Instagram、縦型の長尺動画を楽しめるアプリ「IGTV」を発表

Instagramは2018年6月20日(米国時間)、縦型の長尺動画を楽しめる新たな単独アプリ「IGTV」をローンチしたことを発表。また同時に、全世界の月間アクティブアカウント数が10億を突破したことを発表した。


igtv1.jpg

IGTVは従来とはまったく違う、新しい動画の視聴体験を楽しめるアプリで、普段モバイルを使うときの画面の向き=縦型に合わせてデザインされている。Instagramでは従来、60秒までの動画のみ投稿・視聴が可能だったが(フィードでは最大60秒、ストーリーズでは最大15秒の動画)、IGTVでは最長60分までの動画を楽しむことができる。

IGTVのアプリを開くと、テレビをつけたときと同じように自動的に動画が再生される。見たい動画やチャンネルを検索する必要はない。Instagram上ですでにフォローしているクリエイターの動画や、興味関心に近いクリエイターの動画が表示されるため、すぐに好きなコンテンツを視聴できる。また、メイン画面から上部にスワイプすると、[おすすめ] [フォロー中] [人気] [視聴を再開] のタブが表示され、より多くのコンテンツを閲覧することができる。
動画にいいね!やコメントをつけたり、ダイレクト機能を介して友だちとシェアしたりすることも可能。

IGTVでは、クリエイター自身がチャンネルとなる。IGTVで新たにクリエイターをフォローすると、彼らのInstagramアカウントも自動的にフォローされるため、ストーリーズ投稿やフィード投稿もチェックできるようになる。また、Instagramアカウントを持っていれば、誰でもIGTVに動画を投稿することができる。
なお、単独アプリに加えて、Instagramアプリ内からもIGTVの機能を楽しむことが可能す。

IGTVはiOS・アンドロイド版ともに、全世界で今後数週間以内に展開予定。サービスの詳細については以下ヘルプセンターを参照のこと。

ニュースルーム




Instagram、ストーリーズにメンションされた投稿をシェアできるツールを追加

Instagramは2018年6月7日(米国時間)、ストーリーズに自分がメンションされた投稿をシェアができるツールを追加したと発表。他のアカウントがストーリーズ投稿で利用者のアカウント名をメンションした際、メンションされた本人が、自分のストーリーズに同じ投稿をスタンプとしてシェアできるようになる(公開アカウントのみ対応)。


   Instagram0608.jpg

メンションをシェアできるツールの使用方法は以下の通り:

§ ダイレクト機能の受信箱に届いた通知をタップし、[これをストーリーズに追加]を選択
§ シェアするストーリーズ投稿を通常のスタンプと同様に、位置を動かしたり、サイズを変更する
§ 画面左下の[ストーリーズ]アイコンより、ストーリーズ投稿をシェア

また、本ツールを使用すると、元の投稿者のアカウント名がタップ可能な状態で表示されるため、該当するアカウントのプロフィールを簡単に閲覧することができる。

アップデートの詳細に関しては、ヘルプセンターよりご確認ください。




Apple、 iOS 12をプレビュー

Appleは本日、最も先進的なモバイルオペレーティングシステムの最新版、iOS 12を発表した。iOS 12は毎日行なう作業をより速く、機敏にすべく設計されている。


ios12_apple-memoji_06042018.jpg

iOS 12は、ARを使ってiOSユーザの世界の見方を変え、ミー文字とGroup FaceTimeでコミュニケーションを楽しく表現力に富んだものにするほか、 Screen Time(スクリーンタイム)によってユーザがiOSデバイスと過ごす時間を理解し管理する手助けをする。iOS 12では新たにSiri Shortcuts が搭載され、どのアプリケーションからでもSiriを呼び出せるようになるため、これまでよりずっと速く作業を済ませることができる。

Newsroom



watchOS 5、Apple Watchに強力なアクティビティおよびコミュニケーション機能を追加

Appleは本日、世界で最も人気のある腕時計に向けて重要なアップデートであるwatchOS 5をプレビューした。


Apple_watchOS_5.jpg

このアップデートにはユーザの健康とコミュニケーションの維持に役立てられる機能が含まれる。アクティビティの共有による競争、自動でのワークアウトの検出、先進的なランニング機能、トランシーバー機能、Appleのポッドキャストや他社製アプリケーションへのSiri文字盤からアクセスなど一連の新しい機能によって、Apple Watchはフィットネス、コミュニケーション、各種情報への素早いアクセスのためのいっそう心強いパートナーになる。

watchOS 5では、手首をタップするだけで始められる声によるまったく新しいコミュニケーション方法、トランシーバーが登場しする。この機能は楽しく簡単に、友人や家族と素早く連絡を取るための手段で、高速かつパーソナルなApple Watch同士をつなぐ新しいコミュニケーションは、対応するApple Watchを利用している世界中のユーザとWi-Fiまたはセルラーを通じて始めることができる。

Newsroom




Apple、macOS Mojaveを発表

Appleは本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新版、macOS Mojave(モハべ)をプレビューした。macOS Mojaveは、プロのワークフローをヒントとした、パワフルでありながらも誰にでも使えるように設計された新機能を提供。


macOS_preview_Hero_06042018.jpg

macOS Mojaveで新しく搭載されたダークモードは、フォーカスがユーザのコンテンツに当たるようなドラマチックな新しいスタイルにデスクトップを変化させる。
新しいスタック機能は、ファイルを自動的にスタックしてグループ化して整理し、散らかったデスクトップをすっきりと整頓してくれる。
News、株価、ボイスメモ、ホームなど、おなじみのiOSアプリケーションが、はじめてMacで使えるようになった。また、FaceTimeがグループ通話に対応するほか、Mac App Storeが刷新され、豊富なエディトリアルや、Microsoft、Adobeなどトップクラスのデベロッパによるアプリケーションも加わった。

macOS Mojaveでは、ダークモードに切り替えてデスクトップを暗い色調に変えることができ、それによりコントロール部分が背景になじみ、ユーザのコンテンツにフォーカスが当たるようになる。
ユーザはデスクトップの明暗を切り替えることができる。メール、メッセージ、マップ、カレンダー、写真など、Macの内蔵アプリケーションではすべて、ダークモードのデザインを利用できる。また、macOS Mojaveには、その日の時刻に合わせて自動的にデスクトップ画像を変更する新しいダイナミックデスクトップ機能も搭載されている。デベロッパはAPIを利用して、作成するアプリケーションにダークモードを実装できる。

Newsroom



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から八巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員