27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)のセットアップ覚書

27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)のセットアップがようやく完了した。いやはや、いつものことだが理屈通りに終わった例しがないわけで、今回は今のところ重大なトラブルには遭遇しなかったものの結局丸二日がかりの作業になった。


これまで使ってきた27インチ iMac (Late 2012)が問題を起こすようになったので動作しているうちに新しいマシンと入れ替えようと27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)を買った次第。
理屈としてはまずは届いたマシンを起動させて初期不良はないか、オーダー通りのメモリ容量になっているかを確認する。そして問題がなければ元Macと新MacをThunderboltやEthernetケーブルで繋いで「移行アシスタント」を使いデータやアプリケーションの移行を行うか、TimeMachineとして使っていたハードディスクドライブを繋いで同じくこれまでの利用環境を移行すれば良い理屈だ...。

勿論、理想を申し上げればせっかくのニューマシンだからして、ひとつひとつmacOS Sierraで動作するアプリケーションなどを新たにインストールすれば懸念は生じないはずだ。これまで長い間使ってきた環境はいわば塵や垢が少なからず蓄積しているから、移行ではそれらをも再現してしまう恐れがある。とはいえ現実問題として時間的な問題と手間の煩雑さを考えるとどうしても躊躇してしまう。

Data migration_03

※当初はEthernetケーブルで新旧のiMacを繋いで「移行アシスタント」を使った…。残り時間表示は目まぐるしく変化


さて、まずはEthernetケーブルで繋ぎ「移行アシスタント」による情報の転送をやってみた。
しかし「移行アシスタント」が思ったように動作しない。ケーブルが不良かと他のケーブルに取り替えてみたがそれでもダメだった。
やはり冷静にことを進めていると自分では思ってはいるものの、新しいMacを眼前にして気が急くのだろうか、Intego社のVirusBarrierとNetBarrierをOFFにするのを忘れていた。

移行をスタートした時点では所要時間が3時間3分と出たが、それを鵜呑みにするほど初心者ではない(笑)。何時間かかるのか、十何時間かかるのか、EthernetケーブルとThunderboltケーブルの違い...といったこともあるにしても半日程度は有にかかるものだと考えて待ってみた。

5時間ほど経ってから進捗状況を確認してみるとプログレスバーは半分以上進んでいたものの残りの時間表示は3時間41分となっていた(笑)。それでもクラッシュしているわけではないようなので放置するしかないと引き続き様子を見ることに。
その完了までの所要時間とは残っているデータ容量と転送速度に関わってくるわけだが、転送速度が40M/秒を示したと思えばいきなり2M/秒になったりする。そして残りの時間表示は2時間半ほどほを示したかと思うと6時間を示したりとバラツキが大きい。
そのうち、元MacにインストールしてあるTechtool Proから内蔵HDDがSMART警告レベルを超えているという文字通りの警告が何度も表示されますます先に進まない。

Data migration_02

※移行途中にTechtool Proから内蔵HDDに対しSMART警告が何度も表示される


またどういうわけかEthernetケーブル接続のはずなのにいつのまにかWi-Fi接続に変わっている…。
開始後8時間を過ぎてもなお残りの時間が3時間から6時間前後を示すばかりでまったく先に進む気配が見えないので中止することにした。

今度はケーブル接続ではなくTimeMachineとして使ってきたHDDを接続し同じく「移行アシスタント」で環境移行を試みたがこれは約5時間ほどで移行が無事完了した。
再起動してみたが、どうやら使える環境のようだ。しかしご承知のように「移行アシスタント」にしてもすべての環境、すべてのアプリケーションがそのまま復帰するとは限らない。
Mac AppStoreから購入したアプリケーションはApple IDのパスワード入力を求められる場合もあるし、そもそもサードパーティーから購入したソフトウェアはアクティベーションし直す必要があったりパワードの再入力をしなければならないものもある。

Data migration_01

※まずは環境を移行した新iMac(手前)は無事に起動した


こうしたことは自分にとっての優先順位でひとつひとつ確実に進めていくしかない。
ともあれ新しいマシンが届いた翌々日の夕刻になんとか元の環境を新しい27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)で取り戻すことができた。勿論今後、不測のトラブルに見舞われる可能性もありうるが…。

