Apple、一日中使えるほどのバッテリーをMacBook Airに搭載

Appleは2013年6月11日、WWDCにおいて一日中使えるほどのバッテリー駆動時間、より高速なグラフィックス性能を持つ第4世代のIntel Coreプロセッサ、802.11ac Wi-Fiおよび前世代よりも最大45パーセント高速なフラッシュストレージを備えた新しいMacBook Airを発表。


この日常で使う究極のノートブックは11インチモデルでストレージ容量が2倍となり、さらに高い価値をもたらす。また、Appleは同日、完全に再設計されて従来より最大3倍も高速になった、802.11ac Wi-Fiを搭載したAirMac ExtremeおよびAirMac Time Capsuleベースステーションも発表した。

この新しいMacBook Airは、省電力性に優れた第4世代のIntel Core i5とCore i7プロセッサを特長とし、13インチMacBook Airで最長12時間ものバッテリー駆動、iTunesでは最長10時間もの動画の再生を実現。11インチMacBook Airではバッテリー駆動は最長9時間となり、iTunesによる動画の再生は最長8時間。MacBook Airは次世代の802.11ac Wi-Fiを新たにサポートし、802.11acベースステーションに接続した場合のワイヤレス性能は従来の最大3倍に達する。新登場のIntel HD Graphics 5000により、MacBook Airはゲームやグラフィックス性能を要求するアプリケーションで従来よりも最大40パーセントも処理能力が高まる。また、新しいフラッシュストレージは前世代より最大45パーセント、従来のハードディスクとの比較なら9倍も高速。

この驚くほどに薄くて軽いボディには、デュアルマイクロフォン、FaceTime HDカメラ、高速なThunderboltポート1基、そしてUSB 3.0ポート2基を装備。MacBook Airはまた本体のディスプレイで標準解像度をフルに表示しながら、同時に外部ディスプレイを使った、デュアルディスプレイとビデオミラーリングにも対応している。

Apple Press Info
関連記事
メイン広告
ネットショップ先行販売
ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
WATCH 講座
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員