FMACCG:談話室【4】1989年11月28日〜1990年4月9日

NIFTY-ServeのFMACCGフォーラムログ公開第4回目。1989年11月28日〜1990年4月9日までのログである。この頃になると会員数も増大し、SYSOPのフォローはあまり必要なくなっていく傾向にあった。どちらかといえば司会者的な役割を自覚するようになる...。                                                                                                                                     
FMACCG:談話室【4】1989年11月28日〜1990年4月9日

020/512 SDI00116 松田 純一    感謝、感謝!!
( 2) 89/11/28 07:24 018へのコメント

了解しました。...すぐ了解してしまうところが適当ですがね。
この種のメッセージはあまり早く消してしまうと意味がなくなる
場合があるので、当事者としましては長めになってしまうので
あります。
それにね、最近「おわび」も板についた感もあるし...。
御指摘ありがとうございました。感謝、感謝。

MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一(SDI00116)

024/512 SDI00116 松田 純一    LaserWriterのバージョン?
( 2) 89/11/29 07:36 023へのコメント コメント数:1

Kenさんこんにちは。カラーPICTをグレイスケールでLaserWriterに
出力するには確かLaserWriterのドライバーバージョンが6.0を
インストールしてあればOKだと思いましたが、違ってましたっけ。

MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一(SDI00116)

028/512 SDI00116 松田 純一    ちょっと心配なのでコメントします。
( 2) 89/12/01 21:45 027へのコメント コメント数:1

Kenさんこんにちは。GT-4000とColorMagicianとついでにエプソンのSCSIキット
を注文されたとのことですが楽しみですね。ただちょっと気になりましたので
でしゃばりましたが、現在のColorMagicanIIはSCSIキットに対応しておりません。
もっともそれを使わなければ利用できますが、その辺をご承知の上でご判断
されたのでしたら良いのですが。

ColoeMagician2.gif

※カラースキャニングソフト「ColorMagician II」の画面とフロッピーディスクおよびアイコン


またColorMagicianIIもSCSIにも対応するように考えているとのことですが
ColorMagicianIIでの高速スキャンは現在の時点ではスピードカードという
専用カードにしか対応していません。
余計な心配だったらこめんなさい。

MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一(SDI00116)

031/512 SDI00116 松田 純一    健闘を?お祈りします。
( 2) 89/12/02 21:43 030へのコメント

それは安心しました。余計なお節介ですみませんでした。
とにかく、健闘を?お祈りします。

MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一(SDI00116)

034/512 SDI00116 松田 純一    スキャナは素敵ですね
( 2) 89/12/07 07:25 033へのコメント

Kenさん、どんな材料をスキャナで取り込んでいるのでしょうかねぇ。
私などは最初にColorMagicianを入手したとき、早速?プレイボーイ
の特集号などを買いに走りましたっけ...。
IIciでRasterOps264を使い始めていますが、マウスの乗りが8bitを
扱っているような軽さで非常に快適です。それに...たぶん今日か
明日にDAYSTARのキャッシュカードが入る予定なので、これまた
大いに楽しみです。公告などによればciがさらに40%も速くなる
とのことですからね。とにかくグラフィック廻りのスピードが
速くなるのは嬉しいことです。
Macintoshのスピードワ繧ェる度に懐具合も天にも昇るように軽く
なりますが...。
またスキャナ廻りの感想などもお知らせくださいませ。

MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一(SDI00116)

037/512 SDI00116 松田 純一    皆様、よい年をお迎えください。
( 2) 89/12/29 17:41

いよいよ今年もあとわずかになりましたが、皆様はいかがお過ごしなのでしょうか。
何とか年賀状もかっこうをつけ、明日は女房のご機嫌をとるため?に掃除の手伝い
をしなければなりません。
ところでこのフォーラムの皆様にと言うことでMacIIギャラリーに年賀状がわりの
データをアップロードしましたのでご覧ください。また長谷川さんも素敵な馬の
データをアップしてくださいました。もし、皆さんもこれは!と思った絵ができま
したらどうぞデータライブラリにアップしてみてください。
多くの年賀状が寄せられるようになったら、皆さんの投票でコンクール?でも
開いてみたいな...などと考えています。
ともかく、よい新年をお迎えいただき来年もよろしくお願いいたします。

MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一(SDI00116)

