ラテ飼育格闘日記(581)

寒い日が続く。身を切るような北風の中、オトーサンはダウンジャケット、裏面フリースのジーンズ、ネックウォーマーにキャップといった完全防寒装備で散歩に出るが、当然のことラテは素のままだ。その上、時に霜がある路面に伏せたりもしてオトーサンを心配させる。


犬種にもよるのだろうが、ワンコが寒さに強いのは驚異に思える。なるほど、このマイナス4℃といった劇寒の中を平気で歩き回るのだから真夏が辛いのは分かるような気もする。
しかしオトーサンは特に寒がりのつもりはないが、やはり寒いものは寒い。だから冒頭に記したような恰好の上に携帯あんかをポケットに入れて出かけることにしているが、一番冷えるのは両手指である。

Latte581_01.jpg

※ちょいと視線がおかしくはありませんか(笑)


無論手袋をすればそれなりに防寒対策になるのは承知しているが、寒さに効果のあるような手袋はいざという時に邪魔になるので普段は五本の指は出ているデザインの手袋をしている。
ラテのウンチを処理したり、目脂を取ったり、おやつをあげたり、そして撫でてあげる場合に指に感覚がないとスムーズにできないからだ。
いざという時に手袋を外してポケットに入れ…といったことをすれば良いではないかと思うかも知れないが無論この11年の間、試行錯誤をした結果、普通の防寒手袋は不自由だと結論づけた。

Latte581_05.jpg

※大好きな小学生女子が公園に入ってきたので喜びの雄叫びを上げるラテ


しかし指を出しているのは間違いなく寒いし冷たく、次第に感覚がなくなる。ということでリードを保持していない方の手はポケットに入れておくといった当然のことをやっているが完全ではない。
ということで昨年末から女房が買ってくれたD管付きの腰ベルトというものをダウンジャケットの上から締め、そこにリードをカラビナやキーチェーンといったもので取り付けて散歩することを始めているがなかなかに快適だ。

Latte581_04.jpg

※D管付きの腰ベルトを締め、リードを付けた例 (鏡に映して撮影)


これなら基本的に人や自転車の行き来が無い、あるいは少ない場所なら両手をポケットに入れて(危険だが)歩くことも可能だ。

Latte581_07.jpg

※散歩中に両手を離すことができる


それにこれまで防寒という立場から話しを進めてきたが、長い間リードを握り時に強い引きに対処してきたからかリードを持つ左手指が言うことを利かなくなってきたのである。無論これまた老化にも関係するのだろうが、中指の第3関節がカクカクで壊れた蝶番みたいになっているし、指を開いたり閉じたりする際に痛みも伴う。
したがって少しでもリードから手を解放してみようという試みでもあるのだ。

Latte581_02.jpg

※四方が柵でふさがれている場所でたまにはリードを外して駆けっこ。ラテは得意の横っ飛び!


リードの長さは約1.5メートルだから人気の無い広い場所なら両手を完全にリードから離すことが出来る。それに片腕でラテの引きと対抗することを考えればオトーサンの腰に掛かる力など楽なものだ。
ただしこれまでの経験から100%安全とも言えない場合があることも事実。
ラテはオトーサンの前あるいは後ろとその位置を頻繁に変えて歩く場合があったり、広い公園でオトーサンが両手を離してラテと駆けたりするとカラビナやキーチェーンがどういうわけか捻れるのかD管から外れてしまうことがあったからだ。
その点を注意しながら腰ベルトを使っているが、大変具合が良い。

Latte581_06.jpg

※ラテが「クーン」と鳴いて近づくワンコの飼い主さんが初めて撫でて下さった。吠えるかと思ったら吠えなかった


そもそも無制限にリードを離したことはないからか、例えば柵で囲まれた広い場所でリードを外しても不安なのだろうか、ラテはオトーサンから遠く離れることはない。必ず近づいて来る。
またラテはリードを付けられていることを決して嫌がってはいないことは分かっている。単純な話し、レインコートやハーネスを着けようとすると逃げたり嫌がったりするがリードを着ける際に抵抗したことはなく、その意味と意義は分かっているように思う。
面白い事に、例えばノーリードのワンコがいると怖がるくらいなのだ。



ラテ飼育格闘日記(580)

2018年最初の「ラテ飼育格闘日記」である。そういえばラテは2006年6月生まれということになっているので今年は年女ワンコなのである。なかなか飼い主の思い通りにはいかない頑固な面もあるが、反面意外なほど心温まる行動をとったりと大げさでなく毎日刺激が多い。


