便利な無料アプリケーション「IPEVO Annotator」とは?

IPEVOのUSB書画カメラ「Ziggi HD Plus」のユーザーだが、そのIPEVOから無料の「IPEVO Annotator」というアプリケーションがApp Storeで配布されている。このアプリを起動すると仮想的にMacのデスクトップに手書きの文字や絵を描けるというもので、プレゼンや会議などにリアルタイムに注釈を入れるといった多様な用途に便利なツールである。


まず「IPEVO Annotator」は「Ziggi HD」カメラがなくても使えるのが嬉しい。
ダウンロード後、アプリを起動すると上下に細長いアノテーションツールバーが表示する。これは一番下の矢印をクリックすることで最小にすることもできるしまた元に戻すことも出来る。

Annotator_02.jpg

※「IPEVO Annotator」のアバウト


ちなみにこのとき表示しているツールバーには「IPEVO Annotator」の4つの機能が搭載されている。
IPEVO表記の下から「描画モード」「ホワイトボードモード」「マルチペンモード」そして「スクリーンショット&録画」である。これはメニューバーのアイコンからも選択できる。

Annotator_04.jpg

※「IPEVO Annotator」の機能は大別して「描画モード」「ホワイトボードモード」「マルチペンモード」そして「スクリーンショット&録画」の4つ


では描写モードアイコンをクリックしてみよう…。ツールバーは縦に伸びてアイコン類が増えるがこのとき、デスクトップの制御は「IPEVO Annotator」に移っており、同時に起動しているアプリは表示はそのままにしても新に入力したり操作したりはできない。
この「描画モード」時のアイコンの意味は実際に操作してみればすぐにわかる。上2つは2色のカラーをペンの太さなども含めて常に2種類セットし随時切り換えて使える機能だ。

Annotator_05.jpg

※描画モードではカラーと線の太さなどが選べる


次は直線を引く機能と続いてスタンプ機能。その下は消しゴムだ。なお鞄のアイコンは直線定規と分度器が使える。その位置や長さ大きさも可変できてこれは実用面で役立つに違いない。また任意のエリアをコピーあるいはカットする機能もここにある。
次の矢印は、取り消す、やり直しのアイコンだ。
そして最後がゴミ箱でこれは申し上げるまでもなくこれまでデスクトップに描写したすべての物を消去する機能だ。

Annotator_07.jpg

※デスクトップに定規と分度器が表示。これは便利だ!


要は「IPEVO Annotator」を使えばデスクトップがどのような状態であろうと好みのカラーと太さでフリーハンドの文字や絵を画面に描けるのだ。
勿論それは「IPEVO Annotator」が仮想的に描いていることであり、実際に背面にあるテキストエディタとかブラウザの表示に影響を与えることはなく「IPEVO Annotator」を終了すれば消える。

Annotator_03.jpg

※「IPEVO Annotator」は仮想的にデスクトップ上に印を付けるだけでなく絵も描ける


しかしプレゼンツールは勿論だが、パソコンの画面をプロジェクターに映したりして説明するとき、その強調したい部位に赤線を引いたり丸で囲ったり、あるいは説明のポイントを描いたりしたいという場合は結構ある。そうしたとき「IPEVO Annotator」は大いに役に立つ。
そうした意味において「IPEVO Annotator」は自身の役割をきちんと掴んでいるツールだと言えよう。

Annotator_06.jpg

※これはレーザーポイントより分かりやすい


例えば文章があり、そのいくつかの単語を次々に強調し、進行状態を示すため、単語にマーキングをつけていきたいときがある。しかしこれまでの描写モードではある意味、画面全体が赤い線や青い線で埋まってしまう。無論消しゴムやゴミ箱ツールで消すことはできるが次々と解説して行く際には面倒で煩雑だ。
そんなとき、「消えるインク」機能をONにすると、書いていく側から消えて行く。これは実に便利である。話しをしている間、消えて欲しくない場合は描写後マウスボタンを押したままにしておけばよい…。

その他、デスクトップ全域を真っ白にして使える「ホワイトボードモード」および2画面を列べて別々に描写ができる「マルチペンモード」があるだけでなく「IPEVO Annotator」による結果を全域あるいは指定範囲でスクリーンショットを撮る機能や作業過程を動画として記録する機能まである。

Annotator_08.jpg

※デスクトップ全域をホワイトボードにする機能もある


こうした機能をその前段階でもっと有意義にそして魅力的に活用するにはIPEVOのUSB書画カメラ「Ziggi HD Plus」があると便利なのだ。

Annotator_01.jpg

※IPEVOのUSB書画カメラ「Ziggi HD Plus」があると付属ソフトにはリアルタイムに映像をキャプチャしつつ使える「IPEVO Annotator」と同等なツールが含まれる


しかしこの無料の「IPEVO Annotator」だけでも使ってみる価値はあろうというものだ。

IPEVO Annotator



コンビニエンステーブルはいかが?