039/512 SDI00116 松田 純一    おめでとうございます。
( 2) 90/01/02 22:18 038へのコメント コメント数:1

Kenさん、二重のおめでたですね。お幸せにどうぞ!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
ところでご質問の件ですが、お察しのとおり女房です。やはり版権などの
問題が気になりますし特にビデオなどを使ったリアルタイムの画像入力に
は即利用できるソースでなければなりませんしね。
本当はきれいなモデルさんでも出版社の方で手配してくれると格好がつく
のですがねぇ。関係者の方見てたら今度予算をとってくださいませな。
ともかく女房でもカメラの前に座らせておくのは大変なことなのですよ。
なだめすかして、あげくのはてに今晩夕飯おごるからさぁ...などと
おべっかいを使ってやっとあのありさまなのです。
Kenさんもご結婚なさった由、いづれ思い当たる時がくるでしょう。うふふ。

MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一

041/512 SDI00116 松田 純一    これは、どうも...
( 2) 90/01/05 10:00 040へのコメント

ははは...面目ありません。一部にはそろそろモデルを替えろ!という
声があるのですが...こればかりはねぇ。

MacCGイラストフォーラム SYSOP 松田純一(SDI00116)

051/512 SDI00116 松田 純一    ColorSpeceIIi & FX
( 2) 90/02/15 22:16 050へのコメント コメント数:1

サリパパさん、ColorSpaceは残念でしたね。私もIIiとFXの評価を
しましたが、ビデオなどの専門家の目から見ればまだまだ玩具のように
思われるでしょうね。
でもそれ以上に問題なのは御指摘のとおり、サポートとソフトウェア環境
なのです。だいたいあのボードを単にパソコンだけに詳しいユーザーが
購入したところでセットアップさえ分からないのではないかと想像しま
す。
こうした取扱店も単にハードを売るだけでなく、自分達のリスクにおいて
賢くユニークなソフトウェアを開発するようなことをしなければ
後が続かないのではないかと危惧します。
私は多少サリパパさんより点があまく、まあこんなものだろうと思い、
要はこのハードの限界を正確に掴んだ上で活用できればいいと思って
いる者です。ただしこうしたボードを自分の手にしない内に、正確に
把握したくても出来ない場合がほとんどですし、売り方も考えてほしい
ものですね。
で、返品うんぬんと御書きになっておりましたが、何日以内は返品可能
という販売を正式にしているのでしょうか。

MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一(SDI00116)

054/512 SDI00116 松田 純一    RasterOps264の出力
( 2) 90/02/18 14:58 053へのコメント

永野さん、こんにちは。RasterOps264の出力をプロジェクターに繋ぎ、
業務で利用するということを聞いたことがあります。なかなか画像的
には安定しているようですね。
MacIIciならびにPixelPaint Pro.などの感想をまたお聞かせください。

MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一(SDI00116)

062/512 SDI00116 松田 純一    色の道??
( 2) 90/03/08 21:51 061へのコメント コメント数:1

大石さん、今晩は。
色の道とは...いいですねえ。実は私、最初の勤め先は顔料とか染料のメーカー
でして、まさしく色の道からスタートしたわけなんです。
それはそうとDB9 とADB ですが、コードレスマウスを買ったら両方のユーザーが
使えるようにと片方がADB、もう片方がDB9のアダプターがついているんですが
これなど利用できないのかなあ。まあ一度テストしてみればいいんですがね。
またスキャナとかプリンタなどの使用感を書き込んでいただければ幸です。

DB9.jpg

※DB9 データ転送に用いたコネクタ規格。DBは台形を意味し、台形にピンが9本だったのでこの名がついたと言われている


ADB.jpg

※ADB Apple Desktop Busの略でAppleがUSB以前にキーボードやマウスといった各種の入力機器を接続するための規格


MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一(SDI00116)

064/512 SDI00116 松田 純一    カラーは美しいですよ!
( 2) 90/03/10 13:37 063へのコメント

マウスの接続の件は、結果が分かりましたらレポートしていただけることを
楽しみにしています。
カラー画像そしてフルカラー画像を作り出すと、すぐハードディスクが一杯
になるんですよねぇ。いったん作成した画像を整理して残しておくことが難しく
なってきます。つい、HDが足りない時に、捨ててしまったりしますので...。

MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一(SDI00116)

066/512 SDI00116 松田 純一    ようこそ!!
( 2) 90/03/17 10:52 065へのコメント

HOPPYさん、ようこそ。
最近は急速にMacintoshはデザイナーやプランナーなどのお仕事に浸透
してきましたね。こうした専門の技術、ノウハウを持った方々がMacを
使い込むことでまた新しい世界も開けると期待しています。
「ハイエンド・グラフィックス」はMacLife誌の特集記事でしたが
私の耳に入っただけであの記事に触発され(だまされて?!)て新しい会社
やMacに関係する事業部が8つできたそうですから、これは恐ろしいことです。

