ラテ飼育格闘日記(599)

気温差が激しい。冬に逆戻りかと思えば熱中症患者がでたりする日もある。ラテも文句こそ言わないが気温には敏感だけにオトーサンも気を付けてあげなければならない。すでにラテのために冷房を入れる日も出てきている。


ものの本よれば毎回ワンコとの散歩は30分程度は必要とある。オトーサンもラテが幼犬時代には天気が悪い日は別にして30分で戻ったことなどほとんどなかった。
1時間とか1時間半は毎回歩いていたからだ。その上、馴染みの公園に行けば多いときには十数匹もの知り合いワンコと顔を合わせることになったり、小学生女子らが勇んで遊んでくれるものだからリードを持っているオトーサンもマジで駆けずり回っていたものだ。

Latte599_01.jpg

※石畳の上でご機嫌


それに比べれば最近の散歩は随分と楽だ。いや、楽なはずだが忘れてはならないのがオトーサンもこの10年で体力がかなり落ちていることだ(笑)。
到底あの頃のように子供たちと全速力で走り回ることは無理だし、ラテも瞬発力はまだあるにしても持久力は衰えている。
そもそもこれからの時期は歩かなくなるので冬場の散歩とは違うことを承知の上で出かけなければならないが、距離を歩くのも辛いが同じ場所で腹ばいになって動かなくなるのもオトーサンにとっては辛い。

Latte599_03.jpg

※絶対動かないわよ !


とにかくラテは気分屋というか喜怒哀楽が激しいように思うので、楽しい嬉しいと思えば表情に現れるし動きも活発になる。まあまあ大げさといってもよいほどだ。
なにしろ散歩に出てオトーサンとラテは公園に、女房は近所のコンビニで買い物してから合流するからといって出かけたとする。そして10分とか15分後に女房の姿を認めるとそれまでグータラだったラテが俄然女房に向かって走り出すのだ。

Latte599_04.jpg

※10分前に別れたばかりなのに喜び勇んで女房に駆け寄る


そして声を上げ顔を舐めたりする。なにしろものの10分程前に別れたばかりだというのにその大げさなこと…。しか女房にとっては嬉しい対応に違いないが相変わらずオトーサンには無愛想だ(笑)。
相手によって態度をコロリと変える様は見事というしかない。
実は先日、いつも公園でラテを可愛がってくれる小学生Aちゃんが遊びに来てくれた。名目は3Dプリンターを使ってみたいということだったが、一時期ラテが喜びまとわりつくのでなかなかミッションが遂行できなかったほど…。

Latte599_02.jpg

※遊びに来てくれたAちゃんから離れないラテ(笑)


そうした好きな相手(人間)には敏感に反応するが、反面嫌いなというか警戒もまた敏感だ。
散歩途中で「あら、いい子ねぇ」などと声を掛けてくれる見知らぬ人には必ず吠え掛かる。視線を合わしただけでも吠える。ただし子供の場合は別だが…。
この場合の吠えるという行為は怒ったり威嚇したりというのではなく「あんた誰よ?」と言っているような気がする。要は怖がりというか人見知りなのかも(笑)。しかし吠えられた方は決して気持ちが良くないに違いない。

Latte599_06.jpg

※ファミリーのご主人には勇んでご機嫌伺い(笑)


我々人間は危険だとか嫌な相手といった場合は近づかず無視するという選択肢があるが、ラテもそうであればよいものの実際は不審な相手(あくまでラテがそう思う)といった人には向かって声高らかに吠え掛かるので飼い主のオトーサンの立場を悪くする(笑)。
嫌な相手、近づきたくない相手なら避ければよいと思うが、歩道の真ん中でスマホを操作して固まっている人、暗い場所で電話をしている人、申し訳ないが凄く太っている人、大荷物を持っている人、杖や棒きれを持っている人、腰の曲がったお年寄り、本当に見るからに怪しい人(笑)等などが近づくと吠えるのだ。

