ラテ飼育格闘日記(603)

6月10日、ラテ満12歳の誕生日だった。光陰矢のごとし…ではないが月日の経つのは後から振り返るとほんの瞬きのようにも思える。しかしラテと一緒に送ってきたこの年月はなに事にも替え難い満ち足りた日々だったということもまた確かである。この幸がこれからも続きますように…。


とはいえ現実のラテはといえばまあまあ自己主張の強いワンコに育ったというべきか。自己主張というか好きと嫌い、OKとNOがはっきりしているのは驚くというか笑ってしまうほどだ。
例えばである。散歩に出れば大好きなファミリーのオカーサンやその長女Aちゃんと躊躇いもなくチューをする。それは我が家でも女房に対しては同様だ。

Latte603_01.jpg

※ラテは12歳になりました


起床の際、女房は仕事が休みだからとグズグズしているとラテは起こしにかかる。のっそりと起き上がり女房の脇まで来て執拗に寝ているその口元を舐めたりする。
またオヤツを持っているといった機会があれば積極的にチューをしてそれをねだるラテだが、不思議なこと…残念なことにオトーサンは蚊帳の外なのだ(笑)。

Latte603_04.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンとチュー


女房を起こしに来たラテに向かい「オトーサンにもチューしろ」と言ったとする。恩を着せるわけではないが朝夕の食事の用意から散歩、そして散歩後に体を綺麗にすることまでのほとんどをオトーサンがやっている。だから女房にチューをした “ついで” にすぐ横に居るオトーサンにもチューをしてくれるのが飼い犬の忖度というものではないか。

Latte603_02.jpg

※好奇心はまだまだ旺盛


しかしラテはまず絶対というほどやってくれない。
太めの体を捻るようにして頭やマズルで蒲団を押しながらときに「ぐはっ」といった声を出す。照れているようにも思えるし時間稼ぎしているようにも思える。オトーサンがさらに粘って顔を近づけ「パパチューはどうした」というと向きを変えてお尻をぶつけに来る。

また、たまたまラテと真正面に向き合うときがあったとしよう。事実毎日そんな機会は多々あるわけだが、そうしたときにオトーサンが「チューしろ」と口を近づけた瞬間、ぷいっと顔をそむける。
まるで打ち合わせたギャグのようにだ。何度やっても見事に瞬間顔をそむける。

Latte603_05.jpg

※電柱の影に太い身を隠す(笑)


何故なんだろうとオトーサンは考える…。嫌われているのだろうか(笑)。
我々人間の考える思考や感情と同じだとは思わないが、ラテが人の顔や口元を舐めに行くからにはその人が嫌いであるはずはない。好きであり、心を許した相手だからこその行為には違いない。
しかし自分でいうのもおかしいが、ラテにとってオトーサンは怖い存在に違いないと思っているが嫌われているという感覚はない。いやそう思いたい。

怖いときや不快なとき、ラテはオトーサンの膝に前両足をかけて訴えたり時には抱っこを要求する。チューと抱っこを一緒にしてはいけないのかも知れないが、その他日々の態度を観察している限りオトーサンをあからさまに嫌っている様子は見えない。
ではなぜチューをしないのか、してくれないのかだが、それにはワンコなりに何らかの理由がなくてはならない。

Latte603_03.jpg

※珍しくオトーサンとカメラ目線のツーショット


長い間オトーサンは考えてきたが、先日ふと閃いた。
ワンコのチューは愛情の印だと人間様と同じような感覚で論ずる我々だが、それが間違っているというのではないものの、ワンコのチューは「愛情」の表現というより「甘え」の表現なのではないかと…。

無論相手の人間が大人であれ子供であれ、嫌いであればマズルを近づける前に唸るか吠えるに違いない。だからチューの相手は間違いなくラテにとって大好きな人間なのだ。
その好きな人間に「あたしは貴方が好きです。優しくしてね」という「甘え」…愛情表現ではなく…の表現だとすればオトーサンにチューをしない、嫌がることはどことなく分かるような気がする。
要はオトーサンはラテにとって信頼している人間ではあるが甘える対象ではないのではないか。

