ラテ飼育格闘日記(607)

先日、ラテを3ヶ月ぶりに美容室へ連れて行った。全身シャンプーは勿論、カット、肛門腺絞り、爪切り、耳掃除、歯磨きにいたるまでのフルコースが待っている。しかし問題はラテ自身このペット美容室に行くのが動物病院より嫌で抵抗することだ。したがってオトーサンも一工夫せざるを得ない。


とにかく店舗内に入るとき、強く抵抗するだけでなく受付カウンターでの手続き中に緊張の余りかオシッコをしてしまうこともあり、かつ抱っこを要求しオトーサンの腕の中で震えるという有様。なんともだらしないが、全身をいじられて大嫌いな水浸しになるのが嫌なだけでなく、2,3時間にしてもオトーサンたちと離れるのが不安のようだ。

Latte607_01.jpg

※いまね、水を飲んでんだよ


ラテは長毛だが見た目と違い抜け毛は少ない方だと思う。しかし伸びるのは早くすぐに四つ脚のつま先はボウボウとなり使い古した箒みたいになってしまう。
これは汚れるだけでなく散歩から帰った後の掃除も大変になってくる。無論見た目もよくない。
ということでの美容室なのだが、連れて行くオトーサンもなかなかに辛いのだ。

今回の予約は午後1時だったが15分程前に支度をして家を出た。美容室はすぐ近くなので5分もかからないが、途中で排泄させるためだ。
それはせめて店内で緊張とはいえ粗相を…というのをさせないようにとの配慮だが、それはともかく方角が美容室と違う方向へ行くにもかかわらず、ラテはすでにどこに連れて行かれるのを承知している。

Latte607_02.jpg

※店に近づくのを嫌がっていたラテだが、近くなると早く通り過ぎようと歩くスピードを増す。しかし尻尾は下がっている(笑)


可笑しいと言ってはラテに叱られようが、排泄を済ませて美容室に近づくほどUターンして戻ろうとする回数が増える。その都度オトーサンの強烈なリード引きで元に戻されながら進む。
それはストレートな感情表現だと思うので分かりやすいが、美容室が十数メートル先に目前となるとラテの態度が変わるのが何とも面白い。

どうしても美容室方面に向かうなら、店内に入らずさっさと通り過ぎてしまおうと思うのか、あれほどリードを引いて進むのを嫌がっていたラテが笑ってしまうほど歩きが軽快となりオトーサンの前に出てスタスタとスピードを増す。ただし尻尾は完全に下がっている(笑)。
なにか見ていると可笑しいと同時に痛々しくも感じる。こんなに嫌がっているのに無理強いしているようにも思えてオトーサンも罪の意識を感じざるを得ない。

Latte607_03.jpg

※店内で震えながら抱っこを要求


そんなラテをオトーサンは美容室の店内に引っぱり込むが、後ろのガラス戸を閉めるとすでにラテは震えている。「お前の健康のためなんだから」と心を鬼にし、担当の女性にリードを渡して振り向かずに店内から出るオトーサンであった。

その日は混んでいたのか「仕上がりました」という電話が来るまでに3時間かかった。ラテの居ない空白の3時間が何とも寂しい…。そして美容室で大立ち回りでもしていないかといらぬ心配もしてしまう。
せっかく?ラテがいない時間帯なのだから伸び伸びと好きなことをやれば良いと自分でも思うが、正直美容室から電話があるまでは落ち着かない。

Latte607_04.jpg

※引取に行くといつもは見せない笑顔で出て来た。さあ、散歩しようか!


電話を貰ってオトーサンはすぐに支度をして美容室に向かった。料金を支払うと奥の檻からラテが出てくるのが分かったが、オトーサンを確認したラテの表情は普段は見せない独特な喜びの顔だ。

Latte607_05.jpg

※美容室から直接公園へ。ラテを可愛がってくださるオカーサンとチュー!


その大げさな喜びようにリードを引いてきてくれたお店の女性が笑っているほどである。その首にはオマケに着けてもらったバンダナがあったが、時間的に一端自宅に戻るとすぐにまた散歩の時間になるからとそのまま公園に向かった。
美容室帰りのラテはとても愛想がよかった(笑)。







ラテ飼育格闘日記(606)

言いたくはないけど…暑い。毎年のことには違いないが、こちらの体力が年々衰えているわけで暑さはひとしお身にしみて辛い。それはラテも同様で、とにかく外には出たがるが排泄を済ませば日陰の涼しそうな場所を見つけてそそくさと腹ばいになる。それで散歩は終わりになることも多い(笑)。


ということでこの季節、夕方の散歩はこれまでより1時間ほど遅くに家を出る。要は夏時間ということになるが少しでも日射しが弱くなることを見込んでのことだ。
この季節、我々人間も熱中症に注意しなければならないがワンコは我々以上に熱中症にかかりやすい。

Latte606_01.jpg

※この時期、熱中症に注意しないとね!


