ラテ飼育格闘日記(590)

当該日記のNo.588に「当該日記に限らないが、いつもいつも日記を書くに最適な出来事があるとは限らない。というより普段の日常は至極平凡なものだ。そうそう大事件があっては困る。」と記した。しかし先日久しぶりに…といっては語弊があるが、肝を冷やす出来事があった。


朝の散歩だったが、雨が上がったばかりといった天気で路面もまだ些か濡れていた。
オトーサンは近隣の公園へとラテを連れて出たが、一時暖かくなっただけにこの数日また寒くなったから余計に冷えを感じる。
それでもラテは相変わらず元気にアイコンタクトしながら歩く。

Latte590_01.jpg

※ラテはお陰様で元気です


公園内には誰もいなかったし砂はまだ湿っていたからオトーサンは中に入らず公園の周囲を一回りするつもりでいた。
その一郭を歩き始めたときラテが後ろを振り向いた。
みれば大型犬のゴールデンラブラドゥードルか、女性に引かれて散歩している姿を見た。しかしオトーサンたちの後を追ってくる気配はないので安心してそのまま進むことにした。

Latte590_02.jpg

※元気だけどお休みモードも多い…


その後一分ほどか、ラテが急に立ち止まって後ずさりした。
何ごとかと思ったら先の大型犬が公園内に入り、そこでオトーサンとラテの存在を知ったらしく石垣のフェンスの上にいたのだ。
しかしリードは飼い主が保持しているからとそのまま歩こうと思ったとき事が起こった。

大型犬は高さ80センチほどの高さからラテに向かって一方的に突進してきた!

Latte590_04.jpg

※ノーリードの大型犬が飛んできた!


その時の様子がモバイルカメラに残っているので何度でも確認出来るが、当然飼い主は阻止しようとリードを引いたもののワンコの引く力が強い上にワンコは石垣のフェンスから飛び降りようとしたため1メートル少々の長さのリードを保持している飼い主はリードを持ったままだとフェンスから引き落とされると思ったのだろう、リードを離してしまったのだ。

無論そのワンコはこれまでラテと鼻面を付き合わせたこともないし飼い主と挨拶したこともない相手だから勝手も分からない。その瞬間のオトーサンの気持ちは正直「大変だ!」の一言に尽きた。
ゴールデンは一般的に大人しく人間に懐きやすいから番犬には向かないと聞いたことがある。したがってオトーサンに飛びかかって…ということはまずないことは分かっていたし、遊びたくて向かってきたのかも知れないが万一の場合はラテを守らなければならない。

Latte590_06.jpg

※大型犬はマズルに皺を寄せ典型的な怒りの表情を見せた


ラテもこれまで本格的な喧嘩をして噛み合った体験はないが、もし本気で喧嘩を吹っ掛けられたらどう考えても体型が違い過ぎるしラテに勝ち目はない。
大型犬が勢いよく飛んでくるのに数秒もかからなかったが、オトーサンはラテが幼犬時代にノーリードで近づいて来たコーギー犬に前足を噛まれた教訓から、いたずらにラテのリードを引き動きを止めずにある程度防戦させようとした。コーギー犬のときにはオトーサンがリードを引いたためにラテは防戦ができず簡単に咬まれてしまったからだ。無論それは程度問題であり時間稼ぎである。

相手の飼い主も慌てて駆けつけ取り押さえようとしたが激しく動き回るのでリードや首輪に手が掛からない。
オトーサンは仕方なく散歩用のバッグと手にしていた傘そして自分の足を盾にしてラテを守ることにした。ワンコがオトーサンを咬むとは思わなかったし、それしか方法が思いつかなかったこともある。
無論本音は傘の先で大型犬を叩くか突くかしたいところだったが、さすがにそれはやりたくなかった…。

