除菌もできるコンパクトなスチームクリーナーを使ってみた

すでに年が改まってしまったが、年末ぎりぎりにスチームクリーナーを買った。無論あれこれの掃除のためだが、アイリスオーヤマ製のコンパクトな製品(STM-304)だ。スチームクリーナーを使うのは初めてなのでその効果は勿論だが気になったのは安全性だった。


購入したスチームクリーナー(STM-304)は本体寸法が約31 × 13 × 24cmほどで重量が2.0kg(水を含まず)という非常にコンパクトな製品だ。主に室内で使うつもりだったから大型のものでは場所も含めて使い勝手が悪いとこの製品にした次第。
本体に水を最大0.3リットル入れ、電源を入れると5分ほどで最大噴射圧力が約3気圧のスチーム(温度約100℃)をノズル先端から噴射することができる。

STM304W_01.jpg

※アイリスオーヤマ製コンパクトスチームクリーナー(STM-304)パッケージ


キッチン周りや換気扇、窓のサッシや風呂場などなど油汚れを浮かせヌメリを落とし、掃除をしやすくすると共に殺菌もできるという代物だ。噴射はお湯だから拭き掃除も楽だし、本体が丁度小型の電気ポット程度のサイズだしホースは120cmあるので置いたまま作業ができる。
連続使用時間は約12分ほどだというが、通常そんなに長く連続使用することはないので十分だろう。

ただしこの手の製品を初めて使う身として安全面が心配だった。やはり100℃のスチームが噴射するわけで火傷でも負っては元も子もない。しかしこのSTM-304はダブルアクションのチャイルドロック方式であり、スチームガンのサイドボタンを押しながらメインロックをスライドさせないと噴射ができない仕組みになっている。
子供ならずともついうっかり噴射ボタンを押してしまうこともあり得るが、そうした単純なミスを防いでくれるので多少の面倒さは我慢だ(笑)。

STM304W_02.jpg

STM304W_03.jpg

※スチーム本体とスチームガン(上)。スチームガンにはダブルアクションのチャイルドロックが採用されている(下)


また本体はキャップを回して外し水を規定量入れてからキャップで締め付けるが、圧力がかかりすぎると蒸気を放出して圧力を解法する他、内圧が高いとキャップは空回りして外せないような安全設計がなされている。為にうっかりとキャップを外した途端に本体側から熱湯が吹き出るといった危険性を排除しているわけだ。

基本的な仕様上の注意としては本体に規定以上の水を入れないこと、水以外のものを入れたり混ぜたりしないことだ。そして汚れや場所によりノズルから直接噴射ではなく小型のブラシ(コンパクトブラシ)が3つと床や絨毯といった掃除に向くコンパクトノズルおよび布カバーが2枚付属しているので適材適所でこうした付属品を活用することになる。

STM304W_04.jpg

※付属品一覧


取り急ぎ製品の初期不良がないかどうか、使い勝手はどうかといったことを確かめるためキッチン周りのタイル壁面の一端を掃除してみることにした。スチームの落下や拭き取りのための雑巾と台所洗剤を用意し飛び散りを想定して目には保護めがねをかけて事に挑んだ。

相手はタイルなので遠慮なく噴射を続けた。結果油汚れの軽い場所はそのまま乾拭きすればそれだけで結構綺麗になったが汚れが酷い場所は噴射後、薄めた洗剤をスポンジなどで拭き掃除し、その後に再度スチームクリーナーを使うと綺麗になった。ただし実用上の注意は電源コードの取り回しはもとよりだが、120cmのホースを使いやすいように向けておかないと本体が動いたり最悪引っ張ったりして台所から落としてしまうという可能性もありうるのであらかじめ安全な位置を確認しておくべきだ。

STM304W_05.jpg

※テストということで網戸にスチームをかけてみた


後は取扱説明書にも書かれているが、高温のスチーム故に使ってはいけないものがあることに注視することだ。熱に弱いプラスチックは変型するし意外と盲点かも知れないが冬場のガラス窓などは割れる恐れもあるという。
ということでアイリスオーヤマ製コンパクトなスチームクリーナー(STM-304)は安価でもあり、1台あると何かと便利だという気がする。もう少し早めに入手しておくべきだった…。


