FMACCG:談話室【11】1992年1月1日〜1992年1月20日

NIFTY-Serve FMACCGフォーラムのログ公開第11弾。この頃は毎日が大変忙しくかつ充実した毎日を送っていた。無論本ログに登場する活動はほんの一部ではあるが、そもそもがパソコン通信するための時間を確保することが大変になってきた時代だった。                                                                                               

FMACCG:談話室【11】1992年1月1日〜1992年1月20日

295/512 SDI00116 松田 純一    年頭のご挨拶
(10) 92/01/01 00:15

フォーラム会員の皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
今年は当社にとりましても本当の意味でその実力を問われる年だと
思いますし正念場だと感じています。しかし当フォーラムにご理解
をいただいている多くの方々の生の声が聞けるこのような場を持っ
ていることを幸に思っています。
新年早々、あまりなまぐさい話題は遠慮いたしますが、有益でかつ
楽しくユニークなマッキントッシュ用アプリケーションの開発に
全員最大の努力をいたしますので今後ともよろしくお願いをいたし
ます。
…今年も皆様方にとって健康でより良い一年でありますことを年頭に
あたり、心からお祈り申し上げて新年のご挨拶とさせていただきます。

FMACCG & FKOSHING (株)コーシングラフィックシステムズ 社員一同

302/512 SDI00116 松田 純一    PowerBook100でホテルから初通信
(10) 92/01/02 19:37 301へのコメント コメント数:2

皆様、明けましておめでとうございます。フォーラム公式のご挨拶は
既に書込みましたので今回は個人の分のご挨拶です。
え〜フォーラムのメンテは札幌支店の高橋に頼みまして、現在京都に
遊びにきているところです。
京都ロイヤルホテルの一室にモデムとPowerBook100を持ち込んで今
通信をはじめたところです。もち、内蔵モデムはありませんし暮れに
なって近所のパソコンショップにポケットモデムを買いに行っても
在庫がなく入手できなかったので普通のやつをバッグに押し込んで
持ってきました。
ホテルの電話がモジュラーだったので「ラッキー!」です。
昨日今日と、八坂神社や清水寺付近をとおりましたが、いやーもの
ずごい人出でビデオ撮影なんてやっている雰囲気ではありません。
ともかく明日は予定だと奈良まで足を延ばしてみようかとも考えていま
すがどうなりますなら。
ともかくこれでホテルからの初通信も成功!!めでたしめでたし。
皆様も良い新年をお迎えくださいね。

SYSOP 松田純一(SDI00116)

305/512 SDI00116 松田 純一    いよいよ明日は帰らねば
(10) 92/01/03 22:39 304へのコメント

永田先生、今年もよろしくお願いいたします。
奈良は今日一日だけで、明日は帰ることになります。
奈良は興福寺と東大寺に行ってきましたが、京都市内
ほどではないにしてもなかなかの人出でした。
奈良は確か6年ぶり、またまた新しいMOVIEネタをいくつか
撮影してきました。
その内アップさせていただく予定です。
いやぁPowerBook100は便利だわ!!

京都ロイヤルホテルより  松田純一(SDI00116)

310/512 SDI00116 松田 純一    今年もよろしく
(10) 92/01/09 17:58 309へのコメント

川森さん、おめでとうございます。
ちゃあんと読めますのでご安心を!!
今年もよろしくお願いいたします。

SYSOP 松田純一(SDI00116)

311/512 SDI00116 松田 純一    SF MacWorldExpoに行ってきます
(10) 92/01/09 21:05

いよいよ11日からサンフランシスコExpoに行ってきます。
今回はSystem7.0が立ち上がりQuickTimeがリリースされ
た直後、そしてPowerBookも登場したわけで話題性はかな
りあると思います。しかし本当に面白いものがあるかどう
かが興味のあるところです。
この出発直前にSuperMAC社のVideoSpigot Pro.や商品版の
Adobe Premiereを確認することもでき、他社のデジタルム
ービーに対するコンセプトは勿論、機能的な把握もできま
したので安心して向こうに行ってこれます。
体力に自身はないのですができるだけPowerBook100を持参
し生のレポートを集めてこようかとも考えています。そして
毎度おなじみ、帰国時のMacWorldExpo in SFレポートに反
映したいと思います。

SYSOP 松田純一(SDI00116)

314/512 SDI00116 松田 純一    ただいま帰りました
(10) 92/01/19 21:03 313へのコメント コメント数:1

えー本日ただいまMacWorldExpo in SF '92から無事帰ってきました。
今回はPowerBook100を持っていきましたので、その日に感じたこと
をその日の内にたたきこみましたので早速明日から恒例のExpo日誌
をUPさせていただきます。

