一枚の写真から面白動画を作る「Mug Life」を検証

前に「顔写真を笑顔にする iOSアプリ「FaceApp」を検証」と題した記事をご紹介した。今回は私にとってその拡張版といった捉え方をしている同じくiOSアプリ「Mug Life」というソフトウェアをご紹介してみよう。これは一枚の顔写真に様々な表情の変化、それもリアルな動画を作ってくれるものだ。


「Mug Life」本来の目的は一枚の写真からしかめっ面、笑い顔、怒った顔などなどといった面白動画を形成するアプリだとすれば、私の求めている機能とは些か違う。しかし前記した「FaceApp」が表情としてのテンプレートが微笑と歯を見せた笑顔程度しか求めるバリエーションがないため苦肉の策で「Mug Life」を使ってみることにした。

個人的な用途というか目的は本来動かないマネキンモデルの顔に表情をつけたいのである。足掛け三年、なんだかんだと時間とお金をかけたお気に入りの専属モデルのポートレイトを微笑ませたり時にお茶目な表情をさせたいのだが「FaceApp」にはそうした気の利いたテンプレートはないようだ。
また「Mug Life」にしてもテンプレートとしてはウケを狙った可笑しな動画がほとんどで本来私の目的には適さないものがほとんどだ。しかしアプリ内課金をすればある程度表情を作れるというのでやってみた…。

「Mug Life」の使い勝手は UI が日本語でないことはともかくとしてもあまり使いやすいとは言えない。しかしこれだけの機能を持つソフトが他にないのだから背に腹は代えられないとまずはMacに貯め込んである写真の一枚をiCloud写真に転送して試すことに。
ともあれ「Mug Life」でどのような表現をしたいのか…によりアプローチは変わるが、ここではあくまで一枚のポートレイトに自然な表情をつけて動画を作り、そのワンフレームをキャプチャして再びポートレイトにしたいというのが目的だ。
また以下はすでにアプリの登録およびアプリ内課金が済んでいることを前提に話しを進めたい。

まずアプリを起動すると共有登録された数々の作例を見ることが出来る。どのようことができるかの概要はこれらを見ていくことで分かるに違いない。
さてここではトップ画面右上にあるカメラアイコンをタップする。すると元となる写真をカメラでリアルタイムに撮影するか、カメラロールにあるものを使うかの選択を迫られる。
ここではMacからiCloud写真にコピーした写真を使うのでカメラロールをタップする。そしてカメラロールから目的の写真をロードする。

MugLife_01.jpg


表示された写真はすでに何らかの動きを始めているはずだが、下にいくつかテンプレートが表示されており、それらをタップすることでロードした写真にそれに応じた表情の動きをさせることができるが、ここでは左下の「作成」ボタンをタップして先に進む。
すると顔の中央が矩形で囲まれ、その右上にスパナのアイコンがあるのでそれをタップする。そして続いて「顔のポーズをとる」をタップして次に進む。

MugLife_02.jpg


さて顔の各部位に青いマーカー(点)がついているのがわかる。これらが写真の顔の目鼻立ちを認識した位置情報である。アプローチは一様ではないが、例えば右下にある黄色い絵文字のようなアイコンをタップするといわゆる表情の基本とも言える様々なテンプレートとなるアイコンが表示し、それらを選択することで写真に表情を与えることが出来る。
さらに画面を拡大し、マーカーを移動すれば口元や目元の位置が変わり必然的に表情が違ってくる。
そして表情のバリエーションは複数のものを時間軸につないでいくことができる。

MugLife_03.jpg


ともかくこの辺の編集過程については奥が深いというか些か難しく例えばワイヤーフレーム機能からは各パーツをより詳細に編集が可能になったりする。

MugLife_08.jpg


さて、目的の表情をさせることができたとしようか。くどいようだがアプリ上は動画だが私の目的は一連の動画を作って楽しむのではなく、その動画から目的の表情の一フレームを取り出すのが目的なのだ。
それでは保存する前に「長さ」のアイコンタップし、文字通り動画のループ時間を設定する。デフォルトでは4秒になっているはずだが、ここは後で扱いやすさを考えて10秒とか15にしておくことをお勧めする。

