Bluetooth完全ワイヤレス左右分離型イヤホン「QCY-T1BK」レポート

3Dプリンターに夢中になってレポート書くのを忘れていたが、先日懲りずに安価なBluetooth完全ワイヤレス左右分離型イヤホンを買った。「QCY-T1BK」という製品だが、これが意外といっては叱られようがこれまで買った同種の製品とは一線を期した優れものだった。


音楽との接し方は人それぞれであり、それこそ自分に合った好きな接し方をすれば良いと思っている。私はと言えばこの種のイヤホンで音楽を聞くときは純粋に音楽を楽しむというよりいわゆる "ながら" の一巻であることがほとんどだ。
じっくりと音楽に没頭したいときは私の場合、スピーカーの前に陣取るかあるいは密閉型ワイヤレスヘッドホン Parrot Zik 3 を使う。

QCYT1_05.jpg

※「QCY-T1BK」とiPhone


ということで外出時などにワイヤレスイヤホンを使うのはひとつの楽しみではあるもののそれが第一目的という訳ではない。
無論だからといって使い勝手や音質がどうでも良いということではない。それは悪いより良い方がいいに決まっているが、最近は自分の加齢による聴覚の衰えも認めつつ若い頃のような「こうでなくてはならない」といった頑なな思いは持たないようになってきた。
高音も低音も重要だが、どう説明したらよいか…音の艶というか臨場感のある楽しみ方ができればよいと思っている。ということでこの種の製品に数万もの予算はかけなくなった(笑)。

>QCYT1_01.jpg

※「QCY-T1BK」のパッケージ


しかしである。安物買いの銭失いとでもいおうか、Bluetooth完全ワイヤレス左右分離型イヤホンをこれまで3機種買ってみたがどれも音切れがあったり、ペアリングに難があったりと音楽を楽しむことに集中できない製品ばかりだった。
これなら完全ワイヤレスでなくてもいいか…と旧機種を引っ張り出して使っていたがやはり完全ワイヤレスの楽さ加減を体験してしまうとそれに拘りたくなる。
特にこれからの季節は襟首を立てたりマフラーやネックウォーマーをしたりとケーブルがあると面倒なことが多くなる季節でもある。

QCYT1_03.jpg

QCYT1_02.jpg

※「QCY-T1BK」本体(上)と同梱品(下)


さて「QCY-T1BK」だが、蓋のないケースに左右のイヤホンが収納充電できるタイプの製品だ。ケース本体には380mAhのバッテリーが内蔵され左右のイヤホンが5回充電出来るパワーを持っている。
ちなみに充電は2時間でフル充電し連続音楽再生時間は4時間だというが、きりのよいときにケースに収めておけば外部バッテリーがなくても約一日はイヤホンを使える計算となる。

何といっても気持ちが良いのはBluetooth 5.0対応と相俟ってiPhoneとのペアリングの快適さである。
最初にペアリングを完了させておけば、次からはケースから両耳のイヤホンを取り外せば自動的にペアリングしてくれるし、反対に耳から外してケースに収めればペアリンクが終了し充電モードに入る。

QCYT1_04.jpg

※ケースから両耳のイヤホンを取り外せば自動的にペアリング完了となる


Hi-Fi 高音質 オーディオシステムはダイナミックな6mm径ドライバーを搭載しSBC + AACのオーディオコーデックに対応。私にとっては十分な臨場感を与えてくれる。またクリアな両耳通話技術も実用的だ。
そして音楽を流している際にも着信があれば右ユニットのボタンをひと押しするだけでBluetooth5.0の高精細なノイズリダクション機能を含め、両耳のクリアで明瞭な通話音質が楽しめる。さらにライフスタイルに合わせ、片耳・両耳の使い分けもでき、単独のモノラルイヤホン2台として2人が各自で楽しむことも可能だ。なおSiriを呼び出すこともできる。

もうひとつ重要な事は装着感だろう。これまた IPX4 防水機能と共にこれまでにない安定した装着感が嬉しい。これまで個人的に左耳のユニットが落ちやすかったのだが「QCY-T1BK」は安心して使えるし装着感もよい。
この種の製品は近年各メーカーがしのぎを削っているが「QCY-T1BK」はお気に入りのイヤホンとなりつつある。
手軽な完全ワイヤレス左右分離型イヤホンをお探しの方にはお勧めである。





ラテ飼育格闘日記(628)

