VisiCalc をApple II で起動!

少々時間が取れたのでずっと懸案事項のひとつだったことをやってみた。それはすでに8年も前になるが、資料としてeBayに出品されていたApple II 用の表計算ソフト「VisiCalc」のパッケージを手に入れたものの、これまで一度も起動させていなかったことだ。


「VisiCalc」に関しては旧記事「Apple II 用として開発された表計算ソフト『VisiCalc』再考」に詳しいので繰り返さないが、現Excel (エクセル)の発端となった画期的なアプリケーションであり、為にApple II のキラーアプリケーションとしてApple II の売上げにも大きく貢献したことが知られている。
なにしろしばらくの間「VisiCalc」はApple II 専用だったのである。

私の手元にある「VisiCalc」のパッケージはフェイクレザーの3穴バインダ形式になっているものでリリースは1981年、パーソナルソフトウェア(Personal Software)社から発売となっている。なお同社はVisiCalcの成功を確信した後、社名をビジコープ社と変えているから、手元のパッケージはまだ販売初期のものということになる。
対象は “Apple II & II Plus 48K 16Sector“ と明記された文字通り、Apple II 版だが、すでにオリジナルディスクは無くバックアップディスクしか残っていない。しかしマニュアルやリファレンスカード、保証書などは当時のまま残っている。

今回「VisiCalc」を起動してみようと用意した機材は以下のものだ。

・Apple II plus
・DISK II
・モニター (Apple IIc 用のグリーンモニター)

Visicalc_system.jpg

※今回VisiCalcを起動するために用意した機材


この5インチのフロッピーディスクにバックアップコピーがいつ作られたかは不明だが、当該パッケージを入手した最初のユーザーが作ったとすれば、購入からそんなに時間は経っていないうちにバックアップを取って置いたと考えて不自然ではないだろう。なにしろフロッピーディスクは磁気にも埃あるいし湿気などにも弱いから、私なども手に入れたソフトウェアのバックアップはなるべく早めに作っておくという習慣をつけていたくらいなのだから...。
といえばすでに30年以上は有に経っているわけで、この一枚限りの「VisiCalc」が起動しないとすれば諦めるほかはない。

今回の検証は、当該フロッピーが正常に起動するかどうかにかかっているが、旨く動作したなら当時の使い勝手はどのようなものだったかを思い出してみたいと考えた。
動いたからと言って、まさか「VisiCalc」を実用として使ってみようなどと考えたわけではなく、感覚的にも最新のExcelなどとどれほど違うのか、あるいは世界初の表計算ソフトの実力を再評価してみたいと考えたに過ぎない。

無論私自身「VisiCalc」が発売された時代にリアルタイムに使ったユーザーの一人だった。ただし白状すると正直いま思うに表計算ソフト、スプレッドシートというコンセプトがどのようなものなのかを深く考えなかったようだ。
ために当初は価格が安いからと「MagiCalc」という二番煎じの製品を買ったこともあった...。

さて、前記した機材を押し入れの棚から取りだしてセットアップすることからはじめる。それぞれが皆古い製品ばかりだから、いつ故障してもおかしくないわけで机上に置くのも、その取り扱いにも自然に丁寧になっている自分がいる。
ただしセットアップといっても難しい事はまったくない。

まずはApple II の蓋を開け、スロットに刺さったままにしているDISK II インターフェースカードにDISK II のケーブルコネクタを差し込み蓋を閉める。
モニターをApple II の蓋の上に置き、Apple II 本体とモニター共に電源コードをセットしてコンセントに繋ぐというこれだけだ。

いよいよフロッピーディスクをDISK II にセットして起動してみる。例え起動しなくても何の問題もないはずなのにやはりこうしたことは些か緊張するものだし反面期待も大きい。
DISK II の扉を閉めたらモニターの電源を入れ、続いてApple II 背面にある電源スイッチをONにする。
「カタカタカタカタ...」
懐かしいDISK II が音を立てたと思ったら、あっと言う間に初期画面がモニターに表示した。
問題なく起動したようだ。



