(株)技術少年出版、クラウドファウンディングで「夢の図書館」プロジェクト目標額達成!

株式会社 技術少年出版がクラウドファウンディング READYFOR? によりスポンサー募集終了まで後31日を残して「夢の図書館」プロジェクトが目標金額を達成した。それに伴いプレオープン準備として「夢の図書館」公式サイトをオープンした。

 DREAM_LIBRARY.jpg

同社代表の吉崎 武氏は READYFOR?の新着情報として以下のようなメッセージを掲載した。

「皆様のお力のおかげで、本日(11月13日)支援総額が目標金額を越えました。 ご支援いただき本当にありがとうございました。 一般的なクラウドファウンディングとは異なり技術雑誌専門図書館を実現するという難しいテーマでしたが、多くの方にご支援をいただくことができました。目標達成は、技術雑誌の重要さを共有できる多くの方々がSNS等で応援活動を行っていただいた成果と思います。
『夢の図書館』プロジェクトが目標金額を達成した瞬間を迎えて、支援者様からの期待の大きさと責任の重大さを改めて認識しているところです。
皆様からの「夢の図書館」プロジェクトへの期待と、技術雑誌への熱い思いを込めたメッセージを1通1通拝読して、技術雑誌専門図書館が皆様から必要とされる存在であると再確認いたしました。
なるべく早く「夢の図書館」がプレオープンできるよう準備を進めます。」

なおプレオープン準備として「夢の図書館」プロジェクトの目標金額が達成された本日「夢の図書館」の公式サイトがオープンされた。

夢の図書館@DREAM LIBRARY



関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員