朝早い散歩が辛くなってくる季節。もう少し寝ていたいからとほんの5分でもぬくぬくしている時間はなんともいえない至福の時だ。しかしオトーサンの朝はミッションが多いので起きないわけにはいかない。


先週の土曜日の朝、いつものように食後すぐにラテと散歩に出た。土曜日とか日曜は当然ながら学校は休みだし子供たちの姿は勿論、通勤の人たちの姿もほとんどない。したがって知り合いと出会うという可能性も少なくどちらかといえば刺激の少ない単調な散歩になるのが普通なのだ。

Latte628_01.jpg

※少々不満顔


その日もとにかくラテをいつもの公園に連れて行こうと家を出た。そし交差点の一郭の歩道を進んでいたとき、電線のようなものが路面に落ちているのに気がついた。
もしこれが電線であれば非常に危険である。土曜日なので通学の子供たちはいないがもう少し時間が経てば親子連れの散歩といったシーンが見られるから万一子供らが好奇心で触れたりすれば感電事故に繋がる可能性がある。無論被害は人間だけでなく、ラテのようなワンコたちが踏んでしまう可能性も大だ。

Latte628_02.jpg

※電柱からケーブルが落ちていた!


オトーサンは被覆されている箇所を足で動かし、路面の端に寄せつつ目視で辿ってみると確かに電柱に張られた一本が垂れ下がっていることが分かった。
さてどうするか…。このまま通り過ぎようとも思ったが、この道は旧知の子供たちが通る道だし発見者の義務だからと東京電力に知らせようと思った。

Latte628_06.jpg

※寝顔が可愛い(笑)


それにはまずもう少ししっかりと状況を把握しなければならないと携帯しているデジカメで数枚の写真を撮ったが、どうやら送電線ではなく光ケーブルではないかと思った。
しかし自慢ではないがその辺の知識はないし素人が思い込みで判断してはまずい。もし光ケーブルであっても感電はしないものの目に近づけたりすればこれまた大きなトラブルになるに違いない。

ラテのリードを短く保持し、iPhoneから東京電力の電話すべき箇所を検索するが、ラテは早く進みたいとリードを引くし実に落ち着かない。
やっとそれらしい電話番号を調べて電話をした。
電話口の人に状況を話し、求められるままに住所やこちらの電話番号を知らせた。

Latte628_05.jpg

※公園でお馴染みのAちゃから水を飲ませてもらう


オトーサンの役目はこれで終わったと安堵してラテとの散歩を終わり腰を落ち着かせた頃、東京電力から電話が入った。
「より状況の判断をしたいので落ちているケーブルの写真を撮って送って貰えないか」という依頼だった。
しかし通報者とはいえあらためて写真を撮ってきてくれとはいかにも甘え過ぎではないだろうか。確かに事故車を差し向けるのにもしっかりとした判断をしなければ対応が難しいことは素人にも想像できる。事実写真は撮ってあるので快諾したが、もし撮ってなければあらためて現場に出向けということ話しのようだ…。

しばらくするとSNSで先方のメルアドが送られてきたので適当なサイズにした写真二枚を添付して送信した。またまた暫くすると二度目の電話が…。
それによれば断線していたのは送電線ではなくやはり光ケーブルとのことだったが、となればNTTの管轄だからNTTに電話をし直してくれないかという。

Latte628_04b.jpg

※大好きなAちゃんのオカーサンと一緒だと表情が違う


馬鹿を言っちゃあ困る。東京電力の銘がある電柱の設備の上には確かにNTTや他の企業のロゴなどが相乗りしていたが、こちらは素人なので切断されたケーブルがなんなのかなど分からない。であるなら最悪の事故を防ぐためにも発見者はいたずらに触ったりせずまずは東京電力に電話するというのがセオリーではないか。

写真を送ってくれだのNTTのケーブルだと判明したからそちらにかけ直してくれだのあまりに怠惰な対応に腹が立ってきたので、現時点で貴方が一番専門家の立場で状況をよく知ったのだだからそちらから一番良い方法で安全を確保してくれと言って電話を切った。

さて、あっという間に時間は過ぎて夕方の散歩時間となった。オトーサンはラテを連れてまたまたその道を通るべく向かったが遠目にも工事車両が止まり工事中であることは明白だった。その工事車両にはNTTのロゴがあったから間違いなく朝発見した光ケーブルの修復だと思われるが、通報から8時間も過ぎているわけで緊急度が低いのかも知れないが随分と悠長な…と思って通り過ぎた。