※ユーザーズガイドからフロッピーディスクを取りだして起動させる


早速Apple II のキーボードからいくつかのセルに文字列や数値を入力しようとするが、そこはExcelではないわけで(笑)、全くといってよいほどコマンド類は忘れている。
それにさすがのApple II plusも問題なく動作しているものの、キーボードは些かチャタリング気味であるしキーストロークが現在のキーボードとはまったく違うので打ったつもりが入力されていないということもある。



※起動後に以下の基本中の基本をオペレーションしてみた


ともあれ、ユーザーガイドにある入力例の基本中の基本をそのままトレースしてみた。
こんな感じである。なお表記はユーザーガイドに準じている。

>A1®
SALES → 100®
>A2®
COST → .6*B1®
>A3®
"-GROSS- → +B1-B2®
>B1®

現在ExcelやNumbersといったアプリを使っている方なら、なにをしているのかはご想像がつくものと思う。
一応簡単な説明をさせていただくと

>A1     特定のセルへの移動を意味する。この場合は当然1行目のA列を意味する
®      リターン
→       セルをひとつ右へ移動
SALES    テキスト入力。COSTとか-GROSS-も同様。
       ただし-GROSS-の前に " が付いているのは - は演算記号ではなく文字列であることを宣言するため
.6*B1    計算式。B1の値に 0.6 を乗じた値を算出する
+B1-B2   計算式。B1の値 から B2の値をマイナスすることを意味する

勿論、この例の場合は「SALE = 100」から「COST」を引いた計算結果は「40」だが、B1の値である100を200にしたとすれば、答えはそのコストである6割を差し引いた80に変わる。また変数を扱う事もできる。
ただし現在の表計算ソフトとは違い、罫線機能はない。したがって一行を使い例えば = や - などを入力して罫線としなければならない。

個人的には今もってExcelなど出来ることなら使いたくないと思っている一人だが、本当に久しぶりに「VisiCalc」に対面してみると数行テキストや数値を入力するだけで肩が凝って疲れてしまった。
というわけで、「VisiCalc」は進化や変化が激しいコンピュータの世界におけるひとつのエポックメイキングであり、起動する現物は時代を正確に伝える証拠でもある。
今後も大切に保存したいと考えている。



インスタグラム ストーリーズにフェイスフィルターなど4つの新たなツールを追加

Instagramは2017年5月17日(米国時間)、「インスタグラム ストーリーズ (Instagram Stories)」専用カメラにフェイスフィルターや「巻き戻し」撮影モード、またお絵かきツールにハッシュタグスタンプ、消しゴムを追加した。これらの新たなツールにより、利用者は日々のあらゆる瞬間をより楽しく、クリエイティブに演出することができるようになる。


image001.jpg

新たに追加された4つのツールは以下の通り。

△ フェイスフィルター:

  セルフィー(自撮り)写真や動画をより楽しく加工できる、遊び心のあるフェイスフィルターを追加。ストーリーズ専用カメラから、新しく追加された右下の顔マークのアイコンをタップするだけで、頭のまわりをグルグル回る数字のイラストや、ぴょこぴょこ動くコアラの耳を含む、全8種類のデザインが表示される。フェイスフィルターは「ブーメラン」などの撮影モードでも利用可能ー。

△ 「巻き戻し」:
  「ブーメラン」、「ハンズフリー撮影」に続く新しい撮影モードとして「巻き戻し」が登場し、撮影した動画の逆再生が可能になった。

△ ハッシュタグスタンプ:
  ハッシュタグスタンプを使用することで、ストーリーズ投稿にもハッシュタグを追加できる。写真や動画を撮影した後、画面右上のスタンプアイコン(ニコニコマークのアイコン)からハッシュタグスタンプを利用できる。また、メンション機能と同様、通常のテキストツールを使ってハッシュタグを追加することも可能。

△ 消しゴム:
お絵かきツールに新しく消しゴムが登場した。お絵かきしたものを消したり、上に重ねた色を消して写真を一部だけ見せるなど、よりクリエイティブにストーリーズ投稿を加工することができる。