ということでモニターサイズもこれまでと同様の27インチ、メモリも予算が許せば64GB欲しかったが、取り急ぎ32GBあれば仕事ができるし念願のRetina 5Kディスプレイも素晴らしい。
Retina 5Kディスプレイの恩恵だが、写真はもとより眼の悪い私にとってかなり見やすく感じるものの贅沢なもので4,5日したらこれが普通となってしまうに違いない。そしてまだマシンに大きな負荷を期待することはやっていないが総じてキビキビと動作し気持ちが良い。

Data migration_06

Data migration_07

※Retina 5Kディスプレイと非Retinaディスプレイとのテキスト表示比較例。上がLate2012の非Retima iMacで下がRetina 5Kディスプレイモデルの表示【クリックで拡大】


個別の特筆すべき機能などについては別途レポートしていきたいが、これまで事情もあってOS X YosemiteのままだったがこれでやっとmacOS Sierraの環境となった。



USB-C to USB Adapterを使う

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)をメインマシンとして使い始めて一週間ほど経つが、今般アップル純正品「USB-C to USB Adapter」を買ってみた。本マシン背面のポートレイアウトはこれまでとほぼ変わっていないように思えるがThunderbolt 3(USB-C)が2基サポートされUSB 3.1としても機能する…。


ということは2基のThunderbolt 3ポートを「USB-C to USB Adapter」を介せば27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)はUSBポートを6系統扱う事が出来る初のiMacとなるわけだ。

usb_c.jpg

※27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)の背面ポート全容。下線部位がThunderbolt 3(USB-C)


私の場合、残念ながらThunderbold仕様のハードディスクが先日飛んだため、現在Thunderboldを活用するすべがない。それならばどうしても不足がちなUSBポートとして利用してみようと取り急ぎ「USB-C to USB Adapter」を手に入れた。

USBCtoUSB_01.jpg

※「USB-C to USB Adapter」パッケージ


27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)の背面ポートだが、その2基のThunderboldポートはUSB-Cタイプになっている。ちなみにもしThunderbolt 2仕様の機器を接続するためには「Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ」を介す必要がある。

USBCtoUSB_02.jpg

※全長は135mmほどだ


今回購入した「USB-C to USB Adapter」はその名の通り、片方がUSB-Cタイプのコネクタで他方がUSB-Aコネクタになっていて全長は約135mmほどだ。

USBCtoUSB_03.jpg

※「USB-C to USB Adapter」の両端子


セットアップも「USB-C to USB Adapter」のUSB-CタイプのコネクタをiMac背面のThunderbolt 3(USB-C)コネクタに挿すだけだ。後はアダプターのUSBポートに適宜USB-A仕様のデバイス類を挿せば通常のUSB 3.1ポートとして活用できる。
ということでこれからのマシンには一本あると便利に違いない。



27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)購入

2013年1月に購入した27インチiMac(Late2012)がついにダウンしそうだと判断し、27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)を購入することにした。とはいえ年々懐具合が悪くなっていることでもあり無理はできないが、取り急ぎ1TB Fusion Driveおよびメモリは32GBにした。


私のメインマシンは黎明期よりその時代時代の最速のマシンを使ってきた。しかし2008年の2月に買った Mac Pro (Early 2008)を4年10ヶ月ほど使った後、次のマシンは2012年暮れにリリースされた27インチ iMacにした。それが現在使っているマシンである。   
その当時、Mac Proから iMacというと随分能力が落ちるだろうとの印象を受けるかも知れないが、ご承知のようにMac Proのアップデートがずっと遅れていたこと、そして拡張性は別だが iMacそのもののスペックが急速に向上したため、その時点でもいくつかの処理スピードにおいて女房が購入した iMacの方が優れている部分が多い事に驚いたからだ。
それに、私のささやかな仕事にしても一時期のように時間に追われるシビアなものは少なくなっているから。したがって iMacで十分になったと判断したからでもあるし、何よりもコストパフォーマンスの高さを考えればiMacはピカイチである。

