27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)購入

2013年1月に購入した27インチiMac(Late2012)がついにダウンしそうだと判断し、27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)を購入することにした。とはいえ年々懐具合が悪くなっていることでもあり無理はできないが、取り急ぎ1TB Fusion Driveおよびメモリは32GBにした。


私のメインマシンは黎明期よりその時代時代の最速のマシンを使ってきた。しかし2008年の2月に買った Mac Pro (Early 2008)を4年10ヶ月ほど使った後、次のマシンは2012年暮れにリリースされた27インチ iMacにした。それが現在使っているマシンである。   
その当時、Mac Proから iMacというと随分能力が落ちるだろうとの印象を受けるかも知れないが、ご承知のようにMac Proのアップデートがずっと遅れていたこと、そして拡張性は別だが iMacそのもののスペックが急速に向上したため、その時点でもいくつかの処理スピードにおいて女房が購入した iMacの方が優れている部分が多い事に驚いたからだ。
それに、私のささやかな仕事にしても一時期のように時間に追われるシビアなものは少なくなっているから。したがって iMacで十分になったと判断したからでもあるし、何よりもコストパフォーマンスの高さを考えればiMacはピカイチである。

そのLate2012の27インチ iMacだが、丸4年半使ってきたものの内蔵Fusion Driveに危惧を生じるようになった。一端システムを消去の上でフォーマットし最新のmacOSでもインストールすると良いのかも知れないしFusion Driveを新品に交換すればまだ使えるに違いない。しかし我が家にはというより自分用のMacはこれ一台だけで代替もない。なによりもRetina 5Kディスプレイを是非是非使ってみたいと思っていたこともあり現行マシンが動作しているうちにと新しいiMac購入を決断した。
なにしろ私にとってiMacはiPhoneよりなくてはならないもので、これなくしてウェブやブログの更新は勿論、小説も生み出すことは出来ない(笑)。

iMac_Late2017.jpg

※約4年半ぶりに27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデル (2017)を購入


とはいえ、一昔前のように何もかも贅沢をいえる身分ではない。また安くなったとは言え我が家にとっては大きな出費であるが新しい iMacを購入するにあたり、譲れない点もある。
まず第1にディスプレイのサイズである。これまでApple 30インチ Cinema HD Displayや iMacも27インチモデルを選択してきた経緯からディスプレイのサイズはやはり大きいものを使いたい。そしてメモリも最低32GBは必要だと考えた。
またAppleCareも不可欠だ。なにしろこの新しいマシンも3年は当然、できれば4年は持たせたいからだ。

さてその27インチ iMac Retina 5Kディスプレイモデルだが、一見そのデザインからこれまでの iMacとあまり変わっていない印象を受ける人も多いかも知れない。しかし私見ながら変に考えすぎた形で変更を加えられていなかったことに安堵した。いってみればiMacのデザインは一体型マシンとしては完成形であるといえよう。
一年8ヶ月ぶりのモデルチェッジだというのに変化がないと思うのは人それぞれだろうが、そのスペックは実に期待以上のものだといえる。
ざっと見てもCPUが7世代コアプロセッサ Kabe Lake世代になったこと、GPUも最新のRadeon Pro 500シリーズになりmacOS High Sierraにアップグレードへの期待も高まる。さらにThunderbolt3の搭載、そして申し上げるまでもないが500ニトという驚異の輝度と10bitの階調表現を持つRetina 5K Displayを考えると待っていた甲斐がある最高のiMacだといってよいのではないか。

届いた27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルをこれからセットアップだが、データの移行を含めてこれまで一度で何の問題もなく済んだ例はない(笑)。面倒なあれこれが待っているかも知れないがそれも楽しんでみよう。しかし…ふと新しいiMacを眺めて考えた。

よく老人が「この桜をあと何度見ることができるのか」と呟くシーンが小説やドラマに出てくるが、私にとってのMacは後何世代、何台の利用が可能なのかを思うと少々寂しくなってきた。
まあ今回のマシンが最後だった…とならないように日々の健康に注意することにして新しいマシンを楽しむことにしたい(爆)。



