ILIFE V3s Pro ロボット掃除機初体験のファーストインプレッション

生涯で初めてのロボット掃除機を買った。ILIFE V3s Proという安価な製品だが、いろいろなレビューを集めた結果なかなかの評価だったこととペットの毛にも強いという評判もあってこれにした。パソコンやデジタルデバイスをいち早く使いこなしてきたと自負しているのにこの種の家電を取り入れるのには慎重派なのだ(笑)。


ロボット掃除機といえばルンバが知られ高い評価を受けているそうだが、未知の製品にしては高価なところがいまいち踏み込めないでいた。
掃除など、それこそ掃除機を持ち出してやれば狭い家だ、ものの10分もしないうちに綺麗になるというのは理屈だが、足腰に支障が出ている近年、そんなことも面倒に思えてきた。

ILIFE_01.jpg

※ILIFE V3s Pro ロボット掃除機のパッケージ


それに我が家には愛犬がいる。見た目よりはずっと抜け毛が少ないがそれでも掃除している側から丸まったり数本束になったものが落ちていく。その為にとハンディ掃除機なるものも買ってはみたが、これまた使いやすい製品とは到底思えない代物で埃をかぶっている。

ILIFE_04.jpg

※本体以外の同梱品


というわけで人生初のロボット掃除機「ILIFE V3s Pro」を買ってみた。
繰り返すが我が家で目立つのは愛犬の抜け毛である。その点この「ILIFE V3s Pro 」はペットがいる家庭のために設計されたという。
まあ塵や埃にもよるだろうが抜け毛は普通軽いものだから吸引力もそんなに必要ないと思う。しかし反面、掃除機のローラーやらに巻き込んだりと案外厄介なものなのだ。
その点も心配したが、ペット対策を謳っているからにはそうした対策もされているのかと期待した次第。

ILIFE_05.jpg

※ILIFE V3s Pro ロボット掃除機


なお基本スペックはなかなか大したものだ。概要を列記してみると…

・自動掃除、自動充電、自衝突防止・落下防止センサー、予約機能。
・強力な吸引力と排気量で、ペットの毛やホコリを効率的に清掃できる。
・薄く丸型のデザインで家具の下に隠れたゴミも掃除でき、壁沿いにロボット掃除機を動かすことができるため部屋の四隅の清掃にもしっかり対応。
・簡単に操作可能。“clean”ボタンを押すだけで、簡単に起動させることができる。
・減衰無しの長時間持ちバッテリーによって、最大120分間の連続使用ができる。

といった具合。
さて、届いた「ILIFE V3s Pro」のパッケージはなかなかそそられるデザインだし配送用の外装パッケージもなかなかにお洒落ではないか。
同梱されてるものは本体の他、リモコン(乾電池付属)、充電台、ACアダプター、クリーニングブラシ、サイドブラシ2本(予備)、HEPAフィルター2個(予備)そして取扱説明書だ。
なお取扱説明書は日本語ページがあり、一部和文に難もあるが、このクラスの取説としてはよく出来ている。

「ILIFE V3s Pro」本体は円形でカラーはホワイト。直径は約306mm、高さが約76mmそして重さは約2.05kgで、この種の製品としては少し小ぶりなようである。
なお内蔵のリチウム電池(2600mAh)は充電に約4時間40分必要で、フル充電時の連続使用時間は約2時間だという。

パッケージを開けて最初にやることは本体のフル充電だ。
この充電には2つの方法がある。ひとつは「ILIFE V3s Pro」本体に挿したACアダプターをコンセントに挿す方法、2つ目は付属の充電台にACアダプターを接続し、「ILIFE V3s Pro」本体をの上に乗せて充電する方法だ。
充電するだけならどちらでも良いが、本製品はバッテリーが少なくなると自動的に充電台に戻り自動で充電を開始する機能を持っている。したがって充電台を活用すべきだが、この充電台の設置環境を満たす場所が狭いマンションの我が家では難しいことがわかった。

ILIFE_06.jpg

※充電中


それは充電台の両端1メートル、前面2メートルの空間に障害物がない場所が必要だとされていることだ。こうしたスペースを常設しなくてはならないのは少々きついが、いろいろと試しながら「ILIFE V3s Pro」のホームポジションを定めていこうと考えている。
まあまあそれ以前に自慢ではないが、我が家はこうしたロボット掃除機にとって動きやすい環境ではないことだ。狭いことはともかく物が多いからそれらは「ILIFE V3s Pro」にとってすべて即障害物となるし場所によってはコード類やケーブルもあるなど理想にはほど遠い。