Latte599_05.jpg

※ファミリーのオカーサンには首を捻って口元を舐めに行く


したがっていまではこちらに歩いてくる人でラテが吠えるであろう人物はあらかじめ分かるようになっているからオトーサンはそうした人が近づくとラテをオトーサンの反対側に寄せてリードを短くし、場合によってはその場に立ち尽くして過ぎ去るのを待つ。
しかしせっかくオトーサンが配慮してラテを固定しているのに近づいたお婆さんは「あら、どうしたの?」と声を掛けてくれる。無論ラテは勇んで吠えだし、お婆さんは「あら御免ね」と言って去って行く。
中には「わたしゃ犬好きで吠えられたことはないんだけどね」と嫌みを言われる場合もある。オトーサンはただただ「済みません」と謝るしかない。
これからは歩くより歩道などでも腹ばいになっていることが多くなる季節だからして様々な人が声をかけてくれる機会が増えるのだ。
オトーサンの憂鬱はしばらく続く…。



Instagram:フィード投稿をストーリーズにシェア可能に

Instagramは5月17日(米国時間)、フィード投稿をストーリーズに簡単にシェアできる新しい機能を導入したと発表。友だちの投稿や好きなブランドの新作デザインなど、気に入ったフィード投稿を見つけたら、その投稿をスタンプとして簡単にストーリーズにシェアし、フォロワーと共有することができる。


Instagram0518.jpg

使い方は以下の通り:

§ フィード投稿の下にある紙飛行機のアイコンをタップ
§ オプションの一番上に表示される [ストーリーズに投稿を追加]を選択
§ フィード投稿がスタンプとして表示されるほか、カスタマイズされた背景も付くため、そのままストーリーズにシェア可能
§ スタンプは回転したり、サイズを変えたり、移動できるほか、タップすると他のスタイルも楽しめる

ストーリーズにシェアできるのは公開アカウントのフィード投稿のみ。自分の投稿を他の人のストーリーズにシェアされたくない場合は、設定で簡単にオフに設定ができる。
なおAndroidでは本日から利用可能。iOSは今後数日のうちに機能が導入される。

フィード投稿をストーリーズにシェアできる新しい機能




ファイルメーカー、最新バージョン FileMaker 17 プラットフォームを発表

ファイルメーカー株式会社は本日、最新バージョン FileMaker 17 プラットフォームのリリースを発表した。ニーズに合わせてカスタマイズされたアプリケーション(カスタムApp)の開発をより容易にするための新機能、Starter App とマスタ/詳細レイアウトが追加されたほか、デザインを刷新したFileMaker Server Admin Console や、新しい FileMaker Admin API により、カスタムAppの管理も合理化できる。


FileMaker0516.jpg

スタートアップ企業からフォーチュン・グローバル500に選出される大企業まで、あらゆる規模の企業・組織がそれぞれのニーズに固有のビジネス課題を解決するためのカスタム App をFileMaker プラットフォーム上で迅速かつ簡単に作成し、ビジネス目標を達成している。

新バージョン FileMaker 17 プラットフォームでは、モビリティと開発環境における革新的な最新技術に重点を置いて機能拡張しており、多種多様なカスタム App をより簡単に作成できるようになった。作成したカスタムAppはオンプレミス、クラウドのどちらにも展開することができる。

・FileMaker 17 プラットフォームの詳細:www.filemaker.com/jp/platform
・無料評価版のダウンロード:www.filemaker.com/jp/try

FileMaker 17プラットフォームの新機能は次の通り。

開発:
 ・Starter App:6 つのStarter App の中から 1 つ選び、アドオンテーブルをつなげて機能を追加するだけで、チームのニーズにぴったり合ったカスタム App を迅速に作成することができる。
 ・マスタ/詳細レイアウト:新たに強化されたポータルの機能を活用して、共通の設計パターンを作成できる。自己連結リレーションシップや追加のスクリプトを作成する必要がなくなり、開発が容易になるだけでなく時間も短縮される。
 ・一新されたレイアウトモード:ドキュメントウインドウ内の便利なパネルにより、インスペクタやフィールドタブなどのレイアウトツールが見つけやすくなり、カスタム App をより簡単に作成することができる。

