ラテ飼育格闘日記(783)

前回の日記でラテの体力が著しく落ちてきたと記した。事実平坦な場所でも少しリードを引き気味でないと歩みが止まってしまうし、階段の上り下りはなかなかにシンドイ。ということで歩行補助具を持ち歩くことにして階段や歩くのが辛そうな場合は適宜活用することにした。


その歩行補助具だが、いたって構造は単純で、布の両端に取っ手があり、それをワンコの腹に回してバッグでも持つように保持するというものだ。ただし単純なだけに実際の扱いには結構工夫が必要となる。なぜならまず保持している手を離せば歩行補助具は腹から外れて地面に落ちてしまう。

Latte783_01.jpg

※日々ばらつきはあるが、ラテの体力はかなり衰えてきたようだし、また少し痩せたかな…


それに歩行補助具といってもこれだけでラテと散歩することはできず、いつものようにリードを必要とする。ということはリードと歩行補助具の双方で両手が塞がってしまうわけでこれはオトーサンとしては辛いし不便だ。
実際に使ってみると確かに階段などでは安定度が確実に増すが、大げさながら落とし穴もある。それはこの歩行補助具で体を支えるといっても加減が実に難しい。

Latte783_02.jpg

※歩行補助具を着けたラテ


単に引っ張り上げてしまうのであれば簡単だが、これはあくまで歩行補助具でありラテの歩行をしやすく安全にという代物だ。しかし持ち上げ過ぎてしまえば逆に歩行に難をきたすことになる。やはり自重を四つ脚に感じてこその歩行意欲となるだろうから…。
ということは自ずと歩行補助具の利用は制限されることになる。何でもかんでも補助では散歩にならないし、かえってラテの筋力を弱めてしまうことになるだろう。

Latte783_05.jpg

※散歩途中で一休み


ともあれラテの歩行困難は事実なのだが、体力によるものなのか気力が無くなっているのか、あるいはその双方なのかがよく分からない。
なぜなら外出時の歩き方は一応四つ脚でなんとか歩いているが、例えば室内でボール遊びを要求したときなどは「散歩のヨタヨタは演技か?」と思うほど活発に動くからだ。無論昔のように長続きはしないものの、ボールを追いかけ、壁に跳ね返ったボールに飛びかかり、オトーサンの投げたボールを口でキャッチしようと後ろ足で飛び上がる…。

Latte783_03.jpg

※室内でのボール遊びには短い時間ながら活発に動くのだが…


オトーサンらは、それだけ動けるなら散歩の時ももう少しオトーサンと歩調を合わせてくれても良いではないか…と思うが、それとこれとは別らしい(笑)。
しかしこの違いはなんなんだろうか。散歩はしたくないというなら話しは早いし方法も考えたいが、外には出たいようなのだ。また女房が休みのとき一緒に散歩に出るとラテの歩みは心なしか軽くなるのも事実。

Latte783_04.jpg

※遊んで欲しいのか、機嫌の良い顔でオトーサンたちの前に出て来た


正直オトーサンの年齢になるとラテとの散歩もときに辛いときがあるものだ。しかし腰が痛くても、土砂降りでも排泄はさせたいと頑張っているが、ラテにはこうした思いは伝わっていないのかなあ…。
そういえば、ラテを保護していたボランティア団体から譲り受けるとき、年齢制限があった。そのときは「ワンコ一匹くらい世話するのに年齢制限かよ」とも思ったが、小型犬にしろ大型犬にしろ高齢者では思うように世話できないケースも出てくることが最近身をもって分かる歳になった。
まさしく老老介護のときを向かえたオトーサンとラテだが、その顔を見ると頑張らざるを得ない(笑)。





Apple、国家支援型スパイウェアの悪用を抑制するためにNSO Groupを提訴

Appleは本日、Appleユーザーに対する監視と標的設定への責任を問い、NSO Groupとその親会社を提訴しました。訴状では、NSO GroupがPegasusスパイウェアを使って被害者のデバイスを感染させた方法に関する新たな情報が提供されています。


Appleユーザーへのさらなる悪用と危害を防ぐために、AppleはNSO Groupに対してAppleのソフトウェア、サービス、デバイスの使用を禁止する永久的差止命令も求めています。
NSO Groupは、高度な標的型スパイウェアで被害者を監視することを可能にする、洗練された国家支援型の監視テクノロジーを生み出しています。これらの攻撃は非常に少数のユーザーのみを標的とし、iOSとAndroidを含む複数のプラットフォームにわたって人々に影響を与えます。研究者やジャーナリストは、このスパイウェアがジャーナリスト、アクティビスト、反体制派、政府官僚を標的にするためにこれまで悪用されてきた歴史を公に文書化しています。

