足元の冷えに、人感センサー付ぽかぽか足湯ヒートを買ってみた

我が家には一応エアコンもあれば各種暖房器具もあるが、こと仕事場においては暖房の場合、エアコンや温風ヒーター類は極力使っていない。電気代節約といった話し以前にまず温風が体に当たるのが苦手な事、そして皮膚や目、喉の乾燥が嫌だからだ。


ではどうしているか…。真冬の場合、部屋でも薄手のダウンジャケットを着て電気足温器と電気膝掛けを愛用してきた。このスタイルでこの10年間以上過ごしているが、ちなみに電気足温器と電気膝掛け共に消費電力はそれぞれ40Wと50Wであり、他の電気暖房器具と比べて電気代も僅かだ。

FootHeat_01.jpg

※人感センサー付ぽかぽか足湯ヒート (CH-T1834 WH)パッケージ


さてその愛用の電気足温器が些か古くなったので新しい製品を買おうと考えたが、たまたま同じように足元を温める足専用の暖房器具が目についたので興味本位で買ってみた。それが「人感センサー付ぽかぽか足湯ヒート」である。
デザインは箱形で前面が空いており、ちょうど “かまくら” のような形だ。したがってヒーターの熱が逃げにくいという。
サイズは幅33 × 奥行き23 × 高さ20.6センチほどで重さは約2kgである。

FootHeat_02.jpg

※ぽかぽか足湯ヒート本体


消費電力は前記した製品たちと比較すると130Wと些か高いが他の暖房器と比べればかなり経済的である。
使い方は電源を入れた「ぽかぽか足湯ヒート」に足先を突っ込むだけだが、ではマット式足温器とどう違うのか…。
無論お互いに決まった使い方があるわけでもないだろうが、足温器の場合はスリッパを脱いで靴下のままポケットに足を入れる。もしスリッパごと入れても足裏は温かく感じない。

FootHeat_04.jpg

※正面上部の操作部。右から電源、オフタイマー、センサーON・OFF、送風の各ボタンと人感センサー


その点「ぽかぽか足湯ヒート」の場合はスリッパを履いたままでも温かみは全体を包んでくれるし基本は弱い温風ヒーターなので足先だけでなく足首あたりまで温めてくれる。無論スリッパを脱げばなお暖かい。

またモードとして「足湯モード」と「送風モード」があるが、「足湯モード」はほとんど送風は感じられずじわっと温めてくれる。まさに足湯のように。ただし温度調節はできない。
また「送風モード」にすればその名の通り送風が始まり、暖房の範囲は拡がる感じだ。とはいえ一般的な温風ヒーターの強さは無く、あくまで足先・足元を温めるのが目的なので広い範囲の暖房は当然望めない。
なお足を温めるというと気になるのは臭いではないだろうか。その点も本体内側天井部にある吸気口には活性炭フィルターがあり臭いを軽減してくれる。この活性炭フィルターは消耗品で別途購入可能だ。

FootHeat_03.jpg

※内側上部に吸気口、正面にヒーター吹き出し口がある


さらにオフタイマーだけでなく人感センターを装備しているので場所を離れれば自動的に運転を停止し、約2メートル内に近づくと電源が入る。またオフタイマーの設定が1時間、2時間、4時間に設定できる。
なお、点灯時自動スイッチオフ機能、何らかの理由で温度が上昇し過ぎた場合はサーモスタットが作動し,自動的に運転が停止されるなど安全面もしっかりしている。

肝心の暖かさだが長時間足先を突っ込んでいたとしても熱く感じるまでには至らない暖かさといえばよいのだろうか。ただし床に置くわけで例えばフローリングに設置した場合、床の温度や室温にも関係してくる。

FootHeat_05.jpg

※足先を入れる間口は幅約275mmほど


ということで一週間ほど使ってみた感想だが、これまでの足温器と違う点として本製品は基本温風ヒーターなので「足湯モード」時でも多少の音がすることだ。またこれが人によって長所にも短所にもなる点かと思うが、足を入れる幅が約275mmほどで、両足をスリッパのまま入れることが出来るものの、幅に大きな余裕は無く構造上足を入れるのは正面からのみであることなどから融通が効かず堅苦しいと考える方もいるかも知れない。また本体は高さがあるので邪魔に感じる場合もある…。
これから本格的な冬到来となるが、無くてはならないアイテムとなるかどうかはいま暫く足元に置いて試してみたい。





