iPhone、iPad、Mac、Android対応 Bluetoothフットペダル「iRig BlueTurn」発売

フォーカルポイント株式会社は4月7日、IK Multimedia Production srl(本社:イタリア モデナ 以下IK Multimedia)のiPhone、iPad、Mac、Androidスマートフォン対応 Bluetoothフットペダル「IK Multimedia iRig BlueTurn」を全国の家電量販店などを通じて発売すると発表。同社の運営するオンラインストアでも本日より販売を開始した。


   iRig BlueTurn

【IK Multimedia iRig BlueTurn】
iRig BlueTurn (アイリグ ブルーターン)は、ステージでのライブパフォーマンス時やスタジオでのレコーディング時に、ハンズフリーでお気に入りのアプリやソフトウェアをコントロールするのに最適なBluetooth対応ペダルボード。バックライト内蔵の2つのフットスイッチにより、標準的なHIDメッセージを送信し、ハンズフリーで楽譜のページめくりやプレゼンテーションスライドの切り替えが可能。

[製品の主な特徴]
譜めくりやスライドの切り替えにBluetooth LE (BLE)に対応したiRig BlueTurnの2つのボタンは、標準的なHID(Human Interface Device)メッセージを送信し、IKのiKlip Stageのような楽譜管理アプリや、 Adobe Readerなどのドキュメント・ビューワー・アプリで、ページめくりやスライドの切り替えを行うことができる。ボタンには、Page Up Down(ページ上下)、矢印キー上下、矢印キー左右の3種類のキーの組み合わせを設定可能。この組み合わせは、iRig BlueTurnの電源投入時に選択することができる。

△ バックライト機能を装備した2つのスイッチ
  ステージやスタジオなど、足元を照らす照明が十分でないことはしばしば。講演や講義、会議などのプレゼンテーション時、スライドを映すために照明がおとされることもある。iRig BlueTurnの2つのフットスイッチはバックライトを内蔵しており、ペダルを探して操作にとまどう心配はない。

△ コンパクトで頑丈な筐体
  iRig BlueTurnの筐体は、持ち運びに便利なコンパクトで、かつ耐久性に優れた頑丈な作りになっている。カバンやバックパック、ひょっとしたらポケットにさえ入るかも知れない。加えて低電力設計のため、単4電池2本での長時間の動作が可能。

△ ワイヤレスで接続するということ
  iRig BlueTurnは、お使いのモバイル機器やMacと、BLEによりワイヤレスで接続することができる。すなわちお使いの機器のLightning端子やUSB端子を塞がず、オーディオ/MIDIインターフェースなどの外部機器と併せて利用可能。

△ 幅広いプラットフォームに対応
  iRig BlueTurnは、Bluetooth LEに対応した、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、そしてAndroid 4.3以降搭載のスマートフォンやタブレットで利用可能。

[同梱品]
・iRig BlueTurn 本体
・単4形電池 ×2

[対応機種]
iOSデバイス (iOS 5以降)
・iPhone 6s / 6s Plus
・iPhone 6 / 6 Plus
・iPhone SE / 5s / 5c / 5
・iPhone 4s
・iPod touch 第5世代、第6世代
・iPad Pro
・iPad Air / Air 2
・iPad mini / mini 2 / mini 3 / mini 4
・iPad 第3世代、第4世代

Androidデバイス
・Android 4.3以降でBluetooth LEに対応するスマートフォン、タブレット

Mac
・OS X 10.7以降でBluetooth LEに対応するMac

[製品仕様]
本体サイズ: 約126(W)×93(H)×25(D)mm
   重量: 約125g

定価はオープンプライスだが、オンライン直販価格は9,000円 (税抜)。
現在発売中。

IK Multimedia iRig BlueTurn 製品ページ




関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員