ラテ飼育格闘日記(576)

朝晩は本当に寒くなってきた。まあすでに12月…師走なのだから当然だろうが、オトーサンも真夏の暑さに比べれば寒い方が良いと思うひとりなものの、体調が悪いとその寒さがいろいろと身にしみて辛い。


まずは風邪がなかなか抜けきらない。微熱があるという自覚はあっても体温を計ると平熱だったする。しかし喉は痛むし鼻水は出るという有様。
まったくもって歳は取りたくないものだが、風邪が抜けない、膝は痛い、目は悪い、手指は硬直、血圧は高いというのだからどうしようもない。まあ一番心配な血圧に関しては降下剤を処方してもらったので数値的には落ち着いているが…。

Latte576_01.jpg

※ラテは寒さもなんのその。絶好調だったのだが…


それでもお約束のラテとの散歩は欠かさない、欠かせない。そして辛いが楽しみでもある。
幸いというべきか、一ヶ月ほど苦しんだ右膝の痛みも激痛ではなく普通の痛みになってきた。このまま強い衝撃などでぶり返さない限り治りはしないものの取りあえずは終息していくように思える。
やれやれと思っていたら、あれっ、ラテの歩き方がおかしい事に気がついた。

Latte576_02.jpg

※左前足を少し引きずるようになった


歩くと体が揺れるのだ。よくよく見るとどうやら左前足の具合が悪いようで、踏みしめ方にバラツキがある感じ…。
まあまあ飼い主がやっと痛みのピークをこえたと思ったら今度はラテかと心配。人間のようにどこがどのように痛いのかを教えてくれないのも気がかりとなる。
もしかしたらオトーサンの監視の目を盗んで肉球を噛み、傷でも作ったのかも知れないと散歩から戻った際にぬるま湯で四つ脚を洗ったが、肉球は滲みたり痛がったりしなかった。ということは関節とか筋肉とかどこか寝違えたといったことがあるのかも知れない。

Latte576_00.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンには長い舌でペロリ(笑)


そもそもラテも来年の6月で満12歳となる。寿命から考えればすでにお婆ちゃんの年齢に入っているのも確かで、あちらこちらに支障が出てきても不思議ではない。
しかし振り返ればこれまでにもこうしたことがなかったわけではないことも事実。
例えば若い時の方がラテは足がよく痙った…。特に後ろ足が多かったが、これはそれほどよく走ったということなのだろうか。事実走っている途中で「キャ〜ン」と立ち止まり、痙った足をしばらく上げたままにしていることがあった。

Latte576_05.jpg

※これまた大好きな小学三年女子に雄叫びを上げて近づく


また今回のように原因は不明だが、前足を引きずっていたときもあるから一概に歳による衰えが出たと決めつけてはいけないだろう。ともあれ注視していなければならない。
また夕方の散歩も馴染みの公園に向かうにしろ、これからしばらくの間は日の入りが早いこと、そして寒いことから外に出て遊ぶ子供たちの姿が少ないのだ。例え遊んでいる子供たちがいたとしてもすぐに暗くなるから一緒にいられる時間は短い。

Latte576_06.jpg

※遠方からも「ラテちゃ〜ん」と声をかけてくれる女子が…


このことはラテにとって大事のようだが、それでも歩けばワンコにも人にも会えるチャンスは増える。
またピーカンの青空の下の散歩は無論気持ちが良いが、薄暗くなり街灯の灯りが点き、車がヘッドライトを点けて走る時間帯を歩くのもなかなかに素敵だ。
多少の寒さなど気にもならないが、それでもオトーサンはもとよりラテの足の引き釣りが一時的なものですぐに回復することを祈るばかりだ。そうでなければ快適な散歩などあり得ないからね…。

Latte576_03.jpg

※笑顔でアイコンタクトするラテ


そんな感じで今回の日記を閉めようと思っていた。しかし昨日夕飯の後で何ということかラテがボール遊びを要求したのだ。オトーサンがゴムボールを室内で投げたり、壁にぶっつけたりするのを追いかけ、あるいはダイレクトキャッチするのがラテの遊びだが無論スピードを要求されるし四つ脚を使わなければならない。
引きずっている脚ではかえって痛めたり、そもそもが思うように遊べないのではないかとオトーサンは思ったが、キラキラした顔で要求されれば応じるしかない…。
結果、この娘はいつものように暴れ回ったのだ(笑)。何なのだあの脚の引き釣りは…?



