ラテ飼育格闘日記(572)

やっと天気の日が続くようになった。ラテは意欲満々で、もしリードが切れるようなことになれば戻ってこないのではないかと思うほど外が好きだし帰りたくないと駄々をこねる。しかしオトーサンの右足の膝関節は相変わらずのガタガタで泣きっ面である。


天気がよければ時間帯や曜日によるものの、朝は通学時の小学生たちに会えるし、夕方は馴染みの公園に出向けば知り合いのファミリーや子供たちに会える機会が多くなる。
そういえばこの地域に引っ越ししてから4年が過ぎた。したがって引っ越し時に幼稚園の年長組の子供は小学3年生とかになっているし出会った時は小学2年生の子供は当然のことながら6年生になっている。

Latte572_01.jpg

※気温が下がってきたので動きは活発になってきた


この4年という期間は短いようで長く、その間にありがたいことだが多くの子供たちと知り合ってきた。ほとんどの子供たちに関して名前は勿論住居がどこかも知らないが、皆この近隣に住む子供たちには間違いが無い。
最初から積極的にラテに近づく子供もいれば、怖いのか、あるいは飼い主が得体の知れないジイサンだからか、最初は遠回しに見ていて日数を経て少しずつ手を出してくる子もいる。

Latte572_05.jpg

※朝の通学時、小学生女子4人にモミクチャにされるラテ


子供たちは下は幼児から上は中学生くらいまでが多く、それもそのほとんどは女の子だ。
別にオトーサンが男子を遠ざけているわけではない(笑)。しかしやはり母性と関係するのだろうか女子95%で男子が5%ほどという大きな差がある。
幼児は母親と一緒に近づき「触らせてください」「触ってもよろしいですか」と母親が声をかけて下さるのがほとんどだが、いきなりヨチヨチと近づきバシッと背中を叩くチャレンジャーもいるのでオトーサンとしては油断がならない。

とはいえこの11年間、ラテが子供に歯を向いたことは一度もないので基本的には安心しているものの、相手次第ということもあろうし虫の居所が悪いこともあるだろうから気は抜けない。
それでも尻尾を掴まれ、耳を引っ張ぱられ、時に抱きつかれてもラテは大人しい。しかし観察していると幼児たちに囲まれている場合にはラテなりに我慢・緊張しているのか次第に尻尾が下がってくる。

ラテが一番喜ぶのは小学生から中学生あたりまでの女子だ。例外として一人中学生の男子と出会うと喜んで飛びつくが後はほとんど笑顔で尻尾を振るのは女子たちに対してだ。
ラテは不思議に初対面の子供にもフレンドリーだが、当然数年の間、可愛がってくれている子供や大人たちには最大の敬意を示し、出会うと呼び声なのだろうか歓喜の声なのか「ウォオオオン」と雄叫びを上げて近づこうとする。
そんなわけだからラテと歩いていると時々反対側の歩道から、マンションの窓から、走り去る車の中から「ラテ!」と声がかかる。まことに幸せなワンコである。

Latte572_02.jpg

※大好きな女子が向かえてくれたのでラテは歓喜の声を上げる


先日オトーサンにとっても飼い主冥利に尽きる出来事があった。
小学6年生女子の二人組と出会った時に駆けてきてくれて何と二人からそれぞれメッセージカードを渡されたのだ。
この4年間、散歩の途中で出会うとラテを撫でてくれたり手を振ってくれる女子たちだが、飼い主のオトーサンと少ない言葉を交わすようになったのはここ1年ほどであり無論名前もお互いに知らない間柄である。

Latte572_03.jpg

Latte572_04.jpg

※小学6年生女子2人がオトーサンたちを見つけて駆けてきてくれ、そしてメッセージカードを渡してくれた !


