CD「美空ひばり・トリビュート」を久々に聴く

先日、久しぶりにCDの整理をした。本来なら昨年末に大掃除の一環としてやろうと考えていたものの諸々の事情から延び延びになっていた。忘れかけているアルバムも多々あったが一枚のCDジャケットを手にして購入した当時を思い出した。そのCDのタイトルは「美空ひばり・トリビュート」。2000年にリリースしたアルバムである。早速聴き始めたが、何故か涙が止まらなくなってしまった。


■美空ひばりと私
「美空ひばり」という人物は私などがあらためて解説する必要はまったくない昭和を代表する国民的歌手である。総理大臣の名を知らなくても彼女の名を知らない人はまずいないに違いない。
さて彼女のファンにはお叱りを受けることになるが、私は美空ひばりという歌手を好きではなかった。なぜそういう感情を持ったかについては自分でもよくわからない。しかしCD付属のライナーノートの中で宇崎竜童がいみじくも書いていることに一脈通じるのかも知れない。

彼は自分の小さい頃を振り返り「...ラジオから聞こえてくる『波止場だよ、お父つぁん』や『港町十三番地』などを鼻で笑うアメリカかぶれのロックンロール・マセガキなのであった」と書いているが私もその気持ちはよく分かる。プレスリーやビートルズの時代をリアルタイムで過ごしてきた一人として.....。

HM_Tribute.jpg

※CD「美空ひばり・トリビュート」。2000年7月リリース、日本コロムビア(株)


とはいえ私自身の少年時代は決してクラシックやロックの中で育ったのではなく大正琴とか三味線の音色で感性を磨いたという事実が宇崎竜童とは違うところだ。
小学校低学年から母の趣味で三味線を習わされ、性が合ったのか高校一年生くらいまで習い続けたものだ。近所の崖下に住んでいた"お師匠さん"は子供の私には単なるオバサンであったが芸者あがりで若い時分にはたいそうな美人であったという。そして「若旦那、お稽古だよ!」などと声をかけてくれてそれは可愛がってくれた。

そういうわけで艶っぽい唄の意味も分からないころより小唄・長唄・端唄・清元・新内などなどを習っていたのだから、例えばコブシの美意識は理解していたというより好きな方であった。ただし高校生ともなると興味の対象は俄然異性であり「三味線よりギターの方が女の子に持てるだろう」という意識が強かったのか、クラシックギターをやりながらもフォークソング同好会を作ったりエレキギターを振り回すようになった。

さて話を美空ひばりに戻せば、なぜ美空ひばりが嫌いだったのか。あえてその原因を突き詰めれば宇崎竜童と同じある種の西洋かぶれがその原因のひとつだったろう。しかしそれよりも彼女が子供の頃、シルクハットに燕尾服を着て歌う小生意気な姿に違和感を感じたし、後年の彼女の歌は "コブシ" ではなく"ドス" が利いている気がして正直不快を感じていた。
したがって私は美空ひばりという一人の歌手については特別な思いはないつもりだったが、何故か「美空ひばり・トリビュート」が目につき、気がついたときにはお店のレジに並んでいたのだから不思議である。
あらためてCDを一曲目から聞き出したが、お恥ずかしい話...涙があふれ出てきて止まらないのだ。CDに合わせて詩を口ずさみながらも涙が後からあとから出てくる。自分でもこれは何なんだろう?といぶかしく思ったほどだ。

■「美空ひばり・トリビュート」とは
あらためて説明することもないだろうがこのCDタイトルの "Tribute" とは「捧げる」とか「賛辞」といった意味。もう少し柔らかくいえば「贈り物」といった意味だろうか。
「美空ひばり・トリビュート」(発売元:日本コロムビア)のCDは美空ひばり自身が歌うタイトルではないのだ。このCDは彼女を偲び、彼女の残した功績を振り返りながら、現在多方面で活躍しているアーティストたちに美空ひばりのヒット曲を新しいアレンジで歌わせようという企画である。

