アップル、「Appleの納税に関する事実」と題するステートメント発表

アップルは11月7日付けで「Appleの納税に関する事実」と題したステートメントを発表した。これは先に公開された国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)による報道にいくつか不正確な情報があるとして発表されたものだ。


cork_campus_ireland_team_member_working_on_computer_20171106.jpg

      Appleのアイルランド国内の従業員数は1980年の60人から今日では6,000人に増えた。

それによれば、Appleはすべての会社に納税義務があると信じており、世界最大の納税者として、Appleは世界中のすべての国々で完全な納税義務を果たしているという。以下概要である。

私たちは私たちがビジネスを行なっている国やコミュニティーに経済的な貢献をしていることに誇りを持っています。
国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)による報道に対し、私たちは以下の事実を提示いたします。これらの報道にはいくつかの不正確な情報があります。
Appleが2015年にその会社構造に加えた変更はもっぱら米国に対する納税額を保全するためであって、他の場所での納税額を減らすことが目的ではありません。アイルランドから事業または投資を移転してはいません。

「米国から触れられていない」どころか、Appleは海外で保有する現金から生ずる投資収益について35%の法定税率で何十億ドルもの税金を米国に納税しています。
海外収益に対するAppleの実効税率は21%です。この数字は有価証券報告書から簡単に計算することができます。この税率は長年にわたって変わっていません。

先月、ICIJ、ニューヨークタイムズその他からの質問に対する回答として、Appleは以下のステートメントを提供しました。
「Appleの納税に関して議論になっているのは私たちが支払う税金の額ではなく、どこで支払う義務があるかということです。世界最大の納税者であるAppleは過去3年間にわたり法人所得税として350億ドル以上を納税したことに加え、固定資産税、源泉所得税、売上税そして付加価値税(VAT)として何十億ドルもの金額を支払ってきました。私たちはすべての会社に納税義務があると信じており、私たちは私たちがビジネスを行なっている国やコミュニティーに経済的な貢献をしていることに誇りを持っています。


詳しくは…アップルのNewsroomを参照のこと。



ファイルメーカー、FileMaker Cloud の新バージョンをリリース

ファイルメーカー株式会社は本日、カスタム App を管理および実行するためのクラウドプラットフォーム、FileMaker Cloud の最新バーション (version 1.16.0) のリリースを発表した。このリリースにより、FileMaker Cloud が FileMaker 16 プラットフォームの一員となった。FileMaker Cloudは、日本、米国、カナダ、ヨーロッパ、およびオーストラリアで利用でき、Amazon Web Services (AWS) クラウド上で稼働。


FileMakerCloud.jpg

最新バージョンのFileMaker Cloudでは、統合、セキュリティ、および開発に関する次の新機能が提供されている。

FileMaker Data API (Trial):
 トライアル期間中、FileMaker Cloud の REST ベースの FileMaker Data API を使用して、他のアプリケーションおよびサービスで FileMaker のデータを利用できる。

Tableau Web データコネクタ for FileMaker:
 Tableau Web データコネクタ for FileMaker により、FileMaker データをより良く視覚化できる。このコネクタは、FileMaker Data API (Trial) を使用して、Tableau Desktop との統合を提供する。

FileMaker Admin API (Trial):
 FileMaker Cloud の REST ベースの FileMaker Admin API (Trial) を使用するとカスタム App の管理が容易になる。メッセージやスクリプトスケジュールを作成したり、アプリケーションを開いたり閉じたり、その他にもさまざまな操作ができる。

OAuth 2.0のサポート:
 外部サーバーアカウント認証を設定することで認証情報の管理を簡素化できる。Amazon、Google、または Microsoft Azure のアカウント認証情報を使用して FileMaker のカスタム App にログインできる。

PDF のサポート:
 請求書、ラベル、イベント参加証などの PDF を FileMaker WebDirect で保存および印刷が可能。FileMaker WebDirect から FileMaker Pro と同じように PDF 出力できる。