FMACCGLog_9_01.jpg

※1992年度Macworld Expo/SF の公式ガイドブック


とにかく今回はExpoは勿論ですが16日と17日の両日フェアモントホテル
テルで行われたパシフィック・マーケットフォーラムでスピーカー
を依頼されていたこと(16日のみ)、そしてあの新生MacroMind・Para
compに乗り込んだりといろいろビジネス上でも忙しい毎日でした。
今日は疲れているのでこれで失礼しますが、明日からのレポートを
お楽しみに。
SYSOP 松田純一(SDI00116)

316/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-1
(10) 92/01/19 21:58 コメント数:2

MacWorld Expo '92 in SF視察

これから何回かに分けて'92サンフランシスコMacWorldExpo
を軸にした個人色の強いレポートをUPいたします。これは
PowerBook100を持参し、現地で書いたもののため表現が現
時点ではおかしなところもありますがあえてそのままUPさせ
ていただきますのでご了承ください。

1月11日(土曜日)に私と村松そして札幌支店の肥後の三人で
サンフランシスコに旅立ちました。目的は勿論MacExpoで
すが女性2人と男一人のこの旅がどのようなものになるかが
問題です。
さて我々はUA852便のビジネスクラスを予約していたのです
がオーバーブッキングがあり何と私達は皆ファーストクラス
に廻されたのでありました。ラッキー!!
なんたって椅子が楽だし食事も違います。ワインリストも持
ってくるしメインディッシュなんか5種類の中から選べるん
ですから最高。と言っても私は幕の内弁当でありましたが。
そのメインディッシュの前にはシャンペン、キャビア、オー
ドブルそしてサラダが出てきます。キャビアみたいな高価な
ものが嫌いな私でもせっかくだからと思い無理をして咽に流
しこみました。あーもったいない。
贅沢な話しですがこのように恵まれた環境であっても飛行機
は疲れます。サンフランシスコに着いても眠くて仕方があり
ません。
サンフランシスコは快晴で西海岸日和。ピア39に行って昼食
後PARC FIFTY FIVEホテルにチェックインの後、三人で早速
サンフランシスコの最初の夜を記念するべくディナーにと街
にくりだしました。

FMACCGLog_9_15.jpg

※宿泊したホテルの窓際にあったデスクに乗せたPowerBook 100


まあ明日からExpo本番。今回はPowerBook100も持参したし
こうして忘れない内にその日の印象をまとめあげておくとい
うことが出来るわけですが.....やはり眠い!!

SYSOP 松田純一(SDI00116)

319/512 SDI00116 松田 純一    疲れましたぞ
(10) 92/01/20 07:42 318へのコメント

uzawaさん、永田先生おはようございます。
私も今年ウン歳になるしやはり旅は疲れます。しかしまあウン歳の
おっさんがド・紫色のPowerBookバッグをぶらさげ、ド・ピンク色
のベティちゃんのジャケット(詳しくはUPするレポートをどうぞ)を
着ているのなんぞは勇気の?のいることですが...ともかく若いもの
に負けないようにとがんばってまいりました。
今日からはExpo東京に向けてまたまたがんばらなければなりません。
皆さんも是非#404のブースに来てくださいね!!

SYSOP 松田純一(SDI00116)

320/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-2
(10) 92/01/20 07:44

12日はいよいよExpoの初日ですが12時から開場となっています。
少し前に会場に到着したのですがまずその待っている人の数にび
っくりです。Mosconeセンターで会場前にこれだけの人がいるの
はたぶんこれまでなかったことのような気がします。
今日は日曜日、そして昼からの開場ということで来やすかったこ
ともあるのかも知れませんがやはりMacintosh全体がSystem7.0と
QuickTimeの登場で盛り上がっているのかも知れません。なにし
ろどっと人が入りはじめたと思ったら満員!という感じなのですか
ら.....。
いつものとおり私達は初日の見方としてこの広いMosconeセンター
を一応端からじぐざくに一通り見て回ります。こんな調子でもう
一つの会場であるBrooksホールの方にも行きました。
ここのところの数回のExpoはあまり見るべきものがなく、こちら
に来て購入するものが無くてさみしい思いをしていたのですが今
回はしばらくぶりで活気を取り戻した私でありました。
早速目についたものからSuperMACのVideoSpigot NuBusタイプ
を購入。これは既にレポートしたとおりVideoSpigot Pro.の中に
フルカラーボードが同梱されていたので絶対にVideoSpigotカード
だけ(NuBus用)の製品があるはずだと考えていたので予想的中と言っ
たところです。
そうそうアナウンスされてたとおり確かにAdobe Premiereがバン
ドルされていましたよ!!
それからMacroMind/Paracomp社のMagicというソフトを買いまし
た。これはMultiMedia Made EasyとうたわれているものでDirector
の簡易版をもっと見せることに徹するようにした感じのソフトで
すが縦長の奇妙なパッケージになっていました。プレゼンテーショ
ン利用を主に考えればDirectorより一般のユーザーにはこちらの方
がずっと良いと思います。価格ですが定価が395ドルのところ、
Expo価格で199ドルですから安いですよねぇ。
ついでにMacroMind/Paracomp扱いのExpo価格を記してみると...
定価       Expo価格
Director3.0     995      479
MediaMaker    695      329
Three-D      1495     799
Model ShopII    895      449
Swivel 3D Pro    695      329
SwivelMan     895      459
MacRecorder2.0.3  249      129
となっていましたが、これらはComputerWareでのドル価格です。

つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

321/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-3
(10) 92/01/20 07:45

今回はPowerBook用の関連を購入したいと考えていたことでもあり
早速GLOBAL VILLAGE社製のFAXモデムを買いましたがいろいろ
実使用には問題が出そうなのでこれの詳しいことは後ほどレポート
したいと思います。この製品はスカリーの基調講演の前にプレス関
係者での座談会みたいなものがあったのですが、その中でも誉めて
いた製品でした。しかし実スペックを利用するにはSystem7.0が必
要なため、面倒なことです。
またいくつかのブースでPowerBook用のキャリングバッグが販売さ
れていました。値段もまちまちデザインもまちまちなのでなかなか
選ぶのが難しいのです。
まずあるブースで紫色のバッグがあったのですが、連れの村松な
んかは私が紫色を好きなことを知っているので松田向きのものだと
言って薦めるのです。実際に手にして見ると作りもなかなかしっか
りしているしデザインもまあまあです。ただし作りはやはりどこか
粗雑なわけですがね.....。
で勿論?このバッグを買ったのですが、どこかでドムラサキ色のバ
ッグを担いでいたのがいたら、松田だと思ってくださいな。
そこの、そう...あなた、「いい歳して恥ずかしくないのかねぇ」な
んて考えてんでしょう?
私はMacExpoの会場に入ると人格が変わると言われているのでこ
れが正常なんですよ。ともかくせっかく日常PowerBook100を持ち
歩くんだったら皆と同じではつまらんし、いつも黒いバックじゃあ
これまたわざわざここまで来て買うこともありませんからねぇ。

つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

322/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-4
(10) 92/01/20 07:46

この日のBrooksホールでホットドッグを立食いしていたら警備
のおじさん(日本人)がトコトコ来て紙を渡すわけ.....。何だと思っ
たらたぶん拾ったレジストレーションカードの裏にきたない日本
語で「折角アメリカへ来られたのだから不愉快な思い出を残さな
い様楽しい旅行をして日本へ帰って下さい。特にスリやひったく
りに気を付ける様に。」という文章が書いてあり「私の日本語
判りますか?」と言うわけ。
随分とスキがあったのかしらと反省することしきりでありました。

この会場では日本のスリースカンパニーがブースを出している
と聞いてましたので早速挨拶に参上。金子社長自ら陣頭指揮をと
ってがんばっておられましたが風邪気味とのこと。大変ですね。
それからSONYもこの会場にブースがありVISCA関係のデモをい
くつか展示していました。こちらの会社が開発したというビデオ
編集ソフトがありましたが私達の開発商品とぶつかることもあっ
て敵上視察も兼ねたわけですが、そのくどい画面を見て気が楽に
なりました。

この日の夜はツアー主催のパーティをホテルで開催いたしました
が、たぶんこれまでで一番美味しいものだったと思います。いつ
もこのパーティに出るディナーは評判が悪かったのですが今回ホ
テルが変わったので少しは期待していたので助かりました。
今回のツアーの参加者が一言づつ自己紹介する中で特筆すべきは
会社から勉強のために行ってこい!と言われて参加した人の数が目
立つことです。それだけMacintoshが注目されているわけですね。

つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

323/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-5
(10) 92/01/20 07:47

今日は(13日)MacWorldExpoの2日目でスカリーの基調演説が
ある日です。私達も8時半にホテルの和食を食べさせる所で朝
粥定食を食べてからいそいそと出かけました。例年より多少ゆ
っくり出たのであまり良い席はとれませんでしたが、今年のキ
ーノートはなかなか活気がありました。
スカリーのキーノートの前座(ごめん!)で例えばMacWeekなど
の雑誌社代表のディスカッションがありましたがSONYにPower
Bookなどを作らせていることに危機感を持っているようなの
が気になりました。どうも雑誌社の人達と言えど、この辺の事
情や経過、そしてアップルコンピュータの考え方などが正確に
通じていないようで我々には好意的な発言ではなかったわけで
すがいやな感じです。
ああいう考え方ではこれからのアップル環境(勿論アメリカの)
をリードし率先して引っ張っていくことができるリーダではな
り得ないのではないかと思いますけどね。どうも現在の日米関
係を象徴するような一面も覗かせたセッションでした。

スカリーのプレゼンテーションはQuickTime一色といった感じ
でサードパーティの製品なども交え、ユーモアあふれるもので
好感が持てました。ただ内容自体は特に目新しいと感じるもの
はありませんでしたが会場の反応は過剰とも言えるものでした。

