Apple 1 (Replica)

Apple1_replica.jpg

※クリックで拡大※

1976年、スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック、そしてロン・ウェインの3人により設立されたApple Computer Companyで販売開始されたシングルボード・コンピュータで正式名称はApple Computer 1。
ハード、ソフト共にウォズニアックが独力で開発した画期的なコンピュータでバイトショップなどを主として約150台程度の販売実績があった。

組立完成品ではあったがそれはボード上だけであり、購入ユーザーは別途電源(トランス)やキーボードを手配して接続する必要があった。またケースも用意されていなかったためユーザーはそれぞれ木製のケースを作ったりアタッシュケースに収納したりと工夫した。
その後Appleが法人化し、後継機種で真のパーソナルコンピュータと称されるApple II 発売に際してApple I を下取りするサービスが実施されたこともあり、現存し動作するマシンは世界中でもほんの数台であるといわれている。ために近年サザビーズなどのオークションで数千万で落札されるなど高価なコレクターズアイテムとなっている。

【関連記事】
Apple 1 とはどのようなコンピュータだったのだろうか?
Apple I Replica Kit を組み立てた!

関連記事
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員