ラテ飼育格闘日記(612)

二三日気温が低い日が続いただけに34℃の外気温が応える。本来なら最低でも30分はラテを歩かせたいと思ってはいるが、この季節はまずは暑さで体調を崩さないように注意するのが最優先と考えざるを得ない。それはラテも同感のようで長く時間のかかるような方面には歩かない…。


この日記がアップされるのは8月18日(土曜日)だ。したがって夏休みも後半月を切ったことになる。
子供たち当人にとってはいつまでも夏休みでいたいと思うかも知れないし、残っている宿題で頭が痛いという時期だろうが、ラテとオトーサンの勝手な思いとしては早く学校が始まって欲しいと思っている(笑)。

Latte612_01.jpg

※どうして皆いないのだろう?


こんなことをあからさまにいえばきっと子供たちから嫌われるだろうが一日も早く夏休みが終わりそして秋になって欲しいと思うのが正直な気持ちだ。
激暑や台風の影響といった天候的なこともあるが、夏休みに入ってから知り合いの子供たちに出会ったのはこれまでたったの3度しかない。

Latte612_03.jpg

※今日は誰かに会えるかなあ…


1度目は7月21日、すなわち夏休みに入った翌日に馴染みの公園で小学3年生の女子に出会った。ラテにオヤツを見せて「お手!」をさせるのが楽しみな女の子だった(笑)。
次はオトーサンがコンビニからの帰りだったからラテは連れていなかったが、4年生の女子と「こんにちは」と言いながらすれ違った。そして3番目はラテが日陰で座り込んでいるとき、3か月ぶりになるが今年中学生になったこれまた女子に久しぶりに出会ったというだけである。

Latte612_02.jpg

※勇んで出たけどやはりここが気持ちいいよ


そもそもこの猛暑・激暑で気温が30℃を越え、路面にしても所々で40℃を越えるという時間帯に外で遊び回っては危険だから子供たちの姿自体が見えないのだ。
あれほど熱心なサッカー少年たちの姿もない。
したがってそうしたことが続けばラテも炎天下の公園に向かう意欲もなくなり、日陰の場所で腹ばいになって散歩は終わりということになりがちなのだ。

そんなラテだったが数日前、気温が少し低かったからかラテは公園の方に向かった。一応見馴れた場所を一回りして公園に入り、誰も人がいないのを確認するとそそくさと公園から出ていく。そして慣れている道とは言えすぐ側にあるマンションのエントランスに座り込み、人が出てくるのを待つ気配を見せた。

Latte612_05.jpg

※大好きなAちゃんの住むマンションのエントランスに座り込む


オトーサンは思わず「もうしばらくAちゃんたちは帰ってこないよ」と言いながら頭を撫でてやったが、可愛がってくださるファミリーも学校の夏休み直後からご実家に行かれているのでお会い出来ていないのだ。勿論そのマンションはファミリーがいらっしゃるマンションでありラテはよく知っているからこそ、待てば会えるかも知れないと思ったのだろうか。

無論ラテには夏休みだとか帰省といった理屈は分からない。だからなぜこれまで毎日のようにAちゃんやそのオカーサンと会えていたのに会えないのかが不思議なのかも知れないし、ここでしばらく待てば自動ドアが開いて「ラテちゃん!」とAちゃんが駆けてくる…と考えているのかも知れない。

Latte612_04.jpg

※遅い時間に帰宅し夕食をとる女房の脇にぴたりと貼り付くラテ(笑)


オトーサンがリードを引こうとするとラテは抵抗しまだここにいたいという意志を示す。無理矢理引いて帰路につこうと思ったが、ラテのキラキラした表情を見ると些か気の毒になってしばし人様のマンションのエントランスで一休みしていたオトーサンとラテなのだった。




ラテ飼育格闘日記(611)

激暑が続いたと思ったら今度は台風、まったく異常気象といってしまえばお終いだが気象も政府に同調して異常続きだ(笑)。なんとかまともな夏に戻って欲しい。こうした時期はラテとの散歩もままならないし日記に残すような印象的な出来事もあるはずもない。


気温が高いし夏休みだ。公園ならずともそもそも人の姿が少ないから出会いもなくただただサウナのような中を少しでも早く排泄を終えさせて戻ることを考えなければならない。
それはオトーサンだけの考えではなくラテも一緒のようで、外には出たいがこの蒸し暑さには耐えられないからだろう、そうそうにUターンして戻ろうとする。

LAtte611_01.jpg

※暑いし、雨は多いし、人は居ないし,夏休みは嫌いだぁ!