ひとつにはそもそも暑さに弱いこともあるが、日射しより路面からの照り返しの熱でやられてしまうことが多いという。何故なら日中の間、ずっと日射しに照らされていたアスファルトの路面は外気温とは比較にならない高温になる。
事実先日、非接触温度計を持ち出してみたが、外気温が31℃のとき、とある交差点の路面温度は最高で45.8℃にもなっている箇所があった。

Latte606_02.jpg

※散歩途中の路面一部の温度が45.8℃の箇所もあった


その熱い路面に肉球を置かなければならないこと、そしてなによりもワンコは我々と比較にならないほど路面に近い位置にいる。
特にダックスフンドとかコーギーといった犬種は腹が路面に極端に近く、40℃以上にもなっている路面に触れるようにして歩くとなればあっと言う間に熱中症になりかねない。

したがって本来なら日の入り後に散歩に出るのが理想なのだが、オトーサン側にも事情があるから日の入り前だとしてもなるべく日陰を選んで散歩をすることになる。
ただしこうしたオトーサン側の配慮も実際にはほとんど無駄となる(笑)。なぜなら歩かないからだ…。

Latte606_04.jpg

※朝は通学時の子供たちに囲まれる


いつもの公園に行けば顔見知りの子供たちやファミリーのオカーサンが来ているかも知れない。オトーサンとしてはラテを少しでも喜ばそうとも考えてリードを引くが、ものの5分もしないうちに腹ばいになり19kgの重石と化す。
では歩けないのかといえばそうではない。
天敵のように出会えば猛烈に吠え合うワンコが遠目に現れるとすっくと立ち上がって駆け出したりもする。

それからオトーサンは冷蔵庫で冷やした水を散歩の時に必ず携帯する。これはオトーサンの飲み物ではなくラテ用なのだ。
中には「冷水を飲んでお腹を壊しませんか」と言われるワンコの飼い主さんもいるが、ラテは我が家に来てからずっと飲み水は浄水器を通し冷蔵庫で冷やした水を飲ませている。

Latte606_03.jpg

※おいっ!一休みが多すぎるぞ!


オトーサンたちの理由は明白である。それは「美味しい」からに他ならない。下手な清涼飲料水を飲むより我が家の飲み水は美味いと思っているし健康にも良い。その水をラテにも飲ませているわけだが、ラテもその冷たい水が心地よい・美味いということをよく知っている。
定まった場所に常に水が飲めるようにしてあるが、時折オトーサンたちがボールの水を替えるとラテはどこからともなく現れ、「水入れ替えてくれたね」とでも言いたげに美味そうに飲み始める。

その水をペットボトルに入れ散歩の時にも携帯しているが、なにが気になるのか、何が気に入らないのかそろそろ水を飲ませた方が良いとオトーサンが用意し差し出してもラテはプイと横を向いてしまうときがある。
先日もそんなことがあり、「まったく」と思いながらも仕方なくしまい込んで歩き始めたときラテが大好きなファミリーのオカーサンと出会った。
「相変わらず暑いですね」といった挨拶の後「いま水を飲まそうとしたんですが飲まないんですよ」とオトーサンがこぼすと「私があげていいですか」とオカーサンがラテに水を差しだしてくれた。

Latte606_05.jpg

※オトーサンが差し出したときには飲まなかったのにファミリーのオカーサンだと喜んで飲んだ(笑)


ものの5分も経たない前にプイと横を向いたラテが、そのオカーサンの差し出してくれた水を美味そうに飲んだのだ。ほっとした反面「こいつめ!」と思ったのも事実である(笑)。
気分屋なのか、反抗心なのか、ラテ飼育格闘の日々は今も続いているのです…。





ラテ飼育格闘日記(605)

当該原稿執筆時はまだ梅雨時なので雨は仕方がないが、雨の日の散歩はレインコートを着せたり、戻ってから雨に濡れたラテの体をいつも以上に綺麗にするなど手間がかかって大変だ。しかし反面散歩の時間が極端に短くて済む場合もあるのでオトーサンにとっては恵みの雨であるともいえる。無論何日も続けばそれどころではなくなるが…。