Latte590_05.jpg

※ラテも応戦状態だが…


一瞬大型犬はマズルをめくり上げ唸った…。
オトーサンは正直「これは大事になるな」と冷めた覚悟をしたとき、やっと飼い主がワンコの首輪に手を掛けた。

ホッとしてラテを見ると尻尾は下がっていない。それなりに防戦体制を取り牙を剝いていたから相手も闇雲に飛びかかれないでいたのかも知れない。
大型犬の飼い主は仕切りに「ごめんなさい、ごめんなさい」と言いながらワンコを引いて行ったが、すべての責任は飼い主にある。ワンコがどうのこうのという言い訳はできない。

Latte590_03.jpg

※大好きなAちゃんと会う。嬉しさを確認するかのようにアイコンタクト


オトーサン自身、ワンコを飼いたいと思ったとき出来れば大型犬がいいなと考えたときがあった。だから大型犬の魅力は分かるつもりだが、その体力故にちょっとした油断で他人は勿論飼い主自身も不幸になってしまう。

なにしろその引く力は半端ではない。中型犬のラテでさえ本気で引き合うとかなりのパワーがあり女房ではタジタジとなるくらいだ。ましてや大型犬が本気でリードを引いたら一般女性では抗しきれないと思うからよほど訓練されたワンコでないと女性では無理ではないだろうか。
他のワンコを傷つけたりしたらそれこそ「すみません」では済まない。
愛犬家なら十分に注意と準備そして訓練を怠らないようにしたいものだが、次に出会った時が心配だ。



ラテ飼育格闘日記(589)

梅の花が咲き、桜の蕾も膨らみつつあるこの季節、散歩には最適のようだがオトーサンにはなかなかにしんどい毎日だ。反面ラテは歩く速度は速くはないがもし放っておくならいつまででも外を歩き回っているだろうと思わせるほど元気である。


寒さも和らいだから天気の日の散歩は気持ちが良いことは確かだ。しかし散歩を楽しめるには体力と気力が揃わなければならないが、オトーサンの歳になるとなかなか上手い具合にはいかない。
天候と体調とを考えながら朝夕の散歩のコースを考えて歩き出すが、なかなかオトーサンの予定通りにはいかないのも現実である。

Latte589_01.jpg

※さて、ラテ…今日の散歩はどっちだ!


この場所に来てすでに4年が過ぎた。そしてラテとの散歩は毎日2回が原則だしいつも同じ道を粛々と進むのではラテもオトーサンも面白くない。
だから正確に計ったことはないものの自宅を中心に半径2キロメートルあたりの場所は歩き尽くした感がある。
さらにこの地域は非常に起伏が激しく坂道は勿論階段も多く、数カ所160段以上の場所がある。

Latte589_04.jpg

※登ってきた階段を振り返るラテ


その上に春夏秋冬の季節を満喫できる場所でもある。
春には桜があちらこちらで満開となるしその名が「桜ケ丘公園」もある。秋には燃えるような紅葉のアーチが待っているから桜を見に、あるいは紅葉を見にあらためて観光地に行こうという気は起きない。

とはいえ散歩は行った道を単純に戻るのではこれまた興味は半減する。進みつつぐるりと回って戻ってくるコースをと考えているオトーサンだが、ラテはまったく協力する気が無い。
さらに梅が綺麗だからとオトーサンがスマホを構えてシャッターを切る瞬間に限ってラテがリードを引くために写真は手ブレで酷い結果となる。

Latte589_02.jpg

※オトーサン、レインコート着せられたけど雨降ってないぞっ


そして風景の醍醐味となっている起伏の激しさは足腰が弱ってきたオトーサンには楽しめなくなりつつある。階段もきついし坂道も辛い。
また今更ではあるが歩きながら道々の風景を楽しむのならまだしもワンコとの散歩はそれが目的ではない。なにしろ我が娘は当然と言えば当然だが、地べたばかりに目を向けクンクンしながらの散歩だからして自然にオトーサンも変な物を口にしないかを注視する習慣がついている。したがって顔の横に装着したモバイルカメラの映像のほとんどは地べたしか映っていない…。