一枚の写真から面白動画を作る「Mug Life」を検証

前に「顔写真を笑顔にする iOSアプリ「FaceApp」を検証」と題した記事をご紹介した。今回は私にとってその拡張版といった捉え方をしている同じくiOSアプリ「Mug Life」というソフトウェアをご紹介してみよう。これは一枚の顔写真に様々な表情の変化、それもリアルな動画を作ってくれるものだ。


「Mug Life」本来の目的は一枚の写真からしかめっ面、笑い顔、怒った顔などなどといった面白動画を形成するアプリだとすれば、私の求めている機能とは些か違う。しかし前記した「FaceApp」が表情としてのテンプレートが微笑と歯を見せた笑顔程度しか求めるバリエーションがないため苦肉の策で「Mug Life」を使ってみることにした。

個人的な用途というか目的は本来動かないマネキンモデルの顔に表情をつけたいのである。足掛け三年、なんだかんだと時間とお金をかけたお気に入りの専属モデルのポートレイトを微笑ませたり時にお茶目な表情をさせたいのだが「FaceApp」にはそうした気の利いたテンプレートはないようだ。
また「Mug Life」にしてもテンプレートとしてはウケを狙った可笑しな動画がほとんどで本来私の目的には適さないものがほとんどだ。しかしアプリ内課金をすればある程度表情を作れるというのでやってみた…。

「Mug Life」の使い勝手は UI が日本語でないことはともかくとしてもあまり使いやすいとは言えない。しかしこれだけの機能を持つソフトが他にないのだから背に腹は代えられないとまずはMacに貯め込んである写真の一枚をiCloud写真に転送して試すことに。
ともあれ「Mug Life」でどのような表現をしたいのか…によりアプローチは変わるが、ここではあくまで一枚のポートレイトに自然な表情をつけて動画を作り、そのワンフレームをキャプチャして再びポートレイトにしたいというのが目的だ。
また以下はすでにアプリの登録およびアプリ内課金が済んでいることを前提に話しを進めたい。

まずアプリを起動すると共有登録された数々の作例を見ることが出来る。どのようことができるかの概要はこれらを見ていくことで分かるに違いない。
さてここではトップ画面右上にあるカメラアイコンをタップする。すると元となる写真をカメラでリアルタイムに撮影するか、カメラロールにあるものを使うかの選択を迫られる。
ここではMacからiCloud写真にコピーした写真を使うのでカメラロールをタップする。そしてカメラロールから目的の写真をロードする。

MugLife_01.jpg


表示された写真はすでに何らかの動きを始めているはずだが、下にいくつかテンプレートが表示されており、それらをタップすることでロードした写真にそれに応じた表情の動きをさせることができるが、ここでは左下の「作成」ボタンをタップして先に進む。
すると顔の中央が矩形で囲まれ、その右上にスパナのアイコンがあるのでそれをタップする。そして続いて「顔のポーズをとる」をタップして次に進む。

MugLife_02.jpg


さて顔の各部位に青いマーカー(点)がついているのがわかる。これらが写真の顔の目鼻立ちを認識した位置情報である。アプローチは一様ではないが、例えば右下にある黄色い絵文字のようなアイコンをタップするといわゆる表情の基本とも言える様々なテンプレートとなるアイコンが表示し、それらを選択することで写真に表情を与えることが出来る。
さらに画面を拡大し、マーカーを移動すれば口元や目元の位置が変わり必然的に表情が違ってくる。
そして表情のバリエーションは複数のものを時間軸につないでいくことができる。

MugLife_03.jpg


ともかくこの辺の編集過程については奥が深いというか些か難しく例えばワイヤーフレーム機能からは各パーツをより詳細に編集が可能になったりする。

MugLife_08.jpg


さて、目的の表情をさせることができたとしようか。くどいようだがアプリ上は動画だが私の目的は一連の動画を作って楽しむのではなく、その動画から目的の表情の一フレームを取り出すのが目的なのだ。
それでは保存する前に「長さ」のアイコンタップし、文字通り動画のループ時間を設定する。デフォルトでは4秒になっているはずだが、ここは後で扱いやすさを考えて10秒とか15にしておくことをお勧めする。

MugLife_04.jpg


「変更を確定」ボタンをタップして元の画面に戻り、右上のチェックマークをタップすると最初の編集モード、すなわちスパナのアイコンがある矩形表示の写真に戻る。
ここで右上のフロッピーアイコンをタップしてすると保存の画面となる。「保存」ボタンを押すと共有先を選択する画面になる。