今回のアップデートは本日より順次展開を開始し、数週間以内に世界中で利用が可能となる。ツールの詳細に関しては、Instagramの日本語公式アカウント@instagramjapanより確認できる。またチュートリアル動画についてはこちらから参照できる。



インテリブル データバックアップソフト「INDELIBLE 3」レポート

久しぶりにダウンロード購入ではなくパッケージ版のソフトウェアを買った。Mac専用のバックアップソフト、アイギーク社の「INDELIBLE 3」である。これまでにもこの種のツールを使ってTime Machineとは別にシステムのクローンを作ってきたが、先日システム側ではなかったものの外付けHDDが一瞬で飛んだ、その憂さ晴らしである(笑)。


ハードディスクは消耗品だと理屈では理解しているが、実際に一瞬で大切なデータを失ってみるとあらためてバックアップの大切さを思い知る。そうそう滅多にあることではないが、やはり普段からの心構えが重要になってくる。
MacユーザーにとってバックアップといえばまずTime Machineが基本である。Macの買い換えやシステムの入れ替えにもこのTime Machineがあれば安心して利用環境の復旧が可能になる。

indelible3_00.jpg

※アイギーク社の「INDELIBLE 3」パッケージ


しかし過去の幾多の事例を鑑みれば、そのTime Machineも文字通りの完全は保証してくれない。Time Machine自体のハードディスク不調により復帰ができずに冷や汗をかいたこともある。したがってTime Machineは基本中の基本だとしてもその他にシステム環境を素早く復旧するため、起動できるクローンのシステム環境を用意している。

その為のソフトウェアもいくつかあるが、まずは信頼できるツールであることは勿論としても使いやすくかつ簡便なものが理想であろう。あくまでバックアップはメインの作業ではなく、これに多大な時間を取られたり注視を余儀なくされたのでは困る。
この種のツールの理想は、分かりやすく間違いようのないインターフェースと結果の確実さだ。その上にできればユーザーの好奇心をくすぐる作り込みがあれば言うこと無しという感じか...。

さて「INDELIBLE 3」だが、アプリを起動後に基本的な設定(バックアップ設定)は簡単である。
画面は大別して3つのエリアに分かれている。
まず左サイドのプリセットはソース側のバックアップ形態を選択する部分だ。例えば「内蔵ドライブ全体」なのか「全てのシステムファイル以外ファイル」なのか「全てのユーザーファイルなのか」などなどといった基本の形態が選択するだけで使える。無論システムを含むボリューム全体をバックアップするなら「内蔵ドライブ全体」を選択する。

indelible3_02.jpg

※設定の基本はソース側と宛先側を指定するだけだ


続いて右側は上部でバックアップするソースのボリュームやフォルダなどの指定とそのバックアップタイプが起動可能な「クローン」なのか「シンプルコピー」あるいは「バージョン付き」か「同期」かの選択といった具合。
下部ではバックアップの宛先を指定する。宛先のタイプは「ボリューム」と「CD/DVD」を選ぶことになる。

そしてウィンドウ右上には「すぐに開始」ボタンがあり、上部には「バックアップ」「ダッシュボード」「履歴」そして「宛先」というツールが並び、中央は作業中の進行状態を表示するエリアがある。 

indelible3_05.jpg

※バックアップ中の「ダッシュボード」モード画面例


要はソース側とバックアップ先(宛先)を指定後、「すぐに開始」ボタンをクリックすればバックアップは開始される。その過程は「ダッシュボード」でリアルタイムに確認出来、バックアップの履歴は「履歴」アイコンをクリックすることでそのブランやステータス、開始時間と終了時間などが確認出来る。

indelible3_04.jpg

※バックアップの履歴を確認した例


勿論、スケジュールを設定しておけばその設定通りに自動的にバックアップが開始される。
またバックアップは最初期にはそれなりの時間を要するが、同じ環境設定時の繰り返しのバックアップは差分で行われるので通常は短い時間で終了する。

indelible3_03.jpg

※スケジュールを設定した自動バックアップも可能だ


なお「INDELIBLE 3」の左サイドのプリセットメニューの表記もウィンドウ左下にある「詳細レベル」を低・中・高に切り換えることで当該バックアップの説明が簡素化されたり詳しく表示したりする。
その他の特長としては、ディスク接続時に自動操作を可能にするPlug & Go機能、暗号化や圧縮設定のバックアップそして複数のCD/DVDへ大容量データを分散してコピーするスパニング機能などを備えている。