ラテ飼育格闘日記(554)

オトーサンたちが現在の場所に引っ越してきてから11年目に入っている。そもそもがワンコを飼うからと住居も含めていろいろと検討し探した結果だ。ワンコを…ラテを飼わなかったらきっと埼玉県に現在も住んでいたに違いない。したがって現在の住居はワンコを飼うにはとても恵まれた環境であることは確かだ。


そうしたことも関係するのか、あるいはいわゆるオトーサンも含めた団塊の世代が生き甲斐を求めてワンコを飼おうとするのだろうか、最近目新しいワンコとその飼い主さんの姿が目立つように思える。
それはそれでワンコ好きのオトーサンとしては嬉しいことだが一方危惧を感じているときがある。
ひとつは初めてワンコを飼う方が多いように思うが、飼い主としての責任を軽んじている人を見かけるようになったからだ。

Latte554_01.jpg

※これからしばらくは気温に注意し健康を害さないような散歩を心がけないと...


いくつか例を上げれば、まずワンコの糞をそのままに放置されているケースが目立つようになった。草むらにどうのこうのではなく歩道・路面に堂々と放置されているのだからこれは確信犯に違いない。
こうしたことが続くと「ワンコは困った生き物」だと嫌われ、様々な制約が課されるようなことになりかねないとオトーサンは心配しているのだ。

Latte554_02.jpg

※ラテファミリー、散歩中


勿論こうしたたことはワンコの責任ではなく100%飼い主の責任である。そもそも愛犬の糞を始末する気のないような飼い主はワンコを飼う資格がないのだ。ここは自分の畑のあぜ道ではなく公共の場なのだから。
それでなくてもワンコを飼うことは、ワンコと散歩することは少なからずワンコの嫌いな人たちにとっては邪魔で困った存在と思われがちなのだ。

Latte554_05.jpg

※お馴染みの女子がポッキーの切れ端(コーティング部分を除く)を投げると上手にキャッチ


それからワンコが多くなれば当然のことのようにワンコ同士が出会う確率が多くなる。
ワンコ好きのオトーサンとしては様々なワンコたちと出会うことは無上の喜びだが、現実にはそうそう手放しで喜べることだけではない。出会いを有意義にそして素敵な体験とするには飼い主のマナーというものが大切になってくる。
小うるさいことばかり言うようだが、なぜならワンコの年齢や犬種あるいは性格といったことも含め、どうしても相容れないワンコ同士というのがある。

Latte554_06.jpg

※一輪車で遊ぶ女子と手つなぎのオトーサン。至福の一瞬(笑)


顔を合わせる以前に向こうの歩道を歩いているのを発見しただけで猛烈に吠えあう場合もあるし「ク〜ン」と鼻を鳴らして近づきたいという気持ちを示す場合もある。まかり間違えばワンコ同士が噛み合いの喧嘩になる可能性もあるのだ。
したがってまずはワンコ同士が出会い頭に…ということを避けるように広い場所で見通しがきけばともかく、一般歩道を歩く際にはリードは長すぎないようにしたいものだ。
2メートルも3メートルもリードを伸ばしたままの散歩はワンコ同士だけでなく急に車道に飛び出したりといった際に飼い主が制御できないからとても危ない。

また初対面なのに「お友達でちゅよ」などと躊躇なく近づけようとする飼い主もいるが、これは止めてほしい。
まずはお互いリードをしっかりと引き合い「近づけてよろしいですか」と確認をしたいものだ。無論そのときにどちらかがすでにマズルに皺を寄せていたり低いうなり声を上げているときは近づけないことだ。
ただし何度もそうしたことを繰り返し、かつ飼い主同士が立ち話でもする仲になるとワンコたちも安心するのか積極的に遊ばないまでもいがみ合いをしなくなる場合もある。

Latte554_03.jpg

Latte554_04.jpg

※珍しいことにオカーサンに抱っこの要求。めでたく思いが叶いました(笑)


