ラテ飼育格闘日記(617)

気温も低くなったし、朝夕の散歩時にも子供たちと触れ合う機会が多くなった。したがって特に朝の散歩はやっと散歩らしくなってきた。なにしろ暫くぶりに、本当に暫くぶりにお馴染みの小学生女子たちと小学校の正門まで一緒に歩いたのだから。


我が家の朝のタイムスケジュールは日によってまちまちだ。女房の仕事が早番なのか遅番なのかによって起床時間が大きく違うからだ。しかしどうせ同じ散歩ならラテを喜ばせてあげたいと親馬鹿のオトーサンは子供たちの登校の時間帯に合わせて家を出るよう努力している。

Latte617_01.jpg

※グータラだったラテも気温が低くなったからかかなり活発になってきた


オトーサンはこれまでの経験上、Aちゃんは何時何分頃に通る…とかBちゃんは何時何分頃にあの角で友達を待っている等などを知っているから何とかすれ違いたいと思っている。またAちゃんやBちゃんもラテに出会うと喜んでくれるその笑顔が見たいと思っている。しかし問題はラテだ…。

Latte617_04.jpg

※Aちゃんのオトーサンとチュー。成人男性で口元を舐めに行く人はこの12年間でたったの三人なのだ


そんなオトーサンの思惑をよそにあっちをクンクン、こっちをクンクンしてなかなか思うようには歩いてくれない。その上途中で排泄したり水を飲ませろとオトーサンの足をマズルで突いたり時間のことなど頭にない(笑)。
先日の朝もそんな気遣いをしながらオトーサンはラテのリードを引いて歩いていたが、幸いAちゃんに出会うことが出来た。

しかしいつもなら頭を撫でてもらって「ラテ、バイバイ」となるところだが、その日はAちゃんとその友達たちの後をついて行くではないか。
「ラテ、学校まで一緒に行ってくれるかなあ」
とAちゃんがいう。
「いかないと思うよ」
とオトーサン。
そんな会話をしながら歩いているとおやまあ、Aちゃんたちの後ろをついて行くではないか…。

Latte617_02.jpg

※登校の女子たちの前になり後ろになりながら学校に向かって歩いた


その狭い道は小学生たちの通学路でもあり、多くの子供たちが小学校を目指して歩く。オトーサンはなるべく邪魔にならないように気遣いながらラテのリードを引くが通り過ぎていく子供たちの中にも顔見知りも多く「おっラテ久しぶりだな」と言いつつ頭を指で突いて行く男子もいる。

Latte617_03.jpg

※結局校門前でさよならするまで一緒に歩いた!


結局そのまま学校の校門前までAちゃんたちに囲まれつつ上機嫌でついていった。
校庭に入り込もうとするラテのリードを引きながら、この広い校庭でラテをノーリードで遊ばせてやりたいという気持ちになったが実現できるはずもなくオトーサンたちは踵を返したがラテは満足したのか素直に帰路についた。

この日、夕方の散歩でいつもの公園に向かったが子供たちの姿も多くラテは誰とというわけではなく尻尾を振っている。やはり子供たちの姿があると嬉しいのだろう。

Latte617_05.jpg

※Aちゃんが遊びに来てくれたが、まずは宿題をクリア!偉い!


そういえばラテを可愛がってくださるファミリーのAちゃんがまた我が家に遊びに来てくれた。相変わらず3Dプリンター向けのモデリングに挑戦しつつ、きちんと国語と算数の宿題をクリアしたAちゃんでした。




関連記事
広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十二巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員