Pacific Market Forumに見る「1992 Who's Who」の思い出

手元に "1992 Who's Who〜among Pacific Market Forum partners, Volume 1"と題する一冊のブック形式の印刷物がある。これは1992年のMACWORLD Expo San Franciscoの様子の一端と当時のデベロッパーたちの姿を語る貴重な記録である。


当時、すなわち1992年は現在のアップルコンピュータ(株)もアップルコンピュータ・ジャパン(株)と名乗っていた時代で、本社も千駄ヶ谷のビルにあった。そして日本のマーケットも現在とは違い、大変小さなマーケットだったためか、日本のアップルは本社直属ではなくオーストラリアなどを含む極東地域というカテゴリーの一員だった。
1992年のExpoは私にとって6回目のサンフランシスコだったため、かなりリラックスして臨めたが、実は例年のExpoと違い私にはひとつのミッションがあった。
それはアップルコンピュータ・ジャパンから「米国のデベロッパーに日本進出する際のポイントなどをアドバイスするフォーラムを企画したので手伝って欲しい」との要請があったからだ。1992年あたりはまだそんな時代だったのである。

フォーラム開催当日もサンフランシスコ市内は大変良い天気だったと記憶しているが、名物のケーブルカーが通るパウエル・ストリートをノブヒルと呼ばれている市内で一番高い地域にあるフェアモントホテル目指して急な勾配の坂をゆっくり歩いたものだ。

page3_blog_entry87_1.jpg

※マーケット通りと交差するパウエルス通りにあるケーブルカー発着ポイント(左)と、急勾配を上がりきった左奥に見えるのがフェアモントホテル


ダウンタウンからだとフェアモントホテルは坂を上りきり、カルフォルニアストリートに交差する左側にある高級ホテルだが、私は快い緊張感を感じながらホテルに入り目的の会場を探した。
会場には日本人を含む40人前後の参加者がいたが、議題のポイントは「日本でいかにソフトウェアやハードウェアを売るか」というテーマだった。
前アップルコンピュータ社の代表取締役社長であった原田さんも当時は部長職だった。その原田さんも部屋の後ろに待機していたし、当時のアップルコンピュータ・ジャパン担当者も何人かその場の準備に奔走していた。そして直接の係りだったRさんのスタンバイが遅れ、上司のTさんに叱られていたことなどを懐かしく思い出す。
私はといえば壇上にあがり、出席者の方々からの日本市場に関する質問にアップルコンピュータ・ジャパンの方々と一緒にお答えしたが、私自身の本心はテーマとは逆の「日本製のソフトをいかにしたら米国で販売できるか」という方に興味があったのだが...(笑)。

whowho20101003.jpg

※フェアモントホテルの一室でのミーティング。壇上向かって右が筆者


またこのExpoに参加する前、アップルから私の顔写真を送るように依頼があった。なにか簡単な名簿でも作るのかと思い、会社の住所データなどと一緒に顔写真のデジタルデータを送った。そうしたデータから生まれたのがこのPacific market Forum〜The Power of Pertnershipと題された「1992 Who's Who」というタイトルの一冊だったのである。

page3_blog_entry87_2.jpg

※407名の名簿になっている「1992 Who's Who」


針金のリングで綴じられたこの本は、参加者をパシフィックマーケット関連のオーストラリア、カナダ、ヨーロッパ、極東、日本、ラテンアメリカそして米国に分類し、かつアップルの社員かそれ以外のコンサルタント、デベロッパー、パブリッシャー、ディストリビューター、ローカリゼイション・エキスパート、その他というビジネスカテゴリーによる分類が顔写真と共になされているものだ。
そして所属・タイトル・住所は勿論、電話番号やFAX番号、そしてAppleLinkのIDなど、お互いに即連絡を取り合えるデータが掲載されていた。
したがって、ここに登場する顔ぶれを眺めれば当時のデベロッパーの規模も分かるというものだ...。

page3_blog_entry87_3.jpg

※「1992 Who's Who」108ページに掲載されている私のデータ


ともあれ、この時代のアップルは勿論、我々デベロッパーも元気があった。ある種の一体感があったと思うが、昔を懐かしがってばかりでは進歩がない。現在は幸いアップル自体は元気があるものの、当時のような市場の一体感は乏しくなってしまったのが寂しい。