えっ、お前の言い草は都合のよいように物事を考えているだけで説得力がないって?
まあ、そうとでも考えないとオトーサンの立場というものがないわけだが、真相はラテが語ってくれないのだから闇の中だ。




ラテ飼育格闘日記(602)

この日記が公開される翌日の10日はラテ12歳の誕生日である。無論野良だったわけで正確な誕生日は知る由もないが、2006年9月に茨城県で保護されたときの医者の言で生後3か月と推定され、それから3か月経った同年12月10日に我が家に迎えた。その為、誕生月は6月、誕生日は10日と決めた。


ワンコを飼いたいと一念発起したオトーサンたちはワンコの里親を探すウェブサイトで知り合った方から是非直接ワンコと会って相性を確認すべきと言うアドバイスに従い、横浜にあるとある動物病院へ向かった。2006年11月のことだった。

Latte602_01.jpg

※ラテは12歳になります!


そこでは定期的に里親会が開催されていたようだが、そのときにも十数匹のワンコがいた。しかしワンコよりはるかに多い参加者(人間)に圧倒された。

それまでワンコを飼ったことがないオトーサンとしては予備知識がほとんどなかったことでもあり、具体的にこうしたワンコが欲しいといった希望もなかった。
どこか「ワンコなんてどれも同じだろう」といった思いを持っていたように思う。だから外見が気になってキャバリエがいいかな…程度の気持ちだった。

Latte602_02.jpg
※ワンコの里親会で女房とツーショット。ラテは生後推定5ヶ月だった


しかしそうした里親会といった場所に参加したのは初めてだったこともあり要領が悪かったのかオトーサンがいいなあと思うワンコはあっというまに里親の申込みが殺到した。
そんな中に割り込んでは申し訳がないし別のワンコを探そうと漠然と思っていたとき、係の方から「済みませんがこの子のリードを持っていてくれませんか」と頼まれたワンコがラテ(仮の名が付いていたが)だったのだ。

Latte602_03.jpg

※2006年12月10日、我が家の家族となった夜に撮影。いまと顔が全然違う


名も知らぬ見るからに雑種のワンコはなかなか里親希望も出ずに取り残されていったが、オトーサンたちもワンコが決まらず取り残されていった(笑)。
その間の約2時間ほど、5か月だというそのワンコはメチャフレンドリーだった。
頼みもしないのにオトーサンたちの顔を舐め、オトーサンのキャップで遊んで唾液まみれにしたがお腹を触っても耳や尻尾を持っても怒る様子はなく吠えもしなかった。またリードを引き他のワンコと走り回ろうということもなく大人しくオトーサンたちの脇に座り続けた。

Latte602_04.jpg

※2007年2月撮影。動物病院の医者から少し太らせてくださいと言われるほど細かった


結局オトーサンたちはこの頭が大きく両耳が垂れ、茶色と黒い毛に覆われ、目が少々腫れぼったく見えるワンコを翌月に向かえることになった。
一番の決め手はその子が雌であったことだ。
そして両前足がまるで珈琲にミルクを垂らしたような白い斑があるのでカフェラテを連想し名前を「ラテ」とした。

Latte602_05.jpg

※後から分かったが、同じ動物病院の里親会で半年ほど前に飼い犬となったという雑種のマキちゃん(牡)が大好きでラテは終始付きまとっていた。マキちゃん元気だろうか?


ラテを飼うためオトーサンたちは埼玉県の川口から多摩に移転することにしたのだ。そして引越の片付けもほとんど出来ていない2006年12月10日、ラテは我が家族となった。
それからあっというまに11年と6か月が過ぎ去ろうとしている。
ワンコの12歳といえば立派な?老犬だというからオトーサンの実年齢と同じくらいなのだろうか。
であるならお互い無理をせず、労りながら毎日を楽しく過ごせるようこれからも努力しようと誓ったオトーサンであった。




ラテ飼育格闘日記(601)

オトーサンは日々ラテと一緒に寝起きしつつ、散歩に連れ出し、朝晩の御飯を作る担当である。散歩から戻った際、女房がいる場合はやってもらうときもあるが、四つ脚を洗い体を綺麗にするのもオトーサンの役割だ。そうした日常でオトーサンはラテの健康管理も兼ねてよく観察しているつもりである。


