ラテ飼育格闘日記(599)

気温差が激しい。冬に逆戻りかと思えば熱中症患者がでたりする日もある。ラテも文句こそ言わないが気温には敏感だけにオトーサンも気を付けてあげなければならない。すでにラテのために冷房を入れる日も出てきている。


ものの本よれば毎回ワンコとの散歩は30分程度は必要とある。オトーサンもラテが幼犬時代には天気が悪い日は別にして30分で戻ったことなどほとんどなかった。
1時間とか1時間半は毎回歩いていたからだ。その上、馴染みの公園に行けば多いときには十数匹もの知り合いワンコと顔を合わせることになったり、小学生女子らが勇んで遊んでくれるものだからリードを持っているオトーサンもマジで駆けずり回っていたものだ。

Latte599_01.jpg

※石畳の上でご機嫌


それに比べれば最近の散歩は随分と楽だ。いや、楽なはずだが忘れてはならないのがオトーサンもこの10年で体力がかなり落ちていることだ(笑)。
到底あの頃のように子供たちと全速力で走り回ることは無理だし、ラテも瞬発力はまだあるにしても持久力は衰えている。
そもそもこれからの時期は歩かなくなるので冬場の散歩とは違うことを承知の上で出かけなければならないが、距離を歩くのも辛いが同じ場所で腹ばいになって動かなくなるのもオトーサンにとっては辛い。

Latte599_03.jpg

※絶対動かないわよ !


とにかくラテは気分屋というか喜怒哀楽が激しいように思うので、楽しい嬉しいと思えば表情に現れるし動きも活発になる。まあまあ大げさといってもよいほどだ。
なにしろ散歩に出てオトーサンとラテは公園に、女房は近所のコンビニで買い物してから合流するからといって出かけたとする。そして10分とか15分後に女房の姿を認めるとそれまでグータラだったラテが俄然女房に向かって走り出すのだ。

Latte599_04.jpg

※10分前に別れたばかりなのに喜び勇んで女房に駆け寄る


そして声を上げ顔を舐めたりする。なにしろものの10分程前に別れたばかりだというのにその大げさなこと…。しか女房にとっては嬉しい対応に違いないが相変わらずオトーサンには無愛想だ(笑)。
相手によって態度をコロリと変える様は見事というしかない。
実は先日、いつも公園でラテを可愛がってくれる小学生Aちゃんが遊びに来てくれた。名目は3Dプリンターを使ってみたいということだったが、一時期ラテが喜びまとわりつくのでなかなかミッションが遂行できなかったほど…。

Latte599_02.jpg

※遊びに来てくれたAちゃんから離れないラテ(笑)


そうした好きな相手(人間)には敏感に反応するが、反面嫌いなというか警戒もまた敏感だ。
散歩途中で「あら、いい子ねぇ」などと声を掛けてくれる見知らぬ人には必ず吠え掛かる。視線を合わしただけでも吠える。ただし子供の場合は別だが…。
この場合の吠えるという行為は怒ったり威嚇したりというのではなく「あんた誰よ?」と言っているような気がする。要は怖がりというか人見知りなのかも(笑)。しかし吠えられた方は決して気持ちが良くないに違いない。

Latte599_06.jpg

※ファミリーのご主人には勇んでご機嫌伺い(笑)


我々人間は危険だとか嫌な相手といった場合は近づかず無視するという選択肢があるが、ラテもそうであればよいものの実際は不審な相手(あくまでラテがそう思う)といった人には向かって声高らかに吠え掛かるので飼い主のオトーサンの立場を悪くする(笑)。
嫌な相手、近づきたくない相手なら避ければよいと思うが、歩道の真ん中でスマホを操作して固まっている人、暗い場所で電話をしている人、申し訳ないが凄く太っている人、大荷物を持っている人、杖や棒きれを持っている人、腰の曲がったお年寄り、本当に見るからに怪しい人(笑)等などが近づくと吠えるのだ。