FMACCGLog_9_03.jpg

※ジョン・スカリーのプレゼンシーン

つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

324/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-6
(10) 92/01/20 07:48

12時に日航ホテルのロビーでこちらにいる人と待ち合わせがあ
ったので最後の方が聞けなかったのが残念でしたが、昼食をし
ながらの打ち合せの後、再びMosconeセンターに出かけ札幌支
店で使うラベルライターやフォントなどを購入しました。
札幌支店の肥後や本社の村松は2月のExpo東京がせまっている
こともあり、会場の展示の仕方に随分と注意と興味を持って接
していたようです。

FMACCGLog_9_17.jpg

※住所ラベルを打ち出すのに便利なラベルライター


会場ではメディアセールスジャパンの森社長や亜土電子の石崎
さんなど、おなじみの方々にもお会いできました。お会いした
といえば、昨年の春までComputerWare社のインターナショナル
部門にいらしたジェフリー・リグスさんにも会場で会いました。
彼は日本語ができるスタッフとして我々日本人には知られた人
でしたが現在札幌に本社がある会社のアメリカ連絡事務所のマー
ケティング・ディレクターとして勤務されているそうです。

ところで会場の場所とは別の部屋でAppleがQuickTime関連専
門の展示を行っているでそれも見に入りましたが、狭いスペース
一杯にブースが並び、注意深く見ることなど到底出来ないので早
々に退散しました(明日詳しく見ることにします)。

FMACCGLog_9_07.jpg

FMACCGLog_9_08.jpg

FMACCGLog_9_09.jpg

※QuickTime関連情報は別ブースで展示されていた


ところで今日はMacLifeの高木さん達と夕食を共にすることにな
っていましたので早々にホテルに戻り待機。7時近くになって
タクシーでイタリアレストランに出向きましたが、これがアメ
リカでは珍しく!?本格的な所でとても美味しい店でした。特に
テーブル係りのショートカットの女性がかわいいのでこれもゴキ
ゲンでしたね。サービスもよかったし。
サンフランシスコにもこのような店があったとは嬉しくなります。

帰ってホテルにてAJの方々と16日に行われるパシフィックフォー
ラムのスピーカーをする件で打ち合せをして部屋に帰ったら早、
12時を完全に過ぎていたというわけでありました。まあまあ、し
かし日本で聞いていた私の役割とこちらで聞く話しが180度違う
のであわてましたがねぇ...。
つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

325/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-7
(10) 92/01/20 12:55

1月14日火曜日、今日も良い天気です。ホテルの窓からサンフ
ランシスコ、ダウンタウンのビル群とパウエルストリートが
少し見えます。こうして見ていると今にもあのビル群をスーパ
ーマンが横切りそうな気がする風景ですよ。
これから朝食を済ませ、3日目のMacWorldを過ごすわけです。
ホテルの窓際に位置しているテーブルの上には電気スタンドが
あるのですが、そこにPowerBook100を置き朝のやわらかな日
差しを少しあびながらこの原稿を書いています。とてもゆった
りした良い気持ちです。日本にいるとなかなかこのようなゆっ
たりした気持ちにはならないのですが、帰れば現実が待ってい
るわけでしばしのうたかたでありますな。

今日はまずMosconeセンターまで歩き、シャトルバスでBrooks
ホールへ先に行きました。一通り足早に全体を回りましたが特
に印象に残るものはなく、参考にいくつかのソフトを買ったぐ
らいでしたが、後アームレストのよさそうなものがあったので
お土産にもなると5個購入し再度Mosconeセンターに戻りまし
た。そろそろ腹もすいたしと会場外のホットドッグ屋さんでホ
ットドッグを買い、会場に入って食べましたが特に座るところ
がないので空いている場所に座り込んでの食事です。
会場に入る時にその入口でPowerBook用のバッグを頼んだ会社
の女性担当者に声をかけられ、村松の頼んだ分が入荷したとの
こと。とても印象のよい人で、日本語もなかなか達者でした。

で食事も終ることろになったらAJの方が通りかかり、同じく座
り込んでいろいろと話しさせていただきましたがアメリカなら
ではの姿ですね。分かれるころは既にもう3時になっていました。
真面目な?私達は再度このMosconeセンターを視察すべく待ち合
わせ時間を決めた後、それぞれ思い思いの方角に散った次第。
この時間帯に私はまずExpert ColorPaintという29ドル程度の安
いフルカラーペイントソフトを買いましたが、ここで帽子のグ
ッズをおまけにもらい、心はうきうき!。それからどうしようか
と悩んでいたPowerBook100用のメモリですが決心をして4MB
分を買いました。PSI社のもので549ドルでした。
それから先日のGLOBAL VILLAGE社製のFAXモデムではなく
Apple純正のPowerBook Fax/Data Modemも購入してみました。
この純正Faxモデムはあまり評判がよろしくないとの話しも聞い
ているのですが今後より重要で便利になる通信関連を確認する
には純正品もチェックしておかなければなりませんし.....。

歩いているとやはりいろいろな方にお会いします。ファクトリー
の西村さんご夫妻(風邪は直ったでしょうか)、IDGの方、そして一度
当社にも来てくれた確かオーストラリアのプレス関係の社長に
も声をかけられましたっけ。2月の東京でのExpoがんばってく
れだと!!

つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

326/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-8
(10) 92/01/20 12:56

少々疲れ気味の足をひきずりながらホテルへと戻り三人でまず
コーヒーや紅茶を飲みリラックスします。ちょっとうすめです
がなかなかのカプチーノコーヒーでした。
さてこれからはツアーの人達との夕食の予定。まずはPowerBo
okはしまって待ち合わせ場所に行かなくては..... 。

とにかく今日の目についた物達を別途ご紹介しますと.....。
まずSoundEdit ProがMacroMind/Paracomp社から登場しました。
48KHzでの録音ができるものでテープレコーダーライクなユーザ
ーインタフェースだということです。
Directorの対抗製品的なものではViViDUS社のcinemationという
製品。QuickTime対応で早くもPremiereの対抗であるDiVA社の
VideShop, Interactive Solution社のMovieWorks, などが登場して
おりQuickTime対応のグラフィックス関連製品ではCanvas 3,
Digital F/X, VideoAuthor2.0, The Animation Stand2.0, Director,
MediaMaker, ClipMedia, Magic, Multi-AD Searchなどが名乗りを
挙げています。またKidPixもKidPix Companionという製品でこの
QuickTimeをサポートします。
さらに良く知られているアプリケーションとしてはMathmatica,
4th DIMENTION, Persuation2.1, HyperCard, Microsoft Word/Excel,
ADDmotionII, Double Helixなども続々QuickTimeに対応するとの
ことです。そんな背景を察してかPROclaimというQuickTime Mo
vieを含むマルチメディア・クリップアートも登場していました。

つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

327/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-9
(10) 92/01/20 12:57

今日15日はいよいよExpo最終日です。終了も4時と早いために
買物をするにはなるべく早くスタートを切る必要があります。
そうでないとストックが無くなる可能性があるからです。とい
うわけで開場の10時にMosconeセンターにまたまた飛び込みま
してまずはストレートにComputerWareに行きPowerBook100
用のバッテリーを買いました。本当はバッテリーチャージャー
も欲しかったのですが在庫がないようです。バッテリーは定価
が99ドルのところ89ドルだったので2つ買っておきました。ま
た荷物が重くなります。

FMACCGLog_9_16.jpg

※ExpoのMOSCONE CENTER


あと今日はCDを二枚買いましたがひとつはSpaceTime and Art
というやつですがこの中にもQuickTime Movieが含まれています。
それからTextureが沢山入っているWRAPTURESというものです
が79.95ドルだったので買っておきました。これもDirectorなど
でアニメーションを作ったり、プレゼン画面のバックグランドに
利用価値があると思います。
CDと言えば早くも野球の名場面集を集めたQuickTime Movieコレ
クションなどが登場しています。この調子ではエンタティメント
方面にもある程度本格的に利用されるかも知れませんね。これら
のCDを販売しているEDUCORPは大変な人でした。

つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

328/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-10
(10) 92/01/20 12:58

毎回大変な人だかりのVIDEO TOASTERブースですが今回も人気
がありました。しかしやはりこの人気は製品そのものよりデモを
している女性にあるように思えてなりませんね。超ミニスカート
の足を組み直しながら素晴らしいそしてよどみ無くプレゼンして
いる彼女の足元には十数人の野郎が座り込んでいて、その回りは
大変な人だかりです。この女性はホントどっかのキャスターでも
されていたのでしょうかねぇ。旨いんですよ説明が!!

AldusのFreeHandもバージョンが3.1になりカリグラフィと言うか
筆のような書き方がそのままEPSデータになる様はみごとです。

ところで今日は日本では成人式で休日ですね。というわけでもな
いのですが村松と肥後の二人はあしでまといのオジサン(私)を置
いて朝早くからカルフォルニアワイン工場の見学にツアーで出か
けました。本当はヨセミテ国立公園あたりに行きたかったようで
すが時間がかかりすぎますし疲れてはとの配慮ですが、さてさて
ワインの試飲で飲みすぎないと良いのですがねぇ。
ワインといえば昨晩もカルフォルニアワインを飲みながら美味し
い肉を食べましたが今回はツアーで用意してくれた食事もなかな
か美味しいもので今までで一番良いので嬉しいです。そこの店の
オーナー兼コックが日本人、そして賞をとった腕前とのことです
から当然なのでしょうがサンフランシスコにもいろいろと旨い
店があることが分かってきたので大変愉快です。しかし私は年明
けの健康診断で肉料理や油っこいものはダメ!!と言われているの
で控えないといけない体.....したがって些か残念です。

