Apple TV 4Kが4KとHDRで映画館の魔法を自宅に再現

Appleは9月13日(日本時間)、映画館のような素晴らしい体験を自宅にお届けするためにデザインされた、まったく新しいApple TV 4Kを発表した。4Kとハイダイナミックレンジの両方に対応したApple TV 4Kは、信じられないくらいシャープで鮮明に、さらに豊かで本来の色に忠実に、暗いシーンも明るいシーンもさらなる精細さで映像を再現する。


AppleTV4K.jpg

Apple TV 4Kを使用して、iTunesでどんどん増えている4K HDRの映画を楽しむことができる。iTunesユーザは、4K HDRバージョンが利用できるようになるとiTunesライブラリにあるHD作品が自動的にアップデートされる。また、Apple TV 4Kでは、NetflixやAmazonプライム·ビデオなど、人気の高いビデオサービスの4K HDRコンテンツも まもなく提供を開始。

新しいApple TV 4Kは、iPad Proと同じ画期的なA10X Fusionチップをもとに構築されているので、鮮明な4K HDRを体験できる。
Dolby VisionとHDR10の両方に対応しているので、どのHDRテレビでも圧倒的な美しさでテレビ番組や映画を楽しむことができる。
また高性能の4Kビデオスケーラーが内蔵され、4Kテレビでこれまで以上にHDコンテンツが美しく表示される。
常に可能な限り最高の解像度で出力するので、旧型のHDテレビでも、最新の4K Dolby Vision OLEDでも、テレビの能力を最大限に活かすことが可能。
4Kテレビの機能を自動検出して設定を最適化し、最高品質の画像を映し出す。

Newsroom




関連記事
広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員