しかし短時間でもこの暑さは堪えるのだろう玄関にはいっても「ハアハア…」と呼吸が激しい。オトーサンは冷蔵庫で冷やした水でタオルを浸して絞り、それでラテの頭全体を包んであげるとラテは目を瞑りながらじっとしている。
本当ならオトーサンだってシャワーを浴びたいし、そこまではともかく水で顔を洗いたいがまずはラテが最優先だ。

LAtte611_02.jpg

※えへっ,極楽極楽


そうしたオトーサンの心遣いがあってもラテ自身、散歩に不満が募っていくようで機嫌が悪い。
散歩したくても暑すぎる。腹ばいになっても冷たくない。子供たちにもほとんど会えない…といったあれこれがラテなりに積もり積もっているのかも知れない。
だからだろうか、時に玄関に伏せているラテを拭きやすいように立たせようと「ラテ、立て」と命じてもなかなか動かない。

LAtte611_04.jpg

※台風の影響でどゃぶりの雨、濡れてしまいました


オトーサンの口調も次第に強くなり「起きやがれこのタコ!」と心の中で叫びながらボディランゲージで立たせようとするとラテはオトーサンの心を読んだのか、歯を向き出し「ガウッ」と威嚇する(笑)。
無論実際に噛まれたことは一度もないがたまたま歯が当たっただけでも痛いもののその程度の脅しに負けていてはリーダーシップは取れない。

やはりここはオトーサンも怒っていることを示す必要がある。お前はオトーサンに「ガウッ」といってはいけないのだ…ということも示さなければならない。
ということでオトーサンは手加減しながらラテの頬を平手打ち!
ラテの反撃はない(笑)。
と共にラテをそのままにして無言で立ち上がり、その場を一端離れる。無視も時に効果があるからだ。

LAtte611_03.jpg

※久しぶりにご近所さんから「ラテ!」と声をかけていただきました


約5分後にオトーサンは再びラテの前に陣取り何ごとも無かったかのように「ラテ、立って」というと今度は素直に立ち上がった。
別にオトーサンが怒ったからというより瞬間瞬間でラテも虫の居所が悪いときもあるのだろう。
暑いところから戻り、冷房が効いている場所にやっと腹ばいになったというのに立つのは面倒だと思ってもそれは当然かも知れない。なにしろお年寄りなのだ…。

しかし人に対してポーズだけとはいえ「ガウッ」という行為は穏やかでは無いが実はオトーサンと女房、それも自宅内に限ったことで外でやったこともないし子供を含めて外で出会う人間に向かってそうした威嚇をしたことは一度もないのだ。したがって身内だからこそ見せる我が儘と捉えているが実に生意気な娘には違いない。

LAtte611_05.jpg

※こんな日はオトーサンとボール遊びが一番(笑)


そんなオトーサンに今日も夕食後ボール遊びの要求があった。
オトーサンは面倒だなと思いつつ、数個のオヤツとラテがお気に入りのボールを取りだして和室に入るとすでにラテは嬉々とした表情で遊びのポーズで迎えてくれる。
ボールを高く放ったり、壁にぶつけたり、時にはそこいらにある物の下に隠して探させたりするが実に楽しそうである。
ほんの10分程度ではあるが一通りのメニューを終えるとラテは納得して静かになる。
いつもの定位置で寝始めたり、女房の部屋に行きそこで横になったりするがその寝顔を眺めると「先ほどの平手打ちはごめんな」と心の中で謝ってしまうオトーサンであった。



ラテ飼育格闘日記(610)

