ラテ飼育格闘日記(624)

近隣でも紅葉が目立つようになった。オトーサンは紅葉や気になる草花などにカメラを向けるがラテはと言えば地面をクンクンするばかり(笑)。新しいハーネスの具合もよいので長距離を歩くようになったが相変わらず気まぐれの散歩が続いている。


ラテと四六時中一緒に暮らしているわけだが、始めから飼い主にさえベタベタするワンコでは無かった。YouTubeやらのネットには大型犬にしても飼い主が寝ていればそのベッドに上がり込み、体を寄せたりと飼い主さん大好きを目一杯表しているワンコが目立つが正直羨ましい…。

しかしこればかりは個性なのだろうから強要もできないし仕方のないことだが、ラテは「寂しがり屋の独り好き」といってよいワンコのようだ。

Latte624_01.jpg

※ご機嫌な表情


オトーサンに限って言っても、食べ物でも持っていなければまず寄ってこない。ましてや日常で体を寄せたり甘えに来るようなことはまずない…。
ただし何か怖いことがある時だけ、抱っこを要求したりオトーサンの仕事部屋に来て足元に蹲るといった程度だ。ましてや口元を舐めに来たり、オトーサンが寝ている橫に体を横たえるということもない。極々珍しく側で横になるかと思えばオトーサンの顔の前には奴のお尻があるといった感じ。
どうにもオトーサンと顔を突き合わせることを避けている。

Latte624_02.jpg

※近隣でも紅葉真っ盛


これが女房となれば些か対応が違う。朝などは顔を舐めて起こしにくることがあるし、そのまま横になってしまうこともあるが、この場合は頭は揃っている。
とにかく幼犬時代から見知らぬ人にはよく吠えるワンコだったからオトーサンは結構苦労したものだ。ただしそれは大人に限ってと言うのがまた面白いというか不思議である。

Latte624_06.jpg

※通学途中のAちゃんに会えて喜ぶ


子供はもとより高校生あたりまでは初対面でも自分から近寄りアピールしたりする。やはりこれは大人という存在になにかトラウマでもあったのかと思ってしまうがラテは黙して語らない(笑)。
なにしろ現在の場所に越してきてから丸5年になろうとしているが、大人でフレンドリーに近づくのは女性が三人、男性が一人だ。これはいかにも付き合いの良いワンコとはいえない。

そんなラテだが先日女性の方がお一人増えることになった。
ラテを可愛がってくださるファミリーのオカーサンはその姿を見つければ「ウォーン」と声を上げ、座り込んでくださればその口元を舐めにいくが、公園ではその顔見知りのオカーサン方も多々いらっしゃる。しかし近づけば吠えるので始末が悪いのだが先日そうしたお一人が公園にいらしたとき、その脇を通ったらラテは自ら近づこうとした。
ワンコ好きの方だとお聞きしていたので「これはもしかしたらと」リードを少し緩めると差しだして下さった手の臭いを舐め、さらに近づき笑顔で顔を見上げているではないか。

Latte624_05.jpg

※数日前まで吠えていた方にラテは自ら近づいて愛想を振りまいた


そのオカーサンも「あら、認めてくれたのね」と喜んでくださったが、そのお子さんも公園で遊んでいてラテを撫でてくれたりするし、ファミリーのオカーサンとご一緒のときも多いようなのでやっと気を許したのだろうがそれにしても時間が掛かりすぎる。
ともかく一般的には男性より女性が好きだし年寄りは嫌いなようだ(笑)。

先日も近隣のマンションから出てきた白髪の女性がにこにこしながら近づき挨拶していただいた。短い立ち話だが2匹目のワンコに死なれたということらしくワンコ好きとのこと。
手を出して臭いを嗅がせて安心させようとしてくださるがラテは終始吠えっばなしだ。初対面とはいえ飼い主の体面というものもあるから、もう少しフレンドリーな態度を取って欲しいものだが12歳になってもこうした傾向はまったく変わらない。

Latte624_03.jpg

※愛犬を亡くしたという初対面の女性が話しかけてくれたが、断固吠え続けるラテ ^^;