モビリティ:
 ・センサーのサポート:モバイルのカスタム Appでは、新機能の関数を使用して、iPad や iPhone デバイスの iOS センサーからさまざまな情報を取得することができる。
 ・ローカル通知の構成:FileMaker Go が実行されていない場合やバックグラウンドで実行されている場合でも、 iPad や iPhone デバイスにローカル通知を表示できる。
 ・ドラッグ & ドロップ:iOS 11.2 搭載の iPad デバイスでは、アプリケーション間でテキスト、写真およびファイルをドラッグ & ドロップできるので、ユーザが手早く作業できる。

管理と統合:
 ・FileMaker Server Admin Console:デザインの刷新により、さらに軽量化、合理化されたユーザインターフェースとなり、カスタム App を管理しやすくなった。
 ・ FileMaker Admin API (Trial):このREST API アクセスを使用して、FileMaker Server を管理できる。トライアル期限は 2019 年 9 月 27 日。
 ・FileMaker Data API:REST ベースの FileMaker Data API を使用して、他のアプリケーションやサービスで FileMaker のデータを利用できる。FileMaker Server スクリプト、オブジェクトフィールドへのファイルアップロード、より標準化された API 形式など、新しく機能を向上・拡張した。

FileMaker 17プラットフォームの新機能をサポートするFileMaker Cloud は、今後数週間のうちにリリースされる予定。


3Dプリンターを活用するための三種の神器

3Dプリンターを活用するための三種の神器といっても、当然のことながら3Dプリンターの消耗品類のことではない。ホットベッドに敷くシートだとかフィラメントやらのことではなく活用する上であると便利な道具を三つご紹介してみたいと思う。


無論多くの3Dプリンターユーザーにとっては当たり前のことかも知れないがこれから3Dプリンターをという方も多いに違いない。
しかしあらためて考えると私の考える三種の神器とは造形したオブジェクトモデルの仕上げに関するツールである。
それだけ3Dプリンターにとってサポートやバリといったものを綺麗に取り除くのが重要で大切であることが身にしみているからだ。
では先輩ユーザーからは「今更…」といわれるかも知れないが早速ご紹介してみたい。

1)小型ニッパー
あらためて記すが、3Dプリンターからプリントされたモデルがなんであれ、そのまま実用となることはまずあり得ない。
サポート材を取り除きバリをなるべく綺麗に、それも本体を傷つけないように取り除く必要があるからだ。
そうしたことの第一ステップに重宝するのが小型のニッパーである。

Important things_04

※小型のニッパー


特に固いPLAによる造形では指や爪では取りにくいサポートの痕やバリをなるべく綺麗に取り除くにはニッパーが一番効率がよいと思う。
ただし大きめのニッパーだと造形物の凹凸に対応しきれない場合もあるのでなるべく小型で申し上げるまでもないが切れ味のよい道具が必要だ。
これひとつで切断は勿論掻きだしなどにも有効だ。

2)交換コテ先付きハンダごて
以前「Modifi3D : 3D Print Finishing Tool」というUSB接続で使える製品をご紹介したが、米国から直接購入したものだったが二週間で壊れた。したがってすぐにそれに変わるものとして安物だが5種の交換コテ先を使える本製品を手に入れて使っている。

Important things_05

Important things_06

Important things_07

※SEALODY はんだごてセット。こては温度調節が可能


PLAにしてもABSにしても余分なバリなどを目立たなくする際にヤスリ類では適さないときもある。また時に穴を開け、一部を切断するといった場合に熱処理できるこの種のツールは便利なのだ。
なお本製品は本来はその名の通りハンダごてであり温度調節も可能。

3)ミニルーター
ちょっとしたバリ程度なら一般的な棒ヤスリでも済むが、前記した通りPLAはかなり固く後処理にも苦労する。そうした場合には電動のミニルーターに適切なビットを交換することで削る・磨くが大変楽に行える。
これがあると無しでは効率が全然違うのでお勧めである。私はそんなにパワーを必要としないこともあってUSB充電式のワイヤレスで使える小型製品を使っている。

Important things_01

Important things_02

Important things_03

※Bigmanコードレス!/充電式ミニルーター ビット31点セット HR-DX アルミケース入り


以上3種類の有用なツールをご紹介したが、あえて一番使っているものはといえばニッパーである(笑)。



ラテ飼育格闘日記(598)

雨が続くし九日の朝など外気温が九度と寒い。それでも散歩を中止するわけにはいかないのでオトーサンはラテにレインコートを着せ、フル装備でお出かけとなるが今朝のラテは些か元気がない。


いや、別に体調が悪いと言うことではない。
昨晩ラテは女房の口元にまたまた傷を負わせてしまったのだ。そのため大好きな女房からかまって貰えず無視されているのでしょんぼりなのである。
程度問題犬猫は自分で自分の体というか毛並みなどをメンテナンスする。
具体的には舌を使って舐め回し、時には歯を立てて肉球をガシガシと囓ったりもする。

Latte598_01.jpg

※ちょっとしょんぼり?