四つ脚を洗う際に肉球の硬さや、痛いところがあるかどうか。どこかにでき物でもできていないか、毛並みに異常はないか、耳や口が臭くないか、目脂を取るのは勿論目は赤くないかなどなどだ。
体を綺麗にしながらそれこそお腹から股の間や尻尾に至るまで要は両手で触っている。これは我が家に来た幼犬時代から続けていることで女房には「セクハラオヤジだ」と笑われたこともあるが、おかげで人がどこを触ろうとそれが見ず知らずの大人でない限り怒ったりはしないワンコになった。

Latte601_01.jpg

※機嫌が良いときの表情は実に可愛い(笑)


そうした毎日でラテの健康面だけでなく行動や反応の仕方なども分かったと思っている。言葉を話せない分、声の出し方やボディランゲージも少しずつ理解できたと思っている。
とにかく我々人間がワンコの仕草を見て、明らかにその心情がわかる場合も多い。嬉しいときには笑顔だし機嫌の悪いときにはブスッとしている。

Latte601_02.jpg

※通学途中の子供たち4人に囲まれご満悦


遊びたいというポーズやオトーサンの前で身を捩る動作の意味もその場のシチュエーションから考えて自然な行為だと思うが反面改めて知らないと分からない行動もある。
例えば人の顔を舐めれば「好きです」の現れであることは間違いないしお腹を見せるのは「甘えたい」証しだし、ラテの場合オトーサンに抱っこを要求するときは何かが原因で「怖い」からだということも分かっている。
反面お尻を向ける行為は知らなければ分からない行為のひとつかも知れない。

顔を突き合わせて…は分かりやすいが人に近づきいきなりお尻を向けたり腰を押しつけてくることがあるが、これは「信頼」を示しているといえる行為だ。
要はお尻、後ろを向けては防御ができないから本当に信頼している相手にしかやらない行為なのだ。

Latte601_03.jpg

※お尻を向け、押しつけるのは信頼の証し


そうしたことを文献やらだけでなく実際にひとつひとつ自分のこととして体験して覚えてきた11年間だったが、6月10日はラテ12歳の誕生日となる。

しかしよくよく考えてみるとラテを観察して行動パターンを知ろうとしてきたのはオトーサンたちだけでなくラテも同様である。というより、もしかしたら我々がラテを観察するよりラテはオトーサンたちの行動バターンをより熟知しているようにも思える。

Latte601_04.jpg

※公園で子供たちがラテの真似して四つん這いに(笑)


例えばである…。狭い家だとは言えラテがよく過ごす部屋はリビングを挟んで玄関側にあるが、リビングのこちらはオトーサンの仕事部屋と和室がある。
オトーサンは体調がよくないとき無理をして起きている必要はないので軽く昼寝をしようかとジーンズのポケットに入れたキーホルダーを取り出しテーブルに置く。またシャツの胸ポケットにある財布を取り出してこれまたテーブルに、さらに眼鏡を外してさて和室に敷いた蒲団へという段になると向こうの部屋からラテがいそいそと出てきて和室に入り、自分のポジションに横になるのだ。

Latte601_05.jpg

※久しぶりにオトーサンと軽く走る


普段何ごともなければオトーサンの所に愛想を見せに来ることもないラテが、いざオトーサンが昼寝をしようとするとお互い姿を見えない場所にいるにも関わらず、それと察してやっくるのだから凄いと思う。
最初は偶然かと思ったが、キーホルダーや眼鏡をテーブルに置く音を主としてこれまでのパターンから「オトーサンは寝るのだな」であれば「あたしも」と判断しているに違いない。
こちらが観察しているつもりでいるものの、より深くオトーサンの方が観察されているように思える。





ラテ飼育格闘日記(600)

相変わらずのグダグダ散歩が続いているものの、なんとかラテの健康を損なわないように続けなければならない。オトーサンが今日は少し遠出してあげようかと思っても途中でUターンし、自宅近くで腹ばいになって散歩が進まないという日々が続く。