我々人間同様にワンコたちもそれぞれが皆個性を持っている。ワンコに友好的な場合もあれば子供たちが苦手なワンコもいる。逆にラテのように子供なら初対面でも優しく接するが初対面の大人は怖がるワンコもいる。人付き合いがよいワンコも入れば、孤独好きのワンコもいる。したがって「うちのワンコを基準に出会ったワンコを判断」しては間違いの元なのだ。トラブルのもとである。

また近年ワンコのリードを引きながらスマホに気を取られている飼い主が非常に多い。これは飼い主本人は勿論ワンコの安全のためにも、行き交う人たちの安全のためにも絶対に止めるべきだ。ましてやパブリックスペースでノーリードは絶対止めて欲しい。
そもそもワンコとすれ違うのも怖いという人も決して少なくない。ワンコの飼い主の責任としていつも目の届く、コントロールできる散歩環境を心がけたいものだ。



インスタグラム ストーリーズ、消える写真・動画でも返信が可能に

Instagramは7月6日(米国時間)、「Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)」の投稿に写真や動画で返信できる機能を追加したことを発表した。ストーリーズ投稿に写真や動画といったビジュアルで返信することで、Instagram上でより気軽に友だちとの会話を楽しめるようになる。


instagram0707.jpg

今回のアップデートにより、利用者は既に導入されているテキストメッセージの送信に加え、フェイスフィルターやお絵かきツールなどを活用した遊び心のある写真や動画でストーリーズ投稿に返信することが可能になる。

本機能の利用方法は以下の通り。

・ストーリーズ投稿に返信するには、画面左下のカメラボタンをタップ。
・ストーリーズ専用カメラが立ち上がり、写真や動画、ブーメランなどを撮影できる。お絵かきツールやフェイスフィルターを使うことも可能。
・撮影した写真や動画には、返信しようとしているストーリーズ投稿のスタンプが含まれる。このスタンプは、位置を動かしたりサイズを変更することもできる。
・ 「送信する」をタップ後は、返信する前に閲覧していたストーリーズ投稿の続きから表示される。
・ストーリーズ投稿への返信は、テキストメッセージと同様に、ダイレクト機能の受信箱に表示される。これらの写真や動画は閲覧すると自動的に消える。

機能の詳細に関しては、Instagramの日本語公式アカウント@instagramjapanを参照のこと。




久々にアップグレードした「Techtool Pro 9.5」を手にして

Mac用総合診断・修復ユーティリティの定番と称される Techtool Pro を4年ぶりにアップデートしてみた。これまでの最新版は2013年にパッケージを購入した Version7だが、今回は安価な最新のダウンロード版 Version 9.5だ。ただしこの種のツールはときに諸刃の剣となることも体験しているので100%頼り切るのは憚れるものの、やはりあると便利なのだ。


こうしたツール類が気になるのは最近メインマシンの調子がイマイチだからでもある。いまではインストールしたままのTechtool Pro Version 7はまったくといって使っていなかったが、いろいろと調べ、あるいは確認しておきたいことがあったのでこれを機会にとアップデートした次第。

TexhtoolPro95_01.jpg

※Micromat社の「Techtool Pro 9.5」起動初期画面


ところでこのTechtoolという診断リカバリーツールの歴史は古い。なにしろAppleCare Protection Planのパッケージがあったころ、その中に簡易版のCDが同梱されていた時代があった。まるでアップルのお墨付きともいえるような診断ツールで、アップルのサポートへ連絡する前には一度このツールで診断してからにするよう言われたこともある。
その時代のTechtoolのインターフェースは味も素っ気も無いものだったが、近年のTechtool Proは検証時の様子を実に上手くデザインしユーザーにわかりやすく見せている点は素晴らしい。

ちなみに個人的には日常のメンテナンスには別のツールを愛用していることでもあり、Techtool Proは例えばファイルの最適化とかディスクアクセス権修復といった修復ツールというより、コンピュータが正常に動作しているかの診断、増設や交換時のメモリテスト、ハードディスクドライブのSMARTチェックなど、どちらかといえばハードウェアの診断ツールとして活用する傾向がある。
特に増設メモリを買ってセットアップした後は必ずといって良いほどTechtool Proで正常に認識し動作しているかを確認したものだ。