実は9月末日に近隣の小学校で運動会があり、ラテを可愛がってくださるファミリーのお母さんからご招待をいただいたので外孫(笑)の活躍を写真に納めようといそいそと出かけたのだった。
そのときデジタルカメラのビデオ機能で撮影した映像が多かったが、後でファミリーのお母さんにお渡ししようと編集をしていたとき、意図してはいなかったものの騎馬戦のシーンに見知っている6年生の女子二人が写っていたのだった。

ピントも合っていたので動画の一フレームをプリントし、記念だからと二人に渡そうと考えた。とはいえ別に隠し撮りしたわけではないものの、本人たちが意図したものではない写真など渡されても喜ぶどころか気味悪く思われるかな…とも考えたがこれまでの女子たちの笑顔を思い出して出会う機会があれば渡してみようと散歩用のバッグに入れて持ち歩いていたのだった。
結局会えたのはそれから1ヶ月ほども経ってからだったが嬉しいことに喜んでくれた。

Latte572_06.jpg

※久しぶりの抱っこ


メッセージカードはどうやらそのお礼ということらしいが普段あまり積極的に話をしない女子の方が文章が長く最後に名前も記してあった。
封筒の表には「ラテLOVE♡」裏には「ラテの飼い主さんへ」とある。そして文の中身は運動会の写真の礼と6年生だから最後の思い出深い運動会の記念になってとても嬉しいといった言葉が綴られていた。そして「いつもラテをさわらせてくれてありがとうございます」とも書かれていた。
この二つのメッセージカードにオトーサンはうるっとしたのは勿論だが、知らぬ者同士、それも子供たちとの刹那の付き合い方が間違っていなかったことを思い知って嬉しかった。




アップル、「Appleの納税に関する事実」と題するステートメント発表

アップルは11月7日付けで「Appleの納税に関する事実」と題したステートメントを発表した。これは先に公開された国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)による報道にいくつか不正確な情報があるとして発表されたものだ。


cork_campus_ireland_team_member_working_on_computer_20171106.jpg

      Appleのアイルランド国内の従業員数は1980年の60人から今日では6,000人に増えた。

それによれば、Appleはすべての会社に納税義務があると信じており、世界最大の納税者として、Appleは世界中のすべての国々で完全な納税義務を果たしているという。以下概要である。

私たちは私たちがビジネスを行なっている国やコミュニティーに経済的な貢献をしていることに誇りを持っています。
国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)による報道に対し、私たちは以下の事実を提示いたします。これらの報道にはいくつかの不正確な情報があります。
Appleが2015年にその会社構造に加えた変更はもっぱら米国に対する納税額を保全するためであって、他の場所での納税額を減らすことが目的ではありません。アイルランドから事業または投資を移転してはいません。

「米国から触れられていない」どころか、Appleは海外で保有する現金から生ずる投資収益について35%の法定税率で何十億ドルもの税金を米国に納税しています。
海外収益に対するAppleの実効税率は21%です。この数字は有価証券報告書から簡単に計算することができます。この税率は長年にわたって変わっていません。

先月、ICIJ、ニューヨークタイムズその他からの質問に対する回答として、Appleは以下のステートメントを提供しました。
「Appleの納税に関して議論になっているのは私たちが支払う税金の額ではなく、どこで支払う義務があるかということです。世界最大の納税者であるAppleは過去3年間にわたり法人所得税として350億ドル以上を納税したことに加え、固定資産税、源泉所得税、売上税そして付加価値税(VAT)として何十億ドルもの金額を支払ってきました。私たちはすべての会社に納税義務があると信じており、私たちは私たちがビジネスを行なっている国やコミュニティーに経済的な貢献をしていることに誇りを持っています。


詳しくは…アップルのNewsroomを参照のこと。



パソコンを知らない世代が新たに生まれている?!

最近というかここ二三年で考えさせられることに多々遭遇した。決して私が私がといった自慢話ではないが1977年にワンボードマイコンに出会い、PET2001、Apple II、そしてMacintoshなどなど多くのパーソナルコンピュータを手にしそのソフトウェア開発を仕事にしてしまった一人としての衝撃である。


結論からいってしまうと「パソコンを知らない人たちがあっというまに増えた」という感覚にとらわれていることだ。
個人的な感じだけならともかくどうやらいくつかの現実を眼前にしたことを考えれば事実のようなのだ。

