座ったままの姿勢で快眠できるエアピロー「おやすみピロー BS-TAP」レポート

もともとアイデア商品の類は好きなのだが、ご多分に漏れずその多くは購入しても使わなかったりすぐに飽きてしまったりという結果が多い。だからなるべく控えるべきなのだが、好奇心の方が先に立ってしまうことも多く今回も思わずポチッとしてみたが、さてどうなることやら(笑)。


そのコピー「座ったままの姿勢で快眠できるエアピロー」なるものにまずは惹かれた。平日のほとんどをパソコンの前で過ごしているが、時にストンと意識がなくなり眠っているときがある。しかしその目覚めの後の不快感は特別なものだ。
首は痛いし腰も痛い。どのような姿勢で眠っていたのか自分ではよく分からないがその多くは椅子の背によりかかってのことのようだ。

現在の環境では座っている位置からモニターまでの距離があるし、その間には機材や資料が積んであるから前傾で顔を伏せることはできない。しかしその昔、19インチモニターのブラウン管にゴツンとおでこをぶつけて目覚めたことが多々あった…。

BS-TAP_01.jpg

※専用ポーチに収納した「おやすみピロー BS-TAP」


さて「おやすみピロー BS-TAP」だが、収納時は幅18×直径13 cmほどで付属の収納袋へコンパクトに入ってしまう。重さは300gだ。
使用するには空気を吹き込んで膨らませる必要があるが、肺活量に自身の無い私でも7回ほどの吹き込みでベストの状態になった。それは幅広の空気栓にバネ状の逆止弁がつけられているためで、吹き込んだ空気が漏れることなく、効率的に膨らませることができるからだ。したがって空気を入れるのにものの20秒程度で済む。

BS-TAP_03.jpg

BS-TAP_04.jpg

※「おやすみピロー BS-TAP」を膨らませたところ(上)と背面(下)。背面には空気栓がある


セットアップした「おやすみピロー BS-TAP」のサイズは幅30×奥行35×高さ55 cmほどで、普通の人の上半身ほどの大きさがある。そしていわゆる首というか襟位置と左右が大きく開いていてどこか膨らんだライフベストを思わせる形状だ。

これをどのように使うかは自由だが、基本としては胸に抱え込み、襟元のような場所に顔を伏せ両腕を両サイドから中に入れて仮眠を取るというやり方がベストだ。
この方法だと顔をあてる部分の下は空洞になっているため顔をうずめても呼吸がしやすいし適度な傾斜がついているため、首への負担が少なく、息苦しさも感じない。
また全体に表面起毛加工がなされているため、ベトベトせずに肌触りもよい。

BS-TAP_05.jpg

※顔を埋めても息苦しいことはまったくない


例えば自動車は勿論、新幹線や飛行機の座席に座っている場合、この「おやすみピロー BS-TAP」を膝の上やテーブルに乗せて抱えると意外と楽だと思う。
空気のクッションが上半身を支え、枕を抱える腕に身体の重みがかからないから圧迫されて腕がしびれるとか、顔に腕の跡がついてしまう、といったトラブルも起こらないし重さもほとんど感じない。
要は上半身と頭をしっかりと支える構造なので、身体に無理な力が入らず、座ったままでも寝やすく、眠りについた後も同じ姿勢を無理なくキープすることができるので疲れづらいという。

BS-TAP_06.jpg

※こんな感じで両腕をそれぞれ脇から中に入れ、顔を埋めるのが一般的な使い方だ


実際に自分の膝の上と机上で使ってみたがこれは思っていた以上にラクチンだ。そして使い終わったらそれこそあっと言う間に空気を抜いて収納袋にしまうことが出来る。
懸念があるとすれば、ひとつは構造上尖ったものに当てないことだ。2つ目は洗濯ができないので汚れたら固く絞った布等で拭き取るしかない。とはいえ安価なものだからこれひとつで何年も使い続けるのは論外だろうか(笑)。
最後に想像はしていたものの、新品の「おやすみピロー BS-TAP」はその材質(PVC)独特の樹脂臭が気になった。これは半日ほど風通しの良い場所に陰干しした後、お気に入りのフレグランスでも少量吹き付けておくことで解決した。
椅子に座っているとき、眠気に襲われることが多い私としてはまじめに活用してみようと考えている。無論繰り返すがドライブ、飛行機、電車等の移動時にもお勧めである。




ボディバッグからガジェットポーチへ?