ということで「INDELIBLE 3」はまず日本語仕様なのがよいし1ライセンスで3台までのインストールが可能だ。全体的に分かりやすいレイアウトになっているが、注意点としてはバックアップ動作中はいろいろオペレーションしないことだ。場合によってはアプリケーションの挙動をおかしくしたりバックアップができなくなるケースもありうる。

ともあれ私自身はこの「INDELIBLE 3」で久しぶりにバックアップスケジュールを組んでみた。万一のことは無いにこしたことはないが、いつでもトラブルの可能性はあり得ると認識して対処しておきたいものである。

INDELIBLE 3

Escape Motionsのペイント・アプリRebelle 2 覚書

Escape Motionsのペイント・アプリケーションの新バージョン「Rebelle 2」をペンタプレットと同時に使い始めたのでその概要をご紹介したいと思う。ペンタプレットを新調したので久しぶりに時間を割いてあれこれと楽しんでみたが、いやはやこれは素晴らしい!


もともとコンピュータで絵を描きたいというのがこの世界に足を踏み入れたひとつのきっかけだったから、いわゆるペイント系アプリケーションはMacintosh用でもPC-9801用でもその黎明期から製品化されたもののほとんどを手に入れたものだ。
その後、MacintoshのプラットホームではPhotoshopがデジタル写真のレタッチアプリ、Painterが描画機能やナチュラル表現に優れているペイントアプリといった感覚で知られていったが、私はと言えばそのPainter 1.0をサンフランシスコのExpo会場で手に入れたものの、当時の最速マシンでも重くて絵を描くことなど到底できなかった。

さてEscape Motionsのペイント・アプリケーション「Rebelle 2」だが、この4月25日からダウンロード販売が開始された最新版である。

Rebelle2_01.jpg

※「Rebelle 2」起動の初期画面


筆やペンといったツールによるリアルな描き心地、カラーの混じり具合、ウェットな絵の具が拡散(垂れる)していく様は大げさでなく実際に筆と絵の具でキャンパスに塗りたくっているかのようなリアル感がある。
このツールがあれば、本物の水彩画、アクリル、インク、パステルなどといった画材においても思うような表現が可能に違いない。
とはいっても「Rebelle 2」をマウスで扱うには適当でない。やはり何らかのペンタプレットで使いたいものだ。
ということで、以降は先日手に入れたばかりの「HUION ペンタブレット H610 PRO」で「Rebelle 2」を試用してみた自身の覚書でもある。

Rebelle2_05.jpg

※「HUION ペンタブレット H610 PRO


アプリケーションを起動すると中央に作画エリア(キャンバス)が表示するが、「Rebelle 2」の基本は左サイドに「ツール」および「プロパティ」パネルが、そして右サイドには「ナビゲーターと傾き」「カラーとカラーセット」「レイヤーとステンシル」パネルが並ぶ。
このワンウィンドウが基本だが、それぞれのパネルはタイトルバーをドラッグすることでその位置を変えることが出来、外して任意の位置で使うことも出来る。

Rebelle2_02.jpg

※各パレットは任意の場所に置いても使用可能


なおメニューバーの「Rebelle 2」より「Preference」を選択しそのウィンドウ下にある「言語」を日本語にすることで一部の機能は別にして表示が日本語表記となる。

キャンバスに何か描く場合にはまず左サイドの「ツール」パネルから道具を選ぶ必要が、それらの上にペン(マウス)オーバーすればその名称が表示する。
左から「水彩」「アクリル」「パステル」「鉛筆」「インクペン」「マーカー」の各筆と「エアブラシ」および「消しゴム」が並んでいる。
それぞれのツールを選択すればその下のパネルに当該ツールで使えるパラメーター、例えば「サイズ」や「筆圧」といった機能の調節が可能だ。