私らが個人で使えるコンピュータに夢中になったとき、それらは社会の極一部の感覚だった。友人たちも会社の同僚たちにもパソコンのユーザーなど大げさでなく一人もいなかった。
あのスティーブ・ジョブズは「パソコンは知的自転車」といったが、日本では個人の頭脳の拡張云々というよりもっぱら表計算ソフトやワードプロセッサとしてのいわば事務機として企業に普及した。そしてまたたく間に無くてはならない道具となった。

2000年代に入ってからもしばらくは就職するにもパソコンが使える、エクセルが使えることが求められたし老いも若きも遅れてはならないと自宅にパソコンを買った。
しかしそれがMacであれWindowsであれ、大半の人たちにとってそれは面白い、あるいは楽しい娯楽や趣味の世界のアイテムではなく、会社の仕事の延長の象徴でありすぐに埃を被ったに違いない。

それでもパソコンの習得はビジネスマン、ビジネスウーマンにとっては必須であり最低限のことは覚えたい、覚えなくてはならないとストレスを増やしていたはずだ。
無論いまでもパソコンは創造性を発揮するために類の無いアイテムだが、相変わらず多く人にとっては会社におけるルーチンワークの道具でありそれを使って新しい創造をと考えることなどほとんどないに違いない。
いや、それについて良いとか悪いとかを論ずるつもりはない…。

iMac1104.jpg


ここのところ組織の中に入り込み、長い間時間を共にすると言った経験から遠ざかった生活をしていることもあるが、近年一昔前のようにパソコンを知らない人たちと遭遇することが多くなった。
知らないといっても30年の「知らない」とは些かニュアンスは違うが、分からないというより所有していない人たちが多くなった。無論その一番の原因はスマートフォンの普及に違いない。
確かにこれ一つあれば、メールの送受信はもとよりメッセージのやりとり、ウェブブラウザでインターネットへの接続だけでなくゲームもできれば電子書籍も読めるし、多彩なアプリケーションも使える。
まさしく私などが30年前、20年前に夢見たことが現実となった。だから設置場所も必要な大きなパソコンなど不要だという意味はよくわかる。

このことは例えば最新のカラーインクジェットプリンタを購入した際にも思い知らされた。
同梱されている簡単な導入マニュアルにはパソコン接続による使用の説明ではなくWi-Fi 接続にしろ印刷にしろ、デジカメ写真の扱い方にしろ、スマートフォンとのやり取りが基本になっているのだ。
このことは利便性といった理由はもとよりだが、そもそもこうしたプリンターを購入する顧客がパソコンを持っている率は少なくスマートフォンしか所有していないユーザーの要求に即した結果なのだろう。

パソコンが使えるというだけで特殊な人間だと思われた1980年代、一家に一台パソコンをとメーカーが躍起になっていた1900年代を通ってきた人間にとってパソコンは当たり前の道具であり、多くの人たちに支持され生活にも不可欠なアイテムとなったと思ったら、いつの間にかスマートフォンしか経験がなく、会社で使わされているパソコン以外使ったことはないというサラリーマン、スマートフォンしか知らない主婦の方々が目立つようになり、納得する反面少々驚いている…。

確かにスマートフォンはパソコン同様コンピュータであることは間違いないしできることもオーバーラップしている。スマートフォンで文章は書けるし作曲もできる。また写真の編集やお絵かきだってできるからパソコンは不要なのだという声も多い。
しかし果たしてそうなのだろうか。
コンピュータは道具である…といった意味ではパソコンとスマートフォンは同じだが、道具が能率とか効率あるいは使い勝手といったものをより追い求めるものであるなら、どう考えてもスマートフォンよりノートパソコン、ノートパソコンよりデスクトップパソコンの方が利点が多いといっても良いだろう。可搬性の問題は別にして…。

いや、申し上げたいことはスマートフォン、それはそれで結構だが、我々の目指したいこと、能力を増幅し、より世界を広く見るにはパソコンの方が優れていると申し上げたいのだが…。
とはいえ現実を見ればパソコンは確かに売れなくなり、多くのメーカーが撤退したことでもそれは明らかだ。しかし古いパソコンユーザーの私にとって人生という航海に必要な母船であるべきディスカバリー号は依然として iMacだし、iPhoneはあくまで船外作業用のスペース・ポッドなのだ。スペース・ポッドで広い宇宙を航行することはできないのである。
そんな意味において、個人的にはもっともっとパソコンを使って欲しいなあと思う今日この頃である。




