AirPods Pro 2 ファーストインプレッション

ひさしぶりに、本当に久しぶりにApple AirPodsを買った。初代のAiriPods以来だが、今回購入したのは発表されたばかりのAirPods Pro 2だ。そういえば一昔前には私もご多分に漏れずスピーカーやレコードプレーヤーに凝ったり、ドルビーがどうのこうのと五月蠅いことを言い拘っていたが、いつのころからかただただ自分の好きな音を求めるだけになってきた…。


申し上げるまでもなく音の良し悪しは機器による計測の違いは明確だとしてもそもそもが私的な体験である。友人のAが「良い」という音が私にとって良いかどうかは別問題であるからして音響機器の選択は難しい。

AirPodsPro2_01.jpg


とはいえ振り返って見ればモノラルの玩具みたいなレコードプレーヤーにソノシートを乗せて聞いたのが私の音楽体験の始まりだし、もっと遡れば鉱石ラジオから流れる微かでノイズが入った音が耳に馴染んでいたし、それらはろくな音では無かったはずだ。しかしそのとき、音が悪いといった考えは頭の中には生まれてこなかった。
また近年は加齢のため普段己で自覚していないものの確実に高音領域は意識として聞こえなくなっているはずだ。
要はそんな育ちの耳で音が良いとか悪いとか宣うのは些か気がひけるが、オーディオ歴も古いことでもありご勘弁を願いたい…。

AirPodsPro2_02.jpg


まず結論めくが、そもそもAirPodsに限らないもののAppleの製品は単にデザインやスペックだけを取りだしての評価は正しいとはいえない。何故ならAirPods Pro 2にしてもAppleは音の良さだけで無く我々の日常体験を豊かにしようとする方向性を重要視しているからだ。

AirPods Pro 2はそれ単体で語るのではなく当然のことだがiPhoneとかApple Watchと共に語るというか…使うことに意味がある。それらのガジェットとシームレスに楽しく便利で日常生活に不可欠なガジェットとして存在することこそAppleの願いだといえるはずだ。
そういえばAirPods Pro 2はMugSafe対応の充電器でも充電可能であり、あのAirTag同様に万一見つからない場合でも「探す」アプリでその位置をいつでも探知できる。

AirPodsPro2_03.jpg

とはいえAirPods Pro 2 はイヤホンとして見るべき点はないという意味ではない。その次世代のアクティブノイズキャンセリングと適応型環境音除去は一世代前のモデルと比べて最大2倍の雑音を消す機能を搭載し驚くほど周囲の雑音をこれまで以上に低減できるし、今や必然となった空間オーディオの臨場感はこれまで体験しなかったユーザーのリスニング体験を新しいレベルに高めてくれる…。
AirPods Pro 2 の…というかAppleのヘッドフォンやイヤホンのサウンドは一言で言えば奇をてらったものではなくナチュラルに原音再生に近づけようと努力していることがわかる。さらにアダプティブイコライゼーションは、AirPods Proの装着状態に合わせて出力を調整しどの音も本来の周波数で鳴ってくれる。

また、ユーザーの耳の形に一段とマッチしたサウンドを再生するために、パーソナライズされた空間オーディオはiPhoneのTrueDepthカメラと連係し、ユーザーの頭の形をもとにカスタムプロファイルを作成。
さらにアダプティブイコライゼーションは、AirPods Proの装着状態をもとに、ユーザーの耳に合わせて音楽をリアルタイムでチューニング。聴いている音を内向きのマイクが測定しながら曲の低周波から高周波まで調節し、どんな時も細部まで一貫したオーディオを再現してくれる…。

AirPodsPro2_04.jpg


さて、前振りはこのくらいにして届いたAirPods Pro 2 を早速試してみよう…。
AirPods Pro 2を購入したためApple Musicが一ヶ月無料体験できるというので一番気になる空間オーディオとして登録されている音楽をいくつか聴いてみた。
「これは凄い…」という言葉が自然に口から出た。空間オーディオはAirPods MAXですでに体験済みだが、やはり装着感が違う。心地よいとは言えAirPods MAXと比べAirPods Pro 2 はまさしく着けていることを忘れる快適さだ。