今回のVersion 9.5で目立つ機能としては「キャッシュ再構築」と「システムメンテナンス」そして「データリカバリー」があるが「データリカバリー」はHDDのみのユーザーに限り、SSDとかFusion DriveのMacは使えない。
繰り返すが、Techtool Proを必要としたのはMacに何不都合を感じたからだ。どうにも最近メインマシンの調子がイマイチなので出来うる限りのメンテナンスと検証の上で総合判断したいと思った。

そもそもメインマシンは iMac 27" Late 2012だからしてすでに5年目に入っている。とはいえ購入の際は懐具合もよかったからオプションでプロセッサは3.4 GHz Intel Core i7にしたこともあって愛着がある。
しかし1ヶ月ほど前からレインボーマークが回ることが目立つようになったのでよい機会だからと他のツールをも含めて買い替え時であるかを判断しようと思った次第。

さて、すべての原因が判明したわけではないが、Techtool Proで内蔵および外付けハードディスクの検証をやったところ、システムがインストールされている外付けハードディスクにいきなりSMART警告が出た。2TBのThunderbolt仕様HDDが致命的な状態となっていたことが判明。至急データを別のハードディスクにコピーしておいたが、翌日には…クラッシュとなった。

TexhtoolPro95_04.jpg

※4年使ったThunderbolt仕様のHDDがSMART警告翌日にクラッシュ


ということで、たまたまだとしても珍しく?Techtool Proがデータを救ってくれたことになる。
それにレインボーマークの原因はやはり外付けハードディスクのアクセスが正常でなかったことが要因のひとつだったようで問題のハードディスクを取り外してからはほとんど出なくなっている。
ただしTechtool Proの情報が正しいかどうかはユーザーの立場からは分かりようがない。例えばHDDのSMART情報にしても別のソフトウェアで計測してみるとかなり結果が違うケースも経験しているので最終判断は難しい。

またあくまでTechtool Proによる検証結果ではあるが、1TB 内蔵起動ハードディスクのSMARTチェック結果は温度変化に弱くなっていること、シークエラー発生率と読み込みエラー発生率に危惧があることを示している。

TexhtoolPro95_03.jpg

※「Techtool Pro 9.5」で起動HDDのSMART確認結果。すぐに壊れるということではないが劣化進行中といった感じ


取り急ぎ内部温度を下げるため「Mac Fan Control」というユーティリティーでファンを強制的に回して時間稼ぎをしているが、そろそろこの機会にハードディスクを物理フォーマットしてOS X YosemiteをmacOS Sierraにアップデートし、それでもダメなら買い換える必要があると判断した。
ともあれMacはなくてはならないツールなので最優先でことに当たらなければならないが、そうした判断に際しても「Techtool Pro 9.5」はひとつの目安を与えてくれる。


いただいたFon 11ac対応高速Wi-Fiルーター FON2601Eを試す

自宅に安価なWi-Fi環境を作りたいという知人からFonの事を聞かれた。最新の「Fon 11ac対応高速Wi-Fiルーター FON2601E」を二つ頂戴したとかでひとつを私にくれるという。そういえば2008年の年末だったが「FON La Fonera (ラ・フォネラ) 」というルーターを当時お付き合いしていたクライアントから数個貰ったことがあり、ホームページをリニューアルした時期だからとうち2個をプレゼント企画に載せたことがあった。それ以来Fonを手にしたことはなかった。それはやはりセキュリティ面で信頼がおけなかったからだ。