Latte589_03.jpg

※大好きなAちゃんの姿に歓喜の雄叫び


しかしそれはワンコの特性であるからして「地べたを見ずに空を仰げ」といったところで意味は無いしワンコは嗅覚で世界を認識しているというくらいなのだからできるだけ尊重するしかない。
とはいえ歩道に7メートルほどの感覚でずらりと木が並んでいるその一本一本を丁寧にクンクンされてはたまらない(笑)。
「せめて一本おきにしろっ!」と思わず文句をいいながらリードを引くオトーサンだ。

それでもオトーサンとアイコンタクトしながらの散歩はなかなかに楽しい。
オトーサンは「ラテ!」と呼びかけると顔をこちらに向けるラテだが、ラテの方も声には出さないがオトーサンに意思表示する。
それはオトーサンの足の脹ら脛あたりをマズルでツンと突くことだ。
オトーサンが笑顔を向けるとそれで満足することもあるが大概はオヤツ狙いだ。オヤツを頂戴という要求なのだ。
あるいはそのとき、ラテが舌なめずりしている場合は水を飲みたいという要求でもある。

Latte589_05.jpg

※足をツンされたのでオヤツを…


たまにわざとツンを無視して歩き続けるとツンが次第に強烈になってくる。
しまいにはマズルと言うより前歯を当ててくるので結構痛いときがあるのだ。「これなら無視出来ないでしょ」とでも言っているのだろうか。
思わず「痛い」と口から出てしまったとき、脇を通ったご婦人が一部始終を見ていたようで「くすっ」と笑った。




ラテ飼育格闘日記(588)

一時の劇寒は去ったようだが朝はまだまだ寒い。それでも近隣には梅が開花し始めたし少しずつ春の気配が感じられる季節になってきた。反面、子供たちの中にも花粉症予防のための眼鏡をかけている子も目立つようで見るからに気の毒だ。


当該日記に限らないが、いつもいつも日記を書くに最適な出来事があるとは限らない。というより普段の日常は至極平凡なものだ。そうそう大事件があっては困る。
とはいえ散歩の道筋ひとつとっても近隣数キロ範囲はほとんど歩いているし初めての道といった場所もほとんどないから新鮮味は薄れている。
後は季節を含め、天気のお話しかラテを可愛がって下さる方々との触れ合いがテーマになるわけだ。

Latte588_01.jpg

※ラテとの毎日は平凡な日々の繰り返しが基本


オトーサンは後4ヶ月ほどで70歳となる。月並みだが自分が70歳になるなど想像したこともないしする気持ちも起きなかった(笑)。
ニュースなどを見ていると同じ年代の芸能人や著名人たちの訃報を聞かない日はないように思う。
一度も実際には会ったことも無い人たちにしても同年代の、それもテレビなどで見知っている方の訃報は辛い…。

Latte588_02.jpg

※下校時の小学6年女子4人に囲まれてご満悦なラテ


ともあれ時々オトーサンはふと考える。もし2006年暮れにラテと出会っていなければ、ワンコを飼うことになっていなければ、現在の状況は一変しているであろうと…。
歴史に if はないとはいえ、ついそんなことを考えてしまう。

もしラテを飼っていなければ、まず住居は多摩には移らなかったに違いない。なぜならそれまで長い間住み暮らしていた埼玉県川口市からワンコを飼うために環境の良い現在の場所に引っ越してきたのだから。
したがってワンコを飼わなければたぶんいまだに埼玉県人のままだったろう。

Latte588_05.jpg

※Aちゃんと、またまた焼き芋を食べにいった(笑)


その埼玉に住んでいた2000年暮れ、仕事上のストレスが最高潮になったからか健康診断で糖尿病を指摘され即入院となった。それまでまったく何の自覚症状もなかったのに…。
結局2週間の検査入院の末、食事療法と歩くことで血糖値は正常になり薬物療法に頼らず退院できたが自身の生活とこれからをあらためて考えざるを得ない状況となった。