ラテ飼育格闘日記(571)

何だか秋はスルーで冬が来た感じになってしまったが、気温が低く天気が良ければラテはよく歩く。しかしこの10日ほど、オトーサンの右膝関節が最悪の状態で医者から貰った湿布薬もいままでのようには効かないし、サポーターをやっても楽にならないので困っている。


しかしそんなことなどお構いなしのラテはやっと散歩から戻ってきたとホッとしているオトーサンの思惑を見事に外し、マンションのエントランス前をスルーしてもっと歩きたいとごねる。
リードを強く引き、何とか家に戻ってラテの四つ脚や体を綺麗にするが、この娘はまったくオトーサンに対して愛想がない(笑)。

Latte571_01.jpg

※意欲満々の顔


幼犬時代からだから、今始まったことではないものの、散歩中に可愛がってくださる大人や子供たちには満面の笑顔をまき散らして口元や顔を舐めにいくラテなのに、オトーサンに対してはブスッとした顔でチューもしてくれない。
そりゃあ確かに「脚を舐めるな」「こらっ」「そっちはだめ」などと禁止や文句ばかり言っている感のあるオトーサンだが、これすべて愛情の成せるわざだということが、我が娘には分かるはずもなくコンビニから戻って玄関を開けても、頭はおろか尻尾も動かさずに無関心だ。

Latte571_04.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンとポッキーの柄の部分を食べ合う(笑)


そんなラテが1日に一二度、オトーサンに向かって笑顔で哀願して求めることがある。いや食事とかお八つを欲しいと言うことではない。
夕食が済み、余裕が生まれるからか、そうした時間帯になると私が iMacに向かっている仕事部屋にやってくる。
やってくる…といっても解放しているわけで、この時間に限らずいつでも出入りできるのだが、そのときの対応は特別なのだ。

Latte571_02.jpg

※子供たちには至極愛想が良い


まずは甘え声で吠える。実に執拗に五月蠅く吠える(笑)。
吠え声でオトーサンが椅子に座ったまま振り向くと、そこには目をキラキラと輝かせ、口を開けてハアハアしているメチャ可愛い顔があるのだ。
とはいってもオトーサンにも都合というものがある。無視して再び iMacに向かうとラテの呼びかけは一段と五月蠅くなるし10分や15分は続く…。さすがに近所迷惑だからとオトーサンが腰を上げるとあれほどブスッとしていたラテが飛び上がって喜んでいる。

実はボール遊びしようという誘いなのだ。オトーサンが数個の小さなオヤツを持ち、ゴム製のボールを持って和室に入るとラテの期待は最高潮だ。
オトーサンがボールを壁に当てたり、放り投げたりするのをラテが追いかけ、時にダイレクトキャッチして…という遊びで、旨くやるとオヤツをひとつ貰えるというルールなのだが、どういうわけかラテはこの遊びがお気に入りなのだ。

Latte571_05.jpg

※ラテとのボール遊び。「ナイスキャッチ!」


オトーサンが痛む膝を抱えながら5分とか10分程度遊んでやると気が済むのか、その後ラテは大人しく横になる…。
まあ日中自宅にいる時にはほとんど刺激が無く、静かに寝ているのだからこの時くらいは遊んであげたいとも思うが、普段の態度が態度だからオトーサンも複雑な心境なのである。

刺激といえば先日、10月31日の夕刻「ピンポ〜ン」とチャイムが鳴った。
インターホンで確認後玄関のドアを開けると可愛らしい訪問客二人が「トリックオアトリート(Trick or Treat)」と言いながら立っている。仮装して(笑)。
その日はハロウインの日なのだった。
実は前日に公園でラテを可愛がってくれるファミリーの小学生女子から「ねぇねぇ、明日にトリックオアトリートしに行ってもいい?」と言われた。

