ラテ飼育格闘日記(634)

寒いけど朝夕の散歩は欠かせない。すれ違うワンコの中には服を着せられているにもかかわらず震えているワンコもいるが、ラテは寒さには強いようで霜の降りた路面にも平気で腹ばいになって「帰りたくない」と我が儘を言うくらいだ。しかし歩いているならまだしも劇寒の中立ちすくんでいるのは辛い…。


冬休みが終わったと思ったら世間様は三連休。オトーサンたちはそうしたことには関係ない毎日を過ごしているし問題は散歩に公園へ出ても子供たちの姿がないことだ。
お休みともなれば家族全体でどこかへ出かけることもあるだろうし、出かけなくても家族と過ごすことが多くなり必然的に外で遊ぶ時間が無くなるからだろうが、ラテは砂場に座り込んで待ちのポーズ。ラテは良いがオトーサンが凍えてしまう。

Latte634_01.jpg

※なにを注視しているのか、表情がキラキラしている


そういえば公園に子供の姿が少ないのは連休だけが原因ではないようで聞けば小学校でもインフルエンザが流行っているという。したがってこうした時期、学校はともかく人手の多い場所には好んで近づかない方が賢明だからかも知れない。
ともかくラテの思いも尊重し、5分とか10分はその場で自由にさせた後でオトーサンは強制的にリードを引いて歩き始める。

近隣は草木が多く、春には桜、秋には紅葉が楽しめる環境ではあるがこの時期は針葉樹などを覗けば木々はすっかり葉が落ち見るからに寒々しいだけでなく風景が地味だ(笑)。それでもふと振り返れば遠目だが富士山が美しく映える日もあれば枯れ木の間から朝日が昇る幻想的なシーンに出くわすこともあってオトーサンは小型のデジカメを手放せないほど楽しみだ。

Latte634_02.jpg

※天気が良ければ富士山もよく見える


しかし連れの我が娘はクンクンと地べたばかりに視線を向けて実に面白くないが、冷静に考えればラテはラテなりに嗅覚でその瞬間の世界を感じているに違いない。
だから闇雲に植え込みなどにマズルを近づけクンクンしているときにリードを引きたくはないが、植え込みの小さな葉ひとつひとつの臭いを丁寧に嗅がれてはいつ終わるか知れず気の短いオトーサンはついリードを引いてしまうのだ。

Latte634_04.jpg

※反抗的な表情(笑)


また本来、行き交う散歩中のワンコや飼い主さんたちと出会うのも楽しみのひとつであり、初対面の方たちでも連れのワンコをダシにして会話が進むこともある。特に最近この付近ではワンコを飼う方が多くなった。
ワンコ好きの一人としては嬉しい限りだが、ワンコ以前にリードを引く飼い主さんがフレンドリーで無く挨拶しても無視されたりすることもある。

Latte634_03.jpg

※大好きなオカーサンに出会うと声を上げながら顔を舐めに行く


それはともかく一番困るのがマナーを守らない飼い主が残念ながら結構いることだ。目立つのは糞の置き去りが多くなった…。
経験上大型犬の落とし物なのか小型犬なのかはほぼ分かるが、どう考えても糞をした際に飼い主が気がつかないシチュエーションではない場所に堂々とそのままにして立ち去る無神経さ、不道徳さだ。無論路面には時にコンビニの袋や弁当の食べ残しがそのまま捨てていく馬鹿者がいるが、ワンコの糞の置き去りはそれと同等…それ以上に迷惑な行為でありそんな人たちにワンコを飼う資格は無い。

Latte634_05.jpg

※一時、ラテと駆けずり回った…


ただし昨今はワンコのリードを引きながらスマホに夢中な人も見かける。これは危険なだけでなくそれこそ連れているワンコが後ろで糞をしても気がつかないかも知れない。いや、そもそもそんな散歩をする人は飼い犬のことも人への迷惑など顧みない人なのだろう。ワンコが気の毒だ。