Newsroom






ラテ飼育格闘日記(782)

この一二週間、ラテの体力が著しく落ちてきたことを実感している。一応四つ脚で歩けることは歩けるが、リードを引き気味にしないと歩みを止めてしまう。また階段などの上がり降りも体を上に引くように補助しないと崩れ落ちそうだ…。


それだけではなく、あれだけ感情表現が豊かだったラテだが、ここのところ反応がいたって鈍い。大好きな方々に出会っても何とか笑顔は見せるが積極的に近づいて喜びを表現する…といったことがなくなってきた。やはり15歳5ヶ月であることを痛感せざるを得ないが、幸い今のところ食欲があるので様子を見るしかない…。

Latte782_01.jpg

※ここの所元気がない…


そんな折、先の日曜日(11月14日)だったが女房と共に夕方の散歩に連れ出した。歩かせるのに苦労しながら進んでいると前方から来た車がこちらに左折する…。我々が少し移動しようとすると運転席から男の方が顔を出した。
それは以前の住居時代に近隣の広い公園で共に駆けずり回ったボストンテリアのボビーちゃんの飼い主さんだった。オトーサンたちが引越し遠くなってしまったその公園方面に足を向けられなくなったこともあって、たまに車でこちらの公園まで様子を見に来られることが数度あった…。

Latte782_03.jpg

※8月5日に亡くなったボストンテリアのボビーちゃん(2007年2月撮影)


実は今年の二月に近隣の公園でお目にかかったとき、ボビーちゃんが癌の手術をしたことを知った。ボビーちゃんはラテとほぼ同年配のワンコだが、ラテはボビーちゃんよりその飼い主のご主人や娘さんが好きで、他のワンコを威嚇しつつもご主人の膝によじ登るほどだった。為にボビーちゃんとは遊ばなかったが、ワンコ飼い初心者だったオトーサン自身、ボビーちゃんのご主人や奥様に様々なことを教えていただいた…。

Latte782_02.jpg

※今年の二月にお会いしたときのボビーちゃん。手術をした後だった…


その二月以来お会いしていなかったこともあり、時々「どうされているか?」と気になってはいた。何しろ病気が病気だったからだが、今般飼い主さんにお目にかかりボビーちゃんは8月5日に亡くなったことを知った。

Latte782_04.jpg

※ボビーちゃんのオトーサンの脇の下から頭をねじ入れようとするラテ(笑)


飼い主さんは「楽しい思い出ばかりです」とおっしゃっていたが、現実問題としては色々と大変だったことは推察できる。事実広い公園で多々お会いしたことのある次女のお嬢さんはボビーちゃんの訃報を聞き、会社を早退けしてご実家に駆けつけたそうだし、その後一週間寝込んでしまったという。

それだけご家族に愛されたボビーちゃんは幸せなワンコだったに違いないが、寂しいことだ…。
そんなこともあって、最近のラテの様子が余計に気になってくる。寿命とあらばあがらうことはできないのだろうが、何とか一日でも長く元気でいて欲しいと願うばかりだ。

Latte782_05.jpg

※近所の公園でツーショット!


しかし当のオトーサンだって自慢ではないが立派な高齢者だからして、18Kgの体重のラテを介護するのもなかなかに大変ではある。事実リードを主に保持する左手や肩は痛むことがお多い。だから大変ではあるが、ラテはオトーサンたちが願って我が家に向かい入れ、家族となった最初で最後のワンコに違いないわけで、その老老介護もよき思い出のひとつになるよう努力したいと考えている。





ラテ飼育格闘日記(781)

今あたりが一年でも一番過ごしやすい季節だと思うが、ここのところ雨が多い。やはり一日何度かラテを外に連れ出す身としては憂鬱になってくる。すると気分が顔に出るばかりか態度や動作にも影響を及ぼすことになりがちだ。だからオトーサンは体調が悪くても外面は機嫌良く振る舞うように努力している(笑)。



長い間、人間やってきてビジネスにも身を投じてきた者として日々心してきたことがいくつかある。様々な人たちと出会い、切磋琢磨してきた中でオトーサンが最も嫌いな部類の人はいつも機嫌が悪い奴だ。本人は意識しているのかどうか分からないが、例えば機嫌の悪い上司、機嫌の悪い旦那、あるいは女房となれば実に始末が悪いものだ(笑)。