今年の正月も女房の仕事の関係でいわゆる正月気分に浸っているわけにはいかなかった。大晦日もそして元旦も出勤だったからだが、休みである1月2日の朝、雑煮を食べておせち料理の真似ごとをならべてやっとそれらしい感じとなった。
中でも黒豆と二種のなますをいつもラテを可愛がって下さるKファミリーのオカーサンから頂戴したものが存在感を示していた。

Latte580_00.jpg

※ラテは年女のワンコなのだ


私らの年代になると両親もすでに亡く、コミュニケーションを図る機会が激減する。特に子供のいないオトーサンたちは顕著かも知れないが、ラテのおかげでラフに申し上げるなら私たち夫婦の子供の年代のオカーサンと孫といったファミリーとご縁ができ、そのオカーサンとはメル友でもある(笑)。
そして昨年は小学3年生の女子の運動会や学芸会にも呼んでいただき、オトーサン的にはとても楽しい一時を体験させていただいた。

Latte580_01.jpg

※6人と一匹で初詣に出発。女房が写真を撮ってくれた


さて2日の午後からそのご家族と一緒に近隣の神社へ初詣に向かうことになった。
昨年もラテを連れて破魔矢をいただいてきたのだが、今年はご一緒に行こうということになった。無論ラテを連れての初詣である。
Kファミリーはご夫婦とお子さんが二人、我がラテ・ファミリーはラテとオトーサン、女房の二人&一匹である。

午後2時に待ち合わせて早速近隣の神社に向かった。何度行っても流行っている神社には見えないがまあそれは気にしないことに(笑)。そして昨年手に入れた破魔矢をお焚上してもらうために持参した。
ラテは大好きなファミリーのオカーサンや小学3年生の女子と歩けるので尻尾をブルンブルンだが状況を把握しているわけではないのでどこか不安顔でもある。

Latte580_02.jpg

※Kファミリーの3人がまず参拝


あっと言う間に神社に到着。Kファミリー三人がまず参拝され、続いてラテをお願いして我々夫婦と小学3年生の女子が参拝。どこか孫とつるんでいるようでオトーサンの頬も緩む…。

Latte580_03.jpg

※オトーサンも参拝


社務所で今年の破魔矢を買おうとしたが何と売り切れだという。まだ2日の午後一番といった時間帯だ。「在庫管理が甘いぞ」と心の中で文句を言ったからか、おみくじの結果は末吉だった。Kファミリーの女子が大吉だったのに(笑)。

Latte580_04.jpg

※おみくじは末吉だった…


帰りは都合があり二手に分かれた。ラテ・ファミリーと小学3年生の女子がグループだ。
いつもは馴染みの公園でラテと共に遊んでいるが、短い時間とは言えオトーサンたちには新鮮な時間だった。
途中自治会の活動なのか、お囃子が聞こえてきたので何かと注視していたら獅子舞ではないか。連れの女子は獅子舞の口で頭をパクッと…。
いやはや、大吉の上にさらに良いことがありそうな縁起の良いスタートとなった。

Latte580_05.jpg

※連れの女の子は獅子舞にパクリっ!


元旦といえば珍しいというかこれまでにない出来事もあった。
オトーサンは風邪気味だったことでもあり、大晦日は21時半頃に蒲団に入ってしまった。元旦から熱でも出して寝込むのでは洒落にならないからだ。
ふと夜中に目が覚め、枕元にあるめざまし時計を見ようと体を捻ったとき脇腹に違和感を感じた。
反射的に体を元に戻してみたが、どうしたことか女房とオトーサンの蒲団との間にラテの大きな体が横たわっていたのである。
オトーサンの体に触れたのはラテの後ろ足だったのだ。

Latte580_06.jpg

※明け方、着替えたオトーサンのパジャマでぬくぬくと二度寝するラテ


ラテを飼って丸11年が経ったが、こんなことは初めてだった。2018年の戌年の元旦に年女のラテが精一杯のサプライズをしてくれたのだろうか。
実際にはもしかしたら怖い夢を見たといった理由があるのだろうが、結局明け方までラテはその位置で寝続けたのである。



ラテ飼育格闘日記(579)

早くも2017年最後の「ラテ飼育格闘日記」となった。一週間に一度、毎週土曜日に記事をアップすると決心し、ラテを飼い始めた翌日(2006年12月11日)から続けてきたが、幸い一度も休まず今回で579回目となった。



十年一昔というが、ラテと一緒に生活をはじめてこの12月で丸11年が過ぎた。しかし自分たちのことになると十年が過ぎたという実感はあまりないのが本当の所だが、客観的に見ればオトーサンの体力も衰えたし顕著なのは当時ラテと遊んでくれた子供たちの成長をみるにつけ長い年月なのだという実感が湧いてくる。

Latte579_01.jpg

※今年一年、お陰様で大病や怪我などせず無事に過ごすことができた


実は先日、嬉しいことがあった。2007年にラテは当時住んでいた住居に近い大きな公園で遊ぶようになり多くのワンコやその飼い主さん達と知り合うことになった。
それらと共に十数人の小学生女子と友達になった。それは近所に小学校があり、学校が終わるとその公園が友達らと集う場所でもあったからだ。

Latte579_03.jpg

※ラテファミリーは焼き芋で体を温める?


