音楽ファイルのビートを検知し自動でマーカーを生成するPremiere Proのプラグイン発売

(株)フラッシュバックジャパンは月18日、音楽ファイルのビートを自動で検知し、マーカーを生成して Premiere Pro へのインポートを実現するプラグイン「BeatEdit for Premiere Pro」の販売を開始したと発表。


    BeatEdit_for_PremierePro.jpg

………………………………………………………………………………………………
 ■ BeatEdit for Premiere Pro(ビートエディット フォー プレミア プロ)とは
────────────────────────────────────

BeatEdit for Premiere Pro は、音楽ファイルのビートを自動で検知し、マーカーを生成して Premiere Pro へのインポートを実現するプラグイン。従来であれば、音楽のビートに合わせて編集する場合は音楽を聴きながらカット点を探していたが、BeatEdit for Premiere Pro でビートに合ったマーカーの生成が可能になったため、編集の時間短縮が可能になった。

使い方はシンプル。Premiere Pro で BeatEdit を起動し、音楽ファイルをロードするだけ。これだけで音楽ファイルのすべてのビートが自動で検知される。
ビートが検知が完了したら、マーカーを生成するビートを選択。すべてのビートにマーカーを生成することや 1/2、1/3、1/4など固定設定、またランダム設定にも対応している。利用するビートを決め、Create Markersをクリックすると、マーカー付きの音楽ファイルが Premiere Pro のプロジェクトにインポートされる。

………………………………………………………………………………………………
 ■ BeatEdit for Premiere Pro 製品仕様
────────────────────────────────────

 ・製品名  :BeatEdit for Premiere Pro
 ・製品ヨミ :ビートエディット フォー プレミア プロ
 ・販売価格 :14,040 円(税込)
 ・動作環境 :【対応アプリケーション】
        - Adobe Premiere Pro CC2014 / CC2015
        対応 OS/ハードウェアは、対応アプリケーションが動作する環境
 ・効果   :ビートマーカー生成
 ・種類   :Premiere Pro プラグイン
 ・販売形態 :ダウンロード
 ・開発元  :aescripts + aeplugins, mamoworld
 ・販売元  :(株)フラッシュバックジャパン

製品情報Webサイト





関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員