それでなくともワンコを飼うと言うことは色々な面で周りに迷惑をかける可能性もあるわけで、糞の置き去りを堂々としたまま済ませてしまうような飼い主がワンコを幸せにすることなど出来るのだろうかとも心配してしまう。
一番の心配は「だから犬を飼うことは迷惑なんだ」という論議に発展することを危惧しているオトーサンなのだ。


ラテ飼育格闘日記(633)

寒い…。特に朝の散歩は寒い。ネックウォーマーにイヤーマフ、勿論手袋をしてという完全装備でオトーサンは出かけるがラテは素のままだ(笑)。本当にこれで寒くないのかと思うが、激寒の路面に腹ばいになったりするわけでやはり寒さには強いというか平気なようである。


オトーサンは厚手のダウンジャケットのポケットに充電式のポータブルあんかまで忍ばせて散歩に出かける。それでも自然に首が縮まるし肩が凝る。
特に朝の一歩は足が重いし膝や腰にも負担が強くかかっているように思え、これで小一時間も歩けるのかと自分でも思いながらスタートするが、可笑しなものでしばらく歩いていると寒さは変わらないが体が温まってくるのか膝や腰が楽になってくる。

Latte633_01.jpg

※ラテは寒さにメチャ強い


北国の方には笑われようが、それでもマイナス1℃前後の中を小一時間歩くのは実にしんどい…。第一こんな寒さの中を歩いて血圧にも悪影響がないのか…と思うしいつも言うけどワンコと一緒だからして何とか歩くものの、いくら健康に良いからと言われても一人では絶対に外に出ないに違いない。

Latte633_04.jpg

※マイナス1℃の朝にエンストのラテ(笑)


とはいえ、散歩のコースはいくつかの内からラテの好みも加味して選ぶが、ラテの表情や態度を眺めつつ歩くのはなかなかに楽しいのだ。
オトーサンの右に付いて歩くのが基本だが、オトーサンの右足の脹ら脛とか膝関節裏あたりをツンツンとマズルで突きながらの意思表示もラテとの会話だと思って楽しんでいる。

同じツンツンでも「なんだ、ラテ」とその顔を見るとなかなかに表情は変化に富む。
オヤツを欲しい、水を飲みたいなどがツンツンのやり方とその表情で分かるし、機嫌の良し悪しも知ることが出来る。
いつもはブスッとしていても振り返ると満面の笑顔でアイコンタントされるとセーブしようと思っているオヤツも差しだしてしまう。

Latte633_02.jpg

※満面の笑顔でアイコンタクト


また水を飲みたいということでもラテはその意思表示にいくつかのバリエーションがある。
ひとつは前記したようにオトーサンの足を突いて要求することだが、その他水が飲める場所や施設にリードを引き立ち止まることで「水が飲みたい」意志を伝える。
それは公園などに併設されている公共の水飲み場であり、もうひとつは自動販売機だ。親馬鹿だが凄いと思うのは何度かそこで水を飲んだことがあって学習したため、またその場所を通ったときに意思表示するというだけでなく初めての水飲み場、初めての自動販売機の前にオトーサンを引っ張っていくこともあることだ。

Latte633_03.jpg

※ラテ、焼き芋を貰う


水飲み場は想像するに水の臭いがするのかも知れないと思うが、自動販売機はどうなのだろうか…。やはり我々人間には分からないもののある種独特の臭気を持っているからかも知れないが、その行動を眺めているとビジュアルで「あれは水が飲める場所だ」と判断しているようにも思える。
例えば道路の左側を歩いているとき、百メートル近く先の右側に自動販売機があったとすると早々と右に寄って行くのだ…。

Latte633_05.jpg

※先日久しぶりにとある公園にある水飲み場へオトーサンを引いていった


ともあれ寒いにしろ熱いにしろ散歩そのものは義務になりやすいし正直そうそう面白いというか楽しい出会いや出来事などはある訳がなく普段は単調にこなさなくてはならない。しかし一緒に歩くラテと色々な意味でコミュニケーションを取りながら、気持ちを推し量りながら歩くのもなかなかに楽しいものだ。
まあ、ラテももう少し飼い主の言うことを聞き、オトーサンの気持ちを忖度してくれるとなお嬉しいのだが…。






