ラテ飼育格闘日記(573)

オトーサンは不調、だけどラテは元気というアンバランスなコンビの散歩が続いているが、こればかりは双方妥協点を見いださなければ不満だらけとなってしまう。オトーサンの不調は右膝なので本来なら歩きたくないし歩くのがとても辛い訳だが、我が娘はまったく忖度してくれない。


この11月12日でラテに出会ってから丸11年となった。当時5ヶ月の幼犬だったがよくもまあ、ワンコを飼うのが初めてのヘナチョコ飼い主の元で元気に育ってくれたものだと思う。
大げさな物言いだが、ラテとの11年間を振り返って見ると “歴史の生まれ方” といった妙の一端が分かるような気がしている。

Latte573_01.jpg

※気温が下がり、ラテは益々元気


ラテを我が家に迎えたとき、一年後はおろか10年後にどうなるのかなんて夢にも分からなかった。ただただその日その時を一生懸命に過ごしていたというのが正直なところだ。
餌を食べない、お腹を壊した、咳き込む、甘噛み、拾い食い、アトピーなどなど、心配し時には寝られないときもあったが、その時その時に精一杯のことをしてきたつもりだ。しかしそれが後々になって良い結果に結び付くことを願ってはいたものの無論それは単なる希望・願いでしかなかった。

それが11年過ぎてその年月を振り返り俯瞰してみると自分がやってきた事、対処の是非が面白いように分かる。嗚呼これが歴史から学ぶということなのかも知れないなとつくづく思った。
後にならないと、過ぎてみなければ分からないことが多々あるのだ。それだからこそ日々を疎かにしてはならないのだとオトーサンはあらためて自分を鼓舞している…。

Latte573_03.jpg

※小学生に顔を両手で挟まれて「変な顔」と言われる(笑い)


ところでそのラテ、いま11歳であり来年6月には12歳になる。
たまたま散歩で出会うお仲間のワンコたちの話しを見聞きすると犬種にもよるだろうが目が見えなくなり次に耳も聞こえなくなったというワンコもいる。
見かけ上は分からないものの、飼い主さんがそう言われるのだからそうなのだろうが、ではラテは大丈夫なのかとオトーサンは心配になった。

Latte573_02.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンと追いかけごっこでハッスルする!


しかしいまのところ嗅覚は勿論、視力、聴覚に問題はないようである。
よく知られているようにワンコにとって一番優れている感覚は嗅覚だ。しかし日々ラテの行動を観察していると幸いなことにその視力も問題がないことがわかる。
ひとつは室内で行うボール遊びだが、オトーサンが放り投げるボールを飛び上がって口でキャッチする、あるいは壁に勢いよく投げたボールが跳ね返ってくるのを前足で上手にブロックするのを見ていると動体視力は優れていることがわかる。
また散歩中、信号の向こう側にいる動物病院の院長の姿を認めて吠え出すことも視力の確かさを物語っているに違いない。

では聴覚はどうか。なにしろ普段「ラテ」とオトーサンが呼んでも振り向きもしないことがあるラテだから、当初は聴力に障害が生じたのかと思ったこともあった。しかしラテの聴覚が確かなことはとあることで証明されている。

Latte573_04.jpg

※声をかけたくれた女子の袖をペロリと…


例えばラテの夕食をオトーサンが準備するときのことをご紹介してみよう…。
まずはドッグフードのグラム数を量り、それを容器に入れるがそのとき少量の牛肉缶詰(犬用)を混ぜてあげる。時に少しのチーズをまぶしたりということもあるが、別途小さな容器にスプーン一杯ほどブレーンヨーグルトを用意する。
用意ができたらラテが食事をする場所、すなわち和室に常時セットしてある水を新鮮な水に取り替え、そしてフードとヨーグルトの容器をその場所に置いてラテを呼ぶという手順である。

このときラテはキッチンを挟み、和室とは対極の女房の部屋で寝ていることが多いが不思議に「さて、ラテを呼ぼうか」と思った瞬間、向こうの部屋からのそのそと姿を現すのだ。

Latte573_05.jpg

※もみくちゃにされるラテ(笑)。尻尾を引っ張られても怒りません


なぜラテはオトーサンが食事の準備が完了したと分かるのだろうか。
ワンコ得意の嗅覚だろうか。いや嗅覚ならそれ以前にドッグフードを量り、牛肉の缶詰を用意する時点で知るはずだ。我が娘は確実にオトーサンが夕食を作っていることを察知しながら、準備ができるまで待っているに違いない。
ラテの判断材料データは嗅覚もあるだろうがタイミング良く現れるためには音、聴覚をフル活用しているのだ。
「食事を作っている」「牛肉の臭いもする」そして決定的なのは「飲み水の用意」だ。
冷蔵庫で冷やしてあるペットボトルの水を容器に注ぐ音に違いない。
一連の臭い、手順で生じる様々な音があって最終的に水とその容器のノイズなどが聞こえたときに出て行くと一番タイミングがよいことを学んだのだ。
ということでラテの聴覚もいまのところ問題がないとオトーサンは喜んでいる。




