ラテ飼育格闘日記(632)

新年明けましておめでとうございます。今年も「ラテ飼育格闘日記」をどうぞよろしくお願いいたします。ということで2019年、平成31年がスタート。といっても平成は4月までのようだけど…。ともあれお陰様でラテファミリーは無事新年を迎えることができました。


もともと無精なオトーサンだし、女房が土日や祭日に無関係な仕事をしている関係上、正月やらといった気分にはなれないのが普通だが、幸い今年は女房が大晦日と元旦の2日休日になったのでプチ正月気分を味わえたラテファミリーだった。

正月気分といえば暮れにラテを可愛がってくださるファミリーのオカーサンから黒豆・千枚漬け・なますをいただいたこともあって元旦の食卓は些か賑やかであった。

Latte632_01.jpg

※ あけおめ ことよろ😁


そればかりではない。元旦に近隣にある諏訪神社へご一緒に初詣することになった。
昨年は2日にファミリーとご一緒に初詣をしたのだがことしは元旦になっただけでなくファミリーのオカーサンの妹さんご夫婦と息子さんが正月休みを利用して遊びに来られているのでご一緒することになった。
賑やかなのは嬉しいものの心配なのはラテのことである。

Latte632_02.jpg

※意外なことにラテは吠えなかった😊


毎年近隣の初詣は歩いて行ける場所なのでラテも連れて行くことにしている。また神社の境内もワンコが入っても良いようなので気は楽なのだが、問題はラテにとって慣れていない大人がお二人一緒であることだ。
妹さんは昨年にほんの少しお会いしたことがあったがそのご主人は初対面だ。お子さんは初対面でもラテはフレンドリーなので問題はないはずだが一緒に歩くにしても吠え続けるようではいかにも迷惑をおかけする。

またそもそもいくらローカルな神社だといっても元旦の初詣は混み合うに違いないから人波の中でまたまた吠えたりするのは困る。
まあもしそうならオトーサンとラテだけでも離れて歩こうと決意して当日を迎えた。

Latte632_04.jpg

※大好きなAちゃんに抱きしめてもらってご満悦


元旦当日待ち合わせの場所にオトーサンと女房そしてラテでお待ちしていると交差点向こうにファミリーの姿が…。ご夫婦二組と子供たちが三人の七人であり、子供たちの中にはラテが大好きなAちゃんがいる。
早速新年及び初顔合わせの方がいらっしゃるのでのご挨拶を済ませて歩き出すがAちゃんから年賀状をいただいた。

お馴染みのファミリーに対しラテはAちゃんやオカーサンは勿論、昨年にはご主人の口元を初めて舐めにいき驚かせたくらいだから吠えたりしなのは当然だが、おかしなことに妹さんご夫婦の近くに寄っても吠えない…。
人が多いから混乱しているか勝手が違うのかとも思ったが、知らない人、慣れてない大人には決まって吠えるラテだから心配して訳だが、目的の神社で小さな行列ができていたので並んでいるときもまったく吠えないのだ。

>Latte632_05.jpg

※子供たちや知り合いの大人の方に撫でられても吠えないラテ😆


それにはオトーサン、安心しながらもどこか具合が悪いのか…と余計な心配をしてしまうほどラテは良い子だった。
ファミリーの二家族と共に女房が拝殿まで登ったが、さすがにラテを連れてというわけにもいかず、また女房と交代でオトーサンも…となればまた列の最後尾に並ばなければならないのでオトーサンはラテのリードを引き撮影班に徹していた。

Latte632_03.jpg

※近隣の諏訪神社に初詣


五月蠅ければ五月蠅いなりに神経を使うし心配もする。また反対に静かすぎてもどこか具合がわるいのかと心配するオトーサンだが、帰り道で何か尖った物でも踏んだのか、一時期足を引いていたラテだが幸いすぐに元に戻った。
オトーサンたちは結局ファミリーの皆さんにお土産までいただき、意気揚々と元旦の初詣を済ませると共に夕方の散歩に代えた次第。
どうぞ今年も穏やかでささやかな幸せが続く一年でありますように!



2018年度、Macテクノロジー研究所的ベストプロダクト10 発表

今年もこうした記事をアップする時期になってしまった。当ブログの「製品レポート」にはApple製品やIT機器だけでなくときに家庭用品や文具など実際に手に入れ使ってみたものをご紹介しているが、無論購入した全てを載せているわけではない。


Best10_2018.jpg

さて今年のMacテクノロジー研究所を振り返るなら3Dプリンターに始まり3Dプリンターに終わるといった感じか…。したがってささやかな本年度の予算のほとんどは3Dプリンター関連に注ぎ込んだため、その他のラインナップは些か寂しいものとなった。
しかし個人的な感慨だが、私にとって3Dプリンターとの出会いは運命的であった気がする。