参加しているアーティストたちを列記すれば、谷村新司、ANRI、Kahimi Karie with Arthur H、南こうせつ、泉谷しげる、PIZZICATO FIVE、篠原ともえ、さだまさし、森山良子、Dribble Water Feat.HIBARI、中西圭三、五島良子、宇崎竜童そして杏子であり、まさしく大変個性的でバラエティに富んだ人たちだ。
またそれぞれのアーティストたちにはなかなかピッタリな選曲がなされているが様々な立場からのアプローチであるにせよ、皆喜んでこの企画に参画しているのがよく分かる。

私の一番のお気に入りといえば宇崎竜童の「悲しき口笛」である。ベースの利いた小気味の良いリズムとヴァイオリンに乗ってあの渋い声がからんでくる。編曲は宇崎自身である。
「丘のホテルの 赤い灯も...」と歌い始めるところから宇崎節そのものだが、泥臭い歌い方の太い声がなぜかとても優しく聞こえてくる。
また谷村新司の「悲しい酒」もなかなか聴かせるし、さだまさしの「港町十三番地」も少々軽いが素敵である。それからワルの印象で知られている(笑)あの泉谷しげるが歌う「私は街の子」も街中で歌っているような録音と共にその歌もシブくて大変良い。

こう列記してみると私が気に入った歌は皆男性歌手のものばかりなのに気がついた。女性歌手のレパートリーもANRIの「愛燦燦」、篠原ともえの「お祭りマンボ」、森山良子の「リンゴ追分」など聴くに値する曲もあるのだがどうも一人の男として宇崎とか泉谷の歌声に自分の人生をオーバーラップしてしまうようだ。それに女性歌手だと無意識にも美空ひばり本人と比べてしまうのではじめから些か興ざめなのだ…。
なお「美空ひばり・トリビュート」のフィナーレの企画が面白い。曲は「川の流れのように」であるが、ひらばりを含め参加者11人で歌うという、ちょうどあの”We are the world” 風な企画になっている。勿論同時録音ではあるまい。これだけのアーテイストたちのスケジュールを一同に会することはできない相談だろう。しかしその結果はなかなかよくできていてフィナーレに相応しい楽しみ方ができる。

■演歌の血は歳と共に濃くなる?
この「美空ひばり・トリビュート」だが、実は同時に「美空ひばり・トリビュート/オリジナル・セレクション」というタイトルのCDがリリースされている。タイトルが紛らわしいがこちらは "オリジナル" と付いているだけに「美空ひばり・トリビュート」と同じ選曲、同じ曲順で美空ひばり本人が歌っている。ここは是非とも「美空ひばり・トリビュート」で歌っている原曲のイメージを知りたいと考えて一緒に購入してある。しかしこの企画はなかなかに旨い...。どうしても二枚両方を聴いてみたくなる...。

早速聴いてみると半分くらいは古い音源を使用しているためにパリパリと針の音が聞こえる曲目もあるがそれが妙に懐かしい。繰り返すが彼女のレコードやCDなどはこれまでただの一枚も買ったことがないのだがさすがは国民的歌手、私の脳細胞のどこかにも美空ひばりの歌声が記録されているようでホントに懐かしく、何というか呆然と聞き入ってしまっている自分に苦笑する。ただし当然といえば当然だが、「美空ひばり・トリビュート」のそれと比較すれば宇崎竜童の「悲しき口笛」他数曲以外の大半はさすが本家の美空ひばりの方が良い...というか上手い。

「美空ひばり・トリビュート」に魅せられ涙する自分を分析すれば、普段バッハだのモーツァルトなどといっても歳を重ねるほどいわゆる地唄というか演歌の血が表に出てきているのかも知れないとあらためて気がついた。そして彼女が嫌いだった私の心理をもう少し深く分析すれば、結局同質な気質を持つ自分自身に向けられた嫌悪の裏返しだったのかも知れない。