MugLife_05.jpg


自身でファイルを活用するのだから「カメラロール」を選択し続いて「ビデオループ」にするとか直接自身のメルアドに転送するなど活用しやすい方法で保存する。



※Mug Lifeによる一例


後は説明することもないだろうが動画を読み込めるアプリで表示した後、お気に入りのフレームをキャプチャするだけだ。

MugLife_09.jpg

MugLife_07.jpg

※上の左がオリジナル写真。右はデジタルコスメチックソフトで化粧を施し、下はMug Lifeで表情を加えた動画からお気に入りのワンフレームを抜き出した例


ということで正直思うような表情を作り出すのはなかなか面倒だが、願わくばやはりMac版のアプリケーションが欲しい。しかし無いものねだりをしてるだけでは前に進めないから、まずは色々と活用して楽しんでみたい。


J&T 3DプリンターDIYキット、押出ノズルユニット交換によりやっと実利用環境が整った

J&T Technology​のDIYキット(JT-28-004)3Dプリンターが気に入って使い始めたが残念な事にノズル詰まりが起きてしまった。別途ご報告したように一応押出ノズルユニットをエクストルーダーから外してノズルを交換し事なきを得たと思ったら…どうにも具合がよくない。


Nozzle replacement_00

※J&T Technology​のDIYキット(JT-28-004)3Dプリンター

仕方なくこれも勉強だと再度分解し、押出のパイプ内にあるPTFE(テフロン)チューブに至るまでを確認し調整してみたが思うような結果は得られなかったのでこの際ホットエンドユニットごと取り替えてみようと考えた。それにちょうどよいタイミングで必要な部品がAmazonで購入できるようになっていた。
今後も同様なトラブルも多々あり得ると判断しエクストルーダーまるごと×1個、押出ノズルユニット×3個、そして0.4mmのノズル1個を注文した。

Nozzle replacement_02

※届いたエクストルーダー、押出ノズルユニットそしてノズル


ただし現時点では国内配送では無く中国の深浅からの発送なので過去の経験から到着まで20日ほどかかることを覚悟し待った。無論その間3Dプリンターは使えなかったわけだが、部品レベルに至る知識が得られたのは収穫だと考えることに…。
ともあれ前記した注文品が届けば当分ノズル関係のトラブルがあっても3Dプリンターを使い続けることができるだろうと期待。

Nozzle replacement_03

※押出ノズルユニットを含むエクストルーダー


また、凝り性なので別途PTFEチューブやそのチューブを直角に切断するためのチューブカッターなるもの、そしてノズルや押出機などを外したりネジを締めたりが容易にと専用のツールなども順次揃えてきた。
勿論ノズル詰まりなどそうそうあっては困るが、理由はともかく現実に直面するとなれば対処するしかないのだから…。

Nozzle replacement_06

※PTFEチューブとチューブカッター


Nozzle replacement_07

※ノズルに適合するレンチ


Nozzle replacement_08

※小型で先端厚が2mmの自在スパナ


Nozzle replacement_09

※ノズル詰まり掃除用ツール


さて肝心の注文品だがピッタリというか20日目に無事到着したので前記したように今回はノズルだけの交換では無く押出ノズルユニット全体を新品と交換することにした。
エクストルーダーから押出ノズルユニットを取り外したり組み立てたりしたおかげで難なく取り替えることができたが、一応本体のX軸ユニットとプラットフォームの平行を調整した上でホットベッドの水平出しを念入りに行った。

その上でSDカードにあるテストプリントデータをプリントしてみることにする。フィラメントはPLAだ。
調整をきちんと行ったからだろう、強化硝子製のホットベッドにシートや糊は勿論、ラフトも設定せずにきちんと積層し綺麗なプリント結果が得られた。

Nozzle replacement_04

※テストプリントは上々


なお今回のプリントからはフィラメントはスプールのままPrintDryにセットし、そこからエクストルーダーに引き込むことにした。この方法をやりたいがためにこれまでPrintDryのテストも重ねてきたしそのスペースの確保も考えた。
これでフィラメントをセットし続けても湿気で劣化することを極力抑えられるし場合によっては乾燥しながらでもプリント可能なのは心強い。

Nozzle replacement_05

※フィラメントは乾燥しながら供給も出来るPrintDryから直接エクストルーダーへ


ということで、一応 J&T Technology​のDIYキット(JT-28-004)は組立から調整、そしてノズル詰まりなどを経験したことから基板や制御系統を別にすれば全体の仕組みが理解できつつあるしいつでも再調整およびメンテができるまでになったと考えている。



