トリニティ、Twitter用ソーシャルリスニングサービス「Echoed」発表

トリニティ株式会社は7月11日、設定した任意のキーワードが含まれるツイートを蓄積して抽出・閲覧、また、それらツイートに対する返信やDMといった対応を管理するソーシャルリスニングサービス「Echoed(エコード)」を発表し、100名限定の無料βユーザー版を本日より提供開始する。


サービス開始から7年経ったTwitterは、アクティブユーザー数が2億人を超える大きなマーケットとなった。世界中の人たちが常時、気軽に発言するツイートデータには大きな価値があり、これらをさまざまな形で汲み取り活かすことはとても重要となる。
しかし、日々膨大な数のツイートが流れている中、それらをすべて逃さず常に閲覧していくというのは非常に困難といえる。
Twitter社標準のシステムや一部クライアントでは、トレンドワードを拾ったりキーワードで検索をかけることはできるが、複数のキーワードを保存したり、該当のツイート群を後から確認するということはできなかった。

Echoed(エコード)では、Twitter上で日々流れる自社商品名やサービス名、さらには気になる人物や物事など、さまざまな単語をキーワードとしてあらかじめ登録しておけば、該当のツイートを自動で抽出・閲覧、またそれらツイートに対する返信やリツイートなどの対応が可能になる。

echoed1.jpg


主な機能

・指定したキーワードを含むツイートを自動収集
・キーワードのグループ設定
・CSVファイルによるキーワード一括登録(有料版のみ)
・返信、リツイート、コメント付きリツイート
・お気に入りフラグ
・スパム除外フィルター
・感情判定フィルター
・言語別表示
・サマリーレポート・グラフ化
・日/週/月別ツイート数CSVダウンロード
・返信、DMをスレッド管理する「会話」画面
・複数アカウント管理(有料版のみ)

有料版は今後提供予定

無料βユーザー版について

○申し込み方法
Echoed ( http://echoed.jp/ ) サイト内「お申し込み」から送信フォームに必要事項を記入の上、申し込み可能。

トリニティ株式会社


関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員