ワンコと暮らしたいという願望は昔から合ったものの様々な状況がそれを許してはくれなかったが、会社を解散整理した結果、オトーサンは腑抜け状態となり生きる気力を失う寸前だった。だからこそ女房がワンコを飼うことを認めてくれたに違いない。

Latte588_03.jpg

※大好きなAちゃんが姿を見せると喜びの雄叫びを上げるラテ


ラテが我が家に来たその日から散歩が始まった。最初の3ヶ月程度は朝昼晩と一日三回の散歩をやった。楽しくて仕方がなかったがすぐに左膝と左肩をやられた(笑)。
しかし「腰が、膝が、腕が痛い」と嘆きながらも散歩を日々続けられていること自体喜ばしいことに違いない。
自分の性格上、ラテがいなければ絶対に…絶対に散歩などするはずはないオトーサンだ。
したがってラテがいなければオトーサンはすでに命が尽きていたかも知れないし、介護を必要とする一人になっていたかも知れない。

それよりなにより、ラテと歩き回っていたからこそ近隣の子供たちやラテを可愛がってくださるご家族と知り合い、お付き合いをさせていただくことになったのだ。
これがもしジイサンひとりが杖突いて歩いていたところで、この世知辛いご時世にそうそう素敵な出会いなど起こり得ないに違いない。

Latte588_04.jpg

※可愛がって下さるファミリーのオカーサンと


さらに幸いというか、ラテが子供好きなワンコだったことだ。
一般的に子供は奇声を発する、動きが激しいなどの理由でワンコから見て安心できないから警戒する生き物だという。したがって初対面の幼児・子供にもフレンドリーなワンコは珍しいと動物病院で言われた。
ラテがいるおかげでワンコ好きの子供たちが近寄ってくれたのがそもそもの切っ掛けだった。
時に言うことを利かず、腹も立つラテだが本当の所、オトーサンたちの人生を文字通り豊かにしてくれていることはまぎれもない事実なのである。




ラテ飼育格闘日記(587)

2月14日のバレンタインデーにオトーサンは可愛い孫娘(他人様のお子さんだが)とまたまた散歩を一緒にすることになった。今回は女房が仕事で一緒に行けなかったこともあり、ラテはもとよりだがオトーサンとつかの間のデートといった感じ(笑)。


小学3年生の女の子が嬉しいことに「ラテちゃんと一緒に散歩したい」と言ってくれたことから実現したことだが、無論そのオカーサンの理解があってのことだ。ともあれオトーサンにとっては至福のひとときとなった。
とはいっても前回とまったく同じコースでは新鮮味もないし面白くもないからと小一時間で廻れるコースをと考えるのが最初のアプローチだ。

Latte587_00.jpg

※ラテはリード2本付けられてどう思っているのか(笑)



それもお子さんを連れて行くわけで、できるだけ安全なルートが良いと考えつつ、単に歩くだけでは面白くないからとあれこれ考えた結果散歩のコースを決めた。
1時間ほどで馴染みの公園まで戻ることを想定したコースではあったが、なにしろ融通が効かないラテを連れていることもあり、多少の遅れも十分にあり得るからと歩くコースの概略を女子のオカーサンにメールでお知らせしておいた。

Latte587_02.jpg

※Aちゃんとの散歩スタート


3時に我が家の玄関にAちゃんが到着し散歩開始となる。
まずは近隣の駅まで歩くことにする。前回と同様にラテのハーネスにリードを2本つけ、1本はAちゃんが持つことになる。
それから今回工夫したことはモバイルカメラに自撮り棒を取り付けて持参したことだ。

Latte587_06.jpg

※初めて自撮り棒を使う


女房が一緒であれば一眼レフカメラを持ち、散歩の様子を撮影してくれるのが常だが今日は参加できない。しかしせっかくの散歩だから記録を残したいと考えた上での策であったが、オトーサンは自撮り棒を使うのは初めてでもあり、きちんとフレーミングできているのかを些か心配しながら歩く。