Latte599_05.jpg

※ファミリーのオカーサンには首を捻って口元を舐めに行く


したがっていまではこちらに歩いてくる人でラテが吠えるであろう人物はあらかじめ分かるようになっているからオトーサンはそうした人が近づくとラテをオトーサンの反対側に寄せてリードを短くし、場合によってはその場に立ち尽くして過ぎ去るのを待つ。
しかしせっかくオトーサンが配慮してラテを固定しているのに近づいたお婆さんは「あら、どうしたの?」と声を掛けてくれる。無論ラテは勇んで吠えだし、お婆さんは「あら御免ね」と言って去って行く。
中には「わたしゃ犬好きで吠えられたことはないんだけどね」と嫌みを言われる場合もある。オトーサンはただただ「済みません」と謝るしかない。
これからは歩くより歩道などでも腹ばいになっていることが多くなる季節だからして様々な人が声をかけてくれる機会が増えるのだ。
オトーサンの憂鬱はしばらく続く…。



ラテ飼育格闘日記(598)

雨が続くし九日の朝など外気温が九度と寒い。それでも散歩を中止するわけにはいかないのでオトーサンはラテにレインコートを着せ、フル装備でお出かけとなるが今朝のラテは些か元気がない。


いや、別に体調が悪いと言うことではない。
昨晩ラテは女房の口元にまたまた傷を負わせてしまったのだ。そのため大好きな女房からかまって貰えず無視されているのでしょんぼりなのである。
程度問題犬猫は自分で自分の体というか毛並みなどをメンテナンスする。
具体的には舌を使って舐め回し、時には歯を立てて肉球をガシガシと囓ったりもする。

Latte598_01.jpg

※ちょっとしょんぼり?


その上にラテはアトピーなので自分の肉球を囓って血を出したり、顔を後ろ足の爪で掻き壊して内出血させたりと随分と苦労してきた経緯がある。
ということで現在も朝夕にアトピー緩和の薬を飲ませているが完治は難しく時々ガシガシに夢中となり止めようとするオトーサンにも「ウッ」と歯を向けるときがある。

Latte598_02.jpg

※相変わらずのストライキが続く(笑)


勿論噛みつくことはないが,人間で言うなら「五月蠅いわね!」とでもいいながら手で相手を振り払おうとする行為なのだろうがそこはワンコだ。歯が当たれば痛いし時に出血もする。
女房にもガシガシと夢になっているときには顔を近づけるなと言っているが、そこはオトーサンより優しいというか甘いというかこれまでにも何度かやられている(笑)。

ラテもやった後で「しまった」と思うようだ。人間の思いとは違うだろうが、罪の意識と言うよりやってはいけないことをやってしまった後ろめたさみたいなことを感じているように思う。
女房は意識的にラテと視線を合わさず言葉も掛けないで寝てしまったが、翌朝オトーサンが気がつくとラテはオカーサンの蒲団の脇に体を乗せて添い寝しているではないか(笑)。そしてその表情はどこか心配そうな顔をしているようにオトーサンには思えた。

Latte598_06.jpg

※女房の枕元で心配そうな表情のラテ


そんなラテだが実に外面はよい。当たり前ではあるが、散歩中に出会う子供たちに歯を向くようなことは一度もない。だからでもあるが登校途中の子供たちはラテの姿を見ると「ラテちゃ〜ん」と声を張り上げて駆けてきてくれる。まあまあワンコ冥利というかオトーサンにしても飼い主冥利につきる。

Latte598_03.jpg

※「ラテちゃ〜ん」と声を張り上げて駆けてきてくれる学童たち


そういえば先日、ラテを可愛がってくださるご近所のファミリーのご主人に初めてペロペロしたことを書いたがその後興味深いことがあった。
ゴールデンウィークだったことでもありファミリーのご主人もお休みだったからかオカーサンと一緒に公園にいらした。
オトーサンたちが公園に入っていくとラテを向かえるようにご主人とオカーサンとが並んでしゃがみ込んで下さった。ラテは尻尾をブルンブルンと振りながら口を開け、喜び勇んで近づいていく。

興味を持ったのは並んで座っておられるご夫婦のどちらにラテが先行するかだ。すでにご夫婦共にウェルカムのポーズを取って下さっていたが、当然のことながらご主人にも吠えなくなり先日初めて顔をペロペロしたラテとはいえオカーサンに向かうだろうと思っていた。
しかしどうしたことかラテは迷うことなくご主人の差し出す両手の中に顔を入れ、舌をチョロッと出した。
オカーサンは苦笑され、冗談に「ちょっと妬ける」と笑った。

Latte598_04.jpg

※ご夫婦並んで向かえて下さったが、驚いたことにラテはまずご主人に挨拶した!


