ラテ飼育格闘日記(583)

お寒うございます…。1月22日の午前中から降り出した雪が久しぶりに本格的な積雪となった。暖かい室内から雪景色を眺めるのはたまには良いかも知れないが、都会は少々の雪にも弱いし我々住民も慣れていないのでメチャ大変なのである。


この程度の積雪など、雪国の方々からみればどうということもないのだろうが慣れていない我々にとってはいやはや大変な騒ぎである。
実は一昨年に雪用ブーツを買った。オトーサンと女房用だが、我が町は東京都下だからしてこうした雪のときには結構積もるのだ。

Latte583_01.jpg

※お陰様でラテは元気です


雪の時には会社を休め、早く帰宅しろ、外に出るな…というのは理想だが、民意が低いのか国民性なのか旗を振るだけで実現にはほど遠いのが歯痒い。
ともかく通勤に要の交通機関も最大級の努力で遅れることがあっても止まらないよう努力しているもののそれらに頼らざるを得ないために混雑し疲れ果てている。
事実オカーサンもかなり遅れて帰宅したが、元気なのはラテだけだ。

Latte583_06.jpg

※歩道は積雪が凄くて歩けない


振り返ればここのところ多少でも雪が積もったのは2年前の3月だったから、これほどの積雪は同年(2016年)1月以来だと思う。
その時の足元の不便さを考慮して専用の雪用ブーツを買っておいたが今回はじめて使うことになった。
ともかくラテとの散歩は雪でも休むわけにはいかない…どころか遊び回りたくて仕方がないラテなので、いつもより動きが激しくなるほどだ。したがってまずは滑って転倒しないようにと注意をしているつもりだが、路面の一部はツルツルであり普段使っている靴ではまったく役に立たない。

ということで今回始めてその雪用ブーツのお世話になった。
少々履きづらいものの、さすがに雪靴。油断は禁物だがほとんど滑らない。またそれだけでなく防水で保温仕様になっているためまったく冷たさを感じないのは素晴らしい。

Latte583_05.jpg

※雪のために見馴れた場所も一変した感じだ


この靴を履き、これまた普段は使わない撥水加工された手袋までしてラテの散歩に挑んだ。
そのラテは体の汚れと雪で濡れるのを極力避けたいとレインコートを着せて出た。雨の日はこのレインコートが嫌なのと雨が嫌いなのですぐに戻ってくるラテなのだが、雪の日はまったく違う。
毛を纏っているボディはともかく、よくもまあ肉球が冷たくないものだと感心・心配しつつ歩き始めるが、わざわざ積雪の場所に鼻面をつっ込んで除雪車のように進む(笑)。

結局2,500歩ほどの散歩だったが、普段の歩き方とは違うからか、またまた膝が痛み始めた。そしてお尻側の太腿の付け根が痛い。しかしラテはリードを引きズンズンと歩く。
時々振り返り「オトーサン、ちゃんとついてきてね」とでも言うようにアイコンタントする。
元気なのは喜ばなければいけないが、飼い主との温度差が大きいのも困りものなのだ。

Latte583_04.jpg

※オトーサン、ちゃんと付いてきてね…と振り向く


オトーサンは一面雪を被り、景色が一変した風景に注視しながら歩くが、ラテは普段より一層積雪にマズルを近づけてクンクンモードになってしまう。それは雪のために臭いが消されてしまうためより念密に確認しようとする行為に違いないが、その為に雪の中で立ち往生しなければならない飼い主はどんな顔をしていればよいのだろうか(笑)。

「この野郎め!」と腹を立てることもあるが、自宅に戻りオトーサンは電気足温器と電気膝掛けを使ってやっとパソコンの前に座ったら、普段は決して餌を貰うとき以外オトーサンに媚びを売らないラテが心配そうな顔をし、尻尾を下げてやってきて膝元に座り込んだと思ったら両前足をオトーサンの膝にかけてきた。

Latte583_03.jpg

※雪の塊が落ちる音が怖いと椅子に座っているオトーサンの膝に両前足をかけてきた


こうした行為をするときは、ラテの嫌いな音を聴いたときなどが多い。ひさしに積もった雪がドサッと落ちる音などに慣れていないためか怖いようなのだ。
オトーサンはつい先ほどまで腹を立てていたのも忘れ「おお、よしよし。どうした?オトーサンがいるから大丈夫だよ」とその太めのボディを抱きしめるのでありました。