Latte628_03.jpg

※工事車両が立ち働いていた


しかし興味本位でしばし眺めてみるとクレーンに乗った工事担当者はもとよりだが、車道に車を止めていることもあり交通整理の人員も含めて5人もの人たちが立ち働いていた。
なるほど大変なのだと思いつつ、電気や通信回線はインフラでありどちらにしても支障があれば早急に復旧してもらわなければ困る。
ともあれ、送電線でなかったことを含め二次被害がなかくてよかった…。




Instagramストーリーズ、選択したアカウントのみへの投稿シェアが可能に

InstagramはInstagramストーリーズを特定のアカウントのみとシェアする機能、「親しい友達」リストを導入することを発表した。この機能により、利用者はストーリーズに投稿する写真や動画を、あらかじめリストに追加したアカウントに限定してシェアできるようになる。


Instagram20181203.jpg

「親しい友達」リストを使えば、よりプライベートな投稿を、フォロワー全員ではなく一部の友達とだけシェアすることが可能。リストは1アカウントにつき1つのみ作成可能で、選択するフォロワーの数に上限はない。また、リストを見ることができるのは、アカウントの利用者本人だけとなる。

使い方は以下の通り
· プロフィール画面に移動し、サイドメニューで [親しい友達] オプションを選択
· [親しい友達] リストに追加するアカウントを選択して完了をタップ
· リストはいつでも好きなときに編集でき、追加したアカウントを削除することも可能(追加・削除したアカウントの通知がいくことはない)
· ストーリーズを投稿する際は、画面下部に表示されるグリーンの★アイコン[親しい友達] をタップ

この機能は順次導入される。詳細はInfo Centerまたはヘルプセンターを参照のこと。



ESUN 3Dプリンター用フィラメントボックス「eBOX」レポート

ESUNの3Dプリンター用フィラメントボックス「eBOX」を知ったときの第一印象はそのデザインの妙だった。フィラメント乾燥機としてはすでにPrintDryを使っているし機能面ではまったく問題ない。また複数のフィラメントを乾燥することも、乾燥しながら3Dプリンターにフィラメントを供給することもでき気に入っているが欠点はサイズがかなり大きいことだ。


それに常用している3Dプリンターが2台あり、理想を言えばもうひとつPrintDryが欲しいところだがまったく置き場所がない。
そんなことを考えていたときだったので「eBOX」のスマートさに一目惚れしてすぐに注文した次第。
なお「eBOX」はFDM方式の3Dプリンターで使うフィラメントボックスであり、収納したまま3Dプリンターへ供給できるわけだがただのスプールホルダーではない。

eBOX_01.jpg

eBOX_02.jpg

※eBOXのパッケージと同梱品(下)


さてこのeBOXだが事前にネットで評判を調べて見ようと検索してみたもののレビューの数が思ったより少ないだけでなくその評価も芳しくないものが目立つ。まあ、問題なく使っている方はわざわざネットに書き込まないということなのかも知れないが、そんなネガティブな評価がどこから来るのかも検証してみたい…。

eBOX_08.jpg

※フィラメントスプールをセットしたeBOX


まずeBOXの売りの機能としての第一はフィラメントドライ機能、すなわち湿気を帯びたフィラメントを乾燥させる機能だ。
二つ目は装着したフィラメントの残量を本体ケース正面の液晶に重量として表示してくれる機能だ。そして繰り返すがスプールボックスとして常設でき、乾燥剤を入れておけることも含めフィラメントを裸で放置するのと比べて湿度や埃から保護できる設計になっている。

製品サイズは23.9 × 21.5 × 10.4 cmで重量が750 gだが、1kgのフィラメントを収納できるにしてはスマートだしPrintDryより設置スペースが小さくて済むので扱い易い。理想は常用するフィラメントはひとつずつすべてこの「eBOX」に収納して使いたいところだ…。
そのeBOXだが、トップカバーを開けると底にローラーホルダー型のホルダーがありそこにスプールを乗せることになるが、その下にはヒーター回路と奥にはファンが見える。

eBOX_03.jpg

※eBOXの内部


ただし扱い易いが "使いやすいかどうか" は意見の分かれるところかも知れない。なぜならオペレーションや設定はすべてフロントにある小さな液晶周りにある電源を含めて4つのボタンで行わなくてはならないことだ。そして付属のマニュアルは英語 & 中国語であり日本語記述がない。
また液晶は小さいことはともかくボタンを押した瞬間のみバックライトが点灯するが使用中は点灯しないので些か見づらい。
それでは簡単に具体的な使い方をご紹介してみよう。まずはセットアップだ。