【美空ひばりメモ】
1937年5月29日横浜で生まれる。本名は加藤和枝。幼い頃から芸能好きの父の影響で大人のものまねを始め1946年に生地の横浜でデビューしたという。その後コロムビアに入社し第一作は「河童ブギ」。その後「悲しき口笛」(1949)、「リンゴ追分」(1952)が大ヒットし天才少女歌手として大きな話題となった。以来多くのヒットを生み、歌謡界の女王といわれるに至る。また映画にも数多く出演し映画「悲しき口笛」、「東京キッド」などは主題歌ともども大ヒットした。
1965年「柔」で日本レコード大賞受賞。総レコードの売上枚数は4,000万枚以上ともいわれいまだにナンバーワン。晩年に吹き込んだ「川の流れのように」はまだ記憶に新しい。
1989年6月24日没。死後に国民栄誉賞が追贈された。

※本稿は以前Mac Fan誌に連載した「松田純一の好物学」の原稿を再編集したものです。




ラテ飼育格闘日記(534)

少しずつ春が近づいているように感じる今日この頃。気温の高下は激しいがいわゆる三寒四温と思われるし日の出は僅かに早くなったし日没も遅くなった。しかしオトーサンとラテの散歩はそんな変化など関係ないように日々きちんと行われている。


オトーサンのギックリ腰はまだ完治していない。やはり加齢が原因なのだろうがこれまで以上に治るのに時間がかかっている。それに痛い腰をかばいながら歩いていたからか、左足の膝が痛くなってしまった。仕方がないので腰と膝にシップ薬を貼り散歩を続けている。

Latte534_01.jpg

※ラテは寒さもなんのその、お陰様で元気だ


ともかく日中のラテはほとんど寝ているわけで朝夕2回の散歩は何ものにも代え難い楽しみに違いない。単に外の空気に触れるとか草や土の感触を楽しむというだけでなく、周囲の臭いを嗅ぎ分けることは勿論、行き交う人たちやワンコたちとの好き嫌いを別にした触れ合いを楽しみにしているのだろう。
そう認識しているオトーサンは腰を曲げ、足を少々引きずりながら今日も寒空にラテと出かけていく…。

そういえば「春眠暁を覚えず」でもないだろうが、朝のラテは惰眠をむさぼっている。オトーサンたちが起きて着替え、朝食の支度をしているときも寝ていることが多い。特にオトーサンが脱いだパジャマの上着を腰や背中にかけてやるとその臭いと残っている体温に安心するのか「ラテ、ご飯だよ」と起こすまで寝ていることも多い。
呼ばれて背中にパジャマを引きずったまま伸びをしてのったりと起きてくる。

Latte534_02.jpg

※オトーサンのパジャマの上着を羽織って惰眠をむさぼるラテ


オカーサンの仕事の関係で朝の散歩はパターンが違ってくるが、今日の朝はまたまた学童たちの通学時間にシンクロしたようであちらこちらから「触ってもいいですか」といった声がかかる。
また今日はラテが大好きな女子が学校の校門まで一緒に歩いてくれたので嬉しさを身体全体で表しているのが面白い。
土地盛りしてある場所にオトーサンの手にあるリードが引きちぎれるほど引っ張って駆け上がり、乾いた土を両前足で掘ったりしてはしゃぐのもその視線の先に女子の姿があるからだ。見せびらかすというよりこれも遊びとしてのラテの自己アピールなのだろう。

Latte534_07.jpg

※登校中の大好き女子に出会ったラテは早速チューだ


Latte534_06.jpg

※大好きな女子と公園で会った際のラテの表情を見ればそのメロメロさがわかる(笑)