インスタグラム ストーリーズで写真や動画にGIFスタンプを追加できる機能を発表

Instagramは2018年1月23日(米国時間)、インスタグラム ストーリーズで写真や動画にGIFスタンプを追加できる機能を発表した。表現豊かに動くGIFスタンプを使用することで、日常のちょっとした瞬間を簡単に面白い写真や動画に加工し、友だちとシェアできるようになる。


Instagram20180124.jpg

GIFスタンプの使用方法は以下の通り。

・ ストーリーズ専用カメラを立ち上げ、写真や動画を撮影するか、アップロードする
・ 顔アイコンをタップしてスタンプのトレイを表示し、「GIF」を選択
・ GIPHYが提供するGIFスタンプの中から、使用するスタンプをタップ

GIFを選んだあと、画面上部の検索バーに「ありがとう」や「絵文字」などとキーワードを入力すると、お気に入りのスタンプを見つけやすくなる。なお、GIFスタンプは1つのストーリーズ投稿に好きなだけ追加することができる。
また、今後数週間のうちに、正方形や長方形を含むあらゆるフォーマットの写真や動画をストーリーズ投稿に使用できるようになる。従来のように縦長のフォーマットに限定されることなく、より自由にストーリーズ投稿を楽しむことができる。

今回のアップデートの詳細については、Instagramの日本語公式アカウント@instagramjapan、若しくはヘルプセンターを確認のこと。




iPhone使いの NuAns NEO [Reloaded] 考 - なぜこのスマホなのか

Android OSのデバイスを手にするのは初めてである。ところで近年知り合った取引先の方などの中には私の履歴を見てMacやiPhoneにどっぷり遣ったユーザーであり、それしか知らない男だと思われているフシがある(笑)。しかし言い訳めくがApple製品がよいとかMacがよいと言っても何も闇雲に信じてきた訳ではない。


私はパソコン以前のマイコンの時代からこの世界に入った。したがって程度問題はともかくいわゆるマシン語はもとよりBASICといった言語も学んだし、一時期は人工知能向き言語として注目を浴びていたPrologも勉強したことがある。またオペレーティングシステムとしてはMS-DOSやCP/Mを使っていた。そしてマシンだってApple II やMacintoshだけでなくPET2001、NEC PC-9801やPC-100、IBM 5550といった機種も愛用してきた一人だ。さらにWindowsも誕生以来から手元にあった。
その上で、MacOSが一番使いやすく優れていると考え、結局Macintosh専用のソフトウェア開発を仕事にしてしまったのだった…。

nuansneo_B_01.jpg

※基本的なセットアップが終わったNuAns NEO [Reloaded]


もともと好奇心は人一倍強い人間だと思っているが、そうはいっても仕事となれば1人の人間に与えられた時間や様々な制約には限界があり、AppleとかMacintosh以外に長時間目を向ける自由がなくなった。
ある意味いまやっとそうした呪縛から解放されつつある時のような気がするし、年齢的にも知的活動を続けるにはせいぜい後10年ほどが限度ではないかとも思う。

さてそのAppleだが、いまだにその製品作りのコンセプトやデザイン性には見るべきものが多いと思っている。そして14年間アップルジャパンのデベロッパー時代を通してAppleの長所短所を知り尽くし堪能してきたつもりだが、ここのところそのAppleの動向やそのプロダクトのあり方に正直飽きてきた。
あくまで個人的な問題だがAppleのティム・クックCEOにもデザイン部門のトップであるジョナサン・アイブの動向や実績にも興味を持てなくなってきた。

また iPhone 7からiPhone 8そしてiPhone X への進化は確かに目を見張るものがある。それは否定しないが、ほとんどの機能やスペックの先が見通せてしまうとでもいったよいのか、ワクワク感も期待感も薄れてきた。
使い勝手は良いが、所有する喜びや探求心、工夫する面白さが持てなくなってきたといったらよいのか。
そもそも私は与えられた機能や環境をただただ嬉々として受け入れ満足するタイプの人間ではないのだから仕方がない。
言い方を変えれば、デスクトップパソコン派の私としては iMacの存在は譲れないもののスマートフォンはどうしてもiPhoneでなければならないといった拘りを持てなくなったともいえる。

