Apple、Swiftをオープンソースとしてリリース

アップルジャパンは2015年12月3日、米国報道発表資料抄訳としてAppleは同社のプログラミング言語、Swiftをオープンソースにしたことを発表した。オープンソース言語として、アプリケーションデベロッパから教育機関そして大企業のデベロッパまで、幅広い分野の才能あるデベロッパが、Swiftの新しい機能と最適化に貢献できるようになり、Swiftを新たなコンピューティングプラットフォームでも使えるようにする手助けをすることができるようになる。


2014年に発表されたSwiftは、史上最も速く広がっているプログラミング言語であり、高性能で効率のよいコンパイル言語と人気の高いスクリプト言語のシンプルさと対話性を合わせ持っている。Appleはまた、技術文書、コミュニティリソースそしてSwiftのソースコードがダウンロードできるリンクなどを含む、Swiftオープンソースに関する詳細な情報を提供するSwift.orgというウェブサイトを立ち上げた。


         Swift.jpg

Swiftは、次世代の最先端ソフトウェアを作るために必要な自由と能力をデベロッパに与える、強力で直感的なプログラミング言語。Swiftは、これまでコーディングをしたことがない人でも簡単に学び、使うことができる。また、スクリプト言語と同じくらい表現力に満ち、楽しい、初めてのシステムプログラミング言語。安全性を念頭に設計されたSwiftはまた、よくあるプログラミングエラーのカテゴリー全体を取り除いている。

SwiftオープンソースコードはGitHubから入手することができ、これには、iOS、OS X、watchOSそしてtvOSを含む、Appleのすべてのプラットフォームはもとより、Linuxのサポートも含まれている。提供されるコンポーネンツにはSwiftコンパイラ、デバッガ、標準ライブラリ、基本ライブラリ、パッケージマネジャーそしてREPLが含まれる。Swiftは人気のあるApache 2.0オープンソースライセンスの下でライセンスされ、ランタイムライブラリ例外が付いているため、ユーザは簡単にSwiftを独自のソフトウェアに組み込み、この言語を新しいプラットフォームに移植することができる。Swiftに関するより詳しい情報およびコミュニティリソースへのアクセスについては、Swift.orgを参照のこと。

Apple Press Info





関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員