気がついたことは低音が良く鳴ることだ…。といってもあくまで自然な感じだ。
そして、ふっと顔を右に向ければサウンドの音源は左側に移る…残る。そしてスネアドラムの音のリアルさに思わずその方向へ視線を向けてしまうほどだ。
空間オーディオは我が身をサウンドに包み、その空間を漂わせてくれる。

AirPodsPro2_05.jpg


タッチコントロールも快適だしノイズキャンセリング機能も文句の無いレベルだ。そして特に外音取り込みモードは自然で驚く。例えば外音取り込みモードにし、自分で歌を歌うなりしながらAirPods Pro 2を耳から外してみると…装着しているときとほとんど変わらない。
要は装着も自然だし違和感が無いからとAirPods Pro 2を装着したままデスク回りで様々な作業をし、背後にある3Dプリンターを動かし、部屋の奥にあるレーザー加工機のセットアップと共に換気装置をONにする。
これだけで約60dbほどの騒音環境に置かれるわけだがAirPods Pro 2をノイズキャンセリングONすれば騒音はほとんど掻き消える…というレベルになるしそのまま音楽を流せば外部からの音は気にならなくなる。

このまま電話にも出られるし、人との会話が必要ならAirPods Pro 2を外さず外音取り込みモードにすればまったく問題なく会話ができる。無論外部音を遮断するのに問題がある場合には外音取り込みモードのまま音楽を流してもよい。
したがってAirPods Pro 2を身に着ける場合、最初にやることはイヤーチップが自分の耳に合っているかを確認することだ。まれにこの種のイヤーチップが体質に合わない方もいらっしゃるだろうが、それ以外の方はイヤーチップ装着状態の機能を使い、両耳がきちんと密閉されているかを確認しよう。

AirPodsPro2_06.jpg


それが終わればAirPods Pro 2を着けて音楽の大海へと漕ぎ出そうではないか。そこにはなにかこれまで体験できなかった新しい世界が待っているかも…という物言いは大げさだろうか。でもそう思わせるほどの楽しさ、素晴らしい体験をさせてくれるのがAirPods Pro 2だ。
ここではH2チップがどうの…といった技術スペックについてはあえて触れなかったが、AirPods Pro 2は小理屈をひねり回す前にまずは自分の耳に装着し理屈無く音楽を楽しめば良いだけのガジェットだと思う。

どのみち我々は世界にある全てのイヤホンとAirPods Pro 2の聞き比べなど出来ようもない。それなら一世代のAirPods Proと比べて…あるいはソニーの○○と比べて…といった話しは橫に置いておき、AirPods Pro 2のサウンドそのものが好きか嫌いかの判断に委ねるだけで良いと思う。
特に空間オーディオはAppleの、AirPods Pro 2ならではの体感なのであり一度そこに身を浸してしまうと抜け出せないほどの快感だ。
円安の影響もあってAirPods Pro 2は正直安い買い物ではない。だからこそあまたのYouTuberの主張だけに惑わされること無く自分の耳で、自分の判断で選ぶことが大切だと考える。


ラテ飼育格闘日記_824

「一日も忘れたことはない…」といった言葉はどこか嘘っぽく誇張しているように思えて当然だ。しかしオトーサンはことラテへの思いとなれば間違いなく一日も忘れたことはないし、時に触れ度々思い出しながら毎日を送っているといってよい。


とにかく15年三ヶ月、毎日一緒に生活していれば人間だってワンコだってその気質はもとより生き様が自然に身についてしまう。
いやこれは飼い主のオトーサンだけでなく、未就学時代からラテと一番遊んでくれたNちゃんが先日遊びに来てくれたとき面白いエピソードを話してくれた。

Latte824_01.jpg


それは菓子のポッキーの食べ方だという…。
一時期オトーサンもポッキーが好きなので散歩の際にポッキーを持参し場合によっては顔見知りの子供たちにお裾分けしたりしていた。そうなれば当然ラテも欲しがることになる。ただしご承知のようにチョコレートがコーティングしてあるポッキーはそのままではラテに上げるわけにはいかない。

それならば…と考えたのがチョココーティングされていない2センチほどの持ち手部位を残して食べ、それをラテに上げるということだった。
発端はすでに11年ほど前になるが、広い公園にラテを連れて行くのが日課となって頃の話である。そこで小学4年生女子と知り合ったが、ラテをとても可愛がってくれた。自分のことをラテのオネーサンだと自称しワンコのオネーサンだから「ワンネエだね」と言って喜んでいた。

