ねこじゃらし、プロクリエイターのためのファイル共有サービス「Jector」リリース

クラウドストレージ事業を展開する株式会社ねこじゃらしは10月24日、プロクリエイターが共同プロジェクトのデータを管理するために最適なファイル共有サービス「Jector」(ジェクター)を開発し、本日よりサービスを開始したと発表。


jector1024.jpg

「Jector」は、国内で1,000社以上にご利用いただいているクラウドストレージサービス「MacServer」で培ったノウハウをもとに、日本のプロクリエイターや制作会社の意見や要望を聞きながら開発した新しい国産のファイル共有サービス。映像・音楽・出版・印刷・広告制作などのクリエイティブ業界で、大きなファイルや特殊なファイルを扱ったり、社外のユーザも参加するプロジェクトで安全にファイルを共有する必要のある企業に最適です。ファイル置き場としての機能だけでなく、プロジェクト単位でデータやアセットファイルを便利に、安全に管理するための様々な機能を提供できる。

WebアプリではPhotoshop・Illustrator・InDesignなど多くの専門的なファイルのプレビューに対応しており、こうしたソフトをインストールしていない社外の人でもブラウザで簡単にファイルの内容を確認してもらうことができる。PDFやPowerPointなど複数ページがあるファイルは全ページが確認でき、ダウンロードすることなく印刷が可能。また、Retinaや5Kなど高解像度ディスプレイに対応しているので、ブラウザ上でも細部まで詳細にファイルを確認することができる。

デスクトップアプリ(Mac・Windows)を使えば、大きなファイルや大量のデータも制限なく簡単に操作することができる。MacのFinder、WindowsのExplorerで社内ファイルサーバやNASのようにマウントできるので、従来の運用体制からスムーズに移行することが可能。ファイルを同期せず、必要なときにダウンロードする仕組みのため、容量の大きなアセットデータを多数管理する企業に特に最適。通信はMac標準のファイル共有プロトコルを独自に暗号化したAFPSを用い、安全にファイルを操作することができる(Windowsアプリは今冬リリース予定)。

モバイルアプリを使えば、外出先でもすばやくプロジェクト内のファイルを確認することができる。Webでプレビューできるすべてのファイルをプレビューできるので、どこでも簡単にプロジェクトファイルの内容をチェック可能。モバイルアプリは端末にデータを残さないオンライン専用アプリなので、万一デバイスを紛失した際でもデータの漏えいを防ぐことができる。iOSアプリは特にiPad向けに最適化されており、モバイルでタブレットを利用している企業の業務効率を高める。(iOSアプリは現在申請中、10月下旬リリース予定)。

Webでの通信はもちろん、AFPも含めすべての通信経路が暗号化されており、顧客のデータはISMS認証を取得している国内のデータセンターで厳重に保管される。ファイル操作の詳細ログも追跡可能で、情報システムや管理部門に求められる機能も充実している。

Jector プレスリリース





関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員