そのLate2012の27インチ iMacだが、丸4年半使ってきたものの内蔵Fusion Driveに危惧を生じるようになった。一端システムを消去の上でフォーマットし最新のmacOSでもインストールすると良いのかも知れないしFusion Driveを新品に交換すればまだ使えるに違いない。しかし我が家にはというより自分用のMacはこれ一台だけで代替もない。なによりもRetina 5Kディスプレイを是非是非使ってみたいと思っていたこともあり現行マシンが動作しているうちにと新しいiMac購入を決断した。
なにしろ私にとってiMacはiPhoneよりなくてはならないもので、これなくしてウェブやブログの更新は勿論、小説も生み出すことは出来ない(笑)。

iMac_Late2017.jpg

※約4年半ぶりに27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)を購入


とはいえ、一昔前のように何もかも贅沢をいえる身分ではない。また安くなったとは言え我が家にとっては大きな出費であるが新しい iMacを購入するにあたり、譲れない点もある。
まず第1にディスプレイのサイズである。これまでApple 30インチ Cinema HD Displayや iMacも27インチモデルを選択してきた経緯からディスプレイのサイズはやはり大きいものを使いたい。そしてメモリも最低32GBは必要だと考えた。
またAppleCareも不可欠だ。なにしろこの新しいマシンも3年は当然、できれば4年は持たせたいからだ。

さてその27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデルだが、一見そのデザインからこれまでの iMacとあまり変わっていない印象を受ける人も多いかも知れない。しかし私見ながら変に考えすぎた形で変更を加えられていなかったことに安堵した。いってみればiMacのデザインは一体型マシンとしては完成形であるといえよう。
一年8ヶ月ぶりのモデルチェッジだというのに変化がないと思うのは人それぞれだろうが、そのスペックは実に期待以上のものだといえる。
ざっと見てもCPUが7世代コアプロセッサ Kabe Lake世代になったこと、GPUも最新のRadeon Pro 500シリーズになりmacOS High Sierraにアップグレードへの期待も高まる。さらにThunderbolt3の搭載、そして申し上げるまでもないが500ニトという驚異の輝度と10bitの階調表現を持つRetina 5K Displayを考えると待っていた甲斐がある最高のiMacだといってよいのではないか。

届いた27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルをこれからセットアップだが、データの移行を含めてこれまで一度で何の問題もなく済んだ例はない(笑)。面倒なあれこれが待っているかも知れないがそれも楽しんでみよう。しかし…ふと新しいiMacを眺めて考えた。

よく老人が「この桜をあと何度見ることができるのか」と呟くシーンが小説やドラマに出てくるが、私にとってのMacは後何世代、何台の利用が可能なのかを思うと少々寂しくなってきた。
まあ今回のマシンが最後だった…とならないように日々の健康に注意することにして新しいマシンを楽しむことにしたい(爆)。



久々にアップグレードした「Techtool Pro 9.5」を手にして

Mac用総合診断・修復ユーティリティの定番と称される Techtool Pro を4年ぶりにアップデートしてみた。これまでの最新版は2013年にパッケージを購入した Version7だが、今回は安価な最新のダウンロード版 Version 9.5だ。ただしこの種のツールはときに諸刃の剣となることも体験しているので100%頼り切るのは憚れるものの、やはりあると便利なのだ。


こうしたツール類が気になるのは最近メインマシンの調子がイマイチだからでもある。いまではインストールしたままのTechtool Pro Version 7はまったくといって使っていなかったが、いろいろと調べ、あるいは確認しておきたいことがあったのでこれを機会にとアップデートした次第。

TexhtoolPro95_01.jpg

※Micromat社の「Techtool Pro 9.5」起動初期画面


ところでこのTechtoolという診断リカバリーツールの歴史は古い。なにしろAppleCare Protection Planのパッケージがあったころ、その中に簡易版のCDが同梱されていた時代があった。まるでアップルのお墨付きともいえるような診断ツールで、アップルのサポートへ連絡する前には一度このツールで診断してからにするよう言われたこともある。
その時代のTechtoolのインターフェースは味も素っ気も無いものだったが、近年のTechtool Proは検証時の様子を実に上手くデザインしユーザーにわかりやすく見せている点は素晴らしい。

ちなみに個人的には日常のメンテナンスには別のツールを愛用していることでもあり、Techtool Proは例えばファイルの最適化とかディスクアクセス権修復といった修復ツールというより、コンピュータが正常に動作しているかの診断、増設や交換時のメモリテスト、ハードディスクドライブのSMARTチェックなど、どちらかといえばハードウェアの診断ツールとして活用する傾向がある。
特に増設メモリを買ってセットアップした後は必ずといって良いほどTechtool Proで正常に認識し動作しているかを確認したものだ。

