FMACCG : 談話室【42】1996年10月8日〜1996年11月5日

第6回目となるプライベートショー「Macintoshの匠たち」を開催。今回も地元の北海道文教短期大学とコラボレーションを実施。しかしMac Fan 編集長とMACLIFE 編集長のお二人に搬出・後片付けまでお手伝いいただくイベントも他になかったのでは...(笑)。
                                                                
FMACCG : 談話室【42】1996年10月8日~1996年11月5日

196/512 SDI00116 松田 純一    Macintoshの匠たち、ライブ録音
(15) 96/10/08 09:23

「Macintoshの匠たち」に関するニュースですが...。
地元の札幌では7月20日から北海道FM・ラジオカロスというFM局が
新しく開局しました。78.1HMzで聞くことができます。
このFM・ラジオカロスが10月25日の当社セミナーを録音取材に来る
ことになりました(^_^)。
セミナーと言っても24日と25日それぞれ多彩なものを企画している
のですが、ライブ録音されるのは25日の14時30分からの「部課長必
見! 今さら人に聞けないインターネットとパソコン用語面白解説」と
16時40分からの最後の企画「インターネットの現在、未来を語るパ
ネルディスカッション」の二つです。
最初の講師はマックのアドバイザー、コレクターとしてそして最近は
テレビでもよくお見かけする立野康一さんです(^_^)。

FMACCG42_03.jpg

※立野康一さんによる抱腹絶倒セミナー


二つ目の企画はMac Fan, Mac Fan BeginnersそしてMac Fan inter-
net誌の編集長、滝口直樹さんが司会をしてくださいます。

またラジオカロスは月~金21:00から15分間の番組「デジタル札幌」
という番組で札幌支店の渡邊ルリが出演し今週収録、来週放送になると
いう予定もあります。
地元の方は是非お聞きいただければ幸いです。

SMACCG SYSOP 松田 純一

197/512 SDI00116 松田 純一    行った人、いらっしゃいますか?
(15) 96/10/08 22:01 コメント数:3

すでにテレビや新聞で取り上げられていますが、いま東京の新宿はすさまじい
デパート戦争に突入しています(^_^;)。
その火付け役が10月4日にオープンした高島屋ですが、新宿にある三越、伊勢
丹、小田急、ルミネなどがいっせいに広告合戦をしています。まあそれはいい
のですが...問題は新宿駅を通勤時に使う私らには迷惑な話です。それでなくて
も混雑している新宿ですから、帰りの時間帯も2割は人が多くなった感じ。

そして事は新宿だけでは済まないらしく、池袋や渋谷にまで大きな影響を与え
ているということです。しかし新しいものにお客さんはよく飛びつくもんです
ねぇ(^_^;)。

一日も早く、新宿駅が空いて欲しいと思うのは私だけではないはずですが(笑)。

SMACCG SYSOP 松田純一

199/512 SDI00116 松田 純一    RE:行った人、いらっしゃいますか?
(15) 96/10/09 07:15 198へのコメント

そごうが混んでいるのは、ジャイアンツ優勝記念をやっている
からでしょう! 私の自宅のすぐそこにある川口店も普段は無惨
な客足ですが(^_^;)あれからかなり混んでいるようです。

今朝、新宿駅を通ってきましたがMYLOAD(ミロードっていうらし
い...)の広告が出ていてその中に「祝・高島屋開店」とありまし
た。
何だかその昔、IBMのPCが参入した時に出したAppleのCMを思い出
してしまいました(^_^;)。

SMACCG SYSOP 松田純一

201/512 SDI00116 松田 純一    RE:Re.行った人、いらっしゃいますか?
(15) 96/10/09 13:09 200へのコメント コメント数:1

石神さん、こんにちは(^_^)

>>その案内に「エバンジェリズム」という部署を見つけましたが...