MugLife_04.jpg


「変更を確定」ボタンをタップして元の画面に戻り、右上のチェックマークをタップすると最初の編集モード、すなわちスパナのアイコンがある矩形表示の写真に戻る。
ここで右上のフロッピーアイコンをタップしてすると保存の画面となる。「保存」ボタンを押すと共有先を選択する画面になる。

MugLife_05.jpg


自身でファイルを活用するのだから「カメラロール」を選択し続いて「ビデオループ」にするとか直接自身のメルアドに転送するなど活用しやすい方法で保存する。



※Mug Lifeによる一例


後は説明することもないだろうが動画を読み込めるアプリで表示した後、お気に入りのフレームをキャプチャするだけだ。

MugLife_09.jpg

MugLife_07.jpg

※上の左がオリジナル写真。右はデジタルコスメチックソフトで化粧を施し、下はMug Lifeで表情を加えた動画からお気に入りのワンフレームを抜き出した例


ということで正直思うような表情を作り出すのはなかなか面倒だが、願わくばやはりMac版のアプリケーションが欲しい。しかし無いものねだりをしてるだけでは前に進めないから、まずは色々と活用して楽しんでみたい。


ラテ飼育格闘日記(623)

ラテのために先週は二つのアイテムを新たに購入した。ひとつはストラップ型のハーネス、もうひとつは食器台である。ハーネスはこれまで使っていたものは背から腹に被せる式だったためかラテが装着するのを嫌がったためと同時に不要な引きを軽減できるのではないかと思ったからだ。


Latte623_01.jpg

※よい季節になってきました


食器台はしばらく前から考えていたことだが、これまでは水の容器にしろ朝晩の食事の容器にしろ床に置いていた。勿論何の支障も無くこれまでそのやり方で過ごしてきたが、観察していると加齢も関係するのか些か首を下げるのが面倒な様子が見られたからだ。
とはいっても食事を残すといったことがあったわけではないが、ラテは中型犬としては背までの高さもあるしマズルを床近くにまで下げ続けるのは大変かな…と思った次第。

Latte623_03.jpg

※新たに食器台を購入


ネットで調べて見ると材質は何であれ、食器をある程度の高さに置くための台が多々あることに気づいた。
ということで早速女房が買ってくれたわけだが、確かに見ていると頭をほんの少し下げればよい高さに調節したので楽そうである。

なお高さは何段階か調節できるのでもしもっと低く、あるいは高い方が具合がよさそうならすぐに変更できる。
日中はこの上に大ぶりの容器で飲み水を入れておくようにしているが、朝夕の食事の際にはメインディッシュとプレーンヨーグルトの容器を置くと少々狭くなるものの食べやすいのが第一だ。

Latte623_02.jpg

※ハロウィンにAちゃんがゾンビメイクで来訪


さてもうひとつは散歩時に使うハーネスである。
これまでリードを引く際に首に負担がかからないようにと背中からお腹近くまでを覆う形のハーネスを使っていたが、装着の度にラテは嫌がり逃げ出すのが定番になっていた。また前回の日記に書いたが、リードを繋ぐD管が背にあり首に力が加わらないからと時にラテの引きはかなりの強さとなりオトーサンの手指が辛い場合があったのでそれの改善も期待してEasy Walk Harnessという製品を買ってみた。

Latte623_04.jpg

※ストラップ式ハーネスを着けてみました


メーカーの主張によれば、お散歩中のひっぱり防止に効果があるということだが、なによりも幅2.5センチのストラップなので装着した際にこれまでの物とは違い圧迫感がない。
特徴のひとつにリードを繋ぐD管が胸の前側にあり、リードをひっぱると胸部のストラップが締まるためワンコの肩甲骨と胸がおさえられて前に歩き出そうとする力を小さくしてくれるという(うむ、よく分からないが…笑)。その結果、ワンちゃんを自然と横に誘導することができ、ひっぱりを無理なくおさえる事ができるというのだが、さて…。

Latte623_05.jpg

※大好きなファミリーのオカーサンとご挨拶


ともかく装着しようとする際に以前より嫌がらないことは確かだ。ただし前記の通りリードの先は首でも背でも無く胸だという点に飼い主のオトーサン自身が慣れなければならない。
真っ直ぐ前に引っ張るときには何の問題もないが左右にリードを寄せる場合にまだ慣れないのでオトーサン自身に違和感があるものの全体的な印象としてはなかなか良さそうだ。
これから気温もより低くなりラテとの散歩時間が長くなるはずなのでお互いが少しでも楽になるのは嬉しい。