1)FLASHFORGE Inventor 3Dプリンター
  本3Dプリンターは私にとって2台目の3Dプリンターである。FDM方式の製品としては完成度が高く信頼できる3Dプリンターでありその特徴のひとつでもあるデュアルヘッドと相俟ってお気に入りの製品である。
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2541.html
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2546.html
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2564.html

2)J&T DIY 3Dプリンター(JT-28-004/JT-28-004-II )
  本製品は3台目と4台目の3Dプリンターである。大げさな物言いだが3Dプリンターの概要が理解できた上でより詳しい仕組みを知りたいと考え、これまで避けてきた組立式の製品を選んだ。組立式だからというよりそもそも構造的にシビアな調整を必要とするが動作音も静かだし造形も綺麗。付き合い方を間違えなければコストパフォーマンスの高い製品。
結局、熱が高じて年末ぎりぎりに「一時停止継続機能」「レベリング調整補助機能」といった機能が搭載された新型(JT-28-004-II)を買うはめになった…。

JTT28004II_00_201812242032109df.jpg

  http://appletechlab.jp/blog-entry-2580.html
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2584.html
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2621.html

3)NuAns NEO [Reloaded]
  スマートフォンは長い間iPhoneしか使ったことがなかったが、その私が選んだ2台目のスマホである。カバーデザインが取り替えられることはもとより初めてのAndroid OSに刺激を受けている。
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2489.html
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2491.html

4)多機能1ベイNAS/Synology DiskStation DS115j
  NASを初めて体験した。主に写真と動画のライブラリを知人たちと共有しているがトラブルもなく重宝している。
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2524.html

5)フィラメントドライヤー「PrintDry」
  これまた3Dプリンター関連製品だが、3Dプリンターを使わなければ決して出会うことのない製品に違いない。あれこれと工夫を余儀なくされることが興味を増すきっかけとなっている。
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2570.html

6)eBOX
  これまたフィラメントのスプールをセットするとドライヤーにもなり重量表示でリアルタイムに残量がわかるというアイテム。スマートなデザインはもとより、多機能なスプールホルダー(スプールボックス)として便利にしている。
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2613.html

7)密閉型 ワイヤレスヘッドホン Parrot Zik 3
  ノイズキャンセリング機能を持つヘッドフォンだが、音楽を聴くときだけでなく集中して資料を読んだり作業をするときに不可欠のデバイスとなっている。ワイヤレスで装着感もよいので邪魔にならないのが素敵。
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2554.html

8)単3・単4充電地、自動充電器「ENEROID」
  すでに無くてはならない空気のような存在になっているが、単3・単4充電地の充電はすべてこれに放り込めばよい訳で便利なことこの上ない。地味なデバイスだがお気に入りである。
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2548.html

9)Bluetooth完全ワイヤレス左右分離型イヤホン「QCY-T1BK」
  この種の製品が乱立するなかでひとつを選ぶのは実に難しい。とはいえ私にとってこの種のイヤホンで音楽を聞くときは純粋に音楽を楽しむというよりいわゆる "ながら" の一巻であることがほとんどだ。したがってそもそもヘッドフォンのように数万の予算を割くつもりはないが使い勝手は譲れない。
そんな中、この「QCY-T1BK」は安価な製品ではあるが装着感もよくケースから取り出せば自動的にペアリングとなるし音飛びもない。久しぶりに買って良かったと思えたイヤホンである。
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2616.html

10)iOSアプリ「Mug Life」と「FaceApp」
  ひとつだけ(2つ)ソフトウェアを含めてみた。「Mug Life」と「FaceApp」だが、それぞれ別々のアプリケーション、それもiOS用だ。番外編にも記したがこの3年間あまり、専属モデル造形計画と称し写真撮影用のモデルとして実寸大のトルソーにヘッドマネキンを組合せた女性モデルを造形してきたが当然とはいえ笑顔のひとつも見せてくれない(笑)。したがって制限は多いもののこれらのアプリを介して自然で生き生きとした笑顔を表現できるようになったことは私にとって小さなことではなかった。ただし出来ればiOS版ではなくMac用のアプリケーションが欲しい…。
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2606.html
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2576.html

【番外編】
・Macテクノロジー研究所専属モデル Eliza用、高級医療シリコン製(医療用シリコンエラストマー)実寸大トルソー
 3年もの間、「ああでもない、こうでもない」と時間と金を注ぎ込んで取り組んできた専属モデル造形計画「イライザ、ガラテア造形プロジェクト」が終了した。

jmphoto20181216pm_01.jpg

ミッションとしてはある程度ポーズが取れる頭部と両腕を欲していたわけだが、結局高級医療シリコン製(医療用シリコンエラストマー)実寸大トルソー(ラブドールではない)が販売されていたことを知り高価だったが入手したことによる。
面白いものでこうしたアイテムは3年前とか2年前には探しても見つからなかったわけだが、これもある種の縁なのかも。
  http://appletechlab.jp/blog-entry-2575.html

・時代小説「首巻き春貞」第7巻~第12巻公開
 2018年も昨年同様私にとって士気高揚に効果があり、新しいことを貪欲に勉強するきっかけとなったのは何といっても時代小説「首巻き春貞」の執筆を続けたことだ。自分でも驚くほど次から次へとストーリーが浮かび、書き下ろし小説とはいえ筆が止まることはなかった。その過程で時代考証や当時の風俗全般を知るべく多くの文献を読んだが、それがまた次のアイデアや新しい登場人物を生むという良い副作用を与えてくれている。
  http://www.mactechlab.jp/index.html

ということで今日は大晦日…。
今年一年、お付き合いいただきありがとうございました。来年もまた宜しくお願いいたします。
よいお年を!