ということで、iPhoneは格安SIM化して使い続けるものの、未知の世界、これまで時間が無く手を着けることが出来なかった世界を探求し胸をときめかしてみたいと考え、トリニティ社のNuAns NEO [Reloaded] を手に入れてみた。
無論Android OSのデバイスを手にするのは初めてである。
iPhoneが遣いやすいのは分かった、分かっている。それはそれとして繰り返すがいまスマートフォンはiPhoneでなければならない理由もないはずだ。
いや、もしかしたらiPhoneに慣れ過ぎたからこそ、この両手の指の間からこぼれ落ちてきた興味あるあれこれが多々あるのかも知れない…。そして結果Android搭載のデバイスが使い物にならないとか幾多のトラブルなどに遭遇したとすれば、これまで以上にiPhoneの有り難さが分かるかも知れないではないか。
無論そのiPhoneも問題がないわけではないのだが…。

さてNuAns NEO [Reloaded]は、2017年5月より出荷を開始した新しいプロダクトである。さらに特筆すべきはNuAns NEO [Reloaded]を世に問うたのは海外の大メーカーではなく失礼ながら日本の小さなベンチャー企業、トリニティ株式会社である。
これまで携帯電話やスマートフォンといった製品を設計製造し販売するのは大手にしか出来得ないことだと考えられていた節があったがトリニティ社はその神話を崩したのだ。

そのNuAns NEO [Reloaded]も100%何の問題もなくリリースされてきたわけではない。Androidに依存することでもありOSのアップデートやファームウェアのアップデートの精度でトラブったりスペック通りに機能が働かないことがあるといった問題も報告されてきた。しかし個人的には修正への期待と共にこの半年程度、その進捗状況を見定めていた。

nuansneo_B_02.jpg

※壁紙写真の変更やロック画面やアイコン表示などカスタマイズを施したNuAns NEO [Reloaded]


文字にすると大層な物言いに聞こえるかも知れないが、トリニティ社の動向やビジネスへの姿勢はこれまでにもiPhoneケースは勿論、様々なグッズなどを通して承知してきた。したがって超大手の企業より、多少でも見知っている顔の見えるメーカーを信頼し応援していきたいとも考えた。

手に入れたNuAns NEO [Reloaded]だが、即実用として日常問題なく活用しなければならないというミッションがないのは楽だ。
きれい事かも知れないが、NuAns NEO [Reloaded]は好奇心と探究心が向くアイテムであると思っているものの、数日で思った通りに使いこなせなければ困るという状況ではないので不明な点を含め現状を楽しんでいる。

そういえば時代が違うといえばそれまでだが、私にとってApple IIやMacintoshも当時は決して実用品ではなかった。ある意味、だからこそ楽しく長続きしたのかも知れない。
何しろ日本語も使えないApple IIや最初期のMacintoshは知的好奇心を奮い立たせることはあってもそれを仕事に使おうなどとは思っても見なかった時代があった。
私にとってのNuAns NEO [Reloaded]は肩の力を抜き、真に楽しみながらひとつひとつ新しい知識を積み重ねていくアイテムであって欲しいと考えているのだが…。

問題のセットアップだが、基本中の基本は問題なくできた。Gmailを本格的に使ったのはこれまた初めてだしiPhoneとは勝手が違うので戸惑うことは多いもののなかなかに使い勝手はよい。
インターネットへのアクセスもプリインストールされているブラウザ "Chrome" でこれまた問題なく使えている。さらにカメラの機能もiPhoneより些かシャープさに欠ける気もするがほとんど文句はない。

nuansneo_B_03.jpg

※NuAns NEO [Reloaded] のフロントカメラ部位


そもそも撮った写真の編集はスマホではやらずデスクトップ機でやるのが日常なのでソニー製のメインカメラ、1,300万画素/F2.0/裏面照射型センサー/像面位相差オートフォーカス/28mm広角レンズ・そしてインカメラ、800万画素/F2.2/裏面照射型センサー/オートフォーカス/24mm広角レンズというスペックはスマホ内蔵カメラとして文句の付けようはない。
またマナーモードにすればシャッター音が出ないのも嬉しい。
そのNuAns NEO [Reloaded] で撮影した写真だが、EPSONの複合機EP-879AWへWi-Fiを使って印刷もできた。

iPhoneのSiriの代わりもGoogle音声検索でまずまず不自由することはない感じだ。そしてマップはGoogleマップが本家だしYouTubeアプリもある。
とはいえまだまだ詳細については知識がないものの、NuAns NEO [Reloaded] が自宅にあるときや身につけているときなどに限り画面ロックを常に解除しておくことが出来る「Smart Lock」も面白い。特に顔認証や声による認証も可能なようで、これは楽しみである。
その他スクリーンショットを撮る方法、壁紙の設定方法、microSDカードの使い方、NuAns NEO [Reloaded] で撮った写真をiMacにWi-Fi経由で転送する方法などなども分かった。