ラテ飼育格闘日記(572)

やっと天気の日が続くようになった。ラテは意欲満々で、もしリードが切れるようなことになれば戻ってこないのではないかと思うほど外が好きだし帰りたくないと駄々をこねる。しかしオトーサンの右足の膝関節は相変わらずのガタガタで泣きっ面である。


天気がよければ時間帯や曜日によるものの、朝は通学時の小学生たちに会えるし、夕方は馴染みの公園に出向けば知り合いのファミリーや子供たちに会える機会が多くなる。
そういえばこの地域に引っ越ししてから4年が過ぎた。したがって引っ越し時に幼稚園の年長組の子供は小学3年生とかになっているし出会った時は小学2年生の子供は当然のことながら6年生になっている。

Latte572_01.jpg

※気温が下がってきたので動きは活発になってきた


この4年という期間は短いようで長く、その間にありがたいことだが多くの子供たちと知り合ってきた。ほとんどの子供たちに関して名前は勿論住居がどこかも知らないが、皆この近隣に住む子供たちには間違いが無い。
最初から積極的にラテに近づく子供もいれば、怖いのか、あるいは飼い主が得体の知れないジイサンだからか、最初は遠回しに見ていて日数を経て少しずつ手を出してくる子もいる。

Latte572_05.jpg

※朝の通学時、小学生女子4人にモミクチャにされるラテ


子供たちは下は幼児から上は中学生くらいまでが多く、それもそのほとんどは女の子だ。
別にオトーサンが男子を遠ざけているわけではない(笑)。しかしやはり母性と関係するのだろうか女子95%で男子が5%ほどという大きな差がある。
幼児は母親と一緒に近づき「触らせてください」「触ってもよろしいですか」と母親が声をかけて下さるのがほとんどだが、いきなりヨチヨチと近づきバシッと背中を叩くチャレンジャーもいるのでオトーサンとしては油断がならない。

とはいえこの11年間、ラテが子供に歯を向いたことは一度もないので基本的には安心しているものの、相手次第ということもあろうし虫の居所が悪いこともあるだろうから気は抜けない。
それでも尻尾を掴まれ、耳を引っ張ぱられ、時に抱きつかれてもラテは大人しい。しかし観察していると幼児たちに囲まれている場合にはラテなりに我慢・緊張しているのか次第に尻尾が下がってくる。

ラテが一番喜ぶのは小学生から中学生あたりまでの女子だ。例外として一人中学生の男子と出会うと喜んで飛びつくが後はほとんど笑顔で尻尾を振るのは女子たちに対してだ。
ラテは不思議に初対面の子供にもフレンドリーだが、当然数年の間、可愛がってくれている子供や大人たちには最大の敬意を示し、出会うと呼び声なのだろうか歓喜の声なのか「ウォオオオン」と雄叫びを上げて近づこうとする。
そんなわけだからラテと歩いていると時々反対側の歩道から、マンションの窓から、走り去る車の中から「ラテ!」と声がかかる。まことに幸せなワンコである。

Latte572_02.jpg

※大好きな女子が向かえてくれたのでラテは歓喜の声を上げる


先日オトーサンにとっても飼い主冥利に尽きる出来事があった。
小学6年生女子の二人組と出会った時に駆けてきてくれて何と二人からそれぞれメッセージカードを渡されたのだ。
この4年間、散歩の途中で出会うとラテを撫でてくれたり手を振ってくれる女子たちだが、飼い主のオトーサンと少ない言葉を交わすようになったのはここ1年ほどであり無論名前もお互いに知らない間柄である。

Latte572_03.jpg

Latte572_04.jpg

※小学6年生女子2人がオトーサンたちを見つけて駆けてきてくれ、そしてメッセージカードを渡してくれた !