勿論その後すぐラテはオカーサンの両手の中にいたが、ラテの心理…心理と言ったものがあるとすればどのような気持ちでまずご主人に向かったのだろうかを思うと興味深い。

本当の所は知る由もないが、ラテとしては旧知のオカーサンではなくまずは最近友達となったばかりのご主人に挨拶し、それからゆっくりとオカーサンに挨拶しようとでも思ったのだろうか。
いずれにしてもはやりの言葉でいえば、ラテにも何らかの忖度があったに違いない(笑)。



ラテ飼育格闘日記(597)

初夏まっただ中の季節になった。天気が良い日は少し暑いくらいだがオトーサンにとっては清々しくて良い時期なのだが相変わらず我が娘は外にはいたいものの歩きたくはないという態度が続き散歩の体をしない毎日になっている。それを何とか騙しだまし、時には強制的に歩かせる訳だが体力も必要だ。


強制的に…と言っても伏せているラテをハーネスを引き上げて立たせることは出来ても歩かせるのは難しいしオトーサンの腕には体重と反発力が加算された重さがかかわるわけで実にしんどい。

Latte597_01.jpg

※暑いの嫌いです !


確かにラテも来月には満12歳になるわけで幼犬時代のようなスピードでは歩かなくなっているし無理強いをしたくはない。しかし家を出てものの5分も経たないのにコンクリート面に腹ばいになり、大きな橋を渡ろうとするのに真ん中でエンストを起こし、ファッションセンターしまむらの石造りのエントランスで腹ばいになり、市立競技場の階段上でまたまたお休みとなる。

Latte597_02.jpg>

Latte597_03.jpg

Latte597_04.jpg

※ラテ御用達のお休み所(笑)


おっ、なかなかスムーズに歩いているなと感心していると馴染みのベンチにスタスタと向かい、飛び乗ってご休憩と相成る。
絶対に歩いている時間より止まっている時間の方が多いはずだ。
それでも散歩は必要だからとオトーサンは今日もリードを手にしてラテを連れ出すが、これまたゴールデンウィークに突入する関係上子供たちと出会う機会が少なくなるし少しでもラテを満足させるためにいろいろと工夫が必要になる。

Latte597_05.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンとご挨拶


そういえばこれからの季節の散歩は外気温に注視し、なるべく高い時間帯の散歩は避けなければならない。真夏にはまだ間があるが一般的なワンコは路面にお腹が近いこともあり、我々人間が感じている温度より暑く感じているからだ。
もうひとつは冬期と比較して水を飲む機会を増やしてあげたい。
人間だって喉が渇くわけで、ワンコもある意味同じだと思うが、ラテが散歩中に「水飲みたい」と要求する様は三種ある。

ひとつは歩きながらオトーサンの脹ら脛をマズルでツンツンと突くことだ。これには水の要求だけでなくオヤツを欲しいとか気を引きたいときなどもあるがアイコンタクトすると舌を舐める仕草をするときは水が飲みたいというサインである。したがって安全な場所に移動し散歩用バッグに携帯しているペットボトルの水を飲ますことになる。

2つ目は散歩中に自動販売機の前で座り込むことだ。
ラテはこの機械は願えば水が出てくる事を知っている(笑)。それは幼犬時代からオトーサンが自動販売機で水を飲む残りをラテに飲ませていたからに違いない。特に散歩ルートにある数個の自動販売機は水購入の機会が多いからか、道路の反対側を歩いていてもスタスタと横断し、販売機の前にちょこんと座りオトーサンにアイコンタクトする。

3つ目も要求は明白である。なぜなら、公園などに設置されている水飲み場にオトーサンを引き、そこでアイコンタクトする。

Latte597_07.jpg

※水飲み場にオトーサンを引っ張っていく…


オトーサンは下向きの蛇口をラテが飲みやすい角度に変え、水の勢いも強からず弱からずに整え、かつ十数秒水を出しっぱなしにしてから「ラテ、いいよ」と勧める。
容器から飲んだり、ペットボトルから直接飲むのとは違った感触を楽しんでいるかのようにしばしマズルを水浸しにしながら水を噛むようにしている様は面白い。