コンパクトクリーナー「SMiSAT」を使って机上の掃除を

いよいよ今年も押し迫ってきた。というより後数日で今年も終わってしまうから些かタイミングを逸したアーティクルかも知れないが、机上やガジェットらの掃除に便利だと思われるコンパクトクリーナー「SMiSAT(スミサット)」をご紹介してみよう。


この製品はキングジムが販売していたものだが、個人的にはこうしたアイデア商品的なアイテムに弱いのでつい手を出し、やっぱり役に立たなかった…といった体験は数知れず味わってきた。
本製品もそのビジュアルはお世辞にもデザインが良いと誉められるようなものではないと思ったが反対にデザインに誤魔化されて役立たずのものを買ってしまったこともあるわけで今回は実用第一と考え、机上やキーボードあるいはマウスといった類の掃除をしようと手を出した次第。

SMiSAT_01.jpg

※充電ステーション上で充電中の「SMiSAT」


いやはや普段きちんと整理整頓していないからと言われれば面目ないが、そもそも私の机上周りには掃除がしにくいものが多すぎるのだ。その第一がコンピュータだ。
まさか濡れた布でゴシゴシとしいかないしそのキーボードたるやあらためて見れば埃だらけだ。その他プリンターやUSBハブ、ヘッドフォーンやデスクトップオーディオ類をはじめ小型の機器類が所狭しと並んでいる。

これらを完璧に掃除をと考えるならすべての結線を抜き、電源を落としてその場から取りだして拭くなり掃除機をかければよい理屈だがそんなことをしたら元に戻る保証はない(笑)。したがって現実的な掃除の方法はといえば掃除機をかけることだが一般サイズのノズルを使ったりすれば埃と一緒に周囲の極小アイテムが皆掃除機の中に…という具合になるのは必定だ。
第一に掃除機は我が仕事部屋にはないのでいちいち持出して電源を繋いで…ということをかんがえるだけでやる気が失せる。

ということでコンパクトな、そう...デスクトップ・エアクリーナーが欲しいと思った。そして使い勝手を考えるなら充電式がよい。無論こうしたことを考えたのは初めてではなく幾たびか試みたがオモチャみたいなものでは吸引力が弱すぎて役に立たずすぐにゴミ箱行きとなった。

さてこの「SMiSAT」だが一見怪しい形だけのものと思ったが販売およびサポートがキングジムなので買ってみた。「SMiSAT」は大別して掃除機本体と充電スタンドに分けられる。充電スタンドを付属のACアダプタを取り付けて設置し、その上に掃除機本体を乗せれば充電ができるというわけだ。

SMiSAT_04.jpg

※充電ステーションから外した本体


充電スタンドは含まず本体のサイズだが約75×156×165cmで重さは約530gだという。使い切った本体をフル充電するのに8時間かかるが、連続使用時間は約15分だという。短すぎないかと思うが実際にやってみれば一般的な掃除では十分な時間である。

この「SMiSAT」は手に保持し、電源ボタンを押したまま使う仕様だ。電源ボタンは押し続けなければならない。そして特長のひとつだがブラシは2種類ビルトインされている。
大きい方のブラシは長さ120mmほどで幅が25mm、そしてブラシの中央にはチューブがずらりと並んでいる。これはブラシで埃をかきだしてチューブで吸い取るわけだが、チューブの直径以上のものは吸い取らないので机上の文具などの多くはそのままでも安心できる。

SMiSAT_02.jpg

※メインのブラシには細いチューブが並んでいる。このチューブ穴より大きなものは吸い込まないので安全なのだ


もうひとつのブラシはホースに繋がっている25mm×15mm程度の小さなブラシで、これは大きなブラシでは掃除がしにくい狭い場所で威力を発揮する。ホースを本体から外して使うとメインの大きなブラシは使えなくなる。ただしこのホースブラシを使う際にも電源ボタンは押し続けなければならず、操作には両手が必要だ。

