Vintage Computer、対象商品が10%引きとなるスペシャルクーポン提供中

Vintage Computerでは、5月末日まで対象商品が10%引きとなるスペシャルクーポンをご提供中。会計画面で以下のクーポンコードを入力すれば、対象の商品が10%引きとなる。


クーポンコード:2017May10

対象商品:
・Mac Pro CPUアップグレードキット全品
・Mac Pro用 8GB/16GBメモリー各種
・OWC Envoy Pro

Vintage Computer Inc.




Instagram、ロケーションとハッシュタグに関連するストーリーズ投稿を表示する機能追加

Instagramは2017年5月23日(米国時間)、Exploreページにロケーションやハッシュタグに関連するストーリーズ投稿(「インスタグラム ストーリーズ (Instagram Stories)」でシェアした写真や動画)を表示する機能の追加を発表。


   Instagram0524.jpg

Exploreページ(検索機能がある虫眼鏡アイコンのページ)は毎日1億以上の利用者が訪れ、様々なコミュニティや出来事を“発見”している世界最大級のプラットフォーム。今回追加される2つの機能によって、特定の場所で起こっている出来事や、興味関心に基づいたストーリーズ投稿をリアルタイムで楽しむことができるようになる。

機能の詳細は以下の通り。

・ロケーションのストーリーズ:
 Exploreページの上部に、今いる場所に関連するストーリーズ投稿が表示されるようになる。また、検索機能を使って都市やランドマークを検索すると、検索結果の一番上にストーリーズの丸いアイコンが表示され、その場所のロケーションスタンプを使ってシェアされた投稿を見ることが出来る。

・ハッシュタグのストーリーズ:
 特定のハッシュタグを検索した場合も、画面上部にそのタグを使ってシェアされたストーリーズ投稿が表示され、利用者の関心に合った投稿をより発見しやすくなります。

ロケーションスタンプやハッシュタグスタンプを使ったストーリーズ投稿をシェアすると、あなたの投稿が特定のロケーションやハッシュタグのストーリーズに追加されるかもしれない。投稿が追加されないようにするには、自分のストーリーズ投稿を見た人の一覧で「X」をタップし、非表示にできる。

今回のアップデートによって、自分の住んでいる地域の新たな風景を発見したり、例えば #今週もいただきますのハッシュタグを検索して食卓の献立のインスピレーションを得たり、Instagramを通して様々な体験を世界中の利用者とリアルタイムで共有し、より簡単に新しい世界を発見できるようになる。

これらの機能は本日より順次展開する。詳細に関しては、Instagramの日本語公式アカウント@instagramjapanより確認のこと。

Instagram 日本語版公式アカウント:



インスタグラム ストーリーズにフェイスフィルターなど4つの新たなツールを追加

Instagramは2017年5月17日(米国時間)、「インスタグラム ストーリーズ (Instagram Stories)」専用カメラにフェイスフィルターや「巻き戻し」撮影モード、またお絵かきツールにハッシュタグスタンプ、消しゴムを追加した。これらの新たなツールにより、利用者は日々のあらゆる瞬間をより楽しく、クリエイティブに演出することができるようになる。


image001.jpg

新たに追加された4つのツールは以下の通り。

△ フェイスフィルター:

  セルフィー(自撮り)写真や動画をより楽しく加工できる、遊び心のあるフェイスフィルターを追加。ストーリーズ専用カメラから、新しく追加された右下の顔マークのアイコンをタップするだけで、頭のまわりをグルグル回る数字のイラストや、ぴょこぴょこ動くコアラの耳を含む、全8種類のデザインが表示される。フェイスフィルターは「ブーメラン」などの撮影モードでも利用可能ー。

△ 「巻き戻し」:
  「ブーメラン」、「ハンズフリー撮影」に続く新しい撮影モードとして「巻き戻し」が登場し、撮影した動画の逆再生が可能になった。

△ ハッシュタグスタンプ:
  ハッシュタグスタンプを使用することで、ストーリーズ投稿にもハッシュタグを追加できる。写真や動画を撮影した後、画面右上のスタンプアイコン(ニコニコマークのアイコン)からハッシュタグスタンプを利用できる。また、メンション機能と同様、通常のテキストツールを使ってハッシュタグを追加することも可能。

△ 消しゴム:
お絵かきツールに新しく消しゴムが登場した。お絵かきしたものを消したり、上に重ねた色を消して写真を一部だけ見せるなど、よりクリエイティブにストーリーズ投稿を加工することができる。

