FMACCG : 談話室【48】1997年3月29日〜1997年5月4日

スティープ・ジョブズがAppleに戻ってから粛清か...と思わせるほど人事の異動というかキーマン達が辞めていく(辞めされられた)ニュースが目立つようになる。それはApple本社だけに留まらずアップルジャパンにも及び、志賀社長がApple Executive Meetingをドタキャンした理由は解任されたからだ…というニュースが飛び込んできた。


FMACCG : 談話室【48】1997年3月29日~1997年5月4日

001/512 SDI00116 松田 純一    MacCG 談話室Part-17をオープン
(15) 97/03/29 10:55

MacCG 談話室Part-16の発言数が上限になりましたので新たに
MacCG 談話室Part-17をオープンしました。
どうぞご利用ください。

SMACCG SYSOP 松田純一

006/512 SDI00116 松田 純一    RE:そしてだれもいなくなった
(15) 97/03/30 12:48 005へのコメント コメント数:2

有田さん

Appleの全社員がピーク時には15,000人とも16,000人にもなって
いたということを聞いた覚えがありますが、その内かなりの売上げ
と利益を出していたアップルジャパンが250人程度ということを考え
るとこの人数はべらぼうに多いように思えます(^_^;)。

私はハードウェアの生産部門にどれほどの人間が必要なのかは素人
で分かりませんが、どうやら間接部門が多すぎたのでしょうね。

>>彼らが雇われていたのは、悪く言えば、アップルの箔づけのため、
>>よく言っても心の支え程度の役割だったかもしれません。

実際にはご指摘のとおりだったのでしょう。しかしアップルはなぜに
こうした優秀な人たちをもっとビジネスに利用できなかったのか...と
いう疑問は残ります。
例えばジョン・スカリーは自身で若いときに今で言うトリニトロンと
同じような仕組みを発明し特許を取ろうとしたことがあったという
ことですから、本当であるなら単なるマネジメント畑だけの人ではな
かったのでしょう。だからこそあのKnowledge Navigatorなるコン
セプトを良い指針としてプロモーションビデオ化し未来のマックの姿
として提唱できたのかもしれません。そしてこのコンセプトは良かれ
悪しかれアップルのビジョンとして今も使われています(^_^;)。

もう既にそんなことを言っている場合ではないのかもしれませんが(笑)
確かにアップルの大きな柱だったビジョンが希薄だと言われて久しい
ですね。アラン・ケイやドン・ノーマンらがいかに過去の人だったと
しても、そんじょそこいらの若者に劣るとは思いません(笑)。
アップルは企業としてこうしたフェローたちに何をやらせていたかと
いうことも、もっと問われてしかるべきのような気がします。何故
ならこうした優秀な人たちが協力すればアップルの未来をかいま見せ
る"何か"を考え出すことは可能だったのではないかと思うからです。
結局経営陣がこれらの人たちを使い込むことができなかったという
ことに尽きるのではないでしょうか(^_^;)。
いかに新しいテクノロジーが作り出されようと、それをどのように私
たちのパソコン利用に、毎日のビジネスや生活に生かすことができる
かは別問題です。そうしたビジョンというか方向性をアラン・ケイや
ドン・ノーマンたちに示して欲しかったと考えるのは私だけではない
と思うのですがねぇ...。
私はそれが大変残念であり、いま最も歯痒く感じる点です。

SMACCG SYSOP 松田純一

025/512 SDI00116 松田 純一    ふさわしくない辞書の名前?
(15) 97/04/05 14:50 コメント数:1

え~っ。お笑いをひとつ...。

受験シーズンも終わったと思いますから、こんな話題もいいでしょう?

本屋に行ったら辞書コーナーに「ハイトップ」という英和と和英辞書
があったのですが(^_^;)。

FMACCG48_01.jpg


私の頭の中では「ハイトップ」=「洗濯洗剤」=「よく落ちる」=「受験
に落ちる」という連想となってしまったのですが、こんな名前よくも
旺文社は付けたなあと思わず一人で笑ってしまいました(^_^)。

SMACCG SYSOP 松田純一

027/512 SDI00116 松田 純一    RE:ふさわしくない辞書の名前?
(15) 97/04/06 08:56 026へのコメント コメント数:1

Zakさんこんにちは

確か他のフォーラムでも大型二輪免許を受けられているという事を
読ませていただいたと記憶していますが、受かりましたか!
それはそれは、おめでとうございま~す!!!!!