早速取扱説明書に従って「ILIFE V3s Pro」をフル充電してからフローリングのダイニングと和室(畳)を掃除してみた。
いやはやこれは思っていた以上に働き者のようだ。多少の高低差やフローリングに敷いてある絨毯やマット程度なら問題なく行き来し掃除をしてくれるし、障害物にバンバーがぶつかればスマートに回避して別方向に回り込む。
本来ならリモコンを使って動きもコントロールできるわけだが、今回は初めてなので自動で10数分動かしてみた。
面白かったのは愛犬が吠えかかって追っかけたり怖がったりすることだが、2部屋の掃除が終わってダストボックスを確認したら、おやまあ…すでに犬の毛で一杯となっていた。

ILIFE_07.jpg

ILIFE_08.jpg

※フロントの蓋を開けると中央にダストボックスがある(上)。ダストボックスの中は愛犬の抜け毛で一杯だった(下)


今回は初期不良の有無を確認する程度しか動かさなかったが、本格的な利用を重ねてから別途感想をお知らせしたいと思っている。
ともあれ購入した当日の感想をぶっちゃけていえば「よい買い物をした」予感(笑)。





安価な左右独立型 LAMAYA Bluetoothワイヤレスイヤホン紹介

安物買いの何とか…になる可能性大とはいえ、安価だからこそ試してみようという気にもなる。ということで今回は左右独立型Bluetoothワイヤレスイヤホンの2機種目としてLAMAYA Bluetoothイヤホン(ゴールドカラー)を手に入れてみた。


先般購入した「HD10」だが調子の良いときと悪いときの差が大きくなっている。例えば片チャンネルが切れるといったことは珍しくないがその対処も大方分かってきたもののあれこれと試している時間や気力があるときばかりではない。しかしこの左右独立型のワイヤレスイヤホンで慣れてしまうとBluetoothにしてもユニット間にケーブルがあるのは鬱陶しい。

ということで今度は「LAMAYA Bluetoothワイヤレスイヤホン」という製品を買ってみた。
同じく左右独立型だがその仕様はかなり違う。まあ仕様といってもこの種のものはメーカー名が違ったところでユニットそのものは同じもの…といったケースも多々見かけられるが、製品の取り組み方が違うのに惹かれて買ってみた。

ALAMAYA_05.jpg

※LAMAYA Bluetoothワイヤレスイヤホン(ゴールド)装着例


製品そのもののデザインは長さが100mmほど、直径20mmの口紅のようなデザインをしている。ただしその両端はイヤフォンユニットであり、マグネット式で簡単に取り外しができる。いわばこのケース本体は充電器になっており収納している間はイヤホンが充電される仕組みだ。

ALAMAYA_04.jpg

※本体両端にイヤホンユニットが収納できる


さらにボディは左右に分離でき、長い方の端にはケース自体を充電するmicro USBポートと他のデバイスを充電するためのUSB-Aの出力ポートがある。とはいってもこの本体のバッテリー容量は400mAhであり、左右のイヤホンユニット(45mAh)を充電するには十分でもスマホに…といった使い方はあまり期待できない。

ALAMAYA_03.jpg

※本体も二つに分離し、充電ポートとバッテリー出力ポートを備えている


とはいえケース収納時に充電するという仕様は主流になっているだけに便利である。
一応スペックを列記してみると、ブルートゥース:Ver 4.1、連続待受時間:最大約300時間、連続通話時間:最大約2.5時間、連続音楽再生時間:最大約2.5時間、イヤホンフル充電時間:約1~2時間、使用電池タイプ:リチウムポリマー電池(400mAh)といったところだ。

早速iPhoneとペアリングして使ってみようと試みたが、一見同じように思えた「HD10」とは違いどうしたことかペアリングが巧く行かない。「HD10」もそうだが製品のコピーには「ワンボタンで簡単操作」と謳っているが、何秒間押すと…が意外と難しくタイミングが合わない。
ともあれ両耳に装着したユニットから音が出たときには安堵した。
肝心の音質は私の耳には難が感じられず極めてノーマルな音出しのように思えた。そしてちょっと意外だったのは「HD10」とは違い片チャンネルが切れるということがほとんどないことに気がついた。これなら安心して使える…。