MACLIFE.jpg

※1988年11月号「MACLIFE」誌。この頃は隔月刊でBug News誌別冊という扱いだった。筆者は本号に24ページを独占した「特集ハイエンドグラフィックス」を執筆したが大変な反響だった


それはそうと是非Macを導入していただき、これからもおつき合いください。

MacCGイラストフォーラム SYSOP 松田純一(SDI00116)

068/512 SDI00116 松田 純一    破産する人が増える?!
( 2) 90/03/17 17:42 067へのコメント コメント数:1

藤岡さん、当事者※3としてはなかなか書き込めないことをUPしていただき
感謝です。どうも奥歯に物がはさまったような書き方しかできなくなって
きましたので会員の皆様にも消化不良的なことが多々あると思います。
当フォーラムとしてもこの点を考慮しより活発な意見の交換、あるいは
ニュースが流せるようにただ今検討中です。
で、藤岡さん!ColorMagicianIIIでフルカラーデータを作成し保存...
そしてProfessional FPでフルカラー印刷...という課程なら特別フルカラー
ボードは必要ない設計になっています。
しかし折角のフルカラー画像ですから、画面でも確認したいですよね。

※3 SYSOPであった私が起業したため、フォーラムを営利目的で利用することに懸念があった。この後にニフティとの契約を変更し、ベンダーフォーラムとして活動を続けることになる。

MacCG Sysop 松田純一(SDI00116)

073/512 SDI00116 松田 純一    32Bitフルカラー環境のこと(長文です)
( 2) 90/03/18 11:44 070へのコメント コメント数:1

大塚さん、こんにちは。ColorMagicianIIIあるいは32Bit フルカラー環境に
ついてのご質問ですが、思い付くままに記してみます。
まずフルカラーを利用するには32Bit QuickDrawが必要ですが実は現在の漢字Talk
(System 6.0.2)との併用は正式にサポートされていないのです。ただし一部ではS
E/30用の漢字Talk(System 6.0.2 J5)を利用して32Bit QuickDrawを使えるようにし
たものが存在しますが正式なバージョンでないため、何が起っても文句の言い場所
はありません。
それから32Bitフルカラーのデータベースについてのご質問ですが、フルカラーと
言ってもPICT2フォーマットを使うとすれば今までの8Bitモードとデータを扱うと
いう立場からは基本的に同じです。ただしデータの容量が8Bitと比較して3倍から
4倍も大きくなること、そしてそれを検索表示するのに当然重くなり時間がかかる
ことが問題です。さらに光磁気ディスクを使っても本格的なデータベースをフルカ
ラーで...ということになると現在のところ問題は残ります。
データを構築する場所の問題もさることながら使用する環境も考えなければならな
いことがあるでしょう。例えば一つのデータ容量が大きな為、Macintoshの8MB-RA
M上で複数のデータをオープンすると言ったことが場合によっては出来にくいこと
になるでしょう。なぜなら8MBのRAM領域上でシステムを走らせ、アプリケーション
を走らせ、そして一つのフルカラーデータ容量が1MB以上にもなるデータを複数扱
うということはそのワーキングエリアをも必要としますからなかなか難しいことに
なるかも知れません。
データベースと一口に言ってもその形態や用途にはさまざまなものがあると思うの
ですがMacintoshがSystem7.0になり32MBのRAM領域を使えるようになるまでは(まだ
まだかかりそうですが)果たしてお考えになっているデータベースがどうしてもフ
ルカラーの画像が必要なのと言うことをまず熟考することが必要だと思います。画
像を検索しそれを画面で確認し、そこそこのクオリティでプリントアウトすれば良
い...と言った程度なら8Bitの256色モードの方が現実的かも知れません。
しかし256色モードでのデータベース利用では同時に参照する場合などでそのカラ
ーパレットの違いで色変りを起こすという致命的な?問題もありますが全体の画質
という条件が許せるならColorDiffusionというユーテリティを使う方法もあります


さて随分と長くなってしまいましたが、32Bitフルカラーデータを編集するソフト
についてですが、残念ながら安いソフトは今のところありません。こうした分野の
ソフトをフォト・レタッチアプリケーションなどと呼んでいますが現在のところ、
Adobe社のPhotoShopそしてレトラセット社のColorStudioが手に入れることはでき
ます。ただしPhotoShopは確か定価が$800位したと思いますしColorStudioにいたっ
ては$1995もします。
ColorStudioは簡単な日本語マニュアルをつけたもの(ソフトは英語版です)がレト
ラセットジャパンより発売されますがこれは30万円だそうです。