今回のVersion 9.5で目立つ機能としては「キャッシュ再構築」と「システムメンテナンス」そして「データリカバリー」があるが「データリカバリー」はHDDのみのユーザーに限り、SSDとかFusion DriveのMacは使えない。
繰り返すが、Techtool Proを必要としたのはMacに何不都合を感じたからだ。どうにも最近メインマシンの調子がイマイチなので出来うる限りのメンテナンスと検証の上で総合判断したいと思った。

そもそもメインマシンは iMac 27" Late 2012だからしてすでに5年目に入っている。とはいえ購入の際は懐具合もよかったからオプションでプロセッサは3.4 GHz Intel Core i7にしたこともあって愛着がある。
しかし1ヶ月ほど前からレインボーマークが回ることが目立つようになったのでよい機会だからと他のツールをも含めて買い替え時であるかを判断しようと思った次第。

さて、すべての原因が判明したわけではないが、Techtool Proで内蔵および外付けハードディスクの検証をやったところ、システムがインストールされている外付けハードディスクにいきなりSMART警告が出た。2TBのThunderbolt仕様HDDが致命的な状態となっていたことが判明。至急データを別のハードディスクにコピーしておいたが、翌日には…クラッシュとなった。

TexhtoolPro95_04.jpg

※4年使ったThunderbolt仕様のHDDがSMART警告翌日にクラッシュ


ということで、たまたまだとしても珍しく?Techtool Proがデータを救ってくれたことになる。
それにレインボーマークの原因はやはり外付けハードディスクのアクセスが正常でなかったことが要因のひとつだったようで問題のハードディスクを取り外してからはほとんど出なくなっている。
ただしTechtool Proの情報が正しいかどうかはユーザーの立場からは分かりようがない。例えばHDDのSMART情報にしても別のソフトウェアで計測してみるとかなり結果が違うケースも経験しているので最終判断は難しい。

またあくまでTechtool Proによる検証結果ではあるが、1TB 内蔵起動ハードディスクのSMARTチェック結果は温度変化に弱くなっていること、シークエラー発生率と読み込みエラー発生率に危惧があることを示している。

TexhtoolPro95_03.jpg

※「Techtool Pro 9.5」で起動HDDのSMART確認結果。すぐに壊れるということではないが劣化進行中といった感じ


取り急ぎ内部温度を下げるため「Mac Fan Control」というユーティリティーでファンを強制的に回して時間稼ぎをしているが、そろそろこの機会にハードディスクを物理フォーマットしてOS X YosemiteをmacOS Sierraにアップデートし、それでもダメなら買い換える必要があると判断した。
ともあれMacはなくてはならないツールなので最優先でことに当たらなければならないが、そうした判断に際しても「Techtool Pro 9.5」はひとつの目安を与えてくれる。


ATOKディープコアエンジンを新搭載した「ATOK 2017」を手にして

日本語入力システム ATOK 2017を購入した。製品名に年号が付くようになってからほぼ毎年アップデートを続けてきた。しかし例えばATOK 2014, 2015, 2016の変化を見ても新機能や変換効率が向上していると謳われている割にはその恩恵を意識できないことが続いていた。さてそれではATOK 2017は買うべきか、迷った。


いまさらではあるが、ATOK(エイトック)とは “Advanced Technology Of Kana-Kanji transfer” の頭文字をという日本語入力・変換を実現する日本語入力システムである。
マッキントッシュに日本語入力機能が搭載される前から私はNEC PC-9801で一太郎に搭載されていた日本語漢字変換システムを使っていた。1985年のことだ。
その後ATOK 7からだと思ったが、日本語変換エンジンが一太郎から分離し単体販売となりマッキントッシュ用バージョンが登場してからこの方ずっとATOKを愛用してきた。

ATOK2017_01.jpg

※ATOK 2017 プレミアムのパッケージ


ATOKを選んだのは確かに日本語変換効率が良かったからだが近年はアップル標準の「ことえり」の性能がアップされたこともありATOK離れも耳にするようになった。
個人的に毎年ATOKの新バージョンを購入するのは、日々大量の文章を入力する身として慣れた環境を壊したくないという単純な思いとマック版日本語漢字変換システムとして長くサポートしてきたジャストシステムの熱意に敬意を表したいと思うからでもある。

