キー型 Lightning-USBケーブル「Kii」とは?

トリニティ社で扱っているBlueLoungeの新製品「Kii」を手に入れた。これは鍵型のショート Lightning-USBケーブルでiPhone 5/5s/5cやLightningコネクタ仕様のiPad、iPodといったデバイスをUSBポートから充電・同期ができる製品である。勿論Apple社認証「Made for iPod/iPhone/iPad」を取得した製品だ。


これまでにもアナウンスされてきたが、iPhone 5s/5cおよびiOS 7から非純正のLightningケーブルを使うと充電・同期時に警告が出るだけでなく実際に使用できなくなるケースが増えた…。ただ一部の情報によれば安価な非純正Lightningケーブルの中にはチェック機能を回避し、現時点では使えるものもあるようだが、デバイスの安全性を考慮することを第一に考えても今後はそうした製品を使うことは止めるべきだろう…。

Kii_08.jpg

Kii_00.jpg

※Apple非認可のLightningケーブル例(上)とiPhone 5sで使った場合の警告表示(下)


無論、例えばiPhone 5を購入すれば正規のLightningケーブルが一本同梱されている。とはいえ実際にデバイスを活用することを考えれば一本では足りないことを認識せざるを得ない。
この純正Lightningケーブルは別売りされているから別途購入することが可能なものの、ユーザ側の使い勝手を考慮するなら同じケーブルである必要はないし、活用の仕方でよりよい便利なケーブルがあればと常々考えてきた。

自宅で充電・同期するなら前記したLightningケーブルで良いが、外出先でモバイルバッテリーから充電したりMacBookと接続することを考えるとよりスマートで携帯性とデザイン性に優れたケーブルが欲しい…。私にとってそんな願いを叶えてくれるのがBlueLoungeの新製品「Kii」であった。

Kii_01.jpg

Kii_03.jpg

※BlueLounge「Kii」のパッケージ(上)と同梱品(下)


「Kii」はキー(鍵)型をしたLightning-USBケーブルで、ヘッド部位とショートケーブル部位で構成され、通常はヘッド部位のロック機能により一体化にして例えばキーホルダーに付けて携帯できるよう設計されている。そして使うときにはヘッド部位のロックを外しながら引けば簡単に外れ、一方がLightningで他方がUSBの長さが5センチほどの短いケーブルとなるわけだ。

Kii_04.jpg

Kii_05.jpg

※ヘッド部位にケーブル部分を差し込んだ例(上)とロックを外してケーブル部位を取り外した例(下)


取扱時の注意としてはケーブルを脱着する際には無理に押し込んだり引っ張ったりせず、必ずヘッド部位のロック(スライドスイッチ)を操作しながら脱着することが大切だという。
なおケーブル部位は一部樹脂皮膜で構成されているため、極僅かなしなり程度は許容できるが、そもそもデバイス同士のコネクタは平行で使うよう考えられているため、大きく曲げたりねじったりは厳禁である。

Kii_06.jpg

※モバイルバッテリーとiPhone 5sを「Kii」で接続した例


ともあれLightningコネクタをカバーするヘッド部位は堅牢なアルミダイキャスト製だからして同梱のダブルリングなどでキーホルダーやバッグなどに常時取り付けて常に携帯できるのがメリットだ。これなら充電時や同期が必要な場合にケーブルを置き忘れて慌てることもなくなるに違いない。

私はといえば当初数本の鍵をまとめて持参しているキーホルダーに取り付けようとしたが、やはりキーホルダーはかなりヘビーに扱うため「Kii」に悪影響がでるのではないかと危惧し、結局iPhone 5sを収納しているバード電子製本革ベルトケース「ラジオケース」背面リングにぶら下げ、常にiPhone 5sと共に携帯することにした。

Kii_07.jpg

※バード電子の「ラジオケース」にダブルリングで「Kii」を取り付けた


なお「Kii」は今回私が購入したホワイトの他、ブラックの2種がある。そして繰り返すが「Kii」はApple社認証「Made for iPod/iPhone/iPad」を取得した正規品であり安心して利用できる。


BlueLounge Kii


関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員