まあ、我々は一概に吠えると一括りしてしまうが、吠え方やそのボディランゲージには些かのバリエーションもあるから全て飛びかかって噛みつくぞということではないのは確かだ。
明らかにある種の挨拶と思われる吠え方もあるが、やはりラテは誰でにでも尻尾を振るタイプのワンコではなく慣れない大人の方を友達と認知するには長い時間がかかるのは確かなのだ。



ラテ飼育格闘日記(623)

ラテのために先週は二つのアイテムを新たに購入した。ひとつはストラップ型のハーネス、もうひとつは食器台である。ハーネスはこれまで使っていたものは背から腹に被せる式だったためかラテが装着するのを嫌がったためと同時に不要な引きを軽減できるのではないかと思ったからだ。


Latte623_01.jpg

※よい季節になってきました


食器台はしばらく前から考えていたことだが、これまでは水の容器にしろ朝晩の食事の容器にしろ床に置いていた。勿論何の支障も無くこれまでそのやり方で過ごしてきたが、観察していると加齢も関係するのか些か首を下げるのが面倒な様子が見られたからだ。
とはいっても食事を残すといったことがあったわけではないが、ラテは中型犬としては背までの高さもあるしマズルを床近くにまで下げ続けるのは大変かな…と思った次第。

Latte623_03.jpg

※新たに食器台を購入


ネットで調べて見ると材質は何であれ、食器をある程度の高さに置くための台が多々あることに気づいた。
ということで早速女房が買ってくれたわけだが、確かに見ていると頭をほんの少し下げればよい高さに調節したので楽そうである。

なお高さは何段階か調節できるのでもしもっと低く、あるいは高い方が具合がよさそうならすぐに変更できる。
日中はこの上に大ぶりの容器で飲み水を入れておくようにしているが、朝夕の食事の際にはメインディッシュとプレーンヨーグルトの容器を置くと少々狭くなるものの食べやすいのが第一だ。

Latte623_02.jpg

※ハロウィンにAちゃんがゾンビメイクで来訪


さてもうひとつは散歩時に使うハーネスである。
これまでリードを引く際に首に負担がかからないようにと背中からお腹近くまでを覆う形のハーネスを使っていたが、装着の度にラテは嫌がり逃げ出すのが定番になっていた。また前回の日記に書いたが、リードを繋ぐD管が背にあり首に力が加わらないからと時にラテの引きはかなりの強さとなりオトーサンの手指が辛い場合があったのでそれの改善も期待してEasy Walk Harnessという製品を買ってみた。

Latte623_04.jpg

※ストラップ式ハーネスを着けてみました


メーカーの主張によれば、お散歩中のひっぱり防止に効果があるということだが、なによりも幅2.5センチのストラップなので装着した際にこれまでの物とは違い圧迫感がない。
特徴のひとつにリードを繋ぐD管が胸の前側にあり、リードをひっぱると胸部のストラップが締まるためワンコの肩甲骨と胸がおさえられて前に歩き出そうとする力を小さくしてくれるという(うむ、よく分からないが…笑)。その結果、ワンちゃんを自然と横に誘導することができ、ひっぱりを無理なくおさえる事ができるというのだが、さて…。

Latte623_05.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンとご挨拶


ともかく装着しようとする際に以前より嫌がらないことは確かだ。ただし前記の通りリードの先は首でも背でも無く胸だという点に飼い主のオトーサン自身が慣れなければならない。
真っ直ぐ前に引っ張るときには何の問題もないが左右にリードを寄せる場合にまだ慣れないのでオトーサン自身に違和感があるものの全体的な印象としてはなかなか良さそうだ。
これから気温もより低くなりラテとの散歩時間が長くなるはずなのでお互いが少しでも楽になるのは嬉しい。


ラテ飼育格闘日記(622)

ラテを動物病院に連れて行った。とはいえ別に病気だとか怪我をした訳ではなく年一度の5種混合ワクチン接種のためだ。薬だけ取りにいく場合は平気なのにまるで注射をされるのが分かっているとしか思えない泣き声を上げて待合室から出たがるのだから面白い。