SMiSAT_03.jpg

※ホースブラシはメインブラシが届かない場所で威力を発揮する


早速フル充電して机上周りに使ってみたが、埃や髪の毛といった類は問題なく綺麗に吸い取ってくれるし、キーボードのキートップ周りに付着した埃もホースブラシで取り去ることが出来た。なによりも機器類が満載の場所でもあり、かつケーブルが多々交差しもともと掃除がし難い場所なのでこの種のコンパクトクリーナーが欲しかったのだ。
勿論ゴミが溜まったらアタッチメント(ブラシ部位)を取り外し、本体のダストケースを反時計回りに回して外せばゴミを捨てられる。そしてときおりフィルターを掃除することも必要だが、汚れが酷い時には洗うことも可能だ。

SMiSAT_06.jpg

※ブルーの円筒部位がダストケース


現在この「SMiSAT」は机の下に常設してある。したがって思いついた時にいちいち家庭用掃除機を持ち出して電源をセットして…という面倒をせずにいつでも手軽に使うことが出来るのが一番のメリットだが、さてこの種の製品は耐久性が心配だ。こればかりはしばらく使い続けてみるしかないが、いまのところは遅きに失した感のある年末の掃除ではあったが、気になっていた机上周りを綺麗にできたので満足している、





CrazyTalk 8 PRO、2枚の写真から動く3Dの顔を作る

画像から喋る3D頭部のアニメーションを作成できるCrazyTalk PROを最新のCrazyTalk 8 PROにアップデートしたので概要をご紹介してみたい。近年はCrazyTalk 8 PRO、FaceFilter3、CrazyTalk Animation2 といったReallusion社のソフトウェアを楽しむ機会が多いのもどこか性に合っているからか...。


さてCrazyTalk 8はMacエディションとWindowsエディションがあり、それぞれにStandard版、PRO版そしてPipeline版の3種がある。無論各エディション毎に価格が違うが私はずっとPRO版のユーザーなのだ。したがって以下の説明はPRO版においてのお話になるので予め承知いただきたい。

CTP8_00.jpg

※CrazyTalk 8 PROのアバウト画面


CrazyTalk 8 はそれまでの機能に加え、待望された3D頭部作成ツールが搭載されたことが目玉だ。その機能は正面と真横2枚の写真から3D頭部を作成し表情豊かな顔の(バストアップ)アニメーションが可能となる。また1枚の顔写真や絵からこれまた簡単にアニメーションを作れる機能を持っている。

CTP8_01.jpg

※今回はこの2枚の写真から3D頭部を作ってみる


ただし始めに申し上げておくが、3D頭部の作成はステップに沿っていけばそれらしいものは作れるものの元写真と同じようにクリアーな結果を生むのは簡単ではない。またそもそもCrazyTalk 8は3Dソフトではないというべきで、本格的な3Dモデリングソフトで作るような精度を求める向きには失望するだろう。

さらに個人的な見解だが、ソフトウェアとしての機能や完成度にはソフト屋の1人として目を見張るものがあるが、サンプルやアドオンのアクセタリー類やアバターはよく言えばコミックより、悪く言えばおふざけと受け取られかねないコンテンツが多い。この傾向はCrazyTalk 8のアプリケーションアイコンを見れば納得するだろう(笑)。したがってよりスタンダードなアバターや表現ができるようにオプションも充実して欲しい。

ところで個人的にCrazyTalk 8の利用目的だが3D頭部を作るのが目的ではない。1枚のポートレート写真に自然な表情を付けたいが為のツールとして使い始めたのだ。
ともあれ今回はCrazyTalk 8に新しく備わった3Dヘッド作成の手順をご紹介してみたい。

まずは人の顔の正面と横顔2枚の写真を用意する。しかし生身の人間では畏れ多いので当研究所の専属モデル(マネキン)の顔で使ってみた。
早速だがアプリを起動し、メニューバーの「作成」から「アクター新規作成」を選ぶ。表示する小さなウィンドウで 3D を選択しよう。