ラテ飼育格闘日記(631)

いよいよ今年最後のラテ日記となった。ラテが我が家に来てから早12年が過ぎたことは前回にも記したが、当ラテ日記もラテを迎えた翌日の土曜日(2006年12月11日)から連載をスタートしたわけだから当然12年続いたわけだし一度も休載することなく続けてこられたのは我ながら驚異である。


“日記” と名付けたのも文字通りその一週間に起こった印象的な出来事を書き残しておこうと考えたからだ。日記だからして名文を書こうとかウケを狙って…といったことは考えないことを基本としてきた。
「今日も天気でした」でも済むであろう日記なら一週間一編をアップするのはそんなに大変では無いだろうと考えたからだが、そうはいっても沢山の方に目を通していただくことになるわけで、それなりのプレッシャーはあった。

Latte631_01.jpg

※今年1年、ご愛読ありがとうございました!


しかしラテの散歩も長い短いは別にして雨の日も雪の日も台風の日も地震の日も、そしてオトーサンが高熱の日もギックリ腰の日も、さらには白内障手術の当日もなんとかラテの散歩は欠かさなかったのと同様に当該日記も一回も休まず続けてこられたのは何とも嬉しい。

Latte631_05.jpg

※朝日を浴びた足長オジサンと足長ワンコ


読んでいただく目を意識はするが、これはラテの成長記録を残そうと考えた上でのスタートだっだしそもそも他人の飼い犬の話しなどに興味を持って下さる方などそうそういないだろうと思っていた。しかしお陰様で意外といっては叱られようが、当該ブログでこのラテ日記だけ読むという方も結構いらっしゃる…。

Latte631_04.jpg

※大好きなAちゃんの姿があるとラテの表情がころりと変わる


そんなラテとの生活が13年目に入った。
実にエキサイティングな12年だったし、振り返ってもしラテが居なければどのように味気ない年月となったのか、想像もできないほどラテのインパクトは大きかった。
ともあれワンコを飼うことは「可愛い」だけでは済まされないことを頭では理解していたがこれほど大変なことだったのかはやはり実際に飼ってみなければわからなかった。

日々の散歩や健康管理、そして朝夕の食事の世話は当然としても怪我や体調不良もあり得る。
事実、広い公園でノーリードのワンコに前足を噛まれたとき、オトーサンは血がしたたっているラテを抱っこし動物病院へと急いだ。まあ途中で挫折して傷を負ったままラテを歩かせたけど(泣)。
またアトピーが発症し肉球は噛んで出血しお腹は掻いて真っ赤、そして目の周りは掻き壊して紫色になりまるで殴られたような顔になったりもした。

Latte631_03.jpg

※公園回りのコンクリートの塀に足を掛けるオトーサンとラテ(笑)


だから「私も僕もワンコを飼いたい」という子供たちがいることは嬉しいが命を預かることの大変さも知らないとワンコも飼い主も不幸になるだろう。しかし、一生懸命世話をして可愛がっているつもりでもその実、飼い主がどれほどそのワンコに癒やされ益を受けているかは計り知れない。

ワンコを連れて散歩することで飼い主の健康にも繋がるといった単純なことだけではない。事実オトーサンにしてもラテがいるからこそ見ず知らずの子供たちから声がかかったり、満面の笑顔で挨拶をしてくれる子供がいるのだと思う。
これがジイサンひとりが散歩していてもこの時代、振り返ってくれるはずもないし会話の糸口があるはずもない。

Latte631_02.jpg

※見も知らずの登校途中の小学生から満面の笑顔で挨拶された。オトーサンは嬉しくて一日気分がよかった


この丸12年、オトーサンたちはラテに大盛りの愛情をかけてきたつもりだが、その何倍もの幸福をラテから与えてもらってきたことをつくづくと感じるこの頃なのだ。
ともあれ些末なあれこれはともかく、今年も無事ラテファミリーも新年を迎えられそうで目出度い…。
皆様も良いお年を!


メリークリスマス !

メリークリスマス! 我が家は「寝ル〜クリスマス」でしたが、せっかくなので?女房が作ったクリスマスカードをアップしておきます。
皆様よきクリスマスを…。でも本音は「クリスマスがなんだぁ!」といった気持ちなんですが(笑)。

jmphoto20181224pm_01.jpg





広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十二巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員