ラテ飼育格闘日記(575)

足の膝が絶不調だったオトーサンだが、今度は風邪をひいた。いまのところ熱は微熱だが、喉が痛く今後熱も上がりそうな気もする。その上に久しぶりに血圧を計ったらこれまで経験したことのないほど高いのだ。ちょっと怖くなってクリニックへ飛び込んだ。


しかしである…。ありがたいというべきなのだが、ラテは相変わらず絶好調である。もし好きにさせていたら二時間でも三時間でも外で遊んでいるに違いない。
さて、今季の風邪は女房がまずやられた。安静にしていれば治りも早いのだろうが、インフルエンザではないし介護の仕事は休めないからと通常通りに出かけていたので治りが遅くなったに違いない。その女房がやっと少し楽になったころ、今度はオトーサンが熱を出した。

Latte575_01.jpg

※ありがたいことにラテは益々元気である


まあまあ一年に一度や二度、風邪も引くと考えなければならないだろうが、熱が出ようがラテとの散歩はやらなければならない。しかし我が娘はオトーサンの体調など忖度するはずもなく遊びたくて仕方がないのだから困ってしまう。
思わず「お前一人で散歩に行ってこい」と馬鹿なことを口走って女房に笑われる。

Latte575_02.jpg

※朝日が昇る中、ラテファミリーの一日が始動


ついでにとしまい込んであった血圧計を取りだして久しぶりに計ってみたら、あらまあどうしたことか新記録の高さだった。
さすがに怖くなって行きつけのクリニックで診てもらったが、最大の原因は加齢でしょうといわれる。

自分が年寄りなのは自覚しているものの、整形外科にいっても、眼科に行っても、そして内科でも「加齢です」と言われるとどうにも気分がよくない(笑)。

Latte575_04.jpg

※相変わらず好奇心は強い


せっかくだからと内科では血圧降下剤と風邪薬を処方してもらったが、血圧に関して「注視することは勿論だが、あまり神経質になるな」とアドバイスをもらう。酒や煙草をやらないオトーサンに今更塩分を控えめに…といった野暮なことを言わないお医者様なので信頼し気に入っている…。

Latte575_03.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンと遭遇


ともあれ、ぼんやりした頭で散歩に出るが、今週の散歩はひとつ楽しみが増えた。それは新しいウェアブルカメラ、アクションカメラを手に入れたからだ。
4K動画が撮れるというこの小型カメラをキャップや胸に着けてどのように撮れるか、どのようにしたらよりよく撮れるかを試している。
しかし画質やらは文句ないのだが、戻ってからその動画を確認すると愕然とする。なぜなら自分ではあまり意識をしていないのだが膝の悪いことがモロに撮影結果に出ていて、画面が大きく揺れていたりする。

Latte575_07.jpg

※キャップに新しいアクションカメラを装着したところ


それでもマスクをしつつ出かけるわけだが、どこから見ても怪しいジジイだ。しかしラテと歩いていると数百メートルも先から手を振ってくれる小学生女子がいたり、「ラテ」と叫びながら走ってくる女子たちもいたりしてオトーサンの気持ちは温かくなる。
可笑しいのはキャップにカメラをつけたのは今回初めてだったが、誰も「それなあに」とか「変なのつけてる」といった反応がないことだ。きっと元々怪しいジイサンだと思っているからそんなものだと考えているのだろうか。

Latte575_05.jpg

※子供たちに同時に「お手!」と言われてドギマギしているラテ


そんなオトーサンの意気地のない姿を見るに見かねたのか、ラテを可愛がってくださるファミリーのオカーサンから具だくさんのスープとポテトと挽肉の重ね焼きを頂戴した。ちょうど女房もまだ体調が十分に戻っていないときでもあり、後は簡単にパンとサラダを用意して夕食にいただいた。
体が温まり、とても美味しかった!感謝!




ラテ飼育格闘日記(574)

ラテは絶好調だ。8月や9月と同じワンコかと思うほどアクティブになっている。散歩の出だしはグングンとリードを引き先頭だって歩くし、小さな土手は駆け上がり穴を掘ったり走り回る。しかしオトーサンは逆に絶不調。我慢の限界に達したので整形外科に行って右膝を診てもらった。


まあ、病院へ行く前に原因というものは自覚していた。やはりというか一番の原因は加齢(笑)。したがって完治するということはまず無理だという前提でいかに楽になるかの治療をしましょうということだった。要はラテとの散歩が膝に大きな負担となってしまったということだ。
ということで定期的に電気治療とマッサージを勧められ、痛くて睡眠不足というとき用に痛み止めの薬を処方してもらった。

