スマートウォッチ「COOKOO watch」レポート

Appleから iWatchが登場するのではないか...という憶測が流れている。無論Appleの情報は正式な発表があるまでは憶測、希望の段階なので鵜呑みにすることはできないがひとりの腕時計好きとしては是非本当であって欲しいと願っている。その前哨戦といったわけではないものの iPhone等とペアリングして使うスマートウォッチ「COOKOO watch」を買ってみた。                                                                          
「COOKOO watch」は、Bluetooth Smart対応アナログ腕時計だ。価格もそんなに高いものではないのでスウォッチ感覚で手にしてみたが、一番良い点はデザインを含め腕時計としてシンプルであること。
私見ながらこの種の製品はとかく奇をてらい、可笑しなデザインになったり不要な機能をあれこれと付加する結果、時計としては使い物にならない傾向がある。

cookoo_02.jpg

※iOS専用スマートウォッチ「COOKOO watch」のパッケージは巣箱のデザイン


「COOKOO watch」だが、もともとKickstarterで製品化の資金調達に成功したプロジェクトで昨年末から販売が開始されたいわゆるスマートウォッチである。対応しているデバイスは現在の所、iPhone 5とiPhone 4S、iPad(第3、第4世代)とiOS専用である。

cookoo_04.jpg

cookoo_05.jpg

※「COOKOO watch」ホワイト全体(上)。腕時計としてはシンプルで使い易い(下)


ただしその機能は些か地味でiPhoneなどで受信したイベントをBluetoothでペアリングしている「COOKOO watch」にアイコン表示とサウンド、バイブレーションで知らせるというもの。したがってまだまだ進化の途上にあり、スマートウォッチとして理想的な製品ではないと思うがコンセプトの方向は間違っていないと感じる。

cookoo_01.jpg

※「COOKOO watch」の通知機能がサポートするアイコン達。ただしまだ使えない機能もある


無論将来、AppleのiWatchにどのような機能が搭載されるかは大いに興味のあることだが、余談ながら個人的にスマートウォッチ…いや iWatchに求める最低限のスペックは以下の3点につきると考える。

1)表示はアナログ仕様
やはり時間という概念を瞬時に認識するにはアナログ表示の時計がベストだ。無論あのiPod nano 6thのようにデジタルによるアナログ表示でもよいが、スリープ機能ですぐ画面が暗くなってしまうような仕様では困る。噂によればiWatchは曲面ガラスを採用するかも知れない等とも言われているが奇をてらったものではなくAppleのモットーであるシンプルなデザインであって欲しい。

2)充電式バッテリーはダメ
理想はソーラーバッテリーだがそれが無理なら交換式のボタン電池を採用すべき。
iPod nano 6thを腕時計として随分と楽しんだが本当の意味で実用とならなかったのは頻繁に充電しなければならないからだ。充電式の場合でも1度の充電で1週間持てば良いという人もいる。しかし常にバッテリー残を気にするのはiPhoneだけで十分だ(笑)。一日や二日でバッテリーが切れるような時計は日々使う腕時計としてふさわしくない。

3)防水仕様であること
これも日々腕に巻いていることを考えれば最低限日常生活防水性は保たなければならない。手を洗う度に外さなければならないのでは実用性は低い。

こうして必要な要素を確認してみると「COOKOO watch」は素敵なことにこれら3つの要素を完全にカバーしている...。
ルックスはご覧のように腕時計そのものだし、バッテリーは交換式のボタン電池が時計およびBluetooth用として採用されている。これで電池寿命はBluetooth部が約1年間、アナログ時計部で約3年間というからまったく問題はない。さらに5気圧(50m)防水仕様なのは嬉しい。ちなみにアナログムーブメントは日本製ということだ。

cookoo_07.jpg

※「COOKOO watch」裏


「COOKOO watch」は数種カラーバリエーションがあるが、私が入手したホワイトを手にしてみると正直高級感はないが、しっかりと作り込まれていることがわかる。
ケースは樹脂製だがベゼルは金属が使われている。風防はミネラルガラスが採用されているので簡単には傷つかないはずだ。またベルトはソフトシリコンなので装着性も良い。ただし一般の腕時計と比較するとサイズは大きめで直径は44mm、厚さは厚さ16.3mmある。しかし使いづらいほどではないと思う。

cookoo_09.jpg

※iPod nano 6thを腕時計化した「LunaTik」とのサイズ比較


時計の精度は月差 ±20秒で5気圧(50m)の防水仕様だし文字盤やインデックスはシンプル、針は3針式で認識性も悪くなく腕時計としては文句はない。そして文字盤内側にアイコン表示で様々な機能をセレクトして通知してくれる。

通知機能は、まず電話の着信と不在着信、SMSメッセージ、カレンダーおよびリマインダー、Facebookメッセージ、アラーム、iOSデバイスのバッテリー残量通知、そしてiOSデバイス…すなわちiPhone 5などと一定の距離が離れると通知してくれるため置き忘れ防止になるし、iPhone 5の置き場所が分からなくなったときにサウンドを鳴らすことも可能。
ただしこれら全ての機能が現時点で実装されているわけではない...。
それから、専用アプリからカメラ機能を起動すれば「COOKOO watch」のコマンドボタンを押すことでiPhone 5などのシャッターを切ることができる。これは旅行やイベントなどで家族や仲間達との集合写真を撮る際には大変便利だ。さらにコマンドボタンを押すことでマップ上の現在位置にピンを立てる機能もサポートしている。