サイドテーブルとなるような製品はこれまでにも使ってきたが、今回は撮影の小道具として手に入れたものだがこの種の簡易形テーブルとして一番簡素で軽く、折りたたむと厚さ6cm程度だから収納スペースにも困らない製品だと思う。ただし実用とするには用途が限定される…。


折り畳み式や簡易テーブルといった類の製品も多様なものがあるが、今般撮影小物というか小道具のつもりで一番簡単なものをと探した。
主に人がテーブルの前にいて…といったシーンを撮るためだが、本格的なものは不要。とはいえ板を適当な高さに設置してというのもなかなか面倒だし難しい。したがって一応テーブルの形をしているものなら良いと考えたが、そうしたある意味いい加減な目的にピッタリの製品を見つけた。
それが「コンビニエンステーブル CT003」というものだ。

Convenience table_01

※コンビニエンステーブルのパーツはこれだけだ


天板サイズは約W52 × D40で高さは54cmから72cmまで6段階に調節できる。また天板の角度は3段階に変えられる。ちなみに本体重量は 約2.3kgである。これならキャスターが付いていなくとも移動は簡単だ。
またパーツは天板、両足となるレッグが2本、2本のレッグを繋ぎ天板に固定するレッグバー、そして天板の角度調節のための角度調節バーだけでありネジ類は一切必要ない。

Convenience table_02

Convenience table_03

※組立も簡単。ネジ類も不要


組立も簡単だし折りたためば厚さは6センチほどだから収納も楽だ。
無論私のような用途で本製品を手にする人はほとんどいないかも知れない。通常その目的は補助デスクであったり、不定期の集まりなどで使う簡易テーブルといった意味合いが普通だろうが、そうなると心しておかないとまずいことがある。それが本製品の強度に関してだ。

Convenience table_04

※天板を角度付けて組み立てた例


本製品の天板はABS樹脂製で後はスチール製だ。しかしその構造を見れば納得いただけるものと思うが、重いものを乗せたり肘を置いて体重をかけたりすればすぐに壊れるだろう。組立簡単、軽量といった利点がそのまま欠点にもなっている。
簡単な食事や読書あるいは手芸といったホビー台としても使えるが、高温のアイテムは厳禁であることは勿論、強度の限界を知りつつ活用することが求められる。

Convenience table_06

※私はといえば主にこうした撮影の小道具として活用している


ノートパソコンの一台程度は大丈夫だが、過信しないことだ。
私はといえば前記したように撮影の小道具としての他、Macに向かって作業する際に資料などを広げ、数冊の書籍を積むサイドテーブルとしても重宝している。
文字通り片手でも扱えるコンビニエンステーブルは活用如何で便利なツールとなるに違いない。





CyberPower 無停電電源装置を設置

雷が気になる季節でもある。5年ほど前だったかそれまで使っていた 無停電電源装置のバッテリーが消耗したのをきっかけにそれっきりになっていた。まあ無くてもなんとかなるわけだが、ゲリラ豪雨に伴う雷は落雷しないまでもサージなどでパソコンを始め常設機器類にダメージを与える可能性が大なのでずっと気になっていた。しかし無停電電源装置も随分と安価になったものだ…。


今回手に入れた 無停電電源装置「CyberPower BR375 JP」はバッテリー容量が375VA / 255Wで、サージ、スパイク、電圧降下(サグ)、一時停電、その他の電力に関する異常からシステムを確実に守ってくれるコンセントが6個(内バックアップコンセント3口)装備のエントリーモデルだ。なおバッテリの出力波形は矩形波である。

CP375JP_01.jpg

※無停電電源装置「CyberPower BR375 JP」パッケージ


また保証期間は36カ月なので安心して使えるし本体サイズも180×110×82mmとこのクラスとしてはとてもコンパクトで立てても横でも利用できる。
とはいえパソコンなどとUSBで接続し自動シャットダウンする機能はないし、バックアップ時間も例えば150W使用時なら5分と短いが、今回この製品を手に入れた目的はメインマシンのiMacを保護するためではなくネットワーク機器類の保護のためなのだ。