時にその女子とチューをしたりしながらラテは至福のひとときを過ごしたが、行き交う学童たちの反応が面白い。
「オオカミだぁ」とか「でっかすぎじゃね」などなど好き勝手な声が飛び交うがラテはご機嫌だ。そんな中、学校の校門でお馴染みの女子たちと別れてオトーサンとラテは直進したが、すぐ小学一年生とみられる女の子2人に「触ってもいいですか」と聞かれた。
オトーサンは「ありがとう。仲良くしてください」と返事をしたが早速女子たちはラテの頭や背中を撫でて喜んでいる。無論こうしたことは多々あるわけだが、その後の女子たちの対応が珍しかった。

Latte534_04.jpg

※2人の女子は「ワンちゃん触らせてくれてありがとうございました」と丁寧な挨拶をして校門へ入った


「ありがとう」とか「バイバイ」といって去って行く子供はいるがその女子たちは「ワンちゃん触らせてくれてありがとうございました」と丁寧な挨拶をしてくれたのだ。オトーサンは「こちらこそありがとう。またよろしくね」といいながらラテのリードを引いたが、きっと親御さんたちが素敵な方たちなのだろうとホンノリ暖かく嬉しい気持ちになった。

嬉しいといえば2月14日、オトーサンにとってこれまたとっても嬉しいことが起こった。その日は申し上げるまでもなくバレンタインデーである。とはいえ現役時代ならともかくいまでは女房からチョコレートを渡されるだけだ。
そんなオトーサンだが、その日の夕方にいつもの公園にラテと散歩に出たらお馴染みファミリーの母親から「これ○○からです」とチョコレートのボックスが入っている袋をいただいたのである。

Latte534_03.jpg

※オトーサンはチョコレートをいただきました!


いつもラテと遊んでくれる女の子がラテのオトーサンにチョコレートを渡して欲しいと母親に哀願したらしい。予想もしなかったことだし嬉しいというより涙ものだが、女の子の思いとはいえ予算はきっと母親から出てるに違いないし(笑)恐縮しつついただいた…。

Latte534_05.jpg

※ラテは早速ファミリーの母親に飛びついた


いやはや妙齢の女性からチョコレートを貰ったことはあったが(義理チョコ)、今回はオトーサンの人生で最年少の女子からのチョコレートである。
では当の女の子はどうしたのかとお聞きしたら、目的の男子のところにチョコレートを渡しにいったという(笑)。
翌日同じ場所で遊んでいる女の子に「昨日はチョコレートありがとう」とお礼を言ったら「あの、お返しはいらないからね。いつも写真をもらってるし…」と早くもこちらの負担を軽くしようとの心づもりか釘をさされた(笑)。

まあ、大人の男性の端くれとしては「はいそうですか、ありがとうね」ともいかないが今年小学三年になる女の子にホワイトデーのお礼といってもオトーサンは頭の中が真っ白で考えもつかない。しかしこうしたことで頭を悩ませるのは嬉しいことだとつくづく感謝しつつ機嫌の良いラテと共に家路を急いだ。



ナカバヤシ「簡易パーティション クロス張り」を撮影のバックドロップとして使う試み

室内でのブツ撮りのため仕事部屋に常設の小さな撮影場所を用意していることは以前「当研究所の簡易ミニ・スタジオ公開」でご紹介した。それは現在でも日々役に立っているが申し上げるまでもなくこの設備で撮影できるものはガジェット類のような小ぶりのアイテムでしかない。


この簡易ミニ・スタジオでは役に立たないアイテムの撮影もままあるが、その最たるものは自分が造形したマネキンの撮影といった場合だ。そうしたサイズの大きなものの撮影時には別の部屋にバックドロップのための背景スタンドを設置し、撮影用背景布と照明を複数配して目的を達成している。
この設備は高さと幅共に2メートル程度にすることもできるため人物撮影も可能だが、唯一の欠点は設置と片付けが面倒なことである。

Partition_12.jpg

※ナカバヤシ製「簡易パーティション クロス張り」グレー PTS-1680N


左右のスタンドを組立、背景幕をぶら下げつつそのポールを組み上げることは難しいことではないがそれだけでは済まない。照明器具も通常最低二組、場合によっては三組を仕事部屋の収納位置から組み立てたバックドロップの場所に置き換える必要もあるし、当然のことながらカメラを三脚にセットするとなればそれなりのスペースや距離も必要だ。したがってそうしたあれこれを頻繁にやろうという気もおきないがそれでは作業に支障をきたす。