ええ...この部署はこれまでにもありましたので新設というものでは
ありません。マーケティング部門の中のデベロッパー向けに活動する
動的な広報みたいな部署とでも言えばいいのでしょうか(^_^;)。
もともとご承知のようにアップル(米国)にはガイ・カワサキさんのよ
うにエバンジェリトというタイトルで新技術などをデベロッパに紹介
し、いち早く対応のソフトウェアなどを開発させて市場の活性化を
図ってきた歴史があります。
新体制になり、特にデベロッパーの存在が重要だという発言をあちら
こちらでアップルもしていますが、このエバンジェリズムの部署は現
実的に私達デベロッパーとアップルの窓口となっています。

今月24日から2日間、札幌で開催する当社のイベントにもアップルの
エバンジェリストであります上田さんという方に来ていただきCyber
DogとOpenDocというタイトルでセミナーをやっていただくことになっ
ています(^_^)。

>>11月からアップルの本社も新宿の初台に移転するようで...

初台は私共からだと都営新宿線(地下鉄)で三つ目なので近くなりま
す。

FMACCG42_12.jpg

※この時期からアップルジャパン本社は初台の東京オペラシティタワーに移転した


SMACCG SYSOP 松田純一

215/512 SDI00116 松田 純一    イベントに関わるニュース二題
(15) 96/10/14 21:45 コメント数:1

すでに「お知らせの部屋」やこの談話室で話をふらせてもらってます
が(^_^)、当社札幌支店主催のイベント「Macintoshの匠たち」がいよ
いよ来週24日から二日間始まります。

DMの発送や地下鉄駅へのポスターなど準備も佳境にはいりましたが
このイベントに関連し今日は二つのニュースをお知らせします。

1)札幌地元局・FMラジオカロスに当社の渡邊ルリが出演!!
今週月曜日(本日)から金曜日までの一週間、毎日午後9時から15分
間「デジタル札幌」という番組に札幌支店の渡邊が出演します。
FMラジオカロスは今年の7月20日に開局したばかりの新しいFM局
ですが、78.1MHzでお聞きになれます。ただし残念ながら地元の
方たちしかお耳に入りませんが...(^_^;)。
たぶん渡邊はこの一週間「Macintoshの匠たち」という言葉を選挙
演説のように連呼しているに違いありません?(笑)。

2)こちらは全国的なニュースです(笑)。
10月15日発売のMac Fan誌、284~285ページを是非ご覧になって
ください(^_^)。
「Macintoshの匠たち」のジョイントする北海道文教短期大学及び
このステーションでもお馴染みの曽我先生や学生さんたちの事など
がバッチシ!紹介されています。
私と鵜沢さんとで過日、学生さんたちに集中講義最終日としてインタ
ーネットおよびHTML講座をするために学校に伺いましたが、その時
の様子などもしっかりと紹介いただきました(^_^)。

現在この「Macintoshの匠たち」の紹介や北海道文教短期大学・生活文化
学科・情報文化コースの学生さんたちによるWebページ作成の成果は当社
のホームページからご覧いただけます。
是非まだの方は一度ご覧いただければ幸いです。そして札幌近郊の方はと
もかく10月24日と25日の両日、札幌駅前のアスティ45の4階で開催され
るこのイベントにご来場くださいますようご案内いたします。

FMACCG42_00.jpg

※札幌駅前のアスティ45ビル


アップルコンピュータ社のエバンジェリスト、上田史之さんやお馴染みの
立野康一さん、有田一彦さん、鵜沢善之さん、菅原恵利子さん、曽我聰起
さん、そしてMac Fan編集長の滝口直樹さんらにも会えますよぉ(^_^)。

SMACCG SYSOP 松田純一

232/512 SDI00116 松田 純一    RE:Macintoshの匠たち・学生近況
(15) 96/10/16 22:39 230へのコメント

学生さんたち、がんばってますか(^_^)。嬉しいですねぇ。
とにかく新しいものでも何でも吸収してしまう柔軟な頭脳は
羨ましい限りですね(笑)。

私達も来週24日からの「Macintoshの匠たち」...学生さん達
に負けないようにがんばらなくては...(^_^;)。

>>当日アスティにお越しいただけない方は...

