HomePod、家庭での音楽の楽しみ方を再発明

Appleは本日、驚くべき音質を実現する画期的な家庭用ワイヤレススピーカー、HomePodを発表した。HomePodは、空間認識を使って自らの室内での位置を感知し、それに合わせて自動的に音を調節。4,000万曲以上を揃えるApple Musicに最適にデザインされたHomePodは、ユーザーの音楽の好みに関する深い知識を持ち、ユーザーが新しい音楽を発見する手助けをする。


HomePod.jpg

HomePodは、深い、クリーンな低音を実現するAppleがデザインした大型ウーファーを特長とするほか、7個のビームフォーミングツイーターのカスタムアレイを備え、ピュアな高周波音響を信じられないような方向性コントロールとともに実現するなど、パワフルなテクノロジーを組み込むことで音源の豊かさと意図を忠実に再現。HomePodは12月から、まずオーストラリア、英国、米国から販売を開始。

HomePodは並んだ6個のマイクで音声コントロールするように設計されており、ユーザーは部屋の反対側からでも、たとえ大きな音で音楽を再生しながらでも、声で操作することができる。例えば、「Hey Siri、この曲いいね」と言うと、HomePodとApple Musicが完璧な音楽のプロになって、何百ものジャンルやムード、何万ものプレイリストの中からユーザーの好みを学び、その音楽の好みはどのデバイスでも共有されます。Siriはまた、ミュージックライブラリの中で高度な検索をすることができ、例えばユーザーは「Hey Siri、この曲のドラマーは誰?」といった質問をしたり、家にいる全員と共有できる次に再生する音楽のリストを作成したりすることができる。HomePod、Apple MusicそしてSiriは、音楽を広告なしで直接HomePodにストリーミングするという最高の音楽体験を家庭に提供する。

HomePodは、メッセージを送信したり、ニュースやスポーツ、天気のアップデートを受信したり、Siriに話しかけるだけでスマートホームデバイスを操作し、照明をつけたり、シェードを下ろしたり、シーンを演出したりする、素晴らしいホームアシスタントになる。家から離れているときは、HomePodは完璧なホームハブとなり、iPhoneまたはiPadのホームアプリケーションを通してリモートアクセスやホームオートメーションを実現する。

Newsroom



関連記事
広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。ゆうMUG会員