オトーサンから見てそれらの子供たちとラテとの交流は驚きのことばかりだった。無論ワンコが嫌いというより怖くて近寄れない子供もいたが、ほとんどは何の抵抗もなくラテに近寄り一緒に遊んでくれた。
一緒に走るのは勿論だが、ダルマさんが転んだ遊びをやれば「ラテちゃん一緒に入りな」というしソフトボールをやっている所に近づくと他の男の子たちは入れて貰えなかったが「ラテちゃんは女の子だからキャッチャーの後ろがいいかな」とポジションを開けてくれた。

皆良い子ばかりだったがそれらの中でも印象深い女子がいた。
出会ったのは小学3年生あたりだったと思うが何しろラテを可愛がってくれた。というよりラテにしても微妙に好き好きがあるようだが、その女子は好きで姿を見つけると声を上げた。
ラテはもともと子供に対しては初対面の子でもフレンドリーだったが、幼犬時代に人間の子供たちと遊び可愛がってもらったことが今でも子供好きなことの大きな原因になっているのではないだろうか。

その女子、ここではMちゃんとしておこうか、数人の女子が遊んでいたときどのようなきっかけだったかオトーサンはポッキーを取りだして子供たちに配ったことがあった。皆喜んでくれたがそのMちゃんはふとラテの正面に座り込みポッキーのチョコレートがかかっていない部分の端を咥えてラテに差し出したのだ。

Latte579_04.jpg

※ワンネエことMちゃんとラテがポッキーを…(Mちゃんが小学6年当時の一枚)


これにはオトーサンがビビった。これまで子供に限らず人に危害を加えたことはないラテだしオトーサンたち飼い主もラテが指先などからあるいは女房の口元から食べ物を貰うのは上手だと思っていたものの万一唇を咬んだりしたらえらいことになるからとリードを引いた。
それでもMちゃんは「大丈夫だよ、わたしとラテの間柄だからさ」と動ぜずに唇を突き出し見事無事にポッキーチューに成功した。
また「オジサンね、あたし学校で一番走るの速いんだ」と聞かせてくれたこともあった。
そのMちゃんはラテというワンコの歳より年齢が上だからと自分でワンコのオネーサン、「ワンネエ」というようになった。

しかし月日は流れ小学校を卒業し中学に進学しという当然の経過があり、かつオトーサンたちが引越をしたこともあって会えなくなっていた。
このラテ日記で確認すると最後に会ったのは2012年10月だったがそれ以来出会うことはなかった。

Latte579_05.jpg

※2012年10月に出会ったMちゃん(左)。当時中学生


ただしオトーサンはそのMちゃんが中学でそして高校で陸上部に入って大活躍していることは耳にしていたし、確か友達ワンコのマキちゃんの飼い主さんから聞いたはずだが日本体育大学でスプリンターとして活躍しているという話しも耳にしていた。

今年の6月だったか、ふとした偶然でYouTubeに大学生のMちゃん(もうMさんだね)が100メートル走で1位になった動画に出会った。
いうまでもなく大きく成長された姿だったがはっきりとした面影があった。間違いない、あのワンネエに違いない…。とはいえ連絡を取る術もなかったが一抹の望みというわけではないもののTwitterに「いま気がついたのだけど、もしかして、いやきっと、N大学のスプリンターFMさんって小学生のとき、多摩の貝取北公園で我が愛犬ラテとポッキーを両端から食べて最後にチューをしたあのワンネェなのか!だとしたらラテの飼い主としてメチャ嬉しい!」と書き込んだ。
それがこの12月になってMさんのTwitterアカウントが分かり、私の呟きに「いいね」をしてくださった。

それはやはりあのワンネエだった。
小学3年生が大学生になり…というのは当然であり不思議でもなんでもないのだが、オトーサンもラテもその分歳を重ねたということでもある。
2017年も終わりに際して嬉しい出会いに恵まれた。Mさんの活躍をオトーサンとラテはこれからも見守っているぞ !!