Rebelle2_03.jpg

※ペンタブレットとの相性などを試すためキャンバスにあれこれと描く【クリックで拡大】


次ぎに右サイドにある「カラー」パネルから色を選ぶ。これは多くのグラフィックソフトで使われているインターフェースでもあり、色と濃度を選ぶのに難しいことはないはずだが、「カラーセット」タブをクリックすることでカラーパレットが表示する。
またキャンバス位置や拡大縮小などは右サイドの「ナビゲーター」パネルを使うが、「傾き」を選ぶと「チルト」パネルに切り替わる。この機能こそ「Rebelle 2」を代表するユニークな機能のひとつともいえる。
要はキャンバスに絵の具を置いた場合、この「チルト」パネルをONにし、その角度と強さを指定することでキャンバス上の絵の具がリアルタイムにその方向に垂れていく。



※水彩絵の具がキャンバス上で垂れて混ざり合うテスト(動画速度を速めにしています)


そして「レイヤー」パネルでは文字通りレイヤーのコントールが可能だが、当該レイヤーを「Wet the Layer」「Dry the Layer」「Fast Dry」といった設定として使うことが出来る。
まあまあ、こうしたグラフィックアプリケーションをいくつか使った事があるユーザーなら、数回それぞれの機能を確認すればその意味合いと能力はすぐに分かるに違いない。

最後は「ステンシル」に関してだが、これは文字や図形を薄いプラスチックの板に抜いたテンプレートのデジタル版である。
「Rebelle 2」はペイント系のアプリであるからして例えば真円とか矩形あるいは線がクリアなパターンを描くのには適していない。
実物の「ステンシル」を紙の上に置き、鉛筆などでそのエッジをなぞることで綺麗な曲線や直線が描けるのと同様、「Rebelle 2」の「ステンシル」をキャンバス上に置き、サイズと位置を調整した上で上から任意のカラーで塗りつぶし、後にその「ステンシル」を消去すれば綺麗な線やパターンが描けるという機能である。

Rebelle2_04.jpg

※左のオレンジ色のパターンがステンシル。その上をブラシなどで塗り、ステンシルを消去した例が右の図【クリックで拡大】


ただし申し上げるまでもないことだが、優秀なデジタル画材を持つことと絵心とは別次元の問題であることをあらためて知らされた思いだが、デジタルペンを持ち「Rebelle 2」のキャンバスを前にすると大いなる刺激を受けることは確かだ。
まだまだ「Rebelle 2」の各機能やツールが自分のものになっていないので戸惑いもあるが、焦らず楽しんでみよう。

Rebelle 2 ウェブサイト

ラテ飼育格闘日記(546)

ゴールデンウィークがやっと終わった。そもそもオトーサンのところでは暦通りの休みは意味が無い。その上にこのゴールデンウィーク中にオカーサンとオトーサンが続けて熱を出してしまったから辛い日々が続いた。それにラテにとっても学校が休みのときには子供たちと出会えないし、欲求不満の日々が続いた。


ゴールデンウィーク直前まではラテにとって至福の日々が続いていた。散歩の時間帯や天候にもよるものの子供たちと出会えばそれこそ毎日モミクチャにされた。また登校時間に出会えばお馴染みの子供たちと小学校の校門まで一緒に歩くといった楽しみもある。
そんなときのラテはまるで「アタシについておいで」とでもいうように子供たちの先頭に立ってズンズンと歩く。

Latte546_01.jpg

※ご機嫌のラテ


またいつもの公園に入るとお馴染みのファミリーのオカーサンがラテ用のオヤツをわざわざ作って持参してくださった。甘みを抑え、オイルはバージンオイルのオリーブ油を使ったいわゆるクッキー調のもので人間も安心して食べられるが、ラテの引きが強いこと強いこと。
大変気に入ったようでファミリーのオカーサンの前に立ち上がって「チョウダイ」と要求する。
まったくもって幸せなワンコである。

