watchOS 5、Apple Watchに強力なアクティビティおよびコミュニケーション機能を追加

Appleは本日、世界で最も人気のある腕時計に向けて重要なアップデートであるwatchOS 5をプレビューした。


Apple_watchOS_5.jpg

このアップデートにはユーザの健康とコミュニケーションの維持に役立てられる機能が含まれる。アクティビティの共有による競争、自動でのワークアウトの検出、先進的なランニング機能、トランシーバー機能、Appleのポッドキャストや他社製アプリケーションへのSiri文字盤からアクセスなど一連の新しい機能によって、Apple Watchはフィットネス、コミュニケーション、各種情報への素早いアクセスのためのいっそう心強いパートナーになる。

watchOS 5では、手首をタップするだけで始められる声によるまったく新しいコミュニケーション方法、トランシーバーが登場しする。この機能は楽しく簡単に、友人や家族と素早く連絡を取るための手段で、高速かつパーソナルなApple Watch同士をつなぐ新しいコミュニケーションは、対応するApple Watchを利用している世界中のユーザとWi-Fiまたはセルラーを通じて始めることができる。

Newsroom




Apple、macOS Mojaveを発表

Appleは本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新版、macOS Mojave(モハべ)をプレビューした。macOS Mojaveは、プロのワークフローをヒントとした、パワフルでありながらも誰にでも使えるように設計された新機能を提供。


macOS_preview_Hero_06042018.jpg

macOS Mojaveで新しく搭載されたダークモードは、フォーカスがユーザのコンテンツに当たるようなドラマチックな新しいスタイルにデスクトップを変化させる。
新しいスタック機能は、ファイルを自動的にスタックしてグループ化して整理し、散らかったデスクトップをすっきりと整頓してくれる。
News、株価、ボイスメモ、ホームなど、おなじみのiOSアプリケーションが、はじめてMacで使えるようになった。また、FaceTimeがグループ通話に対応するほか、Mac App Storeが刷新され、豊富なエディトリアルや、Microsoft、Adobeなどトップクラスのデベロッパによるアプリケーションも加わった。

macOS Mojaveでは、ダークモードに切り替えてデスクトップを暗い色調に変えることができ、それによりコントロール部分が背景になじみ、ユーザのコンテンツにフォーカスが当たるようになる。
ユーザはデスクトップの明暗を切り替えることができる。メール、メッセージ、マップ、カレンダー、写真など、Macの内蔵アプリケーションではすべて、ダークモードのデザインを利用できる。また、macOS Mojaveには、その日の時刻に合わせて自動的にデスクトップ画像を変更する新しいダイナミックデスクトップ機能も搭載されている。デベロッパはAPIを利用して、作成するアプリケーションにダークモードを実装できる。

Newsroom



Instagram、フィード投稿から商品が購入できる「ショッピング機能」を日本国内で導入開始

Instagramは6月5日、ビジネスが利用できる新たなツールとして「ショッピング機能」を日本国内で導入開始することを発表した。ショッピング機能によって、ビジネスはフィード投稿に表示される商品に商品名や価格が記載されるタグを付けることができ、よりスムーズな形で利用者に購入を促すことが可能となる。


image0605.jpg

本機能は2017年3月に米国で導入開始した後、今年初めに対応する市場を拡大した。消費者は、フィード投稿を見て商品を「発見」し、タグをタップして価格や商品の詳細を閲覧して購入を「検討」、リンクから外部ECサイトに遷移し、投稿で見た商品を「購入」することが可能。
ショッピング機能を通じて商品の認知から購入までをシームレスに繋げることで、Instagramは利用者が単にビジネスを発見する場から、購入などのアクションが生まれ、ビジネス結果に直結するプラットフォームへと発展している。

今回、日本でのショッピング機能の導入にあたり、Baycrews (@baycrews)、BOTANIST (@botanist_official)、creema (@creemajp) 、Gilt Japan (@giltjapan)、minne (@minne_official)、ZOZOTOWN (@zozotown_official)*の計6ブランドによるテスト運用を実施したという。

ショッピング機能の導入に必要な条件:
- ビジネスで、提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な商品を販売している
- Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済みである
- Instagramアカウントが所有権のあるFacebookページと接続されている
- Facebookページでショップセクションを追加もしくはビジネスマネージャでカタログを作成している(あるいはBASE、EC-Cubeなど、カタログ作成をサポートする国内事業者のECプラットフォームと連携する)
- 上記の要件が満たされると、アカウント審査が行われ、製品のタグ付けができるようになる。

詳しくはこちらをご参照のこと。



Instagram、新機能のフィードをパーソナライズできる「ミュート」を導入

Instagramは5月22日(米国時間)、Instagramフィードに表示する投稿を管理できる新機能「ミュート」を導入したと発表。ミュート機能を使用することで、特定のアカウントをフォローしたままフィード投稿を非表示にでき、フィードをさらにパーソナライズできる。


Instagram20180523.jpg

使い方は以下の通り:

 ・ フィード投稿の右上から [...] をタップし、[ミュート]を選択
 ・ 特定のアカウントのプロフィールページ右上から[...]をタップし、[ミュート]を選択
 ・ フィード上部にあるストーリーズトレーの丸いアイコンを長押しし、[ミュート]を選択すると、ストーリーズのみをミュート可能

Instagramでは今年3月、フィードの使いやすさを改善するために表示方法を一部変更し、新しい投稿が優先的に表示されるようにした。また、フィードの仕組みを知りたいという意見をもとに、ヘルプセンターで投稿の表示順について紹介している。
ミュート機能は数週間かけて順次展開される予定。詳しくはヘルプセンターを参照のこと。



Instagram:フィード投稿をストーリーズにシェア可能に

Instagramは5月17日(米国時間)、フィード投稿をストーリーズに簡単にシェアできる新しい機能を導入したと発表。友だちの投稿や好きなブランドの新作デザインなど、気に入ったフィード投稿を見つけたら、その投稿をスタンプとして簡単にストーリーズにシェアし、フォロワーと共有することができる。


Instagram0518.jpg

使い方は以下の通り:

§ フィード投稿の下にある紙飛行機のアイコンをタップ
§ オプションの一番上に表示される [ストーリーズに投稿を追加]を選択
§ フィード投稿がスタンプとして表示されるほか、カスタマイズされた背景も付くため、そのままストーリーズにシェア可能
§ スタンプは回転したり、サイズを変えたり、移動できるほか、タップすると他のスタイルも楽しめる

ストーリーズにシェアできるのは公開アカウントのフィード投稿のみ。自分の投稿を他の人のストーリーズにシェアされたくない場合は、設定で簡単にオフに設定ができる。
なおAndroidでは本日から利用可能。iOSは今後数日のうちに機能が導入される。

フィード投稿をストーリーズにシェアできる新しい機能




広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から九巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員