つづき
SYSOP 松田純一(SDI00116)

329/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-11
(10) 92/01/20 12:59

まあそんな訳で今日は一人で会場を超スピードスキャンしてきた
わけですがQuickTimeのおかげで通常の静止画を扱うブースはど
うも地味になってしまいました。ただしばらくすればQuickTime
の長所・短所や限界なども一般の人達に分かってきて、単にMovie
が動けば良いなどという風潮は淘汰されるはずです。また1988
年からMacWorldExpoに来ていて、ずっとその変化を見ていると
世の無情も感じます。前回一世を風靡した会社があとかたも無い
ということもありますし十数コマを取っていたブースが1,2コマ
だなんてこともあるわけです。
あのMacroMind/Paracompでさえ今回は以外にブースが小さく
日本でいうところの4コマ程度でした。数々の名だたるソフトを
出し、今回二社が一緒になったという割にはブースの面積が小さ
いのにはいろいろと考えさせられるものがあります。もちろん大
きければ良いというものでもありませんがね。

このサンフランシスコのExpoの集客数を見ていると2月のExpo
東京のそれが少し恐く感じてきます。ある人の話しでは10万人
近く来場者があるのではないかという話しもまことしやかに
流れているようですし、私もちょっと間違えば?可能性のない
人数ではないとも思います。
去年の総数6万人でパニックに近い状態だった各ブース(当社も
含めて)ですから10万人もの人が押しかけてきたら、どうなる
のでしょうか。
ちなみに当社のブース番号は404で3コマを確保し現在ブースの
デザインも概略きまりました。後は展示の仕方、デモの内容や
進め方、人の配置やユニホームをどうするか等などまだまだ
沢山決めていかなければならないことが多いわけです。また
一番大切なNEWソフトウェアですが現在我々がこちらに来てい
る最中に東京の小池および札幌の小森と高橋は「打つべし!」と
開発に忙しい思いをしていることだと思います。

つづき
SYSOP 松田純一(SDI00116)

330/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-12
(10) 92/01/20 13:01

ところでペイントソフトのコレクターとしては( 嘘嘘!!)どんな
製品が出るかと楽しみにしていたのですが先に購入したExpert
社のExpert ColorPaintの他にDelta Tao Software社からMonet
とZeusという二つのペイントソフトが出ました。しかし何と
だいそれた名前(Zeus)なんでしょうかね。とにかく共に399ド
ルだそうでComputerWareで299ドルで売っていましたが今回
はやめときました。
それからキヤノンのブースにはおなじみのFP-510がありその
上にはちょこんとUSA向けにパッケージされた我がProfessio-
nal FPが展示されていましたぞ。しかしキヤノンのブースは
よく言えば正統派的な雰囲気なんですがバブルジェットのカラ
ープリンタを新しく出していた割には暗かったなあ.....。

それから会場に展示されているQuadraですが3.5インチのオプ
ティカルディスクや88MBのリムーバブルハードディスクなど
がフロントに組み込まれているのが目立ちました。特にリムー
バブルHDなどを組み込んだら使いやすいのではないかと思い
そろそろQuadraが欲しくなりました。

今回のサンフランシスコEXPOの全体的な印象はと言えばやは
り良くも悪くもQuickTime対応でなければMacintoshのソフト
であらず.....といったような感じのものでした。しかし前にも書
きましたが近々当然のことながら熱も醒め、冷静な見方ができ
るようになってくると思います。まあこれだけ騒がれるのも気
持ちはよく分かるのです。私共が1990年の秋ごろにはじめて
VideoMagicianIIの原型を作り上げた時の喜びは忘れられません。
なにしろこちらの( アメリカのユーザー)はVideoMagicianを知
らないのですから無理もありませんよね。

つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

331/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-13
(10) 92/01/20 13:02

それからPowerBookがあちこちで使われ、携帯されています。
宿泊しているホテルの反対側に小規模ながら古めかしい、それ
でいて雰囲気のよいホテルがあるのですがExpoからの帰り道、
ふとそのホテルのレストラン(窓枠が濃い赤色で塗られていて
洒落ている)の窓側のテーブルでアメリカ、アメリカした(どん
な雰囲気か分かりますかねぇ)女性がPowerBook100を使ってい
るのです。まわりはそろそろ暗くなりかけていてその室内も照
明を落しているのでPowerBookの液晶バックライトがなんとも
素敵に輝いているのです。何かこの部分だけ切り取りたいよう
な一場面でありました。
で、そのPowerBook関連のグッズや周辺機器も騒がれていてな
かなか盛り上がっていました。
私自身も今回迷ったあげくにPowerBook100を持参して来たの
ですが持ってきて良かったと思っています。MacLifeの高木編
集長は確かPowerBook170を、EDUCORPでCDを買う時に会っ
た大谷さんはPowerBook100、そしてその他お会いした数人の
方々も持参されていたようでした。余談ですがPowerBook100
はRAMを4MBにでもすれば実用十分ですし出張時やセカンドマ
シンとして大いに威力を発揮してくれるものだと確信を新たに
しました。