>>受かった後で良かった(^_^;)

受験といっても毎日いろいろあるんでしょうからねぇ。

SMACCG SYSOP 松田純一

029/512 SDI00116 松田 純一    Scientific Remote Viewingとは?
(15) 97/04/09 16:43 コメント数:2

先週出張に行った札幌にて、あのヘールボップ彗星を見ることができ
ました(^_^)。コンタクトレンズを入れた私の目でも何とか確認するこ
とができたのはラッキーでした。

ところでまたまた私好みの書籍とそれに関連するWebサイトをご紹介
します(^_^;)。
本の方は徳間書店刊の「コズミック・ヴォーエージ(COSMIC VOYAGE)」
です。著者はカルフォルニア大学で教授職を持ち、カーター大統領セ
ンターにおけるヒューレット・フェローでもあったエモリー大学準教授
のCourtney Brown博士という人です。
本の帯および表紙にはあの荒俣 宏さん、ハーバード大学教授で医学
博士のジョン・E・マック氏らが推奨していますが、過去に超文明が
あったとか、宇宙人が来ていたというような話は、この本の衝撃的な
内容に比べれば可愛いものです(笑)。

この本は先の情報公開で明らかになったアメリカ軍の軍事研究におい
て進められていたScientific Remote Viewing(科学的遠隔透視)により
明らかにされる宇宙の瞠目すべき最先端情報...という主旨です(^_^;).....。
なにしろ、地球にはすでに火星人が住み、地球生まれの世代すら存在
するというようなショッキングな報告などが次々と明らかにされます。

こういう内容は当然のこと、一笑にふしてしまいがちですが単なる検
証のできない超能力ということだけでない内容であることは確かのよう
です。
著者も「このように再現性は私が本書で行う主張の重要な要素である」
と書いています(^_^)。

私は帯の裏にあった「大学の準教授という職を賭した"禁断の仕事"」と
いうのに感動して買いましたが(笑)、内容もなかなかに面白いもので
した。
このCourtney Brown博士がWebページを公開しているので興味のあ
る人は一度ご覧になってくださいまし!!
私...こういうホームページは大好きです(^_^;)。

SMACCG SYSOP 松田純一

033/512 SDI00116 松田 純一    RE:Scientific Remote Viewingとは?
(15) 97/04/10 12:35 032へのコメント

AKITANIさん

>>ふたりの部下が私を差し置いて 7,8 日と札幌に飲み会出張に行きました。

何ですか...この飲み会出張というのは(笑)。
誤解がないように確認しておきますが、私はたまたま仕事で出張にいった
ついでにレストランの窓からヘールボップ彗星を見ただけですよっ(^_^;)。
でもそういえば、レストランの入口にはまるでメニューのようにヘールボッ
プ彗星が見える...というコピーがかかげられていました。
何だかヘールボップ彗星テーブルチャージでもかかりそうな感じではありま
したね(^_^)。

>>是非とも秋には行きたいものです。

仕事、作りましょう! その時期に(^_^;)。

SMACCG SYSOP 松田純一

034/512 SDI00116 松田 純一    ニューオータニでApple Executive Meeting!
(15) 97/04/10 21:02 コメント数:2

本日東京都千代田区紀尾井町にあるホテルニューオータニ「芙蓉の間」
においてApple Executive Meetingなる催し物がありました。
主旨は米国アップルコンピュータ社のワールドワイドセールス&サービ
ス担当執行副社長であるデビッド・マノビッチ氏とマーケティング担当
執行副社長のゲリーノ・デ・ルーカ氏が来日したのでアップルの近況を
多くのディーラーやデベロッパーたちに説明すると同時に懇親会をする
というものでした。

夕刻4時に開催されたこの催しにどうでしょうか数百人...少なくとも300
人近くの人たちが集まった感じです。
最初に壇上に上がったデビッド・マノビッチ氏はなかなかのいい男っぷり
の人でアップルの経営状況の現状とこれからなどについて30分ほどの話
をしました。しかしその内容は残念ながら目新しいものはなく、「これか
らはロイヤル・カスタマービジネスに焦点を当てる...」などの話はともか
く、かなりの部分に「~しなければならない」という語尾が多すぎまし
た(^_^;)。ただし同時通訳が間違っていなければの話ですがね...。
そうだとすれば「ならない」ではなく早く「してちょうだい!」と声が出そ
うでした(何しろ一番前の席に陣取ったものですから)...(笑)。