1)アダプタをAC100-240V~50 / 60Hzの電源に接続し、出力端子をeBox後部のコネクタに差し込む。

2)電源ボタンを押すと自動的に重量がクリアされる。 WOC(重量セッティング)モードに入り、プレート重量の表示単位をグラム、ポンドのいずれかに設定できる。

eBOX_05.jpg

※ WOC(重量セッティング)モード


eBOX_04.jpg

※グラム表示モード


3)アッパーケース(カバー)を開き、スプールを入れる。その際奥のスペースに乾燥剤を入れることもできる。そしてスプールを入れるとスプール込みのフィラメントの重量が計測表示される。正確を期すならあらかじめスプールの重量を量り手動でフィラメントだけの重さに変更する。なおESUN純正フィラメントの重量はマニュアル巻末に記されている。

4)スプールを入れたらボトムケースとアッパーケースが重なる部位にあるフロントの穴にフィラメントを通してアッパーケースを閉じる。なお付属のチューブおよびバヨネットをここにセットして使うことも可能だが、その際フィラメントを下から出すか上から出すかでバヨネットを上向きにするか下向きにするかを決める。ちなみにそれは3Dプリンターの設置位置に関係するわけでありどちらでもよい。

eBOX_09.jpg

※バヨネットを下向きにセットした例


以上でeBOXは重量(残量)を確認しながらスプールホルダーとして利用できることになるし前記したようにボトムケース奥に乾燥剤を入れておけば梅雨時でもない限り封を開けた新品のフィラメントはこのまましばらく安心して使い続けることができるだろう。
ただし湿度が高い場合やすでに湿気を帯びてしまったフィラメントを使う場合はeBOXのドライモードを使って乾燥させる、あるいは乾燥させながら使うことが出来る。

では温度設定モードに話しを進めよう。まずモードボタン(M)を押し、温度設定モードに切り替える。 画面に "TEMP" が表示されるが、表示された数値が底面ヒーターの現在温度だ。 なお温度の単位は摂氏。

eBOX_06.jpg

※温度設定モード


この "TEMP" モード時に上ボタン(△)または下ボタン(▽)を押して目標温度を設定する。 画面上の数字が目標温度になるが3秒間経過すると、画面は底板の現在の温度を再表示する。
なおフィラメント乾燥に理想的な温度と必要な加熱時間についてはマニュアル巻末に概要が記してあるが、PLAなら温度は50℃で時間は4時間だ。とはいえフィラメントの量やどれほど湿度を持っているかによって加熱時間は微妙に変える必要があるだろう。

最後に加熱時間設定モードの話しだ。まずボタン(M)を4回押し、加熱時間設定モードに切り替える。 スクリーンに "TIME" と表示された数字が加熱時間だが単位は "時間" である。その値はアップボタン(△)またはダウンボタン(▽)を押して任意に増減できるが、慣れないと難しいのがこの加熱時間設定モードの表示だと思う。
なぜなら繰り返すが表示の単位は "時間" だからして例えば "005.5" の表示の場合なら5時間30分を意味し "5時間5分ではない"。

eBOX_07.jpg

※この表示の場合、加熱時間設定は5時間30分を意味する


この辺が分かりづらいのかも知れないが、そもそも電子レンジではあるまいしフィラメントの乾燥に例えば5時間5分といった細かな設定は不要だからして慣れてしまえばどうということはないと思うのだが…。それにPrintDryはタイマー内蔵されていないので例え簡易的だとしてもeBOXに内蔵されているのは有り難い。

また本体のデザインは良いとしてもその作りが安っぽいという感想もあるようだ。事実ボトムケースとアッパーケースの肉厚は薄くお世辞にも丈夫そうには見えない。さらに透明なアッパーケースの材質はアクリルではなくスチロールのようで背面のヒンジ部分は丁寧に扱わないと割れやすいように思える。

それから電源が入っていると温度設定を特にしていなくても時々「カチャ」と音がする。どうやらサーモスタットの動作音のようだがこれまた最初は気になる。
ただし本製品も微妙に改良が続けられているようで例えば底面にある滑り止めのパッドにしてもメーカーのウェブサイトの説明では4隅だけだったが届いた製品には中央にもひとつ追加されている。