小型のガジェットポーチを買った。安物だが、こうしたものは用が足りればそれでいい主義だしすぐに飽きるからそれでいいのだ(笑)。そもそもこれから薄着になる季節だが、外出時にはそれなりに携帯するガジェット類もあるわけでなるべく荷物は小さくコンパクトにしたいのだ。


バッグ好きは昔からで、PowerBook時代は100%オリジナルデザインのバッグを特注したこともあるし、それは現在もときに愛用している。しかし歳を取ることはどうしても体力が劣ってくる。大きなバックパックやショルダーバッグなどは何でも入って便利だから好きではあるもののさすがに気楽に使えない。

特にこれからの季節はジーンズにシャツ一枚といった出で立ちが多い。したがってポケットに詰め込むこともできないから持って歩く荷物類も最低限に絞って、かつなるべくコンパクトで軽量のバッグなどを使いたい。
ということでこれまでは斜めがけのボディバックなる製品をいくつか使ってきた。物にもよるが見かけより多くのガジェット類やらが収納でき当然のことだが両手も空くので具合がよいが、これでも大きく感じるようになった...。

というわけでDMで知ったガジェットポーチを買ってみた。これはバッグを中心に様々な商品を手掛ける「松下ラゲッジ社」と「AppBank Store」の共同開発だそうである。

Gadget_pouch_02.jpg

※ガジェットポーチのフロント側にiPhone 6s Plusを入れてみた。そのまま使うことができる


サイズだが、22 × 13 × 4.5 cmほどのポーチだが、一番の特長といえばフロント側は内側にiPhone 6s Plusが楽々入るだけでなく透明なTPU素材なのでポーチに収納したままiPhoneを使えることだ。
また下部中央にLightningケーブルなどを引き出す穴があるだけでなく、イヤフォンケーブルも引き出せる切り込みが左右に用意されている。

Gadget_pouch_05.jpg

※充電やイヤフォン使用も収納したまま可能


さて、このガジェットポーチに愛用のiPhone 6s Plusを入れ、そのポケット上にはちょうどクレジットカードが入るポケットがあるのでカードを一枚収納。

Gadget_pouch_04.jpg

※スマホを入れる上にはクレジットカードが入るポケットが用意されている


結局写真のように、iPhone 6s Plusを筆頭にKindleと文庫本1冊、小型モバイルバッテリー、スマホ・レコーダー、ボールペン、ワイヤレス・イヤフォンそしてタオルのハンカチが綺麗に入った。

Gadget_pouch_01.jpg

※このガジェットポーチに収納したアイテム一覧


後は少々膨らむことを覚悟するなら背面にポケットがあるので薄い物ならもうひとアイテム、例えば薄い札入れなども収納できるだろう。いや、その場合は文庫本を外側のポケットにして札入れは中に入れた方が安心か...。

Gadget_pouch_06.jpg

※リア側にもホックが付いているポケットあり


これだけ収納できればこのガジェットポーチ1つを肩掛けすれば楽な外出ができるというものだ。
この夏、しばらく使い続けてみよう…。

ガジェットポーチ



Escape Motionsのペイント・アプリRebelle 2 のステンシル機能に関して

過日、Escape Motionsの新しいペイント・アプリRebelle 2 に関して覚書という形で記事を書いた。その中でステンシルという機能について簡単に触れたが、今回はその補足である。


ステンシルの表示は「ウィンドウ」メニューの「Stencils」を選ぶことで表示がON・OFFできるが、アプリに当初用意されているステンシルのライブラリはたったの12個でしかない。またなによりもこの機能をより生かそうとすればユーザーなりに必要なステンシルを登録したいと思うのが自然であろう。
私も当初ろくにヘルプで表示するユーザーガイドも見ないで操作していたから、このステンシルの扱いについて難しいものかと思っていたが、実際にやってみると実に簡単だったのでメモのつもりでご紹介させていただく。

さてRebelle 2 で油絵を描こうという場合には普通ステンシルの必要はないと思う。しかしデザイン系あるいはイラストレーションといった作品をという場合には例えRebelle 2 をメインに使おうとする場合でもときに綺麗な線や緻密なオブジェクトを描きたいという欲求はあり得ることだと思う。しかしRebelle 2 はペイント系100%のアプリであり、直線すらいわゆるフリーハンドで描くのが当然のツールだ。
したがってステンシルはキャンバスに描きたいのが直線であれ円や多角形であり、より複雑なパターンをフリーハンドではなくカチッとした線で欲しいという場合に有効なツールとなる。

念のため、使い方をおさらいしておくが、ステンシルパネルから任意のステンシルをクリックする。オレンジカラーの矩形本体とその右上に小さな四角形(ステンシル・メニュー)が表示されるはずだ。

