iMac 27インチ 3.4GHzクアッドコアIntel Core i7 を注文

私のメインマシンは2008年の2月から使い続けてきた Mac Pro (Early 2008)だから、これまで丸4年10ヶ月ほど使ってきたことになる。なぜMac Proなのかは申し上げるまでもなく拡張性の高さと本来Mac製品群で1番高い能力を持っていたからだ。しかしこの度そのメインマシンを過日リリースされたばかりのiMacに変えることにした…。    


Mac Proから iMacというと随分能力が落ちる印象を受けるかも知れないが、ご承知のようにMac Proのアップデートが遅れていること、そしてiMacそのもののスペックが急速に高くなっているために現時点でもいくつかの処理スピードにおいて一昨年購入した女房のiMacの方が優れているという結果も出ている。
それに私のささやかな仕事にしても一時期のように時間に追われるシビアなものは少なくなっているからしてiMacで十分になったと判断したからでもあるし、何よりもコストパフォーマンスの高さを考えればiMacはピカイチである。そしてiMacは設置スペースも取らないわけで、今回個人的には思い切った決断をしたつもりなのだ。

iMac_2012.jpg


とはいえiMacに機種変更するに当たり、譲れない点もあった。
まず第1にディスプレイのサイズである。これまでApple 30インチ Cinema HD Displayを愛用してきたこともあり、ディスプレイはなるべく大きなものを使いたいと考えたことから27インチのモデルを選択した。
またせっかく…久しぶりに新機種を手にすることになったわけだが、AppleCare Protection Planに加入することも含め最低3年間は愛用しようと決意したことでもあり、可能な限り現時点の最高スペックをと考えた。したがってApple Storeのオプションとして選択できる 3.4GHzクアッドコアIntel Core i7 とし、グラフィックスもオプションで最高峰のNVIDIA GeForce GTX 680MX 2GB GDDR5と決めた。

一方、予算面からある種の妥協もせざるを得ない(笑)。
まずメモリだが本来32GBを実装したかったが 16GBとすることに…。ただしこれまでのMac Proでもメモリは16GBだったので問題は生じないと考える。それに27インチモデルはユーザーがアクセスできるSO-DIMMスロットを持っているということなので将来可能であれば32GBにしたい…。
さらにストレージだが、これは768GBフラッシュストレージが理想だがまだまだ高すぎるので1TB Fusion Driveを選んだ。無論Fusion Driveの利用は初めてなので楽しみである。

問題は些か複雑化している現行システムを新iMacに移行することだが、こればかりは焦らずひとつひとつ必要なシステム、アプリケーションを確認しながら構築していくしかない。
ともあれオンラインストアへのオーダーは私が確認した範囲で確実に納期が遅れ気味になっている。先週あたりまで出荷予定は「3から4週間」だったが現時点では単に「1月」としか明記されていない。まあ急ぐことではないのでゆっくりと準備をしつつ待つことにしよう。
取り急ぎ別途 Thunderbolt - FireWireアダプタ もオーダーし、現行のFireWire 800をサポートしている外付けハードディスクなどを新しいiMacで活用する準備を始めているが、トラブルなくシステム移行ができれば良いのだが…。

さてこれまで色々とトラブルもあったものの、現在は安定しているMac Pro本体とApple 30インチ Cinema HD Displayだが、まだまだ実用レベルの能力を持っていることでもあり、どなたかにお譲りし第2の人生を送らせてやりたい。
なにしろグラフィックカードは現行のMac Pro用としては最高スペック機のひとつハイエンドビデオカード「NVIDIA Quadro 4000 for Mac」を装着しているし、光学ドライブも2基装備、そしてハードディスクもフルに4台入っているわけで、活用しない手はない。

ともあれ楽しみである。
関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員