実は9月末日に近隣の小学校で運動会があり、ラテを可愛がってくださるファミリーのお母さんからご招待をいただいたので外孫(笑)の活躍を写真に納めようといそいそと出かけたのだった。
そのときデジタルカメラのビデオ機能で撮影した映像が多かったが、後でファミリーのお母さんにお渡ししようと編集をしていたとき、意図してはいなかったものの騎馬戦のシーンに見知っている6年生の女子二人が写っていたのだった。

ピントも合っていたので動画の一フレームをプリントし、記念だからと二人に渡そうと考えた。とはいえ別に隠し撮りしたわけではないものの、本人たちが意図したものではない写真など渡されても喜ぶどころか気味悪く思われるかな…とも考えたがこれまでの女子たちの笑顔を思い出して出会う機会があれば渡してみようと散歩用のバッグに入れて持ち歩いていたのだった。
結局会えたのはそれから1ヶ月ほども経ってからだったが嬉しいことに喜んでくれた。

Latte572_06.jpg

※久しぶりの抱っこ


メッセージカードはどうやらそのお礼ということらしいが普段あまり積極的に話をしない女子の方が文章が長く最後に名前も記してあった。
封筒の表には「ラテLOVE♡」裏には「ラテの飼い主さんへ」とある。そして文の中身は運動会の写真の礼と6年生だから最後の思い出深い運動会の記念になってとても嬉しいといった言葉が綴られていた。そして「いつもラテをさわらせてくれてありがとうございます」とも書かれていた。
この二つのメッセージカードにオトーサンはうるっとしたのは勿論だが、知らぬ者同士、それも子供たちとの刹那の付き合い方が間違っていなかったことを思い知って嬉しかった。




ラテ飼育格闘日記(571)

何だか秋はスルーで冬が来た感じになってしまったが、気温が低く天気が良ければラテはよく歩く。しかしこの10日ほど、オトーサンの右膝関節が最悪の状態で医者から貰った湿布薬もいままでのようには効かないし、サポーターをやっても楽にならないので困っている。


しかしそんなことなどお構いなしのラテはやっと散歩から戻ってきたとホッとしているオトーサンの思惑を見事に外し、マンションのエントランス前をスルーしてもっと歩きたいとごねる。
リードを強く引き、何とか家に戻ってラテの四つ脚や体を綺麗にするが、この娘はまったくオトーサンに対して愛想がない(笑)。

Latte571_01.jpg

※意欲満々の顔


幼犬時代からだから、今始まったことではないものの、散歩中に可愛がってくださる大人や子供たちには満面の笑顔をまき散らして口元や顔を舐めにいくラテなのに、オトーサンに対してはブスッとした顔でチューもしてくれない。
そりゃあ確かに「脚を舐めるな」「こらっ」「そっちはだめ」などと禁止や文句ばかり言っている感のあるオトーサンだが、これすべて愛情の成せるわざだということが、我が娘には分かるはずもなくコンビニから戻って玄関を開けても、頭はおろか尻尾も動かさずに無関心だ。

Latte571_04.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンとポッキーの柄の部分を食べ合う(笑)


そんなラテが1日に一二度、オトーサンに向かって笑顔で哀願して求めることがある。いや食事とかお八つを欲しいと言うことではない。
夕食が済み、余裕が生まれるからか、そうした時間帯になると私が iMacに向かっている仕事部屋にやってくる。
やってくる…といっても解放しているわけで、この時間に限らずいつでも出入りできるのだが、そのときの対応は特別なのだ。

Latte571_02.jpg

※子供たちには至極愛想が良い


まずは甘え声で吠える。実に執拗に五月蠅く吠える(笑)。
吠え声でオトーサンが椅子に座ったまま振り向くと、そこには目をキラキラと輝かせ、口を開けてハアハアしているメチャ可愛い顔があるのだ。
とはいってもオトーサンにも都合というものがある。無視して再び iMacに向かうとラテの呼びかけは一段と五月蠅くなるし10分や15分は続く…。さすがに近所迷惑だからとオトーサンが腰を上げるとあれほどブスッとしていたラテが飛び上がって喜んでいる。

実はボール遊びしようという誘いなのだ。オトーサンが数個の小さなオヤツを持ち、ゴム製のボールを持って和室に入るとラテの期待は最高潮だ。
オトーサンがボールを壁に当てたり、放り投げたりするのをラテが追いかけ、時にダイレクトキャッチして…という遊びで、旨くやるとオヤツをひとつ貰えるというルールなのだが、どういうわけかラテはこの遊びがお気に入りなのだ。

Latte571_05.jpg

※ラテとのボール遊び。「ナイスキャッチ!」


オトーサンが痛む膝を抱えながら5分とか10分程度遊んでやると気が済むのか、その後ラテは大人しく横になる…。
まあ日中自宅にいる時にはほとんど刺激が無く、静かに寝ているのだからこの時くらいは遊んであげたいとも思うが、普段の態度が態度だからオトーサンも複雑な心境なのである。