ということでeBOXのレポートの概要を記したが、AliExpressでは送料込みで60ドルを切った値段になっているしこの価格ではそうそう高望みしてもeBOXに気の毒だ(笑)。ともあれ一般的にフィラメントは外気に触れたままで使う訳だが、ドライ機能を別にしても密閉度の高いケース内に入れたまま使えるだけでも安心感が違う。
そして実際に使っているが、フイラメントの送り…すなわちスプールは負荷なく回転しスムーズに供給できている。

これから暫くは空気が乾燥する季節だからフィラメントの取扱も梅雨時や夏場と違い、そうそう神経を使わなくてもよいと思うが、FDM方式の3Dプリンターの利用者ならひとつ持っておくと便利・安心といったところか。
なお本製品はAliExpressサイトで購入したが中国深圳から10日で到着した。これまで同サイトで他の商品を購入した際には20日はかかっていたので少々驚いた。
機会を見てもうひとつ購入するつもりだ。


ラテ飼育格闘日記(627)

ラテを美容室へ連れて行った。ラテにとっては相変わらずだが動物病院より嫌いらしく震えているし時に店内で緊張の余りオシッコをしてしまったりする。したがって予約時間の少し前に出て排泄を済ませてから向かうが、ラテは自宅を出たときからどこに連れて行かれるかが分かるようですでに尻尾が下がっている。


震えて抱っこして〜モードになっているラテをお店の方に渡して約2時間半、携帯のベルが鳴った。たった2時間少しなのに家の中にラテの気配がしないのはなんとも寂しい…。
勇んで美容室へ入り精算するが、お店の方に「ノミがいました」と小さなビニール袋に入ったノミを見せられる。
すでにこの美容室は12年通っているがノミが見つかったのは初めてなのでオトーサンはちょっと狼狽える(笑)。

Latte627_01.jpg

※よい顔してます


お店の方に「畳の部屋に出入りしてるのではないですか」と聞かれ「はい」と答えと部屋の駆除はもとより動物病院でノミやダニを駆除する薬を出してもらってくださいといわれる。
そういえばここ暫く、ダニ・ノミ駆除の薬を投与していなかった…。

Latte627_05.jpg

※女房の蒲団を敷こうとしたらちゃっかりその上に乗ってご休憩


早速動物病院にいくとこちらは「畳というより散歩中に飼い主が外から持ち込むケースが多いので家に入る時にはズボンの裾などをしっかりと叩くように」といわれた。
ともかく二か月分の薬を買い自宅に戻ると寝ているラテを起こして投与を開始。
ピペット型の先端を折り、皮膚が見えるように肩甲骨の間の被毛をきちんと掻き分けて薬量全部を皮膚に滴下する。

Latte627_02.jpg

※動物病院で買ってきたダニ・ノミ駆除薬剤


まあラテにとっても痛くも痒くもないので大人しくしているから難しいことはないが、2日間はシャンプーは禁止だそうである。
これを一か月経過したら再度投与すれば取り急ぎラテのダニ・ノミ駆除は終わりとなるが、問題は環境の方だ。
というわけで万一ラテが舐めても安全というスプレー型の製品と畳に針を刺して薬液を噴霧するダニアースを買ってみた。

Latte627_06.jpg

※夕方、すでに暗くなった頃にAちゃんらと遭遇


本来なら部屋全体を駆除しなければならないのだろうが我々はともかくラテがいるとどうしても腰が引ける。
それからのみ取りの櫛もこの際だからと買ってみた。
ラテは朝夕の散歩の後、四つ脚は勿論身体全体を拭いた後に十分にブラッシングをしているが、それではノミはなかなか引っかからず発見できないというから、これでブラッシングの最後にノミがいそうな襟首や耳の後ろあたりを梳いてみる習慣にしようと思う。

Latte627_03.jpg

※散歩で近隣の「ひじり館」を通ると学童たちがハンドベルの演奏をしていた。曲はクリスマスソング


まあ、ペットが云々する前に畳の部屋はもとよりダニやノミがいても不思議ではないわけだが、幸いこれまで発見できなかったしオトーサンたち人間様への被害もないので楽観視していたのが悪かったのだろう。
特にラテはアトピー持ちだし、ノミに噛まれた箇所を強く噛んではまたまた血だらけになってしまう。
ともあれ早期発見ということで良かったというべきか…。



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十二巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員