ともかくただただ歩くというのでは面白くないらしい。したがってオトーサンはウィークディで時間的な都合が許せば小学生たちの通学時間帯に合わせて朝は家を出るようにしている。
そうであれば知り合いの子供たち数人に会えるからだ。子供たちに「ラテちゃ~ん」と声を掛けられ、頭を撫でられたりすればその表情が生き生きとしてくるのだから現金なものだ。

Latte600_01.jpg

※今日も一日、機嫌良く過ごしたいものですが…


先日、近所に住む柴犬とその飼い主さん(奥さん)に出会った。そのワンコはラテにとって数少ない好意を見せ合うワンコなので安心して鼻ツンをさせることができる。
その奥さんは本当にワンコ好きの方なのだとお見受けするが、それを本能で察するのかラテはすでに5年ほど前に初めてお会いしたときにも珍しく吠えずに大人しく近づいた。またそのワンコも非常に大人しくフレンドリーなワンコだからかラテも吠えなかった。

Latte600_04.jpg

※ご近所の柴犬と飼い主さんにはフレンドリーなラテ


その日も腰を落として下さった奥さんの膝にラテは両前足を駆けて口元を舐めにいった。大人が苦手なラテとしてはそうした行為を向ける数少ない方のうちのお一人である。
今更ではあるがラテはかなり臆病なワンコなのかも知れない。
幸いに雷や消防車の音などなどでパニックになることはないが、ワンコはもとより見知らぬ大人に対しては慎重にも慎重といった感じだ。

Latte600_02.jpg

※さあ、これから散歩に出発だ!


音で一番嫌いなのは流しなどで大量の水を一度に流すとときにゴボゴボと音がしたりマンションが古いからか上階で一斉に排水すると(想像)これまた特別な音がするときがあるが、そのときにはオトーサンが座っている椅子や膝に前脚をかけ哀願するようなポーズをする。
尻尾が下がり場合によっては少し震えていたりしてそんなときにオヤツを差し出しても食べない。

散歩途中で嫌なのは蚊やアブに付きまとわれること。この場合は大概後ろ足立ちして両前足を立っているオトーサンに預ける姿勢を取るが、これは「抱っこ」の要求なのだ。

Latte600_05.jpg

※久しぶりに抱っこの要求が


普段砂場などで「ラテちゃんの抱っこ姿可愛いですね。やってみてくれませんか」とリクエストがあったとしてもラテは容易に協力はしてくれない。オトーサンが両手を差し出すと逃げるのだから(笑)。
そんなラテが怯えた顔して抱っこを要求するのを拒むオトーサンではない。ホイホイ待ってましたとばかり20Kg弱もあるラテを抱き上げると慣れたもので両手をオトーサンの両肩に置いて抱きついてくる。
すぐに降ろそうとすると肩に置かれた前足の爪が伸びて食い込み「もっと抱いていて」と意思表示する。

Latte600_03.jpg

※子供たちに囲まれてご機嫌


ラテを抱き上げているとき、ラテがどのような表情をしているかは残念ながらオトーサン自身には分からないがたまたま女房が一緒のときやその時の姿をスマホで撮ってくれる方がいるので後で知ることが出来るわけだが、概してご機嫌な顔をしている。
普段はオトーサンに好んでは近づいて来ないし、口元を舐めに来ることなどないラテだが、怖いときにはやはり頼りにしてくれるのかと思うと足腰は辛いけどラテを抱いているオトーサンの口元は少し緩むのでありました(笑)。



ラテ飼育格闘日記(599)

気温差が激しい。冬に逆戻りかと思えば熱中症患者がでたりする日もある。ラテも文句こそ言わないが気温には敏感だけにオトーサンも気を付けてあげなければならない。すでにラテのために冷房を入れる日も出てきている。


ものの本よれば毎回ワンコとの散歩は30分程度は必要とある。オトーサンもラテが幼犬時代には天気が悪い日は別にして30分で戻ったことなどほとんどなかった。
1時間とか1時間半は毎回歩いていたからだ。その上、馴染みの公園に行けば多いときには十数匹もの知り合いワンコと顔を合わせることになったり、小学生女子らが勇んで遊んでくれるものだからリードを持っているオトーサンもマジで駆けずり回っていたものだ。