Latte574_01.jpg

※この寒空の中、ラテは益々元気です


ところで先日、CNNに「犬を飼うことは心血管疾患や死亡のリスクの低下と関連がある…」といった研究結果が英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表されたというニュースが載った。
それによれば1人暮らしの人の場合、犬を飼うとペットを飼っていない人に比べて死亡リスクが33%、心血管疾患に関連する死亡のリスクが36%低減する可能性があるという。
要は、犬を飼っている人は天候がどうであれ犬の散歩に出かけるなど、一般的に肉体的な活動のレベルが高いということが心血管疾患などの死から身を守る確率の増大につながっている可能性があるらしい。

Latte574_05.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンに長い舌を差し出すラテ


まあ、11年間ほとんど休まず雨の日も風の日も、そして嵐の日も大雪の日もラテとの散歩を続けた飼い主としては分かるような気はする。ワンコでもいない限り、天候が悪いとか今日は寒いあるいは暑いからと外出を避ける方に気持ちが向くに違いないからだ。
しかし反面、風景などを眺めながら自分のペースで散歩するのではあればともかく、ワンコとの散歩はそうはいかない。時にワンコと一緒に走り、階段を駆け上り、リードを離さないようにとコントロールするとなればどうしても腕や足回りに負荷がかかる。それも極たまにというならすぐに回復するのだろうが毎日となると完全回復する間がない。

Latte574_06.jpg

※珍しく女房に抱っこを要求


ただしワンコを飼うことの健康に関わる意味として大切なのは運動だけではない。たぶんワンコだけでなく猫でも同じだと思うが、自分(飼い主)を必要としている生き物がいる、そしてその姿に癒やされるというメンタルな部分も大きいのではないだろうか。

というわけで、膝の傷みを騙し騙ししながら歩くしかないが、そうすると膝を庇う分だけ別の筋肉や筋に負担がかかるようで、これまた湿布薬を欠かせない毎日なのだ。
そんな日々を送っているが、先週は続けて日中にラテが留守番の日が続いた。
一日目はオトーサンたち夫婦40回目の結婚記念日の祝いということで近所のイタリアレストランへランチを食べに行った。こればかりはラテを連れていくわけにはいかないので留守番となった。

Latte574_02.jpg

※ドルチェまで大変美味しくいただきました!


2日目はオトーサンが近隣の小学校の学芸会に行って来たのでその間約一時間半ほどラテを置いて出かけることになった。とはいえ元々はラテのおかげなのだ。
ラテを可愛がってくださる近所のファミリーのオカーサンに是非ご一緒にとチケットを頂戴したのだ。ラテがその姿を見つけると喜んで飛んで行く小学3年生の女子が学芸会で主役級を演じるというので撮影係としてご一緒させていただいたのである。

Latte574_03.jpg

※小学3年生全員で「夢どろぼう」を演じた


ということで実家のオカーサンと妹さんらが学芸会のためにわざわざ上京された中に部外者が一人お仲間とさせていただいた訳だが、ラテがいなければあり得ないご縁なのだ。
しかしNちゃんの晴れ姿、ラテにも見せてあげたかった(笑)。



ラテ飼育格闘日記(573)

オトーサンは不調、だけどラテは元気というアンバランスなコンビの散歩が続いているが、こればかりは双方妥協点を見いださなければ不満だらけとなってしまう。オトーサンの不調は右膝なので本来なら歩きたくないし歩くのがとても辛い訳だが、我が娘はまったく忖度してくれない。


この11月12日でラテに出会ってから丸11年となった。当時5ヶ月の幼犬だったがよくもまあ、ワンコを飼うのが初めてのヘナチョコ飼い主の元で元気に育ってくれたものだと思う。
大げさな物言いだが、ラテとの11年間を振り返って見ると “歴史の生まれ方” といった妙の一端が分かるような気がしている。

Latte573_01.jpg

※気温が下がり、ラテは益々元気


ラテを我が家に迎えたとき、一年後はおろか10年後にどうなるのかなんて夢にも分からなかった。ただただその日その時を一生懸命に過ごしていたというのが正直なところだ。
餌を食べない、お腹を壊した、咳き込む、甘噛み、拾い食い、アトピーなどなど、心配し時には寝られないときもあったが、その時その時に精一杯のことをしてきたつもりだ。しかしそれが後々になって良い結果に結び付くことを願ってはいたものの無論それは単なる希望・願いでしかなかった。