Latte587_01.jpg

※TULLY'Sでのツーショット


まずは駅に隣接しているTULLY’Sに入った。ここは店外に広いテラスがあり、そこはワンコ連れでもOKなのだ。
以前は住居が近かったことでもあり散歩の途中で頻繁に立ち寄ったものだが久しぶりである。
さてAちゃんに歩きながらTULLY’Sで何を頼もうか…という話しをする。Aちゃんは「アイスクリームとコーヒーがいい」という。
アイスクリームは分かるがコーヒーを家でも飲んでいるのかを聞くと飲んでいるとのこと。それではメニューは決まった。
しかししっかりしているというか親御さんの教育が行き届いているのだろう「アイスクリームとコーヒー代をはらうからさ」と言ってきかない(笑)。

Latte587_03.jpg

※これまたAちゃんとツーショット。オトーサン至福のひとときだ!


幸いテラスに客は少なかったのでラテのリードをテラスのフェンスに縛り、Aちゃんに監視をお願いしてオトーサンはオーダーのために店内に入る。そしてホットコーヒー2つとバニラと抹茶のアイスを注文。
待っている間もオトーサンは繋いだラテが吠えたりしないかと心配し二度ほど様子を伺った。
席に着き、バニラアイスをほんの少しラテにお裾分けしたり、Aちゃんとアイスを交換したりと楽しいひとときだが散歩はまだ始まったばかり。ここで大半の時間を使ってしまうわけにはいかないので切り上げて歩き始める。

Latte587_04.jpg

※Aちゃんとラテの歩みもきちんとシンクロしてる


Aちゃんは終始笑顔。オトーサンにとってはまさしく天使と散歩といった感じ。とはいえカメラの前に立ちはだかったり、オトーサンとツーショットを要求したりと実にアクティブだ。
途中小さな公園を見つければ遊戯にぶら下がる…。
しかしオトーサンがラテのリードを引くと「ねぇ、なるべくリードを引かないで。ラテが可哀想でしょ」と優しい気遣いもしてくれる。

Latte587_05.jpg

※公園の遊具にぶら下がるAちゃん


そろそろ散歩も折り返しというか、馴染みの公園に戻るルートに入った頃、Aちゃんが「しりとりしよう」といいだした。
無論オトーサンに異存は無いからと散歩しながらしりとりを始める。
正直いうと、Aちゃんがすぐに詰まって終わりとなるかと思っていたらこれがなかなか手強いことが分かってオトーサンはタジタジとなる。オトーサンの間違いまで指摘されるはめに(爆)。
結局しりとりをしながらフィニッシュを迎え、至福の散歩が終わった…。
Aちゃん、ありがとう!またね!




ラテ飼育格闘日記(586)

雪の後遺症はまだ所々に残っているが、ラテとの散歩には支障が無くなった。しかし寒いことは変わっていない。特に朝はまだまだマイナス3℃くらいは当たり前なのでその中を1時間歩き回るとなれば楽しいとばかりは言っていられない(笑)。


しかしラテは寒さはまったく散歩のマイナス要因にはならないようだ。雪の塊が残っていれば好んで上に乗るし、マイナス3℃の気温の中、歩くことは勿論、気に入らないと座り込むどころかコンクリートに腹ばいになって動かなくなる。
そのラテもやはり年齢的なことからくるのか、最近お座りを避けるときがある。昔から左後ろ足を少し内側に入れて座るという変形のポーズが多かったが、最近お座りするのを躊躇するようになってきた。

Latte586_01.jpg

※ラテも後4ヶ月ほどで12歳になる


とはいってもスピードはともかく歩く際に脚を引きずるようなことはないし、オトーサンを挑発して枯れた芝生の上を駆けずり回ったりもする。そして手で触っても痛がったり嫌がったりはしないのだが、とにかくお座りをスムーズにしなくなってきた。
やはり関節とか筋肉とかに変化が起きているのかも知れない。

Latte586_02.jpg

※公園で子供たちが遊ぶボールの跳ね返る音が怖いとオトーサンに抱っこの要求(笑)


そんなラテだが散歩と言ってもラテなりに充実した内容でないと機嫌がよくない。
ラテの充実した散歩とは大別し「好きな子供たちや人と触れ合うこと」と共に「ある程度の距離を歩くこと」に尽きるようだ。
しかしこの2つは現実には矛盾してなかなか両立しないのだ。
どこでもやたらと歩き回っても子供たちに会えるわけではない。そのためには子供たちが遊んでいるであろう場所に行くのが一番だ。

Latte586_03.jpg

※仲良し!