無論理想はこうした撮影設備を常設利用できるスペースがあればよい理屈だが現実問題としては難しい。しかし何とか仕事部屋のレイアウトを工夫してみようと考えたものの組立式のスタンドはスペースを必要とするし煩雑だ。そんなことを考えていたとき、ふと思いついたことがあった。
そもそも今回仕事部屋のレイアウトを変える際にシンプルな間仕切り...パーティションをひとつ買おうかと考えていた。そのためにネットであれこれと調べていたところパーティションの素材が布製/クロス張りの製品があることをあらためて知り、表面の出来とカラーが適切なら撮影時のバックドロップにも使えるのではないかと思って試してみた...。

購入したパーティションはナカバヤシ製「簡易パーティション クロス張り」グレー PTS-1680Nという製品で幅80cm×高さ160cmといったサイズのものだ。他に幅80cm×高さ120cmと幅120cm×高さ160cmがあるが幅120センチが理想にしてもその幅のスペースが取れないので幅80cm×高さ160cmにした。
製品は組立式で外枠のパイプはスチールに粉体塗装を施したものだが、クロスはポリエステル製だから汚れたら洗濯可能で中温度でのアイロンも使える。なお本体重量は4.2kgと見た目より軽い。

その組立も説明書に沿って行えば簡単だ。ベースパイプ2本にそれぞれ2つずつのアジャスターを取り付けた後、縦パイプをベースパイプにネジ留めする。そうして組み立てた左右2本の縦パイプの上下を間口パイプ(橫棒)で補強し最後にクロスを上から被せればOKだ。

Partition_02.jpg

※ベースパイプにアジャスターをつける


Partition_03.jpg

※ベースパイプと縦パイプを接続(2組)


Partition_05.jpg

※縦パイプの間を上下に間口パイプでつなげる


Partition_08.jpg

※組み立てたパイプにクロスを被せる


ただしポイントは2つある。
ひとつはベースパイプと縦パイプとのネジ留めだが、もともとベースパイプは複数のパーティションを繋いで使用することも含め、角度を付けた設置も想定している。したがってきつくネジ留めしても動きやすいというか緩みやすいが反面設置場所でベースパイプがフレキシブルな位置で使えるため(パーティションが安全に立つことが重要だが)狭い場所や床にあれこれと物が置いてある場合には便利かも知れない。

2つめのポイントはクロスのことだ。ぴったりと設置しても布製なので皺が目立つ場合があるかも知れない。その場合にはあらかじめ中温度でのアイロンをかけることでより見栄えがよくなる。
ちなみに私は被せた後に、ハンディースチーマーで目立つ皺を伸ばしたがパーティションとしては勿論、バックドロップとしても皺はないほうがよい。

さて、パーティションをバックドロップに使うなどプロフェッショナルから見れば実にいい加減なアプローチだと批難されるかも知れないが、ある意味これは私のようにマネキンの上半身などを撮るには大変使いやすいのである。サイズが幅80cm×高さ160cmだから生身の人間を撮るには小さいがアングルが限られる被写体の場合はほとんど問題は生じない。

Partition_13.jpg

※こうした背景を抜く撮影にも最適のようだ


また撮影後、フォトレタッチソフトで背景を合成処理するのが一般的なのでグレーのクロスはまずまず都合が良いし、簡易的な背景布を設置した場合のようにいたずらに皺が気にならないのもよい。なお今回私が求めたのはグレーのクロスなわけだが他にブルー、ベージュ、ライトグリーン、ライトブルーのバリエーションがある。
勿論来客があったりした場合には一部のコーナーを隠す役割も果たしてくれる ^^;
これは役に立ちそうだ。