CTP8_01_a.jpg

※「アクター新規作成」からまずは 3D を選択


すると画像のインポートウィンドウが表示するので正面と横顔の写真をそれぞれドラッグ&ドロップでフレーム内に登録する。
ちなみに使用する写真は髪などが顔にかからないようなもの、そして斜めに向いたような写真は向かないので注意が必要だ。

CTP8_02.jpg

※2枚の写真を登録


まずやらなければならないのは「正面フィッティング」と「側面フィッティング」だ。例えば「正面フィッティング」なら右目、左目、鼻、口、表情、すべてといったステップごとに表示する写真上のフィッティングポイントを例にしたがってなるべく正確に置くことだ。微妙な位置のズレは最終的な3Dビジュアルに大きく影響することがあるのでくどいようだができるだけ正確に行うことが大切。

CTP8_03.jpg

CTP8_04.jpg

※正面写真、真横写真共に左に表示する指示に従ってフィッティングポイントを置く


「適用」をクリックするとレンダリングが開始され、右側ウインドウに3D頭部が形成されるはずだ。しかしその多くの結果には失望するユーザーが大いに違いない(笑)。正確にフィッティングしたつもりが、出来上がった3D頭部の顔はまるで宇宙人のグレイみたいかも知れない...。しかしこれで終わりではなくここからがユーザーの腕の見せ所というべきなので気落ちせずに先に進もう。

CTP8_05.jpg

※フィッティングポイントだけでレンダリングした結果は期待できるものではない


続く「輪郭とテクスチャの配置」でよりフィッティングを詳細に行い、「詳細モーフ」機能などで写真に近い形状に3Dモデルを編集する。その際には人物は男性なのか女性なのか、あるいは人種的特徴や年齢のパラメーターなども加味してそれらしい形状に近づける工夫を行う。

CTP8_06.jpg

CTP8_09.jpg

CTP8_10.jpg

CTP8_16.jpg

※「輪郭とテクスチャの配置」と「詳細モーフ」機能で元の写真に近い顔、形状になるよう調整する。最後の図はまずまずの結果になってきた例


「適用」で先に進めば、3D頭部は自動的にボディと結合され、いわゆるバストアップの3Dモデルが完成する。顔とボディの肌色に相違があったり、暗かったりしたらテクスチャのカラーや明るさも変更できるし、頭部のサイズも縮小や拡大が可能だ。

次ぎに目と口のキャリプレーションを行う。これは写真の目の位置にソフトウェア側で用意されたテンプレートの目をはめ込むこと、そして口を開いた際にリアルな歯などを加えるためだ。ただし歯はともかく目をテンプレートのものに入れ替えれば別人になってしまうのは確実だ。より眼球の動きなどが繊細になるが、今回は目はいじらず歯だけにした。

後は一般的に、髪と衣裳そして必要に応じて帽子や眼鏡、アクセサリーなどをコンテンツマネージャーから選択すれば通常は自動的に頭部やボディにフィットされるが、帽子などの位置合わせやサイズの調整なども後から可能だ。

CTP8_17.jpg

※服と髪およびアクセサリーをつけて表情もつけてみた


極々簡単ではあるが、こうして3Dのアバターが出来上がったわけだが、CrazyTalk 8はこのアバター、キャラクターに動きを与え表情豊かに喋らせたり動作させたりができる。無論スピーチ時にはリップシンクもできる。

CTP8_18.jpg

CTP8_19.jpg

※動画用に頭部の構成を変え、髪には風の物理演算を加味する。また好みで背景を加えることも可能


今回は長くなるので自動モーションといったシンプルな仕草をつけただけに留めるが、髪の毛などは風になびかせたり突風の強さなど風の物理演算まで加えることができる。



※帽子も眼鏡もある種のあら隠しでもあるが、ともかく2枚の写真からここまで出来たことは事実だ。



最後に必要ならBGMをつけたり、背景と合成させたりも自由自在だ。
それにしても数度同じモデルで3D化を試みたが、人の顔というものがいかに微妙なバランスに支えられているものなのかにあらためて感嘆させられた…。