ALAMAYA_02.jpg

※同梱品一覧


何度か試行錯誤をしているうちに要領を覚えて再生ストップや電源OFFといったタイミングというかボタンの押し方が問題なくできるようになった。
なおソフトシリコン製のイヤーピースは大中小が同梱されており、正規品の場合は多少分かりづらいものの日本語製品説明書が付属している。
なおカラーは私が買ったゴールドの他にブラックとローズゴールドの3種がある。

ただし私にとってひとつ難があったのは付属のイヤーピースがすべすべで落ちやすい感じだったので別途購入してあったウレタンフォーム製交換用イヤーピースに取り替えて使っている。
正直どなたにも自信を持ってお勧めできる製品とは思わないが、個人的には実用性十分な左右独立型イヤホンだと思っている。





27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)トラブル覚書

新たに購入した27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)にこれまでの環境を移行し、メインマシンとして使い始めた。しかしひとつ問題が生じた。それは時折テキスト入力時やファイルを開こうとするときなどにレインボーマークが回り始め20秒とか30秒反応しなくなる…。


しかしフリーズしてそのまま電源を落とさざるを得なくなるといったことはなく、待てば復活する。しかしこれは精神衛生上よくないし正常な動作ではないことも明らかだ。
こんなとき、定番の対処方法がいくつかあるのでそれらを試してみた。

       Rainbow marked

      ※お馴染み(笑)のレインボーマーク


まずはハードディスクのアクセス権を検証すること、セーフブートしてみること、NVRAM(旧MacコンピュータではPRAMと呼ばれていた)をリセットすることなどだ。さらに外部ハードディスクを繋いでいる場合にはその外部ハードディスクを外して動作に違いがあるかどうかを確認することも重要だ。なぜならこれまでの経験から外部ディスクが不調だったためにレインボーマークが多発したということがあったからだ。

ちなみにハードディスクのアクセス権を検証するには「ディスクユーティリティ」を使う。またセーフブートはshiftキーを押したままMacを起動させ、画面にAppleロゴが表示されたらキーを離す。
さらにNVRAMリセットはシステムを終了させた後、「command + option + P + R」の4つのキーを同時に押したまま起動し20秒経ったらキーを離すということで可能だが、デスクトップとノート型あるいはMacの製造年の違いで若干その方法が違うのでAppleのサポートページで確認してから実行をお勧めする。

Mac の NVRAM をリセットする方法
セーフブートの方法

ともあれ、今回の場合だが前記のような対処をしても改善は見られなかったのでSMC(システム管理コントローラ)のリセットを実行することにした。
ちなみにアップルのサイトによればこのSMCリセットは他の標準的なトラブルシューティングをすべて試した上で行うようにとの説明がある。いわば最後の手段といったところか…。

Mac の SMC (システム管理コントローラ) をリセットする方法

一応手間でも上記サイトに記されている「SMC をリセットする前に」の各手順も指示通りに試した上で「Mac デスクトップコンピュータの SMC をリセットする」を実行してみた。
結果は上々だった。レインボーマークはその後、一週間ほど出なかった。しかしその後頻度はかなり低くなったものの完全無欠というわけにはいかず、たまたま現れるが取り急ぎ許せるレベルになったというべきか(笑)。
折を見て再度この手順をまた一通りやってみようと思っている。



バード電子、iPhone用の本革製収納ケース「Swing」レポート

バード電子がこれまでのラヂオケースの後継モデルとしてiPhone用の本革製収納ケース「Swing」を発売した。ラヂオケースを日々ジーンズのベルトに下げて愛用している一人して早速その「Swing」を手にし感触を確かめてみた。


swing_01.jpg

※バード電子、iPhone用本革製収納ケース「Swing」パッケージ


iPhoneは常に身につけてこそ真価を感じ取れるアイテムだ。ということで私は寝るときと風呂に入るとき以外は常にジーンズのベルトにバード電子のラヂオケースに入ったiPhone 6 Plusを携えている。
歴代のiPhoneを使ってきた過程で幾多のケース類を手にしてきたが、この数年はラヂオケースに落ち着いている。それはまずは本革製で縫製がしっかりしているから丈夫で長持ちすること、そして取り出す易く収納しやすい上に不用意に抜け落ちる心配もないからだ。

swing_02.jpg

※パッケージには「Swing」本体とひょうたん型カラビナが入っていた


そのラヂオケースが今般完全リニューアルされて本革製収納ケース「Swing」として新登場したというので早速手にしてみた。
ちなみに「Swing」は iPhone 6 / 6s / 7 対応の「Swing-S」と、Plusサイズに対応している「Swing-L」の2サイズがあり、かつブラックと限定カラーのグレージュの2色が用意されている。