Stencil_01.jpg

※ステンシルをキャンバス上に置いた例


そのステンシル・メニューは四分割されており、左上が「移動」、右上が「回転」、左下が「拡大・縮小」そして右下がポップアップメニューになっていて「反転・水平方向に反転・垂直方向に反転・取り外し」から選択できる。

Stencil_02.jpg

※ステンシル本体右上の矩形はコントロールパネル


そのステンシル・メニューを操作し、ステンシルをキャンバス上の任意の位置およびサイズにしてからその白で抜かれた部位を任意の色で塗りつぶすが、このときステンシル上には色は付かない。

Stencil_03.jpg

※ステンシルの上から任意のカラーで塗る。その場合にステンシル本体のオレンジ色部分には色は塗れない


塗り終わったらステンシル・メニューの「取り外し」を使ってステンシルを消すとステンシルのパターンが綺麗に残っているはずだ。無論塗りは水彩でもアクリルでもツールは自由だ。

>Stencil_04.jpg

※塗り終わったらステンシルを取り外すと塗った部位が残るという理屈


ではステンシルはどのように自作してステンシルパネルに登録するのかを見ていこう。
話しは簡単だ。グラフィックソフトでステンシルにしたいパターンを描き、あるいはクリップアートなどを使いそれを .jpg で保存する。その際ステンシル化を考え、余白はオブジェクトぎりぎりのサイズで保存しておくことがポイントか。

Stencil_05.jpg

※例えば左の写真を白黒二値化したデータも .jpg で保存すればステンシルとして使える


後はRebelle 2 のステンシルパネル右下の「Create Stencil from Image File」アイコンをクリックし、当該 .jpg ファイルを指定して読み込めば良い。

Stencil_06.jpg

※ .jpgファイルを「Create Stencil from Image File」でステンシルパネルに読み込めば即ステンシルとして使える


これで自作のステンシルがステンシルパネルへ登録される。
ちなみにステンシルパネルから任意のステンシルを消去する場合は、当該ステンシルを選択の上で「Remove Stencil from the Library」ボタンをクリックすれば消去できる。

さてくどいようだが、ステンシルは本来フリーハンドで描きにくいオブジェクトをキャンバス上に表現するためのものだ。したがって一般的には均整の取れたカーブを持つ線やフォント、あるいはアイコンみたいなものに適しているから、その原型作りはドロー系というかベクトル系のツールで作るのがお勧めだ。
無論フリーハンドで描いたパターンや写真を二値化したものなどをステンシルとしてキャンバス上のレイヤーに持ち込んでみるのも面白かも知れない。コラージュなどに応用が利くだろう。

Stencil_08.jpg

※これも写真を二値化してステンシルとして利用した一例【クリックで拡大】


Rebelle 2 にとってステンシルは多用するものではないかも知れないが、その長所や利点を知っておくと役に立つ場合があるに違いない。

以下の動画はこれまでの説明を一通りリアルタイムで解説したものだ。参考にしていただければ幸いです。



※Rebelle 2 のステンシル機能の概要を動画で解説しました


Rebelle 2 ウェブサイト






インテリブル データバックアップソフト「INDELIBLE 3」レポート

久しぶりにダウンロード購入ではなくパッケージ版のソフトウェアを買った。Mac専用のバックアップソフト、アイギーク社の「INDELIBLE 3」である。これまでにもこの種のツールを使ってTime Machineとは別にシステムのクローンを作ってきたが、先日システム側ではなかったものの外付けHDDが一瞬で飛んだ、その憂さ晴らしである(笑)。


ハードディスクは消耗品だと理屈では理解しているが、実際に一瞬で大切なデータを失ってみるとあらためてバックアップの大切さを思い知る。そうそう滅多にあることではないが、やはり普段からの心構えが重要になってくる。
MacユーザーにとってバックアップといえばまずTime Machineが基本である。Macの買い換えやシステムの入れ替えにもこのTime Machineがあれば安心して利用環境の復旧が可能になる。

indelible3_00.jpg

※アイギーク社の「INDELIBLE 3」パッケージ


しかし過去の幾多の事例を鑑みれば、そのTime Machineも文字通りの完全は保証してくれない。Time Machine自体のハードディスク不調により復帰ができずに冷や汗をかいたこともある。したがってTime Machineは基本中の基本だとしてもその他にシステム環境を素早く復旧するため、起動できるクローンのシステム環境を用意している。