2軸 デジタル角度計 DXL360S ファーストインプレッション

組立式の3Dプリンターを使い始めると必然的に精度の高い調整が求められる。誤解を恐れずにいうなら3Dプリンターで綺麗な造形をするためには水平出しをこまめに行うことに尽きると思っている。特にフレーム型の3Dプリンターは組立時はもとより、設置および運用時にエクストルーダーが正確に動作するためにも正確な水平・垂直調節は不可欠だ。


これまでにも水泡式の簡易水平器は持っていたがどうにも心許ないのでデジタル水平器を買った。それは精度や機能に不満はなかったが液晶表示部にバックライトがないため、視力の弱い私には角度によって表示の数値が見えないことが多く使いづらいため今般買い換えた。
それが2軸 デジタル角度計 DXL360Sである。

DXL360S_00.jpg

※2軸デジタル角度計 DXL360Sパッケージ


DXL360Sはサイズが縦横7センチ、厚みが2.8センチで重量は120g程度である。スペックは ±0.05°の高精度、0.01°の高分解能と私の目的には十分以上の能力を持っている。そしてリチウムポリマー電池内蔵型でUSBケーブルにて充電でき、連続40時間の電池寿命があるという。
付属品はUSBケーブル、ACアダプター、マニュアルだがマニュアルは英文と中国語表記で日本語ページはない。 

DXL360S_01.jpg

※パッケージには本体およびUSBケーブル、ACアダプター、マニュアルが


ともかくバックライト付きのモノカラーLCDはとても見やすいのが一番の利点。そしてシングルとデュアル軸2軸の角度を簡単に測定できる。
キャリブレーション機能を有し、指定角度範囲に入るとアラームを鳴らすこともでき、任意の角度を決めやすい。さらに4隅すべてがマグネットベースになっているため鉄製のアイテムだとさらに使いやすくなる。
なおフロントカラーが濃いオレンジ色なのが当初気になったが、機器類を探し回ることが多い私としては目立って良いかも知れない(笑)。

DXL360S_02.jpg

※計測部位に置けば即角度が表示される


基本的な計測は簡単だ。といっても私の主な用途は組み立てた3Dプリンターを常に正確に調整するためなのだが…。
例えば3Dプリンターの組立具合、具体的には縦位置のフレームと横位置のプラットフォーム部位を正確に水平垂直に調整するにも具合がよろしい。
まずは電源を入れ、DXL360S をフレームの水平部や垂直部に置くだけだ。このとき計測面が鉄製ならDXL360Sに内蔵のマグネットが本体を保持してくれる。私の3Dプリンターの部材はアルミ製なので磁石は役立たないが…。

DXL360S_03.jpg

※垂直度を測るのも簡単


さらにホットベッドなどの水平確認を行う場合、X,Yの2軸モードは都合が良い。
DXL360Sのフロント面を上に置けば表示は2軸モードとなるが単体の軸計測の場合も含め、E BUBBLE すなわちアナログの水平器を模したガイドが表示するのでどちらの方向に傾いているかの認識がしやすく補正もやりやすい。

DXL360S_04.jpg

※平面に平置きすればX,Yの2軸モードが確認出来る


実際にはさらに高度な使い方もできるDXL360Sだが、取り急ぎ基本中の基本をご紹介した。
お気に入りのアイテムがひとつ増えた!






「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」ファーストインプレッション

三台目の3Dプリンターとして「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」を買ったわけだが、なぜ当該製品を選んだのかについては別項「三台目の3Dプリンター「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」を何故選んだか」を参照いただくとして、ここでは第一印象程度になるが使用感などを記してみたい。


「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」は私にとって初めての組立キットである。正直組立に絶対なる自信などあるはずもなくトラブルも覚悟した上での選択だった。

JT3DプリンターB_01

※組立調整が済んだ「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」


ただし組立といってもすべての部品を組んでいくといったことではなくフレーム、プラットフォームそしてコントローラーボックスといった大別して三つのブロックを組み上げて配線することになる。したがって3Dプリンターの理屈を理解している人には難しいことはないに違いない。
とはいえ一応日本語の組立マニュアルが同梱されているが、自身で意訳しながら読まなければならない部位もあり、もしこれが最初の3Dプリンターであったなら私は無事に組立ができたとは思えない。