>nuansneo_B_04.jpg

※Macの画面に表示されたAirMoreによるNuAns NEO [Reloaded]の情報。この画面から写真を始めとしたファイルをNuAns NEO [Reloaded]とMac間で行き来させることができる


ただし今のところ一つだけ思うようにセットアップ出来ていないことがある。それはこのNuAns NEO [Reloaded]にiCloudなどのメルアドを設定したいと複数のメールアプリを入手し、いくつかの解説サイトも覗いて参考にしてみたが旨く行かない。
どうやら2ファクタ認証が必要だということのようだがともあれメールの設定で苦労するのは十数年ぶりだ(笑)。まあ少しずつ前に進もう…。



ラテ飼育格闘日記(582)

幼年期のパワーはないものの、ラテはすこぶる元気そうに思える。無論いくつか心配な点もあるが、天気が良い日の散歩はとにかく歩き回りたがるのでオトーサンが参ってしまう。何しろ朝の散歩時にはマイナス3℃とか4℃になるわけで、完全装備をしても長くは外にいたくない。


膝の関節には随分と苦しんだが、ひとまずは峠を越えたようで一時のように激痛といったことはなくなった。
いま結構辛いのは毎年のことだがアカギレという奴だ。
水仕事が多いというわけではないのに両手の甲や指先までがあっと言う間に多々切り傷ができてしまう。寒さと乾燥そしてお決まりだが加齢という複合的な要素が原因だというが、とにかく痛い。
クリニックで処方して貰った薬を気がつくと塗ってはいるが、春になるのまでは辛抱しなくてはならないようだ。

Latte582_01.jpg

※ラテは今日も元気に散歩へ出かける


過日、月1回検診しに通ってるそのクリニックで聞いたところインフルエンザが流行りつつあるという。オトーサンも予防接種はしたが、インフルエンザはともかく風邪で寝込むことのないようにしたいものの、こればかりはきちんと食べてきちんと寝るしかない…。

ところが先週の夕方のことだが寒気がした。「これはヤバイ」と自覚したのでとにかく早く寝た。結果たまたまだろうが翌朝には体調は回復し安心したが、ラテのためにも寝込まないようにと思うものの、この原稿を書いている15日に入ってきた情報によれば 近隣の小学校でインフルエンザのため学級閉鎖があったようだ。

Latte582_05.jpg

※登校中の小学6年生に愛想を遣うラテ


さてマイナス3℃の朝、天気は良かったのでラテの足の向くままに歩いてみた。結果小高い場所にある公園に入ったが、確かその一週間前に業者が入り落葉の掃除を大がかりにやっていたからか、かなり綺麗になっていた。ただし朝の9時前だったからか他のワンコや人影はなかったし枯れ草には霜が降りていた。

風は強くないが吹きさらしの丘の上だから遮る物などないしとにかく寒く底冷えがする。オトーサンは足踏みしながら「ラテ、戻るぞ」と言いながらリードを引くが、当のラテは「なんでよ、いま来たばかりじゃないの」とでも言うような批難めいた視線を向ける。

Latte582_03.jpg

※オトーサン何考えてるの…といったきつい視線


それだけでなく実際に霜が降っている枯れた芝生にしゃがみ込み、オトーサンに「まだ帰らないわよ」とアイコンタクトしてくるというありさま。

確かに今来たばかりかも知れないが、こんな寒さの中にじっとしている趣味はオトーサンにないし血圧にも良くないではないか。しかしそんな理屈を我が娘は理解してくれるはずもないのが困ったことだ。
まったく頑固というか、ときに言うことを聞かなくなるから困る。無論オトーサンの力の方が強いわけで強制的に引き剥がすこともできるし怒鳴ったり張り倒すことだってできるが、まあまあできるなら穏便に言うことを聞かせたいと考えるオトーサンなのである。

