「CrazyTalk」アニメをiOSデバイスで楽しむ iDevice機能を試す

1枚の写真やイラストの顔を表情豊かにアニメ化し、リップシンクを含む喋りをさせる「CrazyTalk」だが、今回はその「CrazyTalk」で作ったアニメーションをiPhoneやiPadで楽しむことができる iDevice機能をご紹介したい。


「CrazyTalk」による iDevice機能はあくまでエンターテインメントというか、楽しむための機能であり何かを作り出したりできるものではないが「CrazyTalk」というアプリの拡張機能として捉えても面白いものだ。
「CrazyTalk」は革新的な自動モーション技術により1枚の写真などから喋り動くアニメーションを作ることが可能なユニークなソフトウェアだ。それはキャラクターにあらゆる種類の感情や動きのスタイルを与えることができる何百もの自動アニメーションプロファイルを持っているため自然な表情をさせることができる。

さて iDevice機能だが、これを活用すればユーザー自身の作品がデスクトップに制約されることはなくなる…。CrazyTalkアプリのバージョン7.2では作成したアバターをiPhone、iPad、iPod touchに公開することができるようになったからだ。
アクターやプロジェクトをメーカーの無料クラウドサービスに簡単にアップロードし、友人や家族とシェアも可能だ。例えばiPhoneに呼び出したキャラクタは本体を傾けたり振ったりすることでアクターが跳ね、揺れ、特別な動きを始める。またはキャラクターの様々な位置にタップすることでアクターは反応し、これまたバリエーション豊かな表情や動きを見せる。

iDevice_3.jpg

※iOS版 CrazyTalk の起動画面


これは解説や説明を続けたところで面白味は湧かないから興味を持った方はまず体験版をインストールして試していただきたい。人物や猫など、なかなか特徴のあるアバターがいくつか用意されているので、それらを操作すれば即意味がお分かりになるはずだ。

iDevice_2.jpg

※体験版でもiDeviceの妙を試すことが出来る


ここではそれらのサンプルを掲載するのでは能がないので、オリジナルのアバターをiPhone 5sに移し、画面をあちらこちらタップした動画をご紹介してみる。

iDevice_1.jpg

※後述する要領でiPhone 5sにインストールしたオリジナルキャラク


問題の作り方だが、まずはMac側の「CrazyTalk 7.2」で基本通りにアバターを作成する。テスト動作などをして思い通りのものができたら次にエクスポートする際に「エクスポート設定」を「iDevice」に切替、フレーム数を合わせた上で「今すぐアップロード」を実行する。

iDevice_5.jpg

※作成したアニメをエクスポート実行例


アップロードが問題なく完了すると「手順2:ダウンロードリンクを作る」を実行する。これは表示されたテキストリンクをコピーするなどしてメールやメッセージでiPhoneやiPadなどに送信し、そのリンクをiPhoneやiPadなどのiOSデバイスで開くことで当該アバターをiOSデバイスにダウンロードすることができる…。

iDevice_6.jpg

※エクスポート設定をiDeviceにして指示どおりにステップを実行


今回 iDevice機能でiPhone 5sにインストールしたアバターは「1枚の写真やイラストが喋り出す「CrazyTalk 7 for Mac」ファーストインプレッション」の最後でご紹介したマリリンモンローを意識して描いたコミック調のイラストを使って作成したアバターの再利用である。
動画にはサウンドは付けていないが、冒頭はiPhoneを揺らしてみたところから始まり、アバター画面の色々な場所をタップすると女性の表情が時に変化して反応する様をご覧いただきたい。




アニメーションといえば通常、作られた通りに動く物だが、この「CrazyTalk」によるiDevice機能で作るアニメーションは大げさにいうならインタラクティブなアニメであり、「だからどうした!?」と問われると困るが(笑)、ユーザー独自が作ったオリジナルアバターをiOSデバイスで楽しむのも一興ではないだろうか。

CrazyTalk 7



関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員