swing_03.jpg

swing_04.jpg

※「Swing」の表裏


「Swing」がこれまでのラヂオケースと違った点の一番はひょうたん型カラビナフックが標準で付いたことだ。したがってラヂオケースで採用されていたベルトに通す式ではなくカラビナでベルトループなどへ装着することになる。

swing_11.jpg

※カラビナを装着


この変更はより広範囲な活用を目指すユーザー指向に合致したものに違いない。なぜならベルトへ…というだけでなくバッグに取り付けたりは勿論、カラビナ無しでそのままバッグや鞄に収納しやすくもなったからだ。
またデザインも一掃された。フロント側はシンプルで機能性に優れたデザインだ。無論カジュアルでもフォーマルでも似合う。
さらに上部左右にあるスナップ鋲が素敵な存在感を示している。そしてスナップを外すとカードや数枚の名刺を収納できるポケットが現れる。そして背面はひょうたん型カラビナフックを脱着可能なループがしっかりと縫い付けられている。

swing_05.jpg

※カードポケットもある


さてこれからは個人的な感想である。これまでのラジオレースがブラックだったことでもあり今回は限定カラーのグレージュを選んだが、多少汚れが気になるものの実に素敵な色合いだ。
早速 iPhoneを入れてみたが、収納も取り出しもサイズ具合が絶妙で至極具合が良い。ただしラヂオケースのように上部にストッパーベルトがないため、ケース自体がカラビナを含めてねじれたりした場合に中身のiPhoneが落下する可能性もある。
ただし現実問題として私はiPhone 6 Plus背面に極薄の透明ハードケースを着け、そのハードケースにこれまたバード電子製の「TOTTE トッテ」を着けている。これは申し上げるまでもなくiPhoneを手にした時の落下防止のためだ。

swing_07.jpg

swing_08.jpg

※バード電子の「TOTTE トッテ」を着けたiPhoneとそのまま「Swing」に収納した例


これをそのまま「Swing」に入れてみたところ適度なキツさになり多少の傾きでは落ちにくくなった。無論「TOTTE トッテ」の厚みと革製同士の摩擦も関係するのだろうがとても具合がよい。
ひとつ個人的に問題があるとすれば、その「Swing」を腰につける位置がこれまでと違ってしまうことだ。

周知のように一般的なジーンズなどではベルトループは5つ付いている。無論Wrangler製のように7つの製品もあるが…。
そのベルトループは5つの場合、左腰に「Swing」をぶら下げるとすれば、これまでのラヂオケースではベルトに通すため左手前と左側面のベルトループの間に自由に置くことが出来た。
しかし「Swing」ならびに付属のカラビナだと例えば幅4センチほどのベルトそのものにぶら下げることはできず、文字通りベルトループへ通すことになりその位置が限定されてしまうのだ。

swing_09.jpg

swing_10.jpg

※これまでのラヂオケース(左)と「Swing」の比較


実際にジーンズのベルトループにカラビナを通して使ってみたが、ベルトに直接通すより些かブラブラする点、そしてケースの位置がこれまた少し下になることに気がついた。しかしこれらについては馴れの問題もあるだろうが、反対にカラビナの取付・取り外しが思ったより容易なのは気に入った。

というわけで「Swing」に取り付けられてかつベルトにも通すことが出来るカラビナ?があれば私の個人的な問題は100%解決するわけで、ゆるりとそんな都合の良いアイテムがあるかどうかを吟味しながら探してみようと考えている。
ともあれ「Swing」でまたまたiPhoneを持ち歩く楽しみが増したことは確かだ。
なお「Swing」の価格だが、Sサイズが税込7,900円、Lサイズが税込8,400円で販売中である。

バード電子 Swing



27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)のセットアップ覚書

27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)のセットアップがようやく完了した。いやはや、いつものことだが理屈通りに終わった例しがないわけで、今回は今のところ重大なトラブルには遭遇しなかったものの結局丸二日がかりの作業になった。


これまで使ってきた27インチ iMac (Late 2012)が問題を起こすようになったので動作しているうちに新しいマシンと入れ替えようと27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)を買った次第。
理屈としてはまずは届いたマシンを起動させて初期不良はないか、オーダー通りのメモリ容量になっているかを確認する。そして問題がなければ元Macと新MacをThunderboltやEthernetケーブルで繋いで「移行アシスタント」を使いデータやアプリケーションの移行を行うか、TimeMachineとして使っていたハードディスクドライブを繋いで同じくこれまでの利用環境を移行すれば良い理屈だ...。