そんな思いを抱きながらクリスマスの朝、いつもの公園を通るとラテの声に気づいたのかラテを可愛がってくれるこれまた小学3年生の女子がわざわざマンションから出て会いに来てくれた。

Latte579_06.jpg

※わざわざマンションから出てきてくれたファミリーの小学3年女子。ラテの表情がなんとも嬉しそうだ


「サンタさんが来たの !」
と嬉しそうにいうので、オトーサンは「それは良かったね。サンタさんにプレゼントは何を頼んだの」と聞いた。
その答えにオトーサンは吹き出したのだった。
「あのね、今年はおまかせだったの…」

この子が大学生、成人になるまでオトーサンもボケずに元気でいたいものである。
皆様もよい新年をお迎えください。この一年、ありがとうございました。




ラテ飼育格闘日記(578)

師走も半ばを過ぎていよいよ今年も終盤を迎える。毎年感じることだが一年がなんと短いことか。しかしこのラテ日記を読み返してみると一年の間に当然とは言えいろいろなことがあったことが分かる。どうもオトーサンに愚痴が多いようなのが難点であるが…。


歳を取ると病気の話しが多くなり、若い人たちから嫌われるといった話しはよく見聞きするが、自分がそうした年寄りになるなど思っても見なかった(笑)。
父が朝晩大量の薬を飲んでいるのをみて、ああなりたくはないと思っていたけど…志しとは裏腹に同じ道を辿っているようだ。

Latte578_01.jpg

※ラテは好奇心も旺盛だ



オトーサンが膝を庇い、体を揺らしながらラテと散歩をしていたとき馴染みの小学6年生女子が「どうしたの」と聞いてくれたことがあった。
「膝が痛いんだよ」というと「ああ、そうなんだ。うちのお爺ちゃんもよく言っていたよ」という。オジイチャンというワードに引っかかるものがあるが、確かにオトーサンも立派なオジイチャンに違いない。
「オジイチャンはあっちもこっちも痛いと辛そうだったよ」というのでオトーサンも「オジサンも悪いのは足だけでなくてさ、眼は白内障と緑内障だし手指は腱鞘炎とガングリオンという病気で痛いしラテの散歩がキツイと腰も痛めるし…」とつい子供相手に愚痴が出た。

Latte578_03.jpg

※登校途中の小学六年女子の手をペロリっ


小学6年生女子は「それじゃあオジサン、良いところないじゃん」と気の毒そうにいうのでオトーサンは「オジサンだって良いところ二つは持ってるよ」と冗談を言った。
「えっ、どこなの、教えて」と聞くので「顔と頭」というと「ギャハハハハ」と笑ってくれた。
こういう会話が時々できるのもオトーサンの楽しみでもある。

Latte578_04.jpg

※握手とチュー(笑)


オトーサンのガタガタ、ギシギシの体とは裏腹にラテはありがたいことに元気である。無論アトピーは治っていないのでいまだに朝晩薬を飲ましているし、たまには足を痛めることもあるがよく遊びよく食べてよく寝る。
とはいえラテも後半年で12歳だ。中型犬の年齢としてはすでにお婆ちゃんだという。しかし前にも記したが幸いなことにまだまだ視力や聴力にも難が出ていないがオトーサンと違い「ここが痛い、あっちが悪い」などと愚痴を言わないだけに心配もつのる。

Latte578_05.jpg

※大好きな女子が駆け寄ってくれる。ラテは雄叫びを!


幼犬時代と比較すれば確かに走らなくなったし歩くスピードも遅くなったというのが実感だが、先日久しぶりに近所の公園出向いた。気温は低いが天気も良し、オトーサンの気力もまずまずだからと思いついて足を向けた。
なぜならその場所に行くとラテは必ず嬉々として走り回る定番の場所なのだ。しかしそうなれば伸びるリードに繋いだとしてもオトーサンだってじっとしているわけにはいかない。
ということでしばらくご無沙汰していたが、ラテの足腰や気力を確認してみようという気も起きてその公園に向かった。

いやはや、公園に至る道を外れて崖のような場所を駆け上がり、遊びのポーズをしてオトーサンを挑発する。オトーサンが応じると超スピードで走り回る。長い時間ではないが、これだけ走る体力と気力を温存していると思えば時々付き合わないといけないなと反省。
その後も落葉が一杯の中を思う存分駆けずり回ったラテだった。

Latte578_02.jpg

※落葉の中、嬉々として駆けずり回る…


とはいえ体力を使えば疲れるのは当然だろうし,事実その日はよく寝た。
可笑しいのは夜になり,オトーサンたちもそろそろ寝ようと思っているとそれを察知したのかラテがオカーサンの蒲団の上でガシガシと音を立てている。



