iPad Proを画板のように提げられる GABANケース2種を発売

トリニティ株式会社は7月19日、Apple社の10.5インチiPad Proに対応した「[GABAN] 衝撃吸収 画板バックケース」および「[GABAN] 衝撃吸収 画板フリップケース」を全国の家電量販店、一部雑貨店を通じて7月下旬より販売すると発表。


GABAN.jpg

△ [GABAN] 衝撃吸収 画板バックケース
  ショルダーストラップを4つ角に固定することで画板スタイルになる衝撃吸収性能を持ったバックケース。
  ・TPUとPCのハイブリッド構造でしっかりと衝撃吸収
  ・4角のダンパーにより衝撃からiPadを守る
  ・ショルダーストラップにはペンホルダー付き
  ・Apple純正 Smart Coverと併用可能

△ [GABAN] 衝撃吸収 画板フリップケース
  ショルダーストラップを4つ角に固定すると画板スタイルになる、フタ付タイプの衝撃吸収性能を持ったフリップケース。
・TPUとPCのハイブリッド構造でしっかりと衝撃吸収
・4角のダンパーとフタ付きで全方位の衝撃からiPadを守る
・フタを開けてON、閉じてOFF、スマートON/OFF機能付き
・ショルダーストラップにはペンホルダー付き
・卓上スタイルと作業に最適なタイピングスタイルの2段階スタンド

  【 主な対応機種 】
   10.5インチiPad Pro(2017年発売モデル)




「FileMaker カンファレンス 2017」オンライン事前登録を開始

ファイルメーカー株式会社7月11日、「FileMaker カンファレンス 2017」の詳細プログラムを公開し、オンライン事前登録を開始したと発表。本カンファレンスは、ファイルメーカー社が主催する日本最大のFileMaker総合イベント。2017年10月23日(月)〜25日(水)の3日間、パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県横浜市)にて開催される。


FileMaker0711.jpg

今年で9年目を迎える「FileMaker カンファレンス 2017」は、『つくるのも つなぐのも 自由自在』をメインテーマに、FileMakerプラットフォームでカスタム Appを作成する際に役立つ技術情報をはじめ、ビジネス導入を検討中の企業ユーザーのお客様向けに、製品ロードマップ、最新のベストプラクティス、お客様事例、内製化のヒント、より効率的に設計・構築・展開する方法やテクニックなど、幅広い情報を提供する。

2017年7月より「FileMaker Cloud」が日本でも利用可能になった。FileMaker Cloudは、AWS Marketplaceを通じて提供され、Amazon Web Services (AWS) クラウド上で稼働。FileMaker カンファレンス2017では、カスタム Appをクラウドに展開したいお客様向けのセッションも多数用意している。

FileMaker開発やコンサルティングに精通するFBA (FileMaker Business Alliance) パートナー企業が多数出展およびセッション登壇。さらに、FileMakerプラットフォームと連携して使用することでお客様に大きな利点をもたらすサービスやソリューションを提供するサードパーティ企業からの協力を得て、次の協賛企業がランチョン/スイーツセミナーやブース出展を行う:Dropbox Japan株式会社、SBクラウド株式会社、Tableau Japan株式会社、株式会社セゾン情報システムズ、日本電気株式会社。(順不同)

【開催概要】
 会 期:2017 年 10 月 23 日(月)〜2017 年 10 月 25 日(水)
 主 催:ファイルメーカー株式会社
 会 場:パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県横浜市)
 詳 細:http://www.filemaker.com/jp/conference
入場料:無料(事前登録制、トレーニングを除く)
※ カンファレンスの内容やスケジュールは予告なく変更になる場合がある。



インスタグラム ストーリーズ、消える写真・動画でも返信が可能に

Instagramは7月6日(米国時間)、「Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)」の投稿に写真や動画で返信できる機能を追加したことを発表した。ストーリーズ投稿に写真や動画といったビジュアルで返信することで、Instagram上でより気軽に友だちとの会話を楽しめるようになる。


instagram0707.jpg

今回のアップデートにより、利用者は既に導入されているテキストメッセージの送信に加え、フェイスフィルターやお絵かきツールなどを活用した遊び心のある写真や動画でストーリーズ投稿に返信することが可能になる。