Latte546_03.jpg

※ファミリーのオカーサン手作りクッキーに飛びつくラテ


それがゴールデンウィークに入り、いつもの公園に行っても子供たちやファミリーの方々がなぜ来ないのかが分からないラテはひたすら座り込んだり腹ばいになって待ち続けるのだ。
これがオトーサンにとっては辛いことになる。ラテは待てばそのうち、知り合いの子供たちが「ラテちゃ~ん」と呼んで駆けつけてくれると思っているフシがあるからひたすら待つ。オトーサンがリードを引いても四つ脚を踏ん張って強く抵抗するのだ。
ラテと共通な認識を持っているとオトーサンは錯覚しているフシがあるが、一番違うのは時間感覚なのかも知れない。

普段はラテとは意外に意思の疎通が図れていると思っているオトーサンだが、こればかりはどうしようもない。ラテに理屈を説明しても分かるはずもないし聞き分けるはずもない。
それでもオトーサンは「今日は待ってても来ないから帰るよ」といいながらラテを力尽くで地面から引きはがす(笑)。

それでなくても最近は日中の気温も上昇し、ワンコにとっては早くも暑さを感じる季節になっているようで、日陰で風が通る場所に来るとコンクリートの路面に腹ばいになって動かなくなる。確かに涼しくて気持ちがよいのは分かるが、これでは散歩にならないしオトーサンとてそのまま10分も20分も立ち続けているのは実に辛い。

Latte546_05.jpg

※そろそろ今年もラテ文鎮化の季節が到来


しかしラテを力で動かそうとするのはなかなかに難しいのだ。
こうしたときには食べ物の威力も効かないことが多い。大好きなオヤツを見せれば立ち上がって言うことを聞くと思われがちだが、ラテにもどちらが大切かという判断基準があるようで、オヤツを見せてもそっぽを向き腹ばいを続ける。
また立ち上がったからとオヤツを食べさせた途端にずる賢い我が娘は速攻でまた伏せてしまい重い文鎮と化す。

こうした攻防戦は普段でもきついというのに微熱が続き、体のあちらこちらがギシギシいっているようなオトーサンはいっそのことラテの隣に腹ばいになってしまおうかと思うほどだ(笑)。
しかしそのようなときでも向こう側の歩道にワンコが通ればすっくと立ち上がって元気に吠え始めるのだからオトーサンは頭にくるわけだ。

Latte546_07.jpg

※熱を押しての散歩は辛い...


5月8日の月曜日、今日から学校も通常通りだとオトーサンはラテを通学時間帯より少し早めに散歩に連れ出した。なるべく排泄を済ませてからゆっくりと子供たちと遊ばせたいからからだ。
ここ数日と違い、あちらこちらにランドセルを背負った子供たちの姿が見えるからか、それまでよりラテの意欲が違うようで積極的にリードを引く。

オトーサンの読み通り、早々に排泄が終わったのでゆっくりと通学路の方へと軌道修正だ。と早くもかなりの遠くから「ラテちゃ〜ん。ラテラテ!」と声がして低学年女子3人が笑顔でこちらに走ってくる。
あっというまにラテの廻りには6人もの女子たちが集まって賑やかだ。子供たちにとっても久しぶりの学校だからだろう、「あのね、うちの犬がね」「オカーサンにラテのこと言ったらね」「9日間台湾に行ってたんだよ」「ラテはGW中なにしてたのオジサン」と質問が同時に押し寄せる。

Latte546_04.jpg

※久しぶりのモミクチャ(笑)


オトーサンは聖徳太子になったように「ワンコが元気になって良かったね」「オカーサン、なんて言ってたての」「オジサンも台湾行ったことあるよ」「ラテは寂しかったみたいだよ」と次々に短い返事をする。と同時にまたまた質問攻めだ(笑)。
その間、ラテは頭や背中、ときには尻尾を撫でられ、抱きしめられ、チューをしたりと大忙しだが尻尾も下がらずラテも楽しんでいるようだ。
そう言えばオトーサンはまだまだ微熱があったはずだが、その時だけは忘れて一緒に校門までの道のりを楽しんだ。



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見たカリスマ  スティーブ・ジョブズ
ジョブズ学入門
大塚国際美術館ひとり旅
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員