こうした水の飲ませ方をいつつ、散歩から戻り体を綺麗にする際には冷蔵庫で冷やしてある冷たい水を飲む飲まないは別にしてラテの前に置いて上げる。
あれほど外で飲んだのに…と思うほどがぶ飲みすることもあれば、ペチャペチャ舌を動かすが水はほとんど減らないときもある。何だかグジュグジュして口中を濯いでいるだけの時もあるようだ。
ラテが歩かないのは大変だが、初夏の散歩を十分に楽しみたいものだ。




ラテ飼育格闘日記(596)

日中の気温が高くなってきた。事実日向を歩き回るとうっすら汗をかく陽気だ。外気温は26℃くらいだがラテにとってはそろそろ歩きたくない気温のようで散歩途中のエンストが多くなりオトーサンを悩ませる季節の始まり…。


ラテはありがたいことに全体的には健康といって良いのだろうが歳でもありその歩みは一時期より大分遅くなっている。それでも散歩や遊びのときに注視していても嗅覚はもとより視覚や聴覚にも異常がないようで喜んでいるが、厄介なのはこれから散歩に出ても歩かない季節となることだ。

Latte596_01.jpg

※ラテはお陰様で元気です


しかし排泄時はもとよりだが家の中より外に出たいという気持ちはあるようで、ハーネスを着けるとオトーサンの出かける支度などおかまいなしに玄関に向かい、そこで早くしろと「ワンワン」吠える。
それほど散歩に出たのなら歩くのかと言えばそうではないところが困った娘で、涼しい…冷たく気持ちの良い場所に腹ばいになってしまうのだ。

Latte596_04.jpg

※橋の真ん中に腹ばいになってしまった


それが歩道の真ん中だったり、公園の砂場の日陰だったり、近隣にあるファッションセンター「しまむら」の店先にある石造りのエントランスに座り込み腹ばいになってしまう。
まあ5分やそこいらならオトーサンも「お〜よしよし」で付き合ってもよいがこれが10分とか15分、いやそれ以上経っても動かないとなれば心穏やかではいられない。

Latte596_03.jpg

※石造りの場所は気持ちが良いことは分かるが、お店の前だと営業妨害だ(笑)


人が行き来し、時に自転車も通るしワンコ連れの人も通る場所に10数分も立っていなければならないのは辛いことだし邪魔だ。だから数分立つとリードを引いて歩こうとするがラテはガンとして動かない。
こういうときこそリードは単に引くのではなく上に引っ張り上げることになる。そのためのハーネスでもあり、これが一般的な首輪なら喉が締まって「げっ」ということになる。

Latte596_02.jpg

※通学時間に大好きなAちゃんと。行き交う人たちが不思議そうに振り返っていく


体重19.3 Kgのラテを引っ張り上げるとラテもやむなく少し歩き始めるが…というより歩くポーズをするもののオトーサンがリードを緩めればまたまた腹ばいになってしまう。
これが散歩中に何度も起きるわけで正直やっていられない。
その上にだ、事情を知る由もない通りすがりのオバサンは「ああ、歩くの嫌なの。可哀想に沢山歩かされたんだね。よしよしいい子だ」とか「可哀想に。少し休んでから散歩しないとね」などと言いながら去っていく。

Latte596_05.jpg

※ファミリーのオカーサンとご挨拶


まるでオトーサンが悪者だ(笑)。なにが「沢山歩かされたんだね」ですか!こいつはいま家から出てものの5分程度しか歩いていないのだ。
とはいえいちいち言い訳を他人にするわけにもいかずにオトーサンは苦笑いをするしかない。

そんなラテだが毎日は決して同じではないこともまた事実である。
例えばラテは子供なら初対面でもフレンドリーだが大人となると初対面はもとより、慣れていない人には必ず吠える。ましてや男性は大の苦手である。
先日公園に向かう途中でラテを可愛がってくださるファミリーのご主人にお会いした。聞けば公園に不審者がいたというので見廻りに出られたという。

ともかくファミリーのオカーサンや長女のAちゃんに会えば歓喜の声を上げて近づき口元を舐めに行くラテだが、ご主人にはやはり吠えて吠えてが2年以上続いていた。
無論ご主人はオカーサンたちと比べればお会いする機会が多くはないが、それでも最近は吠えるにしても頭を撫でさせたりするようになっていた。

Latte596_06.jpg

※ファミリーのご主人の口元をこの日初めて舐めた !