そうかぁ大学祭なんですね。
チョット覗いてみたいような気持ちであります(笑)。

SMACCG SYSOP 松田純一

243/512 SDI00116 松田 純一    RE:「神の刻印」これまたグラハム・ハンコック著
(15) 96/10/18 22:31 237へのコメント コメント数:1

松本さん

退院おめでとうございます。...とは言えご無理はなさらないようにして
ください(^_^)。

>>モーゼの十戎には、ネタがある、ということです。

そのようですね。どうも「太陽の下に新しきものなし」というのが真理
のようですが(笑)、洪水伝説などを見ても世界の広範囲にそうした情報
が伝達しているのが事実のようですね。

>>旧約聖書には多分、神が、われわれ(ここではつまり神の複数形)...

これは一時期随分とあれやこれや言われたものですが、創世記に次のよ
うな記述が確かにあります。
『そして神は、「われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造
ろう。そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地を
はうすべてのものを支配させよう。」と仰せられた。』

英語だと...
『Then God said, "Let Us make man in Our image, according to
Our likeness; let them have dominion over the fish of the sea,
over the birds of the air, and over the cattle, over all the earth
and over every creeping thing that creeps on the earth."』

明らかに神は複数として記述されています(^_^;)。

>>デビルというのは、もとは神々という意味なんだそうです...

私もこういう事には興味がありますので結構楽しんで勉強しております
が...(ホトンカヨ)、この辺のインスピレーションは下手な関連書を読むより既
にご承知かと思いますがエマヌエル・スウェーデンボルグの著作が面白
いです。
デビルは始めは天使で...そして反乱を起こし一掃されて地獄ができた...だ
なんて一般的に言われていますが彼によれば、はじめから天使としてつく
られた天使は一人もいないと同時に地獄にも、光の天使としてつくられな
がら、堕落して悪魔になった者などもいないとのことです(^_^;)。
10年前くらいからスウェーデンボルグの著作をいくつか集めていますが
当時の時代(18世紀)の最先端の科学者の言葉には何か大きな説得力がある
と思いますし、近年になり彼はノーベル賞を受賞した科学者たちにも再評
価されています。

>>ファティマの奇跡というのは考えれば考える程、実に不思議な話です。

私がファティマというのを知ったのは五島勉(でしたっけ)の一連の著作か
らですが、確か1917年の5月にマリアが出現したというあれですね。
そのいくつかの啓示の最後には人類滅亡の様子が書かれているとかでその
秘密を当時のローマ法王が見て卒倒したとか...という話は記憶に残ってい
ますが、この地は今でも多くの巡礼者が集まるそうです。

>>もう一つ、奇跡の主人公がキリストではなくて、聖母マリアだ、という
>>のも実に奇妙です。

亡くなった遠藤周作ではないですが、私もイエス・キリストやマリア信仰
の裏には旧約の怒りまくるだけの父なる神よりも、マリア様のようなどんな
に悪いことをしても最後には許してくれる優しい母のような神を私達は求め
たからだとも思います。
私の本棚の上には10代の時に自分で彫った観音像のとなりにマリア像もあ
ります(笑)。和洋折衷というよりもうメチャクチャです(^_^;)。

SMACCG SYSOP 松田純一

252/512 SDI00116 松田 純一    RE:「神の刻印」これまたグラハム・ハンコック著
(15) 96/10/20 11:04 248へのコメント

松本さん、かなりお歩きになったりしているようですが大丈夫何ですか?
歩いた方が治りが早いということも聞いたことがありますが、無理をな
さらないようにしてください。
私は幸いに頭や顔を数針縫った程度しか外科的経験がないのですが入院
経験がある友人や父親などにの話だと、最近は松本さんが言われたように
術後すぐに自分で歩かされるそうですね(^_^;)。

ところで...