しかし正直、例えばATOK 2014, ATOK 2015, ATOK 2016の3年間を振り返っても確かにスペック的に変換効率が向上し新機能が搭載されてはいるものの、その恩恵を感じられないでいた。
今年もATOK 2017がアナウンスされたとき、またまたアップデートすべきか、あるいは「ことえり」はともかくとしてもATOK 2016のままでもよいかも知れないとも考えたが、ATOK 2107のアナウンスによれば「10年ぶりに変換エンジンを刷新」とあり、ATOKディープコアエンジンを新搭載とも記されていた。
これが文字通りなら「今年こそアップデートの恩恵を感じることができるかも」と結局ポチッとしてしまった。

ATOK2017_03.jpg

※現在パッケージはATOK 2015とATOK 2016しか残っていないが、ATOKはマック版登場以前からのユーザーである


新・変換エンジン「ATOKディープコアエンジン」は話題の人工知能(AI)技術「ディープラーニング」を採用したもので、より日本語の特徴をとらえた変換結果を提示とある。そして新変換エンジンの採用でATOK 2016と比べ誤変換を30%削減できるとされる。
勿論誤解があってはまずいが、ATOK 2017の日本語変換システムがディープラーニング、すなわち多層構造のニューラルネットワークを用いた機械学習機能を利用者側に公開しているわけではない。あくまで新しい変換エンジンを構築するのにディープラーニング技術を用いたということだ。
ジャストシステムのサイトにも「従来のATOKかな漢字変換のアルゴリズムに加え、『新たに抽出した日本語の特徴』を変換エンジンに組み込み、性能をアップしました。」とあり、ATOKの変換エンジンそのものがディープラーニングによりリアルタイムに進化していくわけではない。

とはいえディープラーニングとはどういうことなのかは概念的に理解しているつもりでも、こと具体的にATOK 2017がいわゆるどの程度の、どのような大量の日本語テキスト(ビッグデータ)を活用したのかについては公開されておらず、ATOK 2016と比べ誤変換を30%削減できるといってもそれはユーザーそれぞれの使用環境下でどう感じるかはまったく不明だ。

そもそも日本語は同音異義語が複雑に絡み大変一発で変換精度を上げるのは難しい。それに日本語は話し言葉だけでなく文語もある。
ATOK 2017は変換の際に話し言葉(方言を含む)なのか文語なのかを指定できる「表現モード」の切替ができるし、環境設定ファイルを利用しアプリケーションごとに入力・変換の設定が自動的に切り替わるキーワードチャージ機能もあるものの、それはあくまで学習の重み付けであり本当の意味でユーザーが入力したカナあるいはローマ字入力の意味をエンジンが理解し間違いない日本語変換ができるまでにはまだまだ長い時間が必要だと思われる。

例えばATOK 2017で「いしゃがかんしをてにしゅじゅつだいにちかづいた」を変換すると「医者が監視を手に手術代に近づいた」と変換してしまう。
現在のレベルでは「監視を手に」という言葉が不自然であることを変換エンジンが理解しているわけではないのだから仕方がない。したがってまだまだ本当の意味で前後の脈絡、すなわち単語や文章の意味をすべて理解して変換しているわけではないこともわかる。未来のAI 変換なら「医者が手にするのは監視ではなく鉗子に違いない」という推測ができるようになるのだろうか。
無論ATOKでも一度「医者が鉗子を手に...」と手動で同音異義語を示せば次からは正確に変換するが、それは理解したのではなく同音異義語の学習により重み付けが変わっただけだ。

ではATOK 2017はATOK 2016と違わないのかといえば、個人的な感想だが「買っただけのことはある」と考えている。
ひとつにはブログやウェブサイト向けの原稿を書くにも、最近力を入れている時代小説を書くにもそれなりに柔軟な日本語変換ができていることを実感できたこと、そしてこれはたまたまなのかも知れないがATOK 2016はエディターはもとよりだがテキスト入力していると時にレインボーマークが回り始めることがあったが(OS X Yosemite 10.10.5)ATOK 2017にしてからその症状が出なくなった。
様々なアプリケーション上でテキスト入力時に発生するのでATOK 2016のバグではないかと疑っていたが、いまのところそうした厄介な現象から解放されているので嬉しい。

今年35周年を迎えるというATOK 2017だが、これからも進化を続けるなら使い続けていきたい。しかしAIとかディープラーニングといった言葉だけで未来を先取りしているようなイメージを与えたり受けたりしては間違いの元だ。とはいえできることなら、私の目が黒いうちに、真の意味においてAI の凄さを実感できるような日本語変換エンジンを体験してみたいものだ。



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。ゆうMUG会員