二番目に登場したゲリーノ・デ・ルーカ氏はクラリスの社長だった人でそ
れまではアップルとオリベッティ社にいたとのことです。
第一印象は人のよいイタリア人といった感じの方ですが「コンニチハ」と
日本語での挨拶から話を始めました。
話の内容は主に市場戦略についてでしたが、これまた残念ですがわざわざ
ホテルの会場まで出向いて聞くほどの内容ではありませんでした(^_^;)。

最後にアップルジャパンを代表し志賀社長が日本での戦略を話させる予定
でしたが「急用のため来られなくなった」とのこと(^_^;)。300人もの招待
者を集めておいての急用とはどんな急用なんでしょうかしら?
代わりに窪田本部長が話をされましたが「シェアより顧客重視戦略へのシ
フト」「地方展開の強化」「サービスは有料化の方向」などの話や一次店
を飛び越してMacMasters店などへ積極的に販売することを考える等など
という話題もありました。
窪田本部長は誠実に、そして飾り気のない話をされましたが悪い部分も今の
日本の現状をよく把握されている感じで好感を持てました。是非是非こうし
た方に陣頭指揮をとっていただき、ひとつでも明るい話題のあるアップルに
していただきたいと思います(^_^)。

第二部は会場を移しての立食パーティを兼ねた懇親会でしたが、私は参加
しないで会場を後にしました(^_^;)。
ちょっと私にとっては虚しい帰りの道でありましたなぁ。

SMACCG SYSOP 松田純一

038/512 SDI00116 松田 純一    RE:ニューオータニでApple Executive Meeting!
(15) 97/04/11 17:16 037へのコメント コメント数:2

こごめさん

>>解任うんぬんという話がありますから、その辺の関係でしょうか。

まだ立場上コメントできませんが(^_^;)、そんな話のようです。
困ったものです!

SMACCG SYSOP 松田純一

043/512 SDI00116 松田 純一    RE:RE^2:ニューオータニでApple Executive Meeting
(15) 97/04/11 23:38 041へのコメント コメント数:1

Zakさん、こんばんは(^_^)。

>>すでにPC Watchにアップされていましたが、社長が交代したようですね。

先ほどアップルジャパンのサイトを確認したらすでに社長に就任した原田
さんが写真入りで紹介されていましたね。
過日、エレン・ハンコックおばさんとの食事会の時に「デベロッパとして
今回のOS戦略をどう思うか」と聞かれ「OSがどう変わろうと心配していな
いが、人がコロコロ変わるのはホントに困ってしまう」という発言をして
妙に受けましたが...。
しかし、ホントニ、ホンマに、どうして、やっぱし、なんで...一年毎に
変わるのよ!(^_^;)。

ビジネスは人と人とがこつこつと信頼関係を築いて成りたつもの。
だとすればこのニュースを聞き、賽の河原で石を積んでいる自分を想像し
てしまいました(笑)。

SMACCG SYSOP 松田純一

052/512 SDI00116 松田 純一    RE:結局リストラなんですね
(15) 97/04/13 10:59 047へのコメント

Neonさん

>>日経 Mac の Web には原田氏の任務は日本法人のリストラだと書
>>かれています。

確かに...。しかしどうも釈然としませんね。
志賀さんは日本法人のリストラはないと名言していたそうですが、も
ともとリストラのような重大な決定権そのものが日本法人にあるはず
はないですから、本当にリストラだけが目的ならトップを変える必要
はないと思うのです。
本社が「このレベルのリストラをやれ!」といえばそれで済むからです。
ただひとつ本社のそうした決定に志賀さんが意義を申し立てたとする
なら話は別ですが...。

志賀社長退任の意味についてはいろいろな観測が私のところにも入っ
て来ていますが、裏を取れるようなものではなし...(笑)いまとなって
はねぇ...(^_^;)。

>>この国は決して軽視できないはずなんですが・・・

私自身、今年1月号のデベロッパージャーナル誌の志賀社長との対談で
直接この件について発言しました。これまで来日するキーマンらは口々
に「日本市場はアメリカにつぐ重要な市場。デベロッパー、ディーラー
そしてユーザーを大切に育てたい...」等とおなじ事を繰り返すのが常で
すが、誰も大切にしてもらった記憶がないと...(笑)。