インスタグラム、1つの投稿に複数の写真や動画をシェアできる機能を導入

インスタグラムは2月22日(米国時間)、1つの投稿に複数の写真や動画をシェアできる機能を発表した。今回のアップデートによって、最大10件の写真や動画を組み合わせ、スライドショーのような形式でフィードに投稿することができるようになる。


   instagram20170223.jpg

料理のレシピをステップ順に紹介したり、旅先の思い出を1つの投稿としてまとめて投稿するなど、従来のように思い出に残したい写真や動画を絞り込む必要はない。これらの投稿は、左右にスワイプすればページをめくるように閲覧できる。

△ 本機能の利用方法は以下の通り。
  ・通常、フィードに写真や動画を投稿するときのように、画面中央の投稿ボタンをタップし、右下に新しく設置されたアイコンを選択すると、複数の写真や動画をシェアできるようになる。
  ・選択した写真や動画すべてに一括でフィルタをかけたり、個別に編集するなど、クリエイティビティを発揮して自由に編集することができる。
  ・1件目に投稿される写真または動画がカバーとして表示される。また、それぞれのコンテンツを長押しすると、順序を変更または消去することができる。
  ・投稿に追加できるキャプションや場所を示すロケーションタグは1つ。同じく「いいね!」やコメントも投稿全体に対してすることができる。友だちや知り合いをタグ付けする場合は、それぞれの写真や動画にすることができる。
  ・この機能を使用した投稿は、フィード画面では画像の下に青いドットが表示されるため、左右にスワイプできることが分かるようになっている。

機能の詳細については@instagramjapanからも確認できる。また投稿方法についてはこちらの動画をご参照ください。



Apple Parkを社員向けに4月オープン

Apple Japanは2月22日、米国本社を広さ175エーカーの新キャンパス、Apple Parkへの社員の移転を4月から開始することを発表した。総勢約12,000名の従業員の移転には6カ月以上かかる見込みで、社屋および敷地内の建設は引き続き今夏いっぱい行なわれる予定。


スティーブ・ジョブズが創造とコラボレーションの拠点たれと思い描いたApple Parkは、サンタクララバレー中心部の何マイルにもおよぶアスファルトの町を、やすらぎをもたらす緑地へと変貌させたもの。円環状をした280万平方フィートのメインの建物の外装は、世界最大規模の曲面ガラスですっぽりと覆われている。

もし存命していればスティーブは、今週金曜日の2月24日で62歳になっていた。スティーブの記憶と彼がAppleと世界に与え続けている影響に敬意を表して、Apple Park内のシアターはSteve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)と命名される予定。今年後半オープン予定の同シアターは席数1,000の大ホールで、入口の高さが20フィート・直径165フィートのガラス製の円柱がメタリックカーボンファイバー製の屋根を支えている。Steve Jobs TheaterはApple Park内で最も高い丘の上に位置し、キャンパス内の緑地とメインの建物を見下ろしている。

Apple Park内には、Apple Storeや一般にも開放されるカフェを併設したビジターセンターや、10万平方フィート規模のApple社員向けフィットネスセンター、セキュリティで管理された研究開発施設、そしてSteve Jobs Theaterがある。新キャンパスのリング内側の緑地部分には、社員用として各2マイルの長さにおよぶウォーキングおよびランニングコース、果樹園、草地、人工池も設けられている。

Foster+Partnersの協力の下でデザインされたApple Parkは、広さ500万平方フィートのアスファルトとコンクリートの土地を草地と、乾燥に強い約9,000本ものカリフォルニア原産の樹木に置き換えたほか、電力には100パーセント再生可能エネルギーを使用。屋上部分に17メガワット分のソーラーパネルを設えたApple Parkは、敷地内で太陽エネルギーを運用する世界最大規模の施設になる。また、Apple Parkは自然換気型の建物としては世界最大で、1年のうち9カ月間は暖房も冷房も不要になると見込まれている。

Apple Press Info




ブログ内検索
New web site
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員