デジタルアートに見る私とビル・ゲイツ氏の接点(ウソ〜笑)

1994年にマイクロソフトのビル・ゲイツ氏がクリスティーズのオークションで3億800万ドルで落札した、レオナルド・ダ・ヴィンチ直筆の「レスター手稿」は昨年日本でも公開されたが、同じく1994年に私もいささか思い切って高価な画像データ集を購入した。


実はビル・ゲイツ氏が「レスター手稿」を入手した同じ年に私は「クラシックアートギャラリー」と称する13枚組の著作権フリーCD-ROMを手にした。それは総額179,400円で、ゲイツ氏の額と比較するにはあまりにも規模が違いすぎるが(笑)私にとっては大金だった。 

page4_blog_entry344_1.jpg

※著作権フリーの13枚のCDで構成されている「クラシックアートギャラリー」セット


ゲイツ氏はその後、現在のCorbis社のCorbis Collectionを構築し、2001年8月には日本法人である(株)コービスジャパンを設立。動画などを含むフォトストックビジネスを展開している。 
ちなみにCorbis社は現在もビル・ゲイツ氏が所有する会社ではあるものの、マイクロソフトの業務とは関連の無い独立した活動を行っているという。 

一時はマイクロソフト、あるいはビル・ゲイツ氏はその豊富な資金力にまかせて人類共通の資産まで個人所有とするのか...という危惧から、多くの報道にさらされたが「レスター手稿」は一年に一カ所に限り公開を許可しており、昨年森ビルで開催された「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」もそうした一環だった。 

page4_blog_entry344_2.jpg

※昨年に開催された「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」で購入した「レスター手稿」のコピー。オリジナルはビル・ゲイツ氏と夫人の個人所有


ところで1994年に私が購入した13枚のCD-ROMは米国PLANET ARTが制作したもので、販売はインスタントレタリングなどデザイン界で有名なレトラセット(Letraset)社だった。しかしそのレトラセット社はいまはない...。 

さて、そのCD-ROMの内容は時代背景や印刷や出版にも耐えられるだけのクオリティを意図したこともあって、すべてKodak Photo CDフォーマットで記録されている。したがって一枚のCD-ROMには192×128ピクセル、384×256ピクセル、768×512ピクセル、1,536×1,024ピクセル、そして3,075×2,048ピクセルという5種類の解像度でイメージがそれぞれ100点収録されている。そして問題の中身.....コンテンツだが、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、アルブレヒト・デューラー、ロートレックとフランスポスター集、ギュスターヴ・ドレ、ウィリアム・モリス、チャールズ・ギブソン、中世宗教画集、古典アラビア文様集、19世紀学術イラスト集、古典建築イラスト集、中世のアルファベット集、日本の古典織物家紋集の13種である。 

CD一枚当たりの価格が13,800円となるが、この製品は「著作権フリー」であり、特にイメージを自由に編集・加工して独自のビジュアル素材として自分のアートワークに取り入れることを許諾している点が売りである。 
レオナルド・ダ・ヴィンチを例にすれば、"モナ・リザ"や"最後の晩餐"といった作品とは別に、解剖図、武器などのスケッチも多々含まれている。 

page4_blog_entry344_3.jpg

※「クラシックアートギャラリー」の「レオナルド・ダ・ビンチ作品集」収録例の聖母子像。PhotoCDによる記録は独特の黒いフレームが存在する


私は「クラシックアートギャラリー」とは別に、例えばフィレンツェで制作されたローマのシステーナ礼拝堂に描かれたミケランジェロの天地創造を撮影したスライド集なども所持している。またこれまでにも博物館や仏閣の宝物館などで販売されている収蔵品のスライドなども意識的に集めてきた。 
しかしこれらをデジタル化することは簡単でもその取扱は大変難しいものがある。何故なら、例えば前記の「天地創造」のスライド一枚一枚には"Reproduction prohibited"と転載を禁じる印刷がされている。したがって理窟としてはウェブ上においての活用も許されないことになる。 

もし、これらのイメージを広告やウェブデザインなどに必要とする場合にはご存じのようにフォトストックとかフォトライブラリーといったビジネスがあり、現在ではインターネットを利用したダウンロードやCD-ROMによる販売を手がけている会社も多い。 
事実先のコービスジャパンやフォトディスクとして知られているゲッティイメージズジャパンなどからもクオリティの高い写真を入手することができると思う。しかしそれらも当然のことながら著作権保護の立場から、二次的利用にいろいろな制約があるはずだ。 