特異な台風が過ぎ去った。オトーサンの住居付近は何の被害もなかったが、西日本には知人も多いので心配である。その台風だとはいえラテの散歩というか最低限排泄のために外に連れ出さなければならないことは大変だった。しかしラテと一緒にいると知能とか記憶といったものに改めて思いを寄せることが多くてなかなかに楽しい。


ワンコと一緒に住んでいるとどうしても擬人化を免れない。飼育書等には必ず過度の擬人化は良い関係を築けないといった類のことが書いてある。
よい意味でワンコはワンコであり我々人間とは別の種だからして悪戯に人の子供に対するような対応はリーダーシップを知らしめることも含めてすべきではないという。

Latte610_01.jpg

※皆さんお元気ですか?アタシはまずまず元気です


まあ、言わんとすることは分かっているつもりだ。しかし外飼いならまだしも同じ室内、同じ部屋で24時間寝起きするとなればそうも言っていられなくなってくる(笑)。
ひとつにはオトーサンたち飼い主もラテを常にワンコとして認識しているというより文字通り家族である。
それでもオトーサンはこちらの意志を明確に伝えようと短いコマンドを発するようにしてきた。
「来い」「ダメ」「良し」などなどだ。しかし女房は完全に人に対するのと変わらぬ物言いをしている。「そこで食べてはダメだよ。ほらこっちに来て食べなさい」などと(笑)。それでも見かけ上は何とか意志が通じているようなのだから面白い。

Latte610_04.jpg

※今年中学生になってから会えていなかった女子に久しぶりに出会って喜びのステップを踏む


ところで先日の夜、寝る前にオシッコだけさせようと外に連れ出した。明日の朝まで我慢することはできると思うがこの季節はワンコもよく水を飲むしまた飲まなければ熱中症などが心配だ。したがって冬場より尿意を催すのも早いと思わなければならないし我慢させ膀胱炎にでもなったらそれこそ可哀想だ。

ということで5分程度だが本当にオシッコだけさせて戻る目的で出かけた。
一応ミッションも無事終わりマンションのエントランスに戻ってきたが見るとエレベーターは最上階で止まっている。
オトーサンは待っているのも面倒だからと階段で上がろうとラテのリードを引いたが、なんと我が娘はエントランスに腹ばいになり「階段は嫌だ」と抵抗するのだ。

Latte610_02.jpg

※「エレベーターに乗る!」と階段で行くのを拒否



長い距離を散歩して戻ってきたわけでもないし、ほんの5分程度のことだ。疲れたというはずもないのにこの様である。
何度かリードを引いて「ラテ、歩くぞ」と誘ってみたがオトーサンにアイコンタクトしたまま頑として動かない。
仕方がないとオトーサンは諦め、エレベーターのボタンを押した途端にラテはすっと立ち上がり、エレベーターのドアが開くと一瞬オトーサンにアイコンタクトしながら嬉々としてスタスタ入っていく。
その場に他の人がいなかったことでもありオトーサンはその様子が可笑しくてひとりでクスクスと笑い続けていた。

Latte610_03.jpg

※オトーサンがエレベータのボタンを押すと嬉々として立ち上がる(笑)


そもそも現在のマンションに移る以前にラテはエレベーターなるものに乗ったことはなかった。したがってどちらかと言えば臆病なラテだからして果たしてエレベーターに乗せられるか、乗ってくれるのかを危惧していたオトーサンであった。しかし驚いたのは最初にエレベーターに乗ろうとしたときまったく躊躇せず乗り込んだことだ。そしてそれで懲りて次には乗るのヤダということになるのかとも思ったがそんなこともなかった。

Latte610_05.jpg

※店頭ディスプレイ前で一休み


勿論ラテはエレベーターがどのような設備であるかなど知る由もないだろうが、階段を上り下りしなくて済む楽ちんの乗物といった程度の認識はあるようだ。でなければ今回のようなことは起こらない。
またエレベーターに乗ることで自宅からエントランスまでを行き来できることも学習しているに違いなく。自宅を出て階段で降りようとするときも一瞬エレベーターの方に視線を送る(笑)。
その視線は「エレベーターの方が楽なのになあ」とでも言っているようだ。