とにかく32Bit QuickDraw自体もMacII, IIcxなどでシステムフォルダーに入れるも
のとMacintoshIIciがROMとして持っているバージョンに違いがあること、そしてフ
ルカラーボード自体もメーカーごとにいろいろな相違が出てきていることもありお
金をかける前には充分な下調べが必要だと思います。
随分とだらだらと書きましたが、あのフルカラー画像の美しさを一度見てしまうと
なかなか元には戻れなくなってしまうのかも知れませんが。

Mac CG SYSOP 松田純一(SDI00116)

077/512 SDI00116 松田 純一    ColorMagicianIIIのこと
( 2) 90/03/20 22:40 076へのコメント コメント数:1

大塚さん、オンラインですので満足なお答が出来ないかもしれませんが
ご質問に関わることを記してみます。
まずインターフェースの問題ですが他に何等かのSCSI周辺機器をお使いで
しょうか。SCSIは基本的にぶらさがっている機器全部の電源を入れておか
ないとMacが起動しないなどという厄介な問題やターミネータの扱が不透明
ということがありますが、一度そのスピードを体験すると元には戻れません。
現在私はMacからPLIというリムーバブルハードディスクをつなぎ、さらに
GT-4000のSCSIへつないで使っていますが、この状態ですと何と後から
GT-4000の電源をONにしても問題なく動きます。
ですからMacとスキャナのSCSIだけを接続して利用する環境なら、なおさら
心配することはないようです。

SCSIterminator.jpg

※ターミネータ SCSI接続デ信号の反射を防ぐための集合抵抗。SCSIをディジー・チェーン接続する場合、始端と終端のコネクタに必要となるが機器の相性などもあり取扱は厄介だった


それからColorMagicianIIIの8ビットでのスキャニングですが、基本的には
画質は同じです。ただいくつかのユニークで実用的な取り込み方法や画像
合成に関わる機能を拡張してあります。これらは従来からの8ビットカラー
の欠点(物理的制限なのですが)をカバーするもので本気でカラーを利用する
ためには不可決の機能たちだと思います。
それらの一部を簡単にご説明すれば...
1)Diffusionスキャンモードというモードでスキャニングした画像はお互いに
カット&ペーストしても色変りを起こしません。
2)256色中任意の色数と任意のカラーでスキャニングが可能です。もちろんカラーパレッ
トの色調は自由に変更できます。
3)4096MakeというColorMagicianの8ビットスキャンでの基準となり取り込み
方法で作成したファイルのカット&ペーストの色変りを最小限に押える
Paste Harmony機能。これは従来高価なPhotoMacというソフトなどでしか体験
できなかったものです。
4)プリスキャンが256グレイスケールで実行できるのでどのような原稿でも
トリミングがやりやすい。
5)画像の大きさを決めるZoom値が縦と横別々に設定可能なため、機器の狂いの
補正はもとより、縦長の画像や横長の画像も作成が簡単。
6)スキャニング後の画像を濃度を保持したまま色を変更できる。
などなど...書ききれませんが、その他32ビットQuickDraw準拠の非常に美しい
フルカラー画像が作れることは無論、MacPlusやSEでも2フルカラーTIFF画像が
作成できるなど、大幅なバージョンアップとなっています。

MacCGイラストフォーラム SYSOP 松田純一(SDI00116)