この日ワインの工場見学に行っていた二人が悪酔いもせずに無
事帰ってきたので早速夕食にとでかけました。今日は奮発して
日航ホテルの最上階にある弁慶という店でテンプラなどを食べ
元気を回復した次第。
いよいよ明日はフィアモントホテルで行われるパシフィックフ
ォーラムで進行役をおおせつかっているので気が重いのです。
さてどのような一日となりますか.....。シャワーを浴びて多少は
っきりしたと思われる頭でこの文章を入力していますが1/3は
眠っているような感じ...あーいい気持ち!.....だ。

つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

332/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-14
(10) 92/01/20 13:03

16日の朝もなかなかの天気になりそうな気配。ホテルの朝食の場
にも昨日までのあわただしさもなく、関連企業らしい人達もあまり
見受けられません。ある人から聞いたところによるとアップルを含
め、このExpoのために休暇を返上で準備をしてきたためにExpoが
終ると休暇を取る社員が多いそうです。

ともかく私達はPacific Market Forum 1992(4時から)に出る前にと
早々にサウサリートに出かけました。
ただ風があるせいかとても寒いのです。それでも元気をだしてフェ
リーに乗り向こうに着いてからは買物です。私は女房用のを含めて
トレーナーと3年越しでねらっていたド派手なジャケットを買って
しまいました。全体がジーンズの生地でできているのですが背中の
ほとんどの面積部分にはベティちゃんがピンクのパイル地にプリン
トされており、裏地は薄いこれまたピンクというやつ!! なにかラ
イセンス料などのためとかで、かなり割高のジャケットなんですが
気持ちがハイになっている時でないと買えないし着れないものかも
知れません。
(帰国時には実際に着てたのですが皆さんにひんしゅくをかってし
まったようであります.....オジサンもがんばってるんだ!!)
そんなわけでゆっくりとしている時間がなくて残念でしたが帰りは
例によりフィッシャーマンズワーフからケーブルカーで帰ってきた
のですがだいぶ気温も上がったのか暖かく感じてきました。

FMACCGLog_9_13.jpg

※サンフランシスコの名物ケーブルカー

つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

333/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-15
(10) 92/01/20 13:04

ホテルに一端もどり、身支度を済ませてから再びケーブルカーで
Fairmontホテルに向かいました。ここはご承知の方も多いように
サンフランシスコではW.St.Francisホテルとならぶ高級ホテルなの
ですが、まず私がスピーカーを行う部屋にたどり着くのが大変で
した。ともかくレジストレーションを済ませバッチをもらい何とか
目的の場所を捜し当てたのですが、こんな役目はそうそうOKするも
のではありません。いろいろと手違いもあり気を使いました。また
周知の方々、例えばエーアイテクノロジーの社長などもご参加され
ていたので些かやりにくかったのですが、役者と同じで舞台?に立っ
てしまえば「やるっきゃない!」のですから仕方ありません。
本当はその後にレセプションパーティがあったのですが用事がある
私達は早々にFairmontホテルを後にし、今度は歩いてホテルに帰り
ました。
美味しい夕食後、私の部屋で寝る前のひとときを2月のExpo東京に
関する打ち合せをしました。会場で販売する当社のソフトウェアの
選択とそのExpo特価やソフトウェアとは別の特製Tシャツなどのグ
ッズ類について話し合ったのですが、私のまぶたは自然にくっつき
そう。
それでも鞭打って冷たい水で顔を洗い、この文章を入力しています。

明日は9時半から車でMacroMind/Paracomp社に出かけることになっ
ているのでその支度をこれからしなければなりません。そしていよ
いよ明日は明後日の帰国に際し荷造りをしなければなりませんが今
回はかなり荷物が多いので上手に荷造りしなければ入らないかも知
れません。いつもこれが大変なんですがねぇ。

つづく

SYSOP 松田純一(SDI00116)

334/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-16
(10) 92/01/20 13:05

今日17日は朝起きてみると、こちらに来てはじめての雨が
降っていました。まあ乾燥しがちな土地ですからたまには
雨が降った方がよいのでしょう。しかし大きな行事中では
なくて本当に助かりました。
ところで今日はMacroMind Paracomp社に行くことになっ
ていましたので昨晩から用意した鞄にVboxとかケーブル、
そして8ミリビデオなんかが間違い無く入っているを確認
後早速車ででかけました。
同社は合併前の場所ではなく、そこから少し離れた位置に
ある600 Townsendというところにあります。そのオフィ
スはなかなかオーソドックスの中にも洒落た部分がある明
るく感じの良いものでした。私達は予定通り同社のトップ
であるMr. William R. Woodwardに会うことが出来ましたが
とても若く笑顔が魅力的な如才のない闊達な人でした。
型どおりの挨拶の後で我々の主目的であるビジネス上の話
しをいたしましたが終始おだやかで切れ者といった感じを
くずしませんでしたね。当社の印象も強く植え付けること
ができ、まずまずの成果だったと思います。