Latte824_05.jpg


ある日オトーサンがポッキーのお裾分けをその女子に渡すと「ラテにあげてもいい?」と聞く。オトーサンは「ワンコはチョコレートを食べると病気になるんだ。だからチョコが付いていない部分なら少しならあげてもいいよ」と答えた。
とその瞬間オトーサンはドキリとした。女子はポッキーの柄の部分を自分の口元に挟み、一方をラテに差し出したからだ。オトーサンは思わずリードを引いてそれを制すると「大丈夫だよ。ワンネエとラテの仲だもの」と一層ラテに近づき自分の鼻がラテの鼻で押しつぶされるまでになった…。

Latte824_02.jpg

※ワンネエからポッキーを貰うラテ


オトーサンは瞬間の出来事で制御できずに冷やっとしたが、ラテは上手にこの行為を受けワンネエの唇を傷つけること無くポッキーを食べた…。
しかし公園などでラテを可愛がってくれる子供たちの中でもさすがにそんなことをすると唇を噛まれるのでは…と実際にできる子供は限られていた。まあ当然だろう(笑)。
その後、引っ越しして現在の住居に移ってから、最初はオトーサンや女房が公園でときどきやってみせたのを見ていたのか「私もやってみたい」と限られた子供が手を上げ少しずつ広まっていったが正直オトーサンは気が気ではなかった。

Latte824_03.jpg

※ラテの大親友Nちゃんからも時折口移しのポッキーを貰っていた


言うまでも無くラテは自分にポッキーを差し出してくれる子供たちを噛む気など毛頭無いしそんな乱暴なワンコではない。しかしポッキー欲しさに夢中になることはあり得るし、子供たちにしてもいざラテの眼前に口元を差し出したとしても瞬間怖くなって口元をすぼめたりすれば時にラテの歯が当たってしまうかも知れない。

Latte824_04.jpg


例えば飼い主であるオトーサンらが思いつきでやって歯を当てられ例えば唇から出血したとしてもそれは自己責任だが、子供たちを傷つけては洒落にならない。しかし念のため申し上げれば、こうした行為でラテに噛まれた事は一度もない。実に上手に小さなポッキーを口で受け取る。
また誤解があってはならないが、オトーサンが子供たちにポッキーの口移しを勧めたことなど絶対にないが興味第一の子供たちから強いリクエストがあるのだ。
ラテの顔を見ると「ラテにポッキーあげたい!」の声が飛び交ったものだ(笑)。

先のNちゃん曰く「ポッキーを食べると今でも柄の部分を残す癖があるの…」と。虹の橋の向こうできっとラテも喜び笑っていることだろう。



ラテ飼育格闘日記_823

この「ラテ飼育格闘日記」は前回で毎週更新から随時思いついた時に…と変えてみたが15年間の習慣は恐ろしいもので原稿を書かないと落ち着かない(笑)。ともあれ一週休んでのお届け出である。


ところで今月9月6日でラテ6回目の月命日となった。早いものですでに半年が過ぎたことになる。15年間文字通りオトーサンは昼夜24時間ラテと一緒に暮らしていたわけで、いまだにラテの温もりや息づかいをどこかで感じるが、反対にあれは夢まぼろしだったのか…と思うほど泡沫の存在だったようにも感じる毎日でもある。

それほど強烈な体験と記憶を残してくれたラテなのだから、夢でも良いから出て来てくれとオトーサンは常々願っている。
そんな折、先日夢に珍しくワンコが出て来てその内の一匹がオトーサンの膝に向かって飛びついてくる夢を見た。しかし残念なというか、可笑しなというか、それはラテではなかった…。

Latte823_01.jpg

※2007年12月撮影


昔読んだ物の本によれば、好きな人や大切な人の夢はほとんど見ないものだという。
そういえば私は亡くなった母の夢を見たという記憶がない。父の姿もほとんど夢に出た試しはないが一二度見たもののその夢の中での存在はあまり心地よいものではなかった。どちらかというとオトーサンは親父が苦手だったからか…。

