これまでで最もパワフルなMacとなるiMac Proが12月に登場

Appleは本日、極めて負荷の高いワークフローを処理するプロのユーザーのためにデザインされ、完全に新しいワークステーションクラスの製品ラインとなるiMac Proを先行公開した。


iMacPro.jpg

まったく新しいiMac Proは、美しい27インチRetina 5Kディスプレイ、最大18コアXeonプロセッサを搭載し、最大22テラフロップスのグラフィックス処理が可能なこれまでで最もパワフルなMac。iMac Proは、新しくなった美しいスペースグレイのボディの中に、高度なグラフィック編集、バーチャルリアリティのコンテンツ制作、リアルタイムの3Dレンダリングに対応できる驚異的な性能を詰め込んだ。iMac Proは12月に発売され、価格は4,999米ドルからの予定。

Newsroom



関連記事
広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員