マネーツリーが3大メガバンク系ベンチャーキャピタルより資金調達

マネーツリー株式会社は10月22日、みずほキャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、および株式会社セールスフォース・ドットコムより大型出資を受けたことをご報告。今回の出資のリードインベスターは、株式会社セールスフォース・ドットコム。


  MT LINK

ここ数年、海外では金融とIT(情報技術)の融合で生まれた「フィンテック」分野に注目が集まっています。日本においても、今年に入ってから一般消費者の強いニーズのもとで、国内金融機関が「フィンテック」分野への取り組みを開始しており、2015年は、日本のフィンテック元年といえる。

一方、同社においても、独自のテクノロジーと他に類を見ないセキュリティ技術のもとで、2013年に個人資産管理アプリ「Moneytree 一生通帳、家計簿より楽チン」、2014年に経費精算サービス「Moneytree PLUS」を始めたが、これらのサービスのプラットフォームとなっている金融インフラサービス「MT LINK」について、新しい分野にも開放することで、国内金融サービスの効率化・グローバル化に貢献したいと考えていたという。こうした中で、各社それぞれの思いが一致し、この度の出資が決定した。

「MT LINK」とは、金融機関と企業および個人をつなげるインフラサービス。本来、Moneytreeユーザのために、独自で開発を続けてきたものであり、顧客のアカウント情報をクラウド上で管理し、利用明細を自動的に取得することで、最新の口座情報を提供するもの。現在「MT LINK」を経由し、1,550の金融機関、銀行口座、クレジットカード、電子マネー、ポイントカードの取引明細情報を、高いセキュリティのもとで提供することが可能になっている。

今回の出資を受けて、「MT LINK」を金融機関、企業および個人をつなぐハブとなるプラットフォームとして整備・拡充し、より多くの方に活用頂けるサービスを開発・提供していく。これまで、データアグリゲーションは、技術的な課題が多く、運用に高いコストがかかったため、一般企業で利用されることはなかったが、MT LINKの登場は、様々な業界の既存のシステムを保ちつつ、新しいサービスを創出できる機会を提供する。これからも、マネーツリーは、日本の金融サービスのユニバーサル化に貢献していくという。

マネーツリー株式会社



関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員