Latte582_04.jpg

※霜が降った広い公園で「まだ帰らないわよ」とラテ


いうことを聞かないといえば、常々ラテはオトーサンのことをどのように思っているのかを知りたいと考えてきた。とは言っても「オトーサン好きか?」と聞いたところで色よい返事が返ってくる訳でもない(笑)。
とにかく外面はよく、常々思うことだがオトーサンにさえ見せない笑顔で馴染みの小学3年生女子やそのオカーサンに駆け寄り、雄叫びを上げて顔を舐めたりするのを見ていると正直羨ましいというより、こいつはもしリードが切れたりしたらオトーサンの所に戻ってこないのかも知れないなどと考えてしまう。

Latte582_02.jpg

※ファミリーのオカーサンと女子が一輪車を直しているところにラテが乱入(笑)


しかし1月2日にお馴染みのファミリーと初詣に行った際に「むふふ」なことをお聞きした。
それはラテを連れて神社境内に入ったが、そのまま社殿まで連れて行きお参りするわけにはいかないとファミリーのうち小学3年生女子とオトーサンと女房の3人で社殿に向かうとき、ラテのリードをファミリーのオカーサンにお願いして持っていただきお参りすることにした。

大好きなファミリーのオカーサンがリードを保持してくれていることもあってラテは吠えたり暴れたりせずに大人しく我々が戻るのを待っていた。いやそう見えたしそう思っていたが、後でお聞きしたところによればオトーサンと女房たちが社殿に向かった後、ラテは「クウンクウン」と心配そうに鳴いたのだという。
それをお聞きしたオトーサンは少しだけ溜飲を下げる思いをしたのであった。



バード電子、Mac関連製品3種を新発売

株式会社バード電子はMac関連製品として、Mac miniやMacBookシリーズを立てるスタンド「TOWER」、Magic Keyboard専用ソフトケース「SC-MK1」そしてMagic Keyboardの、たわみ防止とクリック感を向上させる「Grip Mat」の3種を新たに発売したと発表。


△ TOWER TW-333S/TW-333C
  Mac miniやMacBookシリーズを立てるスタンド

TOWER.jpg

  特長
  ・横幅が変えられるので(10〜37mm)、収納機器のサイズを選びません
  ・ノートPC、Macmini、タブレット、ワイヤレスキーボードなどの収納に便利
  ・ジャケットやケースを装着した機器の収納も可能
  ・おすすめ機種 Mac mini・MacBook・MacBook Pro13/15

  価格
  4,784 円(税込)

△ SC-MK1
  Magic Keyboard専用ソフトケース

SC-MK1.jpg

  特長
  ・専用サイズなので安心
  ・柔らかいウレタンスポンジのナイロン(ジャージ)張り

  Magic Keyboardを持ち歩く人のための専用ケース。専用なので大き過ぎずブカブカしません。
  伸びる素材なので、マウス程度の小物も一緒に収納可能

  価格
  2,980 円(税込)

△ Grip Mat KM-MK1
  Magic Keyboardの、たわみ防止とクリック感向上

Grip Mat

  特長
  ・Apple Magic Keyboardの底面全体が机に密着するため、操作時の安定性と打鍵感が向上
  ・快適なクリック感、打鍵音も小さくなり、たわみが無くなります
  ・Apple Magic Keyboardに簡単確実に装着可能

  本製品は、アップル社のMagic Keybaordの打鍵感と安定感を向上させるための吸振マットです。特殊表面加工技術により、低密着性を有しながら、より高いグリップ力を発揮するマイクロセルポリマーシート・エンボス付きのマット。
  Magic Keyboardの裏面に装着すると、細かな凸凹に表面処理した底面全体が机に密着するため、打鍵時にキーボードが動くことがなく、また打鍵時の衝撃を吸収してくれる。そのため打鍵にブレがなくなり、滑らかで吸い付くような打鍵感を得ることができる。
  長時間文章やコードを書くユーザーにとっては、軽やかで優しい打鍵感が得られ、また打鍵音がちいさくなることで手の疲労や精神的ストレスが軽減される。
  Magic Keyboardの底面にピッタリのサイズ、形状で製作(ゴム足を収納する穴も穿ってあります)。両面テープも装備されているので、簡単かつ確実に装着することができる。Magic Keyboard裏面のAppleマークとクレジット表記部分を確認できるよう切り欠きを設けているのも特長。

  価格
  2,980 円(税込)



広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から七巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。日本リュート協会会員。ゆうMUG会員