刺激といえば先日、10月31日の夕刻「ピンポ〜ン」とチャイムが鳴った。
インターホンで確認後玄関のドアを開けると可愛らしい訪問客二人が「トリックオアトリート(Trick or Treat)」と言いながら立っている。仮装して(笑)。
その日はハロウインの日なのだった。
実は前日に公園でラテを可愛がってくれるファミリーの小学生女子から「ねぇねぇ、明日にトリックオアトリートしに行ってもいい?」と言われた。

「な、なに?そのトリックオアトリートってのは」
そうしたイベントに縁のないオトーサンは思わず聞き返したが「ハロウィンで玄関のチャイムをピンポ〜ンするやつなの」と教えてくれた。
そう言われればオトーサンだって何のことかは理解できた。
「おお、それは嬉しいな。待ってるよ」
というわけで可愛い二人が我が家の玄関に立ったというわけ。実は隠れてオカーサンが付き添いで来られていたのだが(笑)。

Latte571_06.jpg

※「Trick or Treat !」「Happy Halloween !」。可愛い訪問者たち


オトーサンは「Happy Halloween !」と答えて用意しておいたささやかなお菓子を二人に渡したわけだが、子供たちのオカーサンが気を遣ってくださり手製のクッキーや具沢山のスープを持ってきてくださった。

しかしTrick or Treat に来るのにお土産を持ってきてくれる例などないだろうが(笑)オトーサンはその何とも愛らしい二人を写真に納め、そして夕飯は具沢山スープに合うようにとパン食にして女房と美味しくいただいた。
ラテも突然、大好きな子供たちが玄関に現れたのであたふたしていたが、その日…我が家は生涯初のハロウィン・イベントとなったのであった。



ラテ飼育格闘日記(570)

秋雨前線の活発化の上に台風まで直撃する…。ラテとの散歩に苦慮する日々が続いていた。雨だからとレインコートを着せて出かけるが、ラテは外にいたいが雨は嫌だからと迷いが見えてそれが大きな原因なのか歩きが非常に遅いので困っている。


せっかく表に出たのだからいつもの場所の臭いも嗅ぎたいし…という気持ちもある反面、早く戻りたいという気持ちもあるようで、その二つがラテの心の中で格闘しているといったらよいのか歩き方ひとつをとってもはっきりしない。
いうまでもなく雨の日は排泄が終われば帰るのがこれまでも普通だった。問題はその帰り方だ。

Latte570_01.jpg

※まったくもって我が儘なワンコだ


少しでも手際よく戻れればそれだけ濡れることも少なくて済む理屈だが、我が娘にその理屈は通用しない。どうやらこのまま外にいたいという気持ちと雨は嫌だという思いが交錯してどうしたらよいかが分からなくなっているようにも思える。だからだろう、うろちょろしたり、Uターンしたりが多くなり歩みがメチャ遅いのだ。
したがってオトーサンから言わせれば、濡れなくて良い濡れ方をしてしまう結果となる。

Latte570_02.jpg

※どこにでも、時に横断歩道にまで腹ばいになってしまう ^^;


ラテが雨は嫌いだとしても後始末を自分でやるわけではない。自宅に戻り、びしょ濡れの体を綺麗にしてドライヤーで乾かし、丁寧にブラッシングして仕上げるのはオトーサンたちの役目だ。ラテは床に座り込むか腹ばいになっていれば綺麗になるのだから気楽なものである。
結局ラテが濡れればそれだけ一緒に歩くオトーサンも濡れるわけだが、自宅に戻りオトーサンの始末をする前にラテを綺麗にしなければならないとほとんどそのままでラテの拭き掃除を始めるわけだから、オトーサン自身は濡れたままだ。

Latte570_03.jpg

※ずぶ濡れでご帰還


そんな状況なのに、腹ばいのラテに「タッチして」とお腹を持ち上げようとすると「ウッ」と文句を言う。思わず平手打ちでもしたくなるがオトーサンはグッと我慢をして怒鳴るだけにする。
これまで数回か、手加減しながらも平手打ちをしたことがあるが、後味の悪さがずっと残り落ち込むのはオトーサンの方だからだ(笑)。
しかし飼い犬に本気で腹を立てている飼い主というのも褒められたものではないが、それだけ我が娘はしたたかで強情、分かっていながら反抗しているといった風に思えるので余計に腹が立つのだ。