Latte599_01.jpg

※石畳の上でご機嫌


それに比べれば最近の散歩は随分と楽だ。いや、楽なはずだが忘れてはならないのがオトーサンもこの10年で体力がかなり落ちていることだ(笑)。
到底あの頃のように子供たちと全速力で走り回ることは無理だし、ラテも瞬発力はまだあるにしても持久力は衰えている。
そもそもこれからの時期は歩かなくなるので冬場の散歩とは違うことを承知の上で出かけなければならないが、距離を歩くのも辛いが同じ場所で腹ばいになって動かなくなるのもオトーサンにとっては辛い。

Latte599_03.jpg

※絶対動かないわよ !


とにかくラテは気分屋というか喜怒哀楽が激しいように思うので、楽しい嬉しいと思えば表情に現れるし動きも活発になる。まあまあ大げさといってもよいほどだ。
なにしろ散歩に出てオトーサンとラテは公園に、女房は近所のコンビニで買い物してから合流するからといって出かけたとする。そして10分とか15分後に女房の姿を認めるとそれまでグータラだったラテが俄然女房に向かって走り出すのだ。

Latte599_04.jpg

※10分前に別れたばかりなのに喜び勇んで女房に駆け寄る


そして声を上げ顔を舐めたりする。なにしろものの10分程前に別れたばかりだというのにその大げさなこと…。しか女房にとっては嬉しい対応に違いないが相変わらずオトーサンには無愛想だ(笑)。
相手によって態度をコロリと変える様は見事というしかない。
実は先日、いつも公園でラテを可愛がってくれる小学生Aちゃんが遊びに来てくれた。名目は3Dプリンターを使ってみたいということだったが、一時期ラテが喜びまとわりつくのでなかなかミッションが遂行できなかったほど…。

Latte599_02.jpg

※遊びに来てくれたAちゃんから離れないラテ(笑)


そうした好きな相手(人間)には敏感に反応するが、反面嫌いなというか警戒もまた敏感だ。
散歩途中で「あら、いい子ねぇ」などと声を掛けてくれる見知らぬ人には必ず吠え掛かる。視線を合わしただけでも吠える。ただし子供の場合は別だが…。
この場合の吠えるという行為は怒ったり威嚇したりというのではなく「あんた誰よ?」と言っているような気がする。要は怖がりというか人見知りなのかも(笑)。しかし吠えられた方は決して気持ちが良くないに違いない。

Latte599_06.jpg

※ファミリーのご主人には勇んでご機嫌伺い(笑)


我々人間は危険だとか嫌な相手といった場合は近づかず無視するという選択肢があるが、ラテもそうであればよいものの実際は不審な相手(あくまでラテがそう思う)といった人には向かって声高らかに吠え掛かるので飼い主のオトーサンの立場を悪くする(笑)。
嫌な相手、近づきたくない相手なら避ければよいと思うが、歩道の真ん中でスマホを操作して固まっている人、暗い場所で電話をしている人、申し訳ないが凄く太っている人、大荷物を持っている人、杖や棒きれを持っている人、腰の曲がったお年寄り、本当に見るからに怪しい人(笑)等などが近づくと吠えるのだ。

Latte599_05.jpg

※ファミリーのオカーサンには首を捻って口元を舐めに行く


したがっていまではこちらに歩いてくる人でラテが吠えるであろう人物はあらかじめ分かるようになっているからオトーサンはそうした人が近づくとラテをオトーサンの反対側に寄せてリードを短くし、場合によってはその場に立ち尽くして過ぎ去るのを待つ。
しかしせっかくオトーサンが配慮してラテを固定しているのに近づいたお婆さんは「あら、どうしたの?」と声を掛けてくれる。無論ラテは勇んで吠えだし、お婆さんは「あら御免ね」と言って去って行く。
中には「わたしゃ犬好きで吠えられたことはないんだけどね」と嫌みを言われる場合もある。オトーサンはただただ「済みません」と謝るしかない。
これからは歩くより歩道などでも腹ばいになっていることが多くなる季節だからして様々な人が声をかけてくれる機会が増えるのだ。
オトーサンの憂鬱はしばらく続く…。



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から八巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員