Apple、記録的な第1四半期業績を発表

Apple Japanは1月28日、米国報道発表資料抄訳として米国Apple本社が1月27日、2014年12月27日を末日とする2015年度第1四半期の業績を発表し、当四半期の売上高は過去最高の746億ドル、純利益も過去最高の180億ドル、希薄化後の1株当り利益は3.06ドルとなったと発表。


AppleFinancialResultsQ12015.jpg

前年同期は、売上高が576億ドル、純利益が131億ドル、希薄化後の1株当たり利益が2.07ドルだった。売上総利益率は、前年同期の37.9%に対し39.9%となった。当四半期の米国市場以外の売上比率は65%。
これらの業績に貢献したのが過去最高を記録したiPhoneとMacの収益、およびApp Storeの記録的な成績だった。またiPhoneの販売台数も7,450万台と、新記録を樹立した。

Appleの取締役会は、普通株式1株当り0.47ドルの現金による配当金を発表。配当金は、2015年2月9日の営業時間終了時点で株主名簿に記録されている株主を対象に、2015年2月12日に支払われる。

なお、Appleはこのカンファレンスコールのライブストリーミングを、2015年1月27日14時00分(米国西部時間)より、AppleのWebサイトで配信するが、このウェブキャストは配信開始後約2週間にわたり再生が可能。

Apple Press Info



関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員