たのは1年2か月ぶりになるらしい。
したがって懐かしい臭いが残っているはずもないだろうが、ラテは広い公園の中程で腹ばいになって回りを見渡している。そのうち知り合いのワンコが来るかもと思っているのだろうか。

15分ほど足を休める意味もありその場にいたが戻ることにした。
問題は「行きはよいよい帰りは怖い」ではないが、ラテの歩みが極端に遅くなったりエンストを起こしたりするかも知れないことだった。しかし幸い帰りもラテはしっかりとした足取りで歩いてくれた。
そして中間地点でペットボトルの水を買い、ラテと半分ずつ飲み、ベンチで一休みする際にオトーサンはお汁粉缶でエネルギーを充填した(笑)。

Latte640_05.jpg

※翌朝、幼稚園に向かうH君とハイタッチで挨拶


結局ドアツードアで2時間近くになる散歩となったが、帰ってみると女房が「どうしたの?」と心配していた。それにしてもなんとか無事に帰宅したものの、歳は取りたくないもので疲れは後からどっと出てくる。
また具合がよいときに連れて行ってあげたいとは思うが、さて次はいつになることやら…。



ラテ飼育格闘日記(639)

まだまだ寒いものの、日中は日射しが暖かく感じられる日も増えてきた。そういえば散歩途中にある梅の木々も花を付け始めている。間違いなく春は足音を立ててそこまでやって来ているに違いない。


とはいえ、まだまだ…特に朝の散歩は寒い。オトーサンはUSBモバイルバッテリーで背中の三箇所が発熱するベストを買ったので愛用しているのでかなり楽ではあるがそれでも小一時間も歩けば手足は冷えるし、事実足の踵にもアカギレが出来てしまった。

Latte639_01.jpg

※寒さに負けず元気です


しかしラテは寒さには強く、オトーサンが及び腰だとしても短縮コースの散歩では満足しないのだ。無論朝は時間帯にもよるが遊んでくれる相手と出会うわけではない。ただ登校時間にシンクロすれば小学生たちとすれ違い、中には嬉しいことに「おはようございます」と挨拶してくれたり、ラテを撫でてくれる子供もいる。

Latte639_02.jpg

※梅の花が咲き始めた


近所で出会う子供たちはかなり顔を覚えたし言葉を交わすようになったが、オトーサンが心していることは見ず知らずの(会ったことがないという意味ではない)子供にこちらから挨拶を含めて声をかけることはしないようにしている。
別に悪気がなくても知らないオジサンに声をかけられたというだけで通報される時代である。であるから子供たちに理由はどうあれ余計な不安感を抱かせてはならないと考えているからだ。

ただし嬉しいことにオトーサンが無言ですれ違っていても極まれではあるが「おはようございます」とか「こんにちは」と挨拶をしてくれる子供がいるのも事実だ。無論そうしたときオトーサンも笑顔で「おはようございます」と声に出すようにしている。
それは多分にオトーサンがラテというワンコを連れているからだと思うのだ。

Latte639_04.jpg

※登校途中のAちゃんとハイタッチ!


朝とは言え歩いている大人は決してオトーサンだけではない。しかし子供たちもそうした大人すべてに挨拶しているわけではないようだ。しかしオトーサンが声をかけやすい良い人に見える…ということでもないはずだ(笑)。ただラテと楽しそうに歩いているから不審者には思われないということなのかも知れない。
とはいえ会話はそれだけだ。決して学年を聞いたり、ましてや名前などを聞いてはならない。余計なことは一切口にしない事を肝に命じているが…例外もある。

Latte639_05.jpg

※ベンチで一休み。それにしても挑戦的な眼差しだ(笑)


それは「触ってもいいですか?」などとラテに近づき撫でてくれたりする子供もいる。そうしたときに無言でブスッとしているのもいかがなものかと思うのでオトーサンは「ワンコに慣れているようだけど飼ってるの?」などと聞くこともある。「はい。チワワがいます」などと答えてくれれば30秒ほどだけどワンコ談義になるときもある。
一二度そうした出会いが生まれると次に会ったときにはお互い少し安心感があるから「いってらっしゃい」などと言葉をかけるようになるが、これまたこちらから挨拶以外の言葉はかけない。

Latte639_06.jpg

※初対面のワンコと睨み合い


正直少々寂しい感じもするが、見知らぬ大人から声をかけられるということは大人には忘れている不安感や怖さがあるのだろうし、親や学校からも危険なこととして教育を受ける時代なのだから仕方がない。
そんなオトーサンだがやはり満面の笑顔で挨拶されれば悪い気はしないし嬉しい。思わず「いってらっしゃい」とか「気を付けてね」などと口に出してしまうこともあるが、これまた「はい。行って来ます」と笑顔で返された日は一日中気持ちがハイになっている。



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十四巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員