>>その地での仏教伝搬以前の地母神の影響が観音像には見受けられるよ
>>うです。

確かに手元の資料を眺めてみると観音信仰の起源はイランの光明信仰、
インドのシバ神やビシュヌ神の説話と深い関係があるという説もあるよ
うですね。
観音は法華経よりも古い無量寿という経には阿弥陀如来の脇侍として取
り上げられているそうですが、やはり恐そうな阿弥陀さんにお願いする
には我々凡夫は少々気後れするけど(^_^;)、その隣にいる観音さんだった
ら多少のことは大目に見てくれるような...(笑)という感じなんでしょう
か。
確か観音を正確にいうと観世音菩薩とか観自在菩薩でしたね。中国にお
いて観世音という訳だったのが、あの玄奘訳から観自在になったという
ことを記憶しています。

>>観音菩薩を女性とみるか男性と見るかで違ってきますが...

やはり自分が男だからということもあるんでしょうが、観音とか菩薩と
いう像には母なるものを求めているのかも知れません(^_^;)。
私が京都に行く目的の多くは仏像に会いにいくことでして...(^_^;)、贔屓
の仏(ぶつ)がいくつかあるんですよ(笑)。
それはともかく京都の三十三間堂に並んでいるお馴染みの観音二十八部
衆をじっくり見ていくと、ヒンドゥー教などに対する人間の信仰と想像
力が次第に変化しこうした形(像)になったパワーをひしひしと感じます。

SMACCG SYSOP 松田純一

258/512 SDI00116 松田 純一    RE:「神の刻印」これまたグラハム・ハンコック著
(15) 96/10/21 10:58 255へのコメント

松本さん

>>》仏像を理解する手段として、
>>ではなくて 仏教を理解する手段として、です、はい。

なるほど、なるほど(^_^;)。
仏教より仏像の方が好きなので話題をそちらにしてしまい
ました。失礼しました(^_^;)。

SMACCG SYSOP 松田純一

271/512 SDI00116 松田 純一    Macintoshの匠たち無事に終了!
(15) 96/10/25 22:38 コメント数:1

二日間のMacintoshの匠たちも無事、さきほどお開きになり札幌駅
すぐそばのホテル・モントレ札幌でこれまた楽しく皆さんと打ち上
げをして部屋に戻ったところです。

FMACCG42_06.jpg

※札幌駅近くにあるホテル・モントレ札幌


ご協力いただきました皆さんにホント感謝いたします(^_^)。

アップルの上田さん、鵜沢さん、有田さん、菅原さん、立野さん、
そして文教短期大学の曽我先生と学生さんたち!

FMACCG42_01.jpg

※アップルジャパンの上田さんによるセミナー


FMACCG42_04.jpg

※学生さんたちの発表


FMACCG42_07.jpg

※展示会場風景


さらにMac Fanなどの編集長の滝口さんと永島さん、MACLIFEの編
集長、木藤さんと上条さん、デザイナーの八木さん、MOSA事務局
の菅野さん...そしてそして会場に来てくださった沢山の方たちに御礼
を申し上げます。
考えてみると、Mac FanとMACLIFE誌の両編集長が搬出のための荷
造りをお手伝いくださるイベントなんて私共のところだけではないか
と思います(^_^;)。スゲ~人使いの荒い会社のようですが、ほんとあ
りがとうございました。