ラテ飼育格闘日記(609)

これからしばらくの間…具体的には夏休みが終わるくらいまでラテ受難の日が続くことになる(笑)。一番の問題はこの暑さには違いないが、夏休みで子供たちが公園に姿を現さないし、ラテを可愛がってくださるファミリーも帰省され出会いが激減するからだ。


猛暑、いや酷暑が続く。したがって朝の散歩はなるべく早めに済ますことにしているし夕方の散歩は日が落ち少しでも気温が低くなった頃に出かけるようにと心懸けてはいるがオトーサンの都合もあるしなかなかに難しい。
しかし幸いといってはラテに叱られようが、暑さは大の苦手だからして排泄を終え、水を飲ませると日陰の涼しそうな場所で腹ばいになってしまうわけでそもそも散歩にはなっていない。

Latte609_01.jpg

※暑いねえ!


それでも夏休みが始まってからも馴染みの公園に出向くが、暑いこともあるだろうし夏休み中はどうしても家族の一員としての行動になるからか公園にはまったくといってよいほど子供たちの姿が見えないのだ。
3日4日と続けて公園に出向いても待ちぼうけを体験するとラテも学習するらしく、自宅マンションのエントランスを出てオトーサンは公園側に向かおうと右に折れるつもりだが、ラテはがんとして「嫌だ」とリードを引き左に折れるという日々が始まった。

Latte609_02.jpg

Latte609_04.jpg

Latte609_05.jpg

※こうした子供たちとの触れ合いも小一カ月お預けだ


人間と同様な感覚ではないにしても「暑い中に公園に行っても誰もいないじゃん」とでも言っているようで感心しながら苦笑いするオトーサンであった。
無論どちらに向かおうが冬場のように小一時間歩き回ることはなく排泄し水を飲んだら自分からUターンして戻ってくるのだから大したものである。

そうした刺激がない散歩が続くが、ラテはそれなりに回りを注視して「なにか面白い事はないかな」とアンテナを張っている。
天敵のように吠え合うワンコの家の道路反対側を歩いていても、その家のエントランス位置になると立ち止まってこの瞬間出てくるのではないかと身構えたり、時には後ろ足立ちして様子を覗こうとする。

Latte609_03.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンを見つけて歓喜の声を上げる


また、ときに部活なのだろうか中学生の姿を見かけるとすれ違い様、知らない女子なのに近づこうとする。きっともしかしたら撫でてもらえるかも等と目論んでいるのかも知れないがワンコ嫌いなのかあからさまに離れていくとさも残念そうな表情をしてオトーサンにアイコンタクトする。
「オトーサン、チャンスだと思ったんだけどね。残念」とでも言っているようで思わず気の毒に思いポケットからオヤツを差し出してしまう。

また何かの気張らし、元気づけかも知れないが回りにワンコの姿も知り合いの姿も見えないのに急に狼の遠吠えのような吠え方が始まったり、歩きながらなにか文句でもいっているのかそれとも「誰かいないのかい」と声を上げているのか「ワンワンワン」と高い吠え声もあげたりもする。
勿論どこからも反応があるはずもないから、そうしたときにはオトーサンが「ワンワンワン!」と返事をするとラテの吠え声がまたまた続く(笑)。

しかし同じ吠え声でも些かトーンが違うと思う時がある。
先日も横断歩道で信号待ちしていると急に「オーン、ワンワンワン」と声高らかに吠えだした。まさか行き交う自動車に向かって吠えるはずもないと思ったら、道路の向こう側に動物病院の院長の姿があったのだ。

Latte609_06.jpg

※国道の向こう側を歩いている人物を特定して声をかけるのだから凄い!