Latte781_01.jpg

※散歩から戻り、機嫌の良い顔してます


まあ、誰しも人間だからしていつもニコニコとばかりしてはいられないとは思うが、人と接する際には機嫌の悪い顔はしてはならないとオトーサンは肝に命じてきた。
特に人の上に立つ立場の者はそうあるべきだと思うし、そうあらねばならない。
オトーサンが現役時代、数えられるはずもないが一瞬一瞬にすれ違った方たちを含めれば本当に数千人の方と言葉を交わしているはずだが、それらの中には実に嫌な人間もいた…。

Latte781_02.jpg

※玄関を出て階段を使おうとしたらエレべーターが良いと拒否


例えば開発依頼の為に呼ばれ、我が国有数の超大手企業の課長に会いに言ったとき、初対面のそのときからまあまあ不機嫌な顔でオープン会議室のテーブルに座る…。それ以前になにがあったかなかったかは知らないが同席した担当者たちが見るからに申し訳ないといった表情をしている。
不機嫌で威圧的に相手と対峙することが己の威厳を見せることだと勘違いしているのか、それとも単なる馬鹿なのか(笑)。

Latte781_03.jpg

※機嫌良くコンタクト!


ラテ日記の場でビジネスの顛末を詳しくお話しするつもりはないが、これまでで一番不機嫌の相手としてオトーサンの記憶に残っている事例なので話しを続けたい…。
さて、それでなくともその時の会議は重要な場面だった。何しろ当該超大手が別の企業に開発依頼していたソフトウェアが頓挫失敗し、困ったその超大手企業はアップルの日本法人に泣きついたという。結局アップルは私の会社なら何とかしてくれるだろうということで紹介され、紆余曲折の結果請け負うことになった。その場は途中経過説明を含む納品だったのである。
相手の規模は本来私の超マイクロ企業が直接取引できる相手ではなく、孫請けあたりが普通といっても良いほどの大企業だったのだ。

要約すれば、本来出来ないことをやらねばならないという難題だったが、幸い裏技で問題点を解決した私は出来ることと出来ないことを担当者に説明し契約にこぎ着けた。そしてその場は途中説明の納期の場だった。無論担当者たちには事前にプレゼンを終え了解をもらっていたが、当の課長はこれでは受領印は押せないと不遜な態度を続けた。
でもねえ…オトーサンだってサラリーマンを長く体験してから起業したいわば百戦錬磨の仕事人だったから、どう振る舞ったらこの場を収められるかを一瞬で考えた…。
ともあれ受領印をもらわなければ金が入らず、仕事の一端をお願いしていた仲間にも約束した金が払えない。

Latte781_04.jpg

※ラテを可愛がってくださるファミリーのご主人と…


前記したとおり、その場は個室の会議室ではなく広いオープンな場所で、他にもいくつかのテーブルが埋まっていた。それを確認したオトーサンは両手でテーブルを「バン!」と叩いた。無論周りの目は何ごとかとこちらに集中する。そしてオトーサンは「結構でしょう。お約束通りの仕様で仕上げたのに検収できないとあらば、これまでお納めした経過はもとより契約を白紙にさせていただきましょう」と啖呵を切った。その背景にはこの事案は当時私の会社でしかなし得ないことを確信していたし、取引先の担当者たちもそれを十分認識していたからでもあった。

当の課長にとっては意外な展開だったのだろう…。これまでにもいくつかの場面で同じような無理難題を通してきたのかも知れないが、契約を白紙にされて困るのは自分たちだということは理解していたようだし、担当者たちの狼狽えも効いたようだ。何よりも周りの目が自分の行動に集約していることに困惑したようだった。そして体を椅子から起こし、無言で受領のサインをした…。
帰りのエレベータを待っているとき、仲間の一人が「さすがでした」と誉めてくれたが、こちらも必死なのだ。ともあれあの手の不機嫌野郎は威張っているくせに周りの目を気にすることを経験上承知していたからだ。

別にオトーサンの武勇伝を紹介するつもりではなく、世の中にはこうした理不尽な者も存在することを知っていただきたいと思ったまでのこと。この他にも不機嫌顔で面談するのがバイヤーのセオリーとでも思っているかのような表情で面談する奴も結構いたし、現在でもそうした不機嫌野郎に悩まされている人たちも多いに違いない。
世の中、怒りっぽい人、理屈っぽい人、無口な人、饒舌な人、何でも反対する人などなど様々な人たちがいるが、オトーサンは不機嫌を表に出す人を一番軽蔑している。