さて、ラテが十二歳になったからといって特に何が変わることもない。アトピー以外は今のところ大きな問題となることはないし、足腰が歳相応に弱くなってきたのか歩く速度が遅くなったが、興が乗ればオトーサンや可愛がってくださるファミリーのオカーサンに遊びを挑んだりもする。

Latte605_01.jpg

※お陰様で元気です


とはいえ幼犬時代を振り返って見れば確実に落ち着いたし甘噛みや拾い食いもなくなった。しかし事実甘噛みは酷かったしあまりのパワーに圧倒されて散歩途中で出会ったワンコの飼い主さんに愚痴ったほどだ。

Latte605_03.jpg

※可愛がってくださるファミリーのオカーサンに遊びのポーズ


そのダックスフントの飼い主さんは「あと2,3年経てば、いまのこのパワーが懐かしくなりますよ。大人になればこちらが遊ぼうとしても乗ってこないわけで寂しいものですよ」と慰めてくださった。

Latte605_02.jpg

※最近少し抱っこ要求が多いかな…


今回は2006年12月10日に我が家に来たラテがほぼ一週間ほどたった日にラテを届けてくださった里親会のボランティアのK.Kさんにラテの近況報告をしたオトーサンのメールをそのままご紹介したい。
そういえばこれまでご紹介したことがなかったかも知れないが、”ラテ” という名は当然我が家に来てから名付けた名であり、里親会で出会ったときの仮の名は “かんな” と呼ばれていた…。

Latte605_04.jpg

※女房と並んで(笑)

2006年12月18日
K.K様

かんな改めラテをお世話いただいた松田です。
早いものでお連れいただいてから一週間となりましたのでご報告を兼ねてメールをさせていただきました。
ともかく毎日パワーいっぱいで、一日3回の散歩でも足りないかのように室内を駆けずり回ります。
橋の欄干とか塀、あるいは低めのブロックがあると前足を上に乗せて立ち上がり、向こうを見ようとしますが、この姿は最高に可愛いです。
訓練すると後足だけで歩けそうな気がします(笑)。

また、散歩時に子供に興味を持つのはわかる気もしますが、女性を見ると近づきたくてリードを強く引きます。さらに頻繁に後ろを振り向きます。なにか幼少時のトラウマなのでしょうか...(笑)。
とにかく人が好きなようで、バス停から下りてくる人たちをじっと見ていることもありました。
何故なのか、考えてもわかりませんが(^^;)、昨日ふと思いついたことがあります。それは、もしかしたらK.Kさんのお姿を探してるのではないかということです。
影響力ある時期、親身にお世話になったわけですから、強い記憶として残って当然です。

それから木曜日に駅に出かけた際に首輪が切れ、抱き寄せましたがすり抜けて駆け出し慌てました(^^;)。一瞬思い出したのは先日「呼べば戻る」とおっしゃっていたことです。こちらを見たとき、手元のリードを見せて呼ぶと大人しく戻ってきたので安心しました。
引きが強いのか、あるいは首輪が柔いのかは分かりませんが、本当に肝を冷やしました。
なお、現在は餌を見せてハウスに誘導できるようになりました。また夜などはハウス全体に布をかぶせて暗くすると比較的静かに睡眠に入りやすいことを知りました。ただおしっこの場所を覚えるのはまだまだかかりそうです。

引き続きご報告ですが、12月12日(火曜日)に動物病院に連れて行き、健康診断および狂犬病予防注射を打ちました。当日の便も持参しましたが、便/体温/耳の中/ノミなどに関して問題はありませんでした。ただたまたま自分で掻くしぐさや自身を噛むケースが見受けられるので念のためノミとダニ防止の投薬をいたしました。
体重は9.3Kg、後足がしっかりしているのでもう少し大きくなるとのこと。また歯はすでにすべて永久歯ではあるものの綺麗なので、年齢はやはり1年未満のようです。

ここからはお手数ながら名案があればご教授いただきたのですが、あま噛みが凄いことです。あま噛みの直し方は書籍にも多々記述があるものの、「褒める」とか、噛んだら即その場から立ち去る...といったものであまり現実味がありません。なにしろワンコの方は噛んでいるという認識すらあるのかどうかも分かりませんし...。
ともかく犬用の噛むオモチャもあっというまに噛んで壊しました(^^;)。ペットボトルなども凄い勢いで潰してしまいます。そして時にフローリングの床にまで歯を立て、私の手も頻繁に甘噛みします。
ちなみにスーパーのペットコーナーで販売していた噛みつき防止スプレーを使ってみましたが、スプレーした場所を平気で舐めていたのには呆れてしまいました(笑)。