詳しい様子などはまた別途お知らせしたいと思いますが、大きなトラ
ブルもなく和気藹々の内にイベントを終了できたことを本当に嬉しく
思います(^_^)。

まずは取り急ぎお知らせまで.....。

コーシングラフィックシステムズ
松田純一

274/512 SDI00116 松田 純一    RE:Macintoshの匠たち無事に終了!
(15) 96/10/27 09:11 272へのコメント

夢姫さん

>>オフの土曜日は札幌味覚ツアーかな? ちょっと羨ましい~

いやあ、大変な土曜日でして(^_^;)、小樽が初めてというお客様もいるので
相変わらず私はそちら方面のツアーコンをやらしていただきましたが...。

FMACCG42_11.jpg

※ミゾレが降り出した小樽運河


かなりの雨が降っていたのはともかく、まずは風がやたらに強いのです。南
小樽駅で買った傘があっというまにオチョコになってしまうほどでした(^_^;)。
二つ目は、これまたやたら寒く、傘を持つ手がかじかむ程で完全防備をして
いたわけではないのでブルブルでした(笑)。
で、その寒さの中...小樽の地ビールを飲みにいこうというのですから..(^_^)。

寒いので空いているだろうと思ったのは大いに間違いでして、かなり待たさ
れました。皆外が寒いので建物の中に入りたくなるのかも知れません。

FMACCG42_09.jpg

※地ビール製造設備の一郭


しかし、ここでもまた普段は見られない光景...Mac Fanの滝口編集長とMAC
LIFEの木藤編集長が立野さんたちと共に一緒にヨタ話(^_^;)をしながら歩い
ているのですから面白いでしょう!?
しかし楽しい一時でした(^_^)。

さあ、今日は東京へ帰らなくては...。

SMACCG SYSOP 松田純一

279/512 SDI00116 松田 純一    Macintoshの匠たちリポート
(15) 96/10/28 12:51

10月24日と25日の両日、お陰様にて「第6回Macintoshの匠たち」
プライベートイベントは無事に終了いたしました。
二日間共にセミナー時間にあわせてご来場いただくお客様が目立ちま
したが、今年は特に年輩のお客様も多いのが特徴のようでした。
「リタイヤする前にマックを勉強したい」から「孫がマックを使って
いるので好かれるおばあちゃんになりたいから...」などという微笑ま
しいことを言われる方もいらっしゃいました(^_^)。
また「以前にトラブルがあった時、アップルの対応がとても悪かった
のでMacintoshを売ってしまったが、再度挑戦してみようかと思っ
て...」というような若い男性のお客様もおりました(^_^;)。
アップルさん...しっかり頼みますよ!!

FMACCG42_10.jpg

※インターネットについてのパネルディスカッション参加者の方々。向かって右はMac Fan編集長(当時)の滝口さん


初日はまあまあの天気でしたが二日目は生憎、雨模様の天気。それで
も熱心なお客様で会場は熱気に包まれました。
特にアップルコンピュータの上田史之さんによるCyberDogとOpenDoc
のセミナーも熱心なお客様が多かったようです。そして立野康一さん
のセミナーとMacFan編集長の滝口直樹さん司会のインターネットに
ついてのパネルディスカッションは地元のFM局の録音もあり盛り上が
りました(^_^)。
手前味噌ですが短い時間ながら、インターネットに関してのパネルデ
ィスカッションは内容や進行を含めテーマもかなり多義にわたりまし
たがまとまりのよい、分かりやすいものになったと思います。
そしてやはり異様な(笑)熱気に包まれたのは50名もの北海道文教短期
大学女子学生たちが参加した時です。熱心な学生とコメンテーターの
皆さんとのやりとりは大変有意義なものだったと思います。

25日だけでしたが、立野さんに「Macintosh何でも相談コーナー」を
お願いしたのですが立野さんをお目当てに来場される方もいて、立野
さんも説明に大わらわでした。

コーナーと言えば、北海道文教短期大学のコーナーでは自分たちが作っ
たホームページをお客様に説明をしながら一日に二回、会場の様子を
ビデオからキャプチャーしホームページにアップロードしました。
すでにご覧いただいた方もいるかも知れませんね(^_^)。