FileMaker Cloud について、さらに詳しくはこちら




iPhone X、10月27日(金)より予約注文がスタート

iPhone X(アイフォーン·テン)が、スマートフォンの未来として、美しいオールスクリーンディスプレイ、ワイヤレス充電、デュアル光学式手ぶれ補正(OIS)を備える極上の背面カメラを備えた革命的なまでに新しいデザインを特長として登場する。


iPhone_X_family_line_up.jpg

iPhone Xは、一般の顧客による予約注文を10月27日の午前12:01分(太平洋標準時;日本では10月27日の午後4:01分)より apple.com/jp とApple Storeアプリケーションを通じて開始。
iPhone Xは世界の55を超える国と地域で提供され、11月3日(金)午前8時より(現地時刻)よりApple Storeでの販売を開始する予定。なお各店舗では、予約注文なしで早めに来店される顧客に対してiPhone Xを用意するという。

Newsroom



インスタグラム、ライブ動画にゲストを追加できる機能を導入

インスタグラムは10月24日(米国時間)、「インスタグラム ストーリーズ」のライブ動画を配信中に、ゲストを招待できる機能を追加したことを発表した。


  Instagram20171025.jpg

ライブ動画は友人やフォロワーと気軽に、リアルタイムで繋がることができる機能。今回のアップデートにより、ライブ配信中に簡単にゲストを招待できるようになった。招待できるゲストは1名(1アカウント)で、参加するライブ動画を視聴中の利用者に限られる。

本機能の利用方法は以下の通り。

・友人をライブ配信に招待するには、画面右下のゲストアイコン(2つのニコニコマークが重なっているアイコン)をタップし、表示される視聴者のアカウント名を選択した上、[追加する]をタップする。
・招待されたライブ配信に参加するには、画面に表示された通知から[○○○さんとライブ配信を開始]をタップ。
・ゲストがライブ配信に追加されると、配信画面が2分割され、配信者の下にゲストが映し出される。
・ ゲストとの配信を終了するには、ゲストが表示されている画面上部の[X]をタップ。またゲスト自身も、いつでもライブ配信から抜けることができる。

フォローしている利用者がゲストと一緒にライブ配信をすると、ストーリーズが表示されるトレイ内のプロフィール写真に、ゲストアイコンが重なった形で表示される。アイコンをタップするとライブ動画が再生され、通常通り「いいね!」をしたりコメントをすることができる。

今回のアップデートについての詳細に関しては、Instagramの日本語公式アカウント@instagramjapanをご参照のこと。



骨伝導Bluetoothワイヤレスヘッドホン 「AfterShokz TREKZ AIR」発売開始

フォーカルポイント株式会社は本日、 米Aftershokz社の骨伝導Bluetoothワイヤレスヘッドホン「AfterShokz TREKZ AIR」を発売すると発表。オンラインショップではAmazon フォーカルポイント直営店にて先行発売する。


p005_preview.jpg

【AfterShokz TREKZ AIR】
AfterShokz TREKZ AIR (アフターショックス トレックス エア)は、特許取得済みの骨伝導技術とBluetoothワイヤレス接続により、耳を塞がずに快適に音楽を楽しめる骨伝導ワイヤレスヘッドホン。通常のヘッドホンと異なり、圧迫感や閉塞感がなく、耳が蒸れることがない。周囲の音が聞こえるためエクササイズやジョギングなどに安心して使用できる。

【より軽く、より快適に。】
デザインを一から見直し、従来品Trekz Titaniumと比較し約20%軽量化。全体で約30グラムという超軽量設計を実現。小さなボディでありながら、PremiumPitch+™ 技術を採用したプレミアムサウンド、6時間のバッテリー駆動時間、IP55防汗設計などの高い性能を兼ね備えている。

AfterShokz TREKZ AIR



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員