その為のソフトウェアもいくつかあるが、まずは信頼できるツールであることは勿論としても使いやすくかつ簡便なものが理想であろう。あくまでバックアップはメインの作業ではなく、これに多大な時間を取られたり注視を余儀なくされたのでは困る。
この種のツールの理想は、分かりやすく間違いようのないインターフェースと結果の確実さだ。その上にできればユーザーの好奇心をくすぐる作り込みがあれば言うこと無しという感じか...。

さて「INDELIBLE 3」だが、アプリを起動後に基本的な設定(バックアップ設定)は簡単である。
画面は大別して3つのエリアに分かれている。
まず左サイドのプリセットはソース側のバックアップ形態を選択する部分だ。例えば「内蔵ドライブ全体」なのか「全てのシステムファイル以外ファイル」なのか「全てのユーザーファイルなのか」などなどといった基本の形態が選択するだけで使える。無論システムを含むボリューム全体をバックアップするなら「内蔵ドライブ全体」を選択する。

indelible3_02.jpg

※設定の基本はソース側と宛先側を指定するだけだ


続いて右側は上部でバックアップするソースのボリュームやフォルダなどの指定とそのバックアップタイプが起動可能な「クローン」なのか「シンプルコピー」あるいは「バージョン付き」か「同期」かの選択といった具合。
下部ではバックアップの宛先を指定する。宛先のタイプは「ボリューム」と「CD/DVD」を選ぶことになる。

そしてウィンドウ右上には「すぐに開始」ボタンがあり、上部には「バックアップ」「ダッシュボード」「履歴」そして「宛先」というツールが並び、中央は作業中の進行状態を表示するエリアがある。 

indelible3_05.jpg

※バックアップ中の「ダッシュボード」モード画面例


要はソース側とバックアップ先(宛先)を指定後、「すぐに開始」ボタンをクリックすればバックアップは開始される。その過程は「ダッシュボード」でリアルタイムに確認出来、バックアップの履歴は「履歴」アイコンをクリックすることでそのブランやステータス、開始時間と終了時間などが確認出来る。

indelible3_04.jpg

※バックアップの履歴を確認した例


勿論、スケジュールを設定しておけばその設定通りに自動的にバックアップが開始される。
またバックアップは最初期にはそれなりの時間を要するが、同じ環境設定時の繰り返しのバックアップは差分で行われるので通常は短い時間で終了する。

indelible3_03.jpg

※スケジュールを設定した自動バックアップも可能だ


なお「INDELIBLE 3」の左サイドのプリセットメニューの表記もウィンドウ左下にある「詳細レベル」を低・中・高に切り換えることで当該バックアップの説明が簡素化されたり詳しく表示したりする。
その他の特長としては、ディスク接続時に自動操作を可能にするPlug & Go機能、暗号化や圧縮設定のバックアップそして複数のCD/DVDへ大容量データを分散してコピーするスパニング機能などを備えている。

ということで「INDELIBLE 3」はまず日本語仕様なのがよいし1ライセンスで3台までのインストールが可能だ。全体的に分かりやすいレイアウトになっているが、注意点としてはバックアップ動作中はいろいろオペレーションしないことだ。場合によってはアプリケーションの挙動をおかしくしたりバックアップができなくなるケースもありうる。

ともあれ私自身はこの「INDELIBLE 3」で久しぶりにバックアップスケジュールを組んでみた。万一のことは無いにこしたことはないが、いつでもトラブルの可能性はあり得ると認識して対処しておきたいものである。

INDELIBLE 3

Escape Motionsのペイント・アプリRebelle 2 覚書

Escape Motionsのペイント・アプリケーションの新バージョン「Rebelle 2」をペンタプレットと同時に使い始めたのでその概要をご紹介したいと思う。ペンタプレットを新調したので久しぶりに時間を割いてあれこれと楽しんでみたが、いやはやこれは素晴らしい!


もともとコンピュータで絵を描きたいというのがこの世界に足を踏み入れたひとつのきっかけだったから、いわゆるペイント系アプリケーションはMacintosh用でもPC-9801用でもその黎明期から製品化されたもののほとんどを手に入れたものだ。
その後、MacintoshのプラットホームではPhotoshopがデジタル写真のレタッチアプリ、Painterが描画機能やナチュラル表現に優れているペイントアプリといった感覚で知られていったが、私はと言えばそのPainter 1.0をサンフランシスコのExpo会場で手に入れたものの、当時の最速マシンでも重くて絵を描くことなど到底できなかった。

