Apple Watch SPORT、各部位の名称確認

Apple Watchはご承知のように大別して3つのタイプに分かれている。Apple Watch SPORT、Apple WATCHそしてApple Watch EDITIONだ。私が選んだのはスポーツタイプだが、その説明や解説は腕時計用語とコンピュータ用語が入り交じり少々錯綜しているようで各部位の名が分かりにくい。そこでスポーツタイプに限りだが整理してみた...。


なにしろ文章で説明するにも会話にしても物のあれこれを説明し話題にするためには名称がハッキリしないことには厄介だ。「ほら、あの金属製の出っ張った奴!」だなんていう会話ではらちがあかない。ということであらためてApple Watch SPORTを例にしてApple Watchの各部位名称を整理してみた。

無論こうした名称というのはときにいろいろな表記や呼び方があり単純ではないようだ。例えば”尾錠” は “美錠” と記すこともあるそうだし...。ともかくApple Watchはコンピュータ業界というと大げさだが、そこで培ってきた呼び名と時計業界の名称が交差しているわけで混乱する点もある。さらにApple Watchはこれまでの腕時計とは部品構成や仕様が違うため、呼び名に窮することもある...。

■まずは各部位の呼び名を確認してみよう。

AWname_01.jpg

AWname_02.jpg

AWname_04.jpg

AWname_03.jpg

■以下簡単な解説を

・ケース
 ムーブメントを内蔵している外装部品。WATCHはアルミ、ステンレス、18Kといったバリエーションがある

・ディスプレイ(Retinaディスプレイ)
 時計でいうところのダイヤル面だが、WATCHはダイヤルの実態はない訳だから、ディスプレイとか液晶画面と呼ぶべきか...。WATCH SPORTでは風防にあたる部位に Ion-Xガラスが使われている

・デジタルクラウン(リューズ)/ホームボタン   
 一般的にはリューズ(竜頭)といった方が通りは良いと思うが、WATCHではホームボタンを始めとして複数の機能がこのデジタルクラウンに割り当てられている。当初この部品の形が王冠に似ていたのでこの名があるという

・サイドボタン
 押すことで友達の表示/非表示およびダブルクリックでApplePayが起動し長押しすることで電源のON/OFFとなる
 
・心拍数センサー
 光電式容積脈波記録法 (フォトプレチスモグラフィ) と呼ばれる方法を用いて心拍数を測定。緑色 LED ライトと感光性フォトダイオードを組み合わせて、手首を流れる血液の量を検出し、毎秒数百回 LED ライトを点滅させて心臓が1 分間に鼓動を打つ回数...すなわち心拍数を計測

・スピーカーとマイク

・バンド・リリース・ボタン
 ベルトを外す際にこのボタンを押すとロックが外れる

・クラスブ/バックル(尾錠) 
 ベルトをつなぐ機構をバックルとかクラスブというが、通常はベルトの子穴に留めるピン(つく棒)もその一体と考えられる。しかしWATCHのスポーツベルトは特殊な構造なので呼び方に窮する。ピンのある側のベルトを通す穴は尾錠の働きと共に定革の役割も果たしているようにも思える。ともあれ「クラスブを開く」とはバックルからベルトを外す事を意味する

AWname_05.jpg

※一般的な腕時計のベルトバックル。尾錠につく棒が一体になり余ったベルトの先は定革と遊革に差し込む


・ピン(つく棒) 
 前記したように一般的な腕時計でピンはバックル機構に一体化されているがWATCHでは独立した存在。ベルトの子穴をこのピンで留めて長さ調節する。なおWATCH SPORTはステンレス製だがEDITIONでは18K製のものまである。

・子穴
 バンドに開けられているピンに留める小さな穴

・エンドピース
 バンドの時計側の端のこと

ともあれ "腕時計" だということで各部位の名称を記してみた。繰り返すがこれが絶対という訳ではないので念のため...。
こうして、WATCHを腕時計として見ようとすればするほど、その仕様はユニークというか…やはりデジタルデバイスなのだという事を思い知らされる。



関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員