Latte823_02.jpg

※2007年3月、ラテが我が家に来てから三ヶ月目の一枚


そんなわけだからラテとの15年間においてもラテが登場した夢を記憶しているのは2度ほどだ。それもラテを飼い始めたころの話しだが、2度とも散歩途中でラテとはぐれ、オトーサンは必死になってラテを探し回るといった夢だった。
きっと経験も無く、ラテと日々格闘の毎日を過ごしていたオトーサンにとって、散歩中などで何らかのアクシデントによりラテが逃げ出すなどして行方不明になってしまうことを必要以上に恐れていたのかも知れない。

Latte823_03.jpg

※2007年1月、好奇心旺盛なラテに慣れないオトーサンは困惑…


事実、ラテを向かえたばかりの時期だったと記憶しているが、近隣の駅までラテを連れ出勤の女房を見送った後のことだ。どうしたことかラテの首輪が切れた。
オトーサンは慌ててラテの体を抱え込もうとしたがラテはそれをするりと抜けて改札の方へと走りはじめた。女房の後を追おうとしたのだろうか…。

Latte823_04.jpg

※2007年5月、広い公園にて女房と


まだ飼い始めてからまもない時期だから、オトーサンに対しても新しい住居に対しても愛着がまだ無いかも知れないから、ラテが戻ってくる確率はとても低いという思いでオトーサンの体は冷たくなった…。そしてこのまま離れたとすれば交通量の多い駅前だ。すぐ車に撥ねられるに違いない…。

ラテの姿は自動改札のすぐ側にいたが、もしオトーサンが急ぎ走って行けばきっとラテはさらに逃げ出すだろうと考え、リードを右手に高く持ち上げ雑踏の中「ラテ!」と呼びかけ、さらに口笛を吹いた。
幸い、何故かラテはスタスタと大人しく戻ってきたので事無きを得たがそんなことがトラウマになったのかも知れない。

Latte823_05.jpg

※2007年11月、最初から気が合ったボーちゃんとまるでダンスをするように遊ぶ


ともあれ夢にラテが出てくるようになったら、それはオトーサンの思いが薄れたということであれば残念ながらオトーサンはこれからもラテの夢は見ることが出来ない理屈だ。寂しいことではある…。



Keenstone ミルク泡立て器レポート

日々コーヒーを楽しむのが日課の一つとなっている。ためにデロンギ製の全自動エスプレッソマシンの電源はほぼ入りっぱなしだ。ただしこの全自動エスプレッソマシンは大変美味いエスプレッソを煎れてくれるが、ミルクフォームを作る機能は半自動ともいうべきものなので例えばカプチーノをと思ってもいつもいつも思い通りなミルクフォームが作れるとは限らない。無論それはマシンのせいではなく利用者である私の未熟さによるものだが…。

MMF809_02.jpg

※愛用のデロンギ全自動エスプレッソマシン


というわけでこの度電動「ミルク泡立て器」を買ってみた。まあ、半自動でも上手にミルクフォームができるよう練習すればよいとは理屈で思うが、これまでのところその時間が惜しいほど上手く行かない(笑)。

MMF809_01jpg.jpg

※Keenstone ミルク泡立て器


しかしこのKeenstone「ミルク泡立て器」は電動なのでボトルに一定量の牛乳(成分無調整・脂肪分3.5%以上がお勧め)を入れスイッチを押すだけで、カプチーノはもとよりマッキアートやアイスコーヒーに適したミルクフォームを作ってくれるという…。

MMF809_03.jpg

※Keenstone ミルク泡立て器の本体


結論から申し上げる事になるが、このKeenstone「ミルク泡立て器」は二分ほどで最高のカプチーノ用ミルクフォームを作ってくれる。それも60~65℃と適温のフォームを…。
そうそう、電源ボタンは一つしか無いが、このボタンを1回押すとマッキアート、2回でカプチーノ、3回でホットミルク、そして4回でアイスコーヒーに最適な常温のフォームを作ってくれるわけだ。

牛乳を入れる際には内側にある115ml 線を越えないようにしないとミルクフォームが溢れるので注意を要する。ということはフォームを加えるコーヒーカップのサイズ・容量にもよるものの一度に作れるのは3杯ほどのフォームである。
ということでこのKeenstone「ミルク泡立て器」、実際に十何回使ってみたがムラもなくいつも最高のミルクフォームを作ってくれるのでお勧めである。

