バーコード用フォントOCR-B、OSハイブリッド対応 OpenType/TrueType発売

(株)フラッシュバックジャパンは、2017年10月11日 (水)、JANコードなどバーコードに規定される字体 OCR-Bフォントの Mac、Windows 両OS対応のハイブリッド版「FLASHBACK FONT OCR-B OpenType/TrueType」の販売を開始したと発表。


FLASHBACKFONT.jpg

…………………………………………………………………………………
 ■ FLASHBACK FONT OCR-B OpenType/TrueType とは
───────────────────────────────

 FLASHBACK FONT OCR-B OpenType/TrueType は、日本工業規格 (JIS規格)の「JIS X 9001 (光学式文字認識のための字形 (英数字))」に準拠するOCR-Bフォント。
 収録するフォント形式は、Windows と Mac で使用できる OpenType とTrueType の2種類。OCR-Bフォントに規定される数字、アルファベット、記号の書体を収録。
 商品識別番号のJANコードなどバーコード用のフォント(目視可能文字、目視可能数字)として規定、推奨されるフォント。
 様々なバーコードで使用される英字、数字と共に、¥マークなどの記号を収録。海外のフリーフォントとは異なり、日本のJIS規格に完全準拠するため、安心して利用できる。

…………………………………………………………………………………
 ■ 製品仕様
───────────────────────────────

 ・製品名  :FLASHBACK FONT OCR-B OpenType/TrueType
 ・製品紹介 :http://www.flashbackj.com/ocrb/
 ・定価   :オープン
 ・参考価格 :11,880円 (税込)

 ・対応 アプリケーション:
  OpenType または TrueType のフォントが使用できるアプリケーション

 ・対応 OS/ハードウェア:
  OpenType または TrueType のフォントが使用できる Windows または Mac

 ・販売形態 :パッケージ版・ダウンロード版
 ・開発元  :エヌアイシィ株式会社 (旧 株式会社ニィス)
 ・販売元  :株式会社フラッシュバックジャパン




キャサリン・アダムズ氏、 ゼネラルカウンセル兼SVPとしてAppleに入社

Appleは10月9日、元ハネウェル社シニアバイスプレジデント兼ゼネラルカウンセルのキャサリン·アダムズ氏が、ゼネラルカウンセル兼法務およびグローバルセキュリティ担当シニアバイスプレジデントとしてAppleに入社することを発表した。


   welcome_kate.jpg

キャサリン·アダムズ氏はCEO(最高経営責任者)ティム·クック氏の直属となり、Appleのエグゼクティムチームの一員となる。
Appleはまた、2009年以来Appleのゼネラルカウンセルを務めてきたブルース·スーエル氏が本年末に退職することを発表した。

Newsroom




ファイルメーカー、無料のビデオチュートリアル「カスタム App アカデミー」を発表

ファイルメーカー株式会社は本日、「カスタム App アカデミー」ならびに「Developer Conference ビデオ」の公開を発表した。これらの動画コンテンツを視聴することで、ユーザはFileMaker プラットフォームを使用してカスタム App を作成する方法を自分で学ぶことができる。


custom_app_academy.jpg

この新しいカスタム App アカデミーは、学習者のレベルに合わせたステップバイステップのガイダンスが付属する日本語のビデオチュートリアルで構成されている:

• 基礎:FileMaker プラットフォームの概要と、FileMaker Pro および FileMaker Go の基本操作について説明。
• 作成:FileMaker で基本的なカスタム Appの計画および作成のプロセスを説明。また、レポートやグラフを利用してデータをわかりやすくする方法を解説。
• 拡張:ユーザのフィードバックを元にカスタム Appを拡張し、情報を作成、自動化、視覚化するための方法を、より詳しく説明。
• バージョン16の新機能:FileMaker 16 プラットフォームの新機能を紹介。また、一部の新機能について詳しく解説。

前述のカスタム App アカデミーに含まれるビデオチュートリアルのほか、米国で開催されたFileMaker開発者会議「FileMaker Developer Conference」にて収録されたセッション録画ビデオも視聴できる。こちらのビデオは英語のみ。
さらに詳しくはこちらをご参照ください。

カスタム App アカデミー



macOS High Sierra、無料アップデートとして提供開始

Appleは本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新リリース、macOS High Sierraを無料アップデートとし提供開始したことを発表した。


macOS High Sierra20170926

macOS High Sierraにより、Macユーザは、新しいコアストレージ、ビデオ、グラフィックスに関連した、様々なパワフルなテクノロジーが利用できるようになる。新しいファイルシステムによりストレージはより効率と信頼性が向上し、High-Efficiency Video Coding(HVEC)のサポートにより小さいファイルサイズで美しい4Kビデオが楽しめる。Metal 2により仮想現実(VR)コンテンツの制作が容易になり、パフォーマンスや処理能力も向上。開発者向けのCore MLフレームワークでは、パワフルな機械学習により、予測·学習を通じて使うほどに賢くなるアプリケーションの開発が簡単になる。macOS High Sierraでは、写真、Safariなど、Macユーザが毎日使っているアプリケーションにも多数の改良が加えられている。




Instagram、ライブ動画でフェイスフィルター利用可能に

Instagramは2017年9月21日(米国時間)、ライブ動画を配信する際にフェイスフィルターを利用できるようになったことを発表した。


Instagram20170922.jpg

ライブ動画にフェイスフィルターが追加されたことにより、利用者は友達やフォロワーとリアルタイムに交流している最中に子猫に変身したり、自分の顔に虹や星を映し出したり、ライブを一層盛り上げることができる。お気に入りのフェイスフィルターを使用することで、特別な場面でなくても、ちょっとした瞬間に気軽にライブ動画を配信しやすくなる。

・ライブ動画でフェイスフィルターを使うには、配信開始前または配信中に、画面右下の顔のアイコンをタップ。お気に入りのものから新しいものまで、数多くのフィルターを楽しむことができる。また、本日から1週間のみ、ライブ動画限定でご利用いただけるサングラスのフェイスフィルターも新しく登場。タップするとレンズに映る景色を変えることができる。

・ライブ配信後は、インスタグラム ストーリーズでリプレイ動画をシェアするか、[破棄]を選択。破棄すると、ライブ動画はアプリから削除される。https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/06/instagram_replaylive/

ライブ動画のフェイスフィルターは、今後数週間で段階的に、全世界でリリースされる。
なお今回のアップデートについての詳細に関しては、Instagramの日本語公式アカウント@instagramjapanを参照のこと。



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員