また機会を見てご報告申し上げます。


この一週間程度で早くもオトーサンの腕と肩が痛み出した(笑)





ラテ飼育格闘日記(604)

先週の日記でラテは忖度が足りないと書いた。確かにオトーサンからすればもう少し日々可愛がっているオトーサンに愛想が良くても罰は当たらないだろうと思う。そんなラテだがこちらがオヤツでも持っていればまた話しはまったく違ってくる(笑)。


ラテの食事は朝夕の一日2度だ。オトーサンが昼飯を食べているときでも欲しがることはほとんどない。そんな良い子にしているときには食事が終わるとラテ大好物のオヤツを一本持っていくようにしている。この時のラテの態度がなかなかに可愛いからでもある。

Latte604_01.jpg

※小憎らしいけど可愛い(笑)


寝ているラテの横にオトーサンも腹ばいになり、オヤツを見せる。するとその腕…大体が手首辺りの場所にラテは前足をお手でもするように掛けてくる。
まあ事実ラテにとってはお手のつもりなのかも知れないし、お手をすればオヤツを貰えると思っているからでもある。

Latte604_05.jpg

※大好物のオヤツを持って行くと前足をオトーサンの腕に掛けてくれる


お座りしている時と違うのは、オヤツを食べ終わるまでオトーサンの手に絡ませた前足をそのままにしていることだ。そして面白いのは食べ終わると瞬時に前足を引っ込める(笑)。
シビアで現金な娘である。
ただし機嫌がよいからか、あるいは満足したのかは不明だが、オトーサンの手首に掛けた前足をそのままにして顎をシートに乗せ寝る姿勢を見せるときがある。

Latte604_06.jpg

※この日は機嫌が良かったのか食べ終わってもしばらくオトーサンの腕に駆けた前足はそのままだった


どこか、オヤツ貰ったんだからしばらくお手のままでいてあげよう…と思っている感じである。このようなことは他のケースでは全くといってよいほど無いことなのでオトーサンは嬉しいのだ(笑)。
だから「今日は食べ終わったら速攻で手を離すか」あるいは「しばらくそのままにしてくれるか」を何か占いでもするかのように楽しみでオトーサンはオヤツをラテの寝ているところに持参するのでした。

Latte604_03.jpg

※またまたオトーサンに抱っこ!


さて、ラテが12歳の誕生日を迎えた日、思いついてラテが我が家に来た直後の様子を振り返って見ようとメールのアーカイブを覗いてみた。
誕生から3か月(推定)で保護された後、我が家に来るまでの約6ヶ月の間、里親を探すために預かってくれていたボランティアのKさんと言う方とのやり取りを保存しているからだ。

Latte604_04.jpg

※大好きなAちゃんと


しかしラテのことならすべて覚えていると思っているオトーサンだが、当時のメールを見るとさすがに忘れている多くのあれこれを思い出す。
今回は我が家に来る16日前と家族となった翌日にKさんからいただいた2通のメールをご紹介させていただこう。
ラテという子犬が当時どのように観察されていたのかが分かって胸が熱くなるオトーサンなのだ。

Latte604_02.jpg

※通学の子供たちに囲まれた


2006年11月24日
早速ですが、月曜日にラテの避妊手術が無事済みました。
火曜日に帰ってきましたが、流石に疲れていたのでしょう。
大人しく休んでいました。
今日は何時もの様に、先住犬と遊びたがりましたが傷口が開かないよう、しばらくオアズケです。
12月10日までには、傷口も閉じ体力も回復していることと思います。
まだまだ子どもですので、いたずらが多い時期ですが学習期間と思っていただけると、楽しめる(?)かと・・・
少し臆病なところがありますが、甘え上手で可愛い子です。

2006年12月11日
戸惑いながらも、好奇心いっぱいのラテが目に浮かぶようです。
気になっておりました問題点、全てご披露しているようで・・・(^^;)。
私のトレーニングに一貫性がありませんでしたので、ラテに習慣として身に付かなかったと思います。
ちゃんと付いて歩くこともできたのですが、
耳をなびかせて走る姿が可愛かったものですから、かなり自由に散歩させておりました。
お手数をお掛けする事になり申し訳ございません。
ハウスに入らないとの事ですが、餌やおやつなど、食べ物はすべてハウスに入ったらあげるようにしてみてください。慣れてくると自分から入るようになると思います。
夜泣きがなく、本当に良かったです。
甘え上手な子ですので、ラテの罠に掛からないようお気をつけてください(笑)。