Latte622_01.jpg

※歩みは遅いが長距離を歩くようになった


オトーサンは診察台にラテを乗せるのに些か大変だったが、500gほど太ったようだ。しかし注射をされたときもピクリとも動かず、声も上げなかったのは見事だった。
その日は散歩も短めにして済ませたがその反動か、翌日の朝はなんと1時間40分も歩いた。

Latte622_02.jpg

※動物病院の待合室で不安そうな表情


その朝はここ数ヶ月は通ったことの無い道をゆっくりではあるが進むラテ。ちょうど小学校の登校時間に重なったようで十数人の子供たちが前方からやってくる。オトーサンはワンコ嫌いな子もいるだろうとリードを短めに持ち、道の端に寄って歩いていると高学年の女子二人から続けて「おはようございます」と挨拶された。
まったく面識も無い子供たちに挨拶されるのはとても嬉しい。これも多分にラテを連れているからだと思うが、この娘…元気なことは嬉しいがなかなか一筋縄ではいかないので厄介なときもある。

Latte622_03.jpg

※続けて二人の小学生から「おはようございます」と挨拶された


厄介というと語弊があるかも知れないが、ラテは決して無闇に引きが強いワンコでは無い。ただし時に嫌いなワンコとすれ違ったりする際には強い力で引く場合もありオトーサンの手に負担を増すことになる。
その原因のひとつはハーネスにあることは分かっている。どういうことか…。
無論最初は一般的な首輪にリードを着けて散歩していた。しかし動きが激しい場合にもオトーサンはリードを外さないので時にガクッと引いた状態となりラテは首が絞まる形で「ゲッ」となる時があった。また原因はなんであれ強くリードを引きオトーサンがそれを止めようとすれば首輪に力が集中しこれまた首を締めることになる。

首輪にリードがついているということはリードの引きが直接頭に響き、オトーサンの「ダメ」という意志がストレートに伝わることがメリットだ。したがって普通はリードの引き合いはなくオトーサンが「ツンツン」といった具合に軽くリードを引くことでラテは方向転換あるいは行為を中断せざるを得ないことになる。

Latte622_05.jpg

※跨がられても怒りません


しかし数年前から首に負担がかかるのは可哀想と思うに至りハーネスを使うことにした。すると当然のことながらリードの先は首では無くハーネスのデザインにもよるもののかなり背中寄りのD管となる。ということはラテの立場になればリードをかなり強く引かれたところで首はもとより苦しいところも痛いところもないわけでより目的を遂行しようと引きが強くなる。

そのことがオトーサンの両腕に大きな負担をかけるようになってきたのが問題だった。別にラテの行動が急にリードを強く引くようになったわけではなくオトーサンの加齢の関係もあり腱鞘炎の手指にバネ指が加わるという辛い状況となったのである。
ということでこれはラテにも負担を半分負って貰おうかとハーネスを止め、リードを首輪に付けるよう戻すことを試みた。

Latte622_04.jpg

※子供たちに囲まれながら水分補給


ただしひとつ問題がある…。これまでの経験からラテの首が太いからか、緩く締めているわけではないものの時にリードをマズル側に引くと首輪が外れてしまうことがあった。ある時などルンルンで歩いていたがふとリードに抵抗がまったくないのに気がつき振り返ると首輪が取れていた。しかしオトーサンも気がつかなかったがラテも気がつかず、いつものようにオトーサンの左側に付いて歩いていたというわけ。
しかし何ごとも無かったからよいものの、猫でも横切ったら飛びかかるのは必然だから運が良かっただけだ。

ということでオトーサンの苦肉の策を試してみることにした。それは簡単に言うなら首輪とハーネスの間を樹脂製バックルベルトでつなぐことだ。そして無論リードは首輪に付けるがこうしておけばもし首輪が抜けた場合もまだハーネスに繋がっているので安全面で問題はない。

Latte622_06.jpg

※ハーネスと首輪を繋ぐ試作品


試作したものを実際に試してみたが、ラテの感想は聞けないものの(笑)、ツンとリードを引けば順応してくれるし強い引きも首に負担がかかることから大きく軽減することは間違いなかった。