さてEscape Motionsのペイント・アプリケーション「Rebelle 2」だが、この4月25日からダウンロード販売が開始された最新版である。

Rebelle2_01.jpg

※「Rebelle 2」起動の初期画面


筆やペンといったツールによるリアルな描き心地、カラーの混じり具合、ウェットな絵の具が拡散(垂れる)していく様は大げさでなく実際に筆と絵の具でキャンパスに塗りたくっているかのようなリアル感がある。
このツールがあれば、本物の水彩画、アクリル、インク、パステルなどといった画材においても思うような表現が可能に違いない。
とはいっても「Rebelle 2」をマウスで扱うには適当でない。やはり何らかのペンタプレットで使いたいものだ。
ということで、以降は先日手に入れたばかりの「HUION ペンタブレット H610 PRO」で「Rebelle 2」を試用してみた自身の覚書でもある。

Rebelle2_05.jpg

※「HUION ペンタブレット H610 PRO


アプリケーションを起動すると中央に作画エリア(キャンバス)が表示するが、「Rebelle 2」の基本は左サイドに「ツール」および「プロパティ」パネルが、そして右サイドには「ナビゲーターと傾き」「カラーとカラーセット」「レイヤーとステンシル」パネルが並ぶ。
このワンウィンドウが基本だが、それぞれのパネルはタイトルバーをドラッグすることでその位置を変えることが出来、外して任意の位置で使うことも出来る。

Rebelle2_02.jpg

※各パレットは任意の場所に置いても使用可能


なおメニューバーの「Rebelle 2」より「Preference」を選択しそのウィンドウ下にある「言語」を日本語にすることで一部の機能は別にして表示が日本語表記となる。

キャンバスに何か描く場合にはまず左サイドの「ツール」パネルから道具を選ぶ必要が、それらの上にペン(マウス)オーバーすればその名称が表示する。
左から「水彩」「アクリル」「パステル」「鉛筆」「インクペン」「マーカー」の各筆と「エアブラシ」および「消しゴム」が並んでいる。
それぞれのツールを選択すればその下のパネルに当該ツールで使えるパラメーター、例えば「サイズ」や「筆圧」といった機能の調節が可能だ。

Rebelle2_03.jpg

※ペンタブレットとの相性などを試すためキャンバスにあれこれと描く【クリックで拡大】


次ぎに右サイドにある「カラー」パネルから色を選ぶ。これは多くのグラフィックソフトで使われているインターフェースでもあり、色と濃度を選ぶのに難しいことはないはずだが、「カラーセット」タブをクリックすることでカラーパレットが表示する。
またキャンバス位置や拡大縮小などは右サイドの「ナビゲーター」パネルを使うが、「傾き」を選ぶと「チルト」パネルに切り替わる。この機能こそ「Rebelle 2」を代表するユニークな機能のひとつともいえる。
要はキャンバスに絵の具を置いた場合、この「チルト」パネルをONにし、その角度と強さを指定することでキャンバス上の絵の具がリアルタイムにその方向に垂れていく。



※水彩絵の具がキャンバス上で垂れて混ざり合うテスト(動画速度を速めにしています)


そして「レイヤー」パネルでは文字通りレイヤーのコントールが可能だが、当該レイヤーを「Wet the Layer」「Dry the Layer」「Fast Dry」といった設定として使うことが出来る。
まあまあ、こうしたグラフィックアプリケーションをいくつか使った事があるユーザーなら、数回それぞれの機能を確認すればその意味合いと能力はすぐに分かるに違いない。

最後は「ステンシル」に関してだが、これは文字や図形を薄いプラスチックの板に抜いたテンプレートのデジタル版である。
「Rebelle 2」はペイント系のアプリであるからして例えば真円とか矩形あるいは線がクリアなパターンを描くのには適していない。
実物の「ステンシル」を紙の上に置き、鉛筆などでそのエッジをなぞることで綺麗な曲線や直線が描けるのと同様、「Rebelle 2」の「ステンシル」をキャンバス上に置き、サイズと位置を調整した上で上から任意のカラーで塗りつぶし、後にその「ステンシル」を消去すれば綺麗な線やパターンが描けるという機能である。

Rebelle2_04.jpg

※左のオレンジ色のパターンがステンシル。その上をブラシなどで塗り、ステンシルを消去した例が右の図【クリックで拡大】


ただし申し上げるまでもないことだが、優秀なデジタル画材を持つことと絵心とは別次元の問題であることをあらためて知らされた思いだが、デジタルペンを持ち「Rebelle 2」のキャンバスを前にすると大いなる刺激を受けることは確かだ。
まだまだ「Rebelle 2」の各機能やツールが自分のものになっていないので戸惑いもあるが、焦らず楽しんでみよう。

Rebelle 2 ウェブサイト

広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。ゆうMUG会員