Apple、iPhone 6とiPhone 6 Plusを発表

アップルジャパンは9月10日、米国発2014年9月9日付けで米国Appleが発表した「iPhone 6およびiPhone 6 Plus」に関するニュースリリースを日本語に翻訳して告知した。それによれば iPhone史上最大の進歩を遂げた2つのモデルは、美しい4.7インチと5.5インチのRetina® HDディスプレイを搭載、まったく新しくなった、劇的に薄い継ぎ目のないデザインに革新的なテクノロジーを詰め込んでいる。


Phone6News.jpg

新しいiPhoneは、ディスプレイのシェイプされたガラスに継ぎ目なくつながる、酸化皮膜処理されたアルミニウムからなる精密なユニボディの筐体を特長とし、完全になめらかで連続的な表面を特長としている。iPhone 6とiPhone 6 Plusはこれまでで最も薄くなるように設計されており、より大きなディスプレイを、持ちやすく使いやすいデザインで実現している。
 
iPhone 6とiPhone 6 Plusには、第二世代の64ビットデスクトップクラスアーキテクチャを持ち、超高速パフォーマンスと電力効率を実現する、Appleが設計したA8チップ、先進のiSight®カメラとFaceTime HDカメラ、超高速ワイヤレステクノロジー、そして指で触れるだけで簡単かつ安全に支払いをするためのより簡単な方法であるApple Payといった革新的な新技術が詰め込まれている。両モデルとも世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムの最新バージョンであるiOS 8を搭載し、新しいメッセージおよび写真機能、QuickTypeキーボード、新しいヘルスケアアプリケーション、ファミリー共有そしてiCloud Driveを用いた、より簡単で、より素早くそして直感的なユーザエクスペリエンスを特長としている。

iPhoneでは初めて、2つのサイズが提供されるようになります。iPhone 6は1,334 × 750の解像度を持つ、美しい4.7インチRetina® HDディスプレイを特長とし、iPhone 5sより38%大きな表示領域を提供します。iPhone 6 Plusは、解像度が1,920 × 1,080のさらに大きな5.5インチRetina HDディスプレイを特長とし、iPhone 5sと比べて88%広い表示領域とおよそ3倍の画素数を提供。Retina HDディスプレイは、より深い黒を表現するより高いコントラストや、より広い視野角でより正確な色を表現するデュアルドメインピクセルといった、先進のテクノロジーを提供する。
 
第二世代の64ビットデスクトップクラスのアーキテクチャを持つ、まったく新しいA8チップは、より速いパフォーマンスを提供し、エネルギー効率もより高くなっている。その結果、かつてない速いパフォーマンスを維持しながら素晴らしいバッテリー駆動時間を実現。iOS 8の新しいグラフィックステクノロジーであるMetalを用いると、デベロッパはA8チップのパフォーマンスをさらに活用し、コンソールクラスの3DゲームをiPhoneで提供することができるようになる。A8チップには、Appleの設計による、新しい、パワフルな画像信号プロセッサが搭載されており、高度な静止画および動画機能を可能にしています。
 
両モデルとも、加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパス、そして気圧を感知して相対的な高度のデータを提供する気圧計からの動作データを集めるM8モーションコプロセッサを搭載している。M8モーションコプロセッサは、デバイスがスリープ中であってもユーザの運動データを連続的に測ることができるため、一日中センサーを使うフィットネスアプリケーションの電池寿命を節約することができる。iOS 8を使うと、M8からの動作データがヘルスケアアプリケーションに表示されるため、例えば階段を何段分上ったか、どれだけの距離を歩いたか、走ったかなどを見ることが可能。デベロッパはM8とHealthKitを利用するCoreMotion APIを使って、ユーザの健康とフィットネスをよりよく管理するアプリケーションを作ることができる。
 
iPhone 6とiPhone 6 Plusには、物理的な店舗にある商品やサービスを購入したり、アプリケーションを購入したりする際に、指で触れるだけで安全に支払をするための簡単な方法であるApple Payが初めて採用される。ユーザはTouch IDの上に指を置いたまま非接触リーダーの近くに端末をかざすだけで、店舗で安全かつ便利に支払をすることができます。iPhoneのロック解除をしたり、アプリケーションを立ち上げたりする必要はありません。Apple Payを使うと、クレジットカードや配送先の情報を入力することなく、アプリケーションの中からワンタッチで購入することもできる。すべての支払情報は、新しいiPhoneの内部にあるSecure Elementというチップだけに、暗号化された状態で厳重に保存される。
 
iSightカメラは、より高速なオートフォーカスを可能にするFocus Pixelsを持つ新しいセンサーにより、さらに良くなった。これによりどんな瞬間でも素早く撮影することがこれまで以上に簡単になる。iPhone 6 Plusのユーザはさらに、低照度下での手ぶれを補正し、iOS 8と連携して被写体ぶれを減少させる光学式手ぶれ補正を利用することもできる。iPhoneのHDビデオは、1080pビデオで60fpsまで、スローモーションで240fpsまでのより速いフレームレートや、連続オートフォーカス、映画レベルのビデオ手ぶれ補正、そしてタイムラプスビデオといった機能により、さらに良くなった。FaceTime HDカメラは、新しいセンサー、より大きなf/2.2の開口部、そしてバーストモードやHDRビデオといった先進の新機能により、これまでより80%以上多くの光を捉えることができる。
 
これまでより速い、最大150 MbpsのLTEダウンロードスピードにより、iPhone 6およびiPhone 6 Plusのユーザは、コンテンツをこれまで以上に速く閲覧、ダウンロードそしてストリーミングすることができる。新しいiPhoneはまた、LTE (VoLTE) およびWi-Fi通話を使った高品質音声通話をサポートしています。世界のどのスマートフォンよりも多い最大20のLTEワイヤレスバンドをサポートすることにより、新しいiPhoneモデルでは世界中の高速ネットワークを体験することがこれまで以上に簡単になっています。両モデルとも、最大433 Mbpsのスピードで動作する802.11ac Wi-FiとBluetooth 4.0を搭載している。
 
新しいiPhoneは、App Storeの登場以来最大のリリースとなるiOS 8を搭載し、より簡単、より素早く、より直感的なユーザエクスペリエンスと、QuickTypeキーボード、新しいヘルスケアアプリケーション、ファミリー共有そしてiCloud Driveを含む新しい機能を提供。4,000以上の新しいAPIを持つiOS 8は、デベロッパが主要な拡張機能や、HealthKitおよびHomeKitのような頑健なフレームワークを使って、ユーザエクスペリエンスをさらにカスタマイズすることを可能にする。iPhone 6およびiPhone 6 Plusのユーザはまた、世界155カ国のiPhone、iPadそしてiPod touch®のユーザに130万本以上のアプリケーションを提供している革新的なApp Storeにアクセスすることができる。

iPhone 6およびiPhone 6 Plusは、米国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、香港、日本、プエルトリコ、シンガポール、そして英国で、9月19日(金曜日)から販売され、日本ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが取り扱いする。また両モデルとも、9月12日(金曜日)から先行予約の受け付けが始まる。

※Apple Payは米国でのみ利用

Apple Press Info


 
関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員