バッグやキーホルダーに付けて持ち歩ける、ロボットデザインのLightningケーブル発売

フォーカルポイント株式会社は10月29日、TUNEWEAR社の身近なアクセサリにデザインをプラスした「CableArt」シリーズの第2弾、チャームのようにバッグやキーホルダーに取り付けて手軽に持ち運びできるロボットデザインのLightningケーブル「CableArt ロボットLightningケーブル」を全国の家電量販店および雑貨店舗などを通じて発売すると発表。同社の運営するオンラインストアでも本日より予約受付を開始した。


  CableArtrobot.jpg

【TUNEWEAR CableArt ロボット Lightningケーブル について】
CableArt ロボット Lightningケーブル (ケーブルアート ロボット ライトニングケーブル)は、チャームのようにバッグやキーホルダーに取り付けて手軽に持ち運びできるロボットデザインのLightningケーブル。特別なロック機構により、Lightningケーブルがチャーム部分から外れないように収納されている。

[製品の主な特徴]
1)チャームのようにバッグやキーホルダーに取付可能
  使用していないときはケーブルがキーホルダーのような役割になるため、チャームのようにバッグやキーホルダーなどに取り付けることができる。チャーム本体の特別なロック機構により、Lightningケーブルがチャームから外れないように収納することが可能。また、端子部分も保護できるので安心して持ち運ぶことができる。

2)コネクタ部分に耐久性の高い素材を採用
  USB端子とLightning端子部分には熱可塑性エラストマー(TPE)素材を採用。ケーブルの抜き差しなど、よく力を加える端子部分にTPEを採用することで、ケーブル全体の耐久性を向上させている。

3)短めに設計された18cmのファブリックケーブル
  Lightningケーブルの長さは18cmと通常のケーブルよりも短めに設計されているため、かさばらずに出張や外出の際の利用に最適。ケーブルには、絡まりを防止するファブリック素材を採用。

4)本体はバッグなどを傷つけないシリコン素材
  アクセサリとしての利用を考え、チャームの本体部分には柔らかいシリコン素材を採用。バッグやキーホルダーに付けているときに他のアクセサリと接触してもお互いを傷つけない。

5)Appleが定める性能基準「MFi」を取得
  本製品は、Appleが定める性能基準を満たしていることを保証する「MFi」認定の製品で、Appleから供給された純正のLightningコネクタを製品に使用しているので、ソフトウェアアップデートにより使用できなくなる心配は不要。

※ CableArtシリーズは特許出願中の製品

[製品仕様]
 本体サイズ: 約48(W)×95(H)×35(D)mm
    重量: 約45g (Lightningケーブル含む)
ケーブル長さ: 約18cm

価格はオープンプライスだが、オンライン直販価格は各3,980円(税抜)。発売時期は11月上旬発売。
なおブラック (ケーブル: ブラック)とブルー (ケーブル: レッド)の2種がある。

製品ページ





関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員