今回のアップデートは本日より順次展開を開始し、数週間以内に世界中で利用が可能となる。ツールの詳細に関しては、Instagramの日本語公式アカウント@instagramjapanより確認できる。またチュートリアル動画についてはこちらから参照できる。



ファイルメーカー、新バージョン FileMaker 16 プラットフォームを発表

ファイルメーカー株式会社は5月10日、FileMaker 16 プラットフォームのリリースを発表した。これは、実績あるカスタム App 作成の統合プラットフォームの最新バージョン。


FileMaker16.jpg

FileMaker プラットフォームには、ビジネスチームがカスタム App を作成、共有、および実行するために必要なあらゆる機能が含まれているため、モバイル、クラウド、およびオンプレミスで展開するカスタム App の設計と配信をシンプルかつ速く実行できる。
新しいFileMaker 16 プラットフォームに組み込まれているパワフルで洗練された新機能は、チームがビジネス上の課題を迅速かつ簡単に解決するために役立つ。

FileMaker 16 プラットフォームの新機能:

・モビリティ:
 スクリプトを使用したアニメーションとトランジションが追加された。iOSアプリケーションのFileMaker Goでカスタム App を操作する際、視覚的なトランジションを提供することで、よりわかりやすくユーザを誘導する。また、領域監視のスクリプトステップを使って、iPadやiPhoneがiBeaconに近づいたとき自動的にアクションを実行したり、ジオフェンスに入ったとき自動的に位置情報を取得したりができる。

・統合:
 強化された cURL オプションや、あらかじめ定義された JSON 関数を FileMaker Pro で使用でき、他の Web サービスやアプリケーションとのデータ交換が簡単になる。

・開発:
 新しいレイアウトオブジェクトウインドウでは、レイアウト上のすべてのオブジェクトを階層的に表示された一覧で確認できる。 これにより、オブジェクトのセットをグループ解除しなくても、1 つのオブジェクトに対して簡単に変更を加えることができる。

・スケーラビリティ:
 FileMaker WebDirect を使用してアクセスする場合、最大 500 ユーザが同時にカスタム App を使用できるようになり、チーム全体でデータを共有しやすくなった。

・セキュリティ:
 サードパーティの認証プロバイダを使用した OAuth 2.0 によるシンプルな認証情報管理により、カスタム App のセキュリティと安全性が向上す。Amazon、Google、または Microsoft Azure のアカウント認証情報があれば、それを使用して FileMaker ベースのカスタム App にログインできる。

FileMaker 16 プラットフォームの詳細



Apple、第2四半期業績を発表

アップルジャパンは本日、米国報道発表資料抄訳として2017年4月1日を末日とする2017年度第2四半期の業績を発表した。当四半期の売上高は529億ドル、希薄化後の1株当り利益は2.10ドルとなった。前年同期は、売上高が506億ドル、希薄化後の1株当たり利益が1.90ドル。当四半期の米国市場以外の売上比率は65%。


Appleはまた、株主への資本還元プログラムに500億ドルを追加することを取締役会が承認し、同プログラムの実施期間を4四半期延長することを発表した。この拡大されたプログラムのもと、Appleは2019年3月末までに累積総額3,000億ドルを支出する予定。

還元プログラムの更新に伴い、取締役会は、自社株買いの承認額を1年前に発表した1,750億ドルから2,100億ドルに増額した。同社は引き続き、譲渡制限付き自社株取得権を正味株式決済する予定。

取締役会は、当社の四半期配当金を10.5%引き上げることを承認し、一株当たり0.63ドルの配当を実施することを宣言した。配当金は2017年5月15日の市場取引終了時点で株主名簿に記載されている株主を対象に、2017年5月18日に支払われる。
資本還元プログラムが始まった2012年8月から2017年3月までの間にAppleは2,110億ドル以上を株主に還元した。これには1,510億ドルの自社株買いが含まれている。

​Appleは2017年度第3四半期の業績について、以下の予想を提供している。

・売上高として435億ドルから455億ドル
・売上総利益率として37.5%から38.5%
・営業費用として66億ドルから67億ドル
・その他の収入/(費用)として4.5億ドル
・税率25.5%

Appleは、2017年度第2四半期業績発表のカンファレンスコールのライブストリーミングを、2017年5月2日14時00分(米国西部時間)より、Appleのウェブサイト(https://www.apple.com/investor/earnings-call/)で配信。このウェブキャストは、配信開始後約2週間にわたり再生が可能。

Apple Press Info




広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員