ScanSnap SV600専用 リバーシブル背景マット(PM-600)レポート

株式会社バード電子からScanSnap SV600専用 「リバーシブル背景マット(PM-600)」が発売されていたことを知り早速注文した。ScanSnap SV600を常用する者にとって「リバーシブル背景マット」はブックプレッサーと共に必需品となるに違いない。


ご承知のようにScanSnap SV600には標準でフェルト製の黒い背景マットが同梱されている。これを机上などに敷き、SV600との距離を正確に保つと共にスキャンする原稿の位置合わせに使うわけだが、その黒い背景は一般的な本のように白い面積が多い印刷物を取り込む際には原稿を際立たせクロップも正確だ。しかし残念ながらこの標準の背景マットも完全ではあり得ない。

PM600_01.jpg

※バード電子の新製品、ScanSnap SV600専用「リバーシブル背景マット(PM-600)」が届く


まず設置上の問題だが、原稿マットをそのまま問題なく敷くスペース、それも平面が確保できれば問題はない。しかし現実問題として左右はもとより前後のスペースが完全に確保出来ない場合にはフェルト製の背景マットは机上などの端から垂れてしまうことになる。また設置場所がスノコのような場合には平面を保てないのでそのままでは事実上の設置は難しい。

PM600_02b.jpg

※標準背景マットはフェルト製なので柔らかい


さらにSV600でスキャニングする対象物には様々なものがあるわけで、例えば黒い面積が多い印刷物などの場合では背景マットとの色合いが似ているために正確なクロップができずスキャニングに不備が生じる場合もある。したがってそうしたケースに私は背景マットの上にA3判の白い厚紙を置いて対処をしていた…。

PM600_07.jpg

PM600_10.jpg

※元原稿(上)を黒い背景マットにセットしてスキャニングした結果(下)。明るい部位だけがクロップされている


その点「リバーシブル背景マット」なら上記のような問題を解決してくれる。
「リバーシブル背景マット」は約4ミリほどの厚さを持つ艶消し、硬質プラスチック製素材でできたマットであり、寸法はもとよりSV600に合わせて設置するための切れ込みなど標準の背景マットと同じ寸法で出来ている。無論上部(SV600側)端には標準背景マットと同様に原稿位置とサイズのガイドも印刷されている。

PM600_03.jpg

PM600_04.jpg

※「リバーシブル背景マット(PM-600)」(上)と厚みを拡大したところ(下)


したがって堅くてしなったりしないからこそ、「リバーシブル背景マット」の切れ込み部位をSV600に合わせて設置するのも簡単だし950グラムほどの重量もあり、原稿設置時にもずれにくくて具合が良い。
また例えば机上で左右および前後のスペースが些か足りなくても「リバーシブル背景マット」なら硬質マットなので端で垂れたりせず背景マットのスペース全域が使え、その役割をきちんと果たしてくれる。

要は…極端なことをいうならSV600本体を置くスペースとそれに合わせ「リバーシブル背景マット」を平行を保っておけるスペースがあれば例えそれが背景マットのサイズより小さくても、硬質の「リバーシブル背景マット」がスキャニングのスペースを確保してくれるということになる。
さらに「リバーシブル背景マット」はその名の通り、黒い面の裏側はホワイトのマットになっているからこれ1枚で多様な原稿のスキャニングに対処できるわけだ。

PM600_06b.jpg

※「リバーシブル背景マット(PM-600)」の白い面を表にした例


ちなみにテストとして手元にあったCD-ROMコンテンツのパッケージ裏面を「標準背景マット」上でスキャニングしてみると、前記したような背景の黒と原稿の黒が明確に判断できず ScanSnap Manager は正確なクロッピングができなかった。これは「リバーシブル背景マット」の黒い面で行っても同じであったが、ちなみに ScanSnap Manager の「原稿」設定は以下設定で行った。

PM600_08.jpg

※クロップのテスト時のScanSnap Manager 「原稿」設定


そこで「リバーシブル背景マット」の裏表を反転し白い面で同じ原稿をスキャニングしてみるとこれは問題なくクロップできていた。

PM600_11.jpg

PM600_12.jpg

※「リバーシブル背景マット(PM-600)」の白い面でテスト原稿をスキャニングすると今度は問題なくクロッピングできている


というわけで「リバーシブル背景マット」を手にしたからにはすべてこれでスキャニングを行っている。ただし念のために申し上げれば標準の背景マットは捨ててはいけない。私などは滅多にないことではあるもののプレゼンやイベントなどでSV600を外に持ち出す際には丸めたりができる標準マットは持ち運びがしやすいからだ…。またSV600には同じくバード電子製のダストカバーもあるが、ちょっとした休憩時間などでは標準背景マットを被せて埃よけにするのも悪くない。
この「リバーシブル背景マット」、同じくバード電子製「ブックプレッサー」と共にSV600ユーザー必須のアイテムとなるに違いない。

株式会社バード電子/リバーシブル背景マット
PFUダイレクト/リバーシブル背景マット



関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員