そうしたあれこれを考えると手元にあるこの13枚のCD-ROM「クラシックアートギャラリー」はいまや貴重な存在なのかも知れない。 
現実問題としてレオナルド・ダ・ヴィンチのモナリザやミケランジェロの天地創造といったコンテンツを何かのアートワークに使う機会があるかどうかはともかく、これらの名画がデジタルとはいえ、そしてある種の利用制限(再販・再配布の禁止)は当然としても自分の手中にあることは大変気分が良い。 

ビル・ゲイツ氏はその後も将来のビジネスの一環としてか、さまざまなデジタル化されたアート・コレクションの権利を獲得しているようだ。ゲイツ氏の真の志しを私は知る由もないが、古くからクリップアートやこうしたデジタルライブラリを収集してきた一人として、その種の性(さが)は分かるような気がする...。


悲しくも辛いスプレッドシート物語

先日、久しぶりにExcelを立ち上げて少々本格的に取り組むことになったが使い方を忘れかけており、女房に教わりながらのオペレーションとなった。そのスプレッドシートといえば私には大変辛い思い出がある...。 


世界を変えたビジネスソフトウェアの第1号はスプレッドシート、すなわち表計算ソフトの「VisiCalc(ビジカルク)」だ。事実Apple II上で動くビジカルクを使いたいがために、Apple IIは大きな市場を得たことはよく知られている。 
ビジカルクという史上初の表計算ソフトは1979年、当時ハーバード・ビジネス・スクールの学生だったダニエル・ブルックリンにより開発された。いま思えば、コロンブスの卵だが、このビジカルクは大発明といえる。 
当時、会社において残業の多くは縦横計算の検算と確認であったが、これに多大な時間と労力をつぎ込んでいた。ましてや「もし、ここの売上高が○○なら、純利益はどう変わるか...」といった事を明確にするのに、これまた多くの時間を必要とした。 

ビジカルクはApple II用として開発されたことでもあり、それまでパソコンをオモチャ呼ばわりしていた人たちも、こぞってApple IIを購入することになり、ビジカルクはビジネスに不可欠の存在となった。まさしくビジカルクは最初のキラーアプリケーションであった。 
その後、ご承知のように様々な同種の製品が現れる。 
1983年にロータス1-2-3が発売。これは、ビジカルクより大きな表が扱え、表をグラフ化することができた。そしてマイクロソフトによるマルチプランを経て1987年に日本語エクセルも登場。このエクセルはMacintosh版が最初だった。 

page3_blog_entry86_1.jpg

※1987年にキヤノン販売からリリースされたMacintosh用の日本語版エクセル


Apple IIはついに日本語化を実現できなかったこともあり、ビジカルクを目の前にしても私は正直使ってみたいとは思わなかった。今でも何故なんだろうと思うが、当時は理屈が理解できなかったのかも知れない...。 
私がビジカルクより安価で同等な機能を持っているというマジカルク(MAGICALC)と、Apple II用のテンキーを購入したのは1983年になってからだった。初物買いする私としてはかなり出遅れた感がある(笑)。 
使ってみて「これは凄い!」と気がついたが、そのたった2ヶ月後に手に入れたNEC PC-100では日本語マルチプランが走った。それはある種時代の変わり目だったのかも知れない。 
そして、表計算ソフトを使う頻度が高くなるにしたがって、悲しい足音が少しづつ近づいてきた。 

さて、正直に言えば私は政治とか選挙などというものに興味はなかった。しかし皮肉なことに高校時代からの大の親友が衆議院議員の秘書になってしまった。だから決して立候補者のためではないが、何かの形で親友の役に立ちたかった。 
彼とは同じ選挙区に住んでいることもあり、どのような経緯があったのかは忘れたが、深夜に自宅を頻繁に訪ねてくるようになった。 
選挙の苦労話といった生臭い話をすることもあったが、ほとんどはコンピュータの話とか、彼の趣味だった写真の話だった。そんな話をしながら、私が煎れるエスプレッソコーヒーを美味そうに飲んで、彼はまた夜の街に出ていった。たぶん、その後も後援者の票固めのために歩き回っていたに違いない。 