JT3DプリンターB_02

※表紙を含めて19ページの日本語マニュアル


購入はAmazonからだったが、その説明によれば30分程度で組立は終わると記されていた。無論それを鵜呑みにするわけではないが、部品の欠如とか初期不良も含めて何の問題もなく組立が完了するとは思っていなかった…。
まずは前記したフレームとプラットフォームを組立後、コントローラーボックスからの配線を各部のコネクターに接続する。
これまたマニュアルを何度も読みながら間違いないようにと確認しつつ接続する。そしてコントローラーの電源仕様が110V設定になっていることを確認して電源を入れマニュアルに従って調整と動作確認をすることに…。

JT3DプリンターB_06

JT3DプリンターB_05

※配線はすべてコントローラボックスから出ているコードを指定のコネクタに差し込む(上)。電源を入れる前にコントローラボックスの設定が110Vになっているかを確認(下)


詳細なことを記すと煩雑になるから遠慮するが、私の場合一度で何の問題もなく付属のSDカードにあるサンプルデータのプリントが完了したのには自分で驚いた。無論水平出しは行ったが初めて経験することになった特殊強化ガラスだという加熱プラットフォームのまま、そして糊も使わずラフトも指定しないデータのプリントが難なくできた。

JT3DプリンターB_09

※特殊強化ガラスの加熱プラットフォームのまま、糊も使わずラフトも指定しないサンプルデータのプリントが綺麗に出来たのには驚いた


ただしそれですべてが上々とはいかなかった。
一番の問題はフレームとプラットフォームの接続と組立が甘かったようでフレームが歪み、エクストルーダーを含むX軸のフレームがスムーズにZ軸を上下しないというトラブルが生じた。
取り急ぎ適当に繕うことで何度かプリントを試みたがテストプリントの時とは違いプラットフォームに第一層が定着せずX軸のフレームの動作も正確では無い。

ここで冷静になり全体を確認し見直すことにした。結果どうやらフレームがプラットフォームに正確に納まっていないように思えたので一旦外して水平と垂直を図りながら最初から組立し直した。
フレームとプラットフォームとの接続は付属のZ軸リミットスイッチを含むプレートとZ軸固定プレートでそれぞれ左右にねじで固定するが、長さが58cmほどもある頑丈なアルミ製のフレームだからしてこれがしっかり垂直に組み立てられていることがキモとなる。

JT3DプリンターB_03

JT3DプリンターB_04

※プラットフオームとフレームは両サイド共にZ軸固定プレートでしっかりと確実に固定する必要あり


後はエクストルーダーを含み上下フレームを行き来する軸の左右が正確に水平であるかの調整もしっかりやらないとスムーズに上下しないしプラットフォームをいくら水平出ししても正確なプリントは望めない。
ともあれ再度見直した後はきちんと動作したしそのプリント結果は期待させるに十分な精度だった。

Amazonの製品ページには組立は30分程度でとあるが嘘ではない。ただし熟知した者という前提での話しに違いない。もし私が改めて当該製品を一から組立るのであれば確かに30分で可能だと思うが、最初の経験者は時間を惜しまず確実に組み立てることだ。それがトラブルを回避する一番の心得だと思う。

というわけできちんと調整ができた「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」はコストパフォーマンスが良いし実用十分な能力を持っていると考えるがなにせ構成がシンプルなだけに動作を続けるうちに多々トラブルにも遭遇するに違いない。
勿論トラブルは避けたいものだが、程度問題ではあるもののDIYを謳う3Dプリンターはやはりトラブルはつきものであり、そのトラブル自体をも楽しみながら問題解決していくなかで3Dプリンターという素晴らしい製品の神髄を知ることができるような気もしている。

JT3DプリンターB_08

※「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」のエクストルーダー


事実私の「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」はいまノズルが詰まり、交換ユニットの到着を待っている。しかし幸いなことにメールによるサポートは実に丁寧で的確であるのが救いだ。
私にとって本製品は実用機であると共に最良の教材だと考え平常心を保っている(笑)。

さてまだまだ使い始めてから日が浅いので偉そうなことは言えないが、最後に本製品を使うにあたり留意点をいくつか記してみたい。

1)設置サイズがでかいので置き場所を確保するのが大変。特にコントローラーは配線上本体に向かって左に置く必要があるしそれ自体も結構大きい
2)配線後のケーブルを動作に支障ないように取りまとめる必要あり
3)ベッドの温度上昇が遅い
4)コントローラーの液晶表示は英語
5)動作音は59dB程度と意外に静か
6)水平出しは難しくはないがプラットフォーム下の蝶ネジ4本の操作はやりにくい

ともあれ本機「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」は最大造形サイズが 310 × 310 × 410mmという魅力的な製品でもある。
長い付き合いをしたいものだ。



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十一巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員