つづく...と思う

SMACCG SYSOP 松田純一

287/512 SDI00116 松田 純一    RE:KRUGの値段
(15) 96/10/29 13:16 286へのコメント

え~データライブラリ#7にこの24日と25日に開催した「第6回Macintosh
の匠たち」の様子をキューティアルバム化してアップロードしました。
どうぞご覧ください(^_^)。
詳細は「はじめにお読みください」に書いてありますがソニーのデジタ
ルビデオカメラPC-7で撮影したものをキューティジョイ2.0でキャプチャ
し、キューティアルバム2.0でオーサリングしました。
容量の関係ですべてのシーンを収録することができませんが、他社のイ
ベントなどと雰囲気が違う点を感じていただければ幸いです(笑)。とは
言ってもイベントとは関係ないシーンも多々入っていますが(^_^;)。

SMACCG SYSOP 松田純一

288/512 SDI00116 松田 純一    街での一風景
(15) 96/10/29 17:17 コメント数:3

最近、遭遇した面白いこと(^_^;)。
たまたま、自宅付近のファーストフードの店を利用することがあり
ますが高校生のアルバイトなのでしょう...ルーズソックスをはいた
可愛い女の子が面白いんですな(^_^)。
何が面白いとかと言うと完全マニュアル店員と化していることです。
例えば店に入るとこんな会話になりますよねぇ...

「いらっしゃいませ、こんにちは」
「このAセットをください」
「Aセットをおひとつですね」
「はい」
「お飲物は何にしましょうか」
「コーラーでお願いします」
「コーラーをおひとつ...」
「ええ..」
「店内でお召し上がりですか」
「はい」
「ありがとうございます。Aセットプリーズ!」
「お会計を先にお願いいたします」
「.....」
「10,000円からですね」
「はい」
「店長! 10,000円入ります!!!」

書くのも大変ですが会話がなかなか面倒なのです。なぜなら店員さん
は私の返事をひとつひとつ確認しないと次のステップにいかないので
す(^_^;)。
返事が曖昧だと、じ~っとこちらの目を見つめるんです(^_^)。可愛い
まん丸い瞳で「じ~っ」と(笑)。
ハンバーガーひとつ買うのに面倒ですから、私も次にいく時に作戦を
練り(笑)、会話にならないように全部データを一度に言ってしまうこ
とを考えました。

「いらっしゃいませ、こんにちは」
「このAセットをひとつ、飲み物はコーラーでお願いします。それか
ら店内で食べますので...10,000円からお願いしますね」と(笑)。

しかしその女の子の対応は見事に私の想像を超えていました(^_^;)。
上のように全部言ったのにも関わらず「Aセットがお一つでね」と確
認したきり、私の返事を待っているのです(う~ん...もうっ)。仕方が
ないので「はいっ」というと「お飲物はコーラーでよろしいですか」
ときやがった(笑)。コーラーがいいと言ったのにぃ...。
ちょっとムッとしてうなずくと「店内でお召し上がりですね」と、私
の作戦は何にも役にたたなかったのであります。
それがまあ、可愛い顔でぬけぬけと、そして明るく言うのですから完
全に私は負けてしまいました(^_^;)。

SMACCG SYSOP 松田純一

295/512 SDI00116 松田 純一    RE:街での一風景
(15) 96/10/30 09:24 294へのコメント コメント数:1

Neonさん

そうなんですよねぇ...。機転、融通が聞かないと一言で言ってしまう
けど、一日何十人...百数十人に同じ事やっていたら能率悪いですよね。
ひとつには臨機応変な対応ができないということは、その仕事に対して
も興味を持つとか、ましてや良い機会だから勉強させてもらおう...と
いう積極的な気持ちがないのでしょうか(^_^;)。
お店の方も、そういうアルバイトだから下手な機転を利かして大失敗
させるより効率は落ちてもマニュアル第一主義を徹底しているのかも
知れませんね。