その上にラテはアトピーなので自分の肉球を囓って血を出したり、顔を後ろ足の爪で掻き壊して内出血させたりと随分と苦労してきた経緯がある。
ということで現在も朝夕にアトピー緩和の薬を飲ませているが完治は難しく時々ガシガシに夢中となり止めようとするオトーサンにも「ウッ」と歯を向けるときがある。

Latte598_02.jpg

※相変わらずのストライキが続く(笑)


勿論噛みつくことはないが,人間で言うなら「五月蠅いわね!」とでもいいながら手で相手を振り払おうとする行為なのだろうがそこはワンコだ。歯が当たれば痛いし時に出血もする。
女房にもガシガシと夢になっているときには顔を近づけるなと言っているが、そこはオトーサンより優しいというか甘いというかこれまでにも何度かやられている(笑)。

ラテもやった後で「しまった」と思うようだ。人間の思いとは違うだろうが、罪の意識と言うよりやってはいけないことをやってしまった後ろめたさみたいなことを感じているように思う。
女房は意識的にラテと視線を合わさず言葉も掛けないで寝てしまったが、翌朝オトーサンが気がつくとラテはオカーサンの蒲団の脇に体を乗せて添い寝しているではないか(笑)。そしてその表情はどこか心配そうな顔をしているようにオトーサンには思えた。

Latte598_06.jpg

※女房の枕元で心配そうな表情のラテ


そんなラテだが実に外面はよい。当たり前ではあるが、散歩中に出会う子供たちに歯を向くようなことは一度もない。だからでもあるが登校途中の子供たちはラテの姿を見ると「ラテちゃ〜ん」と声を張り上げて駆けてきてくれる。まあまあワンコ冥利というかオトーサンにしても飼い主冥利につきる。

Latte598_03.jpg

※「ラテちゃ〜ん」と声を張り上げて駆けてきてくれる学童たち


そういえば先日、ラテを可愛がってくださるご近所のファミリーのご主人に初めてペロペロしたことを書いたがその後興味深いことがあった。
ゴールデンウィークだったことでもありファミリーのご主人もお休みだったからかオカーサンと一緒に公園にいらした。
オトーサンたちが公園に入っていくとラテを向かえるようにご主人とオカーサンとが並んでしゃがみ込んで下さった。ラテは尻尾をブルンブルンと振りながら口を開け、喜び勇んで近づいていく。

興味を持ったのは並んで座っておられるご夫婦のどちらにラテが先行するかだ。すでにご夫婦共にウェルカムのポーズを取って下さっていたが、当然のことながらご主人にも吠えなくなり先日初めて顔をペロペロしたラテとはいえオカーサンに向かうだろうと思っていた。
しかしどうしたことかラテは迷うことなくご主人の差し出す両手の中に顔を入れ、舌をチョロッと出した。
オカーサンは苦笑され、冗談に「ちょっと妬ける」と笑った。

Latte598_04.jpg

※ご夫婦並んで向かえて下さったが、驚いたことにラテはまずご主人に挨拶した!


勿論その後すぐラテはオカーサンの両手の中にいたが、ラテの心理…心理と言ったものがあるとすればどのような気持ちでまずご主人に向かったのだろうかを思うと興味深い。

本当の所は知る由もないが、ラテとしては旧知のオカーサンではなくまずは最近友達となったばかりのご主人に挨拶し、それからゆっくりとオカーサンに挨拶しようとでも思ったのだろうか。
いずれにしてもはやりの言葉でいえば、ラテにも何らかの忖度があったに違いない(笑)。



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から八巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員