ただねぇ...アップルジャパンにもアップルを本当に愛し、本当の意味で
デベロッパーやディーラーそしてユーザーにどうしたら協力してもらえ
るか、理解してもらえるかと一生懸命努力している方々も現実にいる
のです。そうした人たちの気持ちを思うととても辛いですね。

SMACCG SYSOP 松田純一

082/512 SDI00116 松田 純一    WIRED誌6月号とマスコットな人?
(15) 97/04/25 14:26

6月号のWIRED(ワイアード)誌はかなり力の入ったアップル特集となって
います。第一、その真っ黒な面に両端から喰い取られ(?)て芯だけになった
レインボーカラーのアップルマークの表紙はとても目立ちます(^_^;)。
そして「ぼくはアップルの救世主ではない」というジョブズ氏の発言は意
味深長な感じがしますね。

で2-6Pに面白い囲み記事を発見しました(^_^)。
「世界新語発見」というちいさなコラムですがその中に「マスコットな人」
というワードが紹介されています。数行の文章なので紹介してしまうとそ
のまま転載になってしまうので避けますが、要はキューティマスコットと
いう具体的な表記はないもののここで言うマスコットという言葉は明らか
にキューティマスコットのことのようです。

特に何か役に立つわけでもないけど流行っていること、そしてここがポイン
トなのですが「机に座って何の役にも立たないオジサンをOLは『マスコット
な人』と呼ぶそうな...」とのこと(笑)。
ひえ~っ...(^_^;)。

SMACCG SYSOP 松田純一

083/512 SDI00116 松田 純一    RE:NIFTY-SERVEに入会しました!
(15) 97/04/25 14:29 080へのコメント コメント数:1

え~っ...
ご挨拶をいたしました山本は私共の札幌支店にこの春に入社した
ピッカピッカの新入社員であります(^_^)。
今後、このステーションにも仕事としてかかわってくると思い
ますので、皆様どうぞよろしくお願いいしますm(_ _)m

で、今日25日は彼女にとって最初の給料日(^_^)。
どんな使い方をするのでしょうか(笑)。

SMACCG SYSOP 松田純一

090/512 SDI00116 松田 純一    NHK「新・半七捕物帳」雑感
(15) 97/04/27 10:54 コメント数:1

私にはめずらしく(^_^;) テレビの話題でありますが...。
NHK総合、毎週金曜日の午後8時から「新・半七捕物帳」が始まり
ました。主演は真田広之です。
私は自称シャーロキアンのつもりですが、この岡本綺堂の「半七
捕物帳」も大好きなんです。ご存じの方も多いと思いますがこの
捕物帳というスタイルこそ岡本綺堂の「半七捕物帳」が作り上げた
ものなんですね。また岡本綺堂その人も「半七捕物帳」を書くに
あたりコナン・ドイルを十分に意識し、「彼は江戸時代に於ける
隠れたシャーロック・ホームズであった」と書き残しています。

この「半七捕物帳」は明治二十年代の末になってから新聞記者をし
ていた若い作者が、幕末に岡っ引きをつとめていた半七老人と知り
合い、手柄話や当時の人間模様を聞く...という体裁になっています。

この「半七捕物帳」の特徴はその後、これをお手本に続々と登場す
る銭形平次や人形佐七などなどの捕物帳と比較すると時代背景が
とてもしっかりしていることです。
岡本綺堂自身が子供のころ、まだちょんまげを結った人たちがかな
りいたようだし、自身歌舞伎脚本作家だったこともあり当時の時代
環境を肌身に感じていたようです。また反面イギリス公使館勤務の
もと、徳川家御家人の長男として生まれ英語の本を読むのを勉強と
していたという新旧入り交じった環境だった岡本綺堂はモダン性を
も兼ね備えていたようですね。

私達が現代の方が江戸時代よりすべての面で優れていた...と錯覚す
るようなことがあったら是非軽い気持ちで「半七捕物帳」を読むこ
とをお勧めしたいと思います(^_^)。そこには単に人情云々...という
ことだけではなく、我々日本人が失ってきた大切なもろもろが息づ
いているように思えます。
「半七捕物帳」は肩の凝らないそして質の高いエンタテインメント
だと言っても過言ではないでしょう!

