Appleの過去は未来よりも面白い?!

Appleの過去は未来よりも面白い?!

AppleやMacintoshに関わる貴重な過去の資料、すなわちコンピュータ本体や周辺機器は勿論のこと、フロッピー媒体のソフトウェアやマニュアルなどなどを良い状態のままで保存保管することは年々難しくなってきました。しかしAppleがiPodやiPhoneといった製品で成功を収め、注目度が高まるにつれ、一般の方々の間にもAppleの歴史や製品の魅力が取りざたされるチャンスが多くなりました。 
当Apple (Mac) テクノロジー研究所にもユニークなカルチャーを作り上げてきたApple一群のテクノロジーやそれらが結集したハード・ソフトに関する問い合わせも多くなっています。

反面、昔からのユーザーには至極当然のことでも進化の激しいコンピュータの世界においてはすでにMacintosh Plusは勿論、Macintosh 128Kをご覧になったことがない方々も増えました。そして黎明期には現在では考えられないほど膨大な種類のソフトウェアや関連製品が存在したことも忘れ去られた感があります…。 
それらの魅力ある様々なアイテムを当研究所自身の防備録の意味も含め、ビジュアルでご紹介するのが当ページの主旨でもあります。Apple 30数年の歴史と魅力を写真や映像でお伝えできたらと思います。 
アイテム数の充実は勿論、順次写真に関連するリンクや情報を加えていく予定ですので、今後もお立ち寄りいただければ幸いです。 

当「Apple 資料室」に掲載するアイテムは、30数年にわたるAppleの歴史から見れば、ほんの点でしかありませんが、ひとつひとつのアイテムを一望に眺めれば小さな面として捉えることができるのではないかと考えます。 
しかし古い製品や資料は単に懐古趣味や骨董品として終わらせるのではなく現在は勿論、次の時代にも生きた情報として活用できたらと念願しています。 
“トレンドな過去” をもっと見直したいものです(^^)。 

Apple (Mac) テクノロジー研究所
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員