CP375JP_02.jpg

※同梱品一覧。取説はきちんとした日本語仕様


具体的にいうなら、回線終端装置(ONU)一体型のホームゲートウェイ/ひかり電話ルータとWi-FiベースステーションAirMac Extremeなどのためである。
万一の場合、パソコンは他の機種を使うことも可能だとしてもネットワークが落ちては元も子もない…。

無論予算などを念頭に入れ、許されれば iMac用の無停電電源装置も欲しいところだが、例えば雷が近づいたらiMacの電源を落としてそのコンセントを抜くことはこれまでにも実行してきたことだ。しかし前記したようなネットワーク機器類の接続は煩雑でその度に電源を落とすことはやりたくない…。ということで無停電電源装置の出番というわけ。

CP375JP_03.jpg

※コンセント部にも間違いが無いよう日本語で説明がある


したがって停電した際、パソコンで作業中のデータをバックアップ時間中に保存する…といった目的より落雷やサージによる機器へのダメージをプロテクトしたいというのが目的なので、この安価な無停電電源装置で十分と判断した次第。
ということでバッテリー寿命も3年はOKというスペックだから、3年間安心して機器類を常用できる保険代と考えれば安いものである。




「Unclutter」というユーティリティはお勧め

実はこの数ヶ月、いわゆるマルチクリップボードといった類のソフトウェアを探し、有償・無償を問わずにいろいろなアプリを評価してきた。それは時代小説を楽しみながら書いているが、登場人物の名や固有名詞の入力が繰り返し必要となるからだ。メモみたいなものに一覧を作りそこからコピー&ペーストするとか、単語登録するといったあれこれも試してみたがどうにもすっきりしなかった。そして前記した数種のソフトウェアたちもそれぞれ長所はあるものの私の嗜好には合わなかった。


そんなとき「Unclutter」というユーティリティを知った。
「Unclutter」はマルチクリップボードだけのツールではないが、工夫次第では私が欲しいツールとして使えるのではないかと早速手に入れたみた。Mac App Storeで1,200円だった。

Unclutter_01.jpg

※「Unclutter」のアバウト


「Unclutter」はMac のメニューバーから、ノート(テキスト)の走り書き、クリップボード管理 、そしてファイル ・ ストレージといった機能をいつでも即座に利用することが出来るユーティリティだ。
いわば、散らかりやすいデスクトップの整理を維持し生産性を大幅に向上させることができるアプリなのだ。
ちなみに "clutter" とは「乱雑」といった意味だから、”Un” すなわち文字通りデスクトップが乱雑になる事を防ぎ、我々の作業効率を向上させることを目指した製品だといえる。

さて具体的な動作だが、インストールし起動するも通常のオペレーション時に「Unclutter」が目立つ動作をすることはない。ただしマウスカーソルをメニューバーの最上部に位置させ、マウスを下へスクロールするか、コマンドキー/オプションキー/コントロールキー/シフトキーのどれかを押す(アプリの環境設定から選択)、あるいは0.5秒/1秒/2秒の設定だけ保持するとカーテンでも引き出すかのようにウィンドウ上部からアプリウィンドウが下がって開く。そしてマウスカーソルを下げれば自動的に閉じてくれる。

Unclutter_02.jpg

※デスクトップ上で「Unclutter」のウィンドウが開いた例【クリックで拡大】


そのウィンドウは初期設定だと左からクリップボード、ファイル&フォルダ管理、メモ帳がずらりと並ぶ。この3つのエリアはタイトルバー部位をドラッグすることでデスクトップ上に引き出せたり、あるいはその位置順を変更することもできる。

Unclutter_03.jpg

※それぞれのエリアは個別のウィンドウとしてデスクトップ上に置くことも可能


また横サイズは境界部位をドラッグすることで変更も可能だし、引き出したウィンドウ中央に出ている赤いタブを下に引けば上下幅も大きくなる。しかし初期値以上にサイズは小さく出来ない。

Unclutter_06.jpg

※上下幅を最大にした例


まずクリップボードはオペレーション中にコピーあるいはカットしたテキストやグラフィックを最大50個一覧で一時保管してくれ、常時必要なものは「お気に入り」へ保存しておくこともできる。
無論その一覧からコピーし、作業中のアプリへペーストが可能なのは言うまでもない。

Unclutter_04.jpg

Unclutter_05.jpg

※クリップボードは最大50個一覧表示となり何のアプリからコピー&カットしたかをアイコン表示してくれる(上)。また常時使うものはお気に入りとして別エリアに保存し、これまた一覧管理ができる(下)