後の仮題は丈夫で安全面に注意しつつ、小型化を図ることだ。
オトーサンの工夫と格闘は続く…。



ラテ飼育格闘日記(621)

近郊でワンコを飼っている方が随分と増えたように思う。オトーサンたち自身がワンコを飼うためにこの地に引っ越ししてきたわけだから良い環境であることは間違いない。ワンコ好きのオトーサンにしてみれば様々なワンコに行き会え嬉しいが反面中にはマナーを守らない飼い主もいて悩ましい…。


さて、来月は11月はラテと初めて出会った記念すべき月だが早くも12年が経とうとしている。横浜のとある動物病院で開催された里親会に出向いた際にそこで生後8カ月のラテに出会った。
どこから見ても雑種で(笑)。これといって特長があったわけではないがたまたま係の方に「リードを持っていてくれませんか」と言われたのがラテだった…。

Latte621_01.jpg

※気温が低くなりやっと小一時間歩くようになってきた


それでもオトーサンたちは向こうで数人に囲まれているキャバリエに目移りしていたが、気がつくとすでにめぼしいワンコたちは申込み者が重なり抽選といった具合になっていた。しかしオトーサンたち夫婦の間にちょこんと座っているラテは2時間近く経っても売れ残りのようだった。
結局女房の「ワンコらしくていいんじゃあない」という決断でそのラテを貰い受けることにした。それにオトーサンの顔を舐め回してイイコぶりを遺憾なく発揮していたのも好印象だった。
2006年11月12日の日曜日のことだった。

Latte621_02.jpg

※夕日がオトーサンとラテの長い影を映し出す


オトーサンはワンコ好きを自負していたが飼うのは初めてだった。早速十数冊のワンコのトレーニングや習性といった類の本を買い込みにわか勉強をしたし、訓練のノウハウを収めたという高価なDVDなども手に入れた。
その結果、ワンコとはどのような生き物なのかといったことについては大いに勉強になったが、ことトレーニングに関することやワンコとのコミュニケーションの取り方といった類のことについては正直あまり役に立たなかった。というよりほとんどの本が通り一遍の解説だけで疑問は膨らむばかり。
さらに実際に散歩に出てリードを持った感想と多々印象が違うのだ。

Latte621_05.jpg

※可愛がってくださるファミリーのオカーサンと


ただしどうやら大切な事は飼い主としてのリーダーシップを取ることだという点については納得できたので単に甘やかすだけでなくオトーサンの指示にきちんと従うようにと日々努力することにした。
とはいえラテを警察犬とか盲導犬にするわけではなくペット、家族として一緒に生活することが目的でありいわゆる厳しい訓練といったものの必要性を感じなかったがリーダーシップをとマズルコントロールやリードを引くときの歩き方といったあれこれは勉強しながら毎日実践してきたつもりである。

Latte621_03.jpg

※大好きなAちゃんが現れるとこの表情だ(笑)


そうした中で一週間ほど経ったとき、ラテの性格の概要といったものが分かった気がした。
まずは幼犬だったことでもあり好奇心満々であること、その割には臆病であることだ。すれ違う人に興味を持つものの視線を合わせただけで大人には吠えるものの初対面の子供には自ら近づいてお腹を見せる。そして「寂しがり屋の独り好き」というかかまってもらいたい反面、あまりベタベタされるのは好きではないのだ。
とはいえ新米飼い主のオトーサンには結構図々しいところも見せ始めた。

例えば靴紐を直そうとしゃがみ込んだとき、オトーサンの背に両前足を乗せて廻りを見たこと。人混みの中、危ないからとリードを極端に短く持って歩いたのが気にくわなかったようでリードを伸ばすと数回オトーサンの腰を両前足でドーンと蹴りやがった(笑)。
そもそもがラテは誰にでも尻尾を振って愛想良くするワンコではない、あのコンラート・ローレンツ博士の言うところのオオカミ系のワンコに違いないと確信した。それにワンコと一括りにするが我々人間同様に性格がそれぞれ違うことにも気がついた。
本を読んだところでそのすべてがどのようなワンコにもピタリと当てはまるはずもないのだ。