これまた千駄ヶ谷のあるファーストフードの店ですが、こちらが注文
するとその若い男はレジに顔が着くほど近づけて打つんです。結局強い
近視のようですが、いちいち伝票とレジに顔をくっつけながら作業する
様は能率は悪いし、第一印象がメチャ悪いですよね。
こんなスタッフになぜ「おまえ、眼鏡かけて仕事しろ」の一言が言えな
いのかと情けなくなりました(^_^;)。
能率が悪いのでレジにはず~っと人が並んでしまっているのですもの。

SMACCG SYSOP 松田純一

297/512 SDI00116 松田 純一    RE:街での一風景
(15) 96/10/30 10:47 296へのコメント コメント数:1

HALさん

>>あ、は、は、は、は、は、は~~
>>松田さんもやることが凄いなぁ、と感心したのですが。

いやいや...(笑)。

私もやな客として嫌われたくないのですが、特に可愛い子には(笑)。しかし最近
特にこうしたやりとりで気になることが多いと思いませんか(^_^;)。
そのひとつに代金を払うと「○○円お預かりいたします」というやつ...。
おかしいのはおつりが無い場合にも「○○円お預かりいたします」という店員さ
んが多いんですよ。これは「...円丁度いただきました」とかなんとか言うべきだ
と思いますが「...お預かりいたします」では後で返してくれるみたいですよね(笑)。

随分と以前にASCII誌に出ていたのですが、編集部の十数人の残業のため近くの
ハンバーガー店に夜食などの買い出しに行ったそうです。
確か買い出しは二人だったかな...
ハンバーガー数十個、飲み物数十個、ポテト...ととにかく大量な注文をした後で
店員さんはこともなげに「店内でお召し上がりですか?」とぬけぬけと言ったと
いいます(^_^;)。
また真偽のほどは分かりませんが、ある人が急に便意を催し近くのハンバーガー
店にかけ込み「...トイレをお借りしたいのですが...」と聞いたら「大でしょうか...
小でしょうか...」と聞かれたという話も聞いたことがあります(爆笑)。
こうした話が本当のように思えるほど、何だか日常会話がメチャメチャなような
気がするんですがねぇ(^_^;)。

SMACCG SYSOP 松田純一

300/512 SDI00116 松田 純一    RE:街での一風景
(15) 96/10/31 17:03 298へのコメント コメント数:1

藤本さん

>>でもどーせ全部同じ焼き方をするくせにミディアムだとかレアだとか
>>ファミレスで聞かれるのは腹が立つけど(ほんとに同じなんだから)。

(笑)...
私がファミリーレストランで腹が立つのは「お飲物は食後になさいます
か...一緒にお持ちしますか」と聞いておいて、頼んだとおりに持って
きたためしがないということです(^_^;)。
合理的なシステムとしてマニュアルがあるのは当然でしょうが、滑稽な
のは困ったものですね。

SMACCG SYSOP 松田純一

309/512 SDI00116 松田 純一    RE:街での一風景
(15) 96/11/02 15:14 306へのコメント

松本さん

私も高校生の時、三年間同じおもちゃ屋の店員のアルバイトをしていま
したから、店員側の心理や不安もよく分かります(^_^;)。
この時の最大の不安は商品知識のない所以でしたが、ファーストフード
のお店はそうそう商品の説明などは必要ないようですし、マニュアル化
は良い意味でお店の均一のサービスを印象づけるものであるべきなんで
しょうね。
忙しい昨今、どのようなお店の店員さんとの間にも"心の交流"だなんて
ことを言い出すのは野暮・時代錯誤なのでしょうが、松本さんが言われ
た昔のパソコンショップのいくつかは、ご指摘のような一体感がありま
したね。

ま、想像を絶する店員もいれば...これまた想像を絶するお客もいるの
ですからバランスは取れているのかも(笑)。

SMACCG SYSOP 松田純一

310/512 SDI00116 松田 純一    RE:複雑系
(15) 96/11/02 15:27 305へのコメント コメント数:3

>>週刊ダイヤモンドに出ていたんで...