この機能だけで、個人的な要求は満足できたようなものだが、ファイル&フォルダ管理も便利だ。
取り急ぎ必要だからその場所を分かりやすくと考え、ファイルやフォルダをデスクトップに置きがちだが、それはどうしても乱雑さを免れない。その点、例えばデスクトップから「Unclutter」のファイルスペースへドロップ移動しておけばデスクトップは常に綺麗な状態で使えるし、ファイルやフォルダが必要なときに「Unclutter」スペースを開き、フォルダを開いたり、写真やテキストファイルをプレビューしたりができる。

Unclutter_07.jpg

※「Unclutter」のファイルはプレビューも可能


勿論デスクトップなどにドロップすることもできるし消去する場合もファイルやフォルダはゴミ箱へドロップするだけだし、クリップボードでは右端に表示する× をクリックすればよい。

一番右にある「メモ」は文字通りのメモ帳で、例えばよく利用するアドレスや電話番号といったものだけでなく文章を付箋のように常時置いておくことができ、複数のメモを一覧で管理してくれる。
ただし例えばパスワード管理アプリといったコピーの遍歴が容易に残ってはまずい場合には環境設定でクリップボード情報が保存されないアプリケーション設定ができる。

Unclutter_08.jpg

※コピー遍歴が残ってはまずい場合には環境設定でクリップボード情報が保存されないアプリケーション設定ができる


このメモには、コピーしたテキストをペーストすることも可能だが、本来の使い方はリアルタイムに文字通りのメモ入力あるいは副次的なノートが必要といった場合に便利なのだ。

ということで、この「Unclutter」を上手に活用することで、常にデスクトップが片付くし、当初の目的であった繰り返して使うテキストに関しても満足のいく結果になっている。
最後に実際に日々使っているユーザーとしてアドバイスをひとつ。それは「Unclutter」のウィンドウの開き方に関してだ。
冒頭にも記したが、ウィンドウを引き出すにはメニューバー最上部にカーソルを置いたまま「下スクロール」するか「コントロールキー」などいくつかのキーのうちひとつを押すか、あるいは0.5秒/1秒/2秒そのままにするか…を指定できる。無論複数設定も可能だが…。

Unclutter_09.jpg

※ウィンドウの引出方法はキーを押す設定が現実的


ただし好みもあるだろうが、「下スクロール」にしても「秒数指定」にしてもデスクトップのオペレーション中に意図しなくてもマウスカーソルが最上部に位置することも多々あるわけで、その度に「Unclutter」のウィンドウが降りてくるのは困る。
したがってマウスカーソル位置と共に指定キーを押したときにウィンドウが表示されるという設定で使われるのが一番精神衛生上よろしいと思うが、いかがであろうか。そういえばこの「Unclutter」は日本語化もなされているのでストレスなく使えるに違いない。



ロボット掃除機 ILIFE V3s Proで実際に床掃除を一週間続けた感想

ロボット掃除機 ILIFE V3s Pro を日々使うようになった。今回はその実用としての実力をご紹介してみたいと思う。簡単なスペックは前回記したが、現実問題として掃除機として役に立つのか、満足度は…といった点について一週間ほど使い込んだ感想をお届けする。


とはいえまず最初にお断りしておきたいことがある。それはロボット掃除機というとルンバが有名だ。したがって「ルンバと比べてどうなの?」というあれこれは確かに興味のあることだが、ルンバを使ったことのない者にとってこの質問にはお答えできないのであしからずご了承いただきたい。
それから友人たちの中にもルンバを持っている人もいるが、意見の一致をみた点として床の掃除をすべてロボット掃除機で済ますというのは怠慢過ぎるということだ。

DSC05571.jpg

DSC05575.jpg

※ロボット掃除機 ILIFE V3s Proの雄姿


例えば何も置かれていないフローリングの空間を掃除するならロボット掃除機で床の埃や塵を綺麗にすることはできるが、現実の空間は…部屋の中には家具を始め様々な障害物があるわけでロボット掃除機の死角も多いはずだ。したがってロボット掃除機を手にしたからこれまでの掃除機は不要と考えるのは早計に違いない。
ロボット掃除機と聞くどうしても「ロボット」という言葉に期待してしまうが、何もかも完璧に掃除してくれるというものではなくあくまで面倒な日々の掃除の手伝いをしてくれる補助的マシンと考えるべきだと思うのだが。