ラテ飼育格闘日記(632)

新年明けましておめでとうございます。今年も「ラテ飼育格闘日記」をどうぞよろしくお願いいたします。ということで2019年、平成31年がスタート。といっても平成は4月までのようだけど…。ともあれお陰様でラテファミリーは無事新年を迎えることができました。


もともと無精なオトーサンだし、女房が土日や祭日に無関係な仕事をしている関係上、正月やらといった気分にはなれないのが普通だが、幸い今年は女房が大晦日と元旦の2日休日になったのでプチ正月気分を味わえたラテファミリーだった。

正月気分といえば暮れにラテを可愛がってくださるファミリーのオカーサンから黒豆・千枚漬け・なますをいただいたこともあって元旦の食卓は些か賑やかであった。

Latte632_01.jpg

※ あけおめ ことよろ😁


そればかりではない。元旦に近隣にある諏訪神社へご一緒に初詣することになった。
昨年は2日にファミリーとご一緒に初詣をしたのだがことしは元旦になっただけでなくファミリーのオカーサンの妹さんご夫婦と息子さんが正月休みを利用して遊びに来られているのでご一緒することになった。
賑やかなのは嬉しいものの心配なのはラテのことである。

Latte632_02.jpg

※意外なことにラテは吠えなかった😊


毎年近隣の初詣は歩いて行ける場所なのでラテも連れて行くことにしている。また神社の境内もワンコが入っても良いようなので気は楽なのだが、問題はラテにとって慣れていない大人がお二人一緒であることだ。
妹さんは昨年にほんの少しお会いしたことがあったがそのご主人は初対面だ。お子さんは初対面でもラテはフレンドリーなので問題はないはずだが一緒に歩くにしても吠え続けるようではいかにも迷惑をおかけする。

またそもそもいくらローカルな神社だといっても元旦の初詣は混み合うに違いないから人波の中でまたまた吠えたりするのは困る。
まあもしそうならオトーサンとラテだけでも離れて歩こうと決意して当日を迎えた。

Latte632_04.jpg

※大好きなAちゃんに抱きしめてもらってご満悦


元旦当日待ち合わせの場所にオトーサンと女房そしてラテでお待ちしていると交差点向こうにファミリーの姿が…。ご夫婦二組と子供たちが三人の七人であり、子供たちの中にはラテが大好きなAちゃんがいる。
早速新年及び初顔合わせの方がいらっしゃるのでのご挨拶を済ませて歩き出すがAちゃんから年賀状をいただいた。

お馴染みのファミリーに対しラテはAちゃんやオカーサンは勿論、昨年にはご主人の口元を初めて舐めにいき驚かせたくらいだから吠えたりしなのは当然だが、おかしなことに妹さんご夫婦の近くに寄っても吠えない…。
人が多いから混乱しているか勝手が違うのかとも思ったが、知らない人、慣れてない大人には決まって吠えるラテだから心配して訳だが、目的の神社で小さな行列ができていたので並んでいるときもまったく吠えないのだ。

>Latte632_05.jpg

※子供たちや知り合いの大人の方に撫でられても吠えないラテ😆


それにはオトーサン、安心しながらもどこか具合が悪いのか…と余計な心配をしてしまうほどラテは良い子だった。
ファミリーの二家族と共に女房が拝殿まで登ったが、さすがにラテを連れてというわけにもいかず、また女房と交代でオトーサンも…となればまた列の最後尾に並ばなければならないのでオトーサンはラテのリードを引き撮影班に徹していた。

Latte632_03.jpg

※近隣の諏訪神社に初詣


五月蠅ければ五月蠅いなりに神経を使うし心配もする。また反対に静かすぎてもどこか具合がわるいのかと心配するオトーサンだが、帰り道で何か尖った物でも踏んだのか、一時期足を引いていたラテだが幸いすぐに元に戻った。
オトーサンたちは結局ファミリーの皆さんにお土産までいただき、意気揚々と元旦の初詣を済ませると共に夕方の散歩に代えた次第。
どうぞ今年も穏やかでささやかな幸せが続く一年でありますように!