本機能の利用方法は以下の通り。

・ストーリーズ投稿に返信するには、画面左下のカメラボタンをタップ。
・ストーリーズ専用カメラが立ち上がり、写真や動画、ブーメランなどを撮影できる。お絵かきツールやフェイスフィルターを使うことも可能。
・撮影した写真や動画には、返信しようとしているストーリーズ投稿のスタンプが含まれる。このスタンプは、位置を動かしたりサイズを変更することもできる。
・ 「送信する」をタップ後は、返信する前に閲覧していたストーリーズ投稿の続きから表示される。
・ストーリーズ投稿への返信は、テキストメッセージと同様に、ダイレクト機能の受信箱に表示される。これらの写真や動画は閲覧すると自動的に消える。

機能の詳細に関しては、Instagramの日本語公式アカウント@instagramjapanを参照のこと。




Instagram、スパムコメントを自動的に非表示にするフィルターが日本語にも対応

Instagramは6月29日(米国時間)、スパムコメントを自動的にブロックし、非表示にするスパムフィルターを追加したことを発表した。


Instagramに日々投稿される数百万件ものコメントのうち、スパムはごく少数。しかしInstagramでは、スパムはコミュニティに悪影響を及ぼすものとして、そのようなコンテンツをプラットフォーム上から排除するよう、積極的に改善に取り組んでいます。今回導入するスパムフィルターは機械学習(マシンラーニング)を応用した最新技術を用いたもので、利用者がスパムコメントを目にする必要がないよう、そのようなコメントを識別し、自動的に非表示にする。

Instagramでは、この技術を既に英語のスパムコメントに活用しており、その効果は証明されている。今回のアップデートで、新たに日本語を含む8の言語がスパムフィルターに対応するようになる。
また、不適切なコメントを自動的に非表示にするフィルターも同時に導入。コメントフィルターはまず英語版が利用可能になり、その他の言語も順次対応する予定。

機能の詳細に関しては、Instagramの日本語公式アカウント@instagramjapanをご参照ください。




MJSOFT、米moshiブランドのMacBook Proに対応USB-C ドッキングステーションリリース

株式会社MJSOFTは6月、米moshiブランドのMacBook Pro (Late 2016/ Mid 2017)およびMacBook 12インチに対応したUSB-C ドッキングステーション「moshi Symbus」をリリースしたと発表。


symbus.jpg

コンパクトUSB-C ドッキングステーション
moshi Symbus


《特徴》
・USB-C 搭載MacBook/ MacBook Pro対応のコンパクトドッキングステーション。
・外部ディスプレイ接続用 HDMI ポート(4K @ 30Hz、1080p @ 60Hz)装備。
・最大1000 Mbps の有線データ転送用のギガビットイーサネットポート。
・キーボード、マウス、またはハードドライブを接続用の2つの USB-A ポート。
・USB-C ラップトップを高速充電するフルUSB PD機能(最大65 W)。
・Smart LED 充電インジケーター搭載。
・USB ポートは、データ転送速度:最大 5Gbps (USB 3.1 Gen 1)。
・スマートフォンまたはタブレット(2.1A)を充電するための高速USBポート。
・Thunderbolt-3 互換、100%プラグアンドプレイ、ドライバ不要。
・専用アプリから、状態確認、イジェクト操作、ファームウェアアップデートが可能。

《仕様》
サイズ:11.5 x 7.1 x 2.9 cm、514 g 
ポート:
 HDMI(4K @ 30Hz、1080p @ 60Hz)x1ポート
 ギガビットイーサネットx1ポート
 USB(Type A/ USB 3.1)x2ポート(内1ポートが最大2.1A出力対応)

 USB-Cは、最大65W出力にてMacBookの充電に対応。

付属品:専用ACアダプター
対応機種:MacBook Pro 15 Late 2016/Mid 2017モデル、MacBook Pro 13 Late 2016/Mid 2017モデル、MacBook 12

商品詳細:http://moshi-shop.jp/product/peripheral/symbus/
想定販売価格:15,000円(税別)+税
発売日:2017年6月23日



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。ゆうMUG会員