DSC05578.jpg

※ ILIFE V3s Proの背面。なんだか甲虫をひっくり返した気分 :-P


とはいえ家の中の塵や塵というのはペットの抜け毛同様、掃除をしている側から出てくるもので感覚的にはイタチごっこで本当に綺麗になったという瞬間はないのかも知れない。
我々が動き、生活すると言うことは塵を生むということなのだ。しかし四六時中掃除を持ち出して…というのは現実的ではないしこれほど厄介なこともない。
その点、「ILIFE V3s Pro」ならリモコンのクリーンボタンを押すだけでバッテリーがある限り掃除を繰り返してくれる。
そのバッテリーも最大120分の連続動作が可能だと言うから、一般的な利用では十分だろう。

では私が買った「ILIFE V3s Pro」についての評価だが正直「思っていた以上に便利だ」ということだ。
フローリングの床は当然として薄目のカーペットや低めの敷居なども難なく行き来してくれるし、畳の部屋の掃除も問題ないようだ。ただし畳みにとっては傷みを増す可能性はあるかも知れないが…。

DSC05583.jpg

※直径65mmのホイールは強力で10mm程度の段差は乗り越えて進む


実際に「ILIFE V3s Pro」を動かして見たが、その動きは魅力的だ。勿論製品のランクによってもスペックや機能は違ってくるし、製品に搭載されているアルゴリズムなどを知り得るわけではないものの、メーカーの説明などを要約するとどうやら動きの基本は当初行き当たりばったりで動き回るが、その過程で床のマップといったものを把握しているように思う。

そしてある程度の広がりがある面にはセンサーが感知し、ほとんどぶつからないで方向転換する。ただしテーブルや椅子の足などにはバンバーがぶつかったことで障害物と認識し方向転換となる。また階段などからの落下防止センサーも装備されている。

そういえば本体が円形なことから壁際や部屋の隅々まで綺麗にできないのでは…と心配する向きも多いと思うが、「ILIFE V3s Pro」は進行方向の背面両サイドから触覚の様なサイドブラシが突き出ており、これが回転しながらゴミをかき込んでくれるため、思ったより隅々まで掃除の効果があるのだ。

DSC05580.jpg

※左右にあるサイドブラシ


さて、では肝心の吸引力はどうだろうか。これまた考えていた以上にしっかりと塵やペットの毛を掃除してくれることから必要十分な吸引力だといえる。ただしこびりついた汚れを綺麗にするパワーはないし掃除が終わったらその後に必ずダストボックス内の塵を捨て綺麗にしておく必要がある。
ダストボックスのサイズは一度の掃除で一杯になる可能性もあり、無精を決め込んでいると吸引力が落ちるだけでなく塵の一部が溢れ出てくる可能性もありだ。

DSC05585.jpg

※背面の吸気口


もうひとつの懸念の動作中の音だが、掃除機としては押さえられた音だと思う。集合住宅で夜中に動かすのは論外だろうが、日中に動かす掃除機としては静かな方ではないだろうか。
そして一連のスペック中で最初に確認したかったのが、バッテリーが消耗したり、あるいはリモコンでホームボタンを押したときに自動で充電台まで戻って充電を開始するという機能だった。

ルンバなどでもこうした仕様は主流のようだが、安価な「ILIFE V3s Pro」だからして果たして上手く動作するのかと些か心配したものの、いやはやちゃあんと充電台まで戻り充電端子位置を合わせているのだろうボディを微妙に左右に振りながら充電台に納まったときにはその可愛らしさに感動した(笑)。



※取り急ぎ充電台を仮設し、 ILIFE V3s Pro本体が自動で戻るかを確認してみた。感動です(笑)


なお「ILIFE V3s Pro」には四つのクリーニングモードが備わっている。通常は自動で掃除を行うオートクリーニングだが、壁際などに沿って掃除を続けるエッジクリーニング、あるいは汚れが集中している場所でくるくると回りながら掃除を続けるスポットクリーニングそして決められた時間に自動で掃除が始まる予約クリーニングモードがあり、これらは付属のリモコンで操作可能だ。

DSC05592.jpg

※付属のリモコン


ともあれ床が常に綺麗だということは本当に気持ちがよい。そして「ILIFE V3s Pro」がせっせと床掃除しているのを横目で見ながら別の作業を続けられるのがなによりも嬉しいが、この「ILIFE V3s Pro」の一番の利点はといえば「掃除をしよう、したいという意識にブレーキがかからないこと」ではないだろうか。
勿論、ときに「ILIFE V3s Pro」がコード類やめくり上がったカーペットと格闘をし続け、立ち往生するといった場合もありうるが「ああ、よしよし」と持ち上げてやるのも飼い主…いや、オーナーの役目である(笑)。




広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員