ご主人は早速座り込んでくださったが、ラテはどうしたことか吠えもせず尻尾を振りながら躊躇なく近づきご主人の口元を舐め始めたのだ。
無論初めてのことだった。やっとファミリーの関係に気がついたのか、ラテにとって安全な人だと理解したのか、ともかく大人の男性にこうした行為をするのはとても珍しいことだけに驚いた。
ラテも少しずつではあるが成長進化しているのだろう…。



ラテ飼育格闘日記(595)

過日ラテを美容室へ連れていったが、この時期はいろいろと動物病院にも関係が深くなる時期でもある。まず狂犬病予防接種を受けなければならない。これは必須だ。その他にそろそろフィラリアの薬を月1度飲ませる時期でもある。


その他、アトピーの薬と目薬を処方してもらうために動物病院へ行った。
その動物病院は狂犬病予防接種は午前中に受けるようにと指導しているので朝一番に向かった。なぜなら強い薬でもあり接種後万一体調に異変が出た場合に診療ができるからだという。

Latte595_01.jpg

※美容室、動物病院と立て続けに連れて行かれた…


ラテは動物病院へは美容室ほど怖がらない。月に2度アトピーの薬を散歩途中に処方してもらうため院内に入っても尻尾も下がらず震えもしない。痛いことや嫌なことはされないことを分かっているとしか思えない。
しかし今回は何かしらいつもと違うことを察するのか待合室でも心なしか震えている。
そして診察室へ呼ばれると尻尾も完全に下がってしまったがオトーサンは抱き上げて診察台に乗せる。体重は19.3kgだった。

Latte595_02.jpg

※動物病院の診察台の下で尻尾が下がり震え気味のラテ


とはいえ内診はもとよりお尻近くに注射をされてもピクリとも動かないし声も上げないのは見事。
面白いのは注射を終えて診察台から下ろした途端、これでもう嫌なことはないのだと悟っているのか尻尾が上がった(笑)。
今日一日は体調に変化がないかどうかを注視していてくださいと言われたが激しい運動は禁止。だからと言うわけでもないがゆっくりと歩いて自宅に戻った。

散歩と言えばここのところまとまったお湿りがなかったが、雨降りの日が続いた。
雨の日はレインコートを着せて散歩に出るが、ラテはこのレインコートが大嫌いなのでものの数分で戻ってしまうのはオトーサンにとって恵みの雨でもある。

Latte595_03.jpg

※レインコートを着せられ散歩に出る意欲を失った感のラテ(笑)


しかしレインコートが嫌いな理由はオトーサンにもおぼろげながらわかる。体を覆われるのは気持ちの良いものではないだろう。
それと比較するのもおかしいが、首輪やリードを付けるのはなぜ嫌がらないのかと常々思う。
散歩から戻り、身体全体綺麗にする際には首輪も外すが、処置を終えて首輪を着ける段になって嫌がるとか反抗するといったことは1度もない。

Latte595_05.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンとご挨拶


また散歩の際に首輪はともかく最近はずっとハーネスを使っているがラテはこのハーネスも嫌いでオトーサンが手にして「ラテ散歩だよ」と近づくと逃げる(笑)。
しかし首輪を着けようとするときには自分から首を差し出すようなときもあるくらいに抵抗がない。
無論首輪とハーネスは体を覆う面積も違うし位置も違うが、首輪だってあらためて考えれば本来はない方が気持ちが良いのではないかと思うのだが。

Latte595_04.jpg

※子供たちに囲まれてご満悦


たぶんにワンコにとって首輪は我々の下着みたいなもので、それがないと落ち着かない存在になっているのかも知れない。
首輪を点検し、ハーネスを緩くなくキツくない程度に装着し、リードの金具などに破損がないかどうかを確認の上でオトーサンは散歩を開始する。
さて、公園にはお馴染みの子供たちが遊んでいるのだろうか…。



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から八巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員