ある日のこと、いつものように深夜になって私の自宅を訪れた彼は、ちょうど私がApple IIで使っていたマジカルクを眺め、「これ、選挙分析に使えないかな」と言い出した。勿論Apple IIは漢字が表記できるものではなかったが、分析それだけを目的とするなら、十分に役立つだろうと考え、それからはマジカルクを使い、彼がいうところの票集めのシミュレーションや実績のチャートの試行錯誤が始まった。 
この一連の作業は私が表計算ソフトを実践として使った最初となったが、その後彼と一緒にシミュレートするパソコンは、IBM 5550やPC-9801に移行し、最後にはMacintoshを使うまでになった。 

page3_blog_entry86_2.jpg

page3_blog_entry86_3.jpg

※Apple IIとMAGICALCを使い選挙の得票結果を表示した当時のモニター画面(上)とApple II用のテンキー(下)
 

そんな折り、しばらく顔を見せなかった彼が入院したことを知った。彼は腸閉塞の宣告を受け、何回かの入退院を繰り返したが、一切弱音をはくことはなく常に冷静で快活だった。しかし実は彼の本当の病名は癌だったことをその時、私は知る由もなかった...。 
頭の良い彼はたぶん、自分が癌であることをすでに知っていたのではないかと思うが、後で聞いたところによれば、数カ月の命と宣告されていたはずが、仕事への使命感からか、入退院を繰り返しながら2年以上生き続けたのだった。 
最後の入院をしたとき、病院が近かったこともあり、土曜日になると見舞いに行った。最初のころの彼は顔色もよく、元気そうで「表計算が使えてワープロが打てる小さくて軽いマシンはあるかなあ?」などと気力もあったので、自宅に転がっていたPC-98LTという当時のノート型パソコンなどを病院の個室に届けたりしていた。 
病室で彼は、「政治家という商売もアピール...プレゼンが重要で、何よりもデータの蓄積と分析が大切なんだ」と相変わらず熱っぽく話をしていた。 

とある12月の土曜日、いつものように病室を訪れると、彼は寝たまま「俺はもうだめだ...」と初めて弱音をはいた。確かに衰弱が激しく、その表情もかつての快活な面影は消えていた。 
その頃、すでに癌であることを奥様から聞かされていた私は、非力なことに慰める言葉も出てこなかった。無言で彼の背中に手を置き、病室を出るしか私にできることはなかった。 
年も明け正月の静けさを味わっていた1月2日、自宅の電話が鳴り、受話器の向こうに奥様の申し訳なさそうな小さな声を聞いた瞬間...私はすべてを察知した。 

友人代表として葬儀に出た後、以前病室に持っていったPC-98LTが奥様から返されてきた。もしや、と思い電源を入れると、そこには同僚か部下に指示をするためだったのだろうか、書きかけの表計算の一部と意図や意味は分からないものの、彼の最後の文章が数行残っていた。 
私にはそれが彼の遺言であるように思え、横に女房のいることも忘れ、液晶モニタを見つめながら泣きに泣いた。 

だから...私はそれから表計算ソフトが嫌いになった。なぜなら、マルチプランであろうがエクセルであろうが、モニターいっぱいにセルが表示される向こうに、かならず彼の姿が浮かんで辛かったからである。しかしすでに十数年の歳月が流れたいま、表計算ソフトは彼を思い出す「縁(よすが)」であることに気がついた。 

MrOkura.jpg

※親友の大倉信昭君(右)と軽井沢で (1980年代前半)


あなたは感傷的過ぎると笑うだろうが、私が表計算ソフトを使うとき、その傍らには兄弟と間違えられたこともあるほど雰囲気が似ていたという"彼"が一緒にいてくれるように思えるようになったのである。

発心50年、犬を家族として迎える夢が叶う!

子供の頃よりひとつの願望を持ち続けていたことがある。それが犬と暮らすこと...。しかしこれまでのマンション住まいではそれができなかった。
やっと夢が叶い、来月12月...悪戯盛りの子犬が家族に加わることになった!