そうですか(^_^)、買ってみましょうっと...。

複雑系の例の本を読んでの一番の印象は、複雑系の研究課程に
おいて、これまでにはなかった例えば経済学と量子論等など...
「他業種・他分野の交流が図れる」のではないかと感じました
ね。
これまでの学者の研究という物は、どんな分野でも近代になれ
ばなるほど細分化し、自分たちの回りのことしか分からないよ
うになってきたようですから...(^_^;)。

SMACCG SYSOP 松田純一

314/512 SDI00116 松田 純一    RE:1996年匠たちアルバム
(15) 96/11/03 11:34 313へのコメント コメント数:1

曽我先生

ラジオカロスですが、放送日を予めお知らせいただけるはずでした
が...なかったですよね(^_^;)。困ったもんですね...。

>>アルバム中の3D風ロゴは、Photoshopのプラグインか何かを...

これはフォーチュンヒル(株)で扱っているワイルドリバーSSK 2.0J
というPhotoshopのプラグインです。実売が1万円以下のもので既に
札幌の渡邊には知らせてあります(^_^)。
なかなか味のある効果を出せますね...。

>>アルバムのデータをプリンター出力するボタンのようなものを付加...

アプリ化したアルバムから印刷できたら...ということですか(^_^;)。
プリンタドライバーにデータを渡すことができるとしても、私の作っ
たアルバム程度の印刷はピットマップ化されたデータ、それもファイ
ル容量を軽減するためにJPEG圧縮しているデータを1対1で印刷した
のでは見るに耐えない結果となってしまいます(^_^;)。
勿論これは誤解のないように念押ししておきますが(笑)キューティアル
バムだから...という事ではなくマックとプリンタとの関係一般に言える
ことですが...。
ただし例えば640×480ピクセルでアルバムを作り、それを1/4の大き
さに縮小印刷(320×240)にすれば、ま何とか使えるかな...という程度
にはなります。しかし当然のことですがソースの画像がはじめから質の
悪いデジカメなどで撮ったものなら言うまでもないですが(笑)。

私もたまにキューティアルバムのレイアウト時に特定のデータを三菱
のデジタルカラープリンタ(昇華転写型 CP-GZ1)...ハガキサイズのやつ
ですが...で印刷することがありますが、目的にもよるのでしょうが記念
としてさしあげるという目的としては実用レベルではないですね(^_^;)。
(ちなみにキューティアルバム2.0はアルバムを作る課程のレイアウトし
ている時には「画面プリント」という印刷機能が使えます)

来週の札幌出張の際には出力サンプルを持参しましょう!!<--私信モード

SMACCG SYSOP 松田純一

319/512 SDI00116 松田 純一    RE:複雑系 (15)
96/11/03 20:32 315へのコメント コメント数:1

松本さん
>>私は、ダイヤモンドに載ったステップ倒産の記事を、入院中に買
>>そこなってしまいました。また再起を図るようですけど○テナは
>>手を引いたんでしょうか?

新聞やネットワークからの情報を見た限りではそのようですね。
またこの数日新聞や業界をにぎわしている売上高第二位だったソフト
ウェアジャパン社をカテナが救済合併するのもご破算になり、ソフト
ウェアジャパン社の営業権をカテナが買う...ということになったよう
です。
日本経済新聞の記事を見る限りは債務をカテナが引き継ぐという事
ではないようですから、その通りなら業界に対する影響は小さくな
いと思います(^_^;)。
ただまだまだ流動的のような気がしますが...。

SMACCG SYSOP 松田純一

327/512 SDI00116 松田 純一    RE:RE^2:街での一風景
(15) 96/11/05 07:25 323へのコメント

鴎七号さん

>>先の発言で松田様が仰っていたのと、殆ど同じ台詞が出てきます(^_^;)

そうですか!(^_^;)。そりゃあ何とか探してみたいですね!!!
ありがとうございました。

SMACCG SYSOP 松田純一
関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員