Latte621_04.jpg

※小雨降る中の散歩。ガード下でしばし雨宿り


したがってラテはオトーサンを信頼していることは分かっているつもりだが、何ごとにも素直に言うことを聞くとは限らない。幼犬時から自己主張が強いのだ。
ということで何度も書いているが当該日記のタイトルに「格闘」の2文字をつけたのは大げさでも何でもない。日々知恵比べ、力比べ、根競べの連続なのだ。
「この分からず屋め」「根性悪し」「頑固者め」などと日々オトーサンはラテをなじったりするが、ふと考えればラテはオトーサンの鏡でもあることに気づかされる(笑)。




ラテ飼育格闘日記(620)

近隣の小学校運動会が雨で中止となってしまったが、翌週にプログラムを組み直した競技が開催されることになったのでオトーサンは勇んで行って来た。さすがに天気も良く気持ちの良い運動会となったがウィークディなので親御さんたちの参加が少ないと思っていたが、意外に若いパパたちの姿が多く見られたのには驚いた。


オトーサンのミッションは前回と同じくAちゃんの雄姿をカメラに収めることだ。あからじめいただいたプログラムによれば「80メートル走」「棒引き」「小玉大玉おくり」と閉会式にマイクの前に立つというのでその心づもりをして事に望んだ。

Latte620_01.jpg

※アタシは元気です


最初は80メートル走に挑むことに。あらかじめゴールに近い場所に早めに席取りしたため見通しはよかったしカメラも望遠に強い機種を持参したものの問題も多いことが分かった。
ひとつはゴールを狙うつもりだがちょうど逆光の時間帯だったこと、そしてなによりも肉眼でフレーミングの当たりをつけたかったが私の視力ではAちゃんがどこにいるのかの判別ができそうもなかった…。

Latte620_04.jpg

※80メートル走のゴールを狙って!


必然的に安全策として6コース全部が入るようにセッティングしたため間違いなくゴールするAちゃんの姿を捕らえることが出来たもののアップの雄姿は無理だった。
これは後の「棒引き」「小玉大玉おくり」でも同様だったが、そもそもこの二度目の運動会は団体種目が多いのだ。
「棒引き」は4年生のみだからまだ良いものの、全校生徒で行われる「小玉大玉おくり」はどこにAちゃんがいるのかも分からず不本意な結果となったが、それでも準備のためにクラスメイトたちと一緒にいるAちゃんの姿のアップをいくつか撮ることが出来た。

Latte620_05.jpg

※4年生の棒引きは紅組の勝利


Aちゃんは運動会スタート前の表情は些か硬かったが、夕方に馴染みの公園で会ったときにはすべてのプレッシャーが無くなったからだろう、いつもの天使の笑顔でラテを迎えてくれた。
そのラテはといえば気温が低くなったために天気であれば随分と歩くようになってきた。ただし歩みそのものはしっかりしているもののスピードはかなり遅い。

Latte620_03.jpg

※登校途中の学童たちに囲まれてご機嫌


オトーサンと違ってラテは「膝が痛い」とか「腰が痛い」などと言わないが12歳を越えたわけだから些か足腰が重いのかも知れない。
そんなことを思わせる行動も目立つようになった。
それは寝ている時、寝返りとは別に後ろ両足を突っ張る動作をすることだ。そしてそもそもが部屋の隅で好んで寝るために壁やときにはサッシの窓硝子を蹴飛ばすこともあって結構五月蠅い(笑)。

Latte620_02.jpg

※可愛がっていただいているファミリーのオカーサンと遊ぶ


こうした動作は幼犬のときや成犬になってからも覚えはないのでここ一年くらいの事だと思う。何故かは想像するしかないが、足腰が怠いとかオトーサンたちでいうところの辛い部分があるのかも知れない。

とはいえ引く力、踏ん張る力も強いし、足を引いて歩くような素振りはない。そして興が乗れば走り回ったりもする。
また今のところ日々注視しているが視力や聴力にも全く問題はないように思う。
ということで、さらに気温が下がればラテも落葉の上などで走り回るに違いない。ラテとの運動会は11月かな(笑)。




広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十二巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員