ラテ飼育格闘日記(394)ボーちゃんの思い出

6月13日の朝、確認したメールの中にオトーサンの呼吸が一瞬止まった一通のメールがあった。それは通常使っているメルアドではなくブログで公開しているメールフォームを使って送られてきたものだった。最初はスパムメールかと思ったが内容を追うにつれオトーサンの嗚咽が止まらなくなった…。


メールはラテの友達ワンコであるボーダーコリーのボーちゃんの飼い主さんからだった。内容にかかわらずメールをいただくのは今回が初めてだが、6月3日にボーちゃんが11歳で亡くなったということをわざわざお知らせいただいた内容だった…。
この「ラテ格闘日記」を “ボーちゃん” で検索すると膨大な量のアーティクルがひっかかる…。それだけボーダーコリーのボーちゃんはラテにとっても大切な友達ワンコだった。

Latte394_05.jpg

※女房からオヤツをもらうボーちゃん


2006年の12月にラテが我が家に来てから小1年たった2007年11月頃に初めてボーちゃんと出会ったはずだ。ボーダーコリー特有のじっとしていることなく常にあちらこちらを走り回っているという元気なワンコだったし、なによりもフレンドリーで優しく頭のよいワンコだった。
オトーサンの知る限り、ボーちゃんが他のワンコに対して威嚇したり喧嘩したりする姿は見たことがなかった。

本来気むずかしく友達が少ないラテではあったが、ボーちゃんは身体をぶつけ合って遊んでくれる数少ない友達だった。そしてその合間合間に女房やオトーサンの足元に近づき、頼んでもいないのにジーンズに前脚を差し出してオヤツを強請ったりもした。
出会った当初はボール遊びが大好きで、自分のボールの他、他のワンコのボールをも追いかけ、1度に3つもボールを口に咥えた顔を自慢そうに向け、皆に大笑いされたこともあった。
また公園に設置されていたターザンロープに飛びつき、咥えたまま滑車で移動する遊びが好きでギャラリーを楽しませてくれた。

BohchanPhoto_02.jpg

※ボーちゃんと穏やかな表情で向かい合うラテ(2007年11月)


ボーちゃんの特技はよくラテを遊びに誘ってくれたことだ。ラテの正面でワンコ独特の遊びのポーズを取ってラテに「遊ぼう」「一緒に走ろう」と誘い続けるのが常だった。ラテが無視するとボーちゃんは「アン!」と声を出してラテを鼓舞した。
特にボーちゃんとの掛け合いは中型犬同士だからして迫力があった。これが小型犬相手ならどんなに気が合っても体力差が出でくるものだがボーちゃんとならラテは遠慮なく身体をぶつけ合って遊ぶことができた数少ない友達だった。無論パワーはボーちゃんの方が格段上だったが...。

Latte394_04.jpg

※身体をぶつけ合い遊ぶラテとボーちゃん


そのボーちゃんにラテはこれまで数度「ガウッ」と威嚇したことがある…。他にワンコがいたので嫉妬したのだろうが、ボーちゃんはそんなときに、驚きつつも報復の威嚇をすることなく許してくれた。
そんなボーちゃんは近年、馴染みの公園で土を食べることが目立った。気がついたときにはオトーサンも「ボーちゃん、ダメ!」と叱って食べるのを止めさせるよう心がけていたが、いま思うとどこか体調に異変が生じていたのだろうか。
そもそも土にはカビとかバクテリア、あるいは寄生虫の卵などが存在する可能性もあるので可能な限り止めさるべきだという。

BohchanPhoto_01.jpg

※まるでソシアルダンスを踊っているようなボーちゃんとラテ(2007年12月)


ただしオトーサンたちが引っ越しをしたこともあり、ボーちゃんたちの遊ぶ公園まで出向くことが少なくなった。それでも土日の朝の決まった時間帯にその公園にいけば必ずといってよいほど他のワンコたちと一緒にボーちゃんの姿があった。そしてオトーサンたちの姿を認めると歓迎してくれるように元気に走ってくるのが常だった。

ボーちゃんと最後に会ったのは今年の4月だった。飼い主さんが「階段の上り下りがヨッコラショ的になったしかなり弱ったように思える」と言われていたものの、公園では相変わらず元気に走り回っていた。そのとき女房の足元にカメラ目線で近寄った姿を撮った一枚が奇しくもベストショットだったのでプリントして飼い主さんにお渡しした。

Latte394b_01.jpg

※ベストショットの一枚が最後の写真となってしまった(今年4月に撮影)


飼い主さんからいただいたメールによれば「机の上にこの4月にラテちゃんのお母さんから貰ったボーの写真を置いて眺めています。」とあった。オトーサンもその写真をあらためて眺めながら、ほんの2ヶ月前のボーちゃんの笑顔になかなか嗚咽が止まらなかった…。
ボーちゃん…おじさんは君のこと決して忘れないよ!なにしろ君が星になった6月3日はオトーサンの誕生日なんだ! これから毎年、誕生日がくればボーちゃん…君の事を必ず思い出すよ…。ラテと仲良くしてくれてありがとう!


関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員