※ベッドメイキングするラテ【動画】


何ごとかと見ると前足はもとより四つ脚全体を使い、掛け布団の真ん中を穴を掘るように身体全体でベッドメイキングしているのだ。
しばらく見ていると散々かき回した場所に満足そうに収まって目を瞑り始めた。
おいおい、お前の寝る場所はそこではないぞ(笑)。





ラテ飼育格闘日記(577)

12月7日の木曜日、オトーサンとラテは丸一年ぶりに貝取北公園という広い公園にいた。ウィークディであること、そして時間帯が午前9時前後と中途半端だったことでもあり残念ながら知り合いの方にはまったくお会いできなかった。


その日の朝、オトーサンは防寒の装備をしていつものようにラテと散歩に出た。とはいえ時間は少しゆっくり目だったから寒い中にも日射しに当たると気持ちがよいといった感じの朝だった。
特にオトーサンに目的はなく、いつものようにまあまあ適当に時間を潰して戻ろうと考えていた。しかしこの日のラテは後から考えるといつもと少し違っていた。

Latte577_01.jpg

※ラテはめちゃ元気です


天気もよし、オトーサンの膝も治ってはいないものの無理をしなければ大きな痛みもない。そして何よりもラテとの散歩が楽しいという気分の日だった。
ラテはといえば、「こっちにいきたいな」といった感じで慣れた道をクンクンしながら進んでいく。
思い通りに歩かせていたが、気がついたらラテの考えている行き先が分かってきた。

Latte577_05.jpg

※アイコンタクトしながら歩くラテ


それはラテを引き取ってから7年もの間、毎日といってよいほど通っていた公園だ。
常々思うことだが、ワンコの記憶力の良さは侮れない。なにしろその7年間を過ごした家をラテはまだ覚えており、近くに行くとそこへ向かおうとする。
公園も同じで、そこで幼犬時代から幾多の仲間ワンコたちとあるいは小学生女子たちと駆けずり回って育った場所であり多分に思い出の場所に違いない。

Latte577_03.jpg

※一年ぶりに足を踏み入れた公園だったが、どなたにも会えなかった


しかし問題は現在の住居からはさすがに手軽に散歩という距離ではないことだ。
ちなみにGoogleマップで確認してみると地図上の距離は最短で約2.1Km、徒歩27分と表示される。無論それは正確な情報に違いないがオトーサン一人で軽快に歩いた場合のデータだ。
現実にこれまでにも何十回も行ったが、ラテと共に歩くとなれば時間は40分ほどかかる。あっちでクンクン、こっちでクンクンしながらだしラテの歩くペースは通常そんなに速くない。

Latte577_02.jpg

※劇寒の朝の散歩も我々を見つけて駆け寄ってくれる子供たちの姿を見ると嬉しい


問題は、というより当然だがこれは片道の話である。行ったら戻られなければならない(笑)。したがって散歩の時間は往復で1時間半は有にかかるが、これはラテがきちんと歩いてくれればの話しだ。
幾多の例では行きはともかく現地で知ってるワンコや飼い主さんたちと出会わなかったからか、帰るのを嫌がり引きずるように歩いたり時に抱き上げて歩くといったこともあった。

Latte577_04.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンと出会い、膝に前脚をかけてご挨拶


要は大げさでなく覚悟の上で向かわないとならない場所なのだ。
とはいえ記録によれば丸1年その公園に足を踏み入れていない。その上に最近はオトーサンの膝が痛いのでそれどころではなかったわけだが、天気も良し久しぶりにラテとその貝取北公園に向かった。

前記したように公園には一年ぶり、ハリーちゃんとオトーサンとお会いしたのが1年9ヶ月前、クロちゃんに会ったのは2年5ヶ月前といった具合に幼犬時代の友達ワンコやその飼い主さんたちとも本当にご無沙汰しているのでお会いしたいところだが、繰り返すがウィークディの午前中ということではまずは無理だと諦めつつ歩いた。

Latte577_06.jpg

※この日は夕方の散歩もよく歩いた。気がつけば通過する電車の車内照明が明るかった


やはりワンコにも知っている方にもお会いできずに戻ることになったが、幸いなことにラテはまずまず協力的に歩いてくれたのでそんなに苦労はしないで済んだ。
しかしその朝の散歩だけで9,000歩を越え、その日の合計歩数は14,000歩を越えた…。
これでは膝に良いわけはない(笑)。



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から七巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員