そうそう...テレビの方ですが先週は「弁天娘」、今週は「結び文」と
いうタイトルだったのですが「弁天娘」は「半七捕物帳(1)」に収
録されているのですが「結び文」というのは覚えがありません(^_^;)。
それはともかく、このテレビ番組はなかなか斬新な作りをしている
ように思えます。特にエンディングはモノクロの映像一辺倒として
現代の下町を髷姿の半七が走り回る...という演出。とても気に入りま
した。

SKOSHING & SMACCG SYSOP 松田純一

095/512 SDI00116 松田 純一    RE:NHK「新・半七捕物帳」雑感
(15) 97/04/28 07:32 092へのコメント

おお、こごめさんもファンですか(^_^)。心強いなぁ...。

>>主演の真田広之が、私の持つ半七のイメージとはちょっと違うんですが...

そうですね。ちょっと良い男過ぎるような気もしますが、半七も19歳で
初手柄を立て、その後26年間の間、岡っ引きをやっていたというのですか
ら画面から受ける印象は正しく油がのってきた時代...というようなもの
ですかね(^_^)。
半七捕物帳の最初の作品「お文の魂」では半七は、42,3のやせぎすの男で
生地の堅気とみえる町人風であり、色が浅黒く、鼻が高く、芸人か何ぞの
ように表情にも富んだ目を持っている,,,そして細長い顔とあります。
ま、良い意味で男の色気を持っているという風に私は解釈してみましたが
こう見ると主演の真田広之もまずまずという感じもしますがね(笑)。

SKOSHING & SMACCG SYSOP 松田純一

096/512 SDI00116 松田 純一    RE:日曜日と清原トップガン
(15) 97/04/28 19:32 094へのコメント

鵜沢さんへ

あらあら、テニスなんてやってて大丈夫ですかぁ(^_^;)。お互いに
無理は禁物でっせ!
最近はG党はご機嫌でしょうが、お祝いばかりしでビールとタバコ
の量が多くなりませんように(^_^;)。
負けても勝手も量が増えるみたい...(笑)。

SKOSHING SYSOP 松田純一

099/512 SDI00116 松田 純一    RE:おはぎ
(15) 97/04/30 15:57 098へのコメント コメント数:1

有田さん

>>ヤボ用で京都の高台寺付近に行った折り...

いいなぁ...(^_^)。ヤボ用で京都とはこちらからの感覚だとメチャ贅沢みたい(笑)。
二年坂の「かさぎ屋」ですか...? はて(^_^;)。
京都に行くとかならず清水さんから三寧坂、二年坂を通り高台寺を右に見ながら
文の助茶屋を通り過ぎて円山公園、八坂神社に至る道は必ずといってよいほど歩
きます(^_^)。

FMACCG48_02.jpg

※当時の京都三寧坂付近


4月19日と20日は上記のコースの他に、十年ぶりぐらいになりますが桜の終わっ
た(笑)哲学の道の散策と平安神宮奥の庭園をのぞいてきました。デジカメ持って
...(^_^;)。

しかし二年坂の「かさぎ屋」ですか...?(くどいね...私も...笑)
甘い物は大好きですが、連れがいるしなかなか思うような所にはねぇ...。最近は
年寄りと一緒なもんで行動半径が毎回狭くなってきていますが...。

確か二年坂に黒船屋などで有名な竹下夢二の住居跡という家が甘い物屋になって
ましたが、そこかなぁ(^_^;)。そう言えば屋号はほとんど覚えていませんね(笑)。
暗い、狭い店でしたが...。
また行きたくなってしまいました!

SKOSHING SYSOP 松田純一

100/512 SDI00116 松田 純一    いよいよGRAND MUSEE3.0登場間近
(15) 97/04/30 17:18

大変お待たせいたしましたが、マルチメディア画像データベースとして
高い評価をいただいているグラン・ミュゼ(GRAND MUSEE)がv3.0とな
り、早ければ5月中旬以降店頭にならぶと思います(^_^)。
なおすでにバージョンアップのお申込をいただいているお客様にはパッ
ケージをリリース前に順次お申込順に製品を発送させていただく予定で
す。恐れ入りますがもうしばらくお待ちくださいますようお願いいたし
ますm(_ _)m

今回のグラン・ミュゼ(GRAND MUSEE)がv3.0は手前味噌ですがメチャ
便利です(^_^)。使えます。頼りになります。面白いです。楽しいです...。

そのスペックなどについては当会議室#1の「お知らせの部屋」にアップ
し、またデータライブラリの「自社製品評価用ライブラリ」に早速デモ
版も登録しました。
是非お試しください!!!