Apple、第4四半期の業績発表

2018年11月1日、Appleは2018年9月29日を末日とする2018年第4四半期の業績を発表した。当四半期の売上高は629億ドルと、前年同期と比べて20%増大、当四半期の希薄化後の一株当たり利益は2.91ドルと、41%アップとなった。当四半期の米国市場以外の売上比率は61%だった。


Apple第4四半期の業績発表

サービス部門の売上高は過去最高の100億ドルに達した。2017年第4四半期に評価された6億4000万ドルの一時的に有利な調整額を除くと、サービス部門の売上高は2017年第4四半期の79億ドルから2018年第4四半期には100億ドルに増え、27%の増大となった。
Appleの取締役会は、同社の普通株式一株当たり0.73ドルの現金による配当を宣言。配当金は2018年11月12日の市場取引終了時点で株主名簿に記載されている株主を対象に、2018年11月15日に支払われる。
なおAppleは、2018年度第4四半期業績発表のカンファレンスコールのライブストリーミングを、2018年11月1日14時00分(米国西部時間)より、Appleのウェブサイト( www.apple.com/investor/earnings-call/)で配信する。このウェブキャストは、配信開始後約2週間にわたり再生が可能。

Newsroom




Mac mini、強力なパワーを詰め込み新登場

2018年10月30日、Appleは本日、パフォーマンスを大幅にアップしたMac miniを発表した。新たにクアッドコアまたは6コアプロセッサ、最大64GBの高速メモリ、圧倒的に速いオールフラッシュストレージを搭載し、新しいMac miniはこれまでより5倍も速い驚異的なパフォーマンスを発揮するなど、歴代のMac miniで最高のパワフルさを誇ります。


Macmini20181031.jpg

さらに、Thunderbolt 3ポート、Apple T2 Securityチップを搭載して、10Gb Ethernetオプションにも対応し、新しいMac miniはこれまで以上に様々な目的に利用できる高速かつ高機能なデスクトップに仕上がっている。
新しいMac mniが収まる豪華なスペースグレイ仕上げの筐体には初めて、Appleが開発した100%リサイクルされたアルミニウムを材料とするアルミニウムアロイが使われているが、これは強度、耐久性、仕上げの美しさの点で他のApple製品で使われているアルミニウムと同等のクオリティを誇る。新しいMac miniでは、脚部のような部品に、使用済みでリサイクルされたプラスチックがこれまで以上に使われている。こうした進歩的な取り組みにより、新しいMac miniではカーボンフットプリントを約50%引き下げることに貢献している。

Newsroom



これまでで最も先進的で、最もパワフルなiPadがオールスクリーンのデザインで登場

Appleは本日、オールスクリーンのデザインと次世代のパフォーマンスを持つ新しいiPad Proを発表した。iPadの歴史をぬりかえる、新しいiPad Pro。まったく新しいデザインにより、11インチと12.9インチのLiquid RetinaディスプレイがiPad Proの端から端までまで広がり、Face IDが搭載されたので、一目見るだけで安全にiPadのロックを解除できるようになった。


iPad20181031.jpg

iPad Proは次世代のNeural Engineを搭載したA12X Bionicチップを内蔵しているので、ほとんどのノートパソコンよりも優れたパフォーマンスを発揮。さらに新しいUSB-Cコネクタ、ギガビット級LTE、最大1TBのストレージが選べ、パワフルで新しいモバイルワークを可能にする。また大きなMulti-Touchディスプレイを活用したiPadに特化したPhotoshop CC(2019年に登場)を含む次世代のアプリケーションなどが100万以上そろっているので、ユーザがコンピュータ上でできていたことが新しいiPad Proでこれまで以上に広がる。

Newsroom



広告
ブログ内検索
Related websites
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から十二巻まで全公開
ジョブズ学入門
ラテ飼育格闘日記
最新記事
お勧めの新旧記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

appletechlab

Author:appletechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。ゆうMUG会員