ホテルに戻るころには天気が良くなり、カルフォルニアら
しい青空がのぞきはじめました。早速着替えた私達は(一応
私はスーツにネクタイでMacroMind Paracompに行ったの
で)昼をチャイナタウンで過ごすため再度出かけることにし
ました。チャイナタウンの入口はダウンタウンに接してい
るのでほんの10分も歩けばその象徴的な門が目に入ります。

で、チャイナタウンにあるレストランでヤムチャをいただ
きしばしリラックス。ここは安くて美味しいのです。
満腹・満足の私達はサンフランシスコの最終日ということ
もありユニオンスクエア付近のいわゆるブランドショップ
をウインドウショッピングがてら回って見ることにしまし
た。この付近はルイ・ヴィトン、ティファニー、セリーヌ、
フィラ、ポロ、ダンヒル、エルメスなどのそうそうたるシ
ョップの他に有名なデパートMacy'sなどがあり買物には
ことかかない場所でもあります。しかし当然のことですが
高い!!!
私は女房用にmagic circusで知られたPIERO GUIDIのスカ
ーフを買いました。いくら仕事とはいえ、Macintoshづくし
の生活をしていると女房にもフラグメンテーションが生じ
ますからこんな時にご機嫌をとり、メンテナンスをする
必要があるわけです。ハードディスク以上に女房殿のクラ
ッシュは恐いのであります。
つづく
SYSOP 松田純一(SDI00116)

335/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-17
(10) 92/01/20 13:07

ホテルに戻る途中で最近よく寄るようになった画廊に入り
村松は素敵な買物をしておりました。以前に私がベティ・
ブーフの版画を買ったところです。
ホテルに戻りカプチーノコーヒーをいただきひと休みした
後に部屋でこの文章を入力していますが窓の外にはあかり
がともり、ビル群の上には満月を少し過ぎた月がこうこう
と照っています。
さて、今日の夕食はどこに行きましょうか.....。今回のサン
フランシスコ最後の夜を過ごした後、荷造りをしなければ
いけません。そして明日UA853便で一路成田に向かうわけ
です。

その夕食ですがお目当てのところに予約をいれたのですが
9時以降でないと席がないというわけ。荷造りがなければ
ともかくかなり大変な積め込み作業があるのでそこはあき
らめ、とにかくホテルを出ました。結局あるイタリアレス
トランに落ち着いたのですが"イタリア"と"グルメ"担当の村
松が「美味しいかしら」と首をかしげることしきりの内に
「まあいいか!」とその店になだれ込みました。結局上々の
味で満腹と一緒に新しい店をまたひとつ開拓したことの喜
びに一同大変満足して店を後にしました。
で、その店で私はデザートにアイスクリームを頼んだので
すが、村松と肥後の二人のデザートはワインにカスタード
クリームがたっぷりグラスに盛られているもの(温めてある)
で名前を忘れたのですが例えて言うと「たまご酒イタリア
ーノ」と言うような感じのものだったそうであります。

つづく

SYSOP 松田純一(SDI00116)

336/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpo in SF '92レポート-18
(10) 92/01/20 13:08 コメント数:1

と言うような訳で今回のサンフランシスコExpo最後の夜は
しんしんとふけていくのですが、後ろのベッドの上には荷
造りからはみだしたものが散らばっています。Expo会場で
集めた資料を再度選択してそれらも厳選しなければならな
いようですし、さてまとまるのでしょうか。ケセラセラ...!

FMACCGLog_9_02.jpg

※深夜、ホテルの窓から下を覗くと街並みは昼とは別の表情を見せる


先ほど日本に電話を入れたところ、IBMが大きな赤字を出し
たとのニュースがあったそうで、逆にアップルは好調のよう
でPowerBookをすでに10万台出荷などという景気のよい話
しが載っていたようですね。
何度も書きましたが今回のExpoを見る限り、アップルはそ
う落ち込みはないと思うのですが現実問題はそう単純では
ありません。
16日に出たパシフィックマーケットフォーラムに於てもご
出席された方々とアップル側との間には微妙にそしてかなり
潜在的なズレがあるように思えてなりません。アップルの
マーケットは決してアップルコンピュータだけが生き残って
も意味のないことですしデベロッパーやディストリビュータ
そしてサードパーティ達と本当の意味での信頼関係の上で
よりよいビジネスができ、そして企業として共存共栄して
いけなければそれこそバブルと化してしまうでしょう。

今回のExpoは以前にも増して多くの方々とお会いする機会を
得ましたが、いろいろな意味でますますアップルのビジネス
の難しさを思い知る結果となったのは皮肉なことです。

SYSOP 松田純一(SDI00116)
関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員