フォーカルポイント、「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CM2」を販売開始

フォーカルポイント株式会社は2月9日、TUNEWEARブランドのすべてがつながるオールマイティなUSB C ドック「ALMIGHTY DOCK シリーズ」の新製品として、「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CM2」を販売開始し、オンライン直販において数量限定の発売記念価格で販売を行うと発表。


   DOCKCM2.jpg

【TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CM2について】
TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CM2(チューンウェア オールマイティ ドック シーエム ツー)は、MacBook 12インチや最新のMacBook Pro (Late 2016)などで、採用されたUSB Cコネクタを拡張することができるオールマイティなUSB ドック。

1)すべてがつながるオールマイティな拡張性
  ALMIGHTY DOCK CM2は、MacBookを拡張するために必要なポートやスロットを搭載している。iPhoneやUSB機器を接続するためのUSB Aコネクタを2ポート、外部モニターを接続するためのHDMIコネクタを1ポート、そして電源供給するためのUSB Cポートを1つ搭載しており、MacBookに必要な各種のアクセサリを接続することが出来る。

2)アルミニウムを削り出して作られたユニボディ筐体
  ALMIGHTY DOCK CM2の筐体は、1つの塊から削り出して作られた高精度のアルミニウムユニボディ筐体が採用。アルミニウムは、その見た目だけでなく、鉄の約2.8倍、一般的なABS樹脂の約400倍の熱伝導率をほこり、優れた冷却性と美しい筐体の2つを兼ね備えた理想の素材。

3)最先端の高性能チップを採用
  ALMIGHTY DOCK CM2には、VIA Technologies社製の高性能なチップを本体に採用。複数の周辺機器を同時に接続しても、安定して高速な通信を実現。

4)軽量コンパクトなオールマイティデザイン
  ALMIGHTY DOCK CM2は、超小型でコンパクトなボディにオールマイティな機能が凝縮されている。45グラムと本体重量も非常に軽量なため、カバンやポーチに入れても邪魔にならずに持ち運ぶことができる。

5)ドングルの手軽さとブレークアウトボックスの利便性
  ALMIGHTY DOCK CM2なら、MacBookに必要なアクセサリをつなぐことができるので、ケーブルをあらかじめ接続した状態でブレークアウトボックスのようにして持ち運び、必要な時に接続すれば、変換アダプタのよう感覚で使用することも可能。

6)MacBookに合わせて選べるオールマイティカラー
  ALMIGHTY DOCK CM2は、すべてのMacBookユーザーのために作られた製品です。MacBookの筐体カラーに合わせた2色の展開で、シームレスなカラーマッチングを楽しむことができ、純正アクセサリのような感覚で使用できるのも魅力のひとつ。

[製品仕様]
インターフェイス:USB C(オス USB 3.0準拠)
ポート・スロット:USB A ✕ 2(メス)
        :USB C ✕ 1(メス)
        :HDMIポート ✕ 1(ver 1.4)
   製品サイズ:約27(W)×108(H)×10(D)mm
      重量:約45g

[同梱品]
・TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CM2 本体

[対応モデル]
・MacBook 12インチ
・MacBook Pro 13インチ (Late 2016)
・MacBook Pro 15インチ (Late 2016)

[対応OS]
・OS X El Capitan
・macOS Sierra

[対応アクセサリ]
・各種USB 機器※
・HDMIディスプレイ
※ Apple USB SuperDriveなど、1A以上をバスパワーで必要とするデバイスには対応していない。

   発売記念特別価格:各5,280円(税込み)
       通常定価:各5,980円(税込み)
    発売時期/型番:TUN-OT-000035 シルバー 3月 8日出荷開始
            TUN-OT-000036 スペースグレイ 3月 8日出荷開始

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CM2 製品ページ




バード電子、MacBook Pro 15インチ(Late2016)用のジャケット発売

バード電子はMacBook Pro 15インチ(Late2016)用でブックカバーのように差込み取付けるタイプのジャケット(JK-1516B)を2月10日から発売すると発表。


