マネーツリー、同社の利用規約およびプライバシーポリシーのオープンソース化宣言発表

マネーツリー株式会社は12月10日、今後のフィンテック業界の透明性の確保と促進に向け、同社の「Moneytree」利用規約およびプライバシーポリシーのオープンソース化宣言を発表した。



以下 PRタイムス にて発表された報道関係資料の導入部のみをそのまま掲載。なお全文は PRタイムス の ここ で確認できる。

   Moneytree20151210.jpg

オープンソース化への経緯
マネーツリーは2012年当初から、セキュリティとプライバシーを最大限に重んじて、サービスを立ち上げました。その中で課題になったことは、利用者の立場を徹底的に守ること、プライバシーポリシーの内容を利用者に理解しやすいものすることに、時間をかけました。そのポリシーを土台にしたほぼ3年間の実績は、利用者や投資元などの第三者から高く評価されています。

そこで、本日より、全ての企業で利用いただけるように、「Moneytree」の利用規約 および プライバシーポリシーをクリティブコモンズライセンスに基づき、開示しました。今後、プライバシーを重視したサービスを考えている方々に、自由にご利用いただけます。

技術革新で可能になる領域とそれを利用者に理解してもらうための利用規約とプライバシーポリシーは、サービスの性質と内容を決める重要なポイントです。これをきっかけに、今後より優れた利用規約、プライバシーポリシーが生まれることを期待しています。

本件に関するお問い合わせ
マネーツリー株式会社 広報担当 藏立裕太 (くらたて ゆうた)
TEL : 03-4588-0621
Email : press@moneytree.jp
URL : https://moneytree.jp/




関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員