Latte570_04.jpg

※子供たちにモミクチャ


台風はともかく、雨の日にも雨雲の動きを読みながら、少しでも傘をささないでよい時間帯を見つけては散歩に出るよう努力している。
それでもブスッとした表情で歩いているラテが、可愛がってくださるファミリーのオカーサンや女子の姿を見つけると俄然態度を変え「ウォーン」と声を上げて小走りに近づき、顔中を舐め回す。
その表情はさきほどの不機嫌な顔のワンコとは別人…いや、別犬のようだ。

Latte570_06.jpg

※ファミリーのオカーサンを見つけると長い舌でご挨拶(笑)


10月23日の朝、少し遅めの時間に散歩をしたが台風一過で久しぶりにレインコートいらずのラテは気分がよいのかオトーサンをぐいぐいと引いて歩く。
現金なものだ。
そりゃあオトーサンだって雨の日の散歩は大変である。特に夕方の散歩は日の入りも早く、時に傘を差しながら懐中電灯を持つと同時にリードを引かなければならない。
やはり散歩は天気の良い日がいいよね! ラテ!



ラテ飼育格闘日記(569)

秋らしい季節になったと思ったら雨の日が続き、ラテはストレスを溜めているように思える。しかしこればかりはオトーサンの工夫や努力で何とかできるものではないから甘んじて受けるしかない。とにかく雨の日は人ともワンコとも会えないから機嫌が悪いのだ。


先週のミッションとしては年1度の予防接種である5種混合ワクチンの注射をやってきた。
この5種混合ワクチンは、犬ジステンバー、犬アデノウィルス(2型)感染症、犬伝染性肝炎、犬パラインフルエンザそして犬パルボウイルス感染症を予防する注射だという。

Latte569_01.jpg

※ラテは雨続きで機嫌が悪い


行きつけの動物病院では、強い薬でもあるので午前中に来院するようにとのアドバイスをもらった。場合によっては体調不良などを起こす可能性もありうるので、診療が終わってしまった後だと緊急時に対処できないからだという。
とはいえラテを飼い始めてから毎年欠かさず接種してきたので要領は分かっているが、激しい運動やシャンプー、入浴は避けなければならない。

Latte569_06.jpg

※予防接種証明書


診療台の上に乗せるのに少し抵抗したが、腰に注射をされたものの何ごともなかったように大人しくしているのは見事である。
天気は雨、なかなか散歩もままならないが、念のため一日二日は安静にして様子を見ていなければならない。まあまあ天気が悪いから動き回れないし丁度いいのかも (笑)。

Latte569_02.jpg

※ラテの待ち姿はどこか哀愁が漂う(笑)


ということで朝夕の散歩も数分で戻り後はずっと室内で寝ている。
そろそろ寒くなってきたしラテ用の寝具をいつもの場所に常設しているのに、天の邪鬼の娘は相変わらずフローリングの堅いところで横になっているが、体が痛くならないのかと思ってしまうオトーサンだ。

Latte569_03.jpg

※大好きな女子がラテを見つけて駆け寄ってくれる。ラテは幸せなワンコだ


では何の問題もなく大人しく寝ているかといえば残念ながらそうではない。
アトピーの症状が出ているのか、ここのところ肉球を舐め・噛む仕草が増えているのが心配である。舐めるのはともかく激しく噛み続ければ必ず傷が付き出血までに至る。そうなれば余計に気になるから続けて舐め・噛むという悪循環に陥る。
それを避けるのは噛み始めたら止めることだ。しかしこれがなかなか難しい。

肉球を噛む姿勢はほとんど伏せて行う。そして当然のことながら足を固定し前歯でガシガシと掻くように噛むわけで、そのときには少なからず音がする。
1番分かりやすいのは首輪に付けている鑑札と狂犬病予防注射接種の証明タグだ。これがフローリングの床に当たって音を立てる。そうするとオトーサンが止めに入るというわけ…。

Latte569_05.jpg

※子供とワンコが一緒のシーンは1枚の絵になる…


しかし敵も然る者、いや…ラテも親馬鹿だが頭の良いところを見せる。次第に音をさせないで肉球を噛むステルスモードを覚えたようなのだ。それでも動きは明白だ。激しく口を動かせば頭が動き気配が伝わる。

ラテなりに、オトーサンに制止されずに肉球を噛む方法はないかものかと考えたのだろうか、最近はカーテンの中に頭だけ入れ、そこでやるようになった。何だか知恵比べである(笑)。
痒いのであれば本音として止めるのは辛いものがあるが、例え憎まれ役だとしても大事に至らないようにするのもオトーサンの役目だと思い時に「ウウッ」と威嚇されながらも止めに入っている…。



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員