   JK-1516B.jpg

MacBook Pro 15インチ(Late 2016)ジャケットは装着したまま使えるジャケットタイプのケース。付けたまま開いたり閉じたりできるので取引先でのプレゼンやイベント等で外出する時に便利なケース。
ブックカバーのようにスナップボタンやベルクロ等の固定具を使わずに挟み込みだけで取りつけられる。 MacBook Proの形状に合わせシルエットをそのまま見せるデザイン。

あたらしいジャケットはカーフスキンのような柔らかい肌触りの高品質合成皮革を採用。本革に近いしわの仕上げが特長の合成皮革で内側の起毛材はマシンを優しく包む。1枚仕上げなので超軽量の 85g。
ジャケットはブックカバーのようにホルダーに差し込むだけで簡単に取り付けできるため外出時にインナーケースに入れるのと同じ感覚で使え、取外しも抜き取るだけ。

・発売日 2017年2月10日
・価格  7,862円(税込)
・日本製

製品ページ



Blackmagic Design、ライブプロダクションおよび放送に関するアップデート発表

Blackmagic Designは本日、ライブプロダクションおよび放送に関するアップデートを行い、ATEM Television Studio HD、HyperDeck Studio Mini、およびBlackmagic Web Presenterを発表。


本日発表する3つの新製品は、ATEM Television Studio HD、HyperDeck Studio Mini、そして全く新しいBlackmagic Web Presenter。
YouTube Live、Facebook Live、TwitterのPeriscopeなどのサービスとこれらの新製品を組み合わせることで、新世代のウェブキャスターたちによる革命的なライブプログラムの作成を手助けできるという。もちろんこれらの新製品は、従来の放送局やオーディオビジュアル業界、そして新市場で活躍するプロたちにとっても理想的な製品となる。

プレスカンファレンスのライブ配信
製品情報



Apple、記録的な第1四半期業績を発表

Appleは1月31日、2016年12月31日を末日とする2017年度第1四半期の業績を発表した。当四半期の売上高は過去最高の784億ドル、希薄化後の1株当り利益も過去最高の3.36ドルとなった。前年同期は、売上高が759億ドル、希薄化後の1株当たり利益が3.28ドルだった。当四半期の米国市場以外の売上比率は64%。


Appleは2016年度第3四半期の業績について、以下の予想を提供している。

・売上高として515億ドルから535億ドル
・売上総利益率として38%から39%
・営業費用として65億ドルから66億ドル
・その他の収入/(費用)として4億ドル
・税率26%

Appleの取締役会は、同社普通株式1株当り0.57ドルの現金による配当金を発表した。配当金は2017年2月13日の営業時間終了時点で株主名簿に記録されている株主を対象に、2017年2月16日に支払われる。
なおAppleは、2017年度第1四半期業績発表のカンファレンスコールのライブストリーミングを、2017年1月31日14時00分(米国西部時間)より、AppleのWebサイトで配信する。このウェブキャストは、配信開始後約2週間にわたり再生が可能。

Apple Press Info



富士通、ニフティをノジマに譲渡と発表

富士通株式会社は1月31日、ニフティ株式会社のISPを中心とするコンシューマ向け事業を、2017年4月1日を効力発生日として吸収分割の手法により、富士通が新設する100%子会社に継承させる。これによりニフティを、クラウドを中心とするエンタープライズ向け事業会社(以下、クラウド事業会社)と、ISPを中心とするコンシューマ向け事業会社(以下、コンシューマ事業会社)に再編すると発表。


富士通は、新たな経営方針の下、つながるサービスへのシフトを進めながら、持続的成長に向けたビジネスモデル変革に取り組んでいる。今回の再編を機に、富士通、およびクラウド事業会社の連携を強化することで、両社がもつ顧客基盤やノウハウを共有し、グループ一丸となって、つながるサービスの中核となるクラウド事業を強化していく。
一方、コンシューマ事業会社については、ニフティが培ってきたノウハウや資産を有効活用しつつ、企業価値をさらに高めるため、2017年4月1日に富士通が持つ同社の全株式を株式会社ノジマ(本社:神奈川県横浜市、代表執行役社長:野島 廣司)に譲渡する。

プレスリリース




ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員