CrazyTalk 8



Blue Micro Snowball USB 2.0マイクロフォンを入手

デスクトップで使うマイクロフォンを新調した。ポッドキャストを始めようとBlue Microphonesの「snowball」というUSBコンデンサーマイクロフォンを手に入れた。まあ、マイクは1,000円くらいからあるし、逆に上はもう際限がないほど高価な製品もある世界だが、「snowball」は楽器演奏の練習や音声入りの解説ムービーを作るなどには十分過ぎるクオリティが期待できるはずだ...。


デスクトップマイクといえど「snowball」は存在感もある。その名の通りスタンドの上に取り付けるマイク本体は直径約325mmの球体だ。カラーが白だからか、どこか映画「2001年宇宙の旅」に登場するスペースポッドを思い出す形状でもある。

snowball_01.jpg

snowball_02.jpg

※Blue Micro Snowball USB 2.0マイクロフォンのパッケージ(上)とその同梱品(下)


同梱のスタンドにねじ込んでセットアップし付属のUSBケーブルでMacやPCとつなげばよく、特別ドライバーは必要ない。
一般的な録音機能のあるアプリがそのまま使えるし私はウェブサイトのポッドキャスト作りにGarageBandを使っているが、サウンド入力を "Blue snowball"に設定するだけで使える。

snowball_03.jpg

※付属のスタンドにセットアップしたSnowball


Mac、PC両方に対応するプロフェッショナルUSB 2.0 コンデンサーマイクだというが、独自の3パターン・スイッチ(カーディオイド、カーディオイド w/-10dBパッド、オムニ)により、ソフトなボーカルから大音量のガレージ・バンドまで、あらゆるサウンドを扱うことができ、ポッドキャスティングにも最適だというので選んだ。
ちなみに3種類の指向性だが、前記したカーディオイド(単一指向性)」、「ハイパーカーディオイド(超指向性)」、「オムニ(無指向性)」を本体後ろ側にあるスイッチで切り換えることが出来る。ただし「snowball」を選ぶ場合にはこの指向性切替ができないタイプの製品もあるので要注意だ。

snowball_06.jpg

※同梱のUSBケーブルを挿したSnowball背面。上に指向性切替スイッチがある


この「snowball」、小型マイクロフォンの範疇だが実に存在感がある。私は同梱のスタンドに取付けデスクトップに置いて使っているが実に具合が良い。これだけ存在感があるとマイクとの距離感も取りやすい。かといって邪魔というほどではないという絶妙な製品だ。

音質だが、前記した指向性切替にもよるものの私のような使い方ではまったく文句はない。実際にポッドキャストとしてサーバーにアップする際にはデータ圧縮もしているが実用上気になる点はないといってよい。
一応スペックを記しておくと、周波数特性 : Position 1-3 : 40-18kHz、サンプルレート/ワード : 44.1 kHz/16 bitだという。

なおスタンドは40数mm伸ばすことができ、本体は前後に角度をつけることができる。
見た目もなかなか可愛らしいし能力も私の目的には十分なので愛用し続けたいと思っている。





強力な写真編集ソフト「Smart photo editor」の合成機能

「PortraitPro 15」の開発元 Anthropics Technology社サイトで面白そうなソフトウェアを見つけたので入手したみた。「PortraitPro 15」は人の顔を編集するのが目的だが「Smart photo editor」は一般的な写真のフォトレタッチを目的とする製品だ。しかしまだあまり知られていないようだがユニークで強力な機能が満載のアプリだった。


どうやら知られていない理由はApp Storeでは扱っていないし日本語化されていないからかも知れないが、安価な割にはその高機能なことに驚かされた。ただしインターフェースはまったくMac的ではないので取っつきは悪いかも知れないが、その魅力を体験すれば癖になるほど強力で面白い…。