ともあれ、いただいた「Fon 11ac対応高速Wi-Fiルーター FON2601E」を実用として活用するつもりはないが、アクセススピードや接続の容易さを提供してくれた彼に報告しようと仮設置してみた。すでに自宅にはApple AirMac Extremeを使っているから不足はないしあくまで興味本位である。
製品パッケージには「Fonルーター設定ガイド」なる折りたたまれたものが同梱されているのでそれに従ってセットアップだ。


fon_01.jpg

fon_02.jpg

※「Fon 11ac対応高速Wi-Fiルーター FON2601E」のパッケージと同梱品


「Fon 11ac対応高速Wi-Fiルーター FON2601E」本体は11センチほどの正方形4辺を丸くした可愛らしい形をしている。まずは本体に付属のACアダプターを取り付け、LANケーブルでインターネットに接続されているルーターとつなぐ。しかしFon本体が真っ白で比較的小型なのに対してACアダプタは黒いのはともかくかなり大きめなのが気になる。

fon_04.jpg

※背面の各接続端子


ともかく接続するとFon上部の地球アイコン部が点滅しすぐにグリーンに点灯すれば良し、もし点滅したままならPPPoEの設定が必要となる。
しかし幸いなことに私ケースではグリーンランプは点灯しセットアップの基本は完了した。確かに簡単だった。

fon_06.jpg

※本体のセットアップは完了


さてFonは一般的な市販ルーターとはその存在価値が些か違う。ご存じの方も多いと思うが例えば自宅用として設置するとプライベート用Wi-Fi「MyPlace」と他のFonメンバーが利用可能なFonスポット用のWi-Fi「Fon Wi-Fi」が発信される。
そのプライベート用Wi-Fi「MyPlace」は暗号化された自分専用のWi-Fiエリアであり、他のFonユーザーはアクセスできない仕組みだ。ただし「Fon Wi-Fi」という無料Fonスポットは認証されたFonメンバーのみが利用可能であるとしても暗号化はされていない。

fon_05.jpg

※iPhoneでWi-Fi接続を試みた。プライベート用として「MyPlace」および「MyPlace_5G」と公開用の「Fon WiFi」が使えるようになっている


要はFonとは無線LANのアクセスポイントを共有するシステムでありコミュニティーで、会員数すなわち設置されている数が多いほど会員は外出先でFonスポットの恩恵を無料で受けられるわけで利便性が高まるという理屈。
ただし一般的な公衆無線LANネットワークのアクセスポイントとは異なり、その大半は個人によって設置されたものである点が特徴だ。ために都心部の駅や商業地域ではなく住宅街を中心にスポットが形成されている場合も多い。
また本商品は、Wi-Fi alliance(Wi-Fiの相互接続性を保証する団体)が定める新規格IEEE802.11ac(11ac)での通信が可能でかつ電波干渉が少ない5GHz帯に対応のため最大で866Mbpsの高速転送が可能だという。

ただしFonはこれまでにも問題点を多々指摘されてきた。
それはプロバイダによってはFonの利用は回線の又貸しになるとして禁止を定めているところもあるからだ。反面国内におけるパートナーシップ・プロバイダも存在し自治体や小規模店舗の活用事例もあるが、「Fon Wi-Fi」は暗号化されていないためセキュリティへの不安や通信速度の低下、そしてなによりも悪意を持ったユーザーにとって犯罪の温床になる可能性も指摘されている。

どいうことかといえば、例えばいま私が公開の「Fon Wi-Fi」に悪意の第三者がアクセスし、犯罪行為が行われた場合、真っ先に疑われるのはその回線の契約者・利用者である私ということになる。また「Fon Wi-Fi」は暗号化されていないため、アクセスしたノートパソコンやスマートフォンの個人情報を覗かれる可能性もあるという。まあそもそも無料サービスの公衆無線LAN利用はお勧めできないがFonの「Fon Wi-Fi」も同じである。

結局知人には、「Fon 11ac対応高速Wi-Fiルーター FON2601E」の設置は確かに簡単だった事を報告しつつ、数千円出せば立派な無線ルーターが買える時代だからして安全に長くWi-Fiを使うにはFonは勧めない旨を提言しておいたが、果たして彼はどういう判断をするのだろうか。
私はといえば、Fonを利用するメリットがないので接続設定が問題なく完了した後は外してしまい込んだ。


広告
ブログ内検索
Related websites
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
時代小説「首巻き春貞」公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。日本シャーロック・ホームズクラブ会員。ゆうMUG会員