ラテ飼育格闘日記(631)

いよいよ今年最後のラテ日記となった。ラテが我が家に来てから早12年が過ぎたことは前回にも記したが、当ラテ日記もラテを迎えた翌日の土曜日(2006年12月11日)から連載をスタートしたわけだから当然12年続いたわけだし一度も休載することなく続けてこられたのは我ながら驚異である。


“日記” と名付けたのも文字通りその一週間に起こった印象的な出来事を書き残しておこうと考えたからだ。日記だからして名文を書こうとかウケを狙って…といったことは考えないことを基本としてきた。
「今日も天気でした」でも済むであろう日記なら一週間一編をアップするのはそんなに大変では無いだろうと考えたからだが、そうはいっても沢山の方に目を通していただくことになるわけで、それなりのプレッシャーはあった。

Latte631_01.jpg

※今年1年、ご愛読ありがとうございました!


しかしラテの散歩も長い短いは別にして雨の日も雪の日も台風の日も地震の日も、そしてオトーサンが高熱の日もギックリ腰の日も、さらには白内障手術の当日もなんとかラテの散歩は欠かさなかったのと同様に当該日記も一回も休まず続けてこられたのは何とも嬉しい。

Latte631_05.jpg

※朝日を浴びた足長オジサンと足長ワンコ


読んでいただく目を意識はするが、これはラテの成長記録を残そうと考えた上でのスタートだっだしそもそも他人の飼い犬の話しなどに興味を持って下さる方などそうそういないだろうと思っていた。しかしお陰様で意外といっては叱られようが、当該ブログでこのラテ日記だけ読むという方も結構いらっしゃる…。

Latte631_04.jpg

※大好きなAちゃんの姿があるとラテの表情がころりと変わる


そんなラテとの生活が13年目に入った。
実にエキサイティングな12年だったし、振り返ってもしラテが居なければどのように味気ない年月となったのか、想像もできないほどラテのインパクトは大きかった。
ともあれワンコを飼うことは「可愛い」だけでは済まされないことを頭では理解していたがこれほど大変なことだったのかはやはり実際に飼ってみなければわからなかった。

日々の散歩や健康管理、そして朝夕の食事の世話は当然としても怪我や体調不良もあり得る。
事実、広い公園でノーリードのワンコに前足を噛まれたとき、オトーサンは血がしたたっているラテを抱っこし動物病院へと急いだ。まあ途中で挫折して傷を負ったままラテを歩かせたけど(泣)。
またアトピーが発症し肉球は噛んで出血しお腹は掻いて真っ赤、そして目の周りは掻き壊して紫色になりまるで殴られたような顔になったりもした。

Latte631_03.jpg

※公園回りのコンクリートの塀に足を掛けるオトーサンとラテ(笑)


だから「私も僕もワンコを飼いたい」という子供たちがいることは嬉しいが命を預かることの大変さも知らないとワンコも飼い主も不幸になるだろう。しかし、一生懸命世話をして可愛がっているつもりでもその実、飼い主がどれほどそのワンコに癒やされ益を受けているかは計り知れない。

ワンコを連れて散歩することで飼い主の健康にも繋がるといった単純なことだけではない。事実オトーサンにしてもラテがいるからこそ見ず知らずの子供たちから声がかかったり、満面の笑顔で挨拶をしてくれる子供がいるのだと思う。
これがジイサンひとりが散歩していてもこの時代、振り返ってくれるはずもないし会話の糸口があるはずもない。

Latte631_02.jpg

※見も知らずの登校途中の小学生から満面の笑顔で挨拶された。オトーサンは嬉しくて一日気分がよかった


この丸12年、オトーサンたちはラテに大盛りの愛情をかけてきたつもりだが、その何倍もの幸福をラテから与えてもらってきたことをつくづくと感じるこの頃なのだ。
ともあれ些末なあれこれはともかく、今年も無事ラテファミリーも新年を迎えられそうで目出度い…。
皆様も良いお年を!


