インスタグラム、コラージュ写真を手軽に制作できるアプリ「レイアウト」発表

インスタグラムは3月23日、最大9枚までの写真を組み合わせ、1枚のコラージュ写真を制作できる単独アプリ「レイアウト(Layout from Instagram)」を発表した。タイマー付きの連写式セルフィー撮影機能「写真ブース」も搭載されており、セルフィー(自撮り)のコラージュも手軽に楽しめるアプリ。


現在、インスタグラム上では、月間アクティブ利用者の5人にひとりが、複数の写真を組み合わせたコラージュ写真をシェアし、写真をリサイズしたり回転したりして、様々な編集を施しながら、新しい写真の表現を生み出している。

そんなコミュ二ティのクリエイティビティからアイディアを得て、ひとつのアプリ内でコラージュ写真を完成させる新アプリ「レイアウト」が作られた。

Layout.jpg

また、インスタグラムでシェアされているコラージュ写真のうち、90%は人物を撮影したもので、かつコラージュ写真以外の通常写真のうちの50%も、人物を中心に撮影されている。友達との仲良しショットやセルフィーを自動で連写してくれる「写真ブース」機能や、スマートフォンに保存された写真の中から人物の顔が映った写真を簡単に探し出せる「フェイス」機能を活用すると、人物のコラージュ写真をこれまでになく容易に制作することができる。

そして、新アプリ「レイアウト」を使用することで、旅行で撮影した写真を1枚にまとめて友達にシェアしたい、景色の移り変わりや表情の変化を1枚の写真で見せたい、家族や大切な人の誕生日に、思い出の写真を1枚のダイジェスト版にまとめて送りたいなど、さまざまな目的に合わせて、プロ並みのクリエイティブなコラージュ写真を楽しく簡単に制作し、ワンタップでインスタグラムにシェアすることが可能となる。

Layout from Instagram



関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員