勿論、理想を申し上げればせっかくのニューマシンだからして、ひとつひとつmacOS Sierraで動作するアプリケーションなどを新たにインストールすれば懸念は生じないはずだ。これまで長い間使ってきた環境はいわば塵や垢が少なからず蓄積しているから、移行ではそれらをも再現してしまう恐れがある。とはいえ現実問題として時間的な問題と手間の煩雑さを考えるとどうしても躊躇してしまう。

Data migration_03

※当初はEthernetケーブルで新旧のiMacを繋いで「移行アシスタント」を使った…。残り時間表示は目まぐるしく変化


さて、まずはEthernetケーブルで繋ぎ「移行アシスタント」による情報の転送をやってみた。
しかし「移行アシスタント」が思ったように動作しない。ケーブルが不良かと他のケーブルに取り替えてみたがそれでもダメだった。
やはり冷静にことを進めていると自分では思ってはいるものの、新しいMacを眼前にして気が急くのだろうか、Intego社のVirusBarrierとNetBarrierをOFFにするのを忘れていた。

移行をスタートした時点では所要時間が3時間3分と出たが、それを鵜呑みにするほど初心者ではない(笑)。何時間かかるのか、十何時間かかるのか、EthernetケーブルとThunderboltケーブルの違い...といったこともあるにしても半日程度は有にかかるものだと考えて待ってみた。

5時間ほど経ってから進捗状況を確認してみるとプログレスバーは半分以上進んでいたものの残りの時間表示は3時間41分となっていた(笑)。それでもクラッシュしているわけではないようなので放置するしかないと引き続き様子を見ることに。
その完了までの所要時間とは残っているデータ容量と転送速度に関わってくるわけだが、転送速度が40M/秒を示したと思えばいきなり2M/秒になったりする。そして残りの時間表示は2時間半ほどほを示したかと思うと6時間を示したりとバラツキが大きい。
そのうち、元MacにインストールしてあるTechtool Proから内蔵HDDがSMART警告レベルを超えているという文字通りの警告が何度も表示されますます先に進まない。

Data migration_02

※移行途中にTechtool Proから内蔵HDDに対しSMART警告が何度も表示される


またどういうわけかEthernetケーブル接続のはずなのにいつのまにかWi-Fi接続に変わっている…。
開始後8時間を過ぎてもなお残りの時間が3時間から6時間前後を示すばかりでまったく先に進む気配が見えないので中止することにした。

今度はケーブル接続ではなくTimeMachineとして使ってきたHDDを接続し同じく「移行アシスタント」で環境移行を試みたがこれは約5時間ほどで移行が無事完了した。
再起動してみたが、どうやら使える環境のようだ。しかしご承知のように「移行アシスタント」にしてもすべての環境、すべてのアプリケーションがそのまま復帰するとは限らない。
Mac AppStoreから購入したアプリケーションはApple IDのパスワード入力を求められる場合もあるし、そもそもサードパーティーから購入したソフトウェアはアクティベーションし直す必要があったりパワードの再入力をしなければならないものもある。

Data migration_01

※まずは環境を移行した新iMac(手前)は無事に起動した


こうしたことは自分にとっての優先順位でひとつひとつ確実に進めていくしかない。
ともあれ新しいマシンが届いた翌々日の夕刻になんとか元の環境を新しい27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)で取り戻すことができた。勿論今後、不測のトラブルに見舞われる可能性もありうるが…。

ということでモニターサイズもこれまでと同様の27インチ、メモリも予算が許せば64GB欲しかったが、取り急ぎ32GBあれば仕事ができるし念願のRetina 5Kディスプレイも素晴らしい。
Retina 5Kディスプレイの恩恵だが、写真はもとより眼の悪い私にとってかなり見やすく感じるものの贅沢なもので4,5日したらこれが普通となってしまうに違いない。そしてまだマシンに大きな負荷を期待することはやっていないが総じてキビキビと動作し気持ちが良い。

Data migration_06

Data migration_07

※Retina 5Kディスプレイと非Retinaディスプレイとのテキスト表示比較例。上がLate2012の非Retima iMacで下がRetina 5Kディスプレイモデルの表示【クリックで拡大】


個別の特筆すべき機能などについては別途レポートしていきたいが、これまで事情もあってOS X YosemiteのままだったがこれでやっとmacOS Sierraの環境となった。



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員