それが11年過ぎてその年月を振り返り俯瞰してみると自分がやってきた事、対処の是非が面白いように分かる。嗚呼これが歴史から学ぶということなのかも知れないなとつくづく思った。
後にならないと、過ぎてみなければ分からないことが多々あるのだ。それだからこそ日々を疎かにしてはならないのだとオトーサンはあらためて自分を鼓舞している…。

Latte573_03.jpg

※小学生に顔を両手で挟まれて「変な顔」と言われる(笑い)


ところでそのラテ、いま11歳であり来年6月には12歳になる。
たまたま散歩で出会うお仲間のワンコたちの話しを見聞きすると犬種にもよるだろうが目が見えなくなり次に耳も聞こえなくなったというワンコもいる。
見かけ上は分からないものの、飼い主さんがそう言われるのだからそうなのだろうが、ではラテは大丈夫なのかとオトーサンは心配になった。

Latte573_02.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンと追いかけごっこでハッスルする!


しかしいまのところ嗅覚は勿論、視力、聴覚に問題はないようである。
よく知られているようにワンコにとって一番優れている感覚は嗅覚だ。しかし日々ラテの行動を観察していると幸いなことにその視力も問題がないことがわかる。
ひとつは室内で行うボール遊びだが、オトーサンが放り投げるボールを飛び上がって口でキャッチする、あるいは壁に勢いよく投げたボールが跳ね返ってくるのを前足で上手にブロックするのを見ていると動体視力は優れていることがわかる。
また散歩中、信号の向こう側にいる動物病院の院長の姿を認めて吠え出すことも視力の確かさを物語っているに違いない。

では聴覚はどうか。なにしろ普段「ラテ」とオトーサンが呼んでも振り向きもしないことがあるラテだから、当初は聴力に障害が生じたのかと思ったこともあった。しかしラテの聴覚が確かなことはとあることで証明されている。

Latte573_04.jpg

※声をかけたくれた女子の袖をペロリと…


例えばラテの夕食をオトーサンが準備するときのことをご紹介してみよう…。
まずはドッグフードのグラム数を量り、それを容器に入れるがそのとき少量の牛肉缶詰(犬用)を混ぜてあげる。時に少しのチーズをまぶしたりということもあるが、別途小さな容器にスプーン一杯ほどブレーンヨーグルトを用意する。
用意ができたらラテが食事をする場所、すなわち和室に常時セットしてある水を新鮮な水に取り替え、そしてフードとヨーグルトの容器をその場所に置いてラテを呼ぶという手順である。

このときラテはキッチンを挟み、和室とは対極の女房の部屋で寝ていることが多いが不思議に「さて、ラテを呼ぼうか」と思った瞬間、向こうの部屋からのそのそと姿を現すのだ。

Latte573_05.jpg

※もみくちゃにされるラテ(笑)。尻尾を引っ張られても怒りません


なぜラテはオトーサンが食事の準備が完了したと分かるのだろうか。
ワンコ得意の嗅覚だろうか。いや嗅覚ならそれ以前にドッグフードを量り、牛肉の缶詰を用意する時点で知るはずだ。我が娘は確実にオトーサンが夕食を作っていることを察知しながら、準備ができるまで待っているに違いない。
ラテの判断材料データは嗅覚もあるだろうがタイミング良く現れるためには音、聴覚をフル活用しているのだ。
「食事を作っている」「牛肉の臭いもする」そして決定的なのは「飲み水の用意」だ。
冷蔵庫で冷やしてあるペットボトルの水を容器に注ぐ音に違いない。
一連の臭い、手順で生じる様々な音があって最終的に水とその容器のノイズなどが聞こえたときに出て行くと一番タイミングがよいことを学んだのだ。
ということでラテの聴覚もいまのところ問題がないとオトーサンは喜んでいる。




ラテ飼育格闘日記(572)

やっと天気の日が続くようになった。ラテは意欲満々で、もしリードが切れるようなことになれば戻ってこないのではないかと思うほど外が好きだし帰りたくないと駄々をこねる。しかしオトーサンの右足の膝関節は相変わらずのガタガタで泣きっ面である。


天気がよければ時間帯や曜日によるものの、朝は通学時の小学生たちに会えるし、夕方は馴染みの公園に出向けば知り合いのファミリーや子供たちに会える機会が多くなる。
そういえばこの地域に引っ越ししてから4年が過ぎた。したがって引っ越し時に幼稚園の年長組の子供は小学3年生とかになっているし出会った時は小学2年生の子供は当然のことながら6年生になっている。