MMF809_06.jpg

※いつも間違いの無い最高のミルクフォームを期待できる


エスプレッソマシンで珈琲を抽出していると同時にこのミルク泡立て器をタイミング良く動かせば温かくて細かなミルクフォームで包まれた最高に美味しいカプチーノが出来上がる。
そしてこれは好みだが、カカオパウダーをほんの少しフォームの中央に振りかければお店と遜色の無い一杯が堪能できるわけだ。

さて最後にひとつ問題というわけでも無いが、後始末をしなければならない点を記しておかないと不公平になろう。
無論牛乳を入れて熱した本体のボトルはもとより本体底に装着するミキサーも取り外し、透明の蓋とともに綺麗に洗う必要がある。それは当然ではあるが、本体は防水仕様ではないため、ボトルの底や本体横の電源ボタン部に水などが入り込まないよう最新の注意をしなければならない。これが案外面倒といえば面倒である。

MMF809_05.jpg

MMF809_04.jpg

※ボトル本体の底には取り外し可能なミキサーが付いている。また掃除の際にはこのミキサーを取り外してよく洗う必要があるが、防水ではないので電源ベースと本体の電源ボタン部には水を入れてはいけない

附属品にはクリーニングブラシも用意されているが、せっかくの良い品を乱暴…不用意な洗浄で壊しては元も子もないので十分な注意・配慮が必要だ。
ということで、本製品は価格も高いものではないし、コーヒーを愛飲される方なら揃えておくと宜しいと思う。それに、先般発表されたAppleの新製品群の価格を見た後では…とても安価に思える(笑)。

■Keenstone ミルク泡立て器(Amazon広告)




光造型3Dプリンターでもっとも多い失敗を回避するひとつの方法

光造型3Dプリンターでもっとも多い失敗はプリント自体途中まで出来ていたのに、ビルドプラットフォームから造型物が剥がれて落ちることだ…。これには幾多の理由が考えられる。スライスの際の条件、パラメーターにもよるが、簡単に言えばサポート不足による場合、あるいは造型物の重さで剥がれてしまう場合が多い。


したがって無論サポートを強化するのもひとつの手だが、基本的に重要なのはサイズが大きなものほど造型物を必要以上に重くならないようにと考えることが重要になってくる…。

CHITUBOXPro_01.jpg


そこで光造型3Dプリンターのスライサーとして知られているCHITUBOX Proには造型物を中空にする機能がある。要するに外側の厚みを指定し中身を空洞のハリボテのような造型にすることができるわけだ。
これであれば外見はまったく変わらないものの中身が詰まっていないので当然のことながら軽くなり、かつレジンの節約にもなる理屈だ。

CHITUBOXPro_02.jpg

※CHITUBOX Proには造型物を中空にする機能や簡単に穴開けする機能がある


ただしこうした造型物を中空にする場合、注意しなければならない点がひとつある。
それは造型物を単に中空にしただけで造型すると後で造型中に内部に溜まったレジンが外に漏れ出したり造型物を壊したりすることになる。その対策は造型物の目立たない下部などに穴を空け、洗浄の際に内部も綺麗にして勿論二次硬化もきちんとやることが肝心…。

CHITUBOXPro_03.jpg

※但し一般的な硬化のための装置では外側だけしかできない


ということで造型物のサイズにもよるが許されるなら直径10mm程度の穴を空け、洗浄後の二次硬化も外側だけでなく内部も二次硬化を施すのが重要だ。とはいえ一般的な硬化のための装置では外側だけしかできない。したがってそうした場合にと穴から別途ペン型UV-Cライトを使い内部にもできるだけ紫外線を当てるように心がけるのが肝心だ。

CHITUBOXPro_04.jpg

※ペン型UV-Cライト使用例


そのため私もELEGOOの二次硬化器とは別に細いペン型UV-Cライトを所持している。ただし光を直視したり皮膚に当てると害がある訳で、釈迦に説法だが、手軽なだけに家族あるいは子供たちには使わせない配慮が必要である。

この細いペン型UV-Cライト、高くはないので光造型3Dプリンターユーザーは一本揃えておきたい…。


※Amazon広告※



広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「木挽町お鶴御用控」無料公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab
主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。また直近では「木挽町お鶴捕物控え」を発表している。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中であり2021年からはレーザー加工機にも目を向けている。ゆうMUG会員