「フォースメディア 脱臭器 オゾンの力 for トイレ JF-EO3TW」レポート

昨年の8月から、掌に乗るほど小型のBESTEKオゾン発生消臭器 BTAS807WH (白)をトイレ用として使っているがとても快適で具合が良い。ただしこの製品は安価だが、充電式のため長くて1週間程度しか持たずその都度フル充電をしなければならない。無論だからこそコンセントの無い場所でも使えるという利点はあるが、ある意味この手の製品の効果を確認するために購入したようなものだったから、いまひとつ本格的なものをと考えた。


今回手に入れた「フォースメディア 脱臭器 オゾンの力 for トイレ JF-EO3TW」もその名の通り、脱臭・除菌効果の高いオゾンを使って、トイレやリビングの脱臭・除菌ができる家庭用オゾン脱臭器としては本格的な製品である。

JFEO3TW_01.jpg

※「フォースメディア 脱臭器 オゾンの力 for トイレ JF-EO3TW」パッケージ


「JF-EO3TW」はサイズがW100×D56×H140 (mm)と大きめだが、よく考えられた製品に思えたので購入を決めた。
まず第一はコンセントタイプの製品だということだ。したがって充電をするといった必要はないし、フィルターの掃除や交換が不要のメンテナンスフリーなのと相俟ってまったく手がかからない理屈だ。

JFEO3TW_02.jpg

※JF-EO3TW 本体


第二にBESTEKオゾン発生消臭器 BTAS807WHが1時間毎にオゾンを発生するのに対して「JF-EO3TW」は常に動作中に人がトイレに入ると人感センサーが働き自動的に動作を停止する。ためにトイレ使用中にオゾンを浴び続けることはないという。
ただし本体中央のボタンを押せばすぐにパワーアップモードが始動し、イヤな臭いを素早く除去することもできる。

第三にトイレモード、ルームモードという二つのモードを持ち、トイレモードは約2.2 m³ の広さに対応し、ルームモードなら約23.3 m³(約6畳)の広さをカバーできるという点だ。したがってトイレといった狭いスペースだけでなくキッチンといった程度なら消臭・除菌効果が期待できることになる。

JFEO3TW_03.jpg

※JF-EO3TW本体背面


さて動作だが、トイレモードでは動作開始後(設置後)約2分動作し8分スタンバイ状態が繰り返される。またルームモードの場合は約8分動作し2分スタンバイが繰り返される仕組みだ。
そして動作中に人感センサーが反応した場合には自動的にスタンバイ状態なり、トイレモード時に手動ONにすると人感センサーは無効になり約4分間動作が続く。

私の用途は100%トイレ用だが、要はトイレに入った際に脱臭器が動作している場合、人感センサーが働きオゾン発生をストップさせ、トイレから出た後で前記のON, OFFを繰り返すということになる。
よく考えられているという点だが、オゾンを隅々まで届けるためにファンを内蔵していること、前記した人感センサーの感知範囲は3mであり水平・垂直共に約120度と広いことなどの他に、例えば本体正面にコンセントがあることだ。したがってコンセントがひとつだったり塞いでしまったりしても「JF-EO3TW」のコンセントに差し込むことで、シャワートイレなどが一緒に利用可能となる。

JFEO3TW_04.jpg

※背面のコンセントプラグ下の突起はコンセント下にあるアースをカバーしてくれる


肝心の効果だが、これは文句がないほどだ。BTAS807WHと比べると動作中にトイレのドアを開けた途端にオゾン臭を感じる。無論この種の家庭用のオゾン発生器は適切な広さ、空間で使用するならオゾンの濃度は危険濃度にはなりえないので安全だという。

JFEO3TW_05.jpg

※実際の我が家のトイレで稼働中の「フォースメディア 脱臭器 オゾンの力 for トイレ JF-EO3TW」


まあこればかりはメーカー側が主張するスペックを信じるしかないが、私の家は人間だけでなくワンコの糞も処理するのでやはりこの種の機器は必要なのだ。
この「フォースメディア 脱臭器 オゾンの力 for トイレ JF-EO3TW」のおかげでスプレー式の瞬間消臭剤の使用量も激減している。





関連記事
広告
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員