Latte572_01.jpg

※気温が下がってきたので動きは活発になってきた


この4年という期間は短いようで長く、その間にありがたいことだが多くの子供たちと知り合ってきた。ほとんどの子供たちに関して名前は勿論住居がどこかも知らないが、皆この近隣に住む子供たちには間違いが無い。
最初から積極的にラテに近づく子供もいれば、怖いのか、あるいは飼い主が得体の知れないジイサンだからか、最初は遠回しに見ていて日数を経て少しずつ手を出してくる子もいる。

Latte572_05.jpg

※朝の通学時、小学生女子4人にモミクチャにされるラテ


子供たちは下は幼児から上は中学生くらいまでが多く、それもそのほとんどは女の子だ。
別にオトーサンが男子を遠ざけているわけではない(笑)。しかしやはり母性と関係するのだろうか女子95%で男子が5%ほどという大きな差がある。
幼児は母親と一緒に近づき「触らせてください」「触ってもよろしいですか」と母親が声をかけて下さるのがほとんどだが、いきなりヨチヨチと近づきバシッと背中を叩くチャレンジャーもいるのでオトーサンとしては油断がならない。

とはいえこの11年間、ラテが子供に歯を向いたことは一度もないので基本的には安心しているものの、相手次第ということもあろうし虫の居所が悪いこともあるだろうから気は抜けない。
それでも尻尾を掴まれ、耳を引っ張ぱられ、時に抱きつかれてもラテは大人しい。しかし観察していると幼児たちに囲まれている場合にはラテなりに我慢・緊張しているのか次第に尻尾が下がってくる。

ラテが一番喜ぶのは小学生から中学生あたりまでの女子だ。例外として一人中学生の男子と出会うと喜んで飛びつくが後はほとんど笑顔で尻尾を振るのは女子たちに対してだ。
ラテは不思議に初対面の子供にもフレンドリーだが、当然数年の間、可愛がってくれている子供や大人たちには最大の敬意を示し、出会うと呼び声なのだろうか歓喜の声なのか「ウォオオオン」と雄叫びを上げて近づこうとする。
そんなわけだからラテと歩いていると時々反対側の歩道から、マンションの窓から、走り去る車の中から「ラテ!」と声がかかる。まことに幸せなワンコである。

Latte572_02.jpg

※大好きな女子が向かえてくれたのでラテは歓喜の声を上げる


先日オトーサンにとっても飼い主冥利に尽きる出来事があった。
小学6年生女子の二人組と出会った時に駆けてきてくれて何と二人からそれぞれメッセージカードを渡されたのだ。
この4年間、散歩の途中で出会うとラテを撫でてくれたり手を振ってくれる女子たちだが、飼い主のオトーサンと少ない言葉を交わすようになったのはここ1年ほどであり無論名前もお互いに知らない間柄である。

Latte572_03.jpg

Latte572_04.jpg

※小学6年生女子2人がオトーサンたちを見つけて駆けてきてくれ、そしてメッセージカードを渡してくれた !


実は9月末日に近隣の小学校で運動会があり、ラテを可愛がってくださるファミリーのお母さんからご招待をいただいたので外孫(笑)の活躍を写真に納めようといそいそと出かけたのだった。
そのときデジタルカメラのビデオ機能で撮影した映像が多かったが、後でファミリーのお母さんにお渡ししようと編集をしていたとき、意図してはいなかったものの騎馬戦のシーンに見知っている6年生の女子二人が写っていたのだった。

ピントも合っていたので動画の一フレームをプリントし、記念だからと二人に渡そうと考えた。とはいえ別に隠し撮りしたわけではないものの、本人たちが意図したものではない写真など渡されても喜ぶどころか気味悪く思われるかな…とも考えたがこれまでの女子たちの笑顔を思い出して出会う機会があれば渡してみようと散歩用のバッグに入れて持ち歩いていたのだった。
結局会えたのはそれから1ヶ月ほども経ってからだったが嬉しいことに喜んでくれた。

Latte572_06.jpg

※久しぶりの抱っこ


メッセージカードはどうやらそのお礼ということらしいが普段あまり積極的に話をしない女子の方が文章が長く最後に名前も記してあった。
封筒の表には「ラテLOVE♡」裏には「ラテの飼い主さんへ」とある。そして文の中身は運動会の写真の礼と6年生だから最後の思い出深い運動会の記念になってとても嬉しいといった言葉が綴られていた。そして「いつもラテをさわらせてくれてありがとうございます」とも書かれていた。
この二つのメッセージカードにオトーサンはうるっとしたのは勿論だが、知らぬ者同士、それも子供たちとの刹那の付き合い方が間違っていなかったことを思い知って嬉しかった。




広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員