081/512 SDI00116 松田 純一    これこそ、マルチメディア?
( 2) 90/03/21 16:23 078へのコメント コメント数:1

小西さん、おっしゃるとおりですね。別に私なども放送局で使えるようなものを現
時点で求めているわけではありません。

>思い付いたときにどんどんつくって行けるようなシステムが欲しいのですが、、
、、。
そのとおりだと思います。

ところで私達が目指してきたMacを使ったビデオシステムを考えると次のような
ものになります。
1 ) ビデオ入力からの動画の任意のフレームをコマどりできる。
2 ) 動画のここから、ここ...という間を自動的に秒数コマでコマどり可能。
3 ) 取り込んだ画像は複数のPICTファイルとして保存するか、あるいはPICSファィ
ルに落し、Directorで直接読める形式にする。
4 ) 取り込み速度は例えば秒10コマから秒1コマ、そして5分、10分あるい
は30分に一コマを自動で撮影しハードディスクに保存できる。
5 ) 簡単なフレーム間の編集が可能。
6 ) 撮影データ...年月日や時間などをフレームの端に記録することが可能。
7 ) Soundデータをフレームに割り当てて利用可能。
8 ) 作成する画像のサイズを数種選択できる。
9 ) いつでもカラーパレットの補正がキー一つで可能。
10) マルチファインダー上で利用可能
と、まあこんな具合ですがいかがでしょうか。
秒数コマ作成というのはもちろん実写アニメーション作成に欠かせないものですが
、単にアニメ利用の他に画像解析や運動の解析などにも使えるのではないかと考え
ています。また5分や30分にひとコマ...と言う目的はいわゆる「定点観測」がデジ
タルデータとして利用できますし、そんな難しい話でなくても、花が開化する様子
を5分おきにシャッターを押していくことで撮影することも簡単になります。
アニメーションというとその利用形態がそれで定まってしまいそうですが、DTPRと
かDTMという言葉で言われるとおり、他人に対する報告やプレゼンが今までの紙や
ビデオという媒体だけでなくデジタル処理されたグラフィックスをパソコン上で動
かして報告する時代が近々到来する気がするのです。なんてったってモノクロより
カラーがそして静止したものより少しでも動いた方が説得力がまったく違ってきま
すからね。
こんなふうなことを書いていると単に夢物語と片付けられそうですが、上記のスペ
ックをかなり満足したものが現在私達の会社でテスト的に動いています。
いろいろな条件や制約がありますから、全ての情報をありのままにこのボードにご
紹介することはできませんがもうしばらくお待ちいただければ皆さんにもご紹介で
きるのではないかと思います。
少々のご猶予を!!

MacCGイラストフォーラム SYSOP 松田純一(SDI00116)

082/512 SDI00116 松田 純一    懐かしいESD
( 2) 90/03/21 16:30 080へのコメント コメント数:1

イーエスディラボラトリ、そして手塚さんという女性社長には私もいろいろ
お世話になりました。そのころ私はそこで発行していた「アップルマガジン」など
という季刊誌の編集長なども一年間やってましたし.....。

applemagazin.jpg

※「APPLEマガジン」1986年1月2月号。表紙に手塚社長の写真が載った本号で本誌の発行はストップとなった


そう言えばその手塚さんですが、今年...確か2月ころですが...久しぶりに
お電話をいただきました。お元気のようでしたね。

MacCGイラストフォーラムSYSOP 松田純一

086/512 SDI00116 松田 純一    編集もののようですよ?!
( 2) 90/03/23 21:42 085へのコメント コメント数:1

浅田氏監修のマルチメディアを一種のデータベース的に使いその中で
リアル画像が動くビデオを見たことがありますが、それは編集ものの
ようでした。テキストがスクロールするのがトロイのに画像が物凄く
速いというのも変な感じでしたね。
しかしご指摘のものがどういうものなのかは残念ながら知りません。
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

MacCGイラストフォーラム SYSOP 松田純一(SDI00116)

091/512 SDI00116 松田 純一    改造は楽しい?
( 2) 90/04/04 07:32 090へのコメント

Uenoさんこんにちは。なにか物を作るということは大きな喜びですね。
私も昔のMacPlusのキーボード、知人にあげてしまいましたが、たまに
懐かしく思うことがあります。
改造と言えばこれも昔話ですがコモドール社製のPET2001というパソコン
がありましてなかなか気に入って使っていました。しかしそのキーボード
は電卓のそれみたいなものでして、決して使いやすいものではなかったのです。
そこで、PETの新型がアメリカで出たというのを知り、フルキーボードだけを
入手し、PETのボディ下部を金ノコで切り落とし、その部分をアルミの厚板を
加工塗装し大改造したことがあります。

PET20011981.jpg

※キーボードをフルキーボードに入れ替えて改造したコモドールPET 2001 (1981年撮影)


まあきちんとした製品をノコギリでごしごしとやるときの気持ちはあまり
気持ちの良いものではありませんが、旨くいくと自己満足もあり楽しい
ものです。
ただこんなことをやれば保証もなくなることはもちろんですが.....。

MacCGイラストフォーラム SYSOP 松田純一(SDI00116)

092/512 SDI00116 松田 純一    MacWorldExpoに出かけてきます
( 2) 90/04/09 14:45

さて、(なにがさてだかわかりませんが...)明日からMacWorldExpoを視察
のため18日までサンフランシスコへ出かけてきます。
今回はMacintoshIIfxはもう実物を見てしまいましたしマルチメディアも
提唱するだけなら飽和状態になっている気がします。したがってスカリー
会長がどのようなプレゼンテーションをするのかが気になりますし
「これは!」とうなるようなハード・ソフトが出て来るのかも心配です。
ともかく、お土産話は勿論のことですが恒例?となりました向こうで
集めたグッズなどを会員の皆様にプレゼントするために持ち帰って来ます
から、どうぞお楽しみに。

※毎年Macworld Expo/SFは1月開催だが地震の影響でこの年は4月となった

MacCG SYSOP 松田純一(SDI00116)

【続く】
関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員