Apple、Apple Watchを発表

アップルジャパンは9月10日、米国発2014年9月9日付けで米国Appleが発表した「Apple Watch」に関するニュースリリースを日本語に翻訳して告知した。それによるとApple Watchは、より小さなデバイスのために特に作られた、革新的なデザインとiOSベースのユーザーインターフェイスを初めて採用している。


AppleWatchNews.jpg

Apple Watchは、スクロール、ズーム、ナビゲートといった操作を、ディスプレイを指で覆うことなく流れるように行うための革新的な方法であるデジタルクラウンを搭載。デジタルクラウンはホームボタンとしても機能するほか、Siriにアクセスするための便利な方法でもある。Apple WatchのRetinaディスプレイにはタップとプレスの違いを検知するForce Touchという技術が採用され、この技術による新しい方法により、アプリケーションの中で素早く、簡単にコントロールにアクセスすることができるようになる。

Apple Watchは新たに採用したTaptic Engineと内蔵スピーカーの組み合わせることで、アラート音や通知をまったく新しい方法で、控えめに、耳でも肌でも知ることができる。Appleは、コンピュータアーキテクチャ全体を一つのチップに小型化する、独自のS1 SiP (System in Package)を専用にデザインした。Apple Watchはまた、Wi-Fi 802.11b/gおよびBluetooth 4.0を搭載しており、iPhoneとシームレスにペアリングをすることができる。
 
Apple Watchは、Apple Watch、Apple Watch Sport、Apple Watch Editionという3つの特徴のあるコレクションで提供される。それぞれに38mmと42mmの2つのサイズを用意。美しくデザインされた耐久性に富む筐体は、ポリッシュ仕上げまたはスペースブラックのステンレススチール、スペースグレーまたはシルバーの酸化皮膜処理されたアルミニウム、そして18金のローズまたはイエローゴールドなどの特別な合金から精巧に作られている。Appleはまた、豊富な種類の時計ストラップも作った。高機能エラストマー製スポーツバンド、しなやかなマグネット式ステンレススチールメッシュ製のミラネーゼループ、素早く固定、調整をするためのマグネットが隠れたソフトなキルトレザー製のレザーループ、無垢のバックルで留める革製のモダンバックル、革製のクラシックバックル、そしてステンレススチール製のリンクブレスレットだ。Apple WatchはAppleのMagSafe技術と電磁誘導充電を組み合わせ、素早く位置を合わせて接続することができるユニークな充電システムを採用している。
 
Apple Watchは極めて正確な時計であると同時に自分を表現するためにカスタマイズすることもできる。Apple Watchには、トラディショナルなアナログ文字盤から、ダイナミックなタイムラプス文字盤、地球、太陽、月そして惑星のインタラクティブなリアルタイム3Dモデルであるアストロノミー文字盤、現代的な日時計であるソーラー文字盤など、11種類の文字盤が用意されている。Apple Watchは、次の予定、月の満ち欠けまたはユーザのアクティビティレベルなどの追加情報で外観や機能をパーソナライズすることができ、何百万種類もの構成が可能。
 
Apple Watchは、腕につけているということの利点を生かし、タイムリーな情報を一目で分かるように提供する。Smart Replies機能と音声入力機能を使うと、メッセージに素早く返答することができる。Handoff機能を使うと、Apple Watchでメッセージの作成を始め、途中からiPhoneで続けることができる。文字盤を上方向にスワイプしてグランスを表示させると、ユーザが知りたい情報、例えば現在の位置や、株価、次のミーティングなどをすぐに見ることも可能。横のボタンを押すと、お気に入りの人々を表示するフレンド画面が表れ、素早く簡単に連絡を取ることができる。Digital Touch機能を使うと、スケッチ、穏やかなタップ、Walkie Talkieを使った音声メッセージ、あるいは自分の心拍までを送信することもできる。
 
Apple Watchには、一日を通じてもっと行動的になるよう動機づけするようにデザインされた画期的なアクティビティアプリケーションや、真剣にトレーニングしている最中に必要な測定値を提供するためにデザインされた、まったく新しいWorkoutアプリケーションが含まれている。Apple Watchは加速時計、内蔵された心拍センサー、GPSそしてiPhoneからのWi-Fiを用いることで、ユーザの毎日の活動をまとめて見ることができる。アクティビティアプリケーションは、燃焼カロリー、活発な活動、そして一日の間に何回立ち上がったかという、運動の3つの異なった側面を計測する。Workoutアプリケーションは、ランニングやサイクリングなど人気のあるセッションベースのトレーニング中の目標設定とペーシングを提供。iPhone上の対応するFitnessアプリケーションがこれらの活動データを集めるため、ユーザは自分の活動歴をより詳しく知ることができる。Apple Watchはこの履歴を使って、ユーザに適したパーソナルな、現実的な目標を提案し、一定の目標をクリアするごとにほうびを与え、モチベーションをキープさせる。
 
Appleが新たに導入するWatchKitは、手首用にデザインされたユニークなエクスペリエンスをデベロッパが作るための新しいツールとAPIを提供。Apple Watchでは、デベロッパは、アクション通知や、タイムリーな情報を提供するグランスを取り入れたWatchKitアプリケーションを作ることができる。来年後半からは、デベロッパはApple Watch用の完全にネイティブなアプリケーションを作ることができるようになる。

Apple Watchは3つのコレクションで提供される。ポリッシュ仕上げまたはスペースブラックのステンレススチールケースと選べるストラップからなるApple Watch、スペースグレーまたはシルバーの酸化皮膜処理したアルミニウムケースとスポーツバンドからなるApple Watch Sport、そして18金ローズまたはイエローゴールドケースとこのコレクション専用の選べるストラップからなるApple Watch Editionです。Apple Watchのストラップには、ブラック、ブルー、グリーン、ピンクおよびホワイトのスポーツバンド、ブラックおよびミッドナイトブルーのクラシックバックル、ブライトブルー、ライトブラウンそしてストーンのレザーループ、ミッドナイトブルー、ブラウン、ソフトピンク、ローズグレーそしてブライトレッドのモダンバックル、ステンレススチールのミラネーゼループ、そしてブラシ仕上げのステンレススチールとポリッシュ仕上げのスペースブラックのリンクブレスレットが用意されている。Apple Watchは2015年初めに販売開始され、価格は349ドル(米国)からとなる。Apple Watchは最新バージョンのiOS 8を搭載したiPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6またはiPhone 6 Plusと一緒に使うことができる。

Apple Press Info





関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員