スマートフォン用 マイクプリアンプ内蔵ビデオグリップ「iKlip A/V」発売

フォーカルポイント株式会社は7月22日、IK Multimedia Production srl(本社:イタリア モデナ 以下IK Multimedia)のプロクオリティの収録を可能にする、スマートフォン用マイクプリアンプ内蔵ビデオグリップ「IK Multimedia iKlip A/V」を全国の家電量販店などを通じて発売すると発表。同社の運営するオンラインストアでも本日より販売を開始した。


   Multimedia Klip

【IK Multimedia iKlip A/V】
iKlip A/V(アイクリップ エーヴィー)は、iPhoneやAndroidスマートフォンなどのモバイル機器を使用し、プロの使用にも耐え得る高品位なクオリティでのビデオ撮影を可能にしてくれるマイクプリアンプ内蔵ビデオグリップ。

[製品の主な特徴]
・最良のクオリティで動画撮影
 iKlip A/Vは、iPhoneやAndroidスマートフォンなどのモバイル機器を使用し、プロの使用にも耐え得る高品位なクオリティでのビデオ撮影を可能にしてくれるビデオグリップ。iKlipシリーズ譲りの安定性の高いグリップ部と高品位なマイクプリアンプのコンビネーションにより、お使いのスマートフォンとお気に入りのマイクロフォンを組み合わせて利用できる。加えて、1/4-20 UNCネジ/ネジ穴を備えているため、デジタルカメラの装着や三脚上への設置も可能。ワイヤレスマイクのレシーバーを装着するためのクリップも備えている。

・高品位なオーディオクオリティ
 iKlip A/Vは、モバイル機器を使用した高品位なビデオ撮影を、高い費用対効果で実現すべく開発された。ファンタム電源を内蔵したマイクプリアンプは、グリップ部に内蔵されています。マイク入力用端子としてXLR端子を装備し、音声出力端子として4極のヘッドセット端子(CTIA/AHJ規格準拠の1/8インチTRRS端子)を装備している。加えて、モニター用のヘッドフォン端子も備えている。プロ仕様のコンデンサーマイクを接続することができモバイル機器を使ったビデオ撮影の音声をこれまでにないクオリティで収録することが可能となる。放送の現場や、アーティスティックな作品のための素材の収録など、プロの方たちにも最適。

。スマホやデジタルカメラをしっかりとホールド
 iKlip A/Vは「iKlip Xpand Mini」と同じ機構のホルダー部を備えており、iPhone、iPod touch、Androidスマートフォンなど、画面サイズが3.5インチから6インチのモバイル機器をしっかりと支えてくれる。ホルダー部分には1/4-20 UNCの三脚細ネジが採用されており、このネジに対応したデジタルカメラも設置可能。底部にも、1/4-20 UNCネジ穴を備えており、iKlip A/Vを三脚上に設置することもできる。さらに加えて、報道関係の方には定番のワイヤレスマイクレシーバーを装着するためのクリップも装備。

・幅広いモバイル機器、アプリに対応
 iKlip A/Vは、オーディオ入力端子として1/8インチTRRSアナログ端子(CTIA/AHJ規格準拠)を装備した、iPhone、iPod touch、Androidスマートフォンやデジタルカメラと使用可能。同様にiOS標準のカメラアプリをはじめ、より高機能なFilmic Proなど幅広いレンジの録画アプリと併せても利用できる。

[同梱品]
・iKlip A/V 本体
・4極 TRRSケーブル(20cm)
・iKlip スマートフォンマウント
※ ワイヤレスマイクレシーバーおよびXLRケーブルは同梱しません

[対応機種]
iOSデバイス (iOS 4.3以降)
・iPhone 6s / 6s Plus
・iPhone 6 / 6 Plus
・iPhone SE / 5s / 5c / 5
・iPhone 4s / 4
・iPhone 3GS
・iPod touch 第3世代〜第6世代

Androidデバイス ※
・CTIA/AHJ規格の4極イヤフォンマイク端子採用の機器
※ Samsung、LG、HTC、Huawei、Sonyなど多くのメーカーが採用

△ ワイヤレスマウス レシーバーは62mm×31mmまで取り付け可能
△ iKlip スマートフォンマウントは3.5〜6インチのモバイル機器に対応

定価はオープンプライスだが、オンライン直販価格は24,000円 (税抜)。

IK Multimedia iKlip A/V 製品ページ



関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員