ビクトリノックスのアーミーナイフ

Victorinox.jpg

全長約6センチほどの小型でスイスのビクトリノックス製。本体片面には "Apple" のプリントがなされている。



Susan Kare作、サイン入りMacオリジナルアイコン・プリント

SKPrint_01.jpg

SKPrint_02.jpg

スーザン・ケアがAppleのMacチームでデザインした数々のアイコンはいまでも我々を魅惑する。これは彼女の直筆サインが入ったハッピーマック・アイコンをプリントした200枚限定作品。


1985年のスーパーボウルで配布されたAppleシートクッション

Applecushion_01.jpg

Applecushion_02.jpg

1984年1月22日にタンパスタジアムでAppleはあの伝説的コマーシャル”1984”を放映して大絶賛された。
翌年これに気をよくしたAppleはMacintosh Officeのキャンペーンにあたり、前作同様にリドリー・スコット監督を起用すべく働いたがスケジュールの都合が付かずに兄弟のトニー・スコットに製作を依頼してできあがったのが「レミングス」というコマーシャルだった。
Appleは前年同様膨大な広告費をかけ、スタンフォードスタジアムに巨大スクリーンを設置しただけでなく、座り心地が悪いことで知られていた85,500もの座席すべてにAppleロゴをプリントしたオリジナルシートクッションを特注し配置した。
勿論試合の当日スティーブ・ジョブズとジョン・スカリーは最前列で観戦したが、Appleの期待に反してコマーシャルは不評でありキャンペーンは失敗だった。
本シートクッションはシートナンバー ”27” が付いている記念すべき貴重な一枚である。





Apple Tutorial Wings Pin

AppleTutorialWingsPin.jpg

AppleはApple IIを積極的に販売していた80年代前半に教育向けディラーを介してPublic School Systemというプログラムを実践していた。
それは学生たちがAppleの定めた “Apple II Tutorial” を守備よく完了するとそれを証するためにアップルロゴに両翼がデザインされたこの「Apple Tutorial Lapel Pin」を与えられるというものだった。
「Apple Tutorial Lapel Pin」は真っ赤なアップルロゴが印刷された白い箱に入っており、ピンのサイズは約14mm×35mmである。


Apple Product Professional 認定ピンバッジ(2002年度)

ApplePPP.jpg

アップルが2002年度に行った販売員向けトレーニングで一定の成績を達成した方に、証明書と共に授与したステータスのピンバッチ。大きさは直径約11mm。


メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員