「な、なに?そのトリックオアトリートってのは」
そうしたイベントに縁のないオトーサンは思わず聞き返したが「ハロウィンで玄関のチャイムをピンポ〜ンするやつなの」と教えてくれた。
そう言われればオトーサンだって何のことかは理解できた。
「おお、それは嬉しいな。待ってるよ」
というわけで可愛い二人が我が家の玄関に立ったというわけ。実は隠れてオカーサンが付き添いで来られていたのだが(笑)。

Latte571_06.jpg

※「Trick or Treat !」「Happy Halloween !」。可愛い訪問者たち


オトーサンは「Happy Halloween !」と答えて用意しておいたささやかなお菓子を二人に渡したわけだが、子供たちのオカーサンが気を遣ってくださり手製のクッキーや具沢山のスープを持ってきてくださった。

しかしTrick or Treat に来るのにお土産を持ってきてくれる例などないだろうが(笑)オトーサンはその何とも愛らしい二人を写真に納め、そして夕飯は具沢山スープに合うようにとパン食にして女房と美味しくいただいた。
ラテも突然、大好きな子供たちが玄関に現れたのであたふたしていたが、その日…我が家は生涯初のハロウィン・イベントとなったのであった。



プラスの個人情報保護スタンプ「ケシポン・スティック」を使ってみた

文具好きで「ケシポン」を知らない方はまいずいないだろう。ブラスの「ケシポン」はセキュリティ文房具とでもいうべき商品だが、ユニークな特殊な文字列を列べたアルファベット印字パターンで消したい部位を塗りつぶすことで判読できないようにする製品だ。いちいちシュレッダーにかけて…というのも面倒だったり背面に接着剤が付いていたりする場合にとても便利なのだ。


今回手に入れたのは「ローラーケシポン・スティック」という小型な商品だが、私は最初期に販売されたスタンプ式のケシポンはずっと愛用している一人だ。
しかしかなり使ったためにインクを補充しても印字面の四隅が減ったのか綺麗に印字できなくなってきたので今般興味もあって「ローラーケシポン・スティック」を買ってみた。

IS550CM_01.jpg

※「ローラーケシポン・スティック」IS-550CM


ケシポンは幅や長さに様々なバリエーションがあるが、今回買った「ローラーケシポン・スティック」は細幅タイプで15mmだったが前記した最初期のケシポン(IS-100CM)と比較すると上下幅が一行分多かった。
幅が広い製品であれば文字通り住所や氏名など行数の多い印字を一度で消すことが出来る理屈だが、幅が小さめのケシポンでも重複して印字すれば目的は果たせる。

IS550CM_02.jpg

※従来のスタンプ式のケシポン(左)とローラーケシポン・スティック(右)


とはいっても左右の幅が固定のスタンプ式と違い、ローラー式だと宛名ラベルなど長い部位も手間無く塗りつぶせるので便利だ。
使い方もボディ側面にあるスライダーを引き下げるだけでローラー式の印字面が露出する。したがってそのまま紙面などに押しつけてコロコロと動かすだけだ。
終わったらまたスライダーを元に戻せばローラーは収納される。したがってスタンプ式のように別途キャップはついていない。

IS550CM_03.jpg

※上がスタンプ式のケシポン印面、下がローラーケシポン・スティックの印面例


ケシポンの印字は郵便物などに使われているゴシック体や明朝体の文字を見えにくくする特殊な印面パターンが使われている。と同時に耐水/耐光/耐薬品性に優れた顔料系油性インクが使われ、文字を隠してくれる。
無論ケシポンは完全に印字を隠蔽し抹消することはできず、例えば印字されている材料によってはケシポンで処理しても背面から判読できるといった場合もあり得る。しかし一般的な印刷物の場合なら見られたくない文字を隠すのは十分だと思う。

IS550CM_04.jpg

※実際の宅配便送り状の住所・名前欄をローラーケシポン・スティックで処理した例



なお「ローラーケシポン・スティック」は長さ70mm幅を消すとなれば約300回(20m)使えるという。なお別売の専用インクカートリッジと取り替えればそれ以上も可能だが、スタンプ式のようにインクのみの補充はできない。
安価なものだし、机の引出に一つあると便利である。





広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員