Latte781_05.jpg

※土砂降りの散歩から戻り、まずはタオルで乾拭きしているところ。ラテも気持ちが良いからか大人しい


こうした人はラテと散歩をしている際にも出会うことがある。すれ違うほとんどの男女は当然のことながら我々を意識外の者として行き会うし、たまにワンコ好きなのか「あれまあ、頑張って歩いているねえ」とご自身がリハビリのためか些か足を引きずりながらも声をかけてくれるオジサンもいる。また無言ではあるがすれ違いざまにニッコリと笑顔をラテに送ってくれる女性も…。
反対に、遠目にも顔をしかめて回りに不機嫌をアピールしているような老人もいる。無論こちらも関わりたくないから話しをしたこともないが、多分にワンコが嫌いなのか、すれ違いざまにわざとらしくも「犬と散歩なんて馬鹿のやることだ」とでも言いたげに顔を歪めて通り過ぎる…。

齋藤 孝著「不機嫌は罪である (角川新書) 」という本には「慢性的な不機嫌は自らを蝕むだけでなく、職場全体の生産性を下げ、トラブルやハラスメントの火種になる。」と書かれている。また不機嫌が続くと己の免疫も低下するという話もある。
そして飼い主の不機嫌をワンコたちは敏感に感じ取る。あのシャーロック・ホームズも「這う男(人)」の篇でいみじくも言っている…。「犬というものはその家族の生活の鏡だ。陰気な家に陽気な犬なんかいないし、幸福な家に悲しそうな犬なんかいやしまい。どなりちらしている人間のところには吼えたてる犬が、危険な連中のところには危険な犬、というわけだ」と…。
ホームズ物語の著者、コナン・ドイルは大の犬好きだったから経験上、そうしたことを注視していたのだろう。






オリジナル時代小説「木挽町お鶴御用控〜鶴の舞」を無料公開

お鶴御用控TOP

オリジナル時代小説「木挽町お鶴御用控〜鶴の舞」を無料公開いたしました。
前作同様、お楽しみいただければ幸いです。
こちらからリンク先へアクセス可能です。

〜江戸中が炎に包まれ、死者十万人を超えたといわれる明暦の大火から四年、まだまだ完全に被害から立ち直っていない万治四年(一六六一年)師走の八日、木枯らしが吹く江戸木挽町の端にある流行らない町道場から場違いにも思える若い女の掛け声が響いていた。
「えいっ」
「やあ」
道場主は念流の達人と評される加納丈三郞という男で、まだ二十八歳という若さだったが、相手は髪を小振りに結い、女だてらに股引を穿き、胸に晒しを巻いた上に着物の裾を帯の後ろに詰めた恰好の若い娘だった。
木刀を持った丈三郞の手には娘が投げた捕縄が絡んでいた。
「ほう…。お鶴、確かに腕を上げたな」
丈三郞の頬が緩んだ。
お鶴と呼ばれた女は一昨年に十手と捕縄を授かった歴とした岡っ引きだったが、中風で倒れた父の後を継ぎ、女だてらに北町奉行所常町廻同心、小林源一郎の小者として働いていた〜




広告
ブログ内検索
Macの達人 無料公開
[小説]未来を垣間見た男 - スティーブ・ジョブズ公開
オリジナル時代小説「木挽町お鶴御用控」無料公開
オリジナル時代小説「首巻き春貞」一巻から外伝まで全完無料公開
ラテ飼育格闘日記
最新記事
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

mactechlab

Author:mactechlab

主宰は松田純一。1989年Macのソフトウェア開発専門のコーシングラフィックシステムズ社設立、代表取締役就任 (2003年解散)。1999年Apple WWDC(世界開発者会議)で日本のデベロッパー初のApple Design Award/Best Apple Technology Adoption (最優秀技術賞) 受賞。

2000年2月第10回MACWORLD EXPO/TOKYOにおいて長年業界に対する貢献度を高く評価され、主催者からMac Fan MVP’99特別賞を授与される。著書多数。音楽、美術、写真、読書を好み、Macと愛犬三昧の毎日。マネキン造形研究中。2017年6月3日、時代小説「首巻き春貞 - 小石川養生所始末」を上梓(電子出版)。続けて2017年7月1日「小説・未来を垣間見た男 スティーブ・ジョブズ」を電子書籍で公開。
2018年春から3Dプリンターを複数台活用中。ゆうMUG会員