犬を飼おうと決心した。最初はごく普通にペットショップで探そうと思っていたが、捨てられたり飼育放棄され、そのままでは保健所で処分される犬たちがたくさんいることを知り心が揺さぶられた...。
そしてネットでそうした犬を保護し、里親を募集している方々の活動を知り、たった一匹しか飼えないものの、命をつなぐ付き合いをしようと血統書付きではなくノラの雑種を譲り受けることにした。最近では雑種犬のことを「Mix(ミックス)」というそうな...。

問題は迎える犬を探すことだ(笑)。ウェブサイトに次々と現れるいろいろなワンコの写真と保護された経緯を見ているだけで人間の勝手さに怒りを覚えると共に涙腺が緩む...。
人間側の状況としてはやむを得ないケースもあるのだろうが、飼育放棄や子犬を捨てることがどれだけ犬にとって悲しく辛いことなのかをもっともっと考えなければならない。「犬猫だから...」といった安易な考え方は、多分に対人間との付き合い方にも関係あることだと思うし、私にはいじめなど昨今心が荒む事件が多い背景ともオーバーラップしてしまう。
ともかく野良犬として保健所に捕獲された犬は一定期間の後で処分されてしまう。古来から人間のパートナーとして共に生きてきた命をあらたまった形ではなく普通に大切にしたいと思った次第...。

しかし気持ちばかり焦ってなかなか思うワンコと対面ができないので、ボランティアの方からご紹介いただいた里親会という催事に出席してみた。そして直接数匹の犬の中から一匹を選びその里親になることに決めた。
こうした場所に参加するのは初めてだが、人気のある犬とそうではない犬に見事に別れるのも辛いものがある(笑)。私は雨の日に家の軒下で保護されたらしい健康で元気だけが取り柄だという一匹を選んだ...。
元気に動き回りながらも無駄吠えをしないのが好ましいと思ったし、初対面の私の顔をペロペロと舐め、手で口を開けたりしても噛んだり怒ったりしない子である。目を離すと私のキャップ(帽子)は、奴が口に咥えて唾液だらけになっていた(笑)。

page5_blog_entry114_1.jpg

※横浜で行われた里親会で巡り会った雌のMix犬


そう...子供心に大人になったら犬を飼いたいと思った動機に繋がる思い出話をご紹介したい。
私が小学校低学年のころの話である(笑)。
狭いアパートに両親と兄弟で住んでいた時代、毎日夕刻になると真っ黒な野良犬が子犬を連れて我が家の開けっ放しにしていた玄関先を訪れた。玄関のたたきに顎を乗せ、ほえるでもなくじっとしている...。
当時は我が家で人間様が食していたものだって大したものではない時代だし、ペットフードなどはあるはずもなかったから、母はあまった冷や飯に味噌汁などをぶっかけた程度のものを鍋に移して与えていた。
私たちがその雌犬に付けた勝手な前は「ブラッキー」だったが、子供心に感心したのはその僅かの量の餌を子犬が食べ終わるまで母犬が口にしないことだった。無論飼えるわけではないから、ブラッキーも餌を食べ、水を飲む一時が過ぎれば「ワン」とも言わずに何処かへ消えていく毎日だった。
ある夜、酔っぱらって帰ってきた父が神妙に話してくれたその内容は私に強烈なインパクトを与え、感動と共に強い願望を生んだ。

話とはこうだ...。父が深夜にアパート近くまで帰り着いたとき、5,6匹の野犬に囲まれたという。当時は野犬も多く、そう...ブラッキーだって野犬だったわけだ。
野犬にしても父を襲おうとしたわけではないだろう。たぶんその手にぶら下げていた土産の折り詰めの臭いかなにかに寄ってきたのかも知れない。しかし野犬の中には狂犬病を持った犬がいる可能性のある時代であり、父も本心ビビッたようだ。
その時、あのブラッキーがどこからともなく現れて父の足元に寄り添ったという。それをきっかけに野犬たちは何事もなかったように闇に散っていったらしい。
父は「ブラッキーに助けられた」と赤い顔で話した。私にはそのときの情景がその場にいたように鮮明に見えた気がした...。そして子供心に将来犬を飼おう、犬と生活しようと決心した...。

決心はしたが、それから早くも50年が過ぎた(笑)。その間、両親も猫は飼ったことがあるものの、ついに犬を飼うことは住居の問題でできなかった。
都会で犬と一緒に暮らすことがどれほど面倒なことかは承知しているつもりだが、その苦労は私にとって意味のある楽しい苦労だと考えている。
さて、ワンコの名前だが「ラテ」と命名した。

メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員