Apple、watchOS 3をプレビュー

アップルジャパンは6月14日、パフォーマンスが大幅に向上し、お気に入りのアプリケーションをすぐに起動できる機能や新しいDockなどによって操作性を高め、Apple Watchのためのまったく新しいフィットネスと健康の機能を搭載するwatchOS 3のプレビューを行った。


   watchOS0614.jpg

今秋リリースされるこのソフトウェアアップデートには、画期的なBreathe(ブリーズ)アプリケーションが搭載され、一日の中で、リラックスしてストレスを和らげるエクササイズである深呼吸の時間を取るようユーザーにすすめる。アクティビティアプリケーションでは、共有、比較、競争ができるようになるほか、車いすのユーザーがアクティビティのリングを完成させることができるようになる。

まったく新しいコミュニケーション
メッセージの受信とすばやい返信をする際、watchOS 3はさらにパワフルに、そして表現力豊かになります。ステッカー、手書き、フルスクリーンのエフェクトや、友達がスワイプした時のみメッセージが表示される透明インクを利用できる。Smart Repliesがさらにすばやくできるようになり、メッセージの通知から直接利用できる。もっとカスタマイズした返信が必要な場合は、新しいscribble(スクリブル)機能により、ユーザーがディスプレイの上で文字を書くと、Apple Watchが手書きの文字をテキストに変換する。

watchOS 3のSOSでは緊急時に、iPhoneから、またはWi-Fiに接続している時に世界中の救急医療サービスに電話をかけることができ、サイドボタンを押したままにするだけで、緊急時の連絡先に通知することができる。

文字盤
ミニーマウス、アクティビティ、シンプルで洗練された数字などの文字盤が新たに加わり、Apple Watchがこれまで以上にパーソナルになります。ワークアウト、ミュージック、メッセージなど、さらに多くのアプリケーションが文字盤から直接起動できる。また、写真、モーション、タイムラプスの文字盤にコンプリケーションを追加できるようになる。iPhoneのWatchアプリケーションの新しいFaces Galleryを使って、文字盤のカスタマイズやサードパーティ製アプリケーションの検索がもっと簡単になる。

【提供について】
watchOS 3は、今秋、Apple Watchに対する無償アップデートとして提供される。Apple Watchには、iOS 8.2以上を搭載したiPhone 5以降のモデルが必要。watchOS 3用のWatchKitは、iOSデベロッパプログラムメンバー向けに本日からdeveloper.apple.comで提供される。詳しくは、apple.com/watchos-previewを参照のこと。提供される機能は変更される場合がある。一部の機能は国や地域または言語によっては利用できない場合がある。

Apple Press Info




関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員