こうしてラテとの格闘の毎日が続くことになったのである。



ラテ飼育格闘日記(603)

6月10日、ラテ満12歳の誕生日だった。光陰矢のごとし…ではないが月日の経つのは後から振り返るとほんの瞬きのようにも思える。しかしラテと一緒に送ってきたこの年月はなに事にも替え難い満ち足りた日々だったということもまた確かである。この幸がこれからも続きますように…。


とはいえ現実のラテはといえばまあまあ自己主張の強いワンコに育ったというべきか。自己主張というか好きと嫌い、OKとNOがはっきりしているのは驚くというか笑ってしまうほどだ。
例えばである。散歩に出れば大好きなファミリーのオカーサンやその長女Aちゃんと躊躇いもなくチューをする。それは我が家でも女房に対しては同様だ。

Latte603_01.jpg

※ラテは12歳になりました


起床の際、女房は仕事が休みだからとグズグズしているとラテは起こしにかかる。のっそりと起き上がり女房の脇まで来て執拗に寝ているその口元を舐めたりする。
またオヤツを持っているといった機会があれば積極的にチューをしてそれをねだるラテだが、不思議なこと…残念なことにオトーサンは蚊帳の外なのだ(笑)。

Latte603_04.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンとチュー


女房を起こしに来たラテに向かい「オトーサンにもチューしろ」と言ったとする。恩を着せるわけではないが朝夕の食事の用意から散歩、そして散歩後に体を綺麗にすることまでのほとんどをオトーサンがやっている。だから女房にチューをした “ついで” にすぐ横に居るオトーサンにもチューをしてくれるのが飼い犬の忖度というものではないか。

Latte603_02.jpg

※好奇心はまだまだ旺盛


しかしラテはまず絶対というほどやってくれない。
太めの体を捻るようにして頭やマズルで蒲団を押しながらときに「ぐはっ」といった声を出す。照れているようにも思えるし時間稼ぎしているようにも思える。オトーサンがさらに粘って顔を近づけ「パパチューはどうした」というと向きを変えてお尻をぶつけに来る。

また、たまたまラテと真正面に向き合うときがあったとしよう。事実毎日そんな機会は多々あるわけだが、そうしたときにオトーサンが「チューしろ」と口を近づけた瞬間、ぷいっと顔をそむける。
まるで打ち合わせたギャグのようにだ。何度やっても見事に瞬間顔をそむける。

Latte603_05.jpg

※電柱の影に太い身を隠す(笑)


何故なんだろうとオトーサンは考える…。嫌われているのだろうか(笑)。
我々人間の考える思考や感情と同じだとは思わないが、ラテが人の顔や口元を舐めに行くからにはその人が嫌いであるはずはない。好きであり、心を許した相手だからこその行為には違いない。
しかし自分でいうのもおかしいが、ラテにとってオトーサンは怖い存在に違いないと思っているが嫌われているという感覚はない。いやそう思いたい。

怖いときや不快なとき、ラテはオトーサンの膝に前両足をかけて訴えたり時には抱っこを要求する。チューと抱っこを一緒にしてはいけないのかも知れないが、その他日々の態度を観察している限りオトーサンをあからさまに嫌っている様子は見えない。
ではなぜチューをしないのか、してくれないのかだが、それにはワンコなりに何らかの理由がなくてはならない。

Latte603_03.jpg

※珍しくオトーサンとカメラ目線のツーショット


長い間オトーサンは考えてきたが、先日ふと閃いた。
ワンコのチューは愛情の印だと人間様と同じような感覚で論ずる我々だが、それが間違っているというのではないものの、ワンコのチューは「愛情」の表現というより「甘え」の表現なのではないかと…。

無論相手の人間が大人であれ子供であれ、嫌いであればマズルを近づける前に唸るか吠えるに違いない。だからチューの相手は間違いなくラテにとって大好きな人間なのだ。
その好きな人間に「あたしは貴方が好きです。優しくしてね」という「甘え」…愛情表現ではなく…の表現だとすればオトーサンにチューをしない、嫌がることはどことなく分かるような気がする。
要はオトーサンはラテにとって信頼している人間ではあるが甘える対象ではないのではないか。

えっ、お前の言い草は都合のよいように物事を考えているだけで説得力がないって?
まあ、そうとでも考えないとオトーサンの立場というものがないわけだが、真相はラテが語ってくれないのだから闇の中だ。




広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から九巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員