ラテ飼育格闘日記(630)

当該日記がアップされる22日は早くも冬至だ。そして後10日目には新しい年がくる。いやはやオトーサンは毎々一年が短く感じられて寂しいが、先週12月10日はラテが我が家に来てから丸12年となった記念すべき日でもある。一口に12年というが、大げさでなく過ぎてしまえば瞬きのごとく一瞬のようでもある。


ワンコを、ラテを迎えるために引越した3日目、そう2006年12月10日にラテは一時預かりのボランティアご夫婦に連れられて茨城から車で我が家に来た。車に慣れていないこともあってか酔ってしまったということだが、まだダンボール箱が積まれたままになっているリビングで一ヶ月ぶりに対面した。

Latte630_01.jpg

※散歩途中に振り向いたら面白い顔でアイコンタクトしてた(笑)


その一ヶ月前に里親会で出会って引き取ることに決めたからだが、その間オトーサンたちは引越と受け入れ準備のために慌ただしい日々を過ごしていたし、ラテはと言えば避妊手術を受けるというある意味試練を乗り越えていた。
リビングのフローリングに置かれたラテは首を捻りながら口を大きく開けてオトーサンたちの腕の中に入ってきたが、いま思えば初めての場所に緊張しさぞや不安だったに違いない。

Latte630_03.jpg

※大好きなAちゃんのオカーサンに出会い、歓喜の声を上げる



オトーサンたちも迎入れた生後9ヶ月(推定)の子犬の扱い方を熟知していたわけでもなく、夜泣きでもされると困るなと心配していたが、新しい環境で疲れたのか電気マッサージチェアを専用して寝てしまった。
確か体重は9kgほどでスマートというより見るからに痩せていたし早速連れて行った動物病院では「少し太らせてあげましょう」とまで言われた程だった。

Latte630_04.jpg

※下校途中のAちゃんと出会い早速チューをねだる


それから毎日朝昼晩と1日3回の散歩をはじめることにした。数冊のトレーニング本や育児書を読みあさったものの暫くして近隣の大きな公園で知り合った多くのワンコとその飼い主さんたちが生きた教科書となった。
そこに集まる十数匹の様々な犬種のワンコたちをを見ているとそれまで「ワンコなど皆同じ」と考えていたフシもあるオトーサンは日々目から鱗が落ちる思いをしたし、ラテはそもそも飼い主に甘えるタイプのワンコでは無いことや誰彼かまわず尻尾を振るワンコでは無いことを悟った。

ラテの甘噛みが酷くてこぼしたオトーサンにある飼い主さんは「後2,3年したら今のことが懐かしくなるほど落ち着きますよ」と励まして下さった。
確かにそれから12年も経ってみるとあの放埒な元気さは確かに懐かしい。
いや、それはラテのことだけでなく飼い主であるオトーサンだって12年前はそれなりにまだ体力もあったし、子供たちと共にラテが走るままにリードを引いて一緒に走り回っていたのだから。

Latte630_05.jpg

※登校途中の見知らぬ小学生二人が「触っていいですか?」と聞きながら近づいて来た。勿論ウェルカムです


そんなオトーサンはいま腰を痛めて苦しんでいるしラテもあの頃のような持続的な走りは見せない。歩き方だってゆっくりになった。12年という歳月はオトーサンにとって一瞬に思えるものの、その重みは確実に命に直結している。
次回のラテ日記は今年最後の回となるが、来年も元気で様々な出会いを体験したいものだしラテにも体験させたいと思っている。



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十二巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員