SPE_01.jpg

※「Smart photo editor」のアバウト画面


まず搭載されている機能を簡単に羅列しておきたい。それらは風景写真の空を入れ替え、簡単にマスクを作って背景を別写真と合成する機能、そしてひとつの写真から数百ものエフェクト付加された結果をギャラリーとして一覧でき、ひとつひとつは様々なパラメータの編集をも可能でそれこそ無限に近い表現を生み出してくれる。
世の中には写真にある種のフィルターをかけるツールは多々あるが、Smart photo editor はそのレベルと奥行きの深さが違う。

その他には個別の機能として写真の一部を背景に違和感なく消去する機能、赤目補正、テキスト入力、トリミング、建物などのパースを変更する機能、回転、そしてコミュニティでシェアできるエフェクト・エディタといった機能がひとつのアプリに収まっている。

ということで一度ではすべての機能とその魅力に迫ることは出来ないので今回はまずポートレイトの背景を別写真に入れ替える機能をご紹介したい。無論こうしたことはPhotoshopを始めとして優秀なツールが多々あるが、Smart photo editorでいくつか例を試した結果、はまってしまった...(笑)。

SPE_02.jpg

※左の人物の背景を右の紅葉をぼかした写真に入れ替えてみる


さてまずはSmart photo editorを起動し女性のポートレイトをドラッグ&ドロップで読み込む。要はこの背景を例えば紅葉の風景とか桜満開の風景などなどと入れ替えようというわけだ。
では早速 Fileメニューより Add Underlay... を選択し背景となる写真を読み込む。その時点では背景ビジュアルは表示されないが、左サイドにはUnderlayが読み込まれたことを示すいくつかの表示が加味される。

SPE_04.jpg

※メインのポートレイトと背景写真も読み込んでCompositionのブラシツールで背景を塗ると背景写真が表示する【クリックで拡大】


続いてウィンドウ右サイドの Tools から Composition をクリックする。するとアイコンはブラシツールとなるがサイズや検出エリアの調整は左サイドからスライドバーで調整する。そしてまずはこの場合、人の輪郭に沿ってマウスボタンを押しながらなぞってみる。なぞり始めたらすぐ気がつくはずだが、すでにブラシでなぞった部分は消えて背景の写真に変わっている。
ブラシで綴じたエリアを確保すれば後はマニュアルで塗らなくてもペイント缶アイコンが表示するのでその上にカーソルを置いてクリックすれば領域すべての塗りが終わる。

SPE_05.jpg

※完全にポートレイトの背景が紅葉の写真に置き換わっている【クリックで拡大】


また塗りが失敗したらアンドゥが効くし、はみ出してしまった部位は消去ブラシに変えて補正すれば良い。
勿論髪の毛など外側だけで完璧にマスキングできるわけではないが、別途写真を拡大しブラシツールで丁寧に抜くことができるので実に頼りになるツールだ。そしてその結果もよい。

SPE_06.jpg

※細かく入り組んだ部分は拡大して作業する【クリックで拡大】


さらに背景の透明度やブレンドモードあるいは背景画像の位置を調整や回転などの調整すれば編集は終了だ。

ちなみに左サイドの Underlays にあるApply effect to Layerアイコンをクリックしてみよう。少し待たされるが、背景を生かした、あるいはアプリ側で付加した背景やエフェクトによる多くのバリエーションが表示される。使うか使わないかは自由だが、これまた何かしらのアイデアを生むきっかけとなるに違いない。

SPE_07.jpg

※エフェクトのバリエーションを一覧でみることができる【クリックで拡大】


そのまま Fileメニューから Save As...などで保存すればオペレーションは完了だ。

SPE_03.jpg

※完成例【クリックで拡大】


Smart photo editorは前記したとおり、ユーザーインターフェースがユニークなため、最初は取っつきにくいかも知れないが、慣れさえすれば手放せないツールになるに違いない。
なお一連のオペレーションを音声付き動画にしたので参考にしていただければ嬉しい。



次の機会にはSmart photo editorの別の機能をご紹介してみよう。

Smart photo editor


ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員