書き下ろし時代小説「首巻き春貞(三)御金蔵破り」を公開

一作目「首巻き春貞 小石川養生所始末」、第二作「首巻き春貞 祝言」に続く第三作「首巻き春貞 御金蔵破り」をご笑覧いただく。よくもまあ懲りずに第三作目までたどり着いたものだと思うが、面白いもので書き進む内に新しいキャラクタやストーリーが自然に湧いてくる…。この分では筆者が健康なら十作目くらいまでは持ちそうである(笑)。


さて本編第三作のタイトルは「御金蔵破り」と些か大上段に振りかぶったが、ちなみに「御金蔵」とは「ごきんぞう」と読むものとばかり思っていたものの「おかねぐら」というのだそうだ。
この場合の御金蔵とは江戸城にある文字通りの金庫のことで一日三交代で不寝番が置かれ、金蔵に至るまでには三重の鍵を必要とする厳重な警戒管理下にあった。
いわば現代なら日本銀行の金庫室に侵入し、山と積んである新札(イメージだが)を狙うようなもので普通に考えたらどうにも上手くいきそうもない。

SitePicture600.jpg

※書き下ろし時代小説「首巻き春貞(三)御金蔵破り」表紙イメージ


しかし余談ながら史実として…時は幕末の混乱期ではあったもののその御金蔵に忍び込み四千両という大金を盗み出した二人の男がいたという。
小人目付の藤岡藤十郎とその相棒で中間の富蔵は金蔵の外・中・内の三つの扉の合鍵を作るため数回にわたって忍び込み、警護の人間が交代する僅かな時間までをも把握し、きわめて慎重かつ周到に準備を進めた犯行だった。
二人がお縄になったのは二年後のことで、富蔵の金遣いの荒さから足がつき結局二人は市中引き回しのうえ、小塚原の刑場で磔となったという。

ともかく御金蔵をひとつのテーマとするにはそれがどこに置かれ、どのような規模のものなのか。あるいはどのようなシステムで運用管理されていたかを知る必要があるが、短時間でそれら秘密裏のシステムすべてを知ることは出来なかった。
不明な点は創造力で埋めることができるのが小説のよいところでもある。しかし何のイメージもないのではリアリティに欠けると御金蔵破りをテーマにした先達の小説や映画などをいくつか見て感触をつかんだ。

小説で面白かったのは黒崎裕一郎著「江戸城御金蔵破り(徳間書店)」だ。これは前記した史実をモデルにした作品だが時が幕末ということで坂本龍馬や桂小五郎などが絡んでくるのが興味深いものの個人的には後味が悪かった。

Book20170920.jpg

※黒崎裕一郎著「江戸城御金蔵破り(徳間書店)」


映画では1964年8月公開というからすでに53年も前の作品だ。大川橋蔵と片岡千恵蔵演じる半次と富蔵が御金蔵破りという大ばくちに挑戦する「御金蔵破り」。エンターテインメントとしては面白いしエンディングは無難な作りか…。

DVD20170920.jpg

※1964年8月公開映画「御金蔵破り」のDVD


そうはいっても本編の御金蔵破りは一ひねりしてある。単純な盗みでは面白くないからだが、市中で見つかった偽小判が幕府転覆計画発覚の引き金となり、春貞は急遽危険を冒して江戸城に乗り込む…。とまあ、是非本編をご覧いただければありがたい。
ということでタイトルは御金蔵破りではあるが、本編の見所は主人公春貞の天衣無縫の活躍と春貞ファミリーともいえる夫婦と仲間たちの友情・交流が大きな見所だと意識して書いたつもりである。

さて引く続き「首巻き春貞(四)」の執筆も始めた(笑)。タイトルはまだ未定だが、この刊では後に尾張藩七代藩主となる德川宗春 (登場はじめはまだ通春)との因縁の対面を描こうと考えている。
主人公春貞と宗春、共に尾張に関係しその名に「春」を含んでいるが、実はこの辺までは一巻の書き出しから見通していたことなのだが、現実にストーリーを組み出すとなれば簡単ではない。さてどうなるかは先のお楽しみということでまずは「首巻き春貞(三)松平春貞一代記 〜 御金蔵破り」を理屈抜きで楽しんでいただければ嬉しい。

書き下ろし時代小説「首巻き春貞(三)御金蔵破り」




関連記事
広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員