しかし「COOKOO watch」は現実問題として正直現時点では積極的にお勧めできない。人柱になっても良いという気概があるユーザーでないとクレームで終始してしまうかも知れないからだ(笑)。
なぜなら前記したiOSとのペアリングに不安な部分があることだ。
ペアリングは無料でインストールできるiPhoneならびにiPad用アプリケーション「COOKOO Time Connect」から行うが、私もまずは最初から手こずった…。
アプリの評価欄を見ると寛大なユーザー諸氏が目立つが、最初のペアリングがなかなか旨くいかないことは事実のようだ。そして私自身もご多分に漏れず、やっとペアリングでき一安心していたところいつの間にか接続が切れ、今度は初回以上になかなかつながらない…。

本来自動でペアリングしてくれるはずがなぜこうまで手こずるのかは不明だ。原因不明だからして始末が悪いが、途中でペアリングが切れるというのも困りものでこれでは役に立たない…。
ただし確証はないものの初回にペアリングしユーザー登録画面になったた際、メルアドや名前を入力して作業を完了したはずだが、どうもこれが完了していなかったようだ。
なぜなら翌日、どうしてもペアリングできないのでiPhone 5を再起動すると共にiPhone 5のBluetoothリストに登録されたCOOKOOを削除し、「COOKOO watch」本体のバッテリーを1度外してから元に戻し、ペアリングを最初からやってみたら今度は旨くいった。無論ユーザー登録の画面に進んだので前回と同じことを行ってみた。

cookoo_11.jpg

cookoo_13.jpg

※iPhone 5とペアリング完了!(上)とiPhoneとペアリング状態を示す表示。サウンドとビープがON(下)


初回と違ったことだが今度はすぐにCOOKOOから登録確認のHTMLメールが届いたことだ。ということは初回はきちんと登録が出来ていなかったのかも知れない。

cookoo_15.jpg

※COOKOOから届いたユーザー登録完了メール


さらに2度目のペアリング後は iOS 6.1.3にアップデートしiPhoneが再起動してもBluetooth接続されるし…いまのところ1週間ほど使っているが...切れなくなったのである。
これはたまたま偶然なのか、あるいはユーザー登録が完了しないと正式に使えない仕様なのだろうか…。

とはいえCOOKOO側のサポートはしっかりしている。質問すれば英語ではあるもののきちんと返事を貰えるし、購入からユーザー登録に至るまでタイミングの良いメールが続けて届いた。
今回はスマートウォッチとしての情報を得たいという目的もあったのでAmazonから並行輸入品が買えることを知っていたものの、あえて送料代が加算となってもとメーカーから直接購入した次第である。
面倒なのはきちんとした日本語によるマニュアルが準備されていないことも問題を分かりづらくしていると思う。
以下は私がペアリング再接続に関してメーカーに質問した際に送られてきた対処方法だが、これを実行すればまずはつながるはずだ…。なお下手な和訳で誤解を招くとまずいので原文のまま載せるが参考になれば幸いである。

1. Power the watch OFF by pressing and holding the CONNECT button until the first beep (about 3 seconds). This should leave it so there are no icons on or flashing.
2. Remove the device entry from the app by selecting the device from the Devices List and then tap Settings (gear icon in top right) and choose "Forget device." Tap "Yes" to confirm and then close the app.
3. Open Settings > General > Bluetooth. Under Devices if you have anything listed as "COOKOO" or “Peripheral” then tap the arrow on the right side of that device listing. Select "Forget this device." Select "Forget Device" to confirm and then close settings. (In iOS 6, you only open Settings and then select Bluetooth).
4. Soft reset your phone by pressing and holding the Sleep/wake button (button on the top right of the phone) and the Home button (circular button on the front bottom of the phone) together until the apple logo appears (about 15 seconds).
5. Once your phone is back on, power on the watch into NEW by pressing and holding the CONNECT button until the second beep (about 6 seconds).
6. Open the COOKOO app and when prompted tap "Pair."

ともかくBluetoothの接続が計られているとき、例えば電話の着信があるとビープ音、バイブレーションと共に「COOKOO watch」上に受話器のアイコンが点滅する。そしてもし電話に出られない場合は受話器のアイコンに!が付いたアイコンが点滅を続け、着信があったことを知らせてくれる。

cookoo_14.jpg

※着信があったことを示し点滅するアイコン


この点滅は「COOKOO watch」の右上のブルーボタンを押すことで消すことが出来る。
ただしこの種の通知で一番需要があると思われるメール受信は現在の所サポートしていないしSMS受信通知も旨くいかない…。そして前記した電話の着信もそれだけでは相手が誰かは分からない…。
問題はまだある(笑)。バッテリーの持ちを考慮したのだろうか、ビープ音とバイブレーションが弱いのはともかく動作時間が短いため気がつかないことがある。そして液晶表示も認識性は高くないので室外では見づらい…。そして続けて申し上げればiOS デバイス側のバッテリー消耗がかなり激しい場合もあるのも気になるところだ。

これらが専用ソフトウェア「COOKOO Time Connect」のアップデートで逐次機能が追加され、安定した使い方ができるようになれば実用性は高いスマートウォッチに成長するに違いない。さらに「COOKOO watch」のAPI公開も予定されているそうだからオリジナルなスマホアプリの開発も可能になると思われる。
楽しみなガジェットだし好きな製品なので、今後のアップデートを見守っていきたい…。




関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員