iPhone 6sとiPhone 6s Plus、9月25日(金)発売

アップルジャパンは9月21日、最も先進的なiPhoneとなるiPhone 6sとiPhone 6s Plusを、Appleの直営店で9月25日(金)午前8時(現地時間)より販売開始すると発表した。どちらのモデルも同日より、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、および一部のApple製品取扱店にて販売される予定。


  iPhone6s6Plus20150921.jpg

Appleはまた、新しいiOSへの移行が過去最速となり、すでに50パーセント以上のデバイスがiOS 9となっていることも併せて発表した。
iPhone 6sとiPhone 6s Plusには3D Touchという、ディスプレイを深く押す力の感知により基本操作をもっと素早く簡単に実行できる機能が追加されたことで、iPhoneの革新的なMulti-Touch(マルチタッチ)インターフェイスに強力かつ新しい広がりが生まれている。

新しいiPhoneは静止画を生き生きしたものに変えるLive Photosも搭載し、時間を止めて一瞬をとらえ、大切な思い出に命を吹き込むことができる。Live Photos、3D Touch、12メガピクセルiSight®カメラ、5メガピクセルFaceTime HDカメラ、Retina Flashその他の機能はAppleが設計したA9チップにより実現されるが、同時に、スマートフォン搭載用としては最も先進的なこのチップは、これまで以上に高いパフォーマンスと優れたバッテリー駆動時間を両立させる。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusは、現行のスマートフォンが搭載する中で最も耐久性のあるガラス、航空宇宙産業で用いられるのと同じ7000シリーズアルミニウムを素材として作られ、新色のローズゴールドを加えた豪華なメタリックフィニッシュで仕上げられている。

さらにiOS 9は世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムで、ユーザの先を読むアシスタンス機能、パワフルな検索機能、改良されたSiriを通じてiPhoneにより進んだインテリジェンスをもたらすが、これらの機能はすべて利用者のプライバシーを守りながら実行される。内蔵アプリケーションは、再設計されたメモアプリケーション、詳細な乗り換え案内を備えたマップ、モバイルデバイスで最高のリーディング体験を提供するNewsアプリケーションなどで、いっそう強化されている。iOSの基盤は、これまでよりも少ない空き容量でインストールできるようになったソフトウェアアップデート、利用者のデバイスをしっかり守る先進的なセキュリティー機能によりいっそう強固なものとなっている。

Apple Press Info





関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員