ということでオトーサンは馴染みの公園に向かうが、かといって子供たちとずっと一緒でよいのかというとラテとしては回りの臭いも嗅ぎたいし歩きたいようでオトーサンが子供たちやお馴染みのファミリーのオカーサンと立ち話をしていると時に「早く歩こうよ」とでもいうように吠え始めたりもする。

こうしたパターンが分かってきたので天候とオトーサンの体力に問題がない場合、朝の散歩時は時間帯によって学童たちの通学時間にかち合うときを別にして、どなたにも会わないことを想定して比較的遠回りをしてひたすら歩くように心懸けている。
そして夕方の散歩時には馴染みの公園に向かう。それは知り合いの子供たちが少なからず遊んでいる可能性が大だし、ラテを可愛がってくださるファミリーの親子がいらっしゃるかも知れない。

そこで遊んでいる子供たちは無論名前も知らない小学生たちがほとんどだが、様々な出会いがあって楽しい。無論ここ4年以上も公園に通っているわけで子供たちの成長も実感しているが、最近はオトーサンにおやつをくれる子が増えた(笑)。
先日は小さなドナーツを差し出してくれた子供がいたかと思えば続いて「これ食べられるガムだよ」とひとつオトーサンの掌に乗せてくれる子もいた。なんであれ、嬉しい…。

Latte586_05.jpg

※子供たちからお菓子をいただきました


見れば向こうでお馴染みのAちゃんが友達と子供用のバスケットボールで遊んでいる。どうやらパスの送り合いをしているようだがストレートにしてもバウンドにしてもなかなか上手くいかないようだった。
オトーサンはふと思いついてラテのリードを腰ベルトに固定しそのボールを借り、Aちゃんにチェストパスを試みた。
とはいっても近年この種のボールを持ったこともないし腕の筋力も自覚せざるを得ないほど落ちているからストレートにAちゃんが受けられパスを送れるかが正直心許なかった。しかし案ずるより産むが易しでよいパスがストレートに飛んでAちゃんの両腕に納まった。目出度い!

Latte586_04.jpg

※久しぶりのチェストパスが決まった!


ラテはラテで、大人嫌いでワンコ嫌いという困った奴ではあるが、時々不思議なことに初対面なのにフレンドリーというケースがあってオトーサンを驚かせる。
先日の朝の散歩の帰り道、真っ黒い子犬を連れた女性とすれ違った。
「おはようございます」と言う前にオトーサンはラテが吠えるであろう事を想定し、リードを短く持ち、オトーサンの反対側に付かせたが、あらまあ…吠えない(笑)。

聞けばポメラニアンとチワワの雑種で三歳の雌のワンコだという。どうやら飼い主さんはワンコの特性をよく知ってらっしゃるようでラテの前に座り込んで手を差し出してくれた。
オトーサンはワンコ同士はたまたま相性が悪くなかったから吠えなかったのかも知れなと思ったが初対面の大人には必ずといってよく吠えるラテだからとリードを持つ手に力を入れたが、あれまあこちらも吠えない…。

Latte586_06.jpg

※初対面のワンコは勿論、飼い主さんへも吠えないという珍しいことに…


どのようなことなのかは分からないが、すべてにおいてこうであってくれればオトーサンもやりやすい。しかし残念ながらこの飼い主さんたちは特例に違いない(笑)。
事実その後でラテの天敵ワンコと出会ってしまった。これが先ほどと同じワンコかと思うほどマズルに皺をよせて唸り吠えかかる。
ラテはなかなか一筋縄ではいかない娘なのだ。


広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から八巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員