SKOSHING SYSOP 松田純一

102/512 SDI00116 松田 純一    RE:おはぎ
(15) 97/04/30 22:02 101へのコメント コメント数:1

有田さん

やはり、そうですか...(^_^)。その店なら一度寄ったことがありました
っけ...。しかし餅は食べなかったような気がしますが失敗しましたね
ぇ(笑)。

間食が嫌いでない私でも京都にいくと夕飯を美味しくいただこうとし
て少しは自重しているようです(^_^;)。ま、本音は寄るところもワンパ
ターン化してましてねぇ。
清水を上がったところにある西利では母が決まって千枚漬けを買い、向
いの大きな瀬戸物・陶器のお店である朝日堂の二階で煎茶か抹茶をいた
だく.....その後前回も書きましたが三寧坂を下って行き、右側にある忘我
亭奥にある佐藤勝彦氏の常設展示館に入り、新作を眺めどうしても欲し
い物があったら手に入るものを購入。絵でなければ氏作の皿などもいた
だくこともあります。
たまたまご主人がおられると冷たい物などをご馳走してくださったりす
るので心地よい一時を...(^_^)。
そのまま二年坂を通るのでだいたいが腹が膨れているという理屈。した
がって「かさぎ屋」はほとんど通り過ぎてしまうという有り様なのでし
た(^_^;)。

SKOSHING SYSOP 松田純一

109/512 SDI00116 松田 純一    樹木アニメーション登録
(15) 97/05/04 11:09

データライブラリ#2「MacII用ギャラリー(カラーデータ専用)」に
ElectricImage、TREE PRO4.0、TREE EIAS STORMなどを屈指し
た樹木アニメーションを登録しました。
お楽しみに!
なおQuickTime MPEG extentionがインストールされていないと再生
できませんのでご注意ください。
また敬称は略させていただきました。
以下補足説明よりの抜粋です。
=========================================================
■□□□・・・作品名:Bare_trees
■□□□・・・・作者:鵜沢善久/PXNxxxxxx
■□□□・・・掲載者:同上
■□□□・・制作環境:PowerMac 8500/180
ElectricImage、TREE PRO4.0、TREE EIAS STORM
ASTARTE MPEG Exporter
■□□□・オリジナルデータ:640*480 Resolution 260frame.
約64万ポリゴン RenderTime 21H 5Min 24Sec
■□□□・・転載掲載:不可

【ご注意】
__________________________________
QuickTime MPEG extentionがインストールされていないと再生できません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★性懲りもなくまたTREE PROとTREE EIAS STORMを使って作ってみました。
最近、わが家の周辺は駅のすぐそばということもあって、再開発の真っただ中
にあります。先日も、近所の、古い樹木で覆われたお屋敷がその素晴らしい樹木と
ともにすっかりなくなりました。聞くところによると飲食店のビルが建つそうです。
私の幼友達もみんな代替地にいってしまい、その友達が昔住んでいたところは
得体のしれない宗教団体のビルにとって変わりました。また、自然な地面の起伏を
人工的に平らにして出来た新しい「市道」には、待ってましたとばかりに「市営
駐車場」化(^^;)と相成りました。
================================================================
以上

SKOSHING SYSOP 松田純一

115/512 SDI00116 松田 純一    樹木アニメーション・シリーズ第3弾と4弾
(15) 97/05/04 17:09 コメント数:1

データライブラリ#2に樹木アニメーション・シリーズ第3弾と4弾
がたてつづけにアップされました(^_^)。
作者は鵜沢造園親方こと...鵜沢善久さんです。
なおQuickTime MPEG extensionがインストールされていないと再
生できませんのでご注意ください。

・うちの裏庭.MPEG.sea(樹木アニメーション)
・うちの裏山.MPEG.sea(樹木アニメーション)

SKOSHING SYSOP 松田純一
関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員