面白いことに、そばに近づけば吠えたりましてや唸ったりすることはないのに、その姿を遠くからでも発見するとまるで声をかけるように吠え始める。
それにしても10数メートル先を歩いている人物を特定できるのだからありがたいことにラテの視力はまだまだ健在なのだろう。



ラテ飼育格闘日記(608)

一日中尋常ではない暑さが続いている。これでは散歩を楽しむなどできないし危険だ。多少でも気温が下がり日が陰ったころを見計らってラテを連れ出すが、ラテも排泄を済ませると自ら早々に戻ろうとする。無論室内では冷房フル稼働にせざるを得ない。


ということである日の5時過ぎに近所の公園に向かった。アスファルトの道より公園の砂地の方が温度が低いからだが、オトーサンとラテが公園に入ると見知った女の子が嬉しそうに駆け寄ってきた。
ラテを撫でるためかと思ったらいきなり「ラテのおじさん、いいところへ来てくれたので嬉しい。お願いがあるの」という。

Latte608_01.jpg

※ラテ、熱中症に気を付けようね


こんなことは初めてなので何ごとかと少し身構えたオトーサンだったが(笑)。「ねえ、こちらに来てくれる?」とオトーサンの腕を引っ張るように公園の反対側に向かった。
一緒に歩きながら「おじさんで出来ることなのかな」というと「絶対大丈夫よ」と答える。とはいえ子供はオトーサンらが考え得ない突飛なことを言い出すときもあるし期待に答えられないのも嫌だ(笑)。

とはいえ別に公園でミッションがあるわけでもなし、お馴染みのファミリーがいらっしゃるかなと顔を出したのだが、女の子の頼みとあっては邪慳にはできず「なにかなあ」と言いながらオトーサンはラテと一緒についていった。
すると公園の端に別の女の子が二人待っていてオトーサンたちの姿を見ると「やったあ」と声を上げた。益々何ごとかと身構えるオトーサンを尻目に女の子は「ねえねえ、あの枝があるでしょ。あの枝にぶら下がりたいの。引っ張ってくれる?」とオトーサンを見上げた。

Latte608_02.jpg

※「あの枝引っ張ってくれる?」と女の子が…


目的は何だか分からないが、大きな木から出ている細身の枝の1本にぶら下がりたいが、石造りのフェンスに乗っても届かないのだという。
オトーサンは心の中で「なあんだ、そんなことか」と安心しながら手を伸ばして引っ張りながら「これでいいのかな」というとその枝の先端に触れた女の子は満面の笑顔で「ありがとう。これがやりたかったの」と礼を言ってくれた。

Latte608_03.jpg

※枝に手が届いた女子は満面の笑顔


オトーサンは「ひっぱる程度なら大丈夫だけど折れて怪我すると大変だからぶら下がっては危ないよ」というと「はあ~い」と可愛い三人の声が響いた。
しかし今になってもなぜその枝にぶら下がりたかったのかは不明だ(笑)。そばにはいくらでも手が届く枝があるのに…。ともかくオトーサンはお願いされたミッションは遂行できたわけで笑顔の女子たちの側から離れた。

Latte608_05.jpg

※最近抱っこが多いなあ…


散歩とはいってもこんなことはそうそうはなく、知り合いの子供たちがいなければ排泄を済ませてなるべく早く帰るよう算段している。子供たちにしてもこの炎天下に駆けずり回っては熱中症で倒れるに違いないからそもそも姿がないのだ。
そんなわけで砂場でラテに水を十分に飲ませて帰宅を急ぐわけだが、ラテは素直に従う場合とまだ歩きたいとリードを引く場合があるが、いずれにしても長時間外にいるのは危ない。

家のドアを開けると冷房の心地よい空気が待っている。自分本位のラテはオトーサンを押しのけていち早く玄関に座り込む。オトーサンといえばラテの四つ脚と体を拭く準備をしつつまずは冷蔵庫の水に浸したタオルを絞ってハアハア言っているラテの頭を覆ってやる。

Latte608_04.jpg

※自宅に戻るとまずは冷たい水で浸し絞ったタオルで頭を覆ってやる


本当ならオトーサンもシャワーを浴びたいところだがラテ優先である。
タオルに包んだラテは気持ち良いのだろう、うっとりした目をしているがそれからオトーサンは十数分、ラテの体の拭き掃除を始めなければならない。それが終わるまでオトーサンにとって散歩は完了とはならないのである。





広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から九巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員