「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」初のノズル交換記

組立式「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」を気に入って本格的な利用をと考えた矢先にノズルが詰まった。一応最低限のメンテツールを所持していたので応急処理をと試みたが駄目で、結局メーカーから交換用ノズルを送って貰うことになった。国内で同種のものを入手できるには違いないが何しろノズル交換は初めてでもあり大事を取った。


「J&T 3Dプリンター DIYキット JT-28-004」(以後J&T 3Dプリンター)は私にとって3台目の3Dプリンターだがこれは初めて組立式の製品だからして勝手が違う。またこれまで使ってきた3Dプリンターはノズルが詰まったことはなく、したがって交換云々の経験もまったくなかった。
ともあれこの種の製品ではノズル交換程度はユーザー側で直すのが鉄則のようだし、そもそもが3Dプリンターのより詳しい仕組みやらを知りたいからとわざわざ選んだDIY製品なので覚悟して事に及んだ。

Nozzle replacement_01

※交換用ノズル


さて、メーカー(広東省深圳)から発送連絡後、到着までには二十日かかった。EMSで送ってくれたがどうやら彼の地も気象状況が悪く通常より遅くなるかも知れないと言われていたが、こればかりは仕方がないものの二十日間当該3Dプリンターが使えないのは傷手だった。
別途写真入りの交換手順のPDFを提供いただいたので何度もそれを読み頭に叩き込んだ。

Nozzle replacement_03

※ノズルユニットを含むエクストルーダー全体


無論経験がある人にとっては大した作業ではないかも知れないが3Dプリンターの重要な部位でもあるエクストルーダーを分解し、ノズルユニットを取り出さなければならないのだから緊張する。
取り急ぎ必要であろう道具一式を用意し事に臨んだ。

Nozzle replacement_02

※必要であろう道具類を準備する


まずはエクストルーダーが乗っている受板下方にある二つのネジを外し押し出しユニットを浮かせ、続いてエクストルーダー上部の配線のうち押し出しユニットから繋がっている配線を外す。

Nozzle replacement_04

Nozzle replacement_05

Nozzle replacement_06

※エクストルーダーが乗っている受板下方にある二つのネジを外し押し出しユニットを浮かせ、続いてエクストルーダー上部の配線のうち押し出しユニットから繋がっている配線を外す


次に六角レンチでファンユニット2箇所のネジを外して取り外す。

Nozzle replacement_07

Nozzle replacement_08

※ファンユニットを外す


これでファンダクトなどが分離でき、ノズルユニットだけを取り外すことができる。

Nozzle replacement_09

※ノズルユニットを取り外した


ともかくケーブルを切断したりユニットに大きなダメージを与えてはノズル交換だけでは済まなくなるので慎重にも慎重を期す。
そしてそのノズルユニットをパーツ毎に分解した…。

Nozzle replacement_10

※ノズルユニットをパーツ毎に分解


さて問題はフィラメントが通過するパイプとノズルの確認をしてみたがやはりノズルは完全に詰まっている。またパイプの内部も掃除を試みると直径約2.5mm程度のフィラメントの塊が出て来た。どうやらこれが新たなフィラメントの挿入を拒んでいた原因だろう。

Nozzle replacement_11

※押出パイプ内に2.5mm程度のフィラメントの塊があった


専用のツールでパイプの通りを確認した後に新品のノズルを用いて組立直すことに。組立は当然のことながら分解の逆となり要領が分かっているのでスムーズにできた。
問題はこのノズル交換が問題なくできたかどうかは実際にプリントしてみなければ分からない。

Nozzle replacement_13

※交換した新しいノズル


しかしこのまま闇雲にプリントを行っては新しいトラブルの元を作ることになってしまうかも知れないという程度の経験はあるのでまずはプラットフォームやZ軸を上下するX軸ユニットが平行であるかの調整とホットベッドの水平出しを念入りに行うことにする。

その後、購入時にSDカードに入っていたテストデータをプリントしてみることに…。
正直恐る恐るといった感じだったが、強化ガラスのホットベッドにシート類も糊も使わず綺麗なプリント結果が得られた。

Nozzle replacement_14

※ノイズ交換後のプリントも綺麗に出来た


前記したとおり、二十日間使えなかったことは傷手だがこれでノズル交換の自信もついた。
問題はなぜノズルが詰まったかという理由だ。
これには使ったフィラメントの問題、あるいは電源を切るまでの後処理の問題などが考えられるがこれからも注視していこう。

ただし交換時に重要なことにも気がついた。それは今回述べたような手順で幸いにもノズルの詰まりをメンテできたが、本格的に?詰まった際にはヘッド部を昇温させておかないと固まり炭化したフィラメントは容易に取り除けないしノズルも簡単に取り外せないことだ。

Nozzle replacement_12

※詰まったノズルと新品


今回みたいにノズルユニット全体を交換する場合には電源を切ることになるが(配線も外すから)ノズルだけを交換したい場合などはその部位の温度を上げておく必要がある。
火傷をせずに安全に交換するためには正しい手順を知ることは勿論、適切な道具